FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

中免ライダー外伝(終) バスで帰るの巻

2013blog-0227.jpg免許取って、鉄ヲタもこなして、たくさん歩いて…

さぁ、そろそろ帰途につきましょう。
2013blog-0228.jpgそのまま電車で帰っても、来た道を戻るだけだし…
というわけで、南海バスでいきましょう。

ここ光明池から、阪和線の和泉府中を経て、南海泉大津駅まで
走るバスがあるのです。
2013blog-0239.jpgまだPitapaは使えないみたいなので、駅に戻ってスルッとKANSAIの
カードを買っておきます。

こりゃまた強烈な柄のものが出て来ました。
クマ電ことハッピーベアル、もう10年以上は経ったような気がします。
2013blog-0229.jpgバスが到着しました。

本数は一時間に一本しかないので、時間に注意しないといけません。
2013blog-0230.jpgそのまま和泉府中に向かうわけではなく、
山側に向かって城山台、光明台と住宅地を経由してから
進路を西にとります。

この辺りのコミュニティ路線と、東西移動の幹線を
兼ねているのでしょう。

それにしても、この辺りは浜手
山手の東西移動が困難で困ります。
東西移動ができる鉄道がないことは、もう諦めないといけないのでしょうか。
2013blog-0231.jpgおお、あれはリフレじゃないか。
遠くに散らばった友人が帰ってきて、集まった際に立ち寄る
スーパー銭湯です。
2013blog-0232.jpgそしてバスは住宅地を抜けて、西に進路を取ります。
泉北一号線を越えて、和泉のハドフを通過。

我が屋敷、ここ出身のジャンクも増えて来ました。
2013blog-0233.jpgちょっと混んできました。

ここらは車社会なので、昼間やラッシュ時を問わず
信号で車が溜まるくらいの交通量があります。
2013blog-0234.jpgですが、その後は意外とスンナリと流れに乗って、
気が付けば和泉府中です。

この辺りも地下道が出来て立体交差となり、
渋滞の解消には相当な改善となったものと
思われます。
2013blog-0235.jpg踏切跡の部分です。

これからどうなるんでしょう。
2013blog-0240.jpgバスは和泉府中の停留所に付けないといけないので

アンダーパスは通らず、地上を走ります。
2013blog-0236.jpg他系統のバスに追いつきました。

光明池近辺もそうでしたが、
ここ泉大津もまたバスがいっぱい走っています。
鉄道に対するフィーダーとしての機能が
成り立つだけの人の流れがあるのでしょう。
2013blog-0237.jpgさて、そろそろ終点の泉大津です。

運賃は480円、時間は定刻ですと15:45発で16:27着。
当方の乗車したときはちょうど45分くらいでした。

鉄道ですと、15:35光明池発―準急→16:04天下茶屋着
16:14天下茶屋発ー空港急行→16:29泉大津着と、
ちょっとだけバスのほうが早く、運賃は740円と
バスが大幅に有利だったりします。

時間さえ合えば、光明池に向かう手段としては有効ですね。
2013blog-0238.jpgで、上の乗り継ぎですが、
バスが27分に着いてたら29分の空港急行に乗れて、
岸和田で特急サザンに乗りかえれるので、
泉南民にとっては神乗り継ぎが発動するのですが、
この画像の時点で空港急行は発車してしまいました…

まぁ、このあたりは線路を走る電車でなく、
道路を一般車と混走するバスなんだからしょーがない。
2013blog-0241.jpgうん、寒いです。
高架になって駅もきれいになったのはいいのですが、
こういう時期は吹きっ晒しで寒い…待合室行けばよかった

早く帰って、暖かい晩飯を食べましょう。今日はよく頑張りました。
 
関連記事
  1. 2013/01/26(土) 00:29:14|
  2. 国内街歩き・地元記事

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する