FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

南海電車まつり2013その4・工場見学3

2013blog-3097.jpg扉開閉体験用の6300系。

なんと2000年代初頭まで使用されていた白地幕になっています。
そしてまた強烈な種別行き先を表示しています。
2013blog-3180.jpgたまに幕回しも行われていたようで、

おお!!こんごう号です。
こうや号に対して、こんごう号は実際の列車としての
運用もされなかったので、まさに幻の方向幕となっています。
2013blog-3181.jpg更に、急行高野下行きも。
この手の表示は22000系で見ることができましたが、
単刀直入に高野山!!という表示が思い切りがあって格好良かったです。

この辺り、車体長が21m近くある通勤用車両では到達できないのですが、
先述の山登り用ズームカー22000系と行き先を共用していたので
このような表示も可能であったのです。
2013blog-3098.jpgで、これがその扉開閉体験です。

側の行き先は黒地幕のままですね。
2013blog-3099.jpg連結器。

車両間を繋ぐための、大事な機器なのですが、
巨大な車体に対して、意外と小さくみえてしまいます。
2013blog-3100.jpgそして、これは緩衝器でしょうか。

車両間で引っ張り合い、時には突き合う挙動が出てしまう場合、
この部品がクッションになって、それを和らげるもの。
2013blog-3235.jpgそれらを車体に据えるためのチェーンブロックと台車付きの櫓が。

相当な重さなのでしょう
2013blog-3101.jpgそれゆえに台車もこういったリフト機能が備わったものが。

これは便利そう!!
2013blog-3102.jpgパンタグラフの昇降体験。

設営がやりやすいのか、毎年見ることができる展示。
2013blog-3103.jpg電車まつり看板のアップを。

よ~く見ると、南海の書体が旧タイプのものとなっています。
ヘッドマークときたらやっぱりレトロということかっ
2013blog-3104.jpgそんな6000系の車体をアップで。
この調子だと私のほうが先に死んでしまいそうな勢いで
全車健在の6000系ですが、隅の方を見ると結構それなりの年輪は
重ねているようにも見えます。
こうして見てみると、板が重なる部分に打たれた
シール材の打ち直しも結構面倒臭そうですね
 
関連記事
  1. 2013/11/07(木) 00:35:11|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する