FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行ってまいりました帝都2016 書き綴れるのか全てを その9 103系はどこ?

2016blog-0389
日も傾いてきて家族連れも少なくなってきました。
誰も居ないので、455系の中に入ってみましょう。
2016blog-0393
東海道などの幹線筋を走る直流形の153~165系と異なって、
交直流電車は整備されていない床の低いホームに据えられることが多かった為か
このように出入口は一段低くなっていました。

今でも東北地方などではこのようなホームが多いようで、未だにステップ付きの車両が多く、
更に近年製造されたE721系などは機器の小型化を利用して、純正でシャコタン状態に持ち込み、
低いホームからステップレスで乗り込むことができるようになました。
2016blog-0394
車内。
後年になって通勤輸送に対応できるように、一部のボックスシートが撤去されて
ロングシートが据え付けられています。
2016blog-0396
所謂最初に製造された、トップナンバー車ですね。

長年に渡って訓練車として使用されたため、比較的原型に近い外観を保ったことが
こうして博物館に収蔵されるきっかけになったのでしょう。
2016blog-0395
運転台との仕切りにあるルーバー。
よく見ると換気扇が仕込まれています。

冷風を送るためなのか、ただ排気のためなのか。
2016blog-0397
クハ481-26。
これもまた、訓練車として活用されてきたもの。
ボンネットタイプの先頭車はその特徴的な形状と455系共々国鉄色を保っていたことで
訓練車時代からその人気の高いものでありました。

在籍車の中から車齢の高いものが選択されていたのが良かったのでしょうね。
2016blog-0398
そういえば、鉄道誌での写真を見るといつも気になっていたのがこれ。
なんでこの手合いの連結器カバーってボッコボコだったのだろうか。
材質なのか板厚なのか。

コンコンしてみたら鉄板でできているというのはわかりました…
2016blog-0399
地味に置かれている船舶の模型。
船とはいえ鉄道連絡船、これも立派に鉄路を繋いできた鉄道の一員。

因みに、船を見たら青函連絡船にすぐ直結してしまいますが、
調べてみたらこれ、関釜連絡船の金剛丸という、戦前の旅客船とのこと。
釜山から鉄道に繋がっているか…と考えると、うーん、どうだったんだろうか
2016blog-0400
そういえば…
この博物館には103系が置いてあるんですよ。
首都圏の通勤輸送を近代化させ、長きに渡って支え続けた功労者ですが、
なんとカットボディにされちゃったクハ103-713なのですが…

うーん、今まで見てきたところには展示されていなかったし、あっちかな?
2016blog-0401
ラーニングゾーンという、鉄道を学べる?区域があって、
そこに103系は置かれていまし…

あれ、ありがとうって…?
ラーニングゾーンは改装されるようで、閉鎖されてしまうようです。
2016blog-0402
…え、この103系はどうなるの?
関連記事
  1. 2016/10/25(火) 00:17:06|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。