FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

2014年の上京おさらい 3 田園調布までバスでゆく

2014blog-2295.jpg系統番号蒲12 田園調布行きのバスです。久が原線とも呼ばれている。
なんでも、道中にありえないような狭隘区間があるそうだ。

狭隘区間といえば、大阪市バスで過去に住之江から阿倍野まで運行されていた
7号系統(多分)の一部区間で強烈な場所がありましたが、
それに匹敵するものなのでしょうか。
2014blog-2294.jpg広い道に出ました。

当方はあんまりよくわかりませんが、
国道1号線こと第二京浜国道のようだ。
この後、国道口というバス停より狭い路地へと入る。
2014blog-2296.jpg久が原近辺。

え、なんだちょっと待て、あの角曲がるの???
2014blog-2297.jpg一瞬間を置いて安全を確認したのち、怒涛のヘアピン左折!!

うおおおおおお!!確かにこりゃクレイジーだ!!
2014blog-2298.jpgこの系統、田園調布と蒲田を繋いでいるわけですが、重用されているようで
利用者も結構多い印象でした。
田園調布と蒲田の間は、東急多摩川線が少し離れて並走しているのですが、
それでも、細かい鉄道空白地帯の需要を受けて、
これからもバスは走り続けていくのです。
2014blog-2299.jpg田園調布と言えば、東急が開発した住宅街ですね。駅から西方に向けて
放射状に延びた道路が印象的ですが、この駅舎も外せない。

過去に、線路が地上を通っていた頃の駅舎が今でもモニュメント的な感じで
存置されています。
2014blog-2300.jpgその田園調布駅も、今や地下にホームが作られ、
東横線と目黒線が入り乱れるように走っています。

それにしても、東京の立体交差化は地下に潜るケースが多い。
2014blog-2301.jpg景観や日照に一切影響がない、そして騒音も出ないので
閑静な住宅街には有効な手法なのでしょう。

東京って起伏の大きい地形なのもあるので、高架にしてグネグネ走るよりは
地下をまっすぐに走らせたほうが良いというのもあるのか…な
2014blog-2302.jpg東急5000(5050)系。

副都心線との直通が始まって、車種のバリエーションが増えたのですが、
東急持ちの車両はこれだけになってしまいました。
5000系やY500系もあるにせよ、完全に統一されてしまったということです。
途中からの小変更がなされたものは、シートが柔らかくなっていて
ちょっと羨ましい仕様となっています。
2014blog-2304.jpg渋谷にやって来ました。

ここで奥さんと合流なのですが…
2014blog-2303.jpgこの駅!!聞いてはいたが深い!!そしてどこがどうなっているかわからん!!

これは散々言い尽くされてきたことなのですが、今迄地上の便利な場所にあった駅が
いきなりこんな場所に移されて、ちょっと列べば座れた列車が既にパンパン詰めで
穴の向こうからやってくるようになったら…

当方の環境に照らし合わせると、南海難波がいきなり地下駅になって、
新大阪方面からやってきた急行が既に座れないという状況に…ってことか

なにわ筋線はもうできなくてもいいや…誰も得しなさそう
2014blog-2305.jpg待ち合わせ場所は、ベタなハチ公でも青ガエルでもない、
モヤイ像と呼ばれる場所を指定いただきました。
ちょっと人が少ない場所にあるので、合流しやすいようです。

何故にモヤイなのか、ですが、これはイースター島のアレではなく、それを模した
伊豆諸島の新島にあったものをモデルにしたからだそうな。
なんでも、一時この新島から日本各地にモヤイ像が送られたそうで…
2014blog-2306.jpg東急の渋谷駅から東急の渋谷駅へ。
今度は田園都市線から半蔵門線のコースへ。

丸ノ内線に乗り換え、淡路町という駅から徒歩1分。
2014blog-2307.jpgめん徳二代目つじ田(GoogleIMEで一発変換でした)

美味しいらしい。184氏のお薦めらしい。これはぜひいただきましょう。
2014blog-2309.jpg食べ方指南があるので先に読んでおきましょう。

何せ初めてですし、失敗はしたくないものです
2014blog-2310.jpgこだわり一覧表。

魚介が効いたスープの香りがたまらん。いただきましょう
2014blog-2308.jpg麺はプリップリのモッチモチ(あんまりよくわかっていない)
途中からすだちを絞って食べると良いそうだ。
掛けてみると…うむ、味が変わって二度楽しい!!さっぱりした味付けに
変化するのです。
2014blog-2311.jpgいやー、満足!!これは嬉しい。
辛すぎずで関西の人の舌でも安心して\食べることができます。

そして店舗の写真も撮っとくか、と思ったら
閉店間際なので行灯が消えてます…

まぁいいか、この夜はもうちょっとだけ、次回に続きます。
 
関連記事
  1. 2014/07/05(土) 23:14:48|
  2. 国内街歩き・地元記事

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する