FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

南海電車まつり2014 行って参りました 9

2014blog-4208.jpg係員さんの説明と合図に合わせて、車体が吊り上げられていきます。
2014blog-4209.jpg重たい床下機器や台車に比べて、車体、いわゆる構体は

筒のようなものなので、それほど重いものでもないのでしょうか。
結構な速度で吊り上げられていきます。
2014blog-4210.jpg普段は見れないお腹の下はこんな感じになっています。

吊り上げられていることよりも、当方はこういった部分に首ったけ。
2014blog-4211.jpg何せ、電車ってあれですよ。普通であれば地面に据え付けられているような
電気機器や空圧機器を、床下から地面の間に所狭しと吊り下げているのです。
重心を下げることもできますし、スペース効率の面ではこれがベストと思われますが、
メンテナンスは過酷なものとなるのでしょう。何をするにも上を向いて作業しないと
いけませんから。
2014blog-4212.jpg台車付近まで降下させます。
2014blog-4213.jpg再度、吊り上げられていきます
2014blog-4214.jpgここでよく見える床下機器、海側(→)の機器箱だけが綺麗になっています。
この部分は制御器でして、モーターに流し込む電流を車速やノッチ指令、走行条件に合わせて
たくさんあるスイッチで調節するものなのですが…これはかなり重点的に整備されたようです。
側から出ている電線も新品になっていますね。
2014blog-4215.jpgそして、中間車側まで横行。

この辺りは例年と同じですね。
2014blog-4216.jpgそして降下。
2014blog-4217.jpgこれもまた、例年と同じ…要は去年の記事でも代用できるのですが、

今回は7157号車が吊られていたので記事にした次第。
2014blog-4218.jpgあとはウマと車体が合っていることを確認し、
2014blog-4219.jpg据え付け完了。
2014blog-4220.jpgツメを引いて、上昇。
2014blog-4221.jpgジグが撤収します。
2014blog-4222.jpgこれにて、車体吊り上げ実演は終了。

収穫は重整備を行った制御器ですね。7100系などの制御器は
超多段式と呼ばれるもので、普通の2倍以上のスイッチにて滑らかな電流調節ができるもの。
故にメンテナンスも大変ではあると思われれうのですが、
これで信頼性も向上というわけです。
 
関連記事
  1. 2014/11/12(水) 13:31:21|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する