FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

Amazing!!! LUMITIME KT-10F ネオン電球打ち替え編…なのだが

2014blog-1347.jpgデジットで買ってまいりました、ネオン電球。
在庫も豊富なので緑色のものを25個まとめて買えました。

それでは、精神集中して交換しましょう。
2014blog-1348.jpg筐体の解体は素直で簡単にできます。

ツメなどを用いていないので、やり直しなどの際にも
ストレスにならない。これは大事ですね
2014blog-1349.jpg電球が収まる溝。幅も余裕があるので、

ネオン電球の寸法は大概のものがいけそうです。
2014blog-1350.jpg現状を撮影して、養生を行います。
2014blog-1351.jpg抜けると困るアラームのつまみは、セロファンテープで

留めておきましょう。
2014blog-1352.jpgさて、剥がれやすいと評判のプリント基板。
2014blog-1353.jpgハンダ吸い取り線でジュワッと吸わせます。
2014blog-1354.jpgとりあえず、秒針?の部分のものを抜いてみました。

元のネオン電球と直径は同じようなもの、5mmくらいのものです。
2014blog-1355.jpg新品を据えて、半田で固定。
2014blog-1356.jpg点灯テスト

…え、青いぞこれ????
2014blog-1357.jpgデジットの売り場には、緑以外に橙、
そして変わり種の青も売られていたのですが
これが…どうやらその変わり種の青のようで…
どうなってんだ?ちゃんと緑のものを買ったはずなんだが
2014blog-1358.jpgフロントパネルに透かしてみる。
画像のように、濃緑に着色されています。

青緑がそれはそれでエレガントなのですが…
2014blog-1359.jpg足には緑色のマーキングがなされています。
選別の時点でミスがあったのか、マーキングの油性ペンが
変色してしまったのか…
2014blog-1360.jpg電球を引っこ抜くには、ピンセット、先端にビニールテープを

巻いたものが都合が良さそうでした。
2014blog-1361.jpgうーむ、それにしても

これは緑にしか見えないんだなぁ
店でもちゃんと選別したはずなのに。
2014blog-1362.jpg…また青だった…
2014blog-1363.jpgですが…全部青だったら諦めも付くのですが
ところどころ、本当に緑だったものも混ざってまして…
どっちかにしてよ…
2014blog-1364.jpg数的には青が15、緑が10でした。
2014blog-1365.jpgこれは緑を15個買い直して純正状態にするか、

比較的多い青で統一して、当方だけのオリジナルにして楽しむか
2014blog-1366.jpg安物のLEDクロックで、こういったセグメント毎に
色違いのLEDを仕込んだ製品が存在しましたが、なんだかそれを思わせる
このチグハグさ。
ポップな置き時計だとそれも良いのですが、
ルミタイムには似合わないですね…
2014blog-1367.jpgというわけで仮組み完成。
ちなみに、ヤフオク画像や紹介サイト、そしてこの画像で見られるほど
この時計は煌き輝いているわけではありません。要は暗いのですが
そこはやはりネオン電球、それの控えめな光がグリーンのパネルを透過し、
醸しだしてくれる…その雰囲気が良いんです。


で、この個体は結局どっちの色にするべきなのでしょうか。青かなぁ
 
スポンサーサイト



  1. 2014/04/30(水) 00:44:21|
  2. ラジオ・時計

PowerShot Pro1が更に変態に テレコンバーターTC-DC58A

2014blog-1331.jpg        当方の持つコンデジ、所謂デジタルカメラの中で
それがフラッグシップにふさわしいか?
どのモデルにもそれぞれの個性を持っていて、操作性、スタイリング、
そして描写にもそれぞれの持ち味があるのですが、ただ凄い、
更によく写るなどといった部分を見ると…やはりPowerShot Pro1でしょうか
PowerShotでも、たまにこういった変態が出てくるから凄いですよね…
G1Xシリーズとかもそうでしょうか
2014blog-1332.jpgさて、携行性もなかなか、操作は鈍重、液晶モニタは最低限という
10年以上前のPowerShot Pro1にまた使うかどうかわからないものを
奢ってみました。
2014blog-1333.jpgその名をTC-DC58Aというそれ、純正の後付けテレコンバーターです。

まぁ、要は望遠端のズーム倍率をさらに向上させるための追加レンズの
ようなもの…ということで
2014blog-1334.jpg開梱。

あれ…結構でかくない??
2014blog-1335.jpg巾着袋も付いてきました

…が、これ、やっぱり思っいたよりでかいです
2014blog-1336.jpgうん、思ったよりでかい。

筐体は金属製、レンズキャップは、コンバージョンレンズにありがちな
ただ被せるだけの蓋。
2014blog-1337.jpgPowerShot G2純正のワイドコンバーター、WC-DC58と並べる。

このワイコンも大概デカいと思っていたのですが、それをまた上回るでかさ…
なんだかとんでもないものを買ってしまったようだ…
2014blog-1338.jpgテレコンバーターだけではPro1にはくっつきません。
これにさらにアダプタとなるLA-DC58Cが付いてきます。
この辺りのパーツ専用設計なので、似たような型番のものを流用することは
できません。

ちなみにこのアダプタですが、三脚座が付いています。よほど前荷になる様子。
2014blog-1339.jpgそれでは装着してみます。まずはPro1のレンズ先端にある化粧カバーを

捻って外します。
2014blog-1340.jpgLA-DC58Cを装着。バヨネットのようになっているので

脱着に掛かる時間はは比較的少ないです。
2014blog-1341.jpg完成

…ってめっちゃ巨大化してますやん!!こりゃ人の多い撮影スポットなんかだと
間違いなく変態扱いされます。今や一眼やミラーレスが当たり前の時代。
その中にえらく型遅れで、やたら長いレンズの付いた…よくわかんないカメラ。

だが、それがいい!!
2014blog-1342.jpgG2用のワイコンも付けてみましたが、やはり付くだけといった感じで

実用にはなりませんでした。
2014blog-1343.jpgこのようにワイド端ですと、筒の中から外を見ているようです。
2014blog-1344.jpgこのLA-DC58Cは2分割できて、短い状態で
ワイコンを付けるのが正解と思われますが、

テレ端までズームすると…確実に当たります…
2014blog-1345.jpgそれにしてもでっかい前玉です。
倍率は1.5倍になり、35mm換算で200mmだったテレ端が
300mm相当になるということです。これは是非、箱の浦の
いつものところで試してみたいですね
2014blog-1346.jpgで、LA-DC58Cを付けたままだと巾着袋は締まりません。
なんだこりゃ、TC-DC58Aは装着時にアダプタが必須なので
それも入るような袋にしてくれたら良かったのに…

さて、また天気の良い休みに撮影テストですね。
 
  1. 2014/04/29(火) 00:56:44|
  2. カメラ-コンデジ

Amazing!!! LUMITIME KT-10F 分解編

2014blog-1313.jpgさて、とても魅力的なルミタイムとはいえ、このように不点灯ですと

時計としての実用性にも難がありますし、これではAmazingではありません。
2014blog-1319.jpg要はなんだ、なんとかしてネオン球を打ち替えて
綺麗な輝きを取り戻さないといけません。

既に分解痕がありますが、断念された…だけなら良いのですが
2014blog-1320.jpg外装(フロントパネル)を外します。

ここまではネジを緩めるだけで簡単にできます。
2014blog-1321.jpg上から見ると!!抵抗がビッシリ

各ネオン球に1個ずつ備わっているということですね
2014blog-1322.jpg基板。
至って結線はシンプルですが、グルグルとぐろを巻いています。

ちなみに…このプリント基板、あっさりパターンが剥がれちゃうらしいです…
最悪、リード線でジャンピングしないといけないのでしょうか
2014blog-1323.jpgルミタイムの特徴である時刻表示横のくるくる回る模様。
秒針の役目も果たしていなさそうなのですが、一体どのようになっているのでしょうか。

そしてネオン球などを使用している関係上、筐体内は煤が付着しています。
2014blog-1324.jpg透明パネルを外します。

このアラーム設定の部分が奇々怪々な構成になっていて、
分解すると予期せぬ時刻にアラームが鳴ったりと、
とんでもない事態になるそうで、調整も困難とのこと。

触らないようにしましょう。
2014blog-1325.jpgくるくるの概要。

漏斗のような形になったパーツ。根っこに歯車が切られています。
2014blog-1326.jpgそれをモータから出力されたギアによって回し、

背面からネオン球で光らせるようになっています。
うーん、Amazing
2014blog-1327.jpg煤だらけのパネルは中性洗剤で洗って、綺麗にしました。

※これは施工前
2014blog-1328.jpg分解された状態で通電。

ネオン球が点灯していない部分が多いです。
2014blog-1329.jpg点いている部分もロウソクのようにチラチラしています。

全部打ち替えてしまいましょう!!
2014blog-1330.jpg背面の基板。

画像を左右反転させて、各セグメントと関連したネオン電球を見てみましょう。

なんでも25球(7セグ×3+1の部分が2球+:の部分に1球+くるくる部分に1球)あるそうで…
電球の調達だけでも大変そう…デジットにそんなに在庫あったかなぁ
 
  1. 2014/04/28(月) 00:25:31|
  2. ラジオ・時計

Amazing!!! LUMITIME KT-10F 導入編

2014blog-1308.jpgいやー、今回導入したものはもう2年は探しまわっていた物です。

もう手に入ることはないのかなぁとも思っていたのですが、
オークションでたまたま発見したのでウオッチ。
2014blog-1309.jpg何にしても高嶺の花、いや、高値の…

一万円を超える入札があったりと、電気時計とは思えない
希少性と人気を兼ね備えています。
2014blog-1310.jpgそう、その名は!!  
田村電機製作所の

…というか元箱ですよ!!これは嬉しい
2014blog-1311.jpgL U M I T I M E
ル ミ タ イ ム
2014blog-1312.jpg70~80年代の電気時計は、各社アイデアと技術とデザインを
競い合って、多種多様、豪華絢爛、とても魅力的な製品が
多数存在しました。

その中でも、ルミタイム、特にネオン電球の明滅で時刻を表示させるタイプは
表示の美しさ、夜間の視認性、更に筐体デザインの良さで抜きん出ているのでは
ないでしょうか。
2014blog-1313.jpg通電。

そしてルミタイムの中でも特に珍しいと思われれる
緑色のネオン電球を用いたモデル。これはオークションでも
なかなか見かけないのです。

が、時刻表示がめちゃくちゃですね。ネオン電球が不点灯となった部位がある模様。
2014blog-1314.jpgロゴマークが輝く部分は蓋になっていて、開けるとアラームや時刻の設定が
行えるようになっています。

蓋の質感はもう一つ、ペラペラのプラスチック製で、
開閉は正直やり難いです
2014blog-1315.jpg銘板、というか銘シール。
消費電力7W、電気時計としては優秀ですね。
50Hz専用となっていますが…
2014blog-1316.jpg背面の小蓋の中にあるギヤ。これが周波数の変更を司っています。
2014blog-1317.jpg黒ずんでいるのが50Hz用、白い部分が60Hz用となっています。
ちょっとした手間で両周波数対応となるのですが、ラベルには
どちらか専用と書かれている辺り、周波数の変更はメーカー送りにて
対応でもされていたのでしょうか。

元箱はありましたが、取扱説明書は残念ながらありませんでした。
2014blog-1318.jpg背面にスイッチ。これはディマースイッチになっていて、

…検索してみる。なんでもネオン電球に流れる電流を
直流・交流に切り替えてそれを達成しているそうで…そう、詳しいサイトがあるんです。
かなり詳しく書かれていますので、そちらを参照ください(他力本願)
 
  1. 2014/04/27(日) 00:48:08|
  2. ラジオ・時計

第五回つつじまつり前の淡輪・愛宕山に行ってまいりました。

2014blog-1293.jpgパッソルの調子を整え、試運転を兼ねて郵便局に振り込み。
それから…いやー、いい天気だなぁ、カメラ持ってるし
愛宕山に行ってみましょう。
2014blog-1294.jpg今年のつつじまつりは4月29日に開催となりました。
現在の天気予報では雨となっていますが、
雨が降れば5月3日に延期とのことです。
2014blog-1295.jpgこの日(4/25)の咲き具合はこんな感じ。

まだまだこれからでしょうか。
2014blog-1296.jpg一番多いと思われる赤紫?ピンク色の個体。

綺麗に咲いていますね。
2014blog-1297.jpg気持ち良い陽気です。

老人ホームの遠足や老夫婦の散策などが多く見られました。
2014blog-1298.jpgまだつぼみが多いですね。

これ、一昨年くらいも書きましたが、つぼみというと…
2014blog-1299.jpg相変わらず、虫による食害が酷い桜の木。

これもまた、一昨年くらいに書きましたが虫の姿はありません。
駆除が行き届いているのでしょうか。
2014blog-1300.jpg山頂付近。
ベンチが増設されています。
建設会社からの寄贈と書かれています。
これで座るところがいっぱい増えましたね。
2014blog-1301.jpgそれでは、名所である橋からの望むつつじの谷を見てみましょうか。
2014blog-1302.jpgこんな感じです。

完全に緑が勝っています…
2014blog-1303.jpg満開までは、もうちょっとかかりそうですね、
2014blog-1304.jpgさて、そろそろ下山しましょう。

昼飯食べて、レストア作業を続けないと…
2014blog-1306.jpg麓のほうが、よく咲いている感じですね。
2014blog-1307.jpgこのツツジという木、手入れ(剪定と肥料)をすれば見違えるらいに
花をつけると言いますが、半野生の状態でもこれくらいは
普通に咲くということでしょうか。逞しい木です…
ちなみにWikipediaで見てみると、古木の寿命は1,000年に達するとのこと。
2014blog-1305.jpg天気も良くて、最高のお散歩となりました。
 
  1. 2014/04/26(土) 00:49:53|
  2. 国内街歩き・地元記事

赤ラピート 見て参りました。

2014blog-1278.jpg今年で登場20周年となる
南海50000系・特急ラピート。

特異とも、奇抜とも取れる前頭部をはじめとした車体形状と
藍色のカラーリングが醸しだす存在感は
20年経とうとも色褪せることなき南海電鉄のフラッグシップです。
2014blog-1279.jpgで、そんなラピートが…

なんとガンダムとのコラボで真っ赤になるってことで、
留置されている羽倉崎に行ってまいりました。
(4月23日に住之江検車支所に移動した模様)
2014blog-1280.jpg工場で行われた作業は、前面と屋根上の塗装のみで、
側面はラッピングにて処理される模様。
ラッピングは羽倉崎支区にて施工できるので、一旦ここまで運んだのでしょう。

9000系置き場には何も置かれていません。8000系(8012F)も旅立った様子。
2014blog-1281.jpg見えました。

それにしてもこの車両、藍色以外もよく似あってます。
2014blog-1282.jpg鼻面にはネオ・ジオンの国章が。

ちなみに、ガンダムコラボで赤くなると、3倍のアレがイメージされるのは
致し方ないことですが、この作品はアレのちょっとあとの世界観だそうで、
赤いツノは生えていないのが正常であるとのことだ。
2014blog-1283.jpgガラス越しでもわかる赤いシルエット。
2014blog-1284.jpg扉が開いています。

ここより後ろは、画像の1007Fが被さっていて見ることができませんでした。
2014blog-1285.jpgPowerShot Pro1を用いて望遠撮影。

確かに赤いですが、あんまり見えない…か
2014blog-1286.jpg撤収しましょう。
夜勤入りですので、それまでに用事を済ませないと。

あれ、この警告看板、なんだか貼り物が新しくなってますね
表現が若干柔らかくなっているような。
2014blog-1292.jpg過去の画像を引っ張りだす。

あー、これだこれだ。「犬のくそ、へいのなかに捨てるな。」
これ、本当に投げ込んだ輩が居るということか…
よくそんなこと平気でできるもんです
2014blog-1287.jpg1000系のものと思われるフロントガラス。以前来た時もありましたね。
よく見るとドアガラスも。未だに割れるようなことがあるんですね

今回使用したカメラはPowerShot S90。レンズをニコイチして
実用できるようになりました(記事にすらできていない)
2014blog-1288.jpg今度は正面から撮ってみましょうか。

門扉の隙間からズームで(門にベッタリで撮るのはやめておきましょう)
2014blog-1289.jpg踏切から。

入換信号機?が被ってます…こりゃ駄目だ
2014blog-1290.jpg最後にもうひと頑張り。

うーむ、標準色がこっちでも良かったくらい結構似合っています。

この車両のデザインを検討する上で、緑と茶色が候補としてあったそうです…が、
やっぱり藍色が一番良く似合っているのではないでしょうか?
2014blog-1291.jpgさぁ、赤ラピートもGetしたし、用事があるので井原里へ…

これ、羽倉崎から井原里~二色浜・蛸地蔵・和泉大宮・忠岡へ向かう場合、
ここで空港急行と特急サザンのW退避があるんですね…
たった2駅ですが、やたら時間が…

最寄りが特急サザン停車駅なので、いつもは優等ユーザーとしてしか
南海本線を利用しない当方。このようなニッチな移動は拾いきれないので
ちょっと大変そうですね。昼間のパターンダイヤは崩せませんから尚更。
 
  1. 2014/04/25(金) 00:43:54|
  2. 鉄ヲタ

映画「ウッジョブ」試写会/福島上等カレー 内本町店

2014blog-1263.jpg夜勤明け。

PowerShot S90(記事にすらできていない)の
修理に成功し、全域でAFが効くようになった(記事にすらできていない)ので
嬉しくて色んな物を撮ってしまいます(記事にすらできていない)
2014blog-1264.jpg奥さんと堺筋本町で待ち合わせ。
映画の試写会に当選したのです。
阪神高速をくぐって、船場センタービルを…

え?なにこのビル??
2014blog-1265.jpg垂れ幕には確かに「ここが船場センタービル」と書かれている。

んだが、なんなんださっきの壁は??
2014blog-1266.jpg船場センタービルといえば、渋い焦げ茶色をしたタイル張りの外観に、

角が丸い特殊な窓が特徴だったのです…が
2014blog-1267.jpgよくわからない打ち抜きがなされたパネルが全面に貼られ、
外観がリニューアルされたということでしょう。

今まで、このようにサイディングやパネルが施工されたビルも、
いつかは解体されて形をなきものにするか、東京にある東武浅草駅ビルのように、
元の姿に回帰するケースもあることを思えば…これもまた、数十年後には
そのような岐路に立つことになるでしょう。
2014blog-1268.jpgサイン類もこの通り、大きなものになって、一見新しくなりました
が、中があのままだと意味ないんじゃ…

私的には、非常に残念ですが、致し方ないところでしょうか…
2014blog-1269.jpgうーむ、複雑な気持ちを胸に本町橋を渡ります。
2014blog-1270.jpgPowerShot S90のテレ端(記事にすらできていない)で
シティプラザの特徴ある頂部を捉えます。

うむ、適当修理の割によく写ってる!!(記事にすらできていない)
2014blog-1271.jpgそのシティプラザを横目に、
大阪商工会議所に到着。

今日はここの7階で映画が見れるようです。
2014blog-1272.jpg何の映画かというと、画像のようにWOOD JOB!(ウッジョブ)という作品。
スゥイングガールズやウォーターボーイズを手がけた監督の作品だそう。

いや、実はあんまり期待してなかったんですよ…邦画、というか映画はあんまり観ないし
まぁ掴みが駄目だったら夜勤明けだし寝ようかとも…思っていたのですが…
2014blog-1273.jpg意に反して…!!とても面白かったし、良作でした。
配役にも違和感無く、馴染めて作品に入れましたし、随所に下ネタ含めちょっとした
笑いの要素が組み込まれていて、テンポも程よく退屈せずに観れます。
いやー、これは是非映画館で観て欲しいです。
最初は期待薄で観始めても構いません。いつの間にか作品の世界に取り込まれます。

※ステマではありません
2014blog-1274.jpgああ、面白い映画で胸が満たされたらお腹が空いた。

大阪商工会議所を出ると、どこからともなくいい香り。
奥さんが香りの元が道路向かいのカレー屋であることに気づく。
素晴らしい嗅覚だ。

というわけで行ってみましょう。福島上等カレーです。
2014blog-1276.jpgこの名前の店、何処でもよく見掛けるのですが、「得正」が
チェーン店として運営しているということでしょうか、大阪市内でも
多数の店舗があります…が、店舗によってメニューも微妙に違う様子。
画像は豚カツカレー中盛り(780円)
2014blog-1277.jpg程よい辛味の中に甘みあり。

カツも揚げたてを載せてくれるのでサクサクです。こりゃうまい。
2014blog-1275.jpg店舗の軒先で先に食券を買うシステム。
福島上等カレーというだけあって、本店は大阪の福島にあるようですが、
先述したとおり、この店とはまたメニューが異なるんです…

うーむ、確か日本橋(でんでんタウン)にも近頃新店舗ができたはず。
食べに行ってみましょうか。
 
  1. 2014/04/24(木) 00:01:03|
  2. 国内街歩き・地元記事

AZワゴンR スモール球を修理

2014blog-0645.jpg中華激安LEDを装着して、最初はありえない明るさで
なかなかであったAZワゴンRのポジション球。
ですが、2年を待たずに球切れが…
まぁ値段よりは頑張ってくれたでしょう。
2014blog-1245.jpg新規に購入するのも、なんだかなぁ…ということで、在庫からどうにかしてみます。
これはシリコンハウス共立などで売られている3LEDのT10ウエッジ球。
3LEdは実用性に乏しいので、これを全バラして…
2014blog-1246.jpg6LEDの基板に据えます。

電流制御は定電流ダイオードを新規に装着。
2014blog-1247.jpgテスト。

おお、ちゃんと点いた。
2014blog-1248.jpgT10のソケットに仕込んで更にテスト。
2014blog-1249.jpg右ヘッドライトに仕込んで更にテスト。
指向性が真ん前だけなのでリフレクターを照らさないので
その辺りは寂しいですが、まぁ車検が通ればいいか

ちなみに夜見ると…これ…思ってたよりかなり明るいです
2014blog-1250.jpgこの車、左ヘッドライト裏側の整備性はあんまり考えられていないようで
バッテリとヘッドライトの薄い隙間になんとか手を入れて体を捻ってなんとか…
手が傷だらけになるのであんまりお勧めできません。
バッテリーを外すのも現実的ではないですし…
当方の個体はここにHIDのリレーなどが入っているので尚更です。
 
  1. 2014/04/23(水) 00:02:05|
  2. AZワゴンR

AZワゴンR 静音化を試みる-XETORO吸音シートをボンネットに

2014blog-1235.jpg先日、東急ハンズでさんざん暇つぶしをしつつ
いろんなものにヒントをいただいてまいりました。

で、当方はホビーやツールの心斎橋店6階に興味が尽きないわけですが、
そこでこんなものを見つけました。
2014blog-1236.jpgその名はXETOROことゼトロ吸音シート。
何やら新幹線や自動車にも使用されているらしい。

良い機会ですし、たんまり貯まったポイントカードで
買ってしまいました。
2014blog-1237.jpgそう。ボンネットにインシュレーターが無いAZワゴンR。

これに吸音シートを貼り付けて静音化を試みます。
何にしてもNA3ATなので高速道路で非常に煩いんですよね
2014blog-1238.jpg本当に鉄板だけ、二重になっていないところは筒抜け状態。

それにしても、ボンネットに吸音材を貼り付けるだけで車内も静かになるのでしょうか
高級車はもちろんのこと、当方のJB32にも貼られていたりするんです
2014blog-1239.jpg覚え書き。

ここにも吸音シートが貼られるので、そのうちテプラで
同様の記述を作成して貼っておきましょう。
2014blog-1240.jpg吸音材というと、グラスウールが有名ですね。

マフラーのサイレンサーなんかにも詰められていて
その性能はさすがなものです。
2014blog-1241.jpg極端な話、こうやってボンネットを閉めて効果が出れば
やり甲斐もあるのですが…

アイドリングではさほど変化は感じられませんでした。
2014blog-1242.jpgまぁ良いでしょう、貼って走ってみないとわかりません。

ちなみに、このMC系ワゴンRには「ワゴンRスペシャル」と呼ばれる
車内の静粛性を高めた特別仕様車が存在したのですが、
それの吸音材はいったいどこに使われているのでしょうか?
2014blog-1243.jpgこうやって、一重になった部分に吸音シートを貼り付けて…
2014blog-1244.jpg完成。

え、けち臭いって?まぁ少しずつ様子を見ながら…ということで。
この車、バルクヘッドからの騒音が大きいようで、この辺りをどうにかしないと
抜本的な改善は見られないと思われます。
 
  1. 2014/04/22(火) 00:58:31|
  2. AZワゴンR

再び、あべのハルカスへ(下)

2014blog-1215.jpg西を望む。
いやー、霞んでます…

遠くは見えませんが、それはそれで良い雰囲気か
2014blog-1216.jpgヘリコプターが飛んでいます。報道なのか、遊覧なのか。

PowerShot Pro1で捕まえます
2014blog-1217.jpg近くから「えー?てんとう虫??なんで?」と誰かが驚いている

そんなんおるわけ無いやろ…と思ったら!!
本当にナナホシテントウムシがへっぱりついていました!!
なんでこんなところにてんとう虫が!?300m近くですよ?
自力で飛んできたのか??
2014blog-1218.jpgベイエリアを眺める。

盛大に霞んでいます…霞んでるとAF(オートフォーカスね)も
盛大に迷ってしまいます。
2014blog-1219.jpg電車を発見!!

南海の特急「こうや」30000系ですね
もっと高倍率のレンズを用意して捉えてみたいですね

ちなみに、このPowerShot Pro1にも純正テレコンが存在したそうな。
2014blog-1220.jpg南。

阿倍野墓地が巨大なことに奥さんが驚いていました。
2014blog-1221.jpg北。

良い感じで暮れてきましたよ

…この言葉、前回も使ったような
2014blog-1222.jpg60階から58階を望む。

背景は遠く離れた地上。こう撮っても良い感じ。
2014blog-1223.jpg西。

遠方はやはり見えませんが、それでもなかなか楽しいです。
2014blog-1224.jpg前回の登頂時には無かった、あべのハルカスのゆるキャラ「あべのべあ」と
東京スカイツリーのキャラクター「ソラカラちゃん」のコラボ。
高い物同士、東西でタイアップしています。

そういえば、大阪に存在する名だたる高層ビルことコスモタワーやゲートタワービルは
こういったキャラクターを持っているのでしょうか?
2014blog-1225.jpg…確かコスモタワーは松本零士氏の作品が
キャラクターとして設定?されていようなのですが、
大阪府に売られた時点?(要検証)で無かったことにされているようです。

りんくうゲートタワービルは、現在展望台は閉鎖されている模様。
コスモタワーの展望台は510円で入場できて、カップルシートなんてものまであるようでして
イチャイチャキャッキャウフフしたい人は是非こちらを…
2014blog-1226.jpgルシウス像はまたどこかに移動し、全国行脚しながら

展示されるのでしょうか?

さて、今日はこれくらいにしておきましょうか。
地上に戻りましょう。
2014blog-1227.jpgふぅ…やっぱり高いところより地上がいいや。
高所恐怖症だし
天空の城ラピュタでもそういう台詞がありましたね。

土に根を下ろし 風と共に生きよう
種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう
2014blog-1231.jpg阿倍野で夕食を済ませ、難波に向かいます。

向かいのホームにやってきたのは!!!
まだこれ走ってたんですね。110周年のリバイバルラッピング車!!
2014blog-1232.jpg是非ともこちら側のホームに据えられた姿を撮りたかったのですが、

一人じゃないし、早いこと帰宅したかったので、ここは涙をのむことに…
2014blog-1233.jpg2013年9月から運行しているこの列車ですが、
約1年間はこの姿だそうでして…

いつかは真面目に撮りに行かないといけませんね。
 
  1. 2014/04/21(月) 00:43:26|
  2. 国内街歩き・地元記事

再び、あべのハルカスへ(上)

2014blog-1228.jpg京橋にてコーヒー休憩を楽しんだのち、
移動を開始します。
長堀鶴見緑地線に乗ります。
70系も修繕や機器更新を受けた編成が存在しますが、
まだ画像のような二段式表示機を持った運行開始当時のままである車輌も多いです。
2014blog-1229.jpgわざわざ発車時に”Linear Motorcar 7000”の表示を出すこの二段表示、
大阪市内の名所を通る際に、3色LEDで必死こいてグラフィック表示を
させるのがバブルとフューチャー感全開で素敵だったのですが、

…近頃、ROMが改修されたのか、全然出現しませんでした…
2014blog-1230.jpgちなみに、機器更新後のLED表示は普通の1段表示のドットマトリクスと
路線図表示の構成となり、当然ながらグラフィック表示はできなくなっています。
ちょっと寂しいですが、花博が開催されたのが1990年。
製造からすでに24年も経過しているわけで、補修部品の調達などにも
難があったりするのでしょうか。
2014blog-1205.jpg天王寺・阿倍野にやってきました。

今回は奥さんを連れてのハルカス登頂ですが、
4月より予約なしでも入場できるようになった展望台。休日はちょっと
混雑しそうなので、平日を狙っていくと…並ぶことなく入場券が買えました。
2014blog-1206.jpg下層階のエレベーター待ちもこんな感じ。

一便待ちで乗れました。
2014blog-1207.jpgこちら側のエレベーターはシースルー。

下層階用ですが、これも結構速いです。
2014blog-1208.jpgそして、前回のように高層階用のエレベーターへ。

扉に背中を向ける演出、光の帯も変わらず。
2014blog-1234.jpgというわけで…

この日(4/17)は、雨が長きにわたって降っていないのと
PM2.5などが飛散し、視界は最悪と言っても良い状況。

ですが、わざわざ登頂したのはこれのため。
映画「テルマエ・ロマエ2」のプロモーションで設置された
同作品の主役ルシウス・モデストゥス像。
2014blog-1210.jpg精巧に再現された阿部寛がポーズをとっています。

あべのルシウスと名付けられていますが…やっぱり
あべのルシアスにおいて欲しかった…プロモーションとはいえ
2014blog-1209.jpg

ついていません。女の子です
2014blog-1211.jpgああ、霞んでいます

まぁ仕方あるまい。前回の来訪時が凄すぎたようで…
たしかあの日は雨の後で、風も強かった。
2014blog-1212.jpgあべのマーケットパーク・キューズモールの屋上。
何かといろんなお店が入っていて楽しい場所ですが、
屋上に色々と文字が描かれています。

これ、あべのハルカスが建造されている途中(GoogleMapで見れます)では
描かれていなかったので、ハルカス300に合わせてのものでしょう。
2014blog-1213.jpgハルカスからはるかを捉えます。

ライバル?であるラピートが真っ赤になってしまって
私も是非押さえておかないといけない事態になりました。
2014blog-1214.jpg天王寺公園。

実は今まで行ったことがありません。
暑くなる前に行ってみましょう。

後編があります…続く
 
  1. 2014/04/20(日) 00:40:29|
  2. 国内街歩き・地元記事

造幣局 桜の通り抜け 2014年最終日に見て参りました(下)

2014blog-1191.jpg造幣局を通り抜けると、そこには銀橋が今日も佇んでいます。
ズラリと並んだリベット。これを一つ一つ打ち込んでいく作業は
気が遠くなりそうです。

近頃はどんなものでも熔接しちゃうのが標準のようで、
水管橋で締結用のボルトが見当たらないようなものも…
2014blog-1192.jpg架橋されたのは昭和5(1930)年。

…あと10年少々で100年の月日が経とうとしています。
ちょうど阪堺電気軌道のモ161形辺りと同期ですね。

これ以外にも、道路橋という構造物は長寿のものが多い。
大阪市内にあったそれの多くは河川の埋め立てや暗渠化で姿を消しました。

そういえば、此花区に存在した古い橋たちも
正蓮寺川の埋め立てに伴い、近頃その役目を終えることとなったのです。
2014blog-1193.jpg遊覧船が行き交う川面、遠くを見れば大阪城。
最高のロケーションです。

市内に住むならこの辺りがいいなぁ。
対岸はド派手なディスカウントストアやオトナのファッションホテルが
立ち並んでいたりしますが・・・
2014blog-1194.jpg造幣局から道路を挟んだ反対側に、何やら興味深い建物が。

泉布観という名前で、造幣局の応接室として建てられた
洋館のような建物です。2階を一周する歩廊。
ロミオとジュリエットごっこができます。
2014blog-1195.jpg桜ノ宮公会堂(旧)。これもまた造幣局の正面玄関として建設されたものとのこと。

なんで道路を挟んだ向かいにあるんだ?となるわけですが、単に移築されたようです。
現在も、迎賓館としての役割を果たしているようで、小学校の同窓会が
ちょうど行われていました。
2014blog-1196.jpg都会の中に緑の癒やし。

大阪市でも大阪城より少し北東側、この辺りは特に街並みがきれいなので
当方はお気に入りです。
2014blog-1197.jpgうーむ、都会にいる感じが良い感じで薄れていきます。

公会堂の裏手はちょっとした庭園になっていまして、
モデルさんを使用してのちょっとした撮影などにも使えそうです
2014blog-1198.jpg引き続き、PowerShot Pro1が続投です。

写りは文句なしなので、これでもうちょっと液晶が高解像度大画面で、
撮影レスポンスが良かったらなぁ…
近頃のカメラはこの辺りの進化も凄いんですよね
2014blog-1199.jpg庭園なので、ちゃんと池には鯉もびっしり泳いでいます。
2014blog-1200.jpg全景。綺麗に手入れされています。
2014blog-1201.jpg巨大な石灯籠と池を絡めて。
小さな池ですが、鯉は元気。それにしても数が凄い。
この魚、こんな環境でも平気な辺り、生命力が相当凄いんでしょうね…
2014blog-1203.jpg現在の造幣局。

建物としては普通なRCコンクリート製といった感じですが、
これはこれで、結構ビンテージ物の風格が漂っています。
2014blog-1202.jpgさて、次なる目的地のために、
地下鉄バス乗り継ぎを駆使して
京橋に向かいましょう。
2014blog-1204.jpg大阪駅から鶴見を結ぶ36号系統。
本数が多いので(5~6本/h)、十分に活用できます。

ちなみに京橋は目的地ではなく、ティータイムのためなのです。
まだまだ続く。
 
  1. 2014/04/18(金) 23:36:04|
  2. 国内街歩き・地元記事

造幣局 桜の通り抜け 2014年最終日に見て参りました(上)

2014blog-1173.jpg夜勤明け。
眠い目をこすって心斎橋の東急ハンズへ。
おつかいで使用したポイントカードにたんまりとポイントが貯まっていたので
当方が必要なものを大量に買い込んでしまいました。
何にしても、普通のホームセンターには無いものが結構多く、
財布…というかポイントカードの紐がユルユルに緩んでしまいました。

主にCB50Sの改善に使用するものが多いので、早いこと尻を叩いて
仕上げていきましょう!!
2014blog-1174.jpgさて、17日は毎年恒例、造幣局・桜の通り抜けの最終日でした。

良い散歩になるだろうと、奥さんを誘って行ってまいりましたよ天満橋。
入籍する前に一度行ったことがあるようなないような、うーむ
2014blog-1175.jpgもう桜餅のようになっている木が多いです。

桜の花の散る早さ。いやー、儚いもんですが、これが年中咲いていても
それはそれで飽きてしまうのでしょうか
2014blog-1176.jpg今回のお供は懲りずにPowershot Pro1です。

レンズ前玉強引分解掃除をこなしてからも、結構良い感じで写ってくれるので
近頃は携行することが多いです…が、これももう10年以上前のカメラなんですね。
2014blog-1177.jpg近頃、グランフロント大阪にあるパナソニックセンター大阪に
色んな物を見に行く機会があったのですが(ただの冷やかし)
ミラーレス一眼が大量に展示されているLUMIXブースがありまして、
ちょっと触ってみたのですが、コンパクトな奴でもいい写りと操作性の良さを
持ち合わせているんですよね…この手合の進化は速いです。
2014blog-1178.jpg最終日にも開花が間に合わなかった木もあります。

これもちょっと儚いですね
2014blog-1179.jpg木全体が緑色になっていて、ああこりゃもう葉桜だな…と思ったら、

なんだか様子がおかしい。
2014blog-1180.jpg御衣黄という品種で、花びらが…元々こんな色の品種のようです…

なんじゃこりゃ!!
2014blog-1181.jpg平日ですが結構な人出。年配の方が圧倒的に多いですが、ファミリー、
カップル、カメラ女子、カメコ、中国人の団体、白人もアラブ系も
結構インターナショナルな空間でした。

大概、人が多いのは入口近辺と今年の品種だけで、中央部分を越えると
それなりに歩きやすいです。
2014blog-1182.jpg品種はこういう手合のものが殆ど、これもまたソメイヨシノ以外で

勢揃いさせたような、ちょっと風変わりで魅力的なラインナップ。
2014blog-1183.jpgちなみに…ここは造幣局です。

調べてみたのですが、中央に本局が無いようで、この大阪のものが
本局となるようです。もうここでは貨幣を造ってないんだろうなと思っていたら、
今でもバリバリ操業中のようだ。
2014blog-1184.jpg植込みの芝桜。

なんだか、これが一番綺麗に咲いているようにも見える?
もうちょっと早くこないといけませんね…
2014blog-1185.jpgいつもは桜の通り抜けでしか来ることがないこの近辺ですが、
この施設、見学ができるようで、硬貨を製造している模様も
見ることができるようだ。
ちなみに、少人数で申し込むと、団体さんご一行と混ざっての見学となるそう。
2014blog-1186.jpg過去に使用されていたであろう硬貨製造用の機械と共に。
2014blog-1187.jpg桜にだけ陽光が掛かって良い感じ。

Pro1は相変わらず露出が合わせにくいじゃじゃ馬のような
カメラでして、設定を合わせるのがちょっと億劫です。
この辺り、やっぱり一眼レフなんですよね…
2014blog-1188.jpgこの造幣局大阪本局、何にしても歴史の長い施設のようで

創業初期は施設内でガスを製造して、そのガスで灯具を灯し、

周辺の住民からは煌々と灯るその明かりは非常に珍しがられたそうです。
2014blog-1189.jpgこの施設ではあんまり見負けない?枝垂れ桜。
2014blog-1190.jpg桜の通り抜けの由来を記したプレート。
ステンレス製なので綺麗に写せませんでした…

後編に続きます。
 
  1. 2014/04/17(木) 23:26:39|
  2. 国内街歩き・地元記事

変態なオトナの休日リターンズ・おまけ 近頃のマイブームは笑福のつけ麺

2014blog-1156.jpg交通科学博物館に別れを告げて、

次なる有意義な暇つぶしに向かいましょう。
2014blog-1157.jpg続いて、バスからの乗り継ぎを活用して

本町にやってきました。出口は一番西側にあるもの。
2014blog-1158.jpgここ本町の西側では、四つ橋線と中央線を繋ぐ連絡線の工事が進んでいます。
営業用に供するものではなく、中央線や千日前線、谷町線の車両を
四つ橋線に送り込み、住之江は緑木にある車両工場に入場させるための
線路となります。
2014blog-1159.jpg四つ橋線は御堂筋線のバイパス線、御堂筋より西側の需要に応える役割以外に、

工場への入庫線としての重要な役割が加わることとなります。
2014blog-1160.jpgまたしても散歩です。

交通科学博物館で満たした心、そしてその分減らした腹を
ガッツリ満たしましょう。
2014blog-1161.jpg本町の西側とはいえ、もうなにわ筋が見える辺り。

御堂筋線の本町からはかなりの距離となります。
2014blog-1163.jpgはい、到着。

黄色い看板のガッツリラーメン屋が大好きな当方ですが、
まぁこの調子だと良い死に方はできないでしょう…
でもまぁ、先のことはいいや。美味しいものをガッツリ食べて
ポックリ逝ければ本望です。毎日を有意義に生きましょう
2014blog-1162.jpg数回訪れて、その都度記事にしてきた笑福ですが、
つけ麺を食べている人が多く、ちょこっと見てみると
これが結構美味しそうなんですよ。
2014blog-1164.jpgというわけで注文。
ニンニク、アブラ、ヤサイチョイマシです
猫舌な私は冷盛りを選択。
2014blog-1165.jpgうーむ、プリプリの麺にアブラニンニク

たまらんね~
2014blog-1166.jpg出汁はもうコテコテの魚介系。これが甘味辛味旨味で素晴らしい!!

これはいいぞ!!何度も通ってしまいそうだ!!
2014blog-1167.jpgうーむ!!これはヒットだね!!また来よう。

お、あれは阪神高速環状線を走っていると見えてくるアレじゃないですか。
「さぁ ステンレスの時代だ」日本冶金工業ですね。

ちなみに何をしている会社かは知りません…調べてみよう
2014blog-1168.jpg簡単に言うと、原材料からステンレスを生産・出荷する
ステンレス鋼の専業メーカーとのこと。

身近なブランドでは、NASことナスステンレスが有名でした。(現在は全株式を譲渡済)
2014blog-1169.jpgで、この広告塔があるビルに
日本冶金工業が入っているのかと思っていたのですが、

東亞ビルというらしい。あんまりYAKINって感じでもない。
2014blog-1170.jpgテナントには

おい、日本冶金工業は入ってないじゃないか!!

調べてみると、日本冶金工業の大阪支店は高麗橋、
要は淀屋橋近辺にあるそうで…
2014blog-1171.jpgまぁいか、いつもは高速道路からしか見ることがなかったビルを
間近でみることができたんだし。

東亞ビルの隣、大阪府商工会館からの入り口はヒゲ文字でした。
大阪市営地下鉄の案内におけるこの字体の残存率は異常です。
2014blog-1172.jpg駅構内も広く、駅数も多いので、美装化がなされていない駅には
時代を感じさせるサインが結構多く残っています。
これなんか80年代バブルの匂いがプンプンしますね

さて、3月22日の記事はこれで完了。
昨日は4月1日の記事ですし…私はいったい何時の時代に生きてるんだ…
 
  1. 2014/04/16(水) 00:15:15|
  2. その他

新緑のみさき公園 観光灯台へ

2014blog-1133.jpg4月1日。
この日は休みでしたので、庭でバイクいじりです。
とにかく動いていないバイクが多すぎるので、暑くなるまでには進めたいものです。

奥さんは桜でも見に行こうかと、みさき公園の年パスを持って散歩に出かけました。
2014blog-1134.jpg半時間後…
家族連れとカップルばかりで肩身が狭いとの連絡が。
当方もバイクいじりを中断し、支度して出発です。

ちょうど、桜が満開の時期、いい写真が撮れるかなと期待しての出発です。
2014blog-1135.jpgカピバラさんの前で合流。

今日もマッタリしてます。これがネズミだなんて…
2014blog-1136.jpgさて、今日の課題は「散歩」です。いつもは面倒臭がって登りたがらない

奥さんの尻を叩いて、観光灯台に登りましょう!!
2014blog-1137.jpgよくわからないはに丸くんやヒンベエを横目に…
2014blog-1138.jpg小道を数分登りつめると…
2014blog-1139.jpg意外と早く、観光灯台に着きます。

元々、観光灯台の登り口辺りで結構な標高になっているので
さほどの高低差は無いのでしょう。
2014blog-1140.jpg到着。

あくまでも観光灯台なので、点灯は今までしたことはなかった様子。
1階は灯台にまつわる資料が展示されています。
2014blog-1141.jpg展望台への階段から。

この日はちょうど満開、今年の桜はサッと咲いて気がつけば散っているような
印象でした…愛宕山には行く暇がなく、撮影ができませんでした…つつじは撮ろう
2014blog-1142.jpgもう一枚、観覧車とも絡めて。

本日の機材はEOS KissNとEF50-200 1:3.5-4.5LとEF17-85のISです。
2014blog-1143.jpg結構大きなクレーン船。
これの排気が風に乗って我が家敷に飛んできていたようで、
たまに頭がクラクラするようなディーゼル臭がしました…
車の排気は規制につぐ規制で浄化されたようですが、船舶は基本的に
そういう規制がないのでしょうか。
2014blog-1144.jpgクレーン船は、このあたりの海岸に大きな石を転がして
護岸するための作業をしているようです。
大きめの砂利が転がる浜であった長松海岸は、大きく姿を変えようとしています。
2014blog-1145.jpgクレーン船は作業を終えた様子。

手前にオイルフェンスが浮かべられています。
2014blog-1146.jpgタグボートに押され、海岸を離れていきます。
2014blog-1147.jpg17-85で遠景を撮る。周辺減光が目立ちます。
50-200の方は無限遠が出ないという事態。

うーむ、機材たちも満身創痍です。
2014blog-1148.jpgクレーン船をもう一枚。

どこの港に帰るのでしょうか。
2014blog-1149.jpg双眼鏡。ちゃんと稼働するようで、親子連れが楽しんでいました。
2014blog-1150.jpgさて、そろそろ閉園時間が迫ってきましたので、下山しましょう。

鳥舎が面白そうなので寄ってみます。
きれいな孔雀。50-200で切り取ります。
2014blog-1151.jpg羽根を広げた状態だけ撮っても…とうわけで、

普通の鳥の姿も…
2014blog-1152.jpg餌をつついています。

普段の生活で、この羽根は邪魔ではないのでしょうか?
2014blog-1153.jpg動物のちょっとした一瞬を切り抜くのも面白いですね。

当方、鉄撮りではイマイチなのですが、こちらは動きも遅いので
焦らずに撮れます…まぁのんびりした動物に限りますが…
2014blog-1154.jpgこれ絶対入ってるよね
2014blog-1155.jpgまぁなんだ、春なんだし、ね

それにしても、50-200が具合悪いのは参ったな…
 
  1. 2014/04/14(月) 22:28:14|
  2. 国内街歩き・地元記事

大阪駅前第3ビルにある展望台

2014blog-1113.jpg天気の良い休日。

今日はとある番組の公開収録に参ります。
結構面白そうなので楽しみなわけですが、まずは腹ごしらえですね。
2014blog-1114.jpg天下茶屋です。
この画像のルート、天下茶屋駅から国道26号線の直下にある
四つ橋線の岸里駅への乗り換え最短ルートなのです。

今日行くお店の前も、これでもかというくらいに通っているのですが、
今まで何の店かすら考えすらせずに通りすぎていました。
2014blog-1117.jpg洋食屋さんでした。いやー、天下茶屋周辺で探してみたところ
ここが見つかったのです。
その名はRevo。
看板の色からしてフランス料理のお店かと思っていました。

休日の午後、お店は満杯でしばし待ってからの入店です。
2014blog-1115.jpgランチメニューのとんかつを注文。
ジューシーなお肉、当方はおろしポン酢で楽しみます。
うむ、これはいい。そろそろ歳なのでソースコテコテより
あっさりポン酢で楽しみたいですね
野菜もみずみずしく、美味しいです
2014blog-1116.jpg奥さんは更にあっさり塩トンカツ。

確かに、塩が乗っているのがわかる。
それにしても、なにげなく通っていた場所にあるお店が
こんな美味しいランチを提供していたなんて…
2014blog-1125.jpgさて、そののち公開収録を楽しみ、グランフロントをうろついてから
梅田にやってきました。

公開収録の番組名は、うーむ…書かないほうが良いのかもしれませんが、
関西制作(そりゃそうだ)のバラエティ番組でした。
いやー、ああいう番組って殆どカット無しで撮っちゃうんですね
一時間番組を2時間近く掛けて撮るので、結構放送されない部分があるのでしょうか。
2014blog-1118.jpgスタバで一服して、このあとで行くところを考える。

あべのハルカスは先日行ったところだし、まだ土日は混雑もひどいでしょう。
ということで、他に入れる展望台を訪れてみましょう。
2014blog-1119.jpgというわけで!!

大阪駅前の名物ビルこと大阪駅前の三男坊、
大阪駅前第3ビルにやってきました。
2014blog-1120.jpgこのビルは4つある大阪駅前ビルの中でも一番高く、
その最上階層には展望台があるらしいのです。しかもタダ。
これは行くしか無いですね。

ちなみに、B1からは直接展望台がある階層には行けません。
2014blog-1121.jpgまずは低層階用エレベーターで18階まで行きましょう。
2014blog-1122.jpgうーむ、天井が低いでのでなかなかの雑居ビル感。

入ってるテナントもなかなかのカオスぶり。
2014blog-1123.jpg高層用エレベーターに乗り換えます。
休日だしなんだか閑散としてそうなのですが、なんだか小綺麗な格好をした
女子が多いです、なんだろう
2014blog-1124.jpg33階。
確かに展望台がありました。これは東側を望んでいます。

なんだかえらい行列のあるお店があったのですが…どうやらお見合いパーティの会場があるようで…
意外や意外、結構カワイイ女の子も多かったのですが、私も…飛び入り参加したかった
※あとで調べてみたのですが、参加資格を得るための年収が足りませんでした
2014blog-1127.jpgこれは西側。

そう。東西にしか展望スペースは無く、南北は店舗などのスペースになっているのです。
是非とも南側、あべのハルカスなどを見てみたかったのですが、
お店で料理を楽しみつつでないとそれは叶わないようです。
2014blog-1128.jpg展望スペースは全景。

70年代の雰囲気をそのままに残しています。
天井に天の川のように埋められた電飾は残念ながら点灯していないのですが、
まぁ、点いてたら点いてたで映り込みが酷くなるのでこれで良いのかもしれません。
2014blog-1129.jpgPowershot S90でも撮ってみます。

そしてシェアする写真術からいただいたEye-Fiカードで
スマートにスマートフォンへ転送。こりゃ便利。
2014blog-1130.jpgさて、そろそろ次の行程に向かいますので

降りるとしましょう。
2014blog-1131.jpgこのエレベーターの階層表示ですが、

9や8の中抜きの部分、意図的にズラして貼っているのでしょうか…
2014blog-1132.jpgこのエレベーター、古いはずなのですが結構速い。
あっという間に地上まで点いてしまいます。

この界隈、テレビなどでもよく紹介されるので知られたことではあるのですが
魅力的なお店が多いので、是非またお散歩したいもんです。
お見合いパーティ…行ってみたいなぁ…
 
  1. 2014/04/13(日) 22:32:08|
  2. 国内街歩き・地元記事

なぜかEye-Fiカードが付いてくるお得本"カワイイ”をシェアする写真術 入手しました

2014blog-1094.jpgこの本の存在を知ったのは、2chにおける、当方が使っている一眼レフのスレッド。
液晶が小さくてプレビューが難しいこの機種ゆえの悩みを、何故かこの本で解消できる
…らしい。

調べてみると、この本、内容は女子カメラ入門書のようなものなのですが、
付録がありえないようなものらしく…
2014blog-1095.jpgdocomo向けにデリバリーされているEye-Fiカードが付録で付いてくるのです。
で、価格がEye-Fiカードを単体で買うより安い(税込み1,944円)という、
なんだかよくわからない状況になっていまして…

故に、アマゾンさんではすぐに在庫が払底し、今はマーケットプレイスでボッタクリ値でしか
流通していない様子。

それにしても、分厚い本です。探される際はすぐにみつかるでしょう。
2014blog-1096.jpgで、当方も是非入手…と思ったのですが、都会の本屋の在庫検索ではサッパリ
出てこずでして…で、ある夜勤明けのある日、思い立って難波(湊町)のジュ○ク堂へ。
在庫を検索できる端末機で、カワイイヲシェアと打つと…2冊あるらしい。お、やった!!と
書棚を探すも見つからず。結構女子向けのカメラ本ってあるんだなぁ…

今度は端末で詳細を印字して(そういうことができる)おねえさんに聞いてみます。
「あー、その本もう無いんですよ…今ある分も取り置きでして…」
2014blog-1097.jpgもし、ジュ○ク堂爆破事件や立てこもり事件があったら、犯人は私と思っていてください…
なんたる辱めよ!!40近いおっさんが恥辱を覚悟で”カワイイをシェアする写真術”の行方を
尋ねたというのに!!2冊の在庫に希望を託していたのに!!

で、結局ジ。ンク堂梅田茶屋町には多数在庫あり、千日前店にも1冊あるということで
一縷の望みを託して訪れてみたところ、最後の一冊を入手することができました。
2014blog-1098.jpgで、この本の分厚い部分は、その殆どがEye-Fiカードを収める箱の為に
割かれていた様子。結構かさばりますので、荷物の少ない日に買って帰りましょう。

開梱すると、このように紐付けIDが書かれたカードと、4GBのEye-Fiカードが
収まっています。
2014blog-1099.jpgdocomo用のカードなので、Playストアでそれ用のアプリを落としてきて、
認証させるだけのようです。

ちなみに、調べてみたところ…他キャリアのものやiPhoneでもやり方しだいで
紐付けは可能なようです。
2014blog-1100.jpg
それでは、アプリを落とします。

ちなみに…屋外です。場所は住之江公園です。歓送迎会までの暇つぶしに
怪しいおっさんがベンチでチマチマと写真を撮りながら作業しています。
2014blog-1102.jpgアプリを起動。

簡単に設定できるよう、チュートリアル形式になっています。
2014blog-1103.jpgカードの裏に書かれている数字を打ち込んで…
2014blog-1104.jpgアドレス(Gmail推奨)と

パスワードを入力。

これだけでOKです。非常にイージー。
2014blog-1106.jpgそれでは、手持ちのカメラのカードを交換。

容量は半分になりましたが、楽しみは2倍です!!
2014blog-1107.jpgちなみに、付録のEye-FiカードはSDHCになるので、当方が所有している

古いデジタルカメラのSDカード機では使うことは不可能でしょう。
一応、Eye-Fiには2GBのものも存在するので、これを使うしかないか
2014blog-1109.jpg電話のWi-FiをONにしておき、待機状態に。
2014blog-1108.jpg写真を撮る。
2014blog-1105.jpg
少々のタイムラグを経て、電話と紐付けされて

画像が送られてきます。おお、これはすごい
2014blog-1101.jpg
画像は、新しく作られた”EYEFIRCV”フォルダに収納されます。

うむ、この画像…モザイクかけてもオボちゃんが判別できる…
ちょっとおもちゃにさせていただきました。
2014blog-1110.jpgさて、付録の方ばかり取り上げて、本体である冊子のことを書いていませんでした…

アマゾンさんのレビューを見ると、本の内容などどうでもいいとか、読む必要は全くないなど
大概酷いことが書かれています。
いや、あくまでもEye-Fiはおまけで、母体は本なんだ、ちゃんと読まないと。読まないと…

うーむ…おっさんにとって読破はちょっと辛い。女の子がカメラ女子を目指し、付録のEye-Fiを活用して、
楽しい写真ライフをシェアする本なのです。こんなおっさんが買ってしまったことにおける
罪悪感が…
2014blog-1111.jpg表紙の女性は田中美保さんというモデルさんでして、
屋敷にて当方がこの記事を書いている際のサムネイルで奥さんが気付いて
驚いてしまいました。ショートヘアのセンスが良くて昔からお気に入りだったそうな。

曰く、この本を読めばカメラ女子になれるかなぁ、とのことだ。
ぜひ読んで、色々とカメラのこと、撮影することの楽しみをシェアしたいもんですね。

2014blog-1112.jpg
さて、そろそろ宴の時間です。面白いおみやげネタもできたわけですし
楽しむとしましょう。

住之江公園では白いパンジーとチューリップが咲き乱れていました。
 
  1. 2014/04/12(土) 10:41:09|
  2. カメラ-コンデジ

Prius DH73N/DH73P2はWindows 7でも外部入力の夢を見るか

2014blog-1075.jpg晴れてWindows 7へのアップデートが完了した
当方のPrius DH73P2。

使用した感じ、やっぱりマシンパワーはちょっと追い付いていない感じで
xpよりかはもっさりする場面があります…
2012blog-036.jpgで、当方の個体で重要なのが、ゲームのモニター替わりであるということ。

AVパソコンを売りとしていた日立Priusにとって、ハードウエアエンコードの
チューナーと、それに付帯した外部入力、これが重宝していたのです。
2014blog-1077.jpgまぁ、駄目なら駄目で1階のパソコンもPrius AW35W5Tにすれば良いのですが
その前にやれることはやってしまいましょう。
以前、AW35W5Tに無理くりPrius Navistationを放り込んだ時のように
今回ももがいてみます。

まずはテレビチューナーのドライバー。これは左画像のページに収まっています。
http://prius.hitachi.co.jp/support/verup/prinvi.htm
「PIX-MPTV/P6W」アップデート バージョン 1.1.58.0
http://prius.hitachi.co.jp/support/verup/t_2005may/pixela_6w.htm
2014blog-1078.jpg手順通りにファイルをダウンロードして、手順通りに
ドライバをインストールするだけ、。至って簡単。

デバイスマネージャで「不明なデバイス」となっているPCIに刺さっている機器に
ドライバを当ててやるのです。
2014blog-1079.jpgダウンロードしたドライバは展開すると「C¥Drivers¥TVTUNER」に

勝手に入るようになっているので、その場所を指定してやると…
2014blog-1080.jpgこのように、ニュルニュルとドライバーがインストールされる。

ここまで来れば、とりあえず一つの関門を越えることができます。
2014blog-1081.jpgOK、インストール完了。
2014blog-1082.jpg続いて、上記ページのPrius Navistation 4.41Dを入れてみましょう。
2014blog-1083.jpg蹴られました。

これは確かAW35W5Tの時も同じだったはず。
2014blog-1084.jpgならば、AW35W5T同様、Vista用のPrius Navistationを入れてみましょうか。

画像(キャプでなくてスミマセン)を読んでいくと、一旦Prius Navistationはアンインストール
する必要があるので、要はマッサラの状態で全部持ってこれるということ。
これは便利なアプリですね。
日立はコンシューマ向けパソコンからの撤退まで秒読みだった時期。
よくぞこういうのを作っておいてくれていたものです。
2014blog-1085.jpg「Windows Vista アップグレード用 Prius Navistation アップデート」
http://prius.hitachi.co.jp/support/verup/t_2007feb/prinavi45d_p.htm

ここからまさしく神アプリであるVista用のPrius Navistationを落とします。
「※Prius N/Pシリーズ(TVモデル)でもご利用になれます」というのがお味噌。
要はDH73/75Nや当方が使用しているDH73P2でも使えるのだ!!
2014blog-1086.jpgとなると、特に裏ワザでもなんでもない
動作が推奨されるアプリとなります。

AW35W5Tで使用した時は、Prius Navistation5へのアップグレード踏み台として
利用したような気がします。
2014blog-1087.jpg無事、インストール完了。
2014blog-1088.jpg新しいプログラムにもリストアップされています。
2014blog-1089.jpgそれでは起動。

地デジモデルではないのでソフトが暴走したり…は特に無いようで、静々と
チャンネル設定をパスします。
2014blog-1090.jpg特にUIには変更はなさそう。

アナログテレビなので、今や懐かしさすら感じさせる砂嵐が
ザーーーーーーーーーーー!!!と鳴り響きます。
2014blog-1091.jpgそれでは、外部入力に切り替える。

PS2を起動させると、おお!!画面が出てる!!
2014blog-1092.jpgちなみに、そのままの設定だとタイムシフトが動作するので
大幅な遅延が発生します。ゆえにゲームなどですと入力に対する
反応の遅さが非常にストレスとなるのですが、
これは設定でタイムシフトをOFFにできるので、容易に対処できます。
あとは全画面で引き伸ばし表示ができるので、それもONにすると…
2014blog-1093.jpgよっしゃー!!できたー!!!!!!

明日は仕事だが…ちょっとだけ、出発進行しましょう!!!
  [Prius DH73N/DH73P2はWindows 7でも外部入力の夢を見るか]の続きを読む
  1. 2014/04/10(木) 00:48:48|
  2. パソコン

さらばWindows xp Prius DH73N/DH73P2にWindows 7導入

 
2014blog-1054.jpg2009年に秋葉原のインバースで購入した
Prius DH73P2の本体。
液晶モニターは別途で用意して、それなりに使える性能と
クールなスタイリングに満足していました。
2014blog-1055.jpgですが…そう。この機種もまた、Windows xpでして、今日4月9日に
公式によるサポートが切れてしまうのです。
思えば2003年にPrius 770Eを購入してから、10年以上の付き合いとなります。
私のPCライフの傍には必ずと言って良いほどにWindows xpがありました。

フリーズと無縁の強靭さと豊富な標準ドライバのお陰で、本当に使えるOSでした。
2014blog-1056.jpgで、いずれや対策せねばということで、昨年くらいに購入していた

Windows 7 HOME Premiumのアップグレード版。
2014blog-1057.jpg32ビット版と64ビット版が選べます。
2014blog-1058.jpgでも、あれ?CDが64ビット版しか無いんだが…
2014blog-1059.jpgああ、こういうことか・・・確かに2枚あって、その下が32ビット版でした。
2014blog-1060.jpgそれでは、作業開始!!

アップグレード版でスマートな移行を狙います。
2014blog-1061.jpgsetup.exe起動。
2014blog-1062.jpg「互換性をオンラインで確認する」を選ぶと、Microsoft公式の、Windows 8.1への
アップグレードを検証するサイトに飛んでしまいます。
なんじゃこりゃ…Windows 7もすでに旧製品なのです。
2014blog-1063.jpg職場の端末もすべてWindows 7に更新が完了し、事務作業はすべて
Windows 7で行うようになりました。
最初はとっつきにくかったOSでしたが、いやー、これは良く出来てます。
xpからの移行であれば、さほどストレスは感じられないでしょう。
2014blog-1064.jpgさてさて、インストールですよ、アップグレードですよ。
2014blog-1065.jpg…え?

できないって…

調べてみると、アップグレードはVistaからしかできないそうです
一体何のためのアップグレード版なんだ…
2014blog-1066.jpg一応、データ移行をさせるアプリなんかも用意されているようですが、

面倒くさくなったのでCドライブことSSDにクリーンインストールします。
2014blog-1067.jpg今度こそだいじょうぶだろう…

これで駄目だったらどうしよう。
2014blog-1068.jpg最後のシャットダウン画面。

今まで本当にお世話になりました。

当方の人生の充実に多大なる貢献をしてくれたOSです。
2014blog-1069.jpgで、再起動・インストール続行となるのですが…

文字化けしてるよ…大丈夫かこりゃ
2014blog-1070.jpgそろそろ完了です。
Prius DH73にWindows 7は初めてなのですが、どうだろう。
ちゃんとデバイスは動くのか、Prius Navistationはいけるかな…
2014blog-1071.jpg数個のファイルが壊れていたようで、chkdskが働いています。
2014blog-1072.jpgよーし、起動するぞ!!
2014blog-1073.jpgおお!!Windows 7です!!
2014blog-1074.jpgキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
2014blog-1075.jpgなんにもアイコンがない!!
アプリもない!!設定もやり直し!!

これからの課題が山積みですが、これから6年はお世話になるんです。
じっくりセットアップしていきましょう。
2014blog-1076.jpgとりあえず、プロダクトキーを打ち込んで認証だけ済ましておきましょう。

これからはWindows 7でどこまで古いアプリが走るか、
今までどおりのことがこれからもできるか検証していきます。
 
  1. 2014/04/09(水) 22:33:53|
  2. パソコン

変態なオトナの休日リターンズ・食堂車と寝台車の見学ツアー 2

2014blog-1033.jpg展示ツアーにおいて、スシ28 301での滞在時間はだいたい5分くらい。
2014blog-1034.jpg小窓が2つ置きに並ぶ。

旧客(旧型客車)も通常営業を終えて相当経つのに
未だに好きな人が多く、冊子などの資料や
Wikipediaも非常に充実しているので、ちょっと興味を持ってしまうと
膨大な車歴や形態分類、改造などの履歴、そして静態・動態問わずの
保存などの現状などの情報の渦に巻き込まれてしまいそうです。
2014blog-1035.jpgその中で、架空の車内構造と形式車号を与えられたこの車両。

旧客マニヤにはどう捉えられているのでしょうか?
2014blog-1036.jpg調理室。

ここも覗いて撮影できる時間がもらえます。
2014blog-1037.jpg車内を降り返って。

車内での見学は2つの班にわかれるようになっています。
2014blog-1038.jpgもう一度厨房を。

質素な配置ですが、先日ドキュメンタリーで見た
トワイライトエクスプレスの厨房よりは広いような…
2014blog-1039.jpg今はなき国鉄高砂工場で昭和36年に改造を受けています。

この際に、交通科学博物館(交通科学館)への搬入に向けた
改造が行われたのでしょう。
2014blog-1040.jpg通路を通って、マロネフ59形に移ります。
なんだ、食堂車だけじゃなくてこっちも見れるのか。
これは嬉しいですね
2014blog-1041.jpgデッキの通風口。
2014blog-1042.jpgトイレット。やたら大きな採光窓で、車内はこの通りの明るさ。
2014blog-1043.jpg車内。

いわゆるプルマン式の寝台が収まっているのであろう、
濃木目の美しい曲面が昼間の移動もなんだか
優雅な気分にさせてくれそうです。
2014blog-1044.jpgこちらは寝台を解体した状態。

何にしても貴賓車レベルの車両。選ばれた人しか利用できないような1等・2等寝台。
庶民の長距離移動は、もっぱら座席夜行鈍行の時代です。
2014blog-1045.jpg…これは何だろう。

まったくわかりません
2014blog-1046.jpgマロネフ59形は、1等・2等の合造車でして、
こちらは本物のVIP車であろう1等寝台。

個室寝台となります。
2014blog-1047.jpg優雅な赤シート。

この辺りが変形して、ベッドに早変わりなのでしょうか
2014blog-1048.jpg更に、このようなソファまで備えています。

これは凄い…
2014blog-1049.jpg画像中央は暖房でしょうか。

これはさすがに優雅過ぎる…1等にふさわしい車内設備。
現代の高級列車こと「ななつ星in九州」より75年も前に
こんな凄い車両が存在していたのですね…
2014blog-1050.jpg見学ツアー終了。

いやー、ちょっとだけ退出を思いとどまって良かった。
今度こそ、思い残すことはありませんね。
2014blog-1051.jpg何度もこの記事で書いていることなのですが、
地下鉄中央線・大阪環状線と交通の要衝である弁天町駅からすぐにアクセスでき、
それも400円の低廉な料金で入場できる。更に第二展示場以外は
ほぼフラットフロアで構成されている館内。
特にこの辺りは親子連れにとっては便利だったのではないでしょうか。

京都に移り行くことで、既に交通アクセスの良さという一つのメリットが消えてしまいます。
まぁ、入場料は展示品も建屋も充実することであろうし、致し方ないところ。

しかしどこの鉄道駅からも遠いってのはなぁ…その辺り、新しい京都鉄道博物館では
どうなるのでしょうか?

とりあえず、2016年までは生きておかないといけませんね!!
そして流行りものに乗るかのように綴ってきた交通科学博物館の記事もこれにて
完了です。ありがとうございました。
 
  1. 2014/04/08(火) 00:16:01|
  2. 鉄ヲタ

変態なオトナの休日リターンズ・食堂車と寝台車の見学ツアー

2014blog-1018.jpg前回の記事でも書きましたが、
この食堂車ことナシ20は、新しい博物館でも
食堂車として洋食を供食するのでしょうか?
2014blog-1019.jpgさぁ、見るもん見たし、帰るか…

2014blog-1021.jpg

うーん、もうちょっと見ていくかぁ
2014blog-1022.jpg80系。

ここで撮れるのももう最後だし、
もうちょっと撮っていこうかな
2014blog-1023.jpg運転席。

非常に奥行きがあることに驚く。
これ、湘南形のアレより広そうな感じですね
2014blog-1024.jpg再現された洗面台。

ちゃんと洗面後の状態を見れるように、
縦長の鏡も奢られている高級品。
2014blog-1025.jpg空を切るPS13形パンタグラフ。
新しい博物館では、どのような展示がされるのか。
一応、公式サイトではイメージ図が見られますが
綺麗なドームに収められるようです
2014blog-1027.jpgこの展示区域に掛けられた、京都駅に存在したプラットホームを

模した上屋はどうなるのでしょうか。
2014blog-1026.jpgさて、この日は休日でして、展示車両の
中を見学できるツアーが随時開催されています。

見た感じ、そんなに並んでいない様子だし、
整理券も要らないようなので
これは是非トライしないと。
2014blog-1028.jpgスシ28 301号車

車歴はこの車号の横に記されていましたが、
元々は食堂車でなく、2等座席車との合造車だったとの記述が。
ここで展示される際に、全室を食堂車に改造されたのです。
要は、実際には存在しなかった架空の形式番台となるようです。
2014blog-1029.jpg10分弱待つことで、順番が回ってきました。

それでは参りましょう。
2014blog-1030.jpgうーむ、濃い木目が良い雰囲気です。
2014blog-1031.jpg綺麗に修復され、その状態を保ち続けているので
車内は素晴らしいコンディションです。

実際に席に座って、雰囲気を楽しむこともができます。


…これ、新しい博物館でもできるのかなぁ?
この記事を書いている今日、交通科学博物館は
52年の歴史に幕を閉じることとなりました。
明日からは、弁天町駅のレインボーブリッジへの通路も
閉鎖されるのでしょうか。
 
  1. 2014/04/07(月) 00:06:55|
  2. 鉄ヲタ

変態なオトナの休日リターンズ・最終営業日に交通科学博物館の記事を書く

2014blog-0998.jpg前回、3/23の記事の続きです。
当然ですが、この記事を書いている4月6日が交通科学博物館の
最終営業日なので、今さらこの記事を上げても
見に行くことは困難かと思われるのですが…
2014blog-0999.jpg3月22日の時点でもこんな感じでした。

いやー、結構なテーマパークぶりですね。
2014blog-1000.jpg当方が入場を決めたのはこれ。

義經号が屋外に引き出されていたのです。
2014blog-1001.jpg詳細な解説は避けますが(適当)
大概古い機関車でして、日本の鉄道の黎明期を支えた
功労者であります。
…日本の、というよりは北海道における官設鉄道(のちの国鉄)を
支えた7100形蒸気機関車とのこと。
2014blog-1017.jpgそういえば、この手合いの機関車というと画像の個体を思い出すのですが、
いったい何だったのでしょうか??
30年ほど前に、みさき公園の東西を分ける通路に線路を引いて
デモンストレーション走行していたもので、
親父は「弁慶号」と呼んでいたのですが、
今回の記事にある義經号とは何らかの関連はあったのでしょうか。

…調べてみる、というかWikipediaからですが、
どうやらこの画像の個体がみさき公園の「世界の鉄道博」で
展示走行された「義經号」、まさに現在交通科学博物館で保存されている
それであったとのこと、ようやく謎が解けました。

というか親父、この機関車は結果的に弁慶号じゃなかったんだが…
2014blog-1002.jpgうーむ、それにしても幼少の頃にみさき公園で走っていた謎の機関車が
これだったなんて…

今更知ってももう交通科学博物館は閉館。見に行けないじゃないか…

昭和27年、これは鉄道80周年で復元された時の銘板、
平成元年は大阪花と緑の博覧会、所謂「花博」で展示及び運転された時のものだそうな。
2014blog-1003.jpgこのアングルからだと、誰にも邪魔されずに撮ることができました。

未だに動態であるとのこと、火入れは何時行っているのでしょうか。
1997年にも梅小路で走行したという記述がWikipediaにあります。
2014blog-1005.jpg屋内保管で適切に管理されているのか、状態は素晴らしいです。
2014blog-1006.jpgこの辺りも腐食には気を配っていることでしょう。

何せこれ、京都に移った際には完全な動態となるそうです。
2014blog-1007.jpg弁天町・オーク200とのコラボも

あと少しだけ。
2014blog-1008.jpg銘板。

H.K.ポーター社にて1880年に建造されたことが
記されています。もう130年以上前ですよ
2014blog-1009.jpg銅管も綺麗に繋がれています。
2014blog-1010.jpg車輪。

ロゴが鋳込まれています。
2014blog-1004.jpgところで、この部分、

普通なら石炭が積まれている場所なはずですが
2014blog-1011.jpg蓋がされています。

どうやって動かすのでしょうか。
2014blog-1012.jpgキャブ。

なんだか様子がおかしい。
2014blog-1013.jpgブロワが付いています。

どうやら石炭ではなく重油で走らせる構造に改造されている
感じがするのですが、いかがでしょうか
2014blog-1014.jpgまぁなんだ、石炭でも重油でも、圧縮空気でも
動く姿が見れるというのは嬉しいものです。

新しい京都鉄道博物館にて、元気な姿が見れれば良いですね。
2014blog-1015.jpgそんな義經号ですが、閉館後に小さなお友達と一緒に
送り出しイベントを行うようです。

これは間違いなく夕方のローカルニュースで取り上げられますね。
2014blog-1016.jpgさて、そろそろ帰るか。
グッズはなぁ、閉館記念グッズで、荷物にならないもの…

クリアファイルがいいかな
 
  1. 2014/04/06(日) 01:02:15|
  2. 鉄ヲタ

またしても乃木のために京へ征く

2014blog-0973.jpg前回の握手会も夜勤明け、今日もまた夜勤明けですよ、
大急ぎで集合場所の梅田を目指します。
なんとか9時過ぎには着きそうなのですが…

画像はまだ四つ橋線ではレアな更新車です。
結構乗る機会があるのですが、吊り革も増えて、椅子の幅も広くなっているので
立って楽々、座って嬉しい仕様となっています。
2014blog-0974.jpg御堂筋線ではもうひとつレアな30000系(31系)に乗車ができました。

これは美味しい。それにしても車内は綺麗、
乗り心地も良いし非常に良い車両に仕上がった印象です。
大阪のメイン路線にふさわしいですね。
2014blog-0975.jpg梅田で無事に合流し、昼特を駆使して新快速で京都を目指す。

まさに桜満開の今、京都に向かう観光客は非常に、異常なほど多く、
12両編成で15分毎の新快速でも、着席は到底叶わないものでした。
2014blog-0976.jpg京都着。

ここでも土日回数券を駆使して近鉄京都線で竹田に向かいます。
すぐに着くので先に出る普通電車で余裕の着席。
2014blog-0977.jpg天気はそれなり、昼から夜にかけて雨だそうです。

新年度を迎え、バラバラの職場に異動となったメンバー。
積もる話は5日目の今日でも結構なもので、楽しい時間が続きます。
2014blog-0978.jpg竹田着。
この日は寒冷前線の通過にて冷えた空気が流れ込み、
肌寒い1日でした。
2014blog-0979.jpg桜は満開、まさに花冷えですね。

11時開演とのことで、ちょっと急ぎ足で会場を目指します。
2014blog-0980.jpg10分少々歩くと、現地着となります。

枝垂れ桜が綺麗ですね。
2014blog-0981.jpg京セラ本社に隣接する、パルスプラザというところ。
稲盛ホールといういかにもな名前のホールを抱えた
見本市会場です。
2013blog-2101.jpgまずはミニライブ。
入場してすぐに開演したのは良かったのですが、
当然、ギリギリの時間に入ったのでメンバーは見えません。
まぁそれは良しとしようか…
2014blog-0984.jpg休憩はまたしてもここ、パルセスイン京都に。

会場からもさほど遠くないので便利なんです。
2014blog-0982.jpgまたしても応接セットは空席!!やったね!!
コーヒーを注文して、のんびり休憩することに。
いつも良い場所を提供いただき、ありがとうございます。
2014blog-0983.jpgちなみに、ランチバイキングが780円!!!!!!!!!!!!
なんだこりゃ、ここで昼飯食べれば良かったんじゃないの?

次の全握は、ランチバイキングにトライしましょうか。
2013blog-2101.jpgその後は握手会ですよ。
私?そりゃななみんですよ、ななみん
ショートカットは正義なんです。うむ、可愛かった。ありがたや
2014blog-0985.jpg皆様も大満足、初参加のフッシー君も大満足。それぞれの収穫を得て
次なる目的地に向かいます。

画像右奥のグッズ販売は長蛇の列でした。
2014blog-0986.jpg竹田駅。
ここは近鉄京都線と京都市営地下鉄のジャンクションになっていまして
各社局の車両が入り乱れてやってくるので飽きません。
近鉄ですとまれに大阪難波まで顔を出すKLこと3200/3220系、
そして京都市営地下鉄の10系。ここでしか見れない車両なのでこれは嬉しい。
2014blog-0987.jpg上画像の後期車、そして開業時に用意された前期型の車両があり、
全体的なイメージは似せていても、それぞれの形態が異なることも
この形式の魅力です。

初期の車両は、近頃になって機器の更新が行われ、
チョッパ装置などが新しくなったそうですが…
2014blog-0988.jpgどうやら、これがその編成のようです。

下回りがピカピカになっていて、各機器も意匠やロゴが新しくなっています。
2014blog-0989.jpgえ、この記事って握手会の記事じゃないのかって?

いや、ただ私の周りであったことを綴り続けるだけのBlogですよ…
2014blog-0990.jpg台車。銘板は磨き出され、形式の文字もペイントされていて
下回りだけをみると新車のよう。
近鉄線内を走る車両では珍しいミンデン台車、美しく整備されています。
2014blog-0991.jpgで、適当に撮った車両が全て機器更新とはあんまり関係のない
中間の付随車というのも情けない話です…
下回りは綺麗ですが、車体はなんだか変な色の汁が垂れた痕がありますね…
外嵌め式の窓枠なので、否応がなしにこうなうるのでしょうか
2014blog-0992.jpg京都から戻ろうにも、新快速はダダ混み、高槻から快速になる電車は
まだ来ない、ということで京都始発の普通電車で大阪を目指すことに。
ソファのような素晴らしいシートを持った207系で向かいます。
当然ガラガラなので、余裕の着席。
2014blog-0993.jpg京阪間の東海道本線は、近頃になって駅が2つ増えたとはいえ
駅間が長く、通過待ちも無いので普通電車でも結構速い。
京都15:17発の普通電車が大阪16:01着、
後から出る24分発の快速も大阪まで追いつけない(16:04着)
普通電車でも京阪間が44分って速いですよね

まぁ新快速は別格として…ですね。あれはどうかしてます
2014blog-0994.jpg大阪駅も毎度のことながら見違えてしまいます。

当方の記憶は2000年代初頭のお世辞にも綺麗とは言いがたい地下通路、
11番線にはサンダーバードが壁に埋め込まれた大阪駅なんです。
2014blog-0995.jpgその頃はまだ阪急百貨店も古い建物でした。

今やこの様相。
2014blog-0996.jpg電車の次は都会に出てきた田舎者の話かって?

いやー、だってこれですよ。
大阪中央郵便局が…跡形もなく消えちゃって…
2014blog-0997.jpg怪しい参加メンバーたちは宴の場所を目指します。
こういうメンバーでやれるのも、いつまで続くかわかりませんが、
乃木坂のCDシングル発売間隔で集まるのが
丁度良い感じじゃね?というわけで、勤務場所が散り散りになってしまった
私達を妙に繋いでいるのが乃木坂である様子。

さぁ、次回もまた楽しく集まりましょう。
 
  1. 2014/04/06(日) 00:23:06|
  2. その他

あべのハルカス-展望台ハルカス300へ (4)(完)

2014blog-0961.jpg色々な機器で、この景色を残しておきましょう。
電話でも撮ってみますが、さすがに超遠景は苦手なようです。
また、ここのガラスは2重以上の層になったガラスなので、案内表示や
照明がガラスにレンズをくっつけても映り込んでしまいます。
構図の調整は慎重にしないといけません。
2014blog-0962.jpgガラスもみんながくっつくので、手の脂やデコの脂が
色んな所にくっついています。
暫くの間は、清掃の人も大変でしょう。
2014blog-0963.jpg決まった時間に、イルミネーションとサウンドの演出があるようです。
ヘリポートにくっついた球体状のもの、これはプロジェクターとミラーボールを
兼ねているようです。
2014blog-0964.jpgんー、これはここのイメージゆるキャラこと「あべのべあ」であろう。
そのうち、巨大着ぐるみも完成して(もう完成しているかもしれませんが)
この辺りをウロウロすることになるのでしょうか
2014blog-0965.jpg光の演出は数分続き、この展望台のロゴが映って終了。

よく見ると、雲の輪郭に”300”の文字が埋め込まれています。
2014blog-0966.jpgうーむ、今度は奥さん連れてノンビリ見たいもんです。

画像を送ったら大概羨ましがられました
2014blog-0967.jpg展望台のキャパシティの凄さは、
大入り状態になっているこの時間でも
このように人を排除した構図が組めるということ。

3月7日から31日までの24日間で17万人もの人が
訪れたと報道されていますので、1日平均7000人の人が
来場しているにもかかわらず、ということです。

さて、そろそろ腹ごしらえしないといけません。
帰途につきましょう。
2014blog-0968.jpgJR天王寺駅の阪和線ホーム。

私鉄由来のドーム型の屋根がよくわかります。
2014blog-0969.jpg展望台内部の雰囲気。

映り込みを避けるための最低限のライティングがなされています。
2014blog-0970.jpgただのお帰りホールでもこの景色と雰囲気。
それだけのスペースにしておくのは勿体無いですね

ところで、この展望台、地元民でも行くべきかどうか…?
いや、これは絶対行くべきです!!この時は2000円でしたが、得られる満足度は…
8200円分は絶対にあります!!何にしても見え方が凄い、そして空間演出も凄い。
2014blog-0971.jpgエレベーターのディスプレイ。

現在の高度が表示されているのですが、めちゃくちゃ速いです。
この辺り、エレベーターメーカーの本気がとても感じられますね
2014blog-0972.jpg光の演出行きも帰りも同じようです。

この後、ディープなメンバーで楽しく中華をつつきました。
たまにはチェーン店以外の中華も良いもんです。楽しかった~
 
  1. 2014/04/04(金) 11:23:52|
  2. その他

あべのハルカス-展望台ハルカス300へ (3)

2014blog-0946.jpg西。
丁度良い時間帯だったので、まだ空が明るいのです。
天気の良い1日ではなかったのですが、逆にそれが良い方に働いたようで…
この雲の織りなす景色!!!!!これは見事です!!
2014blog-0947.jpg西・眼下を見るとQ's MALLが。

眼下にもほどがあります…
2014blog-0948.jpg西。
頑張って手持ちで85mmまで持っていきます。
今回はIS付きのレンズとISO800実用のKissNに頼ってみようと思います。
あぁ…これはいい。できれば肉眼や双眼鏡で楽しんでいただきたいです
2014blog-0949.jpg新今宮駅・南霞町駅・動物園前駅。

まるでミニチュアのようです。
2014blog-0950.jpg南(海)。
ゲートタワービル、りんくるシークル、関西空港などが遠目に見えます。
これだけ見えるんだから、要は私の住む町からでも
あべのハルカスが見えるということになるはず
2014blog-0951.jpg南。
先日のスーパーニュースアンカーの特集で、ハルカスはどこまで
確認することができるか?という企画をしていたのですが、
物理的には結構遠くから見ることができるそうです。
2014blog-0952.jpg南。
露出やシャッタースピードをいじりながら色々撮っています。
同行者の方が三脚+コンデジ+スローシャッターで攻めていましたが、
これが結構凄い写りをするんです!!
2014blog-0953.jpg北。
めいっぱいズームすると、大阪城がなんとか見えます。
これは是非とも高倍率ズームで抑えておきたいですね

ちなみに、三脚はコンパクト形であれば特に咎められるようではない感じです。
何せ展望台のキャパシティが凄いんです。
2014blog-0954.jpg南海なんば駅。なんばパークスやスイスホテルも。
ハルカスから見ると、ちょうど駅の出口(電車の)が
正面になるようになっています。
2014blog-0955.jpg展望台の構成は60・59・58階となっていて…
60階はエレベーターから降りるとすぐあるガラス張りの屋内展望台、
59階はお土産もの売り場と地上に戻るエレベーター乗り場、
58階は吹き抜け構造になった庭園となっています。

58階の空間づくりはさすがと唸らせられる演出。
周りはカップルだらけ!!!これはおっさん4人組にはキツイです
2014blog-0956.jpgもう適当に写真を撮っても絵になります。

何にしても凄すぎです
2014blog-0957.jpg周辺は、ウッドデッキの階段になっていて、カップルのラブラブトークにはもってこいです。
かなり広いので、このオープンフィーバーでもちょっと人の来ないようなところもあるので
プライベートな空間を楽しんで下さい、ハイ
2014blog-0958.jpg庭園より建物部分を望む。

一番上のお皿のようなものはヘリポートでしょうか
2014blog-0959.jpg西側のよくわからない構造物には、なぜかスリットが入っています。
なんだこりゃ?と案内のお姉さんに聞いてみたところ、年に数日、日没の時間に
このスリットを通って太陽が沈んでいく日があるそうで、それを見越したデザインなんだそう。
更に、この構造物、右は空調ダクト、左は非常階段となっているんです。

ていうか、いやー、お姉さんよく勉強してますわ
2014blog-0960.jpg雨の日には素直に雨に打たれ、上空300mの空気に
触れることができる空中庭園。

これは良いです。本当に。あべのに新しい名所が誕生しました。
 
  1. 2014/04/04(金) 00:17:40|
  2. その他

あべのハルカス-展望台ハルカス300へ (2)

2014blog-0931.jpgエレベーターの反対側、建物にしか面していないんですが、

ここには光の演出が盛り込まれています。
2014blog-0932.jpg青白LEDの帯が仕込まれていまして、流れ星のように
高速で流れていきます。

ちなみに、景色に関しては全く見れないようになっています。
2014blog-0933.jpgこのようなディスプレイと扉があるのみです。
このエレベーター、とにかく速いです。
あっという間に60階まで到達します!!
2014blog-0934.jpgスロータウンとともに、帯が低層階と同様の電球色のものになります。
2014blog-0935.jpg到着!!

背面の扉が開きます…
2014blog-0936.jpg



なんだこれは
2014blog-0937.jpgちょっと待った。

入ってくる情報が多すぎる…いったいこれはどういうことなんだ??
2014blog-0938.jpg…思っていたより凄い、どこを凝視していいかわかりません。
2014blog-0939.jpg…あのおやゆび姫のような物体…
通天閣です。あの大きな通天閣が
まるで生えかけのつくしのような…

通天閣の高さは100m、標高約7m、上町台地にそびえるハルカスは
それに対して標高約30mの地にそびえています。
2014blog-0940.jpg天王寺公園。

実に斬新なアングルです。
2014blog-0941.jpg東。
阪和線と大阪環状線、関西線、近鉄南大阪線と

各路線がそれぞれの行く先に向かって弧を描いています。
2014blog-0942.jpg東。
遠くに生駒山系を望み、

…いろんな場所が入り込んできます。あれはどこだ、
多分あの辺りが…
2014blog-0943.jpg行き交う大阪環状線。

手前の列車は関空快速・紀州路快速でしょう
2014blog-0944.jpg北。
直下には天王寺ステーションビルと天王寺交差点。
足から変な汗が出ます。
2014blog-0945.jpg北。
ライトアップされている大阪城です。でもエラい近いな…

え、ベタすぎるって…スンマセン
 
  1. 2014/04/02(水) 23:24:16|
  2. その他

あべのハルカス-展望台ハルカス300へ (1)

2014blog-0917.jpg3月29日。
職場(此花の)へヤボ用があったので、大阪市交通局の1日乗車券こと
エンジョイエコカードを活用して向かうことに。

用事を済ませた時分に、ちょうど市バスの99号系統が来るようなので
それに合わせて職場を出る。
2014blog-0918.jpg休日夕方前の99号系統は先日の便と異なってガラガラ。
どうしても偏りが出てしまうのは致しかたないのだが、
まぁこれだと廃止されても仕方ないか…
車内広告には、この記事を書いている時点であと4日しか営業しない
交通科学博物館のものが。
2014blog-0919.jpg手前には…
大阪運輸振興株式会社の名前が変わるようです。
変わるのは名前だけのようで、ちょろっと調べただけでは
それ以外の変化はない様子です
2014blog-0920.jpgこれが99号系統、最後の景色。
先日乗ったときがお名残乗車のはずだったのですが、
今度こそが最後のようで…

そう。この記事を書いている4月1日にはもう運行されていないのです。
2014blog-0921.jpg交通科学博物館の横をかすめます。

いずれ、この施設も解体されることになるのですが、
このバスから、その景色を見ることはできません。
2014blog-0922.jpg今日は地下鉄中央線への乗り換えなので、

ここで99号系統とはお別れ。
2014blog-0923.jpgそんなに毎日使っていたわけではないのですが、
結構な頻度でお世話になった99号系統。

ありがとうございました。
2014blog-0924.jpgさて、その後心斎橋となんばで用事をマッハで済ませて、
この日のメインディッシュ、大阪阿倍野橋へと向かいます。

天井に何やら意味ありげな数字が書かれています。
2014blog-0925.jpg東京から、かれこれ10年以上の付き合いとなる鉄ヲタの皆さんが
大阪へと凱旋されるとのこと、あべのハルカスにも登るので
その際にご一緒しませんか?とのこと。
これは行くしかないでしょう。
2014blog-0926.jpgチケットは予約してくれていました。

ちなみに今日、4月1日からは当日券も出るそうで。
2014blog-0927.jpgまったく新しい建物となった阿倍野近鉄のペデストリアンデッキから。

この辺りの風景、ハルカス以外にもえらく様変わりしてしまいました。
2014blog-0928.jpgそれでは、展望台へと向かいましょう。

その名はHARUKAS 300。
2014blog-0929.jpg一旦、16階まで登ってから高速エレベーターへと
乗り換えることとなるのですが、この時点で結構高い!!
なにせ上町台地の頂にそびえているわけで…
2014blog-0930.jpgエレベーターの演出も色々凝っているようで、
ドアに背中を向けて立つことを勧められます。
さて、日本一の高さを誇るビルの展望台、どんなもんなのでしょうか…?
 
  1. 2014/04/01(火) 23:50:44|
  2. その他

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する