FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

微笑みの国タイランドへ・メークロン歩き 1

2013blog-2967.jpgうひょー!!!

これは凄い、これが!!これが!!あの!!(しつこい)
観光客があらゆるところに!!
店の陰に、線路の上に!!
2013blog-2968.jpg手信号で安全を確保して、

メークロン駅に入線します。
2013blog-2969.jpgメークロン到着。
運転台が開いたので、その間に撮影。
進行方向右側に置いてありますが、
それ以外はとても日本的なレイアウト。
2013blog-2970.jpgそれでは、そこらを散策。

駅構内から延びた線路は、そのままメークロン川に向かっています。
2013blog-2971.jpg駅名標。

大概は木製で、同様の意匠ですね
2013blog-2972.jpg駅に停車中の列車。

ささやかな上屋と、側線…え、線路が、もう一本ある
2013blog-2973.jpgこれは…列車が載った形跡が見られないのですが?
2013blog-2974.jpg川の方を見ると、一応は機回し、要は機関車の付け外し、退避が
できそうな様式にはなっている。

そうういえば、他の方の旅行記だと、私達が乗ってきたラッピング編成が
バーンレーム側にあったりする画像もあるのです
(バーンレームに留め置かれていた新塗色の編成がメークロン側にあることになる)

…どこで入れ替えているんだ
2013blog-2975.jpgうわ!!あんなところに列車が!!!!!!

と思ったら、ハリボテです。なんだこりゃ
2013blog-2976.jpgメークロン線もまた、メークロン川を超えて、その先の国鉄線に
合流する予定があるそうです…が
この国の鉄道計画って色々と悶々と魅力的な妄想をしてはいるのですが
実現性が薄いのが多いと思われます。
マハチャイ側の路線は電化複線化にて高速運転ができる
インターアーバンになる…予定らしいが…
うむ、夢をみるならいくらでもできますが、マハチャイ側が高規格化したら、
それもまた、相当な時間短縮が可能でしょう。両区間とも、とにかく曲線が無いのです。
 
関連記事
  1. 2013/12/20(金) 00:41:54|
  2. 海外街歩き

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する