FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

EF-S 17-85mm 1:4-5.6 IS USM ためにならない分解修理 その2

2013blog-1263_20130430234404.jpg昨日からの続きです。

で、絞り部分を引っこ抜いたら…なぜかこっち側が残ってる!!
なんじゃこりゃ!?
ここでフレキが切れているようです。
2013blog-1264.jpg先ほどのパーツはネジ1本で外すことができます。
2013blog-1265.jpgで、その切れたフレキを修理するためのパーツがこれ。
大概壊れるレンズのようで、こうして中華?の補修パーツが
たくさん用意されています。
2013blog-1266.jpgそして、この絞りユニットに半田付けをして、

修理を行うというもの。
2013blog-1267.jpgあー、そういえば…

分解の基本だと思われますが、レンズをバラバラにする際は、
外したパーツを順番に、自分が一番良くわかるように
置いていきましょう。これはあまり良くない見本です
2013blog-1268.jpg半田を吸って、折損したフレキを外し、
新しいフレキに替えるのですが…ここの作業には
とても繊細な技術が必要です。

のんびりやっていると、コイルのベースが…溶けてきます。
2013blog-1269.jpg要はちょっと…当方もメルティにしちゃったわけでして…

元のフレキは残したまま切断し、その上に半田付けすると
少しは熱の影響が減らせるかも知れません。
2013blog-1270.jpg
2013blog-1272.jpgこの金具に入れ込む辺りなど、どうしようものかといった曲がり方。
2013blog-1271.jpg両面テープの位置合わせ。良い感じですね。
2013blog-1273.jpgとりあえず、無理が掛かりにくいように折り目をつけて
2013blog-1274.jpg貼り付けます。
2013blog-1275.jpgこのフレキは、レンズが伸び縮みすればするほど
曲げ延ばしが繰り返される仕様です。

うーん、こりゃ折損しても仕方あるまい。
2013blog-1276.jpgあとは組むだけ、といっても何回かは変に組んで

ズームがしなかったり、ケーシングが入らなかったり…
当Blogは参考にせず、海外サイトで詳細確実な記事がありますので
それを参考にしましょう。
2013blog-1277.jpgこのフレキの位置関係には泣かされました。


もう一度言いますが、記録写真、メモ替わりは
無駄なくらいに撮っておきましょう。
2013blog-1278.jpgよーし、できあがった!!
それではKissNのボディにくっつけて…

うわ!!Err99が出る!!こりゃ失敗だorz


まだまだ続く。
 
関連記事
  1. 2013/05/02(木) 00:40:32|
  2. カメラ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する