FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憧れのラジカセ達が一同に。「大ラジカセ展」 行ってきました 更に後編

2016blog-0208.jpgキワモノコーナーからもうちょっと。

7LEDと書かれているが、光る様子もなさそう…
2016blog-0209.jpgこちらはまたSANYOの”KARAOKEMATE”

花見でカラオケ大会をする際に使ったり…するのか?
2016blog-0222.jpg宇宙船のような形状のこれ、自転車に載せて使うもののようです。

早送りしかできないのは、巻き戻し機構を省略することで相当のコストカットが
実現できるからでしょう
2016blog-0210.jpgラジカセの元祖となるAIWAの製品。

スピーカーは多くてデカイほうが正義!!を体現した構成。
2016blog-0211.jpgVictorの個体。

DINプラグを用いたリモコン接続が気になりますが、
カセットデッキの簡単な操作ができるようになっているのでしょう。

曲送りが数曲できるようになっているのがハイテク化を象徴させる。
2016blog-0212.jpgSHARPは巨大ラジカセのヒットに味をしめたのか、
かなりの数のモデルをリリースしています。
下層にスピーカのスペースを存分に与え、カセットデッキ・チューナー・操作系を
載せる2階建ての構成が主なようですね
2016blog-0213.jpg…と思ったら、思いっきり幅に振ったモデルも存在します。
これは置く場所を選びそうですね

否、このモデルはその幅だけが特徴ではないのです。スピーカー部分が
折り畳めるようになっている!!

アイデアがすぐ形になる。ということでしょうか
2016blog-0214.jpgこちらはTOSHIBAのラジカセ。Aurexブランドのエッセンスが流し込まれたであろう
その形状はとても洗練されています。

東芝が独自に開発したノイズリダクションシステムの”Adres”を搭載していることを
きらびやかにアピールしています。
2016blog-0215.jpgPIONEERも大型ラジカセを得意としていまして、
ランナウェイの愛称とSK-型番のそれは、今に名を残す銘機揃いです。

我が屋敷にあったSK-750は今回のラインナップにはありませんでした。
ブラックアウトしたパネルにLEDレベルメーターが美しい機種でした。
2016blog-0216.jpgしかしこうやって見ると本当に全ての家電メーカーが
ラジカセを自製していたのですね。

これなんかはDIATONEですよ!!
2016blog-0217.jpgそして更に!!音響機器メーカーのMarantzまでもがラジカセを!!
ちょっと見慣れない感じが良いですね。

SUPERSCOPEというブランドが連名となっていますが、
これは当時のMarantzブランドを保有していた会社でして、
SUPERSCOPE社による拡大路線の流れでこのようなラジカセも
リリースされた、という見方ができますね
2016blog-0218.jpgさすがは家電の雄ことNational、ものすごい数のモデルが存在します。
それぞれに個性があって楽しいですね。
RX-7700と呼ばれるこれは、黒くてギラギラしていて男性的。
2016blog-0219.jpgここでの展示は、キャリングハンドルを起こした状態の物が多い。
それはバブルラジカセでも然り。

やはりラジカセは気軽に運べることがアドバンテージなのでしょう。
2016blog-0220.jpgカセットマガジン…こんなものがあったのですね。

当方はまだ物心がついた頃なのでよくわからないのです
2016blog-0176.jpg…この魅惑のシンセサイザーチューナー!!

これは!!間違いない。
2016blog-0223.jpg当方がキング・オブ・オールドラジカセと信奉してやまない
RX-7200ですね!!lこの側の木目、アナログメーター、フェザータッチのカセットデッキ!!
盛れるものは盛りきったこの満載っぷり。

いつかは巡り逢いたい銘機ですが、これは叶わない夢でしょうね。
2016blog-0224.jpg販促シールが残っています。これ、完動品をデザインアンダーグラウンドで買ったら
当方の月給を超えそうですね…

それにしても、現物をこの目で見れたのは嬉しいですね。来てよかった
2016blog-0226.jpg80年代アイテムで固めたデスクトップ。

どうやら体験スペースのようです。
2016blog-0225.jpgあー!!これも拾ったやつがうちにあったなぁ

Nationalの、いやこれちょっと違うな
うちにあったのはRX-5100というモデルで、LL機構は付いていませんでした。
検索してみたら、ディスコXという愛称が付けられていたとのことで…
2016blog-0227.jpgデジタル時計のようですが、これ、オーディオタイマーなんですね
この控えめな大きさとFL管を用いたディスプレイが魅力。



…これもうちにあったなぁ。どこに行ってしまったんだろう
2016blog-0228.jpgこちらも体験コーナーにある個体。

ナショナルのフォントからすると、モノラルラジカセの中でも
新しい部類になると思われます。
2016blog-0229.jpg会場から出ると、物販スペース。
なるほど、テーマパークのような構成なのでしょうか。

綺麗に整備されたオールドラジカセと共に…
2016blog-0230.jpg現代を生きるラジカセ達が一緒に売られています。

既に日本メーカーからリリースされているラジカセも数えるほどのラインナップとなりました。
求められる少ない需要をサポートしているように、強く生き続けているのです。
そこには、往年のような夢や煌きはありません。それ故に、ノスタルジックな
オールドラジカセの魅力が引き立つのでしょう。
 
関連記事
  1. 2016/05/08(日) 00:09:13|
  2. バブカセ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。