FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

サイバーデザインのラジオ時計 Panasonic RC-CD350 前編

2013blog-1963.jpg今回のお題はこれ。
ラジオ時計と言いますと、70~80年代のちょっと値が張る
枕元のお供という印象が強く、素敵なデザインの家具調のものや、ポップなソリッドカラーの
おしゃれなものが当方の収集対象なのですが、今回はちょっと趣を変えて
2000年代の製品でいってみましょう。
2013blog-1964.jpgその名は、PanasonicのRC-CD350。
CDという型番が示す通り、CDプレイヤーを内蔵したラジオ時計となります。
ディスクはフロントローディング。
2013blog-1965.jpgCD鳴らずでドフにて525円で確保。

一緒に入手した、B'zの”OFF THE LOCK”でテスト開始。
これ、結構長いこと探してたんですよ。
2013blog-1966.jpg各ファンクションは、再生やFM/AMキーなどで立ち上げるようになっています。

CD、確かに再生しません
2013blog-1967.jpgそれでは早速分解といきましょう。
2013blog-1968.jpgこの状態まではあっという間です。
2013blog-1969.jpg表側はこんな感じ。
本体とはフィルムケーブルと電線コネクタで繋がっています。

フィルムケーブルがCDドライブ、ケーブルはスピーカやCD蓋の
クローズチェックに行っているようだ
2013blog-1970.jpgスピーカ

最低限のものでしょう。
型番で検索すると海外のサイトしかヒットしませんでした。
2013blog-1971.jpgCDドライブ。

青いゴムでラバーマウントされています。
レンズを磨き、カメラレンズ用ブロワーでホコリを飛ばします。
2013blog-1972.jpgさぁ、それでどうよ??
2013blog-1973.jpgおお!掛かったじゃないの!!

これで綺麗に仕上げる意欲が湧いてきました。
2013blog-1974.jpg液晶のバックライトは両端で白いものが光っていて、
それを偏光板で全体に満遍なく照射しているようです。
ただの青色LEDではないので、視認性も非常に良好。
2013blog-1975.jpgさて、このままでも良いのですが、
せっかくなので、全バラ清掃をしようと思います。

後編に続く。
 
関連記事
  1. 2013/06/23(日) 00:55:03|
  2. ラジオ・時計

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する