FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

微笑みの国タイランドへ・散策は更に続く

2013blog-2729.jpg王宮を歩いてクタクタになったところを
マッサージで癒やします。

ここはタイのMBK(マーブンクローン)センターと呼ばれる
ショッピングモール。バンコク一、お客さんが多いモール(公式サイトによる)
とのことだ。
2013blog-2730.jpg当方は寝違えた首筋を治してもらう(タクシーの乗り降りでも大変)
ことにしました。
奥さんは足を徹底的に。
持ち時間が少ない?ので、30分コースにしてもらいました。
2013blog-2731.jpgショッピングモールもタイではカオス。
たくさんのお店が詰め込まれているので、何だか狭く感じてしまいます。
中古カメラ店があったのでEOS350Dを探しましたが、
EOS 1000D(Kiss Digital X)しか見つからず、更にプライスタグが無いので
相場はわかりませんでした。
2013blog-2732.jpg携帯電話はこの通り。
当然ながら、グローバルモデルが盛りだくさん。
棚の上のほうにある渦巻きは、MicroUSBケーブルでしょうか 長っ!!
2013blog-2733.jpgそしてモバイルグッズ。

先程のようなケーブルが色とりどりでたくさん。
2013blog-2734.jpgこちらでもLINEは全盛のようで、
奥さんも友人とのやりとりはLINE、
そしてその友人も仕事の連絡はLINEなんだそうです
2013blog-2735.jpgカバーも、ものすごい種類が…
2013blog-2736.jpgおもしろTシャツ屋さん。
ちょっとここには貼れないような卑猥かつ下劣なものが多く、
当然、下衆な私はおもしろ~いものを選んで買ってしまいました。
手前のプライスタグのように、全部99バーツ。
(当然、普通に着れるものもたくさんありますので…)
2013blog-2737.jpgこのモールには!!うわ、東急百貨店だ!!

東急だけに、日本の商品もたくさん扱っているので、
在タイ邦人にとってはこれは有難いものと思われます。
2013blog-2738.jpgそれでは、移動のために外に出ます。
エアコンが良く聞いている分、外が暑い!!
そしてこれ!!
キング・オブ・フルーツのアレじゃないか!!
 
スポンサーサイト



  1. 2013/09/30(月) 22:45:57|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・王宮散策はまだまだ続く

 
2013blog-2722.jpg昨日の記事の締めだったキンキラキンの仏塔。

なんだかよくわからない皆様が支えています。
2013blog-2723.jpg回廊。

この寺院を囲むように配置されています。
そりゃお坊さんも雨の日は濡れずに移動したいもんです
2013blog-2724.jpgその回廊の壁画が修復されています。

このように、フリーハンド、手描きですよ



回廊は比較的涼しいので、休憩するならここでしょうか。
2013blog-2725.jpgお寺の散策が終わったので、あとは順路にそって
いろいろ見て回ります。

これは本当の?王宮。タイ国王ことラーマ9世の
屋敷ということになります。
2013blog-2726.jpg厳重な警護と、多数の観光客。

ラーマ9世ことプミポン・アドゥンヤデート国王は・・・
この国ではどこでも肖像画?写真?で見ることができる
最も有名なタイ人であることは間違いないでしょう。
2013blog-2727.jpg兵隊さんの交代の時間のようです。

台湾でも見掛けましたが、人気なのでなかなか良いアングルで
撮れませんでした。
2013blog-2728.jpgそれにしても、バイクの多い国です。

バイクはまた、ソウルの時のように
別項で紹介しようと思います。
  1. 2013/09/28(土) 00:39:11|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・王宮へ

2013blog-2712.jpg更に王宮近辺を散策します。

ワット・プラケオです(多分)
2013blog-2713.jpg入場料は結構高め。

とはいっても400B。他が安すぎる(平均50B)のでしょう。
2013blog-2714.jpg左の入口、そう、タイ人は無料!!なのです。

まぁそりゃそうか、うむ
2013blog-2715.jpg暑い…そろそろ倒れそうなくらいです。

日本より涼しいなんて嘘だ!!と相変わらず思っていたのですが
これほど暑く、腫れているのは珍しいそう
2013blog-2716.jpg撮ればどこでも撮影地。

凄いよな~
2013blog-2717.jpg街はカオスなのに、この辺りだけは
ものすごく綺麗に整備されています。
それだけ仏教信仰が強い土地柄なのでしょう。

まぁ、日本の寺社仏閣も綺麗にされてるようなものか
2013blog-2718.jpg象さん。

触ると火傷しそうな黒さです
2013blog-2719.jpgアンコールワットの模型。

とても良くできています
2013blog-2720.jpg鋭意修復中の建物も。
(ガイド本を見ながら)
ホー・プラ・モンティアンタムでしょうか
2013blog-2721.jpgキンキラキンの仏塔。

どうやってこの輝きを保っているのでしょうか
いやー、それにしても凄い
 
  1. 2013/09/27(金) 00:44:45|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・トゥクトゥクに乗る

2013blog-2704.jpgいやー、乗り物好きとしてはトゥクトゥクには
必ず乗ってみたいと思っていました。
この可愛らしいフォルム、ド派手な装飾。
日本ではほぼ絶滅状態のオート三輪。
2013blog-2705.jpg荷台は乗れて2~3っぽいのですが、結構押し込めてしまうのです。
乗車定員はあってないようなものでしょう。
走りだすと…残念ながら4サイクル版でした。
日本で言うと、ダイハツの軽トラでマフラーを交換したような音でしたが、
調べてみると、やはりダイハツの3気筒、EF系のエンジンが載っている様子
2013blog-2706.jpgエンジンは…やっぱり日本から…要はハイゼットの廃車から

持ってきちゃうのでしょうか?
2013blog-2790.jpg縦置きエンジンなので、シフターはこんな所に。

お股のスティックを左手でこねくり回します。
2013blog-2707.jpg3輪なのに、どうやって4輪駆動しようというのだろうか
とにかく、オーナーさんの手によってなのか、
妙なモディファイがなされた個体ばかりである。
2013blog-2708.jpgああ、今度は2サイクルのやつにも乗りたいなぁ…と
後ろ髪を引かれつつ。
市場にやって来ました。
2013blog-2709.jpg屋台でお昼ごはんを。

周りはまた、JKJCやサラリーマン?なんかも。
普通に庶民の食堂として広く利用されているのです。
2013blog-2710.jpgうーん、うまーい
(一体なにのメニューだったか忘れている)
2013blog-2711.jpgチャーハンは卵のせ。
ハート型の器具で焼いているようでこれまたキュート。
味も当然ナイスでした。ああ。やっぱり食べ物の美味しい国は
何かと楽しい。
 
  1. 2013/09/26(木) 00:36:17|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・散策は続く

2013blog-2699.jpg猛暑の中、散策はひたすら続きます。

まぁ、海外旅行ゆえに当然なのですが、
見たことのないような建物がいっぱい…ですが、
2013blog-2700.jpg空気は普通に吸える大気ですし、空は青い。

世界って広いんですね

…キンキラキンの仏像が大小たくさん。
ちょっと賑わいから離れると、誰も居ない
こんな空間があったりと、散策が楽しい。
2013blog-2701.jpgこれ、作るの大変だっただろうなぁ

ですが、日本の寺社仏閣の作りもまた
超絶技巧な木造建築として他の国の方からは
見えるのでしょうか
2013blog-2702.jpgホウキ。

この国のものは二股に分かれている様子
2013blog-2703.jpgここの構内?境内?には、マッサージの学校があるそうで、
このようにマッサージを受けられるそうですが、
上のタイ語の価格と、下の英語、ようは大概の人が見れる価格とは
約2倍の離れ(当然、外国人が2倍)となっています。

当方は、まぁいいかな?と思っていたのですが、
案内人の方がけしからん!!気に入らん!!ということでここはスルー。

確かに、タイ語読めなかったら思う壺ですよね
2013blog-2704.jpg次の目的地までトゥクトゥクで向かいます。

やった!!遂に、トゥクトゥクに乗れる!!
 
  1. 2013/09/25(水) 23:22:37|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・寺院の中へ

2013blog-2689.jpgチケット購入。
冷水の無料チケットが付いてきます。
何せ暑い、暑い。これは助かる
2013blog-2690.jpg寺院の中に入ってみましょう。うおっ!!こりゃなんだ!?

(ガイド本を見ながら)通称ワット・ポーと呼ばれる、タイ最古の寺院。
大寝釈迦仏はラーマ3世のころに建立した…いつなんだろうか

とにかく言えるのは、デカい、ひたすらデカいです。
そして周りはガイジンさんがいっぱい。特にアジア系より欧米人が多いです
2013blog-2691.jpg足の裏。

まぁ、有名だ(そうだ)し、ここで説明する必要も無いでしょう。
2013blog-2692.jpgすんごい模様、そしてひたすら偏平足…
2013blog-2693.jpgこれは貝殻か何かで装飾しているのでしょうか。

瑠璃色にほのかに輝いています
2013blog-2694.jpg仏像に見とれてたらカバンの中身持ってかれまっせ!!
気をつけてや!!

といった内容?
2013blog-2695.jpg108つのツボの中に硬貨を入れて、煩悩を捨てるというもの。
一つ一つ、つまんで入れていくのは結構大変。

108とか煩悩とか、この辺りはやっぱりおんなじ仏教なんですね。
2013blog-2696.jpgずらーーーーーーーーーーっっっっとならんだツボ。

あんまりのんびりしているとつかえてしまいます。
2013blog-2697.jpgまぁ、一枚ずつ入れなくても、最後には少々余るようになっているので
程よく進んでいけば大丈夫…?

ゆえに、最後の方のツボは小銭でいっぱいです。
2013blog-2698.jpg頭。
イボイボだらけです

拡大して見ていると、なんだかムズムズするくらいの
イボイボ度。これ作るのも大変だし、磨くのも大変だろうなぁ
 
  1. 2013/09/24(火) 00:41:59|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・水上バスで移動

2013blog-2681.jpg川沿いには豪華なホテルが林立しています。

…え?そりゃ我々には用が無いでござるよ
2013blog-2682.jpgRiver city

…調べてみたら、高級ショッピングモールのようです
2013blog-2683.jpgそんな小奇麗になりつつあるリバーサイド、

ですが、このように近代化の波に飲まれていない風景も混ざっていて
それが、カオス。
2013blog-2684.jpg右岸には寺院が。なにげにデカい
2013blog-2685.jpg更に…これは凄いぞ。

調べてみたら「ワット・アルン/暁の寺」と呼ばれる寺院とのこと
ここには訪れていないようだ
2013blog-2686.jpg大阪では大概2連結くらいしか見ることがない台船こと艀。

こっちだとなんとこの長さ!!
2013blog-2687.jpg王宮近くの桟橋に到着。

これは何に使われている船なのかはわからないですが…
2013blog-2688.jpgものすごいエンジンが載っています。
故にめちゃくちゃ速い。

他の個体だと、あからさまに自動車用と思われるエンジンだったりと
なかなか興味深い…
 
  1. 2013/09/20(金) 20:36:46|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・今度は水上バスですよ

2013blog-2676.jpg川の近くにやってまいりました。
BTS(高架鉄道)の駅で言うとサパーンタクシン駅近辺。

いやー、電線が凄いです
2013blog-2677.jpg乗り合いのタクシーのようなものだそうです
ハイラックスが多いですが、画像のようにD21のダットサンも。

ちょっと古い年式のものが多いのは、それなりに理由があるのでしょうか
2013blog-2678.jpgそれでは、水上バスで王宮を目指します。

ここバンコクは、とにかく道路の渋滞が酷いそうで、
水運は渋滞知らずの便利な足代わりとして定着しているそう。
2013blog-2679.jpgこんな屋形船のようなものも。

貸しきって楽しいクルーズをするのでしょうか
2013blog-2680.jpgこちらはいかにも水上バスといった船で出発。
かなりの収容力のようで、桟橋で待っていた列をペロリと飲み込んで
出発です。
 
  1. 2013/09/19(木) 00:24:41|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・タクシーに乗る

2013blog-2671.jpgMRTは猛烈な混雑で、3本ほど落とさないと乗れませんでした。
数駅走れば、降車が多いので楽に立てるようになり、やがて座れるようになりました。

終点のフワランポーン駅に到着。タイ国鉄のターミナルでもあるのですが、接続は上々。
ここで奥さんの友人と合流し、タイ観光が始まります。

※フワランポーン駅では当然鉄ヲタ行為を行っていますので、後々別項で記事にします
2013blog-2672.jpg駅前。けっこう小奇麗です。大きな工事も行われている様子でして

まだまだ様変わりしそうですね
2013blog-2673.jpgここでタクシーを拾います。
ド派手なピンク色のものが多く、とりあえず行き先交渉からのよう。
現地人が居るというのはこういった点でとても助かります。

タクシーは、セダン形のほぼ全てがカローラアルティスでして、
内装はこんな感じ。アッパーコンソールにあるものがタクシーメーターとなる。
で、エアコン、というかこれ…確かにクーラーしか付いてませんね
2013blog-2674.jpg遂に本物に出会えました。トゥクトゥクです!!

日本では絶滅危惧種であるオート三輪の異常進化系。
これは乗ってみたいですね
2013blog-2675.jpg現地ではタクシーとしてだけでなく、手直しされてから
こういったお店の送迎にも使用されているようだ。

帰ってきてから調べたところ、バンコクでは既に
トゥクトゥクの新規登録はできなくなっているようなので
残存した個体をリフレッシュした活かしていく形になるのでしょうか。
 
  1. 2013/09/18(水) 00:33:49|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・街に出る

2013blog-2669_201309140001143dc.jpgうーむ、枕が変わってしまった為なのか何なのか、
寝違えてしまった。首が痛い。

外を見ると…結構大きなビルも多いし都会だねー…
2013blog-2665_2013091400010857b.jpgと思ってたら、手前の高層ビル、廃墟じゃないか
なんだこりゃ!!!ボロボロだ…

ここまで傷んでると修復が大変だろうなぁ…欠陥ビルだったのか?
2013blog-2666_20130914000110540.jpgその他にもビルが絶賛建造中。

十年一昔からすれば、相当近代化がなされているようです
2013blog-2670_20130914000809f78.jpg朝食はバイキング形式。何処の国の人も美味しく食べれるような
安心できる味付け。

お米はこの通り、尖った形状でパサパサしたタイ米です。
2013blog-2667_20130914000111926.jpg出発。

暑い…なんだ、現地の方からの情報によると
日本よりマシらしいのですが…

偶然写っていたのですが、あれ(画像左) B11サニーが!!
2013blog-2668_2013091400011293c.jpgMRTに乗ります。
駅構内、というか入り口に入る前に、セキュリティチェックがあります。
大概はビービー鳴ってお荷物拝見になるのですが、
普通にカバンの中を見せればOKです。

そして、首からカメラを下げたていた私に、「Photo、No、No」
構内、車内は撮影禁止のようで、残念ながら…

ちなみに、画像のように切符はICチップが入ったコイン、所謂トークンです。
この辺りのシステムは台湾の捷運と一緒でした。
 
  1. 2013/09/15(日) 00:56:42|
  2. 海外街歩き

久々に…羽倉崎の泉北改め南海3000系

2013blog-0619.jpgタイのことばかり?と思われそうなので、ここらでまさしく閑話休題。

画像の泉北3000系、3513Fと3515Fが…
2013blog-2786.jpg改造を終えて、羽倉崎に到着した情報を(2chの南海スレにて)

発見しましたましたので、見てまいりました。
2013blog-2787.jpgもう暗くなってきたので、増感(ISO200)でなんとか…

左は3517Fと固定編成を組んだ3556号車ですね。
少数派となる南海3000系が集結しています。
2013blog-2788.jpgで、3513Fはどこだと探してみると…
繋がった状態から解かれていました。

この日(9/13)、8連で試運転が行われたそうです。
2013blog-2789.jpg走行機器や補機が集約化によって1セットしか搭載されていない3000系、
単独4連での運転は見られないと思われます。

朝夕のピーク時における急行、日中なら空港急行の1運用。
きわめて限定的な運用になると見られますが、どうなるでしょうか??
 
  1. 2013/09/14(土) 00:28:19|
  2. 鉄ヲタ

微笑みの国タイランドへ・ここは日本食が流行りなのか

2013blog-2659.jpgおいしいという名の日本食レストラン。

調べてみたら、日系企業ではないそうです

2013blog-2660.jpgFujiグループのレストラン。

公式サイトによると、日比谷にホテルを持っていたり、
日本人街に築地寿司というお店を持っていたり。
2013blog-2661.jpgおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

吉 野 家 だ !!!!!!!!!!!
2013blog-2662.jpgこれはまさしく吉野家だ!!!!!!!!!!!

が、先ほど山盛り食べてしまったので、
食べるのは断念…
2013blog-2663.jpgメニューはまたこちら独自の強烈なものもいろいろ。

牛のキャラクターは日本とはまた違ったものですね
2013blog-2664.jpgサイン。

サインはサインなのですが、
よく見るとピクトグラムが足を組んでいたり…
凝ってるな
 
  1. 2013/09/13(金) 00:52:47|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・ショッピングモールへ

2013blog-2647.jpgさて、時間もあるのでにぎわいのある場所にいってみましょう。

セントラルプラザ・ラーマ9(Central Plaza Rama 9)
新しくできたショッピングモールのようです。
2013blog-2648.jpg横断歩道が見当たらない?ので、地下道を抜けて行きましょう。

というか、地下鉄(MRT)のラーマ9世駅のエントランスです。
2013blog-2649.jpg日本のODAで作られたようで、このような掲示がされています。
ゆえの桜背景なのかな

…なのですが、車両は日本製ではなかったり。
2013blog-2650.jpgそれでは地下一階。

…ダイソーがある…

ちなみに、60B(バーツ)なので、100均ではないわけですが、
それでも日本の店で売られている水準のものが買えるというのは
在住の邦人にはありがたいそうです
2013blog-2651.jpgユニクロもある…
     
これではわざわざ外国に来た感が、とも思われがちですが、
それはそれで楽しかったり。
2013blog-2652.jpg結構大きいモールです。
広さはそこそこですが、縦に大きいです。
エスカレーターに乗ると1階からの吹き抜けの中央部が見えて
高所恐怖症の自分としては足の裏が汗をかいてしまいます。
2013blog-2653.jpgタイのマクドナルドに来ました。

この国だと、ドナルドさんもサワディカーです
2013blog-2654.jpgメニュー。
ソウルで見た日本にも無いメニューが、
ここでも…米っぽいセット??やケン◯ッキーのようなチキンなど
興味深いメニューがありますが…
2013blog-2655.jpg小心者なので普通のバーガーにしましたよ。

ビッグマックセットと、日本には無いであろうダブルフィレオフィッシュ。
ビッグマックが152B、フィレオフィッシュが151B。
2013blog-2656.jpgそして25BでLLセットのようなものにできるのですが…

ドリンクがでかい!!!!!!!!!!!!!!

横に並べたカメラでおわかりいただけるでしょうか?
2013blog-2657.jpg付いてきた蓋のようなもの、この飲み物の蓋によく似たサイズでしたが…

ケチャップ皿でした…
で、当然のようにケチャップ塗り放題。これは嬉しい
2013blog-2658.jpgビッグマックを食す。
うん、普通にビッグマックだ。が、ちょっと濃い味かも?

記事執筆時にタイのマクドナルド公式サイトを見ているわけですが、
日本で言うメガマックがダブルビッグマックという名前で
レギュラーメニューで存在しているんです。
ああ、これにしとけばよかったと今更後悔。価格は175Bでした。
 
  1. 2013/09/12(木) 00:48:54|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・ホテル客室へ

2013blog-2644.jpgなんでそんなに記事が小出し小出しなんだ??と思われそうですが、
そう、夏バテなのか歳で体力が減ってきたのか、気力が続きません。

この調子で記事書いてたら年末まで掛かりそうだ…!?

ロビーは小奇麗に整備されています。これは好印象
2013blog-2645.jpgここで添乗員さんから最後の説明を受けてチェックイン。
エレベーターで上り詰めて、部屋へ向かいます。

ああそうだ、ホテルの名前を書いていなかった。
日本のパンフレットなどだとThe Centric Placeという名前なのですが、
Google MapsだとCentric Rachadaと表記され、下に小さく
Centric Placeと表記されています。
Rachada、調べてみると地名っぽいんですが…
2013blog-2646.jpg早速、充電開始。
変換アダプタだけがあれば、あとは充電器が
240Vくらいまで対応していたら充電ができます。

が、電圧が高いからだろうか、プラグを挿すと
半透明の変換アダプタの中でスパークしているのが見えて
ちょっと不気味です
2013blog-2665.jpgWi-Fiを起動します。
お、ちゃんと会社が表示されています。

TRUEとは、タイの大手通信会社True Corporationのことでして、
会社もこのホテルの近くにあることに今更ながら気づきました
2013blog-2669.jpg最初、部屋の照明の壁スイッチが見つからず、
なんだどうなってるんだと思ったら、引き紐が一つ。
引っ張ると、壁面にある白熱灯の飾り照明が灯る。だが圧倒的に暗い。
あれ、確かに天井を見てみたら照明器具はこれだけしかない。
タイってこの暗さがデフォルトなのか!?と驚きつつも
このままだと色々と不便です。なんとかしないとと思っていたら、柱の陰に
引き紐が数本。これか!!と引いてみると、画像のように間接照明が灯りました。
2013blog-2666.jpgエアコン。というかクーラーですね。

年中気温が高い国なので、暖房は付いていない様子。
至って簡素な操作系ですが、これがまたよく冷える!!強烈に冷える。

さすがは赤道に近い国ですね。
2013blog-2667.jpg風呂洗面…トイレ。
この景色に便器があるというのが不思議ですが、
まぁ日本でもワンルームなどでユニットバスがありますし

…しかし、尻穴洗い用の小さいシャワー、要はビデと
拭いた紙をゴミ箱に入れるシステムには参った…

日本っていいなぁ、これは普段日本に暮らしていたら
あまり思う機会はないと思われますが…
2013blog-2668.jpgそして風呂と言っても、まぁシャワーONLYなわけでして…
風呂に入るという文化が無いのでしょうか?

湯船で癒やされない体のために、マッサージ店が多いのか?

シャワーマシーンはPanasonicブランド。
電熱が内部でとぐろを巻いていて、それに沿った水管を
温めるのでしょうか。
2013blog-2670.jpgそして、各部屋には何故かこうしてベランダがあります。

一体、なにに使うのだろうか。洗濯物でも干すのだろうか。

しかし、クーラーの室外機がすぐそこにあるので
夏は猛烈な暑さになることでしょう。
 
  1. 2013/09/10(火) 00:38:37|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・移動完了

2013blog-2636.jpgいやー、ここまで長かった。
だがしかし、またしても入国審査の長蛇の列にゲンナリ。
人は多いのだが審査が厳しいのだろうか?
一人ひとりに掛かる時間が結構長い。

ようやく済んだら、荷物がもう流れた後のようで、搭乗した便の
インフォメーションが無い。
案内の人に聞いても訛りのキツイ英語でよくわからない…ああ、ここでまた
言葉の壁にぶち当たるのでした。
2013blog-2637.jpgなんとか荷物は見つかったので、ツアーの看板を持った
お迎えの人を探す。ここでロストすると結構痛いかも知れない。

訛りのキツイ?日本語を話すスタッフさんと他のお客さんと共に
宿へと便乗する。

ブレブレですが…やたら派手なペイントがされたバス。こんなのに乗ったら
どこへ連れてかれるんだろうか
2013blog-2638.jpgブレブレですが、出発。

スワンナプーム、かなり大きい空港ですね。
2013blog-2639.jpgブレブレですが、走行中。

運転は…超ヤカラレーシングです
与えられた性能かなり使いこんだ熱い走りで
バンコク都心へと走ります。
2013blog-2640.jpgブレブレですが…

ここタイランドにも、ETCのようなものがあるようだ
2013blog-2641.jpg高速を降り、市街地へ。
おお、アジアカローラことカローラアルティス。
保守的な日本向けと違って、ちょっと派手目のエクステリアと3ナンバー幅の
車体を持つ魅力的なモデル。
日本でも少数が輸入されて走っているようです

その後ろには…CR-Zじゃないか…タイでも買えるのか、これ
2013blog-2642.jpgで、こちらはCR-はCR-でも、CR-V。

この世代になると日本では希少車ですが、
こちらでは人気があるようで、普通に見ることができます。
2013blog-2643.jpgホテル到着。
私達をエスコートしてくれたのは派手なバスではなくこれ。
200系ハイエースです。国内ではワイドボディのワゴン、グランドキャビンやコミューターとして
販売されているものの近似種でしょうか。その名も”COMMUTER”
10人乗りのワゴンDXやGLが一番近い?

何にしてもこれ、国内のワイドボディ車では設定のないインパネマニュアルシフトなんです!!
これだけで超魅力的!!と思ってるのは…ああ、私だけか
 
  1. 2013/09/09(月) 00:55:10|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・ようやく到着

2013blog-2632.jpgホーチミンからバンコクまでは小一時間のフライト。
2013blog-2633.jpgだがしかし、機内食はしっかり出ます。素晴らしいサービス

…なのですが、夕方にこれはお腹にずっしりきます
2013blog-2634.jpg快適なフライトだけにあっという間。

スワンナプーム国際空港にやってきました。
ついにタイに上陸です。
2013blog-2635.jpg目に優しい?緑色LEDを用いたインフォメーションボード。

日本じゃあんまり見ませんね
2013blog-2622.jpgカートを引っ張る謎の乗り物。

これは日本ではあんまり…というかまず見れません。
 
  1. 2013/09/08(日) 11:16:18|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・さらばベトナム

2013blog-2627.jpgボーディングブリッジ…ではなく」、バスに揺られて機材まで走ります。

うーん、結構な距離です
2013blog-2628.jpg階段から搭乗するのも新鮮で面白い。

磨き上げられたエメラルドグリーンの美しい機体が直ぐ側に見えます
2013blog-2629.jpg今回の機材は先程のものより新しいようで、座席も良好。

空調ダクトからなんだかミストのようなものが出ています。
2013blog-2630.jpgそれではベトナムを発つ。

奥さん曰く、飯も美味くてカオスで面白い国とのこと。
いつかはじっくり訪れたいですね
2013blog-2631.jpg上空から見ると、道や川に沿って、いくつもの小さな街が形成されています。
地表から見ればまた違った景色があるのでしょう。

一時間少々のフライト。周りは静かで、シートも余っているので快適です。
 
  1. 2013/09/05(木) 20:22:28|
  2. 海外街歩き

微笑みの国タイランドへ・これがいわゆるトランジットか

2013blog-2618.jpgさぁ着いた、ベトナムはホーチミンにあるタンソンニャット国際空港。
着陸までの街のカオスに驚きました。この国もいつかは訪れてみたいですね

で…ボーディングブリッジは??
無い??
2013blog-2619.jpgターミナルまでこのぺったんこなバスに乗っての移動となります。
3ドアの車体はとっても変態チック。

薄べったいのは航空機などの障害物を避けるためか
2013blog-2620.jpg乗り継ぎ待ちの列…

これは長い…なんだこりゃ、いつまでかかるんだろうか
で、税関の検査はレーンも非常に少なく、そりゃ待たされるわなと
納得させられる。
2013blog-2621.jpg税関を過ぎると、結構長い通路にお店もそこそこ。
こういうのも、海外旅行の楽しみなのでしょう。
なにせ目的地はタイですが、ベトナムにも寄れるんです。
こりゃ一粒で二粒美味しい!?   …のか?
2013blog-2623.jpgお茶を買う。
当然ベトナムの通貨(ドンだったか)はもっていないので
奥さんのクレカで購入。
こういう時、海外でも平気で使えるクレカは便利だ

海外でこの手のお茶はおしなべて甘い。
美味しいのですが、気をつけて買わないといけませんね
2013blog-2624.jpg待ち合わせのベンチで、行き交う車を眺める。

結構、日本では見れない車も多く、ときめいてしまう。
2013blog-2625.jpg変態バスが来ました。
COBUS 3000というそれですが、ドイツに会社があるそうで

…検索しても日本語のページが出ない…なんじゃこりゃ
2013blog-2626.jpgさて、ここでも数時間を消費しましたが、
遂にタイ行きの便への搭乗が始まりました。
まぁなんだ、乗り継ぎは時間・体力的に試練ですが、費用の面では
大きなメリットがあるので、これからも度々お世話になることでしょう。
 
  1. 2013/09/04(水) 00:30:32|
  2. 海外街歩き

移動開始

2013blog-2613.jpgそんなこんなでインザスカイ。
この日は困ったことにトイレ横のリクライニングが浅~い席しか
残っていなく、結構な苦行となりました。

ていうか、周りのおっさんの集団が煩いし臭いで更にぐったり…
2013blog-2611.jpg昼食です。

安いツアーなのにこんなに親切にしてもらえるなんて…って
搭乗客は押しなべて受けることができるサービスですよね
2013blog-2612.jpg飲み物もいろいろ選べますが、
大概の飲み物はボトルから小コップにジャーですが、
ジンジャーエールにすると、このように缶でもらえるので
ちょっとお得。
2013blog-2615.jpgフライト中、いつになったら着くんだとガン見する地図。

今回の機材ではシート裏に液晶モニタが付くタイプでした
VN-A374、エアバスA330-200ですね
2013blog-2614.jpg台北・桃園空港が眼下に。

ああ、台湾、また行きたいですね
2013blog-2616.jpgと、その前後で窓を閉めるように指示されます。

昼食後のシエスタタイムのようです…が、
先程のおっさんの一味だろうか、席を立ってまで仲間としゃべり倒しています
うーん、なかなか、やすらぎの時は訪れないようです。ガックンチョ
  1. 2013/09/02(月) 22:45:57|
  2. 海外街歩き

そもそも、何故にタイなのか

2013blog-2606.jpgタイ王国。当方にとっては、全く未知の土地でした。

何があるかも実はあまり知らなくて、奥さんから伝え聞く印象のみで
ぼんやりとした物を持ったままの渡航となりました。

というわけで、関西空港着。さすがは泉州、我が屋敷からのアクセスは最高です。
2013blog-2607.jpg可能な限り、安い日に安く、それであって最低限の価値あるツアーを
選んで、3泊5日で5万円を切る物件にて参ります。
台北のときはチャイナ・エアライン、ソウルの時はアシアナ航空、
そして今回はベトナム航空。なんだか聞いたことのない会社なのですが、
深緑の機体は美しいです
2013blog-2608.jpg今回は、Wi-Fi環境を整えて、いかなる場所でもデータ通信ができるように
レンタルWi-Fiを選んでみました
1日680円で借りれるのはありがたいですが、万が一紛失したら8万近くの金額で
弁償しなければなりません。一応それに対応した保険もあるのですが、それだけで
5割増しになるので、当方は厳重に管理することでなんとか凌ぐことに。

モノは中国・深センにあるZTE社製。ELディスプレイが美しい。
2013blog-2609.jpg関西空港にはフリーのWi-Fiスポットが整備されていて、
待ち時間のブラウジングが快適。

タイかぁ、鉄道はどういう感じなんだろ、MRTとかはあるだろうが
…確か日本からの中古車両の輸出もされていたはず。

を、そういった情報を収集してみたり
2013blog-2610.jpg当方は飛行機に乗ることはあまり好きではありません。
狭くて硬い椅子に数時間拘束されるのと、尻の骨周りが痛くなり
とても辛いのです。映画館なんかでもそうですね。
今回は…安ツアー、当然ながら直行便ではありません。
長い道程になりそうです。
 
  1. 2013/09/01(日) 02:15:16|
  2. 海外街歩き

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する