FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

昨年のことですが…丹後の方に行ってまいりました。というわけで加悦SL広場 4

2016blog-0070.jpg今もまだ残る消火器。

このステンシルですが、全車両に手数を掛けて塗られていたのでしょうね。
今はシール貼りになっていたはず
2016blog-0071.jpg仕様変更や更新によって車内も色々変化していると思われますが、
南海に残留した分はレトロな印象を多く残したままでした。
水間の500形は後年になって、更に内装などの更新が行われています。
2016blog-0072.jpgくたびれたロングシートに、何やら色んなものが置かれています。
2016blog-0073.jpgこの辺りは現役当時のままのよう。

内装のありとあらゆるところに木が使われていて、それがまた新鮮です。
この前に乗ったモ161号もそうでしたね
2016blog-0074.jpgさて、そろそろ注文の品も出来上がっていることでしょう。
2016blog-0075.jpgいわゆるケーキセットなのですが、これだけ盛りだくさんでも
リーズナブルな価格設定なのには驚いてしまいました。
確か800円もしなかったはず。市内でこれだけ食べれば
1000円はゆうに超えるでしょう。
2016blog-0076.jpg1202号を眺めながらケーキセットを食す。

いや、しかしこれ…塗膜の裏はすごいことになっているでしょうね…
2016blog-0077.jpgおそらく、この姿をこの目で見るのも最後になる…という覚悟で
別れを告げました。
できれば綺麗に修復されることを祈りたいですが、難しいところでしょう。
2016blog-0079.jpgさて、宿を目指しますか。
2016blog-0080.jpg数年前に夕日ヶ浦温泉を訪れ、ギブアップしそうなくらいにカニを食べることとなった
「佳松苑」。またしてもリピートすることとなりました。

前回は「こうのとり」と北近畿タンゴ鉄道での来訪でしたが、
今回はJB32です。雪が懸念されましたが、見ての通りの雪の無さ。
暖地の住人としては…救われました。
2016blog-0081.jpg今回はカニまみれのメニューは避けて、カニと…
2016blog-0082.jpg肉から何から色々食べれるコースにしました。
2016blog-0083.jpgカニ飯で〆となりました。いやー、美味しかった。
2016blog-0084.jpg翌日。

車で来たがゆえに、色んなところを周れそう。
途中で、このJB32のオドメーターが111,111Kmを指しました。
2008年に買った時は89,000Kmくらいでしたか。通勤に使わないので
距離の伸びは緩やかだと思われます。
2016blog-0085.jpg宿からちょっと走ると伊根の舟屋に行けるようなので、

向かってみることに。
2016blog-0086.jpg「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画内でも取り上げtられた伊根の舟屋。

番組を見ている方ならおなじみの光景です。
2016blog-0087.jpgこういう形態のプライベートポート付き住宅が成り立つのは、
日本海側における潮位の変化がすくないことにもよるそうな。
それで日本海側って防波堤が低かったり、水際の構造物がまるで池のように
接近しているのですね。
2016blog-0088.jpgさて、舟屋の景色を堪能した後は、

丹後といえば毎度おなじみの天橋立ですよ。
2016blog-0089.jpg冬季はリフトの運行は休止されているようです。

まぁこの日は暖かかったから、そうは思いませんでしたが、
よく考えたら普段は積雪も多く、リフトどころじゃないわけでして…
 
スポンサーサイト



  1. 2016/01/31(日) 00:26:11|
  2. 鉄ヲタ

昨年のことですが…丹後の方に行ってまいりました。というわけで加悦SL広場 3

2016blog-0050.jpgいやー、寒さと多忙で記事のアップロードが滞ってしまいました…

さて、今度はキハ40(旧)の車内を覗いてみましょう。
2016blog-0051.jpg扉を開くと、このような部屋が分けられています。

キハユニには分類されないんですね
2016blog-0052.jpg一部、供食のために改造されていますが、当時の雰囲気はそれなりに残っているのでしょう。

この類の客車改造気動車は、調べたところ
北海道や四国に少ない数が改造・配置されたのみとなりました。
結果として、キハ141・143系列で安定した性能を得るまでは長い時間が必要でした。
2016blog-0053.jpg車内では延々と音楽が流れています。

古いドデカホーンが頑張っているのですが、FMラジオでしょう
2016blog-0054.jpgこの手合いによくある手法で

冷改されています。
2016blog-0055.jpg運転台。
乗務員扉は設けられていません。
それにしても狭そうです。
2016blog-0057.jpgキハ10の方は帝国車両製です。

そういえば、南海の線路上から帝国車両が製造した車両は
ついに消滅してしまったのですね
2016blog-0058.jpg駅舎2階の資料館。

当時の資料や備品などが収められていますが、加悦鉄道のことに関しては
そこまで詳細に知ることができない様子。
2016blog-0059.jpgそして1階にはレール資料館。

何にしても、側線や構造物で知らぬ間に歴史のあるものになっていたりする
美味しい歴史の語り部なのです。
2016blog-0056.jpgさて、遂に今回の本題とも言える

1201系の車内に入ってみるとしましょうか。
2016blog-0060.jpgとりあえず、喫茶店で休憩です。

注文を終えて、マスターに断りを入れてから入ります。
貫通扉の上にノブがあり、これを捻ることで扉が開きます。
2016blog-0061.jpgこのスタフ挿し、懐かしいですね~

この部分、今や橙プラズマからカラー表示になってますもんね
2016blog-0062.jpgこちらはキハ40(旧)よりも車内が改装されている感じです。

元々のロングシート部分は相当なくなっています
2016blog-0063.jpg一部に残ったロングシート。

モケットもかなり劣化しています。
2016blog-0064.jpgこちらは元々の座席配置を活かしたテーブル配置。
2016blog-0065.jpg南海沿線名所案内は、かなり古いものを用意して差し込んであります。

枠自体は7000系などで使用されていたものと同じようですね。
 
  1. 2016/01/25(月) 00:13:46|
  2. 鉄ヲタ

南海8300系 6連運用 あなたはもう乗りました?

2016blog-0114.jpg2016年1月も半ばになった頃。

突然、南海8300系が1000系の2連口と立て続けに組成されはじめ、
6連にて優等運用に入る姿が見られるようになりました。
1月14日には、早くも準急4302列車に充当。
2016blog-0115.jpg今迄、8000系と組成された分が8300系に交換されたわけで、
8000系は4連の普通車などに回されることとなっています。
8連組成が増えたのかな?

1月15日には、夕刻の急行に充当されることがわかりましたので、
みさき公園駅にて暫しの間待ってみました。
2016blog-0116.jpg急行1728列車。
間もなく入線です。

遠方よりLEDヘッドライトの眩い光が!!
2016blog-0117.jpg8304F、急行にて参上です!!
それにしてもカッコイイですね~
絞られた排障器、それでも装備され続ける前面貫通幌。
前パンではなくなったのがちょっと惜しまれますが、屋根の無駄な配管を削除するためには
こうするのが最適解だったのでしょう。
 
SH-04Fで動画撮影した分をYoutubeにアップロードしてみました。
この音がまたフューチャー感てんこ盛りでカッコイイですね。

  1. 2016/01/18(月) 23:44:01|
  2. 鉄ヲタ

昨年のことですが…丹後の方に行ってまいりました。というわけで加悦SL広場 2

2016blog-0030.jpg1201形の台車がもう一つ置かれています。
2016blog-0031.jpg12年前の画像。

ずっとこの場所に置かれているようですが、
この辺りの展示物はただ朽ち果てていくだけのようですね…
2016blog-0032.jpg近寄ってみる。
120馬力の電動機もそのまま装架されていて
ブレーキ周りのリンクが切られている以外はそのままの様子。
2016blog-0033.jpg所謂イコライザー台車。旧型車の定番でしたね

これもおそらくは80年を越えた骨董品なのですが、もうちょっと綺麗にできないものでしょうか
2016blog-0034.jpg転車台周辺に、また色々な車両が展示されています。
2016blog-0035.jpg加悦鉄道キハユニ51形と呼ばれる車両。
車体の前にあるベランダのようなものはクルージングスペースではなく
荷物を放り込んでおく荷台とのこと。
2016blog-0036.jpg右がDC351というディーゼル機関車、
左はハ10と呼ばれる客車。
ディーゼルカーが入る前はこのような小型ディーゼル機関車が
客車を牽引するスタイルだったということですね
2016blog-0037.jpgこの車両は修復が完了したとのこと。
確かに車体がピシッとしています。木部の仕上がりもお見事ですね。

1201形もいつかはこれくらい綺麗にして欲しいです
2016blog-0038.jpg大阪にあった「梅鉢鉄工所」の銘板。

南海高野線の浅香山近辺に工場があって、引込線も存在したそうな。
当然、南海の車両にも大きな繋がりがあったそうだ
2016blog-0039.jpgこれらは普通に車内に入れます。

鉄道博物館では、この手の車両は困った人たちが損壊してしまうとのことで
早々に立ち入り禁止になってしまったことを思うと、これは大盤振る舞いですね
2016blog-0040.jpg車内のグレードは、二等・三等の合造になっていて
二等のシートは背ズリにもクッションがある…

今となっては当たり前なのですが、これが当時は高級路線だったのでしょう。
2016blog-0041.jpgこちらが三等。

モケットも綺麗に整備されています。
2016blog-0042.jpgこちらはフハ10と呼ばれる客車。クロスシートですね
2016blog-0043.jpg簡単に言ってしまえばレトロでアンティークでロマンがありますが、

この椅子で数時間も数時間も揺られるのって、結構キツそうですよね
2016blog-0044.jpgここにも牽引用のディーゼル機関車。
2016blog-0045.jpg通称カトーくんと呼ばれる加藤製作所の小型DL(Diesel Locomotive)。

戦前~戦後にかけて土木建設工事や軍隊に多数納入されたもの。
2016blog-0046.jpgラジエター上部のロゴマークが特徴。

サイズも形状も愛らしいですね
2016blog-0047.jpgその隣に置かれている除雪車に乗り込んでみます。
2016blog-0048.jpg目の前には旋回窓。丸い中の部分が廻って雪を飛ばす仕組みなんだそうな。

電熱入りの窓が普及するまではこれが雪国のマストアイテムだったのでしょう。
2016blog-0049.jpg車内には丸っこい可愛らしいストーブが。

移動の需要は天候を問わずしてあり続けるので、積雪を理由にして休むわけには行かないのです。
これら除雪車が活躍することで、豪雪地帯の安全輸送が守られていたのでしょう。
 
  1. 2016/01/11(月) 01:29:51|
  2. 鉄ヲタ

昨年のことですが…丹後の方に行ってまいりました。というわけで加悦SL広場

2016blog-0010.jpg今年度になってどこにも奥さんを連れていくことができませんでした。
忙しかったというと言い訳にしかなりませんし、ここらでイッパツカニ旅行ですね。
前回は鉄道で行きましたが、今回は色んな所を周りたいのでJB32が出動します。

何にしても雪が全くない暖かさだったので、暖地住みの当方にとってはそれが有り難いです
2016blog-0012.jpg舞鶴若狭自動車道の西紀SAに立ち寄ります。

昔から奥さんがここの豆パンを食べたい食べたいと願っていたので、
ようやくそれが叶うかたちとなりました。
2016blog-0011.jpg美味しそうなソフトクリームがあったので、早速食べてみます。

うむ、クリーミィでたまりません
2016blog-0013.jpgこんな便利な高速道路があるなんて、北丹にも行きやすくなったもんですね

さて、ここまで来たんだから、というわけで、目的地とは異なった方向に車を走らせます。
2016blog-0014.jpg暫し走ると、加悦の文字が。

そう。あの場所に行くわけですよ。鉄ヲタとして。
2016blog-0015.jpgというわけで到着。

早速目に入り込んでくるのは、南海1201形。
いやー、雨晒し雪晒しなので仕方ないですが、相当傷んでますね
2016blog-0016.jpg屋根は雨漏りがするようになったのか、全面にシートが被せられています。

塗膜も剥がれ始めていて、内部で腐食しているのがわかります。
2016blog-0017.jpg2003年の画像が出てきたので、貼っておきます。

この頃は結構綺麗でしたが、それから12年の月日が経っているのですね
2016blog-0018.jpg車体更新を受けているので、リベット打ちだった部分は相当な範囲で熔接になっています。

昭和48年の本線系昇圧時はもちろんのこと、その先もまだまだ使えるくらい丁寧に更新された
車体であったため、貴志川線の近代化まで走り続けることができたわけですが、
それもさすがに長期における屋外留置には勝てなかかったようです。
2016blog-0019.jpg昭和8(1933)年 南海天下茶屋工場にて製造。
あと17年で100年になるわけですね。
しかしこれ、南海でも保存できなかったものなのでしょうか。
どっかの検車庫内の片隅にでも1201号を…とか
2016blog-0020.jpg台車は車体という傘の下でなんとか持ちこたえている感じです。
2016blog-0021.jpg12年前。

所々が腐食していますが、まだまだ綺麗ですね。
塗料の状態を見る感じ、一度塗り直されているのでしょう。
2016blog-0022.jpg曇り空が退廃的な感じをより一層加速させます。

いや、まだ形が残っていただけでも奇跡的であると思います
2016blog-0023.jpg駐車場内には京都のN電も置かれていますが、
こちらも傷み始めています。
立地的に海からは遠いのですが、積雪による冷たい痛みが
車体を蝕んでいくのでしょう。
2016blog-0024.jpg加悦駅舎を用いたエントランス。

2階には資料館も用意されています。
2016blog-0025.jpg傍らには国鉄キハ08が。
無煙化(蒸気機関車からディーゼルへ)の急速な流れの中、ディーゼルカーが慢性的に不足している中、
余剰となった客車にエンジンを搭載してディーゼルカーにしてしまった意欲作。

結果、重い客車がベースとなったことが所定の性能を発揮できないとのことで
早期に廃車されてしまったのですが、加悦鉄道に譲渡されたのちは廃線まで生き永らえることが
できたのです。残存個体はこの車両のみ。激レアです。
2016blog-0026.jpg手前に留め置かれているのは、無煙化を推し進める大きな第一歩となった
国鉄キハ10形も存在します。
こちらは多くが地方私鉄に払い下げられ、博物館での展示車両に返り咲いた個体も存在します。
このようにレア車が多く、見どころいっぱいなのが加悦SL広場。
2016blog-0027.jpg300円を払って、内部も見てみましょう。

…これ、1201形の台車だよな…(Wikipediaを見る)うむ、そうみたいだ
2016blog-0028.jpg特に大事にしておきたい蒸気機関車には、近頃になって上屋が建てられています。

この加悦鉄道2号機関車は、重要文化財に指定されているとのことだ
2016blog-0029.jpg他にC57などの国鉄蒸機も留め置かれていますが、
これも恐ろしいほどに傷んでいます。
機械物は動き続けていないとあっさり崩壊するものなのです…
 
  1. 2016/01/10(日) 11:03:05|
  2. 鉄ヲタ

ようやく新年記事…今迄何やってたんだ?風邪引いてました

2016blog-0001.jpgいやー、もう1月9日ですか…

もう更新ないんじゃないの?と思われそうな当Blogですが、
いや、なんで放置していたかってのは…

風邪引いてました

昔は風邪引いてても頑張って更新していたものでしたが、
年齢的にも体力的にも、そして仕事がそれをもう無理にしちゃっています。

1月1日。奥さんは早速お仕事なので、家で正月早々大掃除をしていたら
職場の方からも年賀状が届くというハプニング
(基本的に職場での年賀状のやりとりはしない…と当方が思い込んでいた)
が発生し、大急ぎで阪南市の本局まで年賀状を買いに行きました。
これ、郵政民営化で色々やられてなかったら、今でも岬の本局に
原付で買いに行けたんだろうなぁ…

何にしても、穏やかな元日、バイク日和でホーネットを楽しませてもらいました。
2016blog-0002.jpg1月2日。
奥さんの実家に挨拶に。もう大きくなった甥や姪と桃鉄を持ち込んで遊ぶ。
初詣は最寄りにある守居神社へ。
商店街の中にある、というか後から商店街ができたのか、変わり種な神社です。
2016blog-0003.jpgこの日も一日を通して穏やかで、平和な毎日が過ごせる有り難みを

感じてしまいます。
2016blog-0004.jpg本殿と社務所を渡る廊下。凄いアーチですが

この凝縮感が良い雰囲気ですね。
2016blog-0005.jpgおみくじはこんな感じで。

今年はもっといい年にしたいなぁ
変則勤務の方が当方にとっては生きやすい環境でしたが
これからの見通しとしては今迄のような変則勤務はもう無いようですし
どういった生き方をするか、じっくり考えないといけませんね
2016blog-0006.jpg1月4日。仕事始めです。
どうやらどこかで風邪を貰ってしまったようで、早めのパブ○ンでなんとか凌ぐ。

今年初乗りの区間急行3808列車は3517F、そして
帰りになんばで当方を待っていた急行1721列車は画像のように3513F+3515Fでした。
どうなるんだ、今年の俺
2016blog-0007.jpgそして1月5日。体調が悪化して寝込んでしまいました。
早退で帰る際には死ぬかと思いました。
1月6日は療養しながら枕でゲーム、そして1月7日。体調も普通になったので
盟友ヤマさんとハゲラ君とで、日本橋にお買い物、そしていつもの3人の新年会を。
2016blog-0008.jpg今回はミナミに数件ある「立ち寿司」です。

このホホ肉のサイコロステーキ、これがたまりません!!
もう一回頼んでしまいました。
2016blog-0009.jpgウニいくらこぼれ盛り…もう見た目でたまりませんねこれ
これらおいしく楽しくいただいて、ようやく完全復活です!!

さて、今年も旨いもん食べて頑張ってマニアックに生きていきましょう!!
というわけで本年も、相変わらずな当方をよろしくお願いします。
 
  1. 2016/01/09(土) 23:49:01|
  2. その他

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する