FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

CB50S 塗装を進めるも

2014blog-4655.jpgああ…やっちまったよ。

手直しまでの乾燥の時間を有効に活用しましょう。
2014blog-4656.jpgテールカウルに大貼りされた車名ロゴのストライプ。

なんともこのダサさが80’sですが、当然剥がしてしまいます。
CB50JXの頃はシンプルなストライプだったはずなのになぁ
2014blog-4657.jpgスクレーパーでペリペリ剥がしていきます。

大げさに擦るようにシャコシャコやっていると大きい範囲で剥がせますが、
…臭い!!なんで古いシールってなんとも言えない臭いがするんだろうか。

そういえば、車のウインドウに貼るスモークフィルムもそうだったなぁ
2014blog-4658.jpgなんとか剥がせたシール。

荒れた下地を研いで平滑に、まだ残った傷は
2014blog-4659.jpgパテを薄付けします。
2014blog-4660.jpgパテが乾くまでにタンクを塗りましょう。

満遍なく重ねたつもりですが、あれ…なんだか変な色になったぞ
透明感もないし…こりゃ失敗したか
2014blog-4661.jpgなんだか昔の2トントラックのような青です。このままじゃダメだろ…

と、この時は凹んでしまいましたが、後々塗料が乾燥してくると
白濁した感じはなくなっていき、ちゃんとキャンデーカラーになりました。
2014blog-4662.jpgさて、今回のCB50Sはソリッドカラーではなく、ラインを入れて

ちょっと良い感じに仕上げようと思います。何せ外装がのっぺりしているので
ソリッドカラーが似合わないのです。ヨンフォアくらいでしょうか、のっぺり外装で
ソリッドカラーが似合ってるのって
2014blog-4663.jpgタンクのエンブレムもメタル製のものに。

近頃ヤフオクで1000円少々で流通している補修用社外品です。
一応、ビス穴が開いているので、途上国向けの125cc~バイクに
付けれるようになっているのでしょう。
2014blog-4664.jpg値段は安いですが、それほど品質も悪くありません。

材質はアルミ合金でしょうか。
2014blog-4665.jpgサイズも控えめなので、スリムなCB50Sタンクにもピッタリ。
2014blog-4666.jpg大体の位置を決めて、マスキングラインを入れていきます。

今回は、ちょっと下に付けるのがポイントです。
2014blog-4667.jpg曲線は…細いテープでも結構苦戦します。

やっぱり曲線用テープがいいのかなぁ
2014blog-4668.jpgうー、塗ったあとが心配ですが…

で、後々大変なことになるんですね
2014blog-4669.jpg左右の幅や長さも吟味して、大体の位置を決めていきます。
2014blog-4670.jpg因みに、今回のグラフィックですが、古のバイクである「CB250セニア」の
カラーグラフィックを参照、というかパクっています。
ちょっと前に売られていた「CB400SS」というバイクもこれをオマージュしたような
タンクグラフィックが存在したのですが、それらをお手本にして、ちょっと角ばった
CB50Sのタンクに合わせていくのです。
 
スポンサーサイト



  1. 2014/12/21(日) 00:40:37|
  2. オートバイ-CB50S

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する