FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

PS2 SCPH-10000 熱暴走対策(失敗)

※ゲーム機の自己分解修理を行うと、今後メーカー修理を受けることができなくなります。
自己責任にて行いましょう 
…10000番のPS2ってメーカー修理できるのかな
2012blog-036.jpg我が屋敷で1階での電車ごっこに大活躍のPS2-10000。
ドフで1980円で買ってきて、トレイ開閉だけ手直ししたら元気に動いていたのですが、
近頃30分ほどプレイするとフリーズするようになりました。

普通に走らせているだけならまぁ諦めもつきますが、
新車両や路線をゲットするための試験モードでフリーズしたらたまったもんじゃない。
2012blog-031.jpg原因をググッてみると、
●レンズの汚れ、レーザーの出力不足
●冷却不良による熱暴走
が、主な原因のようです。対策や手法を公開されているサイトもたくさんありますので、
良い勉強になります。

とりあえず、レンズ清掃と可変抵抗イジりはやってみましたが改善せず。
2012blog-032.jpgちなみに、フリーズといっても様々な出方があるかもしれませんが
当方の10000は解像度が粗くなって画面フリーズ、音はその時に出ていた音が
連続音になる…というもの。

で、基板までバラしたあとがこれ。PS2の中枢になるプロセッサ達です。
(バラシ方載せなくてすみません。他の詳しく解説されているサイトを参照願います)
2012blog-033.jpgこのPS2の弱点の1つは、プロセッサとヒートシンクを繋いでいる1mm厚の熱伝導シートがへたってきて、
熱伝達がうまくいかずに熱暴走するといもの。

詳しく説明されているサイトに倣い、アルミ板でスペーサーをつくります。
2012blog-034.jpgグリスを塗って、そーっと貼りつけて…
2012blog-035.jpgヒートシンクと基板を合体!!

結果は…フリーズ出ました。ダメでした。
近いうちにまたジャンクPS2を入手する必要がありますね…
 
関連記事
  1. 2012/01/12(木) 23:45:48|
  2. ゲームなど

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する