FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

CB250FT・ホーネット その60 点火系強化(中古のMP10コイルで)

2015blog-2671.jpg先日のツーリングも無事に走り終え、ますます当方の環境に馴染んできたホーネット250。

馴染んできたら、色々と欲が出てくるものでして…
2015blog-2672.jpg当方のホーネットは幾度も紹介していますが、最初期型のCB250FTです。

なんでも、2000年台に入ってホンダの中型バイクにおいて点火系の改善が
行われているそうで、それが今回の…
2015blog-2673.jpgそう。点火コイル、イグニッションコイルとも呼ばれるそれを今回は交換して、性能の向上を
狙ってみることにします。

まずはこれ。ホーネット250で古いものは大概これが付いているでしょう。
MP08と書かれていますね。
2015blog-2674.jpgで、今回ヤフオクで競り勝って入手した…
2015blog-2675.jpgCBR1100XX、ブラックバードとも呼ばれているハイスピードツアラーですが、
それの解体品なんだそう。
またこうして、この世から1台のマシンが姿を消し、そのパーツで他のマシンが救われるのです。
2015blog-2676.jpg型番がMP10。
ホンダの純正流用ではメジャーなものだそうで、CB400SFがHYPER VTEC REVOになるちょっと前くらい、
2006年のマイナーチェンジで
「イグニションコイルを大型化し、より安定した火花を供給することで、特に低回転域での扱いやすさを更に向上させている。」
との記述があるのだ。これがMP08からMP10への変更を意味している…って、まぁコイル流用に興味のある方は
ここまで書かなくてもご存知ですよね…
2015blog-2677.jpgちなみにこのMP10、近頃のCB400SFやCB1300だけと限らず、様々な車種に採用されています。
古いところだとBROS、STEEDなどのツインプラグ車にも採用されていまして、結構歴史のある?
イグニッションコイルとなっています。

こうして比べると、結構な違いですね
2015blog-2678.jpg今回購入したイグニッションコイルには、なんとノロジーのホットワイヤーも付いてきました。
これも使えたらいいなぁ…

因みにコイルとコードで1500円くらいで落札できました。あぁ…また小さな幸せのために
運を使ってしまったのか、俺は
2015blog-2679.jpgホーネットのプラグコードと比較。

ちょっとだけブラックバード用のほうが長いが、まぁ干渉しなければいいか。
因みに防水キャップは調節ができるもの。ちゃちいので、コーキングしておいた方が良いか…
2015blog-2680.jpg因みに、ホーネットは点火プラグのターミナルとなるネジ部分に直接挿し込むタイプの
プラグコードを採用しているのですが、ブラックバードはターミナルナットにカチ込むタイプ。
ああ、こりゃ困ったな、何か探してこないと…
2015blog-2681.jpgありました。ここからいただきましょう。

しかし我が屋敷ではBP5ESを使用している車はもうないのですが…
まぁいいか
2015blog-2682.jpgプラグの状態は…まだまだいけそう

次の交換の際にはイリジウム化でしょうか。
2015blog-2683.jpgターミナルナットを装着。これでホットワイヤーが装着できます。
2015blog-2684.jpgイグニッションコイルは巨大化しましたが、何事も無かったかのように
ボルトオンで装着できます。

因みに、ホーネットでもプラグコードが黄色いタイプのものは
MP10を採用しているようです。まぁこれは解体品からの推測なので何とも言えませんが
2015blog-2685.jpgそういえば、イグニッションコイルはリレーを介してバッテリーから電源を取ってやると良いとのことだ。
当方もジムニーなんかではやったなぁ、これ。
配線が劣化した20年以上オチのジムニーともなると変化もでかいので、是非ともやておきたい改善です。

で、ホーネットなのですが…まずはバッテリー電圧を。
2015blog-2686.jpgこれがイグニッションコイル入り口の電圧。

…そんなに変わってないんじゃ?
まぁいい、せっかくなのだからバッ直引きますか。
2015blog-2687.jpgノロジーホットワイヤーが収まったエンジン。
やっぱりちょっと飛び出ていますが、気にしない気にしない。

しかしだなぁ…
2015blog-2688.jpgノロジーホットワイヤーの最大の特徴であるアース線。
これをどうやって処理しよう。

因みに、エンジン起動中に触るとビリビリ来るので注意しましょう。
2015blog-2690.jpg結局、適当な線を繋いでおいて、フレームにアースしました。

またこの辺りは手直ししないといけませんね。

モノトーンな当方のホーネットで、唯一のカラー的なアクセントであった
赤いプラグコードが…この通り、ここまでモノトーンになってしまいました。
2015blog-2689.jpg走れる状態になったので、ちょっとだけテスト。
エンジン始動後のアイドリングは、純正コードの方が安定していました。
こちらに換えてからはボボッボッボッボボッという感じでアイドリングするように。
なんだ駄目なのか?と思って走りだす。
おお!!全域マシマシです!!ハーフスロットルからのトルク変動がソフトになりました。

本来であれば…そう。1つ1つのパーツで変化を楽しめば良いのですが、まぁ時間も少ないし
仕方ないですね。さぁ、次の休日はひとりショートツーリングでもしましょうか。
 
スポンサーサイト



  1. 2015/11/30(月) 23:32:56|
  2. オートバイ-ホーネット250

電話休題 AQUOS PAD SH-06Fに格安SIMを入れてしまおう

2015blog-2660.jpg 当方が月末になって、いつも不安になって焦る案件がありまして…
いや、仕事じゃないですよ。そんなのどうでもいいんです。
いやー、その頃は携帯電話で1ヶ月に3GBも通信するなんて考えていなかったんですよ。

ですが、悪い遊びを覚えてしまって、熱心にポチポチやっていると…
こうなってしまいます。

128kbpsってそれだけ遅いかって言うと…2Gのmovaが28.8kbps、
FOMAになった頃が384kbpsなんだそう。要はその半分以下でスマートフォンを動かさないとイカンわけでして。
まぁ、強がりを言うならばテキストサイトやシンプルなゲームはそれでもなんとか動きます。
ですが、大量に画像を読み込むようなシチュエーションになると…もうダメ。
2015blog-2661.jpg 当方が悩んで悩んで困っているのは、ここから2GBの通信料追加、要は規制解除を追加すると
2,500円も掛かってしまい不経済なこと、だからといって5GBのプランにすると、カケ・ホーダイが
頼んでいなくても付いてくるという…当方は遠くに離れた恋人がいるわけでもなし、友達も少なく、
仕事でも全く電話を掛けないので、カケ・ホーダイは何が何でも導入するわけにはいかないのです。

…ならば、やっぱこれで行くしか無いか…と導入したのが!!
2015blog-2662.jpgMVNOです。Mobile Virtual NetWork Operatorの略ですが、
要はなんだ、通信インフラをキャリアから借りて、サービスや端末の提供を自分でする事業体のことを
そう呼ぶらしい。簡単にいえば、格安SIMですね。

で、NTTdocomoの回線を使用しているMVNOなら、docomoの端末に挿す場合に限り
SIMロックは解除しなくても良いらしい。これは嬉しいですね。
2015blog-2663.jpgSIMカードはまんまdocomoのもの。
で、MVNO業者はDMM Mobileを選びました。単純に安いのと、価格.com経由で加入すると
アマゾンギフト券が貰えたり、まぁ、そしてDMMには夜のことでとてもお世話になっているので…

因みに、格安SIMではテザリングができないらしい。いや、これには語弊があるのだが、docomoから
リリースされている端末はspモードのAPNで接続した場合にのみテザリングができる仕様なのです。
え、docomoの回線なんだしできるんじゃないの?と思ってしまいますが、そうは問屋が卸さないようです。
2015blog-2664.jpgまぁ、できないならできないで、格安SIM側でゲームをするようにすれば良いってわけだ。

簡単な解説書があるので、誰でも簡単に設定ができる…はず。
ですが、行き詰まってもこれをドコモショップに持って行ったりは…できませんよね
2015blog-2665.jpg当方のSH-06F。現状では家でしか使わず、やや塩漬け状態。

フルセグも観れるし、画面もスマートフォンよりは大きいので
奥さんに使ってもらおうとしたのですが、あんまり需要はなかったようです。
2015blog-2666.jpg頂部にあるキャップを開けると、カードスロットが。

大きさに余裕があるので、SH-04Fのように2階建てにはなっていないです。
2015blog-2667.jpg普通にSIMを挿入するだけ。

※契約の際にはSIMの大きさを指定する必要があるので、
自分が使用する機器のSIMサイズを確認しましょう。
2015blog-2668.jpgその後、特に何事も無く設定は完了。

屋外でもタブレットを使って色々と通信ができるようになりました。
2015blog-2669.jpgさて、タブレットに通信量を割り振ったおかげで、スマートフォン側では上限を気にすることなく
データを落としてこれるようになりました。
電車での移動や昼食時など、腰を据えて小一時間の通信をするときはタブレット、
それ以外、大きなものを持てないような、普段の通信はスマートフォンで。
良い感じで当方のモバイルライフが充実してきました。
2015blog-2670.jpgさて、Androidも今やロリポップことAndroid5.0がリリースされ、
そう。我がSH-04Fも嬉しいことにアップデート対象になっていまして!!
さぁ、アプデするぜ!!

…というわけにもいかないんですよねこれが

なんとこの記事の主役ことSH-06Fは5.0へのアップデート対象外となっていまして、
04Fだけアップデートすると両機の間で使い勝手が異なるようになって面倒なのです。
他にもちょっとした不具合や、ゲームが重くなったとの報告もあるので、
当分の間は4.4で行こうと思います。
 
  1. 2015/11/29(日) 23:48:00|
  2. 携帯電話

電話休題 SH-04Fの液晶がまた割れてしまった

2015blog-2642.jpgシルバーウイークのある日。
弟が実家にやってきて、ヤフオクの出品をするので手伝って欲しいそうだ。
この手伝いには、落札者との取り引きや発送も含まれるので、決して割のいい手伝いにはならないのだが…
弟に出品文章の作り方を教えながら昼寝。

…結構な時間、眠ってしまったようだ…弟はヘトヘトになりながら出品手続きを終わらせたようだ。
当方は、ソシャゲのイベントをしようと電話を触ると…あれ、この汚れはなんだ?S字模様になってる…?

操作できない。嫌な予感が頭をよぎる。また割っちゃったようだ…
寝ている際にズボンのポケットに入れたままだったのがマズかったようだ。
2015blog-2644.jpg夕刻。近隣のドコモショップまでホーネットを走らせる。
お店で見せると問題点が一つ。この携帯、先日に水没反応が出てしまっているのだ。
保護フィルムの貼り替えの際に、本体をサッと水洗いしたのだが、SD/UIMの挿入口から浸水してしまったようで
そこの水没判定シールが見事にピンク色に…

その辺りも踏まえてお姉さんと相談したところ、ケータイ補償サービスを利用するのが良いだろうという判断に。

しかし、しかしだ。SH-04Fが無いと意味が無いのである。後継機、それもSH-03G辺りならいいなぁ…とも思ったりしますが
お姉さんが在庫確認をしてくれています。SH-04Fの、黒じゃないと!!駄目なんだ!!

しばらくして…あるそうだ。良かった。というわけで手続きを行って、そこから数日後の到着となるそうだ。
当方が加入している補償サービスは旧来のものなので、4,500円くらいでリフレッシュ品が来るのです。
2015blog-2646.jpgそして到着。
近頃全く貯まらなくなったポイントを使用して、お安くリカバリーしました。

因みに、画面割れで使えないSH-04Fの替わりはSH-06F、要はAQUOS PADで
凌いでいました。幸い、シルバーウイーク中だったので外出は外食くらいだったので
特に困ることもありませんでした。電話も掛かって来なかったですし。
2015blog-2645.jpg東京からはるばるやって来たSH-04F。

こういうのはメーカーではなくキャリアのセンターから来るのですね。
2015blog-2647.jpg開梱。

当然ですが、SH-04Fのブラックです。
これから色々頑張ってもらいますよ。よろしくね
2015blog-2648.jpg手引書も同梱されているので、慣れない方でも安心して

事をすすめることができます。
2015blog-2649.jpgリフレッシュ品。当然、新品にしか見えません。

当方の手元にやって来る前は、誰がどんな使い方をしていたのでしょうか。
2015blog-2650.jpg懐かしいデフォルト画面。

しかしだなー…もうここから設定するのはやだ…
2015blog-2651.jpg元のSH-04Fに準じてアプリを入れて配置して、
なるべく前の環境に近づけていきます。

…しんどい
2015blog-2652.jpg殆ど納得がいくところまで持って来れましたので、
元の個体はオールリセットします。

因みにこれの操作はBluetoothマウスでポチポチっとな…
2015blog-2653.jpg発売日に飛びついて、一度目の画面割れを経験してもなお
頑張って使い続けてきた当方のSH-04F。
Androidスマートフォンも、ここまで満足がいくものになったと実感させられた良機でした。
ありがとうございました。
2015blog-2654.jpgさようなら。
2015blog-2655.jpgオールリセット後は、Bluetoothマウスが紐付けできなくなりましたので、
2015blog-2656.jpgUSBホスト機能を用いてマウスを接続。

最後の操作を行います。
2015blog-2657.jpg嗚呼、本当に世話になったなぁ…これ持って色んな所に行ったなぁ。
単虎を覚えたのもこの端末でした。

新しいオーナーさんの元でも頑張るんだぞ~
2015blog-2658.jpgリフレッシュ品になったことだし、TPUケースも新調するか。
当然、エレコムの同じものです。まとめ買いしたのでまだストックがあります。

汗や何やらで、縁が赤く変色しています。
2015blog-2659.jpgところで、SH-04Fの液晶パネルにはロットで違いがあるようで…
画像でよく見たらお分かりいただけるでしょうか、タッチセンサーのパターンが模様のようになっています。
暗所にてスポットライトを当てるとギラギラ光って目障りなのです。
ところが、当方が初めて画面を割って交換されてきた液晶にはこのパターンが見えないものが付いてきたのです。
そんなもんなのかなぁ…と今回やって来たリフレッシュ品には…嗚呼、またこれだ。まぁ仕方ないか。

最新型のSH-01HではCPUがなんと8コアらしいですね…Androidも5.1で倍速液晶、
え、倍速液晶…これはゑろ動画の再生に良さそう…ゴクリ
カメラも光学手ブレ補正が復活しているとのこと。だがまだまだ、当方はSH-04Fで行きますよ!!
 
  1. 2015/11/24(火) 23:08:35|
  2. 携帯電話

新しい職場でのツーリング これぞオトナの休日 第三弾-四

2015blog-2618.jpg途中、満腹感と信号のない緩い走りの国道で眠気が襲ってきて
皆様、大変だったようですが…

なんとか、白浜までやってきました。バイパスを走って、見慣れた景色を抜けて…
2015blog-2619.jpg…と、信号でもないのにk柳主任のヨンフォアがまた停まってしまった。
懸命にキックしている(セルは具合が悪いそう)
なんだ…こりゃ尋常じゃない感じだぞ

コンビニの駐車場を間借りして、原因を探る。燃料は…キャブのドレンを開けると漏れてくる。
キーの接触が悪いようだ。ランプがボンヤリ光るところでキックするも駄目。
火花が飛んでいるか診る。ああ、飛んでいない。
バッテリーを見ると液がないセルがある。これか…

当方のホーネットのバッテリーをつなぐと、元気に始動。
2015blog-2620.jpgここで電話にて手配していたJAFが到着。
整備士さんの診断によると充電系が駄目だろうということ。
近くのバイク屋さんが開いているようで、似た大きさの新品バッテリーや
中古でも良いなら用意があるそうだ。
2015blog-2621.jpg幸い、レッカーも無料の距離なので、そこまで積んでもらうことに。
2015blog-2622.jpgやってきたのは紀伊新庄駅最寄りにある「プラスワンモーターサイクル」
日曜に営業してくれているのはとてもありがたいです。

店内にはセンスの良いカスタム車や、新車の試乗車?も。
個人的にはFZRの足が入っていると思われるSRXが気になりました。
2015blog-2623.jpg準備していた中古バッテリーを付けてもらい、
走れるだけ走ろうということに。
因みに、このヨンフォアですが、セルスターターは壊れていたわけではなく
バッテリーが弱っていたためにクランキングができなかったようです。

さぁ、暗くなると燈火類で消費電力が増すので、急ぎましょう。
プラスワンモーターサイクルの皆様、お騒がせしました…
2015blog-2625.jpgですが、終わりは突然にやってきました。
距離にして56.6Km。トンネル内でストール。

我々は安全な場所に退避し、貸バイク組には先に帰ってもらうことに。
広川インターチェンジの手前だったので、
そのまま降りて、策を練る。
2015blog-2626.jpg直ぐ側にローソンがあるので、そこに一旦落ち着く。
S田主任がレンタカーの手配を工面しているが、渡り板が無いとのこと。
嗚呼、万事休す。こんなレジェンドバイクをこんなところに置きっぱなしにしていると、
まず跡形もなく蒸発することでしょう。

そんなことをヤマさんやハゲラ君とのLINEに飛ばしていたら、なんとヤマさんが
駆けつけてくれることに。ヤマさんの実家は設備屋さんなので、軽トラなんかはお手の物なのです。
2015blog-2627.jpgこのローソンにはイートインがありますので、そこで集い、インスタント食品を楽しむ。
温かい汁が身にしみて、体が元気になっていきます。
インターチェンジが近く、かつ、このような良い条件のローソンがある場所でエンコしたのは
不幸中の幸いだったとも言えますね

小一時間の時を経て、ヤマさんが現行キャリィで到着しました。
思えば、当方がJazzを購入したときも、ヤマさんと一緒に軽トラで東大阪まで取りに行ったものでした。
エアコンも無いキャリィで、窓を開けて走っていたら当方は右腕、ヤマさんは左腕が真っ黒に焼けてしまったという…
2015blog-2628.jpgS田主任の得意とする縛りで、ガッチリ固定されたヨンフォア。
2015blog-2629.jpgさぁ、走り出しましょう。
困難はなんとか乗り切ることができました。

ヤマさんは不参加ながら、この日のMVPとなってしまいました
2015blog-2630.jpg紀ノ川SAで、今回の解散式。
本当に色々ありましたが、こうして無事に帰れる方向に向いたということで…

次回はちゃんと円月島にたどり着きたいところですね。リベンジしましょう!!
2015blog-2631.jpgそして、当方は相変わらず阪南インターチェンジから15分の好立地なので、
そそくさと帰宅して、皆がヨンフォアのフォローに回っているなか、真っ先にお風呂で体を
暖めることができたとさ。

その後のヨンフォアですが、多数のリプロパーツを用意しているBRCというお店で
レギュレーターを購入し、修理の準備が整っているとのことです。
ICレギュレーターになったら、MFバッテリーでセル始動がOKになることでしょう。
 
  1. 2015/11/24(火) 01:36:36|
  2. オートバイ

新しい職場でのツーリング これぞオトナの休日 第三弾-参

2015blog-2601.jpgさて、毎回のツーリングの課題でもある記念写真。
前回のような5台くらいであればまぁ話は早いのですが、
今回は大所帯。まずは具合の良さそうな場所を探し、整列してもらう。
こういう仕切りは当方の部所の主任であるI田主任が突出しているのですが、
当方もちょっと頑張ってみました。
マシンが順光になるように駐めて、綺麗に並べて…
2015blog-2602.jpgこの後、人間入りの写真と、更に一人ずつマシンに跨った写真も撮っちゃいます。

翌日にプリントアウトしたものを持って行くと、ツーリングの余韻と相俟ってウケが良いのです。
2015blog-2603.jpg今回もバイク便仕様のホーネット。でもやっぱり伊達なマシンにこれは似合わないですよね…
外しの美学も、外れすぎていたら美学にならないんですよね
ボーナスが出たらタンクバッグを物色してみましょう。

因みに、当方が跨った画像は空ヲタのW田監理主任が撮ってくれました。そして改めて
自分がデブになったことを認識するのでした。
2015blog-2604.jpg次なる目的地に向けて走ります。

日の岬灯台に向かうとのことですが、途中、後半の数台がはぐれてしまったり、
2015blog-2605.jpgK柳主任のヨンフォアが原因不明のトラブルで停まってしまったりと

色々ありながらも…
2015blog-2606.jpg昼食をとることになっている旅館に到着しました。

はぐれたもう片方のメンバー曰く、日の岬灯台には行けなくなっていたそうです。
これを書きながらちょっと検索しているのですが、現在はどうなっているんだろう?

暫く調べてみましたが、なかなかのB級感あふれるスポットだったようですね。

因みに、「ひのみさきとうだい」で検索すると、当方が3月に島根に行った際に訪れた
出雲日御碕灯台がたくさん出てきました。嗚呼、もう随分前のことに思える…
2015blog-2607.jpg紀伊半島南部に行くと、魚料理といえばクエになるようです

この旅館にもこのようなイカしたモニュメント?が。
2015blog-2608.jpgお鍋にするとプリプリで美味しいのですが、

さぁこのお店のクエやいかに。
2015blog-2609.jpg旅館にはごはん処が併設されており、我々は
そこに通されます。お店の中には魚拓が。
この画像では比較できるものがないですが、でかい。
2015blog-2610.jpgクエ鍋のセット。身は3切れくらいですので、味わって食べましょう。
2015blog-2611.jpg全景。

後に紹介する公式サイトによると、クエ定食(2,900円)がこれのようだ。
2015blog-2612.jpgいいダシが出てますね~
2015blog-2613.jpgこの旅館特製のポン酢でいただきます。

味?そりゃもう、言葉にできないくらいでした。
後々、卵とごはんを頼んで雑炊にまでして堪能いたしました。
2015blog-2614.jpg旅館の横はまさに海。
岬の名にふさわしい立地ですね。

検索したら公式サイトまで出てきました。いまどき食べ○グやじゃ○んでしか詳細が見られない
お店も増えている中で、ちゃんと公式サイトがあるのが嬉しい。
2015blog-2615.jpg腹を満たしたら、また走りだすことになります。
2015blog-2616.jpg何気ない画像も、こういったものも余すこと無くにSDカードに詰め込んで
参加した皆様に回して渡すようにしています。
今回は一眼+車載カメラ+携帯で240枚近くとなりました。
2015blog-2617.jpgここから下道で白浜まで走ることとなります。

目指すは三段壁と円月島、そして露天風呂なのですが、
この日のうちに全部こなせるでしょうか
 
  1. 2015/11/22(日) 00:38:41|
  2. オートバイ

新しい職場でのツーリング これぞオトナの休日 第三弾-ニ

2015blog-2583.jpg数十分を待たずして、様々なサウンドと共に参加者のマシンが集います。
今回は人数も多いので、まさに多種多様な感じですね。

ここに足りないのはレーサーレプリカでしょうか。IN田さんのGSX-R1100がなんとかそれっぽい感じ。
2015blog-2584.jpg本当であれば同期のヤマさんがここにNSR250Rを伴って加わるはずだったのですが、
キャブレータのオーバーフローで無念の車でお見送り…となりました。

ですがこのヤマさんが、後々の救世主となって降臨することとなるのです。
2015blog-2641.jpg出発です。

鮮やかなイエローのスクーターは、OK保主任のスカイウェイブ。
Sなので変速機構が付いている模様。ハンドルに妙なスイッチが付いていました。
2015blog-2587.jpg紀ノ川SAに到着。

…!!何じゃこの車は!!
ギャランΛ、それも3ナンバーですよ!!2600のギャランΛなんで見たことがなかった当方は
大興奮で車を見せてもらうことに。
2015blog-2585.jpgエンジンルーム。
オーナーの愛情が輝いています。
当然、オリジナルではないにしても、このキメの細かい手入れが
それ以上の輝きを見せてくれます。
2015blog-2586.jpgASTRON80。2600ccなので所謂G54B。
我々のようなCCV愛好家としてはジープ最強のJ57/47/37などに載せられた
ハイパワーユニットとして、
そして走るシーラカンスことデボネアの心臓としても有名でした。
2015blog-2588.jpgで、そのΛのオーナーさんと談笑していたのがAE86のオーナーさんでした。
驚きのシングルナンバーですが、なんでも2年落ちを今迄維持しているとのこと。
これもまた素晴らしいコンディションですね…

…って、バイクツーリングというのに勝手に何興奮しているんだか、いや、これらのマシン達は
当方を大興奮させるのには十二分のパンチ力を持っているのです。
2015blog-2589.jpgさて、メンバーの皆様は煙草休憩も終わったようなので、

またしても阪和道を南下することとなります。
2015blog-2590.jpg高速道路を11台の編隊で走る様は圧巻です。

なかなか並走する四輪などとのペースがうまく取れない感はありましたが、
引率の方達の仕切りでうまく隊列が保たれていました。
2015blog-2591.jpg今回、カメラマウントにラバーを挟み、カメラ自体の感度も上げたので

失敗画像は相当減らすことができました。
2015blog-2592.jpg有田ICで降ります。
2015blog-2593.jpg紀勢本線の線路沿いをひた走ります。

線路の速度標識にはまだ381の文字が見られますが、
この画像の時点で、もう381系はやって来ないのです。
2015blog-2594.jpg広川ビーチ駅をかすめます。
2015blog-2595.jpg山道を越えると、海が見えてきました。

こんな場所があったんだなぁ
2015blog-2596.jpgトンネルを抜け、
2015blog-2597.jpg橋を渡り、
2015blog-2598.jpg凄い石垣をかすめ、
2015blog-2600.jpgなんだか凄いところに着きましたよ!!

色々と行程を組んでくれているのですね。
2015blog-2599.jpgあとで調べてみたのですが、白崎海洋公園という場所のようで
この奇勝は石灰岩からなるものとのこと。キャンプ場やバンガローも併設されており、
我々が着いた辺りには、朝起きて歯を磨いている宿泊客が水道の周りに大挙しているような状況。
何せ集合時間が早いので、まだ朝の8:20頃なんです…
 
  1. 2015/11/19(木) 23:02:58|
  2. オートバイ

新しい職場でのツーリング これぞオトナの休日 第三弾

2015blog-2580.jpg今年度からの(略)
基本的には秋に行う長距離ツーリングが本番のようで、
今迄走ってきたショートな少人数ツーリングは突発的なものだったそうです。

さて、当方も仕上げてから一度も洗ったことがないホーネットを洗車し、来たる11月1日に備えます。
デイトナのハイパーパッドはブレーキダストが凄いです。次は何を試そうものか
2015blog-2581.jpg11月1日。まだ5時を過ぎたところです。集合が岸和田SAに6時半となっているので
早めに出発することにします。
この頃は普段より冷え込んでいまして、ちょっと厚めに着こむことに。この判断のおかげで
あとで色々と助かることとなりました。
2015blog-2632.jpgもらったバイクで走り出す。
2015blog-2633.jpgさて、今回の懸案であったETC。

ちゃんと止められずに通過できるだろうか。
まずは泉南ICの入り口。
2015blog-2634.jpgおっしゃー!!行けた!!

やったぜ。
2015blog-2635.jpg空が白みかけています。

走っているのは当方くらい。手袋が通気性のあるものなので寒いですが、
それ以外は順調。ネックウォーマーも巻いているので快適そのもの。
2015blog-2636.jpg岸和田和泉ICを出ます。

さぁ行けー!!

おお、いけた…って、泉南ICでは入れたし、そりゃ大丈夫か
2015blog-2637.jpgここで折り返し。また阪和道に乗ります。

岸和田SAが集合場所なので、当方からすれば結構余計に走ることとなります。
2015blog-2638.jpgさて、前々回のツーリングで見事に制止されてしまった岸和田料金所。

ここが通過できれば問題はないだろう。
2015blog-2639.jpg通過に成功しました。

これで当方のホーネットはETC完全OKとなったわけです
2015blog-2640.jpg暫く走って、岸和田SA着。

バイク置き場にはまだ誰も居ません。一番乗りです
2015blog-2582.jpgいやー、寒かった。とりあえず座って待つか。

…というわけで今回は岸和田SAまでの道中だけの報告となります。
この日、なかなかの波乱と困難が待ち受けることとなるのですが、それは次回以降で…
 
  1. 2015/11/16(月) 23:19:52|
  2. オートバイ

CB250FT・ホーネット その59 ツーリングに向けて色々 4 結局バイク用ETC装着

2015blog-2526.jpgさて、前々回のツーリングで軽自動車用ETCでのゲート通過ができず、
前回のツーリングでも当方だけがETC非搭載で他の皆様に待ってもらったりと
面倒なことが多かったので、ひとつの答えを出すことにしました。
2015blog-2527.jpgバイク用ETC(中古)
…また中古かと言われてしまいそうですが、バイク用ならいいだろというわけで。

モノはミツバサンコーワ社のMSC-BE21。ミツバサンコーワと言えば交換用ホーンでおなじみのあの会社。
当方もドルチェホーンを愛用しているので、これしか眼中にありませんでした。
2015blog-2528.jpgアンテナ分離型の方が良くね?と言われそうですが、何せ中古でも分離型は高いんです。
そして今回の決め手だったのは、マウンターが付いてきたこと。
ETCを買ってもこういうのは付いてこないので、別途購入する必要があるのです。
2015blog-2529.jpgパカっと蓋を開けると、そこにはカードスロット。

カードスロット型であるのも美点です。他の機種だとハンバーガーのように
挟み込むタイプもあるのですが、ちょっと面倒くさそうなんですよね
2015blog-2530.jpg挿入。サクっとね。

この後、パッキン入りの蓋を閉めて、ロックをする仕組み。
2015blog-2525.jpgところでだ。このマウンターの穴、ちょっとでかいような…

調べてみたら、ハーレーなどのバイクはハンドル径がちょっと太いらしいですね
要は、そのままではホーネットには付かないということで…困ったなこりゃ
2015blog-2531.jpgある晴れた休日。それでは取り付けを行いましょう。
2015blog-2532.jpgマウントから本体を分離。TECHMOUNTと書かれている。

調べてみたら、国内ではKijimaが代理店をしていて、定価だと1万円弱、
安くても8,000円くらいするマウントなんだそうだ。こりゃびっくり
2015blog-2533.jpgですが、物は1インチハンドル用…仕方がない、ゴムでスペーサーを作ろう。

厚いゴムシートがあったので、それを切って挟み込む。
振動防止にもなって、良い感じになる…か
2015blog-2534.jpgETCを載っけてみる。

おお、結構しっくり収まっているんじゃないでしょうか
2015blog-2535.jpgデジタルカメラやらETCやら…

当方がバイクに興味を持ち始めた10代の頃から考えると、
ありえないこの電脳っぷり。
2015blog-2536.jpg電源は、キー連動でリレーを仕立てて、

そこからETCとメーターことKOSO RX2Nに引っ張るようにしました。
え、このリレー?そうです。JOGのスターター用ですね
2015blog-2537.jpg電源投入。

ETCが認識されたら、高輝度緑LEDが光るようになっています。
昼間でも視認性は上々。艶あり黒の筐体が醸し出す雰囲気といい、
これはカッコイイですね。
2015blog-2538.jpgさて、これで11月に控えたツーリングでもバッチリ期待に応えてくれることでしょう!!

いやー、それにしてもメーター含めて元の状態からすれば
えらく印象が変わってしまいましたね
 
  1. 2015/11/15(日) 00:28:13|
  2. オートバイ-ホーネット250

新しい職場でのツーリング これぞオトナの休日 第二弾 後編

2015blog-2559.jpgいやー、これはいいパーキングです。
二輪車を駐めれる場所ですが、近頃になって大手のコインパーキング会社でも
人の多い繁華街などでは二輪用のコインパーキングを整備してくれていたりしますが
まだまだ、それでも足りないなぁ…と思うことしきり。
2015blog-2558.jpgライティングが良い感じで、バイクの金属感が映えますね。

他に駐められているバイクも面白いものが多く、見ていて飽きません。
2015blog-2560.jpg姫路城。

黒ずむ前に見ておけて良かったです。
周りはすごい人だかり。
内部見学は数時間待ちとのこと。
まともに見ていたら、レンタルバイクの返却に間に合わないですね
2015blog-2561.jpgお腹がすいたので、近くの商店街にお店を探しに行きます。
2015blog-2565.jpg良い感じの古書店。これだから商店街歩きは楽しい。
2015blog-2564.jpg感じ良く食べれそうなお店が見つかったので、

ここで昼食となりました。
2015blog-2562.jpg海鮮丼!!

たまんねぇ!!
2015blog-2563.jpgこれで980円!!ご飯のおかわりまでしてしまいました。
2015blog-2566.jpgさて、最後に集合写真も撮っておこうということに。

何か城が写るいい場所が無いかとみんなで考えていたのですが、
駐車場の上にある地盤が広場になっていて、この端がちょうど良さそうなんです。
2015blog-2567.jpg人の往来も無いので、このように格好良く並べることができました。
2015blog-2568.jpg相変わらず、マシンのジャンルが定まらないのが職場ツーリングの醍醐味ですね
2015blog-2569.jpg今回はリアボックスが付いていて、バイク便のようでもありますね
伊達なバイクであるホーネットには、ちょっと似合わない感もありまして…

タンクバッグ買おうかなぁ
2015blog-2570.jpg雨も近づいているので、早々に引き上げます。
2015blog-2571.jpg途中、雨にも降られながら東に進みます、というか、雨雲を追いかけている感じでしょうか。

神戸市に入ると、結構な雨模様に。
2015blog-2572.jpg更に渋滞ですよ…土日だからまぁ仕方ないかぁ
2015blog-2573.jpgジワジワと歩くような速度で進みます。

レンタルバイクの返却期限があるので、急がないといけません。
2015blog-2574.jpgハーバーハイウェイもフル活用して、家路を急ぎます。

なんとか、返却時間にも間に合ったそうです。
当方は南に進むので、天保山ジャンクションで皆様とはお別れ。
楽しい時間をありがとうございました。
2015blog-2575.jpgトイレを我慢しながら走ります。

ああ、泉大津パーキングエリアまで走らないと…
外はもう真っ暗。

思えば、夜の高速道路って初めてです。まぁ普通に走ってたら
大丈夫でしょうか
2015blog-2576.jpg小休止を経て、走ります。ひたすら走ります。
2015blog-2577.jpg気温も落ちてきて、なんだか心細くなります。

泉佐野南まで来ました。あと少しで我が屋敷。
2015blog-2578.jpg淡輪7号踏切まで来ました。

とりあえず風呂に入りたいです。10月とはいえ、この頃は気温も低かったので
朝晩は結構冷え込んでいたのです。
2015blog-2579.jpgふぅ…なんとか無事に帰ってこれました。

まぁ、普通は何事も無く無事に帰ってこれるもんですが、
この「普通」が結構難しいもんなんですね。
さぁ、明日も生きよう。そのためにも「普通」をこなしていいきましょう。
 
  1. 2015/11/14(土) 20:02:07|
  2. オートバイ

新しい職場でのツーリング これぞオトナの休日 第二弾

2015blog-2539.jpg職場ツーリングの面々で、姫路城を見に行こうというプロジェクトが立ち上がりました。
話はとんとん拍子に進み、予定が組まれて決行となり…
もう随分前のこととなりますが、時は10月12日。

当方はアイリスボックスをキャリアに載せて、参戦となります。
2015blog-2540.jpg前回の記事で記したとおり、車載カメラも載っけて…

Powershot S80のインターバル撮影モードを活用します。
2015blog-2541.jpgETCは諦めたので、今回は非搭載。料金所でETCカードを渡す作戦でいきます。

いくらETCカードといえ、無線通信で通過しないと割引は適用されません。
2015blog-2542.jpgうーむ、やっぱどうにかしてETCは付けるべきですよね
2015blog-2543.jpg阪神高速湾岸線をひた走り、集合場所である中島SAに。
到着が遅くなりそうで焦っていたのですが、当方が一番乗りでした。

因みにリアボックスはキャリアに縛っているだけです。キャリアはたまたまヤフオクで落とせた
RALLY695というアルミ製のもの。とても軽いです。
箱がない状態でも、カバンを載っけて縛れるので重宝しています。
2015blog-2544.jpg2番乗りはレジェンドマシンであるCB400Fourに乗るK柳主任。
本当にこのバイクでちょい乗りはするわツーリングはするわで
ヨンフォアを普段使いしているとても羨ましいバイクライフを送っています。
2015blog-2545.jpg程なくしてW田さん、S田主任とI田主任も到着。
I田主任は前回のNC750ではなく、ZRX1200DAEGで参戦です。
見慣れないマシンなので一瞬誰かと思いました。たまたまレンタルバイク店に
在庫?があったそうで。
2015blog-2546.jpg暫く談笑し、出発。
六甲山系の雄大な稜線とそこにへばりつくように立ち並ぶ住宅を遠くに見ながら
湾岸線を走り続けます。

因みに…Powershot S80はバッテリー切れで果てていました。
走行中の低温でバッテリーが音を上げてしまったのでしょう。
2015blog-2547.jpgハンドルマウントカメラは、残念なことにハンドルの振動をモロに受けてしまい
晴れた屋外だというのに、ビリビリに振動した画像がほとんどでした。

京橋SAで休憩。何にしても休憩の多いツーリングクラブですが、それが
とてもありがたいのです。
2015blog-2548.jpg出発。快調に西を目指します。

カメラはPowershot S90に交代。要所要所でポチポチシャッターボタンを押します。
2015blog-2549.jpgしかし写りはこんな感じで…

もっと感度を上げてシャッタースピードは1/1600くらいにしないと
いけなかったようですね
2015blog-2550.jpg天気は最高。西神地区の丘陵地帯を舐めるように走ります。
2015blog-2551.jpgまともにブレずに撮れたのはこのカットくらいか…
2015blog-2552.jpg更に休憩。当方はここで給油も行いました。

まだホーネットの燃費や航続距離に関しては調査中といった感じでして、
給油はできる時にしておこうという方針です
2015blog-2553.jpg何にしてもこのバイク、リザーブに切り替えないといけないタイミングが

異様に早いんですよね
2015blog-2554.jpg姫路まであと少し。
2015blog-2555.jpg市街地を怪しいツーリングチームがひた走り、
2015blog-2556.jpg姫路城までやって来ました。

ヨンフォアの集合サウンドがこだまします。
この日もヨンフォアのアイキャッチはバッチリでした。音が良いんでしょうね
2015blog-2557.jpg駐輪場ですが、姫路城にはとても良さ気な
地下駐輪場があるんです。それが大手前公園地下駐車場。
バイク専用のパーキングが存在するのです。

そして平面駐車場がダダ混みのところ、こちらはいつでもウエルカム。
いやー、これは姫路城を訪れるライダーにはありがたい。
 
  1. 2015/11/09(月) 23:08:52|
  2. オートバイ

CB250FT・ホーネット その58 ツーリングに向けて色々 3 カメラマウント装着など

2015blog-1944.jpg9月のショートツーリングにて、遂に中型二輪でのツーリングに成功した当方。

色々と課題が出てきまして、それを色々と解決させていくこととなります。
2015blog-2511.jpg      まずは走行中の写真を安全に撮るために…
カメラマウントを考えてみます。
ハンドルやタンクキャップに取り付けできる専用マウントもありますが、
当方としては納得の行く形にしたいので、自由雲台を入手して
ステーを作成することとしました。
2015blog-2512.jpgタンクマウントにすると、メーター越しに撮影ができて臨場感が増すそうな。

しかし当方、動画は撮らないので、普通に走行シーンが撮れれば良いのです。
2015blog-2513.jpgライトバイザーが被らない位置、ハンドルの左側にステーを作成してマウントしてみましょう。

適当な穴…ああ、これがいいな。ミラーのネジに共締めするか
2015blog-2514.jpg平鋼をカットして穴開け・整形します。
2015blog-2515.jpgなるだけ違和感のない形状に持って行きます。
2015blog-2516.jpgこんな感じで。
2015blog-2517.jpg錆止めとつや消しブラックを塗装し、

雲台を固定する穴を開けます。
2015blog-2518.jpg完成。うむ。これはいい感じだ
2015blog-2519.jpgさて、次回のツーリングでは荷物を背負わず走りたい。

リアボックスを…嗚呼、昔にJazz用として購入していたアイリスボックスは
樹脂が劣化して白いまだら模様ができています。
2015blog-2520.jpgそういえば、無塗装樹脂バンパーのこういった模様消しに
トーチの炎が良いと聞きました。

やってみましょう。
2015blog-2521.jpg軽くブワッブワッと煽るだけで、結構綺麗になるもんです。
2015blog-2522.jpg多少ムラはできますが、見違えるような若返りを果たしました。

これなら恥ずかしく…ないか
2015blog-2523.jpgお、それならここも綺麗になるんじゃね?

白っぽくなったキルスイッチです。
2015blog-2524.jpg炙る。

ああ!!これはアカン奴や!!茶色くブクブクになってしまいました!!
仕方ない、またきれいな中古が見つかったら交換します…
 
  1. 2015/11/07(土) 00:45:42|
  2. オートバイ-ホーネット250

南海電車まつり2015 行って参りました 6

2015blog-2482.jpg緑撮影会が落ち着くまで、また工場をうろつきましょう。

車掌体験に供されている6300系はまたしても変幕を掲出中。
そもそも、快速急行って急行に対して飛ばす駅って千早口・天見・紀見峠の3駅なんですよね
設定までの経緯は色々あったようですが、利用者からしてはその恩恵は見えてこないような
2015blog-2483.jpg真田赤備え列車をまじまじと。

2300系もビックリの赤っぷり。JR九州みたいですね
2015blog-2484.jpgそこらそこらにロゴが配置されているのも九州のようですが、
デザインはドーンデザイン研究所ではありません。
確かに、超えてはいけないラインは超えていない様子
2015blog-2485.jpg当然ですが、車体は塗装ではなくラッピング。
2015blog-2486.jpg赤と黒で引き締めていて、なかなか良く似合っていますよね。
2015blog-2487.jpg6300系は2連2本を用いて各種体験に供されています。

方向幕が連動していないということは、ギリギリで連結されていない状態なのでしょう
2015blog-2488.jpgトラバーサー。

奥の奥に追いやられています。
2015blog-2489.jpg大体の場所はこの辺りとなります。

6522号車が眠っています。
2015blog-2490.jpgそしてこちらは車体吊り上げに供される6521F・モハ6234の台車

FS392Aとなります。末尾のAからすると、旧8000系での使用を見越して
細部に小変更が加えられたと考えられます。
2015blog-2491.jpg昨年に車体吊り上げ実演は見ているので、今年はパスします。
2015blog-2492.jpg8000系から6200系になった際に、自重の変更はなされなかったようです。
2015blog-2493.jpg長良川鉄道のものと思われる部品。
2015blog-2494.jpg空気バネ台車の空気バネの辺りをまじまじと。

この空気バネ台車、”SUMIRIDE”という名が付けられているのですね
2015blog-2495.jpg連結器のメンテナンス中。

…京阪の連結器も請け負っているのですね
ていうか寝屋川工場ではメンテナンスしないのでしょうか
2015blog-2496.jpgさて、お散歩も佳境に入ってまいりました。
2015blog-2497.jpg今年もズームドアは健在です。
2015blog-2498.jpg6000系列4並び。
6200系50番台は朝には3本とも稼働していましたが、
1本は入庫したようですね
2015blog-2499.jpg軌道バイクの乗車体験。

これ、自作して夜中の線路を走ってみたいですね…
2015blog-2500.jpg保線用車両の展示実演。

ヘッドマークが付くとなんだか鉄道車両っぽさが増しますね
2015blog-2501.jpg6300系の場所に戻ってきました。

準急橋本行。また変幕になってます
2015blog-2502.jpg休憩用車両に乗り込みます。

今年は1000系が用いられていますが、ヘッドマークステーが外付けでないこの形式。
貫通扉にステーを用いて取り付ける構造となっています。
それがこれ。
2015blog-2503.jpgそういえば、近頃1000系に避難はしごが搭載されていると話題になっていまして
気にはなっていたもののなかなか先頭車に乗ることもないのでお目にかかることが無かったのですが…
それがこれ。
2015blog-2504.jpgそれにしても緑一味の人気っぷりは凄い。

まぁラピート運転台なんかの数時間待ちに比べれば知れたものですが
2015blog-2505.jpgうむ!!かっこいいなぁ

前回の撮影会のように時間制限も場所取りも無いので、好みのアングルで
撮ることができます。
2015blog-2506.jpgこれも今回きりなんだなぁ…
今回は7000系のみが引退ですが、そのうち10000系も7100系も
居なくなっていますのでしょう。その時自分は何を思うのでしょうか
2015blog-2507.jpgこの場所だけで100回近くレリーズしました。
もう、思い残すこともありません。

今度こそ、今生の別れです。さようなら7037F。
2015blog-2508.jpg最後にもう一度6300系を。

準急御幸辻行き。
実際に運転されたりすることはあるのでしょうか
2015blog-2509.jpgあとは赤備え列車をちょこっと撮って…
2015blog-2510.jpg当方は撤収となりました。
夕刻から同僚と会う約束があったのです。

今年は緑一味が存在したおかげで激アツでした。
さぁ、来年はどうなるでしょうか。もちろん、来年も参戦いたしますよ
 
  1. 2015/11/06(金) 23:13:58|
  2. 鉄ヲタ

南海電車まつり2015 行って参りました 5

2015blog-2458.jpgさぁ、次は屋外の車両展示に向かいます。

毎度のラピート、サザンは緑!!そして休憩車両は高野線のものではなく
南海線の1008Fです。

そして!!
2015blog-2459.jpg7037Fが再度登板となりました!!
引退・さよならイベントから1ヶ月弱。さすがに解体搬出とはならず
こうして我々の前に姿を見せてくれました。
2015blog-2460.jpgで、向こう側にはどうやって行けばよいのか考えるわけです。

ラピート。いつもは運転台見学の長蛇の列を見て、触りもしないのが通例となっていますが、
今回は勝手が違う。長蛇の列が無いのだ。なんでも車内見学だけができるようで…
2015blog-2461.jpg要は、これを経て前の方に行けるってことか!!

よし、行ってみよう
2015blog-2462.jpgラピートを間近で見ることができるのも珍しい。

車体裾には限界に抵触しないような折り目が入っているのですね。
2015blog-2463.jpgさぁ、あの場所に向かえるように…
2015blog-2464.jpg乗り込むと、隣には7037F。

もうその車内には入れない。
2015blog-2465.jpg楕円窓と7037F。
2015blog-2466.jpg楕円窓に7037F。
2015blog-2467.jpg更新前のラピートなので、案内表示は2段LED。

これ、更新車はパッとビジョンになったようですが、アレって表示器の幅に対して字がでかいので
パット見の情報量が非常に少ない難点があると当方は思っているのですが、こちらのLEDの方が
パット見の情報量が多いとか、そういうことが普通にありそうですよね?
2015blog-2468.jpg楕円窓とレア幕。
2015blog-2469.jpg先ほどの部品販売で販売される予定のカウンター。

こういう置かれ方をされていたのですね
2015blog-2470.jpgブルーリボン賞受賞プレート。

今度、ローレル賞含め
南海の車両に授与されるのはいつになるでしょうか
2015blog-2471.jpg楕円窓と7037Fの前頭。

よし、これは7037Fの前までいけそうですね
2015blog-2472.jpg運転台は撮影禁止となっていました。

乗務員室扉から降りて…
2015blog-2473.jpg7037号車側にやってきました。

が、超逆光。
これ、会場に着いて間もない頃合いならまだ順光だったのでしょうか
2015blog-2474.jpg仕方ない、歩いて行こう。

今年、私含め南海ヲタを激アツにさせてくれた緑濃淡+7000系。
2015blog-2475.jpg南海で最後となる帝国車両製。
2015blog-2476.jpg後の4連化で追加製造されて

唯一、近畿車輛製であった7820号車。
2015blog-2477.jpg7000系の淘汰にて近畿車輛製の南海電車は減少していましたが、

今年になって8300系が導入されたため、一気に20両も増加したこととなります。
2015blog-2478.jpg楽しいリバイバルでした。

2006年のリバイバルんの時と違って、手元には一眼デジがあったので
悔いの残らない記録をたくさん残せたと思います。
2015blog-2479.jpg最末期に数回充当された女性専用車両。

まさか8連を組むとは思いませんでしたよね
2015blog-2480.jpgシール貼りだった運転台側の車両番号。

わざわざシールで再現している辺りも凝っています…よね
2015blog-2481.jpgさて、この辺りもまだ人が多いので、一旦工場見学に戻るとしましょう。
 
  1. 2015/11/03(火) 23:52:13|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する