FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

HoNDA Jazz キックが壊れた…

2013blog-0488.jpgある日。
Jazzに跨り元気にキックを踏み降ろす。
うーん、今日も一発始動、最高だね!!

…と思ったら、なんだか様子が変だ。
キックアームが戻る感触が無い…??
2013blog-0489.jpgそう、踏み降ろされたままの状態でキックアームが止まっているのです。
これはおかしい。更に一回転までできてしまう。
これは画期的なんだが、どう見ても壊れてますよ…ね。

それでも始動はできるので、だましだまし乗っていたのですが、
やっぱり気分的にも良いものではないので、対策します。
2013blog-0490.jpgオイル交換を行なってから300Kmしか走っていないので油は抜きたくない。
こういうときは、そう。バイクを寝かせてから
クラッチカバーを開ければ、オイルを抜くことなくメンテナンスができます。
2013blog-0491.jpgそういえば、まともにここを開けたことがない…
今までホンダの4サイクル原付は未踏の世界だったのです。

ちなみに検索してみたところ、キックアームが戻らない症状はリターンスプリングの
折損によるものが多いそうです。というわけで新品スプリングを注文、
届いたところで作業開始となりました。
2013blog-0492.jpgパカっとな。
右がクラッチ、左がドリブンギアなのは
なんとなくわかります。

油浴しているので、各々の部品の状態は最高です。
2013blog-0493.jpgそれでは…

ええええええええええ??????
2013blog-0499.jpgなにかが割れている…こんなの聞いてないぞオイ!!

手を洗ってPCで調べてみたら、これはキックリターンスプリングのリテーナーという
部品だそうで…要はキックアームが初期位置で止まるように
動きを規制しているというもの。

で、それを外すためにクラッチを外そうと思ったら…既に皿ビスが舐めっています
一度交換されているようで、その際にこうなっちゃっている様子。なんてこったい
2013blog-0494.jpg八方塞がりになりかけていましたが、リテーナーとスプリングだけなら
ドリブンギアを留めているクリップを外して、ギアを持ち上げるだけで
なんとか外せることを発見。なんとかなりそうです。
2013blog-0498.jpg割れたリテーナー。

まぁなんと、こんなにパックリ割れちゃうなんて。
エンジン内に散逸しなかっただけ運が良かったのでしょう。
2013blog-0495.jpgで、スプリングは新品を持っていますが、
リテーナーは当然ありません。
今回は、部品取り用として入手していた6VCDIのシャリィエンジンから
戴いちゃうことにします。
2013blog-0496.jpg遠心クラッチなのでどうかなと思ったのですが、

この辺りのパーツは一緒みたいです。
2013blog-0497.jpgちなみにスプリングのパーツナンバー。
28281-035-003
今回は適当に検索して、リトルカブの番号で行きました。
2013blog-0500.jpg組み込み。
ちゃんとスプリングがリテーナーとケースに噛んでいることを
確認します。
2013blog-0501.jpgオイルストレーナーは積年の汚れが溜まってこんなことになっています。

歯ブラシとパークリで綺麗にしておきましょう。
2013blog-0502.jpg今回、初めてトルクレンチを使ってみました。
古いけどトーニチ製、快適な使用感でトルク管理を行えました。

で、結果ですが、無事にキックが使用できるようになりました。
このリテーナーとスプリングは、予備を確保しておく必要がありそうです。
 
関連記事
  1. 2013/02/23(土) 00:17:21|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する