FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

CB250FT・ホーネット その48 フロント手直しの第一歩 アルマイト剥がし

2015blog-0949.jpgホーネット250。

CBR900RRとおんなじサイズのタイヤを履いたおバカマシーンなわけですが、
それすなわちフロントは16インチなんですよ。別に16インチだからって駄目なわけでは
無いとは思われるのですが、巷では17インチ化がメジャーとなっています。
2014blog-3489.jpg当方もそれなら!!と入手したのがこれ。NC39のフロントフォーク。

無駄に倒立っぽい、ツーピースっぽいルックスのものを落札してしまいましたが
ホーネットの攻撃的なルックスにはこれくらいが良い!!と自分に言い聞かせています。

さて、純正の状態もそれなりに乗ったんだし、そろそろフロント組み替えますか
2015blog-1542.jpg左キャリパー(になる予定のもの)に、新品パッドを仕込みます。

しかしこれ、何のキャリパーなんだろ…パッドはホーネット(ほか様々な車種)用が
スンナリ入りはしたのですが…
ひょっとしてだ、右のホーネット用と違った特性の場合、

まぁブレーキングでよじれたりはしないと思うけど
2015blog-1543.jpgホーネットの前オーナーこと中荷さんが、もう使わないからあげるよと
画像の物をくれました。

…ホーネット、ドノーマルだったのですが、いずれはホースを換える予定だったのでしょうか
いずれは何かに使うことにしましょう。

大量のパッキンは助かりますね。
2015blog-1544.jpgそして、中古で買ったステンメッシュブレーキホース。
PLOTのSWAGELINEです。元々はゼファー750に付いていたもの。
長さも適当なので落札しておきました。
2015blog-1569.jpg概算で長さを見てみます。

うーん、ちょっと長いかな
まぁ取り回しで遠回りをさせるとちょうど良さそう
2015blog-1545.jpgで、当時のカスタムの流行りでしょうか、アルマイトで
ド派手に着色されています。
近頃はこんなのも流行らないようで、メッシュブレーキホースも
フィッティングやホースが落ち着いた色彩のものが人気のようです。

…と思ってるのは、当方だけ?
2015blog-1546.jpgさて、当方のホーネットにはケバい色彩は必要ありません。

白黒写真のようなモノトーン的仕上がりが目標なのです。
というわけで!!検索したら!!これが使えるとのことで!!
2015blog-1547.jpg早速ドブ漬け
2015blog-1548.jpgおお!剥がれてきた

ですが、物によって剥がれ方が違いますね
2015blog-1549.jpgそのうち泡が出てきました。
2015blog-1550.jpgつまみ出してみて、スコッチブライトで磨きます。

おお、綺麗ですね
2015blog-1551.jpgあんまり漬けすぎると真っ黒になりますが、

これも磨けばすぐに綺麗になります。
2015blog-1552.jpgホースのクランプも漬けてみます。

右は元々からシルバーのもの。
2015blog-1565.jpg左が元々シルバーのもの。

スコッチブライトで磨けばそれなりに輝きます。
2015blog-1566.jpgさて、今度はフィッティングもドブ漬け

…だが、浅かった

ナット部分は比較的アルマイトが硬いようで、
なかなか色が落ちません。
2015blog-1554.jpgペットボトルを深くなるように切って、

多めに入れたパイプ洗浄剤に再びドブ漬け。
2015blog-1553.jpgじっくり時間を掛けて漬け込むと
2015blog-1568.jpg…一個だけ色が残っているのは、

これだけ最初の段階で漬けなかったからです
2015blog-1555.jpg何度かじっくり漬けると…

うむ、納得のアルミ地になりました。
2015blog-1564.jpgこのままでも良いのですが、

装着が済んだら2液クリアを筆塗りしようと思います。
2015blog-1556.jpgキャリパーに付けてみる。
2015blog-1563.jpgこの黒と銀だけの質素さが良いのです。

色でアピらなくとも、しっかり性能が発揮できればと。
これが当方の考え方なんです。
2015blog-1557.jpgさて、キャリパーをこれだけのものにしたのですから

マスターシリンダーもそれなりのものにしましょう。
2015blog-1567.jpgデイトナ・ニッシンのラジアルマスターです!!

ラジポンラジポンって、何がどう凄いんだと
調べてみましたが…なるほど、こりゃ凄い

採用しない訳にはいかないと思い、ヤフオクで即決落札。

予備のレバーとか色々付いてきたのでいい買い物でした。
2015blog-1559.jpgそれでは仮付けしてみましょう。

タンク別体式のマスターなので、タンクステーの角度を
しっかり決めておかないと…このようになってしまいます

ステーは作成しようかな…
2015blog-1560.jpgホースの取り回しも下見しておきます。
2015blog-1561.jpgこんな感じでしょうか。

車体と干渉するところは固定したり養生しておきましょう。
2015blog-1562.jpgさて、ブレーキ周りはどうにかなりそう。

次はフロントフォークですね。
ブレーキローターの金色アルマイトも剥がしてみましょうか
 
スポンサーサイト



  1. 2015/07/27(月) 23:24:05|
  2. オートバイ-ホーネット250

緑サザンリバイバル絶賛開催中 10 7019Fと、もうひとつの再会

2015blog-1531.jpg再び、正調編成に戻った7037Fと10004F。

朝起きたらちょうどよい感じで通過しますので、撮りに行ってみました。
淡輪9号の引き構図はさんざん撮ったので、タテギリでフルズーム!!

杭が被ってしまいました
この杭も、だいぶん前から生えてるなぁ…
2015blog-1537.jpg2002年当時の画像です。杭がありますね

この頃から淡輪7号は当方のお気に入りであった様子。
草むらに入ってローアングル撮影が定番だったよう。
車両は6連時代末期の7115Fですね。

今宵は、ちょっと前の記録からも引きずり出してみます。
2015blog-1532.jpg箱作9号踏切にやって来ました。

先に撮りに来ている人とお話しながら撮影開始。
緑サザンは運用がわかっているのですが、なんとこの日も
7019Fが走っているようで、2chに運用が上がりました。
追ってみると、緑サザンとまとまって来るようで…
2015blog-1538.jpg箱の浦から海岸に降りることができる箱作9号踏切も、
電車の写真を撮り始めた頃から通っていたようでして、

…うーむ、酷い画像だ
被写体はまたしても7100系の非更新車。

この頃に今の機材があればなぁ…と悔やむこともあるのですが…
2015blog-1539.jpgそれはそれで良い思い出です。

こちらは引きの画像。この頃は架線柱にノッチオフ標識が付いていませんね
2015blog-1533.jpgやや構図が変わりますが、2015年現在。
近頃の4連普通車は8000系が多かったのですが、1000(1030)系が
高野線より大量に帰ってきたことで、逆に8000系の4連は
少なくなってしまいました。
2015blog-1534.jpg緑サザンの通過時刻になります。
当方、広角端の80mmで撮ることが多かったのですが、
一緒に居た方の作例を見せてもらうと、ちょっとズームして、
座って構えたほうが空が広く撮れて格好良さそうです。

よし、次はそうしてみよう。
2015blog-1541.jpg鉄トークを中心に、雑談は続きます。
その方は、前回にこの辺りまで撮りに来たのがサザンプレミアム登場時の
4年前、その前は120周年の緑7000まで遡るそうでして…
基本的にJRがメインなんだそうです。

昔はこの辺りに家なんて無かったですよね…という話題。確かにそうなんです。
というわけで10年前の箱の浦Sカーブ。偶然ですが緑サザンになっている10004Fですね。

この頃は当然工事用進入路も無いので、このような高めの構図でも無理なく撮れて、
背景は竹やぶ。かなり様変わりしてしまいましたね
2015blog-1535.jpg7019Fが来る前の1本。またしても1031+1034Fです。
近頃の降雨の影響か、側が茶色くなってしまっています。

さて、その方と120周年の緑7000の話をしていたら…
妙に引っ掛かることがあるのです。当方が撮りに来たときに、
その場で居合わせて、一緒に電車を撮った青年が居たのですが、
2015blog-1540.jpgどうやら、この方がそのもの本人のようなのです。
これがその時の画像。緑7000で統一された6連はこの時だけですね

10年前、そういえばそういう話をした、サイトのことを聞いた、
ああ、確かに間違いない!!なんたる偶然、奇跡の遭遇であろうか

4年ぶりにたまたま撮りに来た箱作9号で、たまたま撮りに来た当方が
10年振りに出くわすとは…
2015blog-1536.jpgまぁ、本来ならそういう奇跡的なシチュエーションって恋愛作品なんかで
あるような奇跡ですが、はい、現実は鉄ヲタ同士なわけで

まぁ良い、今の奥さんとは出逢いの時点でかなりの奇跡を起こしているつもりだし、
それがまた今はビバンダム君みたいなデブになっちゃったわけですが…

もう見れないだろうなと思っていた7019Fとも
このように再会することができました。青年じゃなくなったその方とも
またの再会を誓って、この日の撮影活動は完了となりました。
 
  1. 2015/07/26(日) 22:29:55|
  2. 鉄ヲタ

鉄道コレクション 7000系新塗装を手に入れr…るはずが!!

2015blog-1519.jpg2015年7月18日。
この日は、いまアツい南海電車の模型こと
「鉄道コレクション 南海7000系新塗装」の先行発売日でした。
当方は、そこそこの時間に座れる電車で販売会場である、
堺のPLATPLATに向かう予定でしたが、
2015blog-1308.jpgどっちみち、こんなことになるんだろうなぁ…と思いつつ、眠る。
で、未明にいきなり電話が鳴る。こういう時間の電話には碌なものがないのですが…

なんと昨日から継続して発令されている大雨注意報の為に要員として招集されてしまうというハメに。
…まぁいいか、どうせ堺まで出るんだし、程々で動員解除されればいいか…と思っていたのですが…
これが13時前まで継続してしまい、更に設備の故障で塵芥まみれ汗まみれになりながら
作業をしたのでもうヘトヘト。なんてこったい。
2015blog-1520.jpgところでだ。先行発売は15時までなのだ!!これはヤバい!!2chを見てみると、
午前中はかなりの列だったそうですが、まだ売り切れたわけではなさそうだ。

住之江公園から堺に行くわけですが、電車だと遠回りになるのと、この日は
南海線が事故で乱れていたので…そうだ!!
2015blog-1521.jpgバスしかない!!

これがまた絶妙な時刻に発車なわけで…
14:26発が定着で18分後とすると14:44
これはキワドい。
2015blog-1522.jpg1時間に1本しか無いのですが、乗車率はそこそこ。
鉄道で接続が良ければ、岸里回りで23分。ちょっとだけ早いです。
そして往路に地下鉄を使っているので、乗継割引が適用されるのも嬉しい。
2015blog-1523.jpg大和川を越えます。

特に遅れている感じもありません。
これだとなんとか間に合うかな
2015blog-1524.jpg道路も流れが良く、一つ一つ停留所をこなします。

あとはちゃんと売れ残っていることを願うばかり。
2015blog-1525.jpgこの辺りまでくれば、あと少し。
2015blog-1526.jpg到着!!

この時点で14:42、ほぼ定時です。
89号系統、便利じゃないか!!
1時間に1本では物足りないですね…
2015blog-1527.jpgバスから降りて、小走りでPLATPLATを目指します。

どこだ!!さっぱりわからん…
どこなんだ!!とソワソワウロウロしていると、鉄道と書かれたポスターを発見。
これか…うむ、これだ。
2015blog-1528.jpg売り場発見!!

まだ、まだ…
まだまだいっぱい在庫がありました…やっぱ先日と一緒か
というわけでセーフ!!購入完了です。

傍らには模型屋さんの渾身の作品である大型ジオラマと
動力を得て元気に走る鉄道コレクションなどが見られました。
2015blog-1529.jpgうーむ、たまらん。

なんだか顔が平らなような感じもしますね。
ですが、こうして新塗装と旧塗装が揃えば…
2015blog-1530.jpg要は、これが再現できるということです。
緑の2両は7027F、そして今回購入した新色は2+2で買いました。
いつしか存在したの2+2のでの4連を組んでみたいものです。

片方は7019Fにすることは決まりましたが、あとの新色2両は何番にしようかな?
 
  1. 2015/07/22(水) 23:34:40|
  2. 鉄ヲタ

緑サザンリバイバル絶賛開催中 9 さようなら混色編成

2015blog-1510.jpg3連休も今日まで、明日からまた怒涛のごとくお仕事が舞い込んできます…
7037F+7019Fも今日までと言われているところ、藁をも掴む思いで沿線に出ます。
Bダイヤで3本しかない急行ですが、この日は8000+1000、7100、7100という結果でした。
8000系の急行も珍しくなくなりましたね。
2015blog-1511.jpg帰宅して、2chを見ていると、7037F+7019Fの運用が判明した模様。
早速出撃です!!逆光でも構わん!!全回のリベンジです。
何にしても、今回の主役は7019Fなんですよね

明日からどういった動きを見せるか、というかまぁ、
近頃の1000系移籍ラッシュや7021Fなんかの引退を見ると…
2015blog-1512.jpg下り通過後、上りを撮れる場所に移動。
先に来られている方に挨拶して、またしても鉄トークであります
それにしても、8000+1000のこの組成…増えましたね

と思ったら、冒頭の画像と同じ8006Fじゃないですか
2015blog-1513.jpgサザン。

8両は尻切れになるということが判明しているので、ちょこっと一枚切りの練習。
うー、まだまだ遅い
2015blog-1514.jpgこの場所、Bダイヤだと変に列車が被ろうとするので
ヒヤヒヤします…

この日の7037F+7019Fは先程の区急3802列車からの返しが
回送になり、羽倉崎でネンネ、ということだそうで
ワンチャンになる予定だったのです…が

この頃合いになると人もそこそこ増えてきます。とはいっても当方を入れて6人、
激パ(鉄ヲタ用語で、撮影地が激しくパニックになっているという意味)とは
程遠い状態です。箱の浦は線路に沿って道路があり、撮れる場所は
たくさんありそうなのですが、意外やいい場所のキャパは少なく、
紳士の譲り合いによってベストショットが守られているのです。
2015blog-1515.jpg緑サザンが通過します。

明日からは正調編成である7037Fとの組成に戻ります。
2015blog-1516.jpg7037Fの距離調整だったのか、それとも中の担当者の粋な演出だったのか

不思議な2週間でしたが、それも終わりを告げようとしています。
2015blog-1517.jpg空には小さな雲がバラバラと。

運が悪ければ陰ってしまうか。皆固唾を飲んで
7037F+7019Fの通過を待ちます。
…来た!!撮るぞ!!最期のチャンス!!…

あれ?
2015blog-1518.jpg普通車ですよ、回送じゃないです…

どうやら、流れていた情報や運用サイトに誤りがあったようで、
この日は一日中走る運用に就き、当方がこの記事を書いている時分は
空港急行で海を渡って、最後は羽倉崎行きの区間急行でこの日の運用を
終える予定となっているとのことです。当方が7019Fを見るのもこれが最後か…

この場で楽しませてくれた皆様に感謝の意を述べ、ホーネットで我が屋敷を目指します。
ハゲラ君の車道楽が待っているのです…
 
  1. 2015/07/20(月) 22:17:35|
  2. 鉄ヲタ

緑サザンリバイバル絶賛開催中 8 暫しの濃密な時間

2015blog-1501.jpg    高野線の各停は12:06発。
なんばまで2分掛かり、更に1番線は高野山方に突き出ているので
13分発の緑7000まで間に合うかどうか…

各停が到着したのち、大急ぎで7番線まで移動。気合で撮影!!
2015blog-1502.jpgなんば駅には、ホーム中央辺りに明かり取りの窓がありまして、
そこを通過する瞬間が結構良い感じなのです。
今回も頑張ってその瞬間を狙います!!
2015blog-1509.jpgその後、久方ぶりの再会を喜びながら、当方おすすめのお店に向かいます。
うむ。そう。ポミエのカツ丼ですよ。J系のラーメンはあまりに凶悪なので、
今回はちゃんとした?食べ物にいたしました。ちょっと並びましたが、まぁ良しとしましょう。
濃密なカツ丼と濃密なトークで、濃密な時間が続きます。
2015blog-1507.jpgさて、並びで時間がかかってしまったこともあって
緑サザンの発車までになんば駅には間に合わなさそう。
RABI1のペデストリアンデッキで撮ってみましょうということに。

電車から見えるってことは、電車もよく見えるのでは、と踏んでみました。
2015blog-1503.jpg当方もちょこっと撮ってみる。
電車が傾いているように見えますが、実際に傾いているのです。
考えてみれば、この辺りが高架になったころのなんば駅は、2階にプラットホームがあって
現在のプラットホームは3階となるのです。勾配があって当然なわけで…まぁ、下り勾配じゃないので
入線に気を使わなさそうです。

この後、時間までお茶でも…ということになり、近くの軽めのメイドカフェに行ってみましたが満席、
待っていると次の予定(水樹奈々のライブに参戦)までの時間が無いとのことで
近くのサンモリッツにて優雅な時間を過ごさせてもらいました。

軽めのメイドカフェ、要はe-maidのことですが、白エプロンの黒メイドって…
うーむ、あれはなかなか良いものですな…また行こう
2015blog-1504.jpg本当に暫しの時間でしたが、濃密でした。皆様ありがとうございました。
当方は、市内に残る理由もなくなったので、地元に帰り…あ、緑サザンが来るじゃないか。
ホーネットを走らせて、箱作9号踏切へ。

先に撮りに来ている方が居たので挨拶して雑談。元々は地元の方ですが、
今は仕事で糸魚川!!に住んでいるそう。今迄は急行型電車や485系などもたくさん来て
鉄的にも楽しかったのですが、新幹線開業と共に3セク化されて、
新しいディーゼル車しか来なくなってしまい、非常に寂しい状態なんだそう。

当方も、鉄道が通っていない沖縄などの離島は勿論のこと、
まともに電車が走っていない都市などには…到底住めません。

お、昼間撮った1031+1033Fがやって来ました。この豪華な4連普通、
いつまでこの状態なのでしょうか。
2015blog-1508.jpgそして本番。

糸魚川からの方に綺麗に撮ってもらいたいので、当方は控えめに
撮っておきます。この時間だと曇っている方が良いですね。
2015blog-1505.jpgその方ですが、久方ぶりにこの地点に来たので、
木枕木の頃、要は奥にある築堤にフェンスが無かった頃しか
知らなくいとのこと。この辺りの景色の変化に驚いていました。

思えば、この背後にある住宅地も昔は竹藪でしたもんね…
その方に、感謝の意を延べ、この日の活動は完了となりました。
いやー、濃密な1日でした。
 
  1. 2015/07/19(日) 00:38:55|
  2. 鉄ヲタ

緑サザンリバイバル絶賛開催中 7 帝都よりの来訪者

2015blog-1489.jpg7月12日。
この日は、上京の際一緒に遊んでくれた184さん達が大阪にやって来ます。
これは是非緑の7000系や10000系を撮って貰いたいので、
それらの運用をつかむために早めに出ることに。

7037+7019Fの運用は容易に掴めました。6813列車(なんば08:03→和歌山市09:57)で
走っているところを確認したので、次は6816列車でなんばには12時過ぎに
やって来ることになります。
2015blog-1490.jpg184さん達には、この6816列車を撮ったりしてもらおうということに。

…それまでは適当に撮るか。今日はKissDNと17-85しか持ってません。
正面逆光なのでちょっと露出を上げてみますか…
2015blog-1491.jpg今宮戎は人もまばら、逆光なのもそうですが、なにぶん暑いんです。

当方も日陰で待機しながら来る列車を一発撮りします…
2015blog-1492.jpg高野線の列車が真横を走っていきます。
この駅も萩之茶屋同様、上り列車の被りを気にしないといけません。

久方ぶりに下り方に付いた6002号車が走り去っていきます。
それにしても…ステンレス鋼って偉大なんですね
2015blog-1493.jpgラピート。

相変わらず、逆光でも撮り易い造形ですね
184さんと綿密に連絡を取り合い、合流やその後の予定を決めていきます。
2015blog-1506.jpg上屋の下は快適ですが、まぁ、それでも暑いです。
ホーム端で撮っておられる方も居ますが、よく我慢できるもんです

が、このタイミングでコンデジ持って線路まで体や腕を乗り出して撮る
かなりオイタなデブハゲ鉄ヲタが出現したので
これは見きれるとマズいとホーム端まで移動することに。
2015blog-1494.jpg1000系の増結編成として製造された1030番台。
長きにわたって高野線の増結用として走り続けていた1031Fと1032Fまでもが
南海線に異動しています。

この姿、およそ10年振りですね
2015blog-1495.jpgさて、コンデジデブハゲがウロウロするのでヒヤヒヤさせられましたが

とりあえず緑混色をおさえました。
2015blog-1496.jpgうーむ、このいびつな繋ぎ方。これはいい。

ファンにとっては素晴らしい夏のプレゼントとなりました。
2015blog-1497.jpgと、ここで当方を呼ぶ声が。 

なんと184さんの友人2名がここで合流です。184さんとは別行動だったようで…
昨日より撮影した成果を見せていただきましたが、確実に緑サザンをGetされています
2015blog-1498.jpg辺りを見回して、後ろで撮ってる人に声を掛けてみました。
当方は17-85でポジションにも余裕があったので、後ろに入っても大丈夫ということを伝え…え、
何だこのカメラ、何だか凄いぞ…その方はMINOLTAの古の銘器 SR-7で参戦されていたのです。
お話を伺うと、自分のNikon FM10が壊れたので奥さんのSR-7を持ってきたそう。奥さんも好きなのか!!
で、こういうカメラを触っていると、逆にデジタルが駄目なんだそうで…奥さんのミラーレス一眼を
触って撮ってみたものの、思った通りの絵が出ないそうです。

さて、本番です!!
で、当方は…この通り、方向幕が半目になってしまいました
2015blog-1499.jpgうーむ、素敵な組成…
どう考えても鉄ヲタであろう、組成を企画担当された方にに感謝しないいけません

SR-7の方に、良い物を見せてもらったことに感謝の意を述べ、
我々は、この後3人揃って高野線の各停に乗って
緑7000を追いつつ184さんに合流することとなります。
 
  1. 2015/07/18(土) 23:26:45|
  2. 鉄ヲタ

緑サザンリバイバル絶賛開催中 6 混色サザン&7000系を捕まえろ!!

2015blog-1480.jpg 7月11日。
この日は早くから運用がわかっていまして、
昨日の最終区急3827列車が、翌日の始発となる区急3802列車に
繋がる理論が発動しているのです。
泉南辺りでは緑混色サザンとうまい具合に絡みますので、撮りに行きましょう。
2015blog-1488.jpg返しを狙う方がとりあえず、と撮りに階段にやって来ました。
色々とお話しながら楽しく撮ります。
まずは緑混色サザンが通過。いやー、こりゃネタですねぇ

10月以降はまた混色になると思われますが、看板付きの混色は今だけです。
2015blog-1481.jpg通過する電車を肴に鉄トークは弾みます。
今年は南海が激アツなので、他が疎かになりがちですが、
環状線や阪和線に新型が入るので、いつまでも走っていると感じてしまう、あの103系が
遂に終末期に入るという激動の時代にさしかかろうとしているのです。
いやー、7000系はもうすぐで居なくなるし、これから色々変わりそうですね
2015blog-1482.jpgで、先日の8300系甲種、要は雨の中頑張りすぎた結果、
当方のEOS20Dがおかしくなってしまったようで、
いきなり1/2000でシャッターを切ろうとするのです!!
なんと、本番でこのザマです。これは泣ける
2015blog-1487.jpgRAWからなんとか補正してこんな感じです

まいったな、また来るか
2015blog-1483.jpg楽しくお話し頂いた方に感謝の意を伝え、ホーネットで
国道をぶっ飛ばし(制限速度内で)ます。淡輪7号踏切まであっという間で到着。
いつもは誰も居ないこの踏切にも、今日は熱心な若者がスタンバイしています。
お話ししてみると、阪神の始発に乗ってやって来たそうで…要はこの踏切まで
歩いてきた…ってことか
2015blog-1484.jpg阪神5700系や赤胴のことなど、鉄トークを色々していると、
通りがかった軽ダンプのおっちゃんも「おっ!緑のやつ(撮影するの)か!!」と。
ジモティーもよくわかっておられます。というか場所柄近所の人かも知れませんね…

7037F +7019Fがやって来る時間になりました。
必ず捕える!!残された時間は元から少ない!!
2015blog-1485.jpgこのあとすぐに緑混色サザンが通過します。実に効率が良い!!
しかしここで撮っても後ろの4両って殆ど写らないんですよね
淡輪7号では安定した構図で撮れるようになりました。
今回ご一緒した若者は若者も若者で、まだ高校生なんだそう。
当方の息子でもおかしくない年齢ってことか…当然、緑の南海電車も
本やネット上でしか知らないのです。
2015blog-1486.jpg高校の鉄研(鉄道研究会)で、120周年の緑編成の画像を見掛けて、
これって何ですか?と聞いたのが今回ここまで来たきっかけなんだそう。
この後、箱の浦まで行くそうですが…歩いて行く…のか?

この日一日、効率よく撮って欲しいから
ジムニーで箱の浦まで送り届けました。この日の鉄活動はここまで。
奥さんの実家までちょっくら行ってきます。
 
  1. 2015/07/13(月) 00:41:23|
  2. 鉄ヲタ

南海8300系が雨の和歌山市にやってきた 緑7000発車→8300系電源投入編

2015blog-1467.jpg7017F+7019F、鉄ヲタ悶絶の編成が区急3806列車にて
今日一日の運用を開始しました。

一日中急行や空港急行、普通までこなして、
最終の和歌山市行き区間急行になる運用です。
2015blog-1468.jpg魅惑の連結部分も流すぜーーーー!!!

この関空開港前後を匂わせる混色!!
担当者に感謝!!感謝!!
2015blog-1479.jpgシンメトリーに近付けるために

ちょっとトリミングもしてみます。
2015blog-1469.jpg7037F+7019Fが発ったプラットホームに、急行1702列車が据え付けられます。
この列車、長年に渡って当方の通勤列車となっています。
その隣は、その1702列車の露払いとなる特急0502列車です。

この日出勤していたら、この車両の1席を当方が占めていたことになったのでしょう。
2015blog-1470.jpgベンチに座ってボケーっとします。
雨で体力を削られて、結構シンドイです…まだこの日は
愛車SJ30の車検も通しに行かないといけないのに。

拡声器でパンタグラフ上昇が告げられ、直後にパンタグラフが上がります。
南海に引き渡されて、初めての通電となります。
2015blog-1471.jpg車内灯が灯ります。

ちょっとだけ、車内の様子がわかりますね
2015blog-1472.jpgおお!!電源を落とす直前の状態がこうだったのですね

これは凄い!!と思ったら、程なく「 回   送 」になりました。
2015blog-1473.jpg急行1702列車が、なんばを目指して発車します。

いつもの駅で、いつもの顔触れを乗せていくのでしょう。
2015blog-1474.jpg新しい意匠の袖仕切り。

座席はポールの位置から相変わらず4+3の7人掛けと見れました。
もう6人掛けにしようよ…デブの隣はやだよ…
2015blog-1475.jpg当方がいつもみさき公園のホームから眺めている急行1901列車。
8連かつ和歌山港まで乗り入れるナイスな運用です
9000系は勿論のこと、3000系や今アツい7021F以下8連もよく充当されています。

この日は普通に9000系でした。
2015blog-1476.jpgお、案内表示の液晶にも電源が入っています。
16:9に見えますね。
小糸でしょうか、三菱でしょうか、何処になるのかな

さて、そろそろ帰って仮眠します、また昼から忙しくなりますので…
2015blog-1477.jpgしかし、雨は非情に降り続きます。
大川トンネルを越えた辺りで、ようやく止みました…

ズブズブになって帰着したら、奥さんに笑われてしまいました。
いやはや、車で行けば良かった。アホですよね
でもこれもいい思い出…に…なるのか??
 
  1. 2015/07/12(日) 21:13:00|
  2. 鉄ヲタ

南海8300系が雨の和歌山市にやってきた ここで緑7000が乱入編

2015blog-1454.jpg屋根上でも、緊縛されたパンタグラフを使用できるように、
作業員の方が登って作業を行っています。
すぐ横の架線は停電していない(できないであろう)ので、
慎重さが求められる作業となります。
2015blog-1455.jpg今回、というか毎度の甲種ヲタ泣かせである、和歌山港線の留置車。
これのお陰でカマが撮れないという事態になっています。

因みにこれ、7時58分までこの場を動きません。
2015blog-1456.jpgなんとかこういう構図では撮ることができます。
2015blog-1457.jpg今回分はDD51 1192が担当。

それにしてもこの機関車、数は減っていても
息が長いですよね…
2015blog-1458.jpg当方はカマヲタではないので、和歌山港線の電車が掃けるまでは
滞在できません。駐めているホーネットも気になりますしね

さて、先程の緑7000が遂に据え付けられます!!
2015blog-1459.jpgうーむ、ちょっと見慣れた感もありますが、やはり素晴らしい!!
2015blog-1460.jpgそして相方はわざわざ7019Fを選ぶ辺り、
担当に鉄ヲタが居ることは間違いない。

これで8連含め、残った7000系は7000系のみで組成されている
こととなります。
2015blog-1461.jpg前に回って。

体は雨でビショビショですが、鉄ヲタ魂は完全にバーニングであります。
あれ、俺、何を撮りにきたんだろうか
2015blog-1462.jpg7100系との並びを。

まだ7100系がたくさん残っているので、そんなに
変化があるようにも見えない、というのも実際のところですが
それでもこの置き換えで南海線から片開き扉と2段窓が
消滅してしまうわけでして…
2015blog-1463.jpgうーむ。それにしても今、南海がアツい。実にアツい。

当方も動けるだけ動いて記録します!!
2015blog-1464.jpg斜め帯をマスキングする手間を考えると、この緑濃淡の方が

塗りやすそうなんですよね
CI色ももう20年以上経ちましたし、そろそろこの色に戻してみては…?
2015blog-1465.jpgさて、今回の本題に戻りましょう。
そんな中でCI色もちょっとした変化がありまして、
この8300系では各ドアへの彩色が省かれ、上帯の間も隙間をなくしたりと
新しい意匠になっています。

いやー、それにしてもこの電車…カッコイイですね!!
2015blog-1466.jpg鉄ヲタが色めき立っている中、回着整備は続きます。

近畿車輛の担当さんが、機器箱のNFB?を入れたりしています。
間もなく、起動シーンが見られそうですね
 
  1. 2015/07/11(土) 10:45:38|
  2. 鉄ヲタ

南海8300系が雨の和歌山市にやってきた 甲種輸送到着

2015blog-1437.jpg7月10日。

様々な情報が飛び交っていましたが、
南海8300系の第二陣の発送は、7月9日徳庵発、7月10日
和歌山市着が正しかったようです。
商業誌やそれを受けてのツイートなど、
当方としても行動に移す判断が難しかったのです。

何にしても、自由に休暇が取れないようになってしまった
(要は世間並みになったということか)ので、10日に取っていた
休暇を今更どうしようもできないのです。

さて、9日発送ということがわかったので、
あとは10日未明にお迎えするのみですね。

機動性を重視して、バイクでの出動です。
原付だと制限速度の面でハンデがあるので、
ホーネット250で出動したのですが、
2015blog-1438.jpgこのザマです。
孝子峠を越える辺りには結構な雨になってしまい、
速度を出すと顔が痛い…
2015blog-1439.jpgとりあえず雨宿りですが、この霧雨、やみそうにない。

仕方ない、行くしかないぜコノヤロー!!

口を開けると水分補給ができそうな勢い。
パンツの中までびしょ濡れです…
2015blog-1440.jpgで、和歌山市着…なのですが、
この駅前、車と原付のパーキングはしこたまあるのですが
二輪を駐めれる場所が全くないのです。

そういえば、なんば近辺でも、最近になってようやく
二輪用のパーキングが整備されてきている状況で…

もう自暴自棄になりそうながら、駅からクッソ遠いところに
適当に駐めて、駅まで濡れながら歩く、歩く。
テンションガタ落ちです…そう、車で来てればよかったのです。
もし次回があるなら、絶対に車で行こう…
2015blog-1478.jpg自暴自棄のまま、入場券を買い、プラットホームに降り立つ。

と、いきなり目に入ってきたのがこれだ!!
なんじゃこりゃ!!緑サザンこと10004Fが、暫く緑7000の7037Fとの組成を解かれるのは
公式サイトでの運用予告でわかっていたのですが、
7037F側はどうなるんだろうと思っていたわけですよ。
それがなんとこんなことになろうとは!!
2015blog-1441.jpgここで雨は小康状態となる。ホーム先端に行きましょう。

先にセッティングしている方達に挨拶して場所をいただきます。
親切にしていただき、ありがとうございました。
2015blog-1442.jpg各踏切に保安のためか、社員さんが配置されました。
2015blog-1443.jpg
程なくして、踏切が鳴り、JR和歌山方面からヘッドライトの灯りが迫る!!
2015blog-1444.jpgDD51を先頭に、遂に現れた8300系(第二陣)。
当方は第一陣は参戦できなかったので、これが
8300系とのファーストコンタクトとなります。
2015blog-1445.jpg構内に響くディーゼルサウンド。
JR側から一気に車庫線にアプローチ!!
そしてここで回着整備。これができるから、
新車の輸送も手間が少なそうですね
2015blog-1446.jpg8000系に似た意匠ながら、製造会社が東急→総合車輌から
近畿車輛に変わったために、構体の組み立て工法がガラッと
変化してしまいました。
運転台ブロックまでが鋼製なのと、雨樋が屋根肩まで移動していたり、
そしてレーザー熔接の波板のような痕がいかにも近畿車輛ですね。
2015blog-1447.jpg今回は8303Fと8304Fが輸送されてきました。

あと残すは8305Fの1本となるわけですが、そちらは
4両で運ばれるとのこと。

同じ会社で制作されているだけに、なんだか阪神1000系を思い出しますね
2015blog-1448.jpg6番線に据えられていた普通車が発車すると…!!
2015blog-1449.jpg緑7000との並び???が実現しました。

まさに今しか見れないもの同士ですね
2015blog-1450.jpg今迄はなんば方先頭にパンタグラフが載っていた南海の一般車両。
今回の8300系ですが、12000系に倣ってパンタグラフを車端に移動させています。

まぁ、車端まで管を走らせるのもなんだか面倒くさそうですしね…
2015blog-1451.jpg運転台ブロックの前後長に余裕があるためか、この辺りの

設計の自由度は8000系よりあったようです。
2015blog-1452.jpg車内では、近畿車輛の作業員の人達が
このようにして紐で縛り付けられたパンタグラフを
フリーにしていきます。
2015blog-1453.jpg近畿車輛の製作した車両の特徴である、
戸袋部分にある外板パネルの合わせ目。こうしてアクセントカラーの
フィルムが貼られる構成は他社向けでも大概は同様なのですが、貼り物で隠そうとせずに
そのままで処理している大阪市30000系などのケースもあります。

…眠いので、明日に続きます…
 
  1. 2015/07/10(金) 23:31:58|
  2. 鉄ヲタ

CB250FT・ホーネット その47 ○○○ーを覚えた中学生のように

2015blog-1425.jpgようやく走りだすことができるようになった
当方のホーネット250。
徐々に調子が出ている…ような。
今のところ安定しないタコメーター以外は良い感じ。
2015blog-1426.jpg仕事から帰って…ヘトヘトですが、まだまだ何かをして
一日を終わらせたい。

よし!!走ろう。夜走りです
2015blog-1427.jpgRX2Nのクールなメーター照明、そして新し物だけに
オープニングセレモニーまでしてくれます。
これからの気分を否応がなしに高める。
2015blog-1428.jpg…ある程度新しいバイクってライトスイッチが無いんですよね
この村中から国道に出る三叉路、上り坂に停止線があるので
停車中はライトを消さないと、国道を走る車が眩惑するのですが…

ハンドルをこじって、直射を避けることに。
2015blog-1429.jpg今迄所有したバイクで走るものは全て原付でした。
そしてようやく中型二輪の免許を取り、こうして走れるマシンも手に入った。
よし、今迄行けなかったところにいくぞ!!

バ イ パ ス だ !!
2015blog-1430.jpg先日、父親のスーパーカブを仕上げた際に走りに来た
阪南スカイタウンの山手。
カブとは方向性の全く違うバイク、それもまだ体も慣れていない状態。
コーナリングが怖いのなんので…
2015blog-1431.jpg当方は、このバイクを格好良く乗りこなすことができるのでしょうか…
小柄なのにマッチョ、超高回転ユニットの扱い方、そしてすり減った
16インチのフロントタイヤ。まだまだ時間がかかりそう
2015blog-1432.jpgこのビミョーな位置に付いたリアウインカー。

あまりにマフラーが近すぎて、排気熱で
レンズや中身が溶けるんじゃないかと思ったのですが
意外やこれが全然平気。走り終わった際に握ってみても、
常温なんです。よかったよかった
2015blog-1433.jpgあくる日、いや数日後か
今度は加太方面に走ります。
これは岬町の多奈川小島にある「とっとパーク小島」なのですが、

…夜走りなので何処なのかサッパリですよね
2015blog-1434.jpg加太までやって来ました(暗いのでよくわからない)
淡嶋神社前のトイレでションベンタイム。エンジンを切ると…
耳に突然入ってくるものすごい波の音。ホーネットが奏でるノイズ、
結構なものなのですね…
2015blog-1435.jpgそして七夕・七月七日。

雨も上がったので、夜走りしましょう。

バイパスを走って阪南へ。
一定の速度で縛られながら走るので意外や退屈です。
何せちょっと調子に乗るとすぐに速度違反になっちゃう数字まで
出てしまうわけでして…我慢しながら走るのはちょっと辛いか

今迄は常に全開&必死の原付だったので、250のバイクでも
そのような違和感を持ってしまう次第…
2015blog-1436.jpgこの日は、山中渓の奥、府県境にあるホタルの名所に向かいました。
ちょっとずつですが、このマシンに体が慣れてきたような気もします。
もっとホーネットとの一体感を増すために、夜走りで精進することにします。

家から25分くらいで現着。ですが、ホタルの気配も何もない。
近頃の降雨で川は増水しており、あまり気味が良くないので
早々に撤収。

帰着してから奥さんに聞いてみたのですが、
ホタルって6月がハイシーズンなんですってね

今年度は毎日が目まぐるしすぎるので…
そんな余裕もなくなってしまいました。
ああ、また交代制の勤務に戻りたい…
 
  1. 2015/07/07(火) 23:55:59|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その46 タコメーター、どうしよう…

2015blog-1397.jpgさてさて、良い感じで仕上がってきましたホーネット。

ですが、まだいちおうはしれるようになっただけでして、
まだまだ仕上げないといけない部分は多々あります。
2015blog-1398.jpgまずはこれ。
タコメーターが動かないとやる気が出ません。
せっかくフルスケール19,500rpmのメーターを用意できたわけでして
使えないと意味がありません。
2015blog-1399.jpgパルス…そう、どっかからパルスを取らなきゃいけません。

点火コイルから取ってみますが…動かない
取り方が悪いのかな
2015blog-1400.jpgならば原始的な手法でいきます。

スパークプラグのコードに巻きつけて…
2015blog-1401.jpgおお、動いた
2015blog-1402.jpgここで、メーターの設定を変更。
左右のボタンを長押することでアジャストモードに入れます。
左のボタンがセレクトボタン、右のボタンがアジャストボタンとなっていて、
セレクトボタンで項目を進めていき、アジャストボタンで設定を変えるといった感じ。
2015blog-1403.jpgそして、本設となるのですが…
2015blog-1423.jpg図解。
あんまり巻きすぎても正確に数値を出せないようです
2015blog-1404.jpg目立たない2番シリンダーに巻きつけてみました。
2015blog-1405.jpgさて、一応は動いているのですが、
ちゃんとノイズを拾わずに動くのでしょうか。

これが無理なら、パルスジェネレータからの線で攻めてみます。
 
  1. 2015/07/06(月) 00:55:16|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その45 さぁ、今こそ走りだせ

2015blog-1385.jpgメーター他、これからの電装品の増設を見越して、
アースをたくさん取れるように
分岐ギボシを作っておきます。
2015blog-1386.jpgすごいことになってきたライトケーシング。

RX2N絡みの配線接続の解説もここから始めましょうか
この画像では、ターンシグナルは分岐ギボシから取っていますが、
これはメーター用のコネクタから取ることができます。
2015blog-1417.jpgホーネットのヘッドライトケーシング内にある色違いの6Pコネクタ2つ。
これがメーターへの接続を担うものなのですが、
ピンアサインを調べてみました。間違ってたらすみません…なにせサービスマニュアルなんか
持ってないわけでして…
2015blog-1387.jpgガソリンタンクから来ているセンディングユニットのケーブル。

これもRX2Nに用意されているフューエルゲージ線に繋ぎます。
2015blog-1418.jpgオートシェイプで書いてみました。
メーターから出ている線には電圧が乗っていて、それをタンク内の
センディングユニットの抵抗にて変化した電流をメーターで読むようになっている構成。
2015blog-1419.jpgターンシグナル、要はウインカーですが、これはコネクタまで
このように左右の線がきているので、それに繋ぐだけ。
2015blog-1421.jpgハイビームインジケータはこれでOK。
コネクタはよくある110型なので、量販店でも購入が可能(な場合もある)
通販やオークションの方が確実かも知れません
2015blog-1424.jpg電源の確保はこんな感じで。
キーボックスからの分岐線は大電流に対応した太いものを使いましょう
2015blog-1388.jpg大体の線はつながったので、バイクの電源を入れてみます。

メーターパルス水温は、過去の記事を参照、ということで…
2015blog-1389.jpg点いた!!
今迄、ACアダプタを用いた試験は行いましたが、
こうして車体の電源で各機能が動いているのを見ると…たまらん!!
2015blog-1390.jpgオイルフィルター交換以来、オイルは入っていないわけでして…

誤ってオイル無しでエンジンを始動させないよう、今のうちに注油しておきます。
過去に部品商にて注文したHONDAのULTRA G3です。
20リットルで定価43,000、2014年10時点で21,000円(税抜)で買えました。
要はですよ、税込みで22,680円だったとしても。1リットル当たり1,134円ということで
そこらでG1やG2のオイルを買うのとたいして変わらない価格で買えるということになります。
2015blog-1391.jpg色はフツーのオイルよりやや濃い感じ。

何せ19,000回転まで廻るエンジンを積んだハイメカニズムのスポーツバイク、
オイルは良い物を奢っておかないといけません。
2015blog-1392.jpgさて。準備は整った。あとはエンジンが掛かれば…!!

で、掛からない。なんでだ!!と思いつつキャブをバラすと、また不純物が堆積して
ジェットを詰まらせていました。キャブ掃除から11ヶ月、またしても放置していたわけで
そりゃキャブ内のガソリンも腐りますわな…
2015blog-1393.jpgよーし、走るようになった!!
各部増し締めして出発だ!!

見違えるようになった、当方の色に染まったホーネットが遂に!!
2014blog-2773.jpgビフォー

思えば…この状態の時は
なんてものを貰ってきてしまったんだ、そしてちゃんと
直すところまで行けるのかと
不安でいっぱいだったわけですが…
2015blog-1394.jpgアフター

どうですか!!
自分で言うのもなんだが、カッコイイ!!
2015blog-1395.jpgああ、いい天気だ。もっと走りたいですが、
まだ色々調整しないといけないので
チョイ走りだけにしておきましょう。

何せ、タコメーターが動かないので雰囲気が高まらない。
2015blog-1396.jpgやはりホーネットはケツからがカッコイイ!!

このスタイリングが20年前に存在していたんだから
凄いもんですね。
 
  1. 2015/07/04(土) 23:57:49|
  2. オートバイ-ホーネット250

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する