FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

PowerShot S30+S40÷2= …???

2012blog-1840.jpg時は2012年の8月8日。とても暑い日でした…というか、この頃で
暑くない日など無かったのですが…

インバースネットのジャンクカゴを漁ってみました。
その頃その頃で流行っていた、数が出た所謂コンデジが価値を失って
たんまり溜まっている中に、ちょっと気になる機種が2台ありました。
2012blog-1841.jpgそれがこのPowerShot Sシリーズ。

最初はでっかいIXY DIGITALのような形状でスタートして、
このS30から、スライドカバーに電源スイッチを合わせた
斬新な機構を持った横長ボディとなったもの。
2012blog-1842.jpgこの形状は、後に代を重ねてS80というモデルまで採用され続け、
S90からはオーソドックスな、いかにもコンデジな形状へと変化し、
プレミアムなコンパクトデジタルカメラとして、Sシリーズのラインナップは
近頃発表されたS110へと続いています。
2012blog-1843.jpgカゴの中にはS40とS30があったのですが、迷った挙句
筐体の程度がよさそうなS30を連れて帰りました。
バッテリーはNB-2LH。互換性抜群です。

それでは、いってみましょう!!!!!!!!
2012blog-1844.jpgはい、終了~

それから、当方の興味はPowerShot Aシリーズの収集やG3、G6へと向かい、半ば放置されていたのですが…
2012blog-1845.jpg昨日、G9の使用感に酔った後、夜勤前に日本橋を巡回。

主たるものは機器修理用のマイクロスイッチだったのですが、
ふと立ち寄ったインバースネットで、S40というものをまた発見。
こないだ中途で投げたS…なんだったっけを修理しようか、どうしようか
迷っていたのですが、
今回G9を導入した上で、電池と充電器が重複してしまったことに気付き、
それならばと、復活させて実家に寄贈することにしました。
2012blog-1846.jpgなんでも、昔に実家にあげたDMC-FX1が、何もしていないのに突然勝手に
起動するようになって気味が悪いそうです…

さて、こうして我が屋敷に持ち込んで、ニコイチ予定の個体と比較すると…
あれ、型番が違う!!これはどうしよう…そして見た目が明らかに何かがおかしい。
レンズカバーが歪んでる!!
とりあえず、起動試験をしましょう。
2012blog-1847.jpgレンズカバーをコジコジしていると、問題なく起動しました。

というか、どうやら8月にS30を買う際に比較したS40がこの個体だったようです。
なんてこったい。
2012blog-1848.jpgニコイチできるかの比較をしてみます。
画素数はS30が320万画素、S40が400万画素。
Gシリーズ同様の1/1.8インチのCCDを採用していて、
リコール対象からは外れているので
これからも安心してオモチャにできます。
2012blog-1849.jpg軍艦部。

違うのは色ぐらいでしょう。
S40のダークなシルバーがなかなか格好良いですね。
2012blog-1850.jpgS30を起動させてみる。

そりゃ、寝かせていただけで液晶が治ったりはしませんよね…
2012blog-1851.jpgそれでは、S40から解体を開始します。

本体に露出しているネジを緩めるだけで、
筐体はきれいに3枚おろしになります。
2012blog-1852.jpgスイッチ機構へは、このような
細いフィルムフレキが繋がっています。
外すのはコネクタですし、ここだけなので楽です。
2012blog-1853.jpg部品取りを想定しているので、ここまでチャッチャと
やってしまいます。

どちらをメインにしようか考えましたが、S40筐体は残念ながら程度が悪く、
筐体が綺麗なS30にS40の中身を丸ごと組み込む、要はPowerShot S35戦法で
いくことにします。
ダークなシルバー筺体が使えないのは非常に残念ですが、
致し方ありませんね。
2012blog-1854.jpgスイッチ部分。

なにやらボタン電池のようなものが。
ここに配置すると、交換も容易なのでしょうか。
2012blog-1855.jpgS30では見事に割れていた液晶。

SONY製です。
同じSONYのPSPだと、シャープの液晶を使っていたのですが、
自社生産もできるんですね
2012blog-1856.jpgS40のほうはこのバッテリーを留めるツメが悪いのか
稀にバッテリーが黒ひげ危機一発のように
スッポーンと出てきます。
ツメ自体はネジ留めなのですが、どうあがいてもドライバーが
入らない場所なので、ツメを矯正するに留めておきました。
2012blog-1857.jpg自分用メモ。
この金属パーツは、バッテリーケースに外付け電源のダミーバッテリーを
挿れる際に、コードを出すためのシャッターを司るパーツです。
その開口部を、スプリングで普段はシャットしています。
いま見てみると、S10、A50、G9、そしてEOSには付いているのですが、
G1、2、5には無いんですよね。ACアダプタ(DC入力)対応だからでしょうか。
2012blog-1858.jpgS30の筐体にS40の400万画素を組み込むので、
ストラップ部の3.2MEGAPIXELSのプレートも交換しましょう。
この状態からなら、画像中央にあるネジだけで
2012blog-1859.jpg簡単に外せてしまいます。
2012blog-1860.jpgはい、これで筺体も偽りなく
400万画素仕様です。

今回の記事は、PowerShot G9で撮影してみました。
さすがに新しい???だけあって、撮影のテンポが良いです。

それにしてもAWBの色調がアレですね。ちゃんと白熱灯モードに
するべきだったでしょうか。
2012blog-1861.jpgバッテリーカバー部分の組み付けをします。

画像中央にある小さい穴、
2012blog-1862.jpgここにカバー軸についたスプリングの端っこを

挿し込んで、軸を溝に合わせると、開側にテンションが掛かるようになります。
2012blog-1863.jpgスイッチのフィルムフレキを慎重に挿し込みます。

あとは、順序良く組み上げるだけで完成です。
2012blog-1864.jpg機能確認。
良い感じに動いています。
発売時期はG2が現役だった頃でして、
起動画面などはG2と同一でした。

設定画面をイジイジしていて気付いたのですが、
なんとRAWで撮影ができてしまいます。
いやー、プレミアムモデルですね。
2012blog-1865.jpgというわけで、PowerShotA30+40÷2=S35の完成です。
2012blog-1866.jpg…で、作例と行きたいのですが、
我が屋敷にはもう余っているCFカードがありません。
G5用に8GBでも買って、玉突きでもしましょうか…
2012blog-1868.jpg部品を取られて枯れてしまったS40も、一応組み立てておきましょう。

ネジの種類は大まかに3種類、軍艦部のパネルを留めるものが1本だけ異なって
4種類となります。

ところで、このネジですが、頭にもちゃんとダークなシルバーペイントが施されています。
メッキ部分はただのシルバーと使い分ける辺り、さすがはプレミアム!
2012blog-1867.jpg組み立て時に気づいたことがひとつ、
筐体にある小さな窪み、これがなんと
嵌合用のツメの位置に合わせてあるんです。

分解組み立て時の指標にするのか何なのか…
2012blog-1869.jpgさぁ、というわけで今回の作業はコレにて終了。
この後のSシリーズも安くなったら集めてみたいですね。
S70や80辺りは熟成が進んでいて、面白そうなんです
 
関連記事
  1. 2012/09/25(火) 23:22:33|
  2. カメラ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する