FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

AZワゴンR ハイオク仕様に 進角レジスター交換

2011blog-256.jpg相変わらず我が屋敷で大活躍の怪しいワゴンR(のようなもの)。
程よい車高と程よい爆音でこっ恥ずかしいプチDQN仕様であります。
純正のスッピン状態がいちばん整っていると思うので、
エアロパーツすら無いこの姿がお気に入り。

カウル部分の樹脂がいくら養生しても白くなってしまうのが困りモノです
トーチで炙ると良いらしいですが…
2011blog-257.jpgさて、今日の改良ですが、NAのままどれだけ元気に走らせることができるかという
課題に基づき、ATF交換、プラグ交換、添加剤注入などを施してきたのですが、
今度はハイオク仕様にしてしまいます。
元気な走りと、ハイオクとの差額をペイできる燃費向上が狙いです。
さて、ハイオク仕様にするとはいえ、ただ単にハイオクを飲ませるだけでは効果は余り期待できません。
そのアンチノック性能を盾に、エンジンの点火タイミングを進めてしまいましょう。
2011blog-259.jpgエンジンルーム内のヒューズボックスにあるこのパーツ、これが抵抗になっていて
挿し替えることで進角/遅角が簡単にできるのです。結構、定番チューンになっている様子。
(遅) 1-2-3-4-5-N-6-7-8-9-10-11 (進) となっていて、当方の個体にはNが入っていました。

品番は11番が33926-76GB0でした。Nが76G01、1番が76G10、2番が76G20と下二桁が進み
9番が76G90、10番がGA0、11番がGB0となります。近くの部品屋さんで450円でした。
2011blog-258.jpgさて、早速挿し換えて走り出します。
最初はエンジン制御装置が学習の過程な関係か走りがぎこちなく、停車時のアイドリングも妙に低かったのですが
それなりに距離をこなすと、いい走りをするようになってきました。

出だしから中速辺り、与えられたガソリンをガッツリしっかり食べてモリモリ走るような印象に変わりました。
これを処方した方たちは、大概が性能が向上したとの報告をしていますが、うむ。確かにこれは良いです。
ターボだけでなく、NAでもそれなりに楽しくなります。
 
関連記事
  1. 2011/12/14(水) 19:19:21|
  2. AZワゴンR

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する