FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

Z50J1 フロント周りの考察

2012blog-760.jpg近頃は、こればっかり考えていて
夜も眠れない…ことはないのですが、

そろそろ、長いフロントフォークをどうするか、真剣に考えてみます。
2012blog-761.jpg合わせるリアショックはKYBのもの。

もう絶版になっていると思われる、純正と同じ長さの265mmを
あえて選びました。
とにかく足長仕様にはせずに、ちんちくりんな雰囲気を残して
仕上げたいという(私の勝手な)方針です。
2012blog-762.jpgタイヤとホイールは、15年前にバイク雑誌の個人売買で買っておいた分が
あったのですが、既に当時から使いものにならない状態だったので、
この度新規に購入。ネットオークションが発達したおかげで本当に便利になりました。
タイヤを買うのも予算的に厳しいので、高年式で状態の良い中古を…と
探していたら、これは!!というものがでてきました。
2012blog-763.jpg2009年頃のAB27純正ホイールと、その頃に履き替えたという
TT100GPのセットです。

状態もよく、更に純正品。これはいい買い物をしました。
2012blog-764.jpgさあ、それではフロントフォークの検証を行いましょう。
2012blog-765.jpgステムはちゃんとそれ用に作られているので、
ステムナットもベアリングも純正のものが使用できました。

それにしても…と気になるので調べてみたら、
三つ又とトップブリッジは、DAX(ノーティーではない)のものがそっくりでした。
当時のモンキーカスタムでは王道の構成だったのでしょうか。
2012blog-766.jpgそのまま付けたら…
ジャパニーズアメリカン(昔のホンダカスタムやカワサキLTD)
のようになってしまいます。

というか、あれだ。アメリカンDAXだ。
2012blog-767.jpg仕方ない。フォーク突き出しで対処します。

フルストロークでこの辺りまで沈みます。まぁ、ダストカバーが厚いので
もう少しマージンが取れますが、その辺りは純正と比較して
寸法を決定しましょう。
2012blog-768.jpgまずは4L純正。ステム下部からの大体の距離。
34.7~8cmか
2012blog-770.jpg正立フォーク。
37.3~4cm。

3cm弱しか違わないようです。
リアサスペンションを280mmのものにしていたら
無修正で装着できたでしょうか?
2012blog-775.jpgフォーク突き出し状態だとこうなります。

お、良い感じでバランス出てますね。
    2012blog-769.jpg突き出し量は2cmくらいにしてみます。
2012blog-774.jpgこれは自分用メモ。

で、ここでネックが。
トップブリッジがトップからネジを締め込んで留めるタイプの
ものなので、社外でよくあるアルミ製のものと違って容易に突き出しができません。

色々考えてはいるのですが、うーん。うまくいくかな
失敗してもトップブリッジ自体は安価にて流通しているので
やり直しは効きそうです。
2012blog-771.jpgネックその2。
当然、モンキー用に作られていないので
ホイールセンターを出すのには相当苦労しそうです。

ありがたいことに、ブレーキワイヤは専用と思われるマウンタ(向かって左のフォーク)
が付いて来たので、ここはクリアできました。
2012blog-773.jpgホイールを裏返しで取り付けてみると…・
2012blog-772.jpgうん、さっきよりはセンターが出しやすそうです。
これでいきましょう。

先程の仮組み画像を見ていても思ったのだが、道程は長いなぁ
本当に組み上げられるのだろうかと、不安にもなります。
 
関連記事
  1. 2012/05/29(火) 00:54:28|
  2. オートバイ-Z50J1

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する