FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

微笑みの国タイランドへ・ようやく列車が到着

2013blog-2919.jpgあとでバタバタしてもいけないので、さきに乗車券を
買っておきます。

相変わらず、伝票のような体裁、運賃も10バーツ。
2013blog-2920.jpg太陽が真上に近づく。影がまったくなくなる。
駅犬はこんな状況でも日向でネンネ。
暑く、というか熱くないのか
2013blog-2921.jpg数匹存在する駅犬。

なんだか海外で野犬というのもちょっと怖いものがありますが、
特に襲いかかってきたりということはなく、ただ
おねだりモードの様子。
2013blog-2922.jpg列車の時刻が近づくにつれて、欧米人のツアーご一行が到着。
ツアーだけに、列車が間引きされていることも確認済みでプランを組んでいるのでしょう。

制服を着た係員が、待合所で待つ私達に合図をしている
こちらに来いとの誘導だ…が?
2013blog-2924.jpg列車が到着したようです。

ということは手前に据えられていた列車はただ留置されているだけで、
別の編成が運用に就いていたようです。
なんだ、こっち側に居たら入線の様子も撮れたということか…
2013blog-2923.jpgこんな感じでプラットホームに据えられています。
2編成を交代で運用させたり、故障や検査時には
健全な編成を運用入りさせたりすることがが可能ということか。

前面の塗装が新塗色と異なるのですが…
2013blog-2925.jpg側面はなんと特別仕様、おそらくラッピングがなされています。
こりゃ凄いな…まぁ乗られるより、(市場での進入時に)
見られることのほうが多い車両なので、
こうしたほうがアピール効果バツグンなのでしょう。
2013blog-2926.jpgついでにこれから走ることになる線路を…
大型車両が走れるのか不安になるような貧弱な軌道と、
その先には車体をリフトアップして整備するためのジャッキが
据えられています。
…って、ここで点検や検査をしていたら、列車はどうやって
バーンレーム駅に進入するのでしょうか…
2013blog-2927.jpgようやく先にすすめる目処もついたので、
乗り込むことにします。

遂に、メークロン線の折り畳み市場をこの目で見ることができる!!
 
関連記事
  1. 2013/10/30(水) 23:47:26|
  2. 海外街歩き

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する