FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

中庭のガーデンライト 全部LED化 オーム電機 LEDミニボール球 LDG1L-H11

2015blog-1155.jpg我が屋敷の中庭に設置した、風呂用防水照明を用いたガーデンライト。
目論見どおりに、中庭をムーディーにライトアップしてくれています。
電球は、安さに吊られてたくさん買ってしまったIKEAの電球型蛍光灯を
使用しているのですが、近頃そのうち1灯が切れてしまいました。

先日、リビングのLED化に伴って余剰と化した100Wタイプの電球型蛍光灯を
入れてみたのですが、なんとまぁ、明るいこと…
2014blog-3176.jpg過去に1灯が切れた際には、このようなクリアLED電球を用いて
省電力化と適切な明るさにすることに成功したわけですが、
これと同じもの、探してもなかなか置いてないんです。
2015blog-1153.jpg近くのナフコで発見した、似たようなもの。
今回はELPAではなくオーム電機のもの。
値段はこっちの方が数百円安いです。
2015blog-1154.jpgスペックは似たようなものですね
消費電力は嬉しい1W。4つ点けても4W。
昔のバブルAV機器の待機電力が数十Wあったことを思えば
なんて省電力なのでしょう。

※当然、メインの照明にはなりえません。あくまでも装飾用電球です
2015blog-1152.jpgさて、それでは作業開始。
2015blog-1156.jpg眩しいくらいに明るいです。
手で持つと熱い!!
いくら電球型蛍光灯とはいえ、明るい商品は
密閉型の器具で使うのは怖いですね
2015blog-1157.jpgというわけで付けてみる。
程よい明るさになりました。

今回は、クリアタイプではなく乳白色のものにしましたが、
こちらのほうが光にムラがないので良さそうです
2015blog-1158.jpgあくまでも、暗がりでは色気がない中庭をどうにかしようというものなので、

このくらいの明るさで十分なのです。
さて、あとは毎日18:30~23:30(夏季)で点灯させて
どれだけ耐久性があるかですね。
2015blog-1159.jpgそれは、撮影した画像のExifやこのBlogの記事で
辿ることができるようになっています。

何にしても、当Blogは当方がいつ何をしたと自分が知るための
備忘録である、ということが主になってきました。
5月はなんとかそれなりに記事が書けたかと思います。
来月からはどうなるかなぁ…
 
スポンサーサイト



  1. 2015/05/31(日) 00:10:56|
  2. 家電製品

久方ぶりに鉄ヲタ行為 妖怪ウォッチとピーチラピートをまとめ撮り

2015blog-1131.jpgさて、午後半休をいただいたので12時過ぎには釈放となったのですが、
意外とその後の時間はタイトでして…この日、妖怪サザンが14:20発、
ピーチラピートが14:35発に入るというとっても撮り易いタイミングだったのです。

のんびり昼飯も食べていられません。天下茶屋のマクドナルドで
ハンバーガーを掻き込んで、普通車に乗り込みます。

というわけで粉浜着。一応、場所取りをしておこうと思ったのですが、
粉浜駅の下りホームは午後から側が逆光になるので人気はないようです。
2015blog-1133.jpgとりあえずテスト撮影。
緩いインカーブ、ここは当方もお気に入りです。

上りホームには鉄ヲタが居たのですが、程なくして
居なくなってしまいました。あれ、妖怪やピーチは要らんのか?
2015blog-1128.jpgこの下りホームですが、
暑い日でも架線柱の陰に入って
暑さをしのげるのも嬉しいポイント。
2015blog-1134.jpg南海線の激レア車こと1051Fが走り去っていきます。

4連になってからそろそろ1年が経ちますね。
8000系と8連を組まないかなぁ
2015blog-1135.jpgこの日は塗り替えが施されたらしい7037F以外は
全ての7000系が稼働していました。
魅惑の二段窓もあと少し。思えば、開閉の必要がない戸袋窓にも
わざわざ桟をしつらえていてオシャレですよね
2015blog-1136.jpgラピートは30分毎に相変わらずやって来ます。ラッピングや細々したこと以外に
変化の少ない形式でしたが、遂に更新車が走り出す…

はずなんですが、5月中に運用入りするのでしょうか。
2015blog-1137.jpg空港急行。

区間急行がシフトした関係で、やたらと走ってきます。
2015blog-1138.jpg上っていく空港急行が8連だ。こりゃひょっとしたら…

7000系の8連!!今日は日中も稼働する運用に入っている!!
2015blog-1139.jpgこれは返しを撮ろう!!必ず撮ろう!!

7100系の非更新車が現役だった頃は、機材も記録媒体もまだまだだったので
まともな画像が残っていないのですが、今は!!999枚以上撮れるCFと
頼もしいLレンズと秒間5コマの20Dがある!!バッチリ思い出に残しましょう!!
2015blog-1140.jpgさて、ここで暇つぶしというか試みを。

いつもはインカーブの下りホームから撮るのですが、
上りホームから80-200の画角でどう撮れるだろうか。

そんな中、ターゲットが通過していきます。
2015blog-1141.jpgまだこの時点では誰もホームに居ません。

で、撮れたのがこれ。6連なので後ろが7000系なのがなんとかわかります。
8連だとちょっとわかりませんよね
2015blog-1142.jpg粉浜の上りでまともに撮ろうとすると、黄線を越えて更に
柵の間にレンズを突っ込んで撮らないと格好良く撮れないようです。
要は、粉浜をアウトカーブで格好良く撮っている画像は
全部黄線越えという行為の上に成り立っているということになります。

ネタ列車が通過する時間になると、上りホームは鉄ヲタ祭り状態になってきました。
その多くが学生服を着た、まさに高校生なのだが、おまえら学校はどうしてるんだ
2015blog-1143.jpgさて、今回のメインターゲット!!となってしまった7000系8連の空港急行。
もうあと何回見れるかわかりません。
逆光なんて気にしない。ズラリ並んだ窓桟が7000系であることの証明!!

当方の真横を全速力で駆け抜けていくそれに痺れてしまいました。
2015blog-1144.jpgそしてメインターゲットの後の本日のノルマ。

6/28までですので、早いこと撮っておかないといけません。
ピーチラピート共々、運用が公開されているので
休みの日に箱の浦にも撮りに行っておこうかな
2015blog-1145.jpg左が空いてますね、ということでトリミングもやっちゃいましょう。
それにしても、サザンにここまでラッピングしてしまったのは
初めてなのではないでしょうか。
京阪の8000系トーマスと戦えるレベルですね
2015blog-1146.jpg回送車が上がっていきます。

そう言えば、変更前のダイヤでは2000系が21m車に挿し替えられる
回送があったなぁ
2015blog-1147.jpg挿し替えられていたはずの2000系は、

このように運用をこなし続けていきます。
2015blog-1148.jpg今回のノルマ2。

一年間走るということで、先延ばしにしていたピーチラピートの撮影。
逆光ですが、きちんと押さえておきましょう。
それにしても、元々が藍色なので、真っ白だとかなり不気味ですね
2015blog-1149.jpgあとはこの空港急行を撮って終わりかな…

と思ったら!!
2015blog-1150.jpg間髪入れずに7193Fが回送で走ってきました。
先ほどの回送車との車両交換がなされたのでしょう。

フルスピードで迫ってくる4連、異様な迫力があります。
2015blog-1151.jpgさて、そろそろ散髪に行かないと。

貴重な午後半休を有効に活用するため、
移動開始とします。



いやー、久々に鉄ヲタ行為に火が付いてしまいましたね。
緑の7000系+サザンが走り出す前に、鈍った腕の感覚を
取り戻していきましょう。
 
  1. 2015/05/30(土) 00:52:06|
  2. 鉄ヲタ

久方ぶりに鉄ヲタ行為 今年の起爆剤は7000系だというのか

2015blog-1123.jpg月金で仕事をするようになって、困ったことに
銀行に行ったり役場にいけなくなりました。
土日はヘアサロンも混んでいて散髪も困難で困る…というわけで、
午後半休を交渉の上勝ち取りました。

で、せっかくだしカメラ持って午後から電車でも撮ろうかと
クッソ重たいレンズを付けて通勤していたわけですよ。
すると、急行で追い抜いた青準急が…
2014blog-2934.jpgこれは撮らなくちゃイカンのでは?と、いうわけで萩ノ茶屋駅にやって来ました。
ここからですと、すぐそこを四つ橋線が通っているので
通勤時間のロスをリカバリすることも容易なのです。

で、この画像は昨夏のもの。何が言いたいかといいますと…
2015blog-1124.jpg背後に真っ黒けなマンション?が建ちまして、
画像の印象が大きく変化しました。

画角がちょっとだけ違う(こちらの画像の方が引いて撮ってる)のですが、
こりゃまた、空が狭くなったなぁ…

画像は偶然やって来た7000系。後ろは7100系のやつですね
2015blog-1125.jpg特に待ち伏せてもいないのですが、9000系もやって来ました。
しつこいようですが、南海線では8連6連で各々2本だけのレア車です

なかなか良い感じで私的にネタな車両がやって来ます。
2015blog-1126.jpgで、追い抜いた青準急がこれだ!!

多数ある6連の運用の中でこれに入る確率はかなり少ないであろう。
3000系3517Fです。いやー、カメラ持ってて良かった。偶然でしたが
2015blog-1132.jpgちなみに、背後の新今宮駅にはサザンが到着していて、
タイミングが悪いと被られていたことでしょう。

ちなみに、この3000系の運用ですが、夕方にまた目撃しまして、
樽井始発の普通車に繋がっていました。
2015blog-1129.jpgさぁ、出勤ですわ…

いつもかなり余裕を持って出勤しているので、
これくらい遊んでもまだ間に合うのです。

萩之茶屋の駅前から、国道26号に向かいます。
2015blog-1127.jpg26号沿いをちょっと南に歩くと…
2015blog-1130.jpgあら、あっという間に花園町駅です。

これ、天下茶屋→岸里ルートと比べればかなり距離が短いんです。
とはいっても、わざわざ高野線の各停に乗り換えるってのもなぁ
 
  1. 2015/05/29(金) 00:54:53|
  2. 鉄ヲタ

CB250FT・ホーネット その39 LEDウインカーを自作できそう

2015blog-1102.jpgウインカーの線に12Vを流します。

結果は上々ですね
2015blog-1103.jpg基板の裏側には絶縁と保護を兼ねて

グルーガンでコッテコテに盛りつけます。
2015blog-1104.jpgそしてウインカーボディに実装します。

うーむ、これは良さそう。レンズも付けてしまおう
2015blog-1105.jpgレンズを付けて光らせます。

全面がむらなく光っている感じ
2015blog-1106.jpg明るいところが苦手なLEDですが…

直射日光の下でどれくらい視認性が確保できるでしょうか
2015blog-1107.jpg側の光り方。

先日の記事でも記しましたが、
光が拡散するFlux LEDはこういう場面で利点があります。
2015blog-1108.jpg参考までに、CGCの250ウインカーが純正の状態でどう光るかを。

さすがに明るいですね…こりゃうまくいくかなぁ
2015blog-1109.jpg実は、一つ目で相当エナジーを使ってしまい、
あと三つを作る気力がなくなってしまいましたが、
ここでしおれてしまっていてはいけないので…

基板はハサミでチョキチョキ、ヤスリで整形。
2015blog-1110.jpg裏側の半田付けも手慣れたもんです。
2015blog-1111.jpg量産体制が整いました。

あー、これがハマりだすと他のマシンもLED化したくなるなぁ…
2015blog-1112.jpg はい、できあがり。
あとは抵抗を買ってきて…

はい、そうなんです。数を見誤っていました
2015blog-1113.jpg後日。

抵抗を買い足して、作業続行です。
2015blog-1114.jpgフロントウインカー用のポジション減光キットも準備しています。
2015blog-1115.jpg基板に繋いでテストします。
2015blog-1116.jpg減光モード。

うまく減光できています。後々適当な照度に調整します
2015blog-1119.jpg全光モード。

画像では既に組み込まれていますが、
減光用の基板はLEDが載った基板の裏に
絶縁処理を施した後、両面テープで貼り付けられています。
 
  1. 2015/05/28(木) 00:23:48|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その38 LEDウインカーを自作してしま…えるかな

2015blog-1087.jpgそれでは、ウインカー形状に沿って
どれだけLEDを埋めることができるか考えてみます。
画像の状態が最大かと思われますが、絶縁距離(ウインカーボディとの)
や、光ったときのことを考えると…

結局はストレートに6個を2列に配置することとなりました。
2015blog-1088.jpgそれでは…
基板をウインカーに沿った形に切っていきます。
色もクリアレンズにした際に目立たないような色を選びました。
ガラスエポキシ基板です
2015blog-1089.jpgパイロット品は、慎重にリューターのカッター刃で切ります。

後々のものは、普通にハサミでボリボリ切って、
ヤスリで整形しました。
2015blog-1090.jpgこんな感じで収まります。
2015blog-1091.jpgネジ穴はこの辺りか。

ピンバイスでコジコジ開けていきます。
2015blog-1092.jpgLEDを基板に据えてみます。
2015blog-1093.jpgそれでは、先に抵抗を付けていきます。
2015blog-1094.jpgこれでいいかな…

あ、右下はこれじゃ点かないや
2015blog-1122.jpgイメージとしてはこうなります。Flux LEDは4本足の2つづつが
カソードとアノード、要は+と-になっているので、それを活かせば
簡単に繋いでいくことができます。
2015blog-1095.jpgうーむ、Flux LED
これは便利だな
気に入った
2015blog-1096.jpg裏側。

半田ブリッジも隣同士だけで済むのです。
2015blog-1097.jpg試験点灯。

OKですね
2015blog-1098.jpgそれでは、一気に付けてしまいましょう
2015blog-1099.jpgところがです。

ネジが立つ場所は、避けておかないといけないのです。
2015blog-1100.jpgここですね。

上画像のようにLEDの足を切って、球の間は細線でジャンプします
2015blog-1101.jpg純正ウインカーの線を切って、基板と合体。

さて、次は点灯試験ですよ
 
  1. 2015/05/27(水) 22:20:24|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その37 LEDウインカーを自作してしまおう

2015blog-1009.jpgようやくバイクになってきた当方のホーネット。
あとは細々したことを片付ければ、走りだすことができます。

で、その細々したことの一つがウインカー。
純正のものも悪くないので、そのままスモークレンズにして活かす予定で
レンズも集めていたのですが、ふと思い立って予定変更。

CGC社の250型ウインカーを付けることにしました。
この画像ですと、もうリアには付いていますね。
2015blog-1071.jpgCGC、株式会社千代田と言いますと、社外ウインカーでは老舗も老舗の
会社とのことで…オートバイと共に様々な時代を見つめながら、
バイク不況の現在もこうして製品を絶えずに供給してくれているわけですね。

当方はこの250型の形状が好きで、CB50(いつ仕上がるんだ)に先行投入しましたが、
今回、ホーネットに採用するに至って…

このウインカー、あまりのスリム形状ゆえに
ソケットを外さないと電球が交換できない謎構造なのですね。
2015blog-1072.jpgまた、電球が偏って付いているので、
点滅するのが端っこだけというのも気になるところでした。

今回、これをLED化してしまおうということで、様々なサイトを
検索してみました。すると1件だけLED化に成功しているサイトが
見つかったのです。これは…できるということだな
2015blog-1073.jpgそのサイトに倣って型紙制作。

今回は基板カットも伴うので、適当型紙ではなくちょっと真面目に
カットしています。それでも適当に見えるのですが…
2015blog-1074.jpgデジットで部品を購入。

電流制御は定電流ダイオードか抵抗かで迷ったのですが、
ポジション球を活かすので抵抗でいきました。

因みに、オームの法則が相変わらず理解できない当方、
お店の方に抵抗の選び方を色々教えてもらいました。
2015blog-1075.jpgそして、当方の構成を作るにあたって、お店の方に
レクチャーしてもらいながら電卓叩いて
抵抗値を算出。いやはや、お店の方にはお世話になりました。
ありがとうございました。

LEDは橙のFlux LEDを大量に導入しました。
2015blog-1076.jpg抵抗は2灯の場合666Ωと算出できたので、近似値の1/4Wのものを、

3灯の場合は533Ωなのでこちらも560Ω・1/4Wを調達しました。
2015blog-1077.jpg試しに点灯。

1チップなのでそんなに明るいわけでもない。
2015blog-1078.jpgレンズを介して。

クリアレンズを使用するので、橙色であることは必須です。
まぁアンバーレンズでも橙の方が良いでしょう。
2015blog-1079.jpg更に試験は続く。
2015blog-1080.jpg10灯くらいにするとどうだろう。
2015blog-1081.jpgレンズを重ねてみる。

素子を寄せている割には、まぁ良い感じで光っていると感じます。
2015blog-1082.jpg斜めから。

この辺り、広く照らせるFluxLEDは便利ですね。
2015blog-1083.jpgさて、ホーネットはフロントポジション球が備わっているのですが、
この機能を活かさないのは勿体無い。というわけで検索。
みんカラ地獄にハマる前に、とても上質なネタを発見しました。

元々はハイマウントストップランプをスモール点灯時でも光らせる為のものですが、
このアイデア、ポジション球を光らせる際にも使用できるものなので…全く同じものを
作らせていただきました。要は丸パクリってやつですね
2015blog-1121.jpg簡単な絵も書いてみました。

これ、考えた人は偉いなぁ…
2015blog-1084.jpgというわけで試験してみます。

まずはウインカー時、要はバイパスですね
2015blog-1085.jpgそして減光モードに繋ぐと…

おお、ちゃんと暗くなった!!
2015blog-1086.jpg可変抵抗にしておくと、明るさをドライバーで

任意にセッティングできるので便利です。
これでかなりLEDウインカー化へのモチベーションも上がってまいりました。
たまには真面目になって、小細工をしてみましょう。
 
  1. 2015/05/26(火) 00:31:21|
  2. オートバイ-ホーネット250

我が屋敷の照明 ちょっとだけLED化

2015blog-1054.jpg我が屋敷のリビングに吊られている和風な照明。
昔に鶴浜のIKEAに行った際、安かったのでついつい買ってしまったのですが、
なんだかんだで5年は使用しています。
2015blog-1055.jpg中の電球は、所謂「電球型蛍光灯」で運用していました。徐々にW数の大きい物が
普及してきたので、その際に60W型→100W型とステップアップしていったのですが、

これから夏に向けて、窓を網戸にしていると、網戸を掻い潜ってくる小さな虫が
結構多く、何らかの対策が必要とされていました。
2015blog-1056.jpgなんでも、蛍光灯に対してLED電球は紫外線の量が少なく、
それによって光源が虫に見え難いので、寄ってくる虫が少ないそうだ。
まぁ色味のこともあるので、一概にそうとは言い難いようですが…

LED化するのは良しとして、現状が100W級なので、それと同等でないと
意味がありません。ですが、近頃になって良い製品が廉価で買えるように
なってきているのです。
2015blog-1057.jpg今回購入したのは日立の100W相当、LDA17L-Gです。
NECでもまったく同じ型番があるので注意したいのですが、
そちらも評判の良い商品のようです。
2015blog-1058.jpgいいことばかりが書き連ねてあります。
2015blog-1059.jpgこういった冷却フィンの付いたLED電球は、今迄でも
あったのですが、この形状でかなりの広範囲を照らせるように
なっているそうです。
2015blog-1060.jpgさっそく交換してみます。
上が電球型蛍光灯、下がLED電球です。
明るさは互角ですね。色味も悪くない。

元々の電球型蛍光灯が黄色みが強かったので、むしろ良いかも
2015blog-1061.jpg傘?球?を付けてみます。

さすがの広範囲照射型です。天井までムラ無く照らせています。
これは満足度の高い商品ですね。
2015blog-1062.jpg続いて。
我が屋敷の照明は、その殆どがダウンライトなのです。
エドワード鈴木氏の拘りであると当時聞きましたが、
E17口金で斜め挿しのそれは、あまりに寸法の制約がきつすぎて
電球型蛍光灯などが使用できなかったのですが、
Panasonicが独自の斜め型電球をずっと販売してきました。
2015blog-1063.jpg今回、調光器非対応型で断熱対応のものが安くなっていたので
まとめて購入してみました。まずは台所の照明にて試用します。

ここは使用頻度が高いので、省エネ効果は期待できるでしょう。
2015blog-1064.jpg元々、反射板の形状を活かした「ウオールウオッッシャータイプ」の

ダウンライト。クリプトン球ですと綺麗に反射板を照らします。
2015blog-1065.jpgクリプトン球とのサイズ差はこんなもの。
ちょっと大きいですね、入るかな…

型番はLDA6L-H-E17/BH/Sというもの。
amazonで1700円くらいでした。
2015blog-1066.jpgまぁご存じの方は多いかと思われますが、
根っこの部分が可動式になっていて、どんな器具でも
光源を下向きにできるとういう、まさにIdeas For Life。
2015blog-1067.jpg我が屋敷のダウンライトですと、もうギリギリ。
最初のつっかかりがみつかれば、あとは電球が潜っていくだけなので
なんとか装着ができました。
2015blog-1068.jpg点灯。 おお、明るい。
元々付いていた電球が60Wで、今回のものは
40W級なのですが、引けをとらない明るさですよ
全てを下に照らすことに注力しているからでしょうか。
2015blog-1070.jpg最後に。

これがクリプトン球。
2015blog-1069.jpgそしてこれがLED電球。
せっかくのリフレクタが全く使われていないわけで、
ダウンライトの設計思想に反するわけですが、
台所で手元が明るく照らされれば良いので
今回の試験導入は成功でしょう。
 
  1. 2015/05/25(月) 00:08:12|
  2. 家電製品

MYM シャワードレッサー FB244U17 水漏れ修理の顛末 2

2015blog-1038.jpgネット検索の結果…

●これを製造販売していたMYMこと株式会社喜多村合金製作所は既に廃業している
●保守や部品の供給はKVKが引き継いで行っている

蛇口の型番で検索すれば、主要な保守部品を販売しているショッピングサイトが
見つかります。
2015blog-1039.jpg今回は、送料無料が嬉しい「設備プラザ」さんにお世話になりました。

お値段4,200円。
2015blog-1040.jpg開梱。

FB244U17用はHC187BG-U17となります。

それにしてもだ。メーカー廃業でサポート蒸発なんてこともこの昨今だと多々ある中で
ちゃんと競合他社であったKVKが引き継いでくれているのは非常に助かります
2015blog-1041.jpgOリングや固定用のクリップも付属。

わざわざ買い足さなくてもOK です。
2015blog-1042.jpg…で、また棚の中に収まったこれらをどけてから…
2015blog-1043.jpgこちらから抜くことはできないので…
2015blog-1044.jpgここから引っこ抜くこととなります。
2015blog-1045.jpgオレンジ色の部分がいわゆるカチット、クイックリリースになっています。

それを外してから、
2015blog-1046.jpg砲金の部分を分離。ねじ込みです
2015blog-1047.jpgあとはシャコシャコとしゃくっていると、
スルスルホースが抜けます。
砲金の部分が引っかかるので何度かは苦戦しますが、
しつこくやっていたらそのうち抜けます。
2015blog-1048.jpg新しいジャバラホースを蛇口に押し込んでいきます。。
2015blog-1049.jpg砲金の部分をクイックリリースカプラーに合体します。
2015blog-1050.jpgあとはオレンジ色の部分をちょっと引いて、カチッと合体。

簡単施工ができるようになっているんですね。
2015blog-1051.jpgシャワーヘッドに新しいジャバラホースを合体。
2015blog-1052.jpgクリップを打ち込んで…
2015blog-1053.jpg水圧を掛けます。

うん、どうやっても漏水は無い!!
補修完了です。これでまた数年は安心して使用できますね
 
  1. 2015/05/24(日) 00:49:56|
  2. その他

MYM シャワードレッサー FB244U17 水漏れ修理の顛末 1

2015blog-1028.jpg近頃、洗面台に立つと
マットがやたら濡れていて違和感を感じるようになりました。
あれ?風呂から出てるときもちゃんと体拭いてるんだけどなぁ?

ある日、奥さんから床がビチョビチョになってる!!との報告を受け、
洗面台に急行すると!!アカン…これは盛大に水漏れしてる。
2015blog-1029.jpgこれが我が屋敷の洗面台。所謂シャワードレッサーです。
シャレオツに徹すると使い勝手が非常に悪くなるので、
この辺りは実用性を重視しています。

ビフォー○フターや住人○色で紹介される家で、洗面台が
木の台の上にボウルを載っけたようなオシャレなものをよく見掛けるのですが、
毎日生活する上でアレをまともに使用・維持できるのか気になるところです。
居酒屋の便所じゃないんだから…
2015blog-1030.jpg洗面台は顔を洗ったりシャワーヘッドを延ばして
寝ぐせを直したりもしますし、簡単な洗濯もするわけでして…

さて、実用性を重視しても、水漏れしていては話になりません。
物入れスペースを空にして、色々見てみます。
この辺りはカラッとしているのですが、
2015blog-1031.jpgその床は…えらいことになっています

どこから漏れてるんだ?
2014blog-4086.jpg思えば、この洗面台、シャワーヘッドも含めて
この9年間、こんなことにも使ったりしてずっと酷使し続けていましたから・・・

シャワーヘッド??ん?そうか!!これだ。
近頃、シャワーヘッドの付け根からちょっと水が漏れているようで
変な所に水が飛び散っていたんです。
この漏水が、シャワーヘッド収納時にフレキシブルホースを伝って
床に水を垂らしていたのです。
2015blog-1033.jpgそれでは分解方法を検索して調査します。
まずはシャワーヘッド裏側のこの樹脂。
これがピンになっていますので。精密ドライバーなどで上手に
ピンを繰り出してください。
2015blog-1034.jpgするとこのようにバラせます。
2015blog-1035.jpgうーむ、Oリングか

やっぱりこれを疑ってみたいところ
2015blog-1036.jpg早速、補修用の汎用品を買ってきました。
2015blog-1037.jpgOリングを付けて組み直す。
最初はおっ!!止まったんじゃね??と思うのですが、
色んな角度でくねくねすると、やっぱり水が漏れてくる。
あー、原因はOリングじゃなくって、ホースのカシメ?部分のようです…

再び、ネット検索の海に潜って行くこととなります。次回に続く
 
  1. 2015/05/23(土) 02:09:42|
  2. その他

7000系引退に向けてのイベントはもう始まっている 7000系8連を捕まえろ!!

2015blog-1026.jpgさて、当Blogでも幾度か紹介している南海7000系。
南海本線では早くに最古参となっていたのですが、なまじ冷房が付いていて、
走行性能も他の車両に引けをとらないものなので、21世紀になって既に
15年近くが経った今でもその姿を見ることができている…のです。
2014blog-4147.jpgそれでも、経年と走行距離によって老朽化は常に進んでいくわけでして、
新型車投入や運用の整理でその数をジワジワと減らしていきました。

2015年現在でその数22両。全数で72両だったことを思えば減ったもんですね
2014blog-3648.jpg中には、このように廃車がとりあえずあったから?と

リアル展示物になったものも。
2014blog-2945.jpg現在、4連組成のものはサザンの自由席や、
後輩である7100系を和歌山市方に繋いで6連や8連を組んでいるもの、
2連は3本ある中、画像のように2+2で8連の和歌山市方につくもの、
6連の和歌山市方につくものも。相方は近頃になってからは7100系が専従でした。
2015blog-1027.jpg極稀に、上画像の4連が切り離されて普通車に入ったりするんです

全部の車両に運転台が付いている形態、なんだか可愛らしいですね
2015blog-1010.jpgさて、先に記したとおり、基本的に7100系としか組まなくなっていた7000系ですが、
なんだか最近変なものを見掛けるのです。
出勤の際、なんば行きの急行に乗っていると、後々折り返して上りの急行となる
8連の回送車と数本離合します。
9000系だったり、3000系だったり、近頃は8000系も多いですね。で、
稀に7100+7000の8連も来るのですが、なんだかおかしい。和歌山市方は
上画像の7019F+7031Fなのですが、なんば方の4連も7000系??

調べてみると!!どうやら7000系だけで8連を組んでいるようだ!!これは撮らないと!!
というわけで、勝ち取った年休日に早起きして、箱の浦にやってまいりました。
2015blog-1011.jpg8連は空港方面の運用に入ることもあるので、そっちに行ってしまったら
いきなり終了、それもこちらとしてはそれを確認できないので7時半まで
待ちぼうけしか無いのです。

ですが!!今朝は久方ぶりの方から嬉しい情報が!
箱の浦でたまに一緒になるハンターカブのお兄さんが、こちら方面への運用に
7000系8連が入っていることを知らせてくれたのです!!何たるタイミング。
2015blog-1012.jpgというわけで、どうやって撮ろうか…
ここ、6連は撮り易いのですが
8連は尻切れになるんですよ。みんなどうやって撮っているのでしょうか
2015blog-1013.jpg80-200の広角端でこんな感じです。

ここ箱の浦は曲線の終端にあるので、速度はさほど出ていないのですが
サイド気味に撮るのでタイミングが掴み辛いです。
2015blog-1014.jpgEOS20Dの連写をもってしてもなかなかベストを掴めない!!
これはなんだ、7DIIでどうにかしろということか?いや、そうじゃないですよね

当該の1本前ですが、7000系が来ました。ということは8連組成のうち
2本は7000系が入るということですね
2015blog-1015.jpg和歌山市方には7100系が。

さて、次が本番か
2015blog-1016.jpg冒頭の画像で回送されていった7193Fが
普通車で折り返してきました。

4連だと自由に撮れますね。
2015blog-1017.jpgネタ車の3517Fが走り去っていきます。

これも8300系の増え方次第では早くに姿を消すことになりそうですね。
2015blog-1018.jpgここ箱の浦は保線用に据えられている列車接近警報装置?の
赤い矢印と、箱作10号踏切の警報音で列車の接近は
把握できます。

さぁ、本番ですよ!!
2015blog-1019.jpgちょっと切るのが早かった、というか連写なんだからそこは
運任せの部分もあるのです。

ところで…これでは後ろが7000系であることを確認しにくい…わけでして
まぁ、分かる人が見ればわかりますか。
架線柱は、後々観賞用の分はトリミングして楽しみますよ
2015blog-1020.jpgずらりとならんだ二段窓。

なんだかこの秋を過ぎても普通に走っていそうですが、
もうあと少しで見ることも乗ることもできなくなるんですね…
2015blog-1021.jpgそして、6月になると旧塗装が出てきます!!
暫く前から運用に入っていなかった7037Fと、近頃まで運用入りしていたが
塗替のためか離脱した10004Fが懐かしの、そして栄光のあの姿になって!!

…で、そんな大事な年に休みを取りにくい(らしい)クソ忙しい(らしい)職場に
異動になったとは…運命というものは皮肉なもんです。
2015blog-1022.jpg朝ラッシュ最後の8連急行は3000系です!!

が、これ、全然引きつけてないですよね…
ちょっと連写をやめてみて、一発で切ってみます。
2015blog-1023.jpg1000系。これもそろそろ機器更新の対象になるのでしょうか。
2015blog-1024.jpg7100系のサザン。後ろは妖怪ウォッチラッピングですね。

一発で切っても引きつけが甘いなぁ…この場所はもうちょっと試行錯誤しないと
いい構図で8連が撮れなさそうです
2015blog-1025.jpg最後に、急行を撮って撤収。

1000系も、今は登場時に等しい原型ですが、
そのうち何かの動きもありそうですしね。
 
  1. 2015/05/20(水) 21:49:30|
  2. 鉄ヲタ

CB250FT・ホーネット その36 フェンダーレスにしてしまいました

2015blog-0988.jpgいやはや、そろそろ外での作業が暑くなってきました

遂にパラソルが登場です。
これが駄目になったらワンタッチタープテントでも買いますか…
ところがですよ。固定資産税と車バイクの税金を払い切ったら
貯金が一桁万円になってしまいました…給料減りすぎです。ちょっと減額措置が
解除されたらしいですが
2015blog-0989.jpgまぁとりあえずですよ、目の前のお不動さんを仕上げないと次にいけません。
つい最近、職場の歓送迎会がありまして、働いている人におけるバイク乗りが多い
この職場、バイクトークで盛り上がってくれた人もそこそこ居ましたのです。

秋にやるらしいツーリングにも誘われたのですが、そもそもこのマシンが
安定して走れるか不安です…イグナイターはフィン無しの爆弾タイプでした。
2015blog-0990.jpgさて、この個体ですが
お金もないのにLED化を目論んでいます。
ただウインカーをLEDタイプに換装したり、電球ごとLED球にしても
話が早過ぎるので、基板を切ってLED埋めて…をやってみようと思います。
2015blog-0991.jpgそのために必要なのがこれ。
なんだかバーコードが貼られていますが…

キジマのデジタルウインカーリレーです。
そこそこ値段はしますが、信頼性が高いので、これが定番の様子
2015blog-0992.jpg配線図。

なんでも、安物のリレーを使うとスイッチを入れてからの動作が
滅から入るようで、ワンテンポ遅れるそうな。

対して、キジマのこれはちゃんと明から動作するので安心。
2015blog-0993.jpg汎用のケースに基板をこうして固定しているだけの様子。
ツメで簡単に殻割りできます。
完全防水仕様ではないので、気をつけましょう。
2015blog-0994.jpgさて、今日の作業は…

リアテール周りを仕上げましょう。
まずはこれ。テールランプの台座です。
2015blog-0995.jpg今回使用したつや消し黒は、ちょっと奮発してHoltsのカーペイント。
ボディにもバンパーにもと書かれていますし、ちょっとは
バイクとの相性も良いのでしょうか
2015blog-0996.jpg色あせていたサイドカバーを塗ってみます。

ここをブラックアウトすることで、見た目を引き締める予定です
2015blog-0997.jpg乾かしている間にこれを用意しました。

スズキ・チョイノリのヘルメットホルダー。
激安バイクで有名だったチョイノリですが、ヘルメットホルダーは
別体式で凝ったもの。
2015blog-0998.jpgこうしてハンドルに固定できるので、ヘルメットホルダーの無いバイク、
もしくは使いにくい場所にあるバイクに便利と評判なのです。
お値段も安いところで1000円と少々、日本製でしっかりしているのに
この値段は嬉しいですね
2015blog-0999.jpgさて、テールランプベースも乾きましたね

レンズを付けて検証。
次はフェンダーレスとなります。
2015blog-1000.jpgステーはSUS板を切って作る予定。

適当型紙で様子を見て…
2015blog-1001.jpg最初はHONDAロゴがある凹んだ部分に合うように
ステーを考えましたが、ちょっと心もとない。

幅を広げて、折り目の幅を全体に持っていきました。
2015blog-1002.jpgサンダーでSUS板をカット、カナズチでぶっ叩いて整形。

ここまで折り曲げるのって大変でした
2015blog-1003.jpgこんな感じで元のフェンダーに合うようにしました。
2015blog-1004.jpgそして固定。元のナンバー位置からするとここまで嵩上げしてしまいます。
2015blog-1005.jpg仮固定。ちょっと排気口と右ウインカーの距離が気になります…
2015blog-1006.jpgここまできたら、フェンダーはもう切るしかないな!!

面倒くさいのでサンダーでぶった切り!!
2015blog-1007.jpgそして固定!!

かなりイメージが変わったんじゃないでしょうか
2015blog-1008.jpgサイドより。

もっと元フェンダーを切ってしまったほうが格好良いのですが、
強度のこともあるのでこれくらいにしておきました。
2015blog-1009.jpgと、いうところで今日の作業はここまで。

いやー、格好良くなってきたのではないでしょうか
スパッとカチ上がったテールの奥に、チラッと見える
リアサスペンションの赤いスプリングが良いですね
まぁ、これはどのホーネットでも同じなのですが
 
  1. 2015/05/18(月) 00:09:54|
  2. オートバイ-ホーネット250

久々にドライブ

2015blog-0977.jpgGWも終わり、近頃は目まぐるしく毎日が過ぎています。
今迄の宿直がある勤務ですと、夜勤入りと明けで2日勤務したことになりまして、
入りの午前と明けの午後は自由に使える時間だったのです。眠いですが

それがカレンダー通りの勤務となり、平日の優雅な休みもなくなり、
休みもロクに取れないくなってしまいました。まいったなぁ

それ故に、土日が貴重な時間となりました。今日は買い物がてら
和歌山にドライブに。テレビで紹介されていたというパン屋さんに。
ヒルナンデス!なので全国ネットだったわけです。
2015blog-0978.jpgその名はパン工房「カワ」。
結構いろんなところにお店があるのですが、とりあえずテレビで紹介された
岩出のお店に。風吹峠を使うとさほど遠くない。
2015blog-0979.jpgイートイン、というか外だからイートアウトスペースか。
買った焼きたてパンをすぐに楽しめる。
上質な時間を過ごせます。
2015blog-0980.jpgさて、次はまた岩出にあるテレビで紹介されていたお店。
いや、紹介されていたらとりあえず行きたくなるでしょう。

ということで…

場所は引き続き岩出。田舎の幹線道路沿いによくあるロードサイド雑居ビル。
スナックやラーメン屋などが定番ですが、
2階には学習塾もあります。臭いに負けてしまいそう。
2015blog-0981.jpg山田ヒロキチ商店という名前の食堂です。

なんでもニンニクてんこ盛りのガッツリトンテキが食べれるそうですよ
2015blog-0982.jpg店内はシャレオツで良い雰囲気。
カウンター10席くらい?と2人席2つと4人席1つ、8人座れる円卓がひとつ。
我々が来訪した際は2人席が空いていましたが、混んでくると円卓に
相席となります。
2015blog-0983.jpgそれでだ。これがトンテキですよ。
特製たっぷりキャベツの濃厚トンテキ(2015/05時点で950円)
猛烈な量のスライスにんにくと山盛りキャベツ、そして隠れちゃってる
トンテキでもうガッツリです。
2015blog-0984.jpgご飯は釜炊きとのこと、大を頼まないと明らかにおかずが勝ってしまいます。
とにかくガツガツいきます。タレにキャベツを漬けてガツガツいきます。
ご飯と一緒にガツガツいきます。これは所謂二郎系です。要は最後辺りになると
食べるのが辛くなりますが、ある一定の時間が過ぎれば食べたくなるというアレ。
2015blog-0985.jpgさて、お腹もいっぱいになったところで帰るとしますか。
近頃はよく寝ても疲れが取れず、眠いままで一日が過ぎていきます。
仕事も1年は我慢しますが、ああ、あと10ヶ月半もあるのか…

たまにこうしてJB32に乗って楽しまないとね
2015blog-0986.jpgさて、パン工房カワの名物である「生クリームサンド」。

あまりの反響で通販でも買えるようになっています。
それでは食べてみましょう。
2015blog-0987.jpg中にはジャムとたくさんの生クリーム。
このボリューム!!美味くないわけがない。
パンもしっとりしていてナイスな食感。
これはいいなぁ、また買いに行こう。
 
  1. 2015/05/17(日) 22:06:28|
  2. 国内街歩き・地元記事

CB250FT・ホーネット その35 エンジン塗装

2015blog-0964.jpgホイールも塗って、精悍なイメージとなった

当方のホーネット。だいぶ考えていた感じに近づいてきた!!
2015blog-0965.jpgあと、残すはエンジンですね。塗ってしまう…前に、

オイルフィルターの交換をしましょう。画像中央ちょっと右にある
丸い部分…いかにもな場所ですね。ここを緩めると
2015blog-0966.jpgオイルが滴ってきて、

このようにオイルフィルターがパカっと外れます。
結構傷んでますね。
2015blog-0967.jpg底に溜まったスラッジも洗い流しましょう。
2015blog-0968.jpg15410-KEA-305

このフィルターを使用している車種はホーネット以外にもそれなりにあるようです。
当分供給で困ることはないでしょう。多分…
2015blog-0969.jpgこれは間違った挿入方法でして…

台座に載せて押し込むのが正しい方法です
2015blog-0970.jpgそういえば、小さいパッキンはどこに使うんだろう?と

台座をグリグリしていたら…ああ、ここね
2015blog-0971.jpgこの状態で挿入、ネジが締まれば交換OKですね。
2015blog-0972.jpg明日(5/7)からはまた仕事ですよ。今までと違ってなんだか憂鬱。
機械作業員として奉職したのに事務方とか、頭がいたい話です。
でも、こうして暮らして趣味を楽しむためには辞めるわけにもいかないですしね…

よし決めた。今日のうちにエンジンも塗ってしまいます。
2015blog-0973.jpgマスキングをサッサと済ませ、見えないところは刷毛塗りで、

そして見える場所はスプレーガンで。
この通り、一気に塗ってしまいました。
かなり完成が近づいて来たような気がします。
2015blog-0974.jpg硬化剤のおかげで硬化も速い、それは部品の取付も

その日のうちから始めれるということです。
2015blog-0975.jpgラジエターやホース類もまとめて、外装を仮組み。

おおおおお!!!かっこいい!!!初期型とは思えない!!
2014blog-2773.jpgビフォー状態を振り返ってみましょう。

このよくわかんないシルバー、まさに初期型ですね
2015blog-0976.jpgあ、エンジンが塗れたのでマフラーも付けれるじゃないか!!
あとは電装系とメーターで完成じゃないの?よし頑張るぞ!!

あ、リアキャリパーを塗るのを忘れてた…

これで当方のGWは終了となりました。さぁ、5月中には仕上げたいところ。
 
  1. 2015/05/11(月) 00:17:51|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その34 1000RRテールを固定しろ!!

2015blog-0171.jpgテール周りをモデファイしようと入手した

CBR1000RR用の社外品であるクリアテール。
2015blog-0164.jpg小加工で付くらしいのですが、

そのままの台座では綺麗に付きません。
2015blog-0954.jpgこれもまた、段ボール適当型紙からの作成になるのか…
2015blog-0955.jpg元々のテールランプ台座、これの厚みを利用して

ここに板を切ったものを固定しますか…
2015blog-0956.jpg1000RRテールを収める。

大体のイメージは掴めたか
2015blog-0957.jpgもう一度、ナンバープレートを合わせる。

格好良く…なりそうかな
2015blog-0958.jpgSUSの板をサンダーで大まかに切って…
2015blog-0959.jpg磨いて穴開け、整形します。

上のラバーブッシュが入っている穴がテールランプ、
下に開けた6mmの穴が固定用です。
2015blog-0960.jpgこんな感じ。
2015blog-0961.jpgその為には…元々のテールランプを固定していた部分を…

切り落とします!!
2015blog-0962.jpgで、台座の下の部分に穴を開けて…

これ、ホーネットを触ったことがある方なご存知かと思われますが、
この部分って四角いトンネル形状なんですよね

その隙間にM6のナットを忍ばせて…これが結構しんどいです
2015blog-0963.jpgそしてプレートを締結。レンズの突き出しをワッシャーで調整し、

これで…固定完了!!
プレートはつや消し黒で塗る予定です。
 
  1. 2015/05/10(日) 00:56:49|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その33 やる気のあるうちに塗っちまえ!!

2015blog-0939.jpgこのホーネットをボロく見せている要因はいろいろあるのですが、

ホイールなどの足周りがこれもよくわかんないシルバーに塗られていて、
リムが粉を吹いている状態なのもそれに拍車を掛けているものと思われます。
2015blog-0940.jpgもうこの際だ、全部塗ってしまえ。
またGWが終わって仕事が始まって暑くなると、そんなことをする気にも
なれなくなってしまうだろう。

17インチ化を見越して入手しておいたCB400スーパーフォアことNC31のホイールです。
NC39にしなかったのはただ単に予算の都合ってやつです…
2015blog-0941.jpgまずはバラして足付けから。
2015blog-0942.jpgキャリパーも塗ってしまいます。

ボルトも錆びてるから一緒に塗ってしまうか…
2015blog-0943.jpgタイヤにもいっちょまえに全周マスキング。

これが結構手間なのと、どうせあとで隙間から
塗料が侵入しちゃうんですよね…
2015blog-0944.jpgエンジンのマスキングもちょっとずつ行います。
2015blog-0945.jpgまずはフロント周りから塗装を始めます。

リアタイヤを外すと車体がバランスを崩しそうですし…
2015blog-0946.jpg今回のために2液ウレタンの黒を買っておきました。
今までのようにホムセン塗料にウレタンクリアよりも
一度塗る手間が省けます。
2015blog-0947.jpg準備完了。

それでは塗っていきます。
2015blog-0948.jpgフロントフォークもいずれは交換するのですが、とりあえずノーマル状態も

乗っておく必要があるので、ブラックアウトしました。
2015blog-0949.jpg塗り上がったホイール。

黒に黒で黒ずくめです。キャリパーも黒いし
これでブレーキディスクのインナーも黒く塗ると気持ち悪いくらいに
真っ黒になってしまうところでした
2015blog-0950.jpg前が終わったので後ろも塗ります。

無駄にぶっといので下地も面倒、塗るのも大変そう…
2015blog-0951.jpgスプロケットハブは外せるので、

別で塗ることに。
2015blog-0952.jpg一気に塗ってしまいます!!

ブレーキディスクは外して塗りました。
2015blog-0953.jpgパッと見綺麗なんですけど、なんだか柚子肌なところもあって
うーん…な感じですが
ホイールを黒く塗ると足周りが引き締まって格好良くなりますね!!
(あくまでも個人の感想です)

あ…リアキャリパーも塗らないと…
 
  1. 2015/05/09(土) 00:32:09|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その32 マフラー塗って更に綺麗に

2015blog-0925.jpg集合管の宿命というか何と言うか、
このパイプが寄っている辺りに砂や小石がたまるんですよね…
ドライバーや金たわしでホジホジします。
2015blog-0926.jpgそいて、耐熱塗料ですが…
わざわざホンダ純正品を用意しました。
ホムセンで買えるやつはイマイチ持ちが良くないと感じているので、
メーカーのものなら良いのでは、という考えからの導入です。
2015blog-0927.jpg説明書きを読む。

硬化させるには150度で15分以上加熱しないといけないらしい。
こんなおおきなオーブンは我が屋敷にはありません…
まぁ走ってたら勝手に加熱されるか?
2015blog-0928.jpgサッと錆を落として、パークリで脱脂します。
2015blog-0929.jpgあとはシュシュっとね

艶消しなので塗りやすいです。
2015blog-0930.jpgさて、続いてこのよくわかんない色のエンジンも塗ってしまうか。
空冷ならここも耐熱塗料が有用、というか必要ですが、これは水冷だし
普通の2液ウレタンで塗ってしまいます。
2015blog-0931.jpgその前に、この転倒痕も擦って綺麗にしておきましょう。
2015blog-0932.jpg…これは覚え書き。

塗装の際に剥がしてしまうので、またテプラで作っても良いですし、
シールを買い直しても良いでしょう。
2015blog-0933.jpgゴリゴリの部分はサンダーで大まかに擦っておきます。
2015blog-0934.jpgあとは#240のペーパーサンダーでゴシゴシ。

番手を上げてヘアラインっぽく仕上げます。
2015blog-0935.jpgピカピカにしてもいやらしいので、

これくらいで止めておきます。
2015blog-0936.jpgマフラーが乾いた様子。

塗りそこねた部分を更に重ねて塗っていきます。
2015blog-0937.jpgその間に、左のカバーも右に合わせて擦っておきます。
2015blog-0938.jpg今日はこれくらいにしておきますか。
とにかくです、ホイールとエンジンを塗らないと
その先が見えてきません…
 
  1. 2015/05/08(金) 00:07:58|
  2. オートバイ-ホーネット250

CB250FT・ホーネット その31 外装磨きでドリルポリッシャー登場

2015blog-0911.jpg昔に買ったままほったらかしになっていたポリッシャーセット。

電動ドリルに付けて使うものである様子。
2015blog-0912.jpgまぁ、使わない手はないな…というわけで

ラビングコンパウンドとフェルトバフでギュインギュインします。
2015blog-0913.jpgおお、やっぱり機械は凄いな

容易にツヤツヤになりました。
2015blog-0914.jpgタンクもやってみましょう。
2015blog-0915.jpg画像では結構艶が出ているように見えますが、

どうも曇った感じがします。
もっと下地で磨いておくべきだったか
2015blog-0916.jpgまぁ良い、とりあえずこれを貼って
ビシッと決めてやりましょう。

よくヤフオクで1000円位で売ってるアルミエンブレムです。
2015blog-0917.jpgホーネットも後期型はウイングマークになっていたはずですが、
純正の巨大ウイングからすると小ぶりです。
まぁこれくらいの大きさのほうが主張が少なくて良いかな
2015blog-0918.jpg一応、マスキングテープでおおまかな位置を揃えます。
2015blog-0919.jpgこんなかんじで…
2015blog-0920.jpg外装が付いたら一気にバイクらしくなってきました。

夏までに走りだせたら良いのですが、完成するかなぁ
2015blog-0921.jpgこの画像、アス比がスマートフォンですが…

このように、区切り区切りでホーネットを譲ってくれた、
というかくれた中荷さんに現況を報告しているのです。
2015blog-0922.jpgさて、外装は目処がつきました。

続いてはその他の気になる部分を手入れします。
2015blog-0923.jpg当方のホーネットは初期型。
エンジンに塗られている、このシルバーというかゴールドというか、
よくわかんない色ですが、見た目も締まらないので
あまり好きではありません。メリハリを付けてしまいましょう。
2015blog-0924.jpgそして錆が出てきてしまっているマフラー。

後期型のSUS磨きエキパイがあればそれでも良かったのですが、
結構高値なんですよ…仕方ない、耐熱スプレーを塗りましょう。
 
  1. 2015/05/07(木) 23:02:31|
  2. オートバイ-ホーネット250

GW特集?CB250FT・ホーネットその30 一気に塗り進め!!

2015blog-0591.jpg先日、スーパーカブの塗装のついでとして
購入しておいたクリアブラックの塗料。
これをホーネットに塗って、キャンディブラックにしたい…んです
もう失敗したくありません…
2015blog-0896.jpg当方の技術では指示通りの塗り方ができません。

クリアに原料を混ぜて薄くして、
厚めに塗ることでなんとか腕の無さをカバーする算段です。
2015blog-0897.jpgそれでは、タンクもやっちゃいましょう…!!
2015blog-0898.jpgパッと見、うまく行ったような感じですが…
2015blog-0899.jpg写真っていくらでも誤魔化しが効くんですよね…
この日は風が強く、残念ながら埃がたくさん付いてしまいました。
あとで磨けば良いとは思うのですが…
2015blog-0900.jpgフロントフェンダーを磨きましょう。
2015blog-0901.jpg#600→#1000→#2000と番手を上げて磨きます。

柚子肌がなくなるくらいが良いのですが、今回はキャンデーカラーなので
気を使います。
2015blog-0902.jpgテールカウルも磨きます。
2015blog-0903.jpg…このようにタレてしまった部分は峰を削って
均すのですが、それがまた難しい…

もうキャンデーカラーはやりません(´・ω・`)
2015blog-0904.jpg磨き上がったテールカウル。

暫し乾かして…
2015blog-0905.jpg装着してみます。
2015blog-0907.jpgちょっとラビングコンパウンドで磨きます。

おお、良い感じで艶が出てきましたよ??
2015blog-0908.jpg続いて、タンクも磨きます。
2015blog-0909.jpgペーパーで擦っていくと、溶剤の匂いがして
気持ち悪くなってしまいます。

風呂で研ぐ場合は換気扇と窓開けを欠かさずに…
2015blog-0910.jpgこうして見ていると、綺麗に塗れたなぁ…とも思うのですが、

よーく見ると…駄目なんだよなぁ
このホーネット、実車には1m以上近付いて見ないでくださいね…
 
  1. 2015/05/06(水) 00:38:26|
  2. オートバイ-ホーネット250

GW特集?淡輪・愛宕山 第6回 つつじ祭り

2015blog-0877.jpg2015年の5月3日。
例年開催されている愛宕山の「つつじ祭り」、今年も開催されましたので
観に行ってみました。

普段は4月末でしたが、毎年開花状況が芳しくないことも勘案したのでしょうか、
ちょっとずらしてGWになったのですね。
2015blog-0878.jpg天気は生憎の曇り空、しかし時折陽が射す感じで…暑い

今年はなんと!!広場でライブスチーム?の運転が!!
100円で乗車できます。
2015blog-0879.jpgビューポイントその1となる松寿橋。
2015blog-0880.jpgうむ。これくらい咲いているとつつじ谷も絶景なり!!
2015blog-0881.jpgレンズを交換して撮ってみます。

今回用意したのは、EOS Kiss Digital NとEF-Sの17-85、そして…
2015blog-0817.jpg先日ハドフで捕獲したEF 70-210の1:4。これを試してみます。

1987年5月発売とのこと、要は2015年の時点で28年前の機種となるのですが…
2015blog-0882.jpgあれ、結構ビシッと写るではないですか…

当方が過去に入手した個体は甘かったのですが、
素人分解が不味かったのか
2012blog-419.jpg※これは28-80の2.8-4Lで撮ってます

この橋の上から海を向いて撮ることができる
桜の枝ですが…
2015blog-0883.jpg2015年現在も、虫に食われながらも

このように枝は健在でした。
2015blog-0884.jpgしばし快調な古レンズを愉しむ。

まれに陽が射す瞬間を狙って撮ります!!
2015blog-0885.jpg頂上まで来ました。
周りはものすごい人出です。
おっさんが1人で写真撮っててもおかしいですし、
また、ボカシを入れるのが面倒なので撮ってません。

眼下の海水浴場は芋洗いのような状況。潮干狩りですね。
2015blog-0886.jpg人が見切れないように、枚数を稼いでいきます。

直進ズームは意外と楽しい。
思えば、我が屋敷には結構な数の古ーい直進ズームが
防湿庫で待機しています…
2015blog-0887.jpgさて、腹ごしらえですよ。
だいたい目星を付けておいて、並んで買って…

今年もお一人様席(集水桝とも言う)は…私を待っていました。
2015blog-0888.jpg今年はたこ飯が見当たらなかったので…

ねぎ焼き!!100円ですよこれ…採算取れているのか??
ペタペタ塗られた醤油の味がたまらん。
2015blog-0889.jpgそして。毎度おなじみ10個200円のたこ焼きですよ。

これは欠かせない!!
2015blog-0890.jpgたこ焼きを食し、しばしのんびりする。

さすがGW、沖にはたくさんのヨットが。
2015blog-0891.jpgそれではビューポイントその2、
京橋より海を見下ろすポイント。

この日だけは淡輪遊園だった愛宕山中に賑いが戻ってきます。
2015blog-0892.jpg引きでもう一枚。
2015blog-0893.jpg70-210に換えて赤い花を捕える。
2015blog-0894.jpgアングルを換えてもう一枚。

…写真撮るだけなら普通の日に来た方が…って、
当方はこれを例年書いてるような
2015blog-0895.jpgさて、昼からはバイクいじりにスケジュールを割くので、
そろそろ帰るとしましょう。
来年も来れたらいいなぁ…どうなることやら。
いや、愛宕山のことじゃなくて、私自身がですよ。
 
  1. 2015/05/05(火) 00:59:01|
  2. 国内街歩き・地元記事

GW特集?久方の物欲センサー発動!!AQUOS PAD SH-06Fを導入してしまいました 後編

2015blog-0863.jpgさーて、タブレットも携帯電話みたいなものですし、
画面の保護はちゃんとしないといけませんね。

というわけで、iPad用の保護シートを切って使うことにします。
2015blog-0864.jpgサイズを測ってカッティングしたまでは良かったのですが、
気泡は入るわ逃がそうと画面を擦ると早速傷が入ったり…
うーむ、100円だし仕方ないのか
2015blog-0865.jpgそしてタブレットにはケースでしょ!と

ヤフオクで調達してまいりました。
2015blog-0866.jpgブック型のケースです。木目調でオシャレ、送料込みで1400円の安さが嬉しい。
2015blog-0867.jpg開くと…カードケースにもなる切り込みが入っていたりします。
そして本体を収める側はハードケースのようになっています。
値段の割には結構しっかりしています。
2015blog-0868.jpgバンドはマグネットでくっつけるタイプ。使った後で
パティン!!と帯を貼るのがちょっと楽しい。

ですが、これの磁気が悪さをして、磁気カードなんかが駄目になるという
レビューが見られます。大事なカードは入れてはいけませんね
2015blog-0869.jpgカバーの分だけ厚みが増えますが、まぁ使用に関して難はないレベル。
暫く使用してみて、不満がなければ出品が無くなる前に
もう一個買っておいても良いでしょうね。
2015blog-0870.jpg奥さんの電話に入っていたMicroSDカードが突然死してしまいました。
長年契約していたauを解約する際にポイントを交換する形で
貰ってきたauロゴ入りの32GBのものでしたが、何処の製品かは
わかりませんでした。奥さんにTranscendの32GBを購入するついでに…

結局、保護シートは当方が信頼を置いているASDECのものにしました。
2015blog-0871.jpgよく見ると、裾の方に前記種のSH-08Eやauのタブレットでは使えませんと
驚きの記述が。
とりあえずシャープ用を買っておけばどうにかなるという買い方をする人も
居るということでしょうか…
2015blog-0872.jpgカメラレンズ用の保護フィルムと、クリーニングクロスも付いてきます。

このクリーニングクロスがなかなか強力なクリーニング性能を持っていて、
指の脂でギトギトの画面もサッと綺麗にしてしまいます。
先述のカード入れにしまいこんでおきましょう。
2015blog-0873.jpg気泡ができにくく貼りやすいことをウリにしているだけに、
フィルム貼りがうまくなったような錯覚がしてしまいまうくらいに
綺麗に貼れてしまいます。

まぁ、お値段の時点で100均の10倍以上はするので
それくらいの仕事はしてくれないといけませんしね。
2015blog-0874.jpgいつもここで??となってしまうのが、
保護フィルムの表に貼られた保護フィルムの存在。
剥がしにくいので、間違ってノングレアタイプを買ってしまったかと
青ざめることしきり。
2015blog-0875.jpg無事に貼り付けが完了し、当方のアイテムっぽくなってきました。

しかしなんだ、ホーム画面のアイコンゃウイジェットまでSH-04Fと同じにしてしまうと
新鮮さに欠けてしまいますね…もう少し遊びが必要か
2015blog-0876.jpgモバイル機器を使用するにあたって地デジ難視聴地域(田舎は大概そうか)
に住んでいると、これがあるか無いかでは大きな違いがあります。
テレビの同軸ケーブルをMicroUSBに変換し、確実なフルセグ受信を
可能とさせるもの。これはミニテレビとしての可能性が広がりそうですね。
 
  1. 2015/05/04(月) 00:32:45|
  2. 携帯電話

GW特集?久方の物欲センサー発動!!AQUOS PAD SH-06Fを導入してしまいました

2014blog-4741.jpg昨冬に、原付でこけてスマートフォンの液晶を割ってしまい、
修理が完了するまでは非常に辛い思いをした当方。
たかが携帯だろ!と思われそうですが、それだけ、今の生活には携帯電話が
重要なツールとして浸透しているのです。

で、修理の際に貸与されたARROWSの出来の悪さと、それを諦めて
SIMを挿し替えて前機種のSH-01Dを使用したときから考えていたことがあったのです。
2015blog-0852.jpgこういう際に、代替となる何かが欲しい、スマートフォンを買い足すだけだと面白くない。
ならば…と照準を絞った機種があったのです。

当方は、Xiのデータ上限を3GBにしているせいで月末には常に上限を突破してしまう
状況にあったのですが、その機種に格安SIMを挿して…と考えていたのですが
格安SIMではどうやらrootを取らないとそれはできないみたいですね。残念

まぁ、格安SIMを入れた場合は、こちらにもデータ通信を割り振ったら良いわけですね。
後述するゲームとか。
2015blog-0853.jpg因みに、箱の時点でこんなにコンパクト。

画面サイズの割にありえない小ささとは聞いてはいましたが…
2015blog-0854.jpg開梱。

元箱も付いています
2015blog-0855.jpg06F

そう。SH-06Fです!!
2015blog-0856.jpg電話もできる変態タブレット。そう。電話ができるからスマートフォンの
代替もその気になればこなせるのです。

今年度上半期の物欲は既に大暴発してしまいました。
2015blog-0857.jpg因みに中古品。新品は高値安定なので、多少の傷は我慢します。
2015blog-0858.jpg姉妹機のSH-04Fと。

全体の意匠もそっくりさんで所有満足度が高まります。
2015blog-0859.jpgEDGESTデザインで7インチでもこんなにコンパクト!!
当方の大きな手だと普通に片手で持てます。片手操作は無理ですが

ほんじゃ、いろいろアプリ入れてセットアップするぞー!!

スマートフォンとアカウントを合わせると、同じアプリを
入れることができて便利。
2015blog-0860.jpgよっしゃ、早速これを入れてだなぁ!!
単車の虎、昨年から大概遊ばせてもらっているソシャゲです。

携帯電話のゲームは、過去に勧められた釣りのゲームで
無課金攻略の苦行とあまりに露骨すぎる課金誘導に一瞬で挫折してしまい、
それ以来拒否反応が出て触りもしなかったですが、
近頃のゲームはたいして課金せずにも、いや無課金でもそれなりに遊べるんですね。
2015blog-0861.jpgしかし、イベントでランキング上位に入ったり、
上位報酬(イベントで貰える装備でも松竹梅がある)を戴くためには、
チームメンバー総てでン万単位で課金をしなきゃいけないという
とても恐ろしいゲームでもあります。
当方は少課金でもそれなりに楽しみを見つけながら、
なんとかLv350台まで育てることができました。

さて、SH-01Dで作成していたアカウントをこっちに移します(アカウントは1つだけとは言ってない)
01Dで遊ぶと処理が遅く、鈍重すぎて使い物にならないレベルでしたが…
2015blog-0862.jpgこちらは現役機種のパワーでスイスイ動きます。

このアプリの表示は残念ながらフルスクリーンになりません。
タブレットの解像度ですと強制的にこうなるのでしょうね
本体の[設定→ユーザー補助→拡大操作ON]でトリプルタップすると
拡大できたりしますが、ステータスバーまで拡大してしまったり、
ゲーム内の連打なんかで拡大縮小を繰り返してしまうので
これはボツです。
また、Chromeブラウザですと[設定→ユーザー補助→強制的にズームを有効にする]
にて拡大ができるのですが、リンクを踏んで画面が推移するとまた縮小してしまうのです。
できればゲーム画面だけ拡大して、固定できれば良いのですが…
 
  1. 2015/05/03(日) 01:02:13|
  2. 携帯電話

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する