FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

変態なオトナの休日・閉館間近の交通科学博物館へ 2

2014blog-0511.jpg館内には、結構なサイズの精巧な模型がところどころに置かれている。

これは修学旅行での長距離移動を効率的に行えるように設計された155系車両。
小柄な小中学生を想定して座席は3列+2列、その他内装、照明などの設備にも
様々なアイデアが盛り込まれた今では考えられないような車両でした。
2014blog-0512.jpg大阪市交通局の1200形。

今では御堂筋線と呼ばれる1号線、3号線こと四つ橋線にて活躍。
のちの弟分となる5000形こと50系に組み込まれる形で比較的後年まで
活躍することになる。
2014blog-0513.jpg阪急2000系。
今でも能勢電鉄、兄弟車の2300系が京都線で見ることができる、
この一連の模型のなかで現物が現存する車系となる。
画像の2001号車は能勢電鉄への移籍は叶わなかったよう。
2014blog-0514.jpg京阪2000系。
スーパーカーというペットネームを付けられ、その名に恥じぬ高加減速性能で
京阪間の通勤輸送を支えた功労者もとい功労車。
現在でもドンガラを活用した2600系が存在しますが、京阪線に残る車両は
ごくわずかとなりました。
2014blog-0515.jpg車両模型の脇には、このような往時のパンスレットが。

ちょっと色褪せていますが、うーん、京阪電車はやっぱりこの色じゃないと
何だかときめかないです。
2014blog-0516.jpg阪神5201形。
ジェットカー…とにかくこの頃の鉄道車両は何々カーという
ペットネームが付けられているわけですが、このジェットカーは現在でも広く深く、
主に鉄ヲタに浸透しています。
この第一世代ジェットカーは比較的早期に置き換えられてしまったのですが、
高加減速に依る過酷な使用によるものなのか
冷房搭載のコストメリットを考慮した結果なのでしょうか
2014blog-0517.jpg近鉄20100系こと「あおぞら」。母親も幼少期に利用したことがあるそう。

先述の155系同様、修学旅行輸送を主眼として製造された破格のオール2階建て。
これも主な利用者が小柄なことをメリットとして逆手に取ったもの。
現在でも近鉄は旧型特急車の改造にて同様の修学旅行専用車を保有しています。
2014blog-0518.jpgそして関西5私鉄の最後を飾るのは南海が誇るデラックスズームカーこと20000系。
曲面ガラスを多用したユーモラスかつ優雅な外観と
高島屋がプロデュースした落ち着きの中に気品を感じさせる内装は
その名に恥じぬデラックス。
2014blog-0519.jpg訪問時は、普段所蔵されていて見ることができないとされる
模型たちが「蔵出し」として展示されている。

車内などの照明はLEDモジュールを組み込んでいるのか、青白みのある色調。
2014blog-0520.jpg国鉄の検測車両ことクモヤ93形。
鉄ヲタには狭軌(線路幅1,067mm)のスピードレコードホルダー
(175Km/h)であったことが有名。
これは後に381系特急車両によって(179.5Km/h)塗り替えられている。
営業用の吊るし状態では無いにしても凄い速度ですね
2014blog-0528.jpgその他にも、模型は置き場所の制約が緩いためか所々に置かれている。

今となっては時代に取り残されたような車両の模型も多数あるのですが、
そのすべてが京都にてまた見れるようになることを期待したいです。
2014blog-0521.jpg旧形客車、いわゆる旧客での長距離夜行列車を模したモックアップ。
昭和中期、高度経済成長により世の中が豊かになろうとしている過渡期において、
まだ道路は未舗装の一般道路、高速道路も無く、自家用車もまだ高嶺の華であり、
航空機は限られた人だけのもの、新幹線はもちろんのこと電車特急がようやく登場した、
そんな時勢において長距離移動の手段としては画像のような座席鈍行が
優位、というかそれしか選べなかったわけでして、
このアコモデーションでの長時間・長距離の移動は相当大変なものであったと思われます。
今は高速バスに新幹線、格安飛行機と便利な時代になったもんですね…
2014blog-0531.jpgこれくらい大きくなるともはや模型ではないのですが、
開館当時の大阪環状線における最新車両だった101系車両のモックアップ。

ドアの開閉やモータを実際に動かせたりと色々できる教材だったようですが、
今は特に何もできなくなっています。
これも京都に行けるのかなぁ…
 
関連記事
  1. 2014/02/25(火) 12:35:50|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する