FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

なんとサザンが泉北に!! せんぼくトレインフェスタ2014に行って参りました 4

2014blog-3941.jpg工場内の移動は続きます。
ここはピット間の移動と、サザンプレミアムの並びが撮れるお立ち台となっています。

が、この通り、往来が多すぎて、まともに渡ることすらできない状態となっています。
2014blog-3942.jpg5000形車用ブレーキ受信装置試験器

ハイテク車両なのでこういった機器で診るんですね
2014blog-3943.jpg5501F、そう。半分は川崎重工で、半分は東急車輛で製造された編成です。
後々、新製車両の殆どが川崎重工で制作されることとなりましたが、
大阪府都市開発のままで次に新型車が登場していたとなると、
やはりefACEとなるのでしょうか。うーむ、妄想
2014blog-3944.jpg覚書の付箋。
2014blog-3945.jpg手前は5000系ですが、奥は7000系。車両断面が違いますね。

それにしても7503Fが工場から搬出されて何か作業が行われているという話もあり、
予備車がカツカツと思われるのですが、こうして見ると結構入場車が多いような気がします
2014blog-3946.jpg大きな前面ガラスに標識灯間のシルバー帯が良きアクセントとして
前面を引き締める。こうして見ると結構格好良い電車ですよね。

行先方向幕が抜かれていますが、ここで鉄ヲタはLED表示にでもなるのかと
妄想をブクブク膨らませてしまうのです。
まぁ機械が整備されているだけとは思われますが
2014blog-3947.jpg研修用のパーツ。

探傷試験に使用されるものとのこと。
非破壊で薬剤を用いて調べるので、ちゃんと亀裂や破損を
発見できるようにしておかないといけませんしね
2014blog-3948.jpg7000系の冷却ユニットと空調制御器とのことです
2014blog-3949.jpg上田ブレーキの金籠。この入れ物、懐かしいなぁ…
当方がねじ切り工場で働いていた頃、加工済み品や完成品などは
この籠にドンゴロスを敷いてポイポイ放り込んでいたものでした。
組み立てもササッとできるようになったもんでした。
2014blog-3950.jpg電気配線。

さすがに太い!!
2014blog-3951.jpgこの手合いは工場では定番なのでしょうか。
大阪市交通局の森之宮車両工場でも
同様に、ドアステッカーが使われていました
2014blog-3952.jpg世紀の並びです!!

なんば近辺では恒常的に見れるものですが、
まさか南海線の車両が光明池にやって来るとは…
2014blog-3953.jpg当然、営業運転での入線は無く、
過去に7000系が国鉄の軌道試験車を挟んで
入線したくらいではないかと言われるくらいのこと。
今回、大阪府都市開発が南海グループになったことで
こうしたことができるようになったそうです。いつかは通勤特急として
このような車両が走ることになるのでしょうか。
2014blog-3954.jpg検車ピットが見学できるみたいです。
2014blog-3955.jpgぞこに置いてあるのは、

自走式の床下機器を整備前に清掃するマシーン。
2014blog-3956.jpgその名も「移動式乾式集塵機」

整備の基本は清掃から、ですね。手も汚れないし
異常も発見し易いのです
2014blog-3957.jpg側はできても底はどうなるかというと、
ピットの溝内を走れる同様の機械があるのです。
こりゃ凄い
2014blog-3958.jpgこんな感じで収まっています。

いやー、こういうのを見るとなんだかワクワクしますね。
え、当方だけですか??
 
関連記事
  1. 2014/10/22(水) 00:04:52|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する