FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

EF 50mm 1:1.8

2009blog-149.jpg 

現在、Canon純正レンズで最も廉価である
EF 50mm 1:1.8 II
価格にそぐわない描写力を持ち、評判も良い。
手にした者には、廉価ゆえに足りない部分を補いたくなる気持ちを
他の高級レンズへの物欲へと変化させてしまう能力があり、
深いレンズ沼への罠として、通称「撒き餌レンズ」と呼ばれていたり…

2009blog-150.jpg 

今回入手したのは、それに対してのI型と呼ばれるもの。
II型のコスト至上主義な造りとは反して、
ちょっと高級だったりするが、その分中古相場も高め。

銀塩EOSのカタログには必ずといっていいほど組み合わされていたレンズです。
胴体はII型とは全く異なる構成。

 2009blog-152.jpg    今回は、絞りが膠着したものを5250円で落札した。
付けて撮ってみると暗いこと。最大絞りで固まっているのです。
2009blog-154.jpg後ろ側から分解を試みる。

このレンズは、II型のようにフレキがコネクタで繋がっていないので
これ以上の分解は半田剥離無しでは無理なようだ。
2009blog-151.jpg

分解方法を調べて、前玉から分解。
前玉は接着剤とツメで留まっている感じで、
反時計方向にネジって引き抜けば
外れる構造でした。

絞りの動作部分をシャカシャカしているうちに動くようになったので、
これでOKとしましょう。また壊れたら、羽根を洗うことにします

2009blog-153.jpg撮ってみる。

明るい!!部屋撮りでも手持ちでバッチリです
これならBlogやHP作成に使えますね
2009blog-155.jpg

外で撮ってみました。

肉眼では到底できない描写ができる。
写真って、面白いもんですね

2009blog-156.jpg単焦点なので、人間が動くわけになりますが、
そうやって構図を決めて、
リングでピントを合わせてカシャカシャするのも、
乙なものです。
関連記事
  1. 2009/02/05(木) 13:29:21|
  2. カメラ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する