FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

ルミタイムが増えちゃった…

2014blog-3138.jpg憧れのルミタイムをGetしてはや半年。
枕元で部屋を暗くして、甘いグリーンに輝く文字を眺めてウットリ…

しようと思ってたら、これ、駆動音が結構煩いんですよ…ンゴンゴンゴンゴ…
寝れない…
2014blog-3139.jpgなんでも、モーターにグリスアップしたら良いそうなので、

ルミタイムを眺めた後の快眠の為に早速分解。
2014blog-3140.jpgモーターは右下にあって、ネジを緩めるだけで簡単に回転子が

取り出せます。
2014blog-3141.jpg軸部分に模型用セラミックグリスを塗布します。
2014blog-3142.jpg組み上げてテスト。
まぁ静かになったようなので、様子を見ます。

※1か月後にまたンゴンゴンゴンゴ…どうなってんだ
2014blog-3143.jpgさて、それからヤフオクで「ルミタイム」「LUMITIME」「デジタル時計 レトロ」で
検索する毎日。
大概は橙文字のモデルが多いのですが、ふと!!緑文字のやつが!!
中身もないのに財布の紐が緩んでしまいました…値段は…聞かないでください
あるときじゃないと手に入らないんですから…
2014blog-3144.jpg所謂「コブレット形」と呼ばれるルミタイム。

コブレットって何やねんと思ったら、要はワイングラスみたいなコップのことらしい。
2014blog-3145.jpgフロントパネルが緑掛かっているのが緑文字ルミタイムの証!!

これじゃないと所有満足スイッチが入らない!!
2014blog-3146.jpg贈答品としての用途が多かった電気時計。

これもその類でして、「愛鉄連厚生年金基金」の記念品の様子。
今は名古屋の中村区に基金会館がある様子。
2014blog-3147.jpg型番はKT-211。検索するとステンレスワゴンや弁当箱、

配管用スルースバルブ、そして電車が出てきました。そう。国鉄211系ですね
2014blog-3148.jpgそれでは、通電開始。

おお、眩いぞ、そんなに明るくないネオン電球なのになんでだろう。
2014blog-3149.jpgKT-10Fとの比較。

こんなに違うんですよ。
2014blog-3150.jpg周波数切替はフロントパネルに移動して、だれでも簡単にできるようになりました。
内部構造は完全に刷新されている様子。
世間では後期型と呼ばれているものです。この後、ネオン電球の個別点灯から
複雑なスライド機構を持った「ニュールミタイム」というものへと進化?するのです。
2014blog-3151.jpgそれでは、可動品だというのに一応分解してみましょう。
だって記事にするのに外だけ撮ってハイ終わりでは
示しがつきませんよね。
 
関連記事
  1. 2014/09/12(金) 00:39:19|
  2. ラジオ・時計

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する