FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

3RY JOGスポーツじゃなかったJOGZ 緊急復活作戦実行中 5 ちょっとだけロングホイールベース

2014blog-2024.jpg3RYのJOGZを仕上げる過程で、今回の作業は想定外だったのですが、
ストックしたまま使い道の無かった3.50-10のD306を使用するために
無理矢理その他の部分をどうにか合わせるということになりました…

画像はエンジンマウント、エンジンハンガーとも言いますね。
2014blog-2025.jpgここを4cmくらい後退させ、そう。ロングホイールベース化です。
近頃のスクーターの改造において流行していたスタイル。
あまりに大胆に伸ばしすぎて、リアタイヤがありえない位置にあるような
カスタマイズもあるのですが、当方はあくまでも、パッと見ではわからないように
仕上げる手法で行きます。
2014blog-2026.jpg我が屋敷の半自動熔接機では、強度が出せないので
場所を借りて強力なアーク熔接機にて、帯鉄から切り出したステーを熔接。
元の穴には脱落時の保険として、ボルトを通して締結しておきます。
2014blog-2027.jpgステーは、エンジン側のマウント(パイプ状のあれですね)に合わせた

幅にするため、S字状に曲げてあります。
2014blog-2028.jpgこれくらいくっつけておけば、強度的にも問題はないでしょう。
2014blog-2029.jpgついでに、廃材で所謂コンビニフックも作っておきました。

3YKの途中から採用された便利グッズですが、
ヤマハのパーツリスト検索で見るともう新品では買えないようです
2014blog-2030.jpg車体形状にあわせて、フック部分が真上を向くようにしました。

SUSなので錆知らず。
2014blog-2031.jpgそれでは、作成したエンジンハンガーを装着してみましょう。
2014blog-2032.jpg近頃、まだ6月だというのに日増しに暑さが厳しくなってきまして
もう辛いのなんの。
エンジンハンガーを緩めて抜いて、リアサスも外して…

オイルタンクのホースが抜けて散々なことに…
2014blog-2033.jpgそれでもなんとかマウントは付きました。

…パッと見わからないようにしたせいか、どうなったかわからん…
2014blog-2034.jpgマウント延長部は錆びないように刷毛塗りブラックに。

カウル付けたら見えないから、これでいいんです。
2014blog-2035.jpgリアフェンダーとのクリアランス。

こりゃかなり近くなったなぁ。干渉することは無さそうですが
2014blog-2036.jpg一方、メットインボックスとの距離は万全。
これでまともに走れるかなぁ、また他のところで
おかしい箇所が出てきそうですが
2014blog-2037.jpg早速難のある箇所が。

フレームには、オートチョークの逃げがあるのですが、
エンジンが後退した=キャブレターも後退したということで
ギリギリ干渉しそうな位置になってしまいました。
大丈夫かなこれ
2014blog-2038.jpg全景。
うー、フェンダーが擦りそう。これをどうにかするには
サスペンションの選択に慎重さが求められます。

はて、どのように転ぶことになるのでしょうか
 
関連記事
  1. 2014/06/13(金) 00:57:56|
  2. オートバイ-3RY JOGZ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する