FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

ピーチラピートことラピーチが和歌山港にやってきた 乗車編2

2015blog-1765.jpgさて、千載一遇のチャンスに載っかった当方、
なんと復路のラピートに乗ることができたわけで…

楕円窓から見たありえない景色たちを堪能しましょう。
2015blog-1766.jpg当方、今迄あんまりラピートを利用したことが
ございません。何せ泉佐野以南の住人でして…

で、ここはなんだ?
物販スペースでもあったのでしょうか。
2015blog-1767.jpgさぁ、発車の時刻になりました。

お弁当屋さんにはその後、大量に包み紙を貰うことができました。
2015blog-1768.jpg和歌山港駅は高架駅と言えるくらいに高い場所に位置しています。
この辺りがまた良いアングルなんです。
もし撮るならここだったかなぁ
2015blog-1769.jpgああ、こりゃもう不法侵入ですね
2015blog-1770.jpg車内では乗務員さんが何かを配っています。
あー、これは特急などに親子連れが乗車すると貰える
カードですね。

で、おっさん軍団である我々には貰えないものなのですが、ここは
ピーチおじさんパワーで…Getできてしまいました。
2015blog-1771.jpgラピートの車窓から見ることができる
和歌山港線の景色。
いやー、これはリッチだな

ラピートの車幅が相当広いことに起因しているのか、
そこらそこらで枝が車体にガサガサ当たります。
なんだかタイのメークロン線を思い出してしまいますね。
2015blog-1772.jpgいつもは車やバイクで通っている

高架橋をくぐっていきます。
2015blog-1773.jpg楕円窓から広がる

ダイナミックな情景!!
2015blog-1774.jpgそして、鉄ヲタ!!

ここも良い場所っぽいですね。
嗚呼、分身が欲しいなぁ
 
スポンサーサイト



  1. 2015/08/31(月) 21:55:47|
  2. 鉄ヲタ

ピーチラピートことラピーチが和歌山港にやってきた 乗車編??

2015blog-1751.jpg和歌山港駅の木組みの柱が紫色に染まっています。
今回のイベントに関しましては、多奈川駅や加太駅にきたサザンのように
参加者だけが楽しめるスペースは設置しなかったようで、
誰でもラピーチin和歌山港というハッピーな瞬間を捕えることができました。
2015blog-1752.jpg和歌山港といえば南海フェリー。
物販もバッチリです。右隣りは参加者向けとなる
お弁当の引き渡しが行われている模様。
2015blog-1764.jpgさて、先端まで行って撮っておこうか…な

…水軒への線路があった痕跡も時とともに消えていこうとしています。
2015blog-1753.jpg…なんだこの人たちは…ピーチの広報さんとかかなぁ

ファンサービス旺盛なので、周りはかなりの人だかりです。
それにしても社員さんとはいえ結構罰ゲームだよなぁ…
当方も、区役所のゆるキャラの中の人になったことがありましたが
結構キツいんですよ…
2015blog-1754.jpg早速聞いてみる。え、広報さんじゃなくて、一般のファンがコスプレしているのです!!
なんだこりゃ!!桃の被り物はオーダーメイドなんだそう。
色々と談笑していると…お弁当取りに行きませんか?と。いや、当方はバイクで追っかけてきた
鉄ヲタであることを告げると…今日、都合が合わなくて来れなかった仲間の方が居られるそうで、
枠がひとつ開いている、とのこと…バイクはまた取りに来てもらえばいいですし、一緒に乗りませんか?と…

え?乗れるの??
2015blog-1755.jpgいや、これには悩みました。
往路も和歌山港線のどっかで撮ろうかと思っていた折、まさかのこのチャンス!!
このツアーは浜寺公園14:20解散とのこと、そこからとんぼ返りで和歌山港ですと…
16時前に帰れるようだ。
どうしよう、これは千載一遇のチャンス!!往路を撮って復路に乗れる人間なんて多分俺だけだ!!
よし、ここは甘えてしまおう!!よろしくお願いします!!
2015blog-1756.jpgと、いうわけで来れなかった方の分のお弁当をいただくことに。
ツアー代を払おうと思ったら、要りませんとのことだ。え、いいんですか??
ノベルティや参加証はその来れなかった方(鉄ヲタらしい)に持って帰るので
渡して欲しいとのことだ。なるほど
2015blog-1757.jpgで、これがお弁当。

和歌山水了軒の特製お弁当。包み紙がラピーチオリジナルなんです。
これだけでも貰いたいなぁと話していたら、配布所で廃棄分で包み紙が残っている分を
分けて貰えることになりました。
これが私の参加賞です!!
2015blog-1758.jpgさて、発車で時間がないので、色々撮っておくことにしましょう。
2015blog-1759.jpg毛筆体の駅名板は、ここでも失われてしまったようです。

21世紀まで駅ナンバリングまで施されて残っていたのに…残念ですね
2015blog-1760.jpg和歌山港とラピート。このミスマッチ

実に素晴らしい。
今度は関西空港にサザンが来て欲しいものですが、認可の関係とか
そういうのがあるのでしょうか
2015blog-1761.jpg近寄ってみる。
登場より20年、近年になって換装されたヘッドライト。
よーく見てみると複眼ですね、小糸工業のものでしょうか。
8300系でも採用されて、これからの南海電車の標準となるのでしょうか。
2015blog-1762.jpgそろそろ扉を閉めるようです。乗り込みましょう。
思えば、和歌山方面に行くラピートのイベントには
今まで乗車したことはありませんでした。

これより、実に珍妙な体験が始まります。
2015blog-1763.jpgこのラピートですが、「ハッピーライナー」のサブネームが付いていまして、
見る人乗る人を幸せにしよう(推測)な思いが込められている(推測)のですが、
そこらそこらに桃?のようなハートが隠されているのです。
たまたま見つけたので撮ってみる。

さて、次こそは乗車編となります。
普段はラピートの車窓でとしては見ることができない
泉佐野以南の景色がラピートの楕円窓を介して
目に飛び込んでくることとなります。
 
  1. 2015/08/25(火) 22:21:21|
  2. 鉄ヲタ

ピーチラピートことラピーチが和歌山港にやってきた 撮影編

2015blog-1733.jpg2015年8月23日。
この日はここ一年特別装飾で走り続けてきたラピート、
所謂”ピーチラピート”が…なんと和歌山港にやって来る企画が催行されます。
そんなスペシャルな列車に乗車できる券も早くに売り切れてしまい、
この手合いの臨時列車も、まさに軌道に乗った感があるわけですが
2015blog-1734.jpg当方は、撮ることを選ぶことにしました。
何せ、ラピートが羽倉崎以南(羽倉崎まではちょくちょく来る)にやって来るのは
年に1~2度くらいしか無いのです。

いつもの箱の浦でも良かったのですが、せっかくだし遠征(どこがだ)します。
紀の川橋りょうの和歌山市方にホーネットで向かいます。
2015blog-1737.jpg何本か行き交う列車を撮りながら、物珍しそうに見にきたおっちゃんなどと喋る。
周りはちょくちょく鉄ヲタが増えてきていますが、この場所は車道から逸れているのと
何処から撮ってもほぼおんなじ構図というキャパの大きさで
たくさんの鉄ヲタを飲み込んでいきます。
2015blog-1735.jpg緑サザンは通過時刻がわかっているので、

楽々撮影できます。いやー、これも良い収穫
2015blog-1736.jpgうー…カッコイイ。やっぱりこの色じゃないとなぁ
南海の「緑」をうまく解釈してスマートに仕上げたこのライン。
サザンプレミアムのような主張のキツイのはどうも駄目なんです
2015blog-1738.jpgサザンはまさにとんぼ返り。

上り線は蒸気時代に組まれたトラスの影響で架線が低く、
7037Fの2丁パンタがスレスレまで押し下げられています
2015blog-1739.jpgそしてこれからのサザンを担うサザンプレミアムです。
いや、確かに緑を見た後だと主張がキツイでしょ…

それにしても、この後に10000系を置き換えるプレミアムは
どんな車両になるのでしょうか。
2015blog-1740.jpgと、ここでポリスマンが見参だ!!

因みに、この場所は車の往来が無いですが、駐車禁止区域なのです。
が、周りは車だらけ。そしてこの騒ぎ。近隣から通報を受けたのでしょう。

本来であれば、駅周辺のパーキングや、先述のおっちゃん曰く和歌山競輪の
駐車場でも入れればいいんよ、とのことだ。
2015blog-1741.jpg周りの車が掃けてしまいました。まだラピーチの通過まで余裕があったものの、
これが通過前だと…何をしに来たのかわからないですよね

因みに当方はセーフ。この区域は「二輪と自転車は除く」なのです
おお、9000系が山を越えて和歌山までやって来ました。
9000好きにとっては良い収穫です
2015blog-1742.jpg場所が広いのと、光線状態などを考えてもここは条件が良いので

かなりの人出となってきました。
2015blog-1743.jpg因みに土日は6連の運用が多いためか、来る列車来る列車
1000系ばかりの陣容でした。
挙句の果てには、1000系同士の離合まで…
2015blog-1744.jpgさて、そろそろ太陽も真上にやってくる頃合い。

6連の構図をここらで固めておきましょう。
2015blog-1745.jpgそしてまた暫くの時間を置いて…

来ました!!ピーチラピートです!!
本当にラピートが走ってきました!!
2015blog-1746.jpg今迄そんなに意識して撮っていたわけでもない
ピーチ・アビエーションとのコラボレーションを纏ったラピート。
こうしてあらためて見てみると…機材のイメージをうまく再現していて
カッコイイですね。運行期間が1年と長期にわたって走っていたので
いつでも見れる気軽さがあったのですが、それももう、8月末までなんですね
2015blog-1747.jpgそして、それがこうしてありえない場所にやって来る。

いやー、今年の南海はアツいです。激アツです
2015blog-1748.jpg現場のボルテージもMAXです。

後々ツイッターを見てみると、ここで撮られた方の報告が多いです。
そりゃこれだけの人が居れば…ねぇ
2015blog-1749.jpgホーネットで川沿いを走り、和歌山港駅へ。

あわよくば和歌山港線を走る姿も見てみたかったのですが、
県道をクロスする信号待ちが長すぎて、そのうちに行ってしまっていたようです。
2015blog-1750.jpg今回はフロント周りのシェイクダウンを兼ねての参戦であった
ホーネット。
今日の撮影行でも実に頑張ってくれています。
タコメーターが駄目なところ以外は絶好調。

しかし、椅子が駄目ですね、ケツが痛い…
その辺りの改善も、そのうち行っていきましょう。
 
  1. 2015/08/23(日) 23:30:46|
  2. 鉄ヲタ

緑サザンリバイバル絶賛開催中 12 消極的ながらもまだまだ撮ります

2015blog-1716.jpgある日の夕方。

結構良さげな条件なので、いつもの箱作9号にやってきました。
2015blog-1717.jpgこういった日没前の撮影はしていなかったですし…
2015blog-1718.jpgこれで、昼・夕・日没前の3種類が揃いました。
2015blog-1719.jpgうむ、RAWデータからちょっと補正して、

観賞用も作成しましょう。
2015blog-1720.jpgそして遂に残り1本となった7000系。

近頃までそれなりにしぶとく残っていたので、あまり減った感じは無かったんです…が
本当…に見なくなりましたね。そりゃそうか
2015blog-1721.jpgホーネットにガソリンを入れて、

帰りは海岸線を走って帰ろう。
2015blog-1722.jpgせっかくいい機材を背負ってるんだし、
ホーネットを撮っておこう。

17インチ化なった現在、最新の形態がこれです。
2015blog-1723.jpgしかし写真って真実を写さないもので、
結構ボロいのに綺麗に写ってしまうものですね。

会社のバイク好きの人達に見せると、きれいだ何だと言ってくれるのですが、
実際にツーリングで実車を見てもらったら、意外やボロなことが
バレてしまいそうです
2015blog-1724.jpg次の休み。
また緑サザンの来る時間に参戦します。
淡輪7号は先客の方が居られたのと、
今回は作業着だったので、前回踏み込めなかった古墳の畔に行きましょう。
2015blog-1725.jpg田んぼからの稲の香りがなんだかノスタルジック。

今年も変わらず、良い景色です
2015blog-1726.jpgそこらそこらに群生しているユリ。
我が屋敷の庭にもタネが飛んできたようで、苗が生えてきたので
植木鉢に植え替えたら、このような花が咲きました。
2015blog-1727.jpgさて、前回踏み込めなかった…というのがこれ。

ヤブコギです。
2015blog-1728.jpg結構深い。

変な虫とかに刺されたら…まぁどうにかなるか
2015blog-1729.jpgようやく撮影ポイントまでたどり着きました。

架線柱は被りますが、空も広くて観覧車は写って、と
お気に入りのスポットであります。
2015blog-1730.jpg構図テスト!!

というか、この普通車が被りそうで、クソ暑いのにヒヤヒヤしました。
2015blog-1731.jpg本番です!!

が、太陽が高くなりすぎたようで、前面が陰ってしまいました。
うむ、まぁいいか
2015blog-1732.jpgそして、引き続きヤブコギをして帰らないといけないわけで…

暫くは草刈りなども行われないと思われるので、この場所にて撮影する場合は
適正な服装で参戦しましょう。
 
  1. 2015/08/22(土) 22:35:49|
  2. 鉄ヲタ

エアコンが壊れて非常に困った…というわけで出張修理依頼

2015blog-1707.jpgある夜。帰ってきたら家の中は猛烈な暑さ。
まぁ一日外出して帰ってきたらこんなもんか。
遅れて帰ってくる奥さんの為に部屋を冷やそうとエアコンのスイッチを入れる。

あれ、おかしいぞ
風が弱い。普段ならシロッコファンの轟音と共に6.3kWパワーの冷風が出るのだが…
温度を下げてもだめ、電源コードを抜いてもだめ。
なんだ!?昨年解体して洗浄したのがまずかったのか
2015blog-1708.jpgたまに思い出したように普通に動作し、キンキンに冷えたりするので、
だましだまし使っていましたが、
遂にまったく冷風が出なくなってしまいました。

もうそれからは1階でいることが苦行になってしまいました…
2階のエアコンを作動させ、1階まで冷気を導こうとしたのですが、
あまりうまくいかず…

というわけで、これは仕方ない、プロに頼もう!!
と、日立のサービスに電話する。
日立の樹のテーマをさんざん聞いてから事情を説明し、
サービスマンの方に来てもらうことに。

当方も、取りにくい休み(半休)を取って、サービスマンさんが来訪する日に
立ち会えるようにしておきました。

15時。サービスマンさん来所。
2015blog-1709.jpg我が屋敷のエアコンは、天吊金具を逆さに使って
2階用の室外機を上に載せるという暴挙を働いています。
これが結構邪魔で、室外機のカバーが外しにくいのです。
サービスマンの方、申し訳ございません…
2015blog-1710.jpg因みに、サービスマンさんは故障の傾向と対策はバッチリ出来ているようです。
今回の故障は、コンプレッサの異常加熱を避けるためのサーミスタ、
症状を話せば、大体その辺でしょう、ということで、室外機をおもむろに解体していきます。

なんでも、エアコンにおける冷えない系の故障の9割は室外機なんだそう。
2015blog-1711.jpg丸裸になった室外機。

防音材を剥がすと、コンプレッサがあります。
それにしてもだ。室外機の大きさって上にある2.2kWエアコンと
殆ど変わらないのですよね…大は小を兼ねている的な構成なのでしょうか。

で、今回の故障の原因ですが
2015blog-1712.jpgこのパーツ。

ただの配線に見えますが、
2015blog-1713.jpgその先に付いた銅管のようなもの。

ここがサーミスタと呼ばれる温度センサーとなっており、
これがボケてしまったせいで常に高温という状態が作られてしまい、
コンプレッサは運転しない、ファンが回るだけという症状になるとのこと。



で、部品の交換はあっという間に完了。
サービスマンさんの指示にてコンセントを繋ぎ、エアコンを運転します。
2015blog-1714.jpgおおおおおおおおおお!!!!!!!!!
ファンが元気に回っている!!
そして冷媒が室内機を通る音!!

涼しい!!やった!!涼しい!!これで1階で生活ができる!!
2015blog-1715.jpg今回の修理ですが、
部品代は700円、技術料が8,000円、そして出張料が2,400円。
しめて11,100円となりました。よくある部品代を技術料が大幅に大回る修理ですが、
1人の人間をそれだけ拘束して、確かな技術にて修理をしてもらうわけです。
それにしても、アッサリ治ってよかった。

そして、室内機を解体することも見越して移動させていたプラズマテレビ…
また元に戻さないといけません…
 
  1. 2015/08/18(火) 22:17:06|
  2. 家電製品

CB250FT・ホーネット その53 それではタイヤとWディスク化を…2

2015blog-1672.jpgこの日も猛暑・酷暑でした。

適度に休憩を取って、水分もグビグビいきましょう。
2015blog-1673.jpg仮組みなったフロント周り。

ブレーキディスクのインナーはこの後クリア塗装となります。
2015blog-1674.jpgラジアルマスターも本固定。エア抜きニップルはここにも付いています。

これ、φ17なのですが、都合8つのピストンを押しきれるかな…
キャリパーが4ポッド×2の場合は純正マスターが5/8(NC39など)なので、
どうやらφ19の方が良いようです
2015blog-1675.jpgさて、もう今週末で仕上げてしまいましょう。

ディスクインナーをミッチャクロン→ウレタンクリア塗装・
ついでにナンバープレートも防汚のためにコーティングしておきます
2015blog-1676.jpg翌日。

もう組み立てもできそうなので、作業続行です。
ブレーキディスクを留めるネジはちゃんと緩み止めを塗布。
2015blog-1677.jpgはい、組みあがり。

使い込んだ中古ホイールとは思えない感じにはなりました。
2015blog-1678.jpgキャリパーのピストン揉み出し、というか一旦ピストンを抜いて、

全て洗浄、汚れ落としをしたのちにもう一度エア抜き。
2015blog-1679.jpgここにエア抜きニップルがあるのって結構便利。

意外や早くエア抜きが完了しました。
2015blog-1680.jpgキャリパーには挟みものをしておきます。
2015blog-1681.jpgさて、ホイールも組めた、ブレーキも、まぁこんなもんか。

お次はこれ。初期型NC39独特のバンド留めフロントフェンダー。
2015blog-1682.jpg純正部品を用意しても、何せフォークスパンが広がっている(と思われる)ので

ここはホームセンターで買えるものでなんとかしちゃいましょう
2015blog-1684.jpgそして、新しいタイヤと機能するフロントフォークを得て

このホーネットは翼を得るのです!!というわけで
タンクのウイングマークを再度貼り付けました。

※以前貼った時には、元々付いている両面テープの粘着力が弱く
すぐに剥がれてきたために一旦剥がしていたのです。
2015blog-1685.jpgフロントフェンダーの固定もOK。

これであとはスピードメーターのセンサーを仕上げて
フロントフォークのシールとオイルを交換したら
フロント周りも完成ですね!!
2015blog-1686.jpgこの後、ちょっと近所を走ってきました。
17インチになったからなのか、タイヤが新しくなったからなのか。
安心してバイクを寝かせることができるようになりました!!

やっぱり新しいタイヤは良いですね!!

ブレーキは…マスターシリンダー径が合っていないのでしょうか、
ガツン!!と効く感じは残念ながらありませんが、
握れば握る分だけジワーッと効くこの感じ、コントロールはやり易そうです。
もっとパッドとローターとのアタリが出てきてからですね。

それにしても、このブレーキ、強く掛けるとニュイーーーーーンと
変な音がするのですが、こんなものなのでしょうか。

さぁ、しばらくはフロントを突き出してみて
どうなるかをセッティングしないといけませんね。
 
  1. 2015/08/14(金) 00:31:57|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その51 ディスクプレートのインナーもアルマイト剥がし

2015blog-1693.jpgさて、先日ブレーキホースのアルマイトを剥がすことに成功した当方。

調子に乗って、ブレーキディスクのセンター部分、ここにコーティングされている
ゴールドアルマイトを剥がします。
2015blog-1694.jpgしかしここ、なんで金色なんだろう。
やっぱり高級感とか、そういうのがあるのでしょうか。

劣化も始まっていまして、これは何らかの手当てをしまいといけません。
2015blog-1695.jpgですが、まずは…このディスクが収まる容器が必要です。
鉢底トレイなどを実家でまさぐりますが、これといったものがない。
…と。これ、お鍋をする時に野菜を盛るザルですね。それの受けを借りてきました
(魚釣りのヌカをこねるために使用しているもので、食用には使用していません)
2015blog-1696.jpgうーん、ジャストサイズ!!
2015blog-1697.jpgそれでは、早速パイプ洗浄剤に漬けてみましょう。
2015blog-1698.jpgうーむ、ちょっと硬いようで、そんなすぐに落ちる感じではありませんでしたが…
2015blog-1699.jpgおお、剥がれてる
2015blog-1700.jpg歯ブラシで追い込みます。
2015blog-1701.jpgさて、良い感じでシルバーにはなりましたが…

腐食している部分はボツボツのままなので、やっぱ研磨しないとイカンか
2015blog-1703.jpgローターを洗浄します。

所謂ホイールクリーナーで洗浄すると!!
2015blog-1702.jpg色んなところに付着したパッドカスなどがディープパープルに!!

こりゃ驚いた!!
2015blog-1704.jpg続いて、金たわしやスコッチブライト、耐水ペーパーを駆使して

インナーを綺麗にしていきます。
2015blog-1705.jpgこれが結構大変。

アルミの質の問題もあるのでしょうか、なかなか綺麗になりません。
2015blog-1706.jpgいやー、途中でめげそうになりました。もう黒く塗っちゃおうよ…と。

ですがここが正念場、頑張って研いでいきましょう。
 
  1. 2015/08/13(木) 22:04:29|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その50 それではタイヤとWディスク化を…1

2015blog-1653.jpg無事にタイヤ交換が済みました。

え、リアタイヤどうすんのって?
ヤフオクに出してみます。まだ溝ありますしね
2015blog-1654.jpg先日南海部品で購入したOリング。

どこに使うかって…
2015blog-1655.jpgホーネットリアスプロケットのシール部分です。
サイズは62.6×2.4でピッタリ。
純正部品を購入するまでの繋ぎにします。
2015blog-1656.jpgリアホイールは組み込むだけ。

おお、マッシブ!!
2015blog-1657.jpgさて、この個体の懸念である

オイル漏れ漏れのフロントフォーク。これじゃスポーツライディングは
怖くてできませんね。
反対側はストロークさせると錆汁が出てきます…駄目だこりゃ
2015blog-1658.jpg早速スッポ抜きます。
2015blog-1659.jpgそして、NC39のフォークを挿しこむ。何せホーネットにCB400SFのフロントは
既に定番となったものなので今更なのですが…

因みに、この2ピースっぽいいかついフォーク、意外やNC39でも初期型のものに
なるようで…なんだ、こっちがマイナー後と思ってた
2015blog-1660.jpg確かにちょっとだけ長い。これくらいなら無視できるかな
まぁ、突き出しも考えておきます。
大概の作例ではフロントは突き出しています。
2015blog-1661.jpgフロントフェンダーはSpecIIIのものとして買ったのですが、
…これ、きっちり合うかなー?
そして初期型はフェンダーの固定もバンドを用いた特殊なものなのです。
2015blog-1662.jpgさて、CB400SFはアクスル径がホーネットよりワンサイズ太いんですよ。
というわけでアクスルシャフトが必要になるのですが、フォークスパンが比較的近い
NC39のものは高い!!そしてNC31のものは短いので無理…

ということで色々悩みました。同様の形状で、似たような年式で、フォークスパンがありそうなもの…
さんざん探して近そうなものを見つけました。
V-TWIN MAGNAのものです。引き合いがないので安い!!
2015blog-1663.jpgそして長さもドンピシャ!!

覚えておきましょう。ホーネットにCB400SFフォークの場合は
MAGNAのアクスルシャフトですよ
2015blog-1664.jpgそして、このようなボルトで最終的に固定することとなります。

ここにスピードメーターのセンサーを挟めそうですね。
2015blog-1665.jpgさて、それでは仮組みといきましょう。
ホーネットのフォークスパンにNC39のフォーク、キャリパーはホーネット、
そしてホイールは…NC31なんですよ。なんでって?そりゃ値段ですよ…
NC39の部品は何かと高いんですよ。リム幅(3.50→3.00)が細いのですが、
まぁ…気にはなるまい。120/60-17が履けたらそれでいいです
2015blog-1666.jpgさて、幅広スパンに細いホイール、辻褄合わせは…

当然、この薄いカラー(ワッシャーとも言う)におまかせだ!!
2015blog-1667.jpg片側3枚でピッタリ!!
2015blog-1668.jpgそれではキャリパーを入れてみましょう。

NC31のブレーキディスクのオフセット具合(かなり外に出てる)が
ちょうど良さそうなので、妄想の中ではほぼそのまま行きそうなのですが…
2015blog-1669.jpgキャリパーをディスクのセンターに合わせる。

うー、ドンピシャではなかったですが、スペーサー(ワッシャーとも言う)が
1枚くらいでいけそう!!
2015blog-1670.jpg隙間を覗いてみる。
今回のフロント周り改良工事には、フォーク19,500円、ホイール3,611円、
左キャリパー1,590円、マスター8,500円、メッシュホース3,500円など、
それなりにお金は掛かっているのです。失敗はできません。

いや、そりゃ一流パーツをお店で組んでもらったカスタムバイクからすれば
それの消費税程度の金額ではありますが…
2015blog-1671.jpg完成イメージ。

いやー、これ格好良くなりそう(私見)ですね。
決めた。今日明日で仕上げてしまおう(8/08の作業です)
 
  1. 2015/08/12(水) 00:31:44|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その49 タイヤ交換します!!新品です!!GPR-300!!

2015blog-1638.jpgようやく走れるようになったホーネット。


体も慣れてくると、コーナーをより深く、
そしてシャープに(低次元ですが)走りたくなるというもの。

ですが、5年?放置されたタイヤであまり無理はしたくないのです。
16インチの癖…は、あまりよくわからないのですが
フロントフォークが完全に抜けていて、
ギャップで暴れて(低次元ですが)怖い思いをします。
2015blog-1639.jpgと、いうわけでまずはタイヤですよ。

過激な走りをするわけではないのでそんな気張ったタイヤは不要です。
スポーティーなタイヤの中で評価の高いGPR-200を購入しました。
2015blog-1640.jpg現状。
ミシュランのなかなか格好良いタイヤが付いてます。
溝も残っているので勿体無いですが、
当方は下手なので、常に路面とコンタクトするタイヤは
新しくて良いものを奢っておきます…
2015blog-1641.jpg前輪は17インチにするので、外さなくてもOK。

とりあえず後輪を外しましょう。
2015blog-1642.jpg外してみたら、スプロケット部分のベアリングをシールしている

Oリングが切れていました…あーあ
2015blog-1643.jpgJB32に全てを載せて、出発です。

なんとか取得した貴重な休暇なので、
色々溜まったことを片付けておきましょう
2015blog-1644.jpgまずはオートバックスへ。

ETCの登録、セットアップをしてもらいます。
2015blog-1645.jpg番号がわかる本体と車検証があれば登録ができる…
”ETC セットアップ”で画像検索すると、セットアップカードというものを
車載状態で挿し込んでる画像をよくみるのですが、
別に番号さえわかれば車上でなくてもできるお店もあるということですね

ETC、SJ30の車検証で登録しました。オマエ本当にSJ30で高速乗るのか?とか
そういうのはナシで…
2015blog-1646.jpgJB32との楽しいドライブは続きます。

さすがに太陽が高くなってくると冷房の効きが悪くなってきます。

太陽の塔が見えてきました。
2015blog-1647.jpg今回の目的地は、富田林にある「藤原タイヤセンター」
ネットでの評判も良いのですが、今年から一緒に仕事をするようになった
バイク乗りの方から、ここはいいよーとの助言もありましたので…

事前に電話を入れて、持ち込めるか聞いてみたところ、13時頃に予約があるが
大丈夫とのこと。

というわけでストレートや南海部品でお買い物をしてから来店。
レッドカーペットが敷かれた店内では、BMWが作業中でした。

なんでも、BMWのタイヤ交換はディーラーでやってもらうとやたら高価であり、
他にやってくれる店もなかなかないそうなんです
2015blog-1648.jpg藤原タイヤ、場所は外環状線からちょっと入ったところにあり、かつ住宅街の中にあるので
ちょっとわかりにくいかも知れません。

ホイールとタイヤを預けて、念書を書いて作業待ち。
2015blog-1650.jpg因みに、このお店はタイヤセンターの名のごとく、タイヤの販売も当然やっています。
ホーネットセットもありますね。タイヤ代で悩んでいるホーネット乗りには嬉しいところ

で、それならここで買って交換しろよってことになるのですが、
いやはや、通販で買って持ち込み交換をしてもらう方が…安いんですよ

藤原タイヤセンターのようなお店があるというのは、とてもありがたいことなのです
2015blog-1649.jpg中古タイヤ、とはいっても溝も十分残ったものがたくさんあります。
結構いろんなサイズが揃っているので、近くの方なら来店して
タイヤを選んでも良いかもしれません。

銘柄はハイグリップなものが多い感じでした
2015blog-1651.jpgさて、当方のタイヤが交換されて戻ってきました。
最初…前輪が逆に組まれてる!!と勘違いしたのですが、
そうなんです、近頃のタイヤってそういうトレッドパターンが多いようで、
前輪は逆ハの字になっているのが多くなっているそうです。

サービスで表面の保護剤を剥いでくれるそうなので、お願いしました。

ついで買いでDIDのチェーンルブも。通販より安い!!(1,600円)んです。
2015blog-1652.jpgさて、こうして無事にタイヤ交換ができました当方のホーネット。

藤原タイヤセンター、評判に間違いはありませんでした。
お店の人も親切で、満足度も高いです。

工賃は交換1500円×2、持ち込みで500円×2、バルブも交換してもらって500円×2
しめて5,000円となりました。
 
  1. 2015/08/11(火) 21:09:20|
  2. オートバイ-ホーネット250

さようなら7019F これで7000系も残り一本

2015blog-1687.jpgある日の帰り道。
変な時間になったので、区間急行が先発します。これが一番早く地元まで行くのかな。

なんばのプラットホームで待っていると、頭が7173F。これは…
7019Fがいつものようにくっついていました。
2015blog-1688.jpg思えば、緑7000と組成を離れた時点で廃回と思われていただけに、

7173Fと組んであと少しの活躍が見られるのは嬉しいですね。
2015blog-1689.jpg7000系がその数を減らしていく過程で、ここ、車掌台に座れる機会も
減っていきました。窓を開けて窓から入ってくる風と音を楽しむ。
この楽しみも、残すは7100系の初期更新車だけになりますね
2015blog-1690.jpg天井を見る。

画像左下のグリルが冷房ダクトに繋がっていて、ツマミを回して
ずらすことでダクトが開き、涼しい風が出てきます。
夏にここで楽しむ際には、まずはここを開けるのがセオリーでした
2015blog-1691.jpg電車は尾崎にて退避するようです。
2015blog-1692.jpg乗務員さんに断りをいれて、撮影させてもらいます。
ホームの水銀灯に照らされる7019F。

これが、当方の最後の記録となりました。
なんでも、今日廃回されてしまったということで…
2015blog-1463.jpg最末期まで、色々と話題を振りまいてくれた7019F。
90両存在した7000系の中でも、印象に残る編成となりました。

これで、2連口と現行塗装の7000系は消滅したこととなります。
残すは7037F、1編成のみとなりました。
 
  1. 2015/08/09(日) 21:10:56|
  2. 鉄ヲタ

緑サザンリバイバル絶賛開催中 11 炎天下でもめげずに撮る

2015blog-1623.jpg日曜日。
緑サザンの運用はわかっていたので、早起きしてホーネットで箱作9号に向かいます。
S字カーブの方にはかなりの鉄ヲタが居ましたが、ここには誰も居ません。
おお!これは儲けモンですね
2015blog-1624.jpg区急3808列車。
当方が変則勤務をしていた頃、土曜日7:12発のサザンに座れないことが多々あり、
もう諦めてこちらで着席していた列車。懐かしいなぁ…変則勤務に戻してほしい…

うーむ、信号機がどうしても入ってしまう。ファインダーではかわしているので
これが視野率ってやつなのか?
2015blog-1625.jpg逆方向の列車に注意しながら、構図を考えます。

それにしても1000系の窓は朝日をよく反射しますね
2015blog-1626.jpg今回のターゲットの直前に来る普通6804列車。
17m2扉の2000系なのは、通勤時に見ていたので
よく知っていたのですが…

なんでも南海線にまた2000系が来るらしいですね。
たまに21m車の代走がありましたが、それを解消できる勢いです
2015blog-1627.jpgさて、ターゲット!!特急0506列車!!

構えて!!撮るぞ!!撮る!!撮った!!のだが、前面に何かの影が掛かってますね。
まいったな また出直しだ

信号機が入ってしまうのはもう仕方ないようです。
95%でトリミングを掛けたら、ちょうどファインダーの構図にな  るってことか
2015blog-1636.jpgそれなら、まずは影のかかってないコマを95%でトリミングして…

うーむ、右が余ってるな
2015blog-1637.jpgよーし、もうちょっとトリミングして…と

ほーらカッコイイ!!これで決まりですね。
→だからいつまで経っても上達しないとも言える。
2015blog-1628.jpg帰宅しながら考える。このまま走ってると家には07:25頃か…

1702列車が撮れそうだな…というわけで、淡輪7号でササッと撮る。
オール7100系ですね。昔だとどっちかは7000系だったのですが、
こりゃ本格的に消滅してますね…
2015blog-1629.jpgお昼の特急0522列車も淡輪7号で撮ります。
前回、杭が被っていたので広角気味にしてそれを避けたら…

いわゆる串刺し状態になってしまいました。
これはイカン。もうタテギリはやめよう
2015blog-1630.jpgそれの返し、特急0521列車を箱作9号で撮りましょう。
前回は引きの構図だったので、今度はズームするぞ、南海だけに

人気の撮影スポットですがあまりに暑いためか誰も居ません。
ていうか、確かに陽射しがヤバい。これは30分が限界ですね
2015blog-1631.jpg特急0519列車。
まずは200mm、テレ端で。列車がV字になっていて格好良いですが、
線路から生えてるツナギ箱?が邪魔ですね。
2015blog-1632.jpgちょっと引いてみる。こんな感じかな?

それにしても、昔はどっちかは7000系だったのに…
ということは、これから7100系が併結できる異車種は
10000系だけになるということですか
2015blog-1633.jpg和歌山イオンの為に増発された普通車。
上とおんなじような画像ですが、違う列車
(先程のが6841列車、この画像が6843列車)です。

それにしても、昔はどっちかは(略
2015blog-1634.jpgものすごく暑い。汗とともに体力が奪われていく。
とっとと撮ってさっさと帰りたい…早く来い、0521列車…

遠くで遮断機が降りるのが見える。さぁ来るぞ!!
ちょっと傾いたかな、まぁこんなもんかな。
構図としては思っていたようなものが撮れました。
2015blog-1635.jpgすぐに追ってくる普通6845列車を撮って撤収!!

皆様も、炎天下の日中における鉄ヲタ行為は
体調に十分気をつけて行いましょう。マジでヤバいです。
 
  1. 2015/08/03(月) 00:57:08|
  2. 鉄ヲタ

ヘルメットを買うぞ!!高いやつを買うぞ!それはAraiのSZ-RAM4!!

2015blog-1425.jpgさてさて、遂に走りだすことができるようになったホーネット。
ですが、いやー、そうなんですよ。途方が中型二輪の免許を取得したのは、
あくまでも原付一種を二種登録して楽しむための手段だったので…
2015blog-1598.jpgそうなんです。ヘルメットが原付用しか無かったのです。

これからはホーネットに乗る機会も多くなりそうですし、
法定速度内とはいえど危険な場面にも直面することでしょう。

というわけで、ヘルメットを買います。新品で。

仕事終わりに、職場から宅地をショートカットして…
2015blog-1599.jpg住之江通に出ます。

まぁ、この辺りをうろついている時点でおわかりいただけるでしょう。
2015blog-1600.jpg帰りのバスも計算に入れておきましょう。
2015blog-1601.jpg49号系統。

昔は大正の鶴町まで行っていた系統でしたが、いつしか縮小に縮小を重ね、
平林までしかいかなくなってしまいました。

ここ数年の縮小に次ぐ縮小で、市内の細やかな移動は
相当阻害されてしまうようになってしまいました。
2015blog-1621.jpg1時間に1本、これは完全に交通に自分が
時間を合わせないといけない状態でして
日本で3本の指に入る大都市内でこのような状態になっているというのも
どうなんだろうな…と思います
2015blog-1602.jpgさて、帰りのバスの時間を見たことですし、それに合わせて
行動しましょう。
住之江にある2りんかんです。昨夏にブレーキホースのフィッティングを購入した際に
会員カードを作っていたのです。
2015blog-1603.jpg狙いはAraiのジェットヘルことSZ。

SZでも色々あるのですが、色々考えた末
内装が外せるフラッグシップモデルのSZ-RAM4に決めました。

先日、電話で問い合わせた際には38,000くらいとの価格を提示されたので
ああ、どうしようか、通販にしようかなーとも思っていたのですが、
先述のように会員になったので、セールなどのメールが来るわけですよ。

デジタルチラシを見てみると!!
2015blog-1620.jpgおおお!!
SZ-RAM4が安くなってる!!
まぁそれでも通販よりはちょっと掛かりますが、
その場で被ってサイズを決めれるのは超メリットがあります!!

ということなんですよ。2りん祭りバンザイ!!わっしょい!!

さて、ここで気になるのはサイズのことですよ。
色んな人に聞いてみまして、ヤマさん(誰なんだよ)曰く、
帽体は小さいのを買って、内装を薄くするといいよーとのこと。
2015blog-1604.jpg本当にそんなことができるのかと思いつつ、展示品を被る。
Lだと…おい、けっこう苦しいぞ…俺ってそんなに頭がでかいのか…

XLを被ってみる。ピッタリ…嗚呼
ですが、ちょっとブカブカな感じもします。ということで店員さんを呼んでみる。
最初は冷やかしと思われたのか、どうせ買わないんでしょっぽい感じでしたが…
店で被ってネットで買う人って多いんでしょうね…

色は最初アルミナシルバーを考えていたのですが、意外やサファイヤシルバーが
良い感じなので、これにすることに。

で、色々聞いていると、ヘルメットを担当できる人が来ました。
何でも、AraiのSZですとMとLは帽体が一緒で、内装の厚みで調整しているそうです。
なんとサファイアシルバーのLが在庫なしとのことで…ならばMをベースにLの内装を入れて、
ほっぺたの部分を薄いものに交換してもらいました。

2りんかんはAraiのテクニカルショップの認定を受けていまして、
サイズ変更等のカスタマイズを無料でその場で行えるのがメリットなのです。
2015blog-1605.jpgそれをよくよく考えると、そう。価値ある買い物ができるわけですよ。
リアル店舗もいいじゃないか。

まぁセールだったからというのもありますが…
5000円も安くなってたら、そりゃ買わずにはいられまい。

内装のカスタマイズで時間がかかるかなと思ったのですが、
意外やレジまでさほど時間も掛からなかったので
49系統のバスに間に合いました。
2015blog-1606.jpg上画像のように、1時間に1本しか無くても
必要としている方は居るのです。
せめて30分に1本は欲しいですよね…
2015blog-1607.jpgフルドットのLED表示がなせる技!!

循環系統!!
2015blog-1608.jpgそう。一方通行の循環系統なので、
住之江公園まではいったん平林を経由するので
遠回りになるのです。

まぁ、時間に余裕はあるので冷房ダクト直撃で
体を休めましょう。
2015blog-1609.jpgそして住之江公園着。

ここから89号系統で堺まで行くことに。
地下鉄→バス→バス乗り継ぎが発動するのですよ。

乗車待ちの列は結構伸びています。
2015blog-1622.jpg89号系統も朝夕はちょっとだけ増便されています。

他にも南海バスの運行もあるので、
市バスに拘らなければ堺駅に行く方法も
それなりにはあるということでしょうか
2015blog-1610.jpgバス到着。

49号系統がここに着いたのが19時前、
89号が19:07発なので結構スマートな乗り継ぎです。
2015blog-1611.jpg運良く展望席が取れました。
2015blog-1613.jpg大和川を跨いでバスが走ります。遠くには満月。

道路は渋滞しているので、昼間に乗った時より
ちょっと時間が掛かる感じです。
2015blog-1614.jpgほどなく堺に到着。

なんば19:20発の急行は無情にも発車してしまったあとだったので
そのあとの空港急行で泉佐野まで向かいます。

が、結構これが混んでて大変。
何せ両手にヘルメットと…
2015blog-1612.jpgフォークオイルも持っていたので…

意外と空かなくて、座れたのは春木でした
2015blog-1615.jpgちなみに、店頭在庫しかなかったので
元箱はありませんでした。
まぁ、その方がスリムに持って帰れてよかったと思われます。
2015blog-1616.jpgゆえにポップやら何やら、色々と貼られています。

あれ、これって要は展示品ってことか…まぁいいや。すぐ欲しかったし
2015blog-1617.jpgSZ-RAM4の内装は、購入後も調整ができます。

顎の部分があまりにキツくて、かぶっていると
ほっぺたが押されて…奥さんにアンパンマンのようだと言われてしまいました。
まぁ、そのうち馴染むでしょう。でももうちょっと薄くしたい。
2015blog-1618.jpgというわけで、顎部分のスポンジが一枚はがせるように
なっているのです。
剥がしてしまいましょう。ペリペリ
2015blog-1619.jpgで、剥がして被ってみましたが…

やっぱりアンパンマンのまんまでした。
要はこれ、痩せろってことか…

早速、夜走りをしてきましたが、さすがはイイ物だけあって、
風の流れを綺麗にコントロールしてくれるのです。今迄風が目に入って目がショボショボしていた
わけですが、目を見開いて運転ができるようになりました。これは安全にも直結しますし、
ライディングにも集中できるようになりました。いやー、いい買い物でした
 
  1. 2015/08/02(日) 22:28:13|
  2. オートバイ

南海8000系 8305Fを見てまいりましたin和歌山市

2015blog-1571.jpg7月31日。

この日、徳庵の近畿車輛より
南海8300系の今年度増備分の最終分となる
8305Fが甲種輸送にて和歌山市に到着する日なのです。

…というわけでだ。前回のように休みを取っていないので、
出勤前にちょっとだけ見に行くことにしました。

みさき公園からの始発は…
2015blog-1570.jpg5:50発の普通車。意外と遅い
2015blog-1572.jpgそれでは、いつもとは逆の方向に出発です。

ああ、もう出勤したくないよぉ
2015blog-1573.jpg車内は勤勉な女学生と、

…やっぱり鉄ヲタっぽいのも居ます
2015blog-1574.jpg順調に南下します。

孝子近辺も、第二阪和バイパスの構造物が増えてきています。
便利にはなりますが、素朴な田舎の風景が一変してしまいますね
2015blog-1575.jpgそして南海の最も新しい駅、和歌山大学前。
ここからの利用者もまだそれほど多くないようで、
みさき公園駅における朝の通勤時間帯でも
席取りバトルまでにはなっていないのが現状です。
2015blog-1576.jpg和歌山大学前駅に特急サザンが停車するようになって、
露払いの効果が強まったような感もあります。
まぁいい、みさき公園で座れなくなったら…転職するか
2015blog-1577.jpgそんなに世の中甘いわけではありませんが、来年には民営化で普通の会社員ですよ
要らないしわ寄せのおかげで面倒なことばかりです。

電車は紀の川を渡ります。朝日が車内に射し込んで良い感じ。
2015blog-1578.jpg和歌山市に到着です。よりによって車庫線の隣である6番線に入りましたので…
2015blog-1579.jpgいずれはその姿を過去のものにしてしまう、和歌山市の駅舎。

建物の規模としてはさほどではないのですが、何やら堂々としたその存在感。
周囲に高層建築が無いのと、手前の大きな庇?が効いているのでしょう。
2015blog-1580.jpgそんな和歌山市駅舎も、建造から40年が過ぎて、老朽化も勿論のこと
耐震強化も難しいという判断があったのでしょうか。

今のうちに、機会があったらこうして撮っておきましょう
茶色で統一されたオシャレな駅舎も今だけです。
2015blog-1582.jpg新しい駅は、図書館などの複合施設を敷地内に誘致したものになるそうでして
現駅舎のような堂々とした構えではなくなるでしょう、というかイメージ図を見る限り
今っぽく洗練されたものになるようですね

改札階が1階になってバリアフリー化するということですが、
これはくし形ホームの一番奥だけが和歌山港線スルーになって
その他手前のホームは行き止まりになるということでしょうか
2015blog-1583.jpg元々は、ヨーロッパの駅のように
花をたくさん植えた駅にしようと設計されていた(筈)の和歌山市駅。
そこらそこらに植え込みがこのようにして存在します。
2015blog-1584.jpgさてさて、そんなことをしているうちに、当方が乗ってきた列車が折り返します。
なるほど、当方が通勤時に見送っている区間急行ですね。
当方が利用している急行(この画像だと26分発)は、尾崎に着くと
その場に居るだけで迷惑な人が数人乗ってくるので、
この区間急行に切り替えようかと考えています。
2015blog-1585.jpg過剰に香水を振りかけたデブ女(皆勤賞)、
チビ短足のくせにガニ股座りをするリーマン(皆勤賞)、
汚い泉州弁をしゃべるブスで煩い女子高生(今は夏休み)など、
困った輩が毎日同じドアから乗ってくるのです。
どうせなら可愛い子が毎日同じドアから乗ってきて欲しいものですね。

さて、本日のターゲットこと8305Fですよ。もうパン上げは済んででいますね。
電源投入時はどういった表示を出したのでしょうか。
2015blog-1586.jpgモノは先日見たものとまぁ同じ。4連なので短く停まっているくらいでしょうか。
2015blog-1587.jpg今回のカマ隠しは…おお、7100系ですね

和歌山港線は2230系の専従ではないということか
2015blog-1588.jpgそして中途半端に見ることができるDD51。

7:58以降はじっくり見ることができます。
2015blog-1589.jpg当方はカマヲタではないので、ちょこっと南海電車との絡みを撮って撤収。
2015blog-1590.jpg窓間の灰色がなんだか異様ではあります。一応はアクセントということでしょうか。
これから当分の間はこの車両が増備されることでしょう。
あとはアレだ、乗って良い、ヲタ的に楽しい車両になればと願うばかりです。
2015blog-1591.jpg車内に…なんだこりゃ、発電機でしょうか。
徳庵から吹田までは炎天下で無電源の回送となるので、
近畿車輛などの添乗も過酷なものとなるでしょう。
スポットクーラーなんかの電源になるのでしょうか
2015blog-1592.jpg徳庵 出
和歌山市 行
線路が繋がっていることの証ですね。となると九州や四国、北海道までも
物理的には運べるということでしょうか。

まぁ、実際に青森まで1521系が行ってますしね
2015blog-1593.jpgここで編成も撮りましょう。
毎度のことながらなかなかカッコイイですね。
8000系の派生版ではありますが、近畿車輛がデザインしたことで
なんだか他の近車が製造した車両に似ている感が出ているような気もします。
既に先の編成は試運転を開始していまして、SNS上でその画像を見ることができますが、
いやー、これは営業運転が楽しみ。
2015blog-1594.jpg今だけの自動連結器。

これは貸与品なのでしょうか?
2015blog-1595.jpg今回は、Powershot Pro1が出動でしたが
なかなかこういう場面だと露出のコントロールが難しい。
妙にピーキーですが、うちの個体だけでしょうか。
2015blog-1596.jpg戸袋部分の熔接痕、他の部分もレーザー熔接が多用されているのがよくわかる。
321系のようでもあり、窓は8000系のようであり。

もし総合車輌が落札していたら、東急で使用されているような
Sustina構体になっていたのでしょうか。
2015blog-1597.jpgさて、そろそろ当方の通勤列車が発車しますね。
撮影もこれくらいにして、今日も行ってきます…

いつもの電車にちょっと手前から乗るって、なんだか不思議な気分でした
幸い、尾崎から乗ってくる迷惑ブタとチビは、この日は居ませんでした。
 
  1. 2015/08/01(土) 23:09:06|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する