FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

3RY JOGスポーツじゃなかったJOGZ 緊急復活作戦実行中 13 ステム交換用簡易プレス制作

2014blog-2051.jpg検証と調査の結果、この3RYにはアクシス90ステムに100のフォークを付けることにします。
ここでどうしてもステムの打ち替え、当方は今迄やったことがありません。
手法としては、ステムシャフトを切って、パイプ内径に合う心棒を入れてから
熔接という手法があったり、ステムシャフトのネジ切り位置を強引にカラーを噛ませて
合わせる方法もアクシスステムの流用では有効らしい、
が、今回はセオリー通りにステム打ち替えを行います。
2014blog-2052.jpgと、いうわけで引っ張り出してきたのは、
過去にジムニーJB32のサスペンションアームに入っている
ブッシュを打ち替えるために作った
簡易プレス機。

が、若い子に貸したら力技でブッシュを抜いたようで、こんなことに…
また不精ゆえの無塗装でサビサビ、みっともないです。
2014blog-2053.jpgまずはひん曲がった鉄骨の撤去から始めます。

サンダーでピンの際を切り落とし、なんとか解体。
2014blog-2717.jpg炎天下というほどでもないのですが、

作業の快適性を確保するためにパラソル登場。
2014blog-2718.jpg新規に切り出したCチャンには、

ステムシャフトを通すための穴も開けてあります。
2014blog-2716.jpgもう二度とあのようなみすぼらしい姿にならないよう、

塗装もやっておきましょう。刷毛塗りで十分ですね。
2014blog-2124.jpgはい!!これにて復活です!!

ダルマジャッキ用のハンドルも作成しました。
2014blog-2125.jpg使用イメージ。

今回はダルマジャッキ側の安定を確保するためのプレートも作成。
画像中央にあるように、ダルマジャッキの頭に被せて安定して
圧力を掛けれるようにしてみました。
2014blog-2126.jpg下側には、ステムシャフトより細いパイプ、
上側には、クリアランスを確保して三叉を安定させるための
パイプをあてがいます。
2014blog-2127.jpgステム下端の熔接はかなり削りましたし、
結構圧力を掛けているのですが、うんともすんとも言いません。

ああ!!中央が膨らんでる!!ストップストップ!!
2014blog-2136.jpgうー、削り方が足らなかったか、でも削り過ぎると
これはこれで貴重なアクシスステムなので、壊さないようにしたい。
とりあえずだ、削っていこう
2014blog-2137.jpgしつこく削っていくと、何やら線のようなものが
外周と内周の間に見えてきます。
これ、要はステムシャフトと三叉部分の境目ですよね
2014blog-2138.jpg拡大。
うむ、それっぽい。

もうちょっと削って行くか
2014blog-2139.jpgおお、かなり見えてきた。

プレスしてみましょう。
2014blog-2140.jpgグググ…とちょっと荷を掛けただけで
2014blog-2141.jpgパキン!!とステムシャフトがアッサリ分離しました!!

ちなみに、境目が見えてきたらハンマーでどつくだけでも
ステムシャフトは抜けるらしいです。
 
関連記事
  1. 2014/07/25(金) 00:16:53|
  2. オートバイ-3RY JOGZ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する