FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

うーむ、これはヤバい



いやはや、更新しようにもまだ体はなんばにありまして…
ストックの記事もないので今宵はほぼ記事としての
体裁をなさない形での更新となります…

ネタは大量にあるので、明日こそは大量に記事を作って、
8月に毎日更新一周年を迎えることができたら、
ブログはのんびり更新にしようと思います、ハイ
スポンサーサイト



  1. 2013/07/31(水) 23:04:50|
  2. その他

またまた一枚記事の季節

2013blog-2441.jpgああ…今から夜勤なのでまた一枚記事です

もうxpを安心して使えるタイムリミットが半年強になってしまいました。
1階のパソコンはPrius DH73P2を続投させますが、寝床のゑろ動画満載パソコンことAW37Pは
Pentium Mに換装してもさすがにシンドく、Windows 7にした場合
求めた性能に満たない可能性があるのです。
と、いうわけでCore 2 Duoが載るPriusを調達しました。
AW35W5Tと呼ばれる、最終一つ前のモデルです。

BIOSが見れただけの完全ジャンクなのですが、さて、どうなることやら。
 
  1. 2013/07/30(火) 12:30:55|
  2. その他

忙しい!!でも更新したい!!

2013blog-2440.jpgここ最近、友人が帰ってきたり、野球観戦に行ったり、
SFCの桃鉄での対戦にハマって…
いや、仕事もちゃんとやってますよ。それがもうヘビーワークが多く、
帰ってきたらもうグッタリ…
記事のネタは揃ってきてるんです。ほら、画像の…奥のやつなんか、
好きな人にはたまらないのではないでしょうか。
今日はここまで。のんびり執筆できる時間が欲しいです
 
  1. 2013/07/29(月) 22:23:24|
  2. カメラ-コンデジ

HONDA Jazz バックレスト修理

2013blog-1225.jpg我が屋敷にて重要な足代わりやツーリングマシンとして
活躍してくれているJazz。
ツーリング仕様ですと、このようにIRISのリアボックスが付くのですが
2013blog-2411.jpg…やはり負荷がかかっていたようで、クラックが入ってしまいました。

そのうちポッキリ折れてしまいそうです
2013blog-2412.jpg外して現状を…診る必要もないか

治します
2013blog-2413.jpg作りなおすのも面倒なので、

熔接で補修しました。
2013blog-2414.jpg一応、ナマクラ棒で芯を作って、補強??はしておきました。
2013blog-2400.jpgジムニーバックランプのついでに
艶消しブラックで再塗装。
ああ…ウレタンクリアで仕上げてたんですけどね
2013blog-2415.jpgこのスタイルも、ローロングで格好良く

跨りやすいのでいいのですが
2013blog-2416.jpgやっぱり背当てがあるほうが圧倒的に楽なんです。
2013blog-2417.jpgというわけで無事完成。

とにかく… もう折れないでください
 
  1. 2013/07/28(日) 15:10:52|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

ジムニーSJ30 テールゲート周りを手直し

2008blog-400.jpg今年で30周年となるSJ30。

車体載せ替えのレストアからも7?8?年が経ちますが、
何とか車の形は保てています。
2013blog-2406.jpgが、こういうショートパーツは

塩害の影響か、結構みすぼらしく錆びてます。
2013blog-2407.jpgなに用かはわかりませんが、ナンバー灯は

この鈴カステラのような形のものが好み。
こだわりの金属製なので、錆がきています
2013blog-2408.jpgサッサと錆を落として、エスコを筆塗り。
2013blog-2400.jpg198円のつや消しブラックを数回重ね塗り+熱射による

焼付け塗装?????
2013blog-2410.jpg錆汁が垂れていたレンズも、クリーニング完了。
2013blog-2399.jpg今回は、ナンバー灯の光源も変更します。
2013blog-2401.jpg今迄は白色LEDでしたが、個人的には
白LEDだと軽自動車の黄色いナンバープレートが
変な色で照らされているんじゃないかなと思うので、
電球色のSMDにしました。
2013blog-2402.jpgカバーは見違えるくらいに黒々。

赤い?朱色?の車体に綺麗に映えます
2013blog-2403.jpg点灯。

うん、発色、光量ともに良い感じ。
2013blog-2404.jpg後退補助灯はレンズ押さえの金具が劣化してしまっているので

とりあえずステーだけ復帰させて保留。
2013blog-2405.jpg夜。
うむ、だいたい思い通りの仕様になった感じ。
LEDなので、電球のようにはいかないだろうと思われましたが、
これくらいなら違和感もないでしょう。
 
  1. 2013/07/27(土) 00:16:59|
  2. ジムニー

さらに続・羽倉崎の南海3000系

2013blog-2418.jpg暑い、暑いと呻いても涼しくなるわけがなく、
それでも人は興味のあるものを求めることに苦労を厭わぬわけでして、
私はまたしても羽倉崎に降り立ちました。
2013blog-2419.jpg他人からすればまぁこんなものの何が面白いのかと

言われてしまいそうですが、私は気になって仕方がないのです
2013blog-2420.jpgああ、サザン幕のままか。

昨日の出勤時には留置車両でよく見えなかったのですが、
多奈川急行幕の再登板を期待していただけに…
2013blog-2421.jpgまぁ、このまま帰っても仕方ない、
もうちょっと見て行きましょう。

竣工から32年が経過した時点で剥がされた車番プレート下の外板と
その周囲の違いは相当な感じです
前面中央の青塗装を剥がした部分はそれほど目立たないのですが
2013blog-2422.jpg車内を見てみましょう。

広告はまだ貼られていません。
2013blog-2423.jpgあれ、路線図も入っていない。
幕は南海線仕様ですが
いったいどこで走るのでしょうか?
2013blog-2424.jpg優先座席ステッカーは統一された意匠です

マタニティシールは南海の車両には貼られていたでしょうか。
2013blog-2425.jpg3518号車。

側のステンレスプレートは剥がさず置いておいた方が
手間が掛からなかったのでしょう
2013blog-2426.jpgもうちょっと歩いてみましょう。
不審者スレスレというか、不審者ですね

3518号車と3555号車の繋ぎ目。
先日、切り離されていたのを見たのですが
撮影できなかったのが悔やまれます
2013blog-2427.jpg外された車番の跡。

この車系、南海6200系と姿形は似ていましたが、
色々と細かいところで仕様を変えていたものです
2013blog-2428.jpgこの辺りでブラブラしていると、鉄ヲタの人が話しかけて来ました。

やはり同じオーラを持つもの、わかるものがあるのでしょうか
2013blog-2429.jpgうーん、この調子だと、
いつ動くかわからないですね
早く乗りたい
2013blog-2430.jpgここまでやって来ました。

3556号車。南海の新性能車史上、
最変態を誇るであろう車両となるであろう。
2013blog-2431.jpg暑い、そろそろ帰りましょう。
ちなみにここ、監視カメラや赤外線センサーもあるので
あまり行き過ぎた撮影行為などはくれぐれも気をつけましょう。
2013blog-2432.jpg道を挟んだ向かいは民家です。

それにしても、この平仮名で書かれた看板
10年前にはあったはずですが、まだ残ってたのか
2013blog-2433.jpg3518号車。

そういえばこれらの封じ込め車、書類上は
一応クハとモハのまま残るのでしょうか

6000系の6610号車はサハでしたね
6300系は??どうだったっけ
2013blog-2434.jpg東急車輛・昭和56年製造

南海線の車両の中では新しい部類になってしまいます
翌年には高野線8200系が、そして9000系の登場まであと4年となります。
2013blog-2435.jpg大阪府都市開発の銘板は、当然ですが外されています。

外幌は泉北仕様のままでやってきました。
2013blog-2436.jpgさぁ、また変幕が確認できたら、撮りに来ることにしましょう…
2013blog-2437.jpgふー、それにしても暑い、なんだか今年は特に酷く感じるんだが…
2013blog-2438.jpg昼間はクーラー無しで頑張っていた年もあったのですが
今年はもうだめ。
とりあえずだ、電車に乗ろう
2013blog-2439.jpgやってきたのは2000系。
こういう時しか乗れないのでこれは嬉しい。

これもいつまで南海線で走っているかわからないですし。
7000系の去就含め、相変わらず目が離せない南海です
 
  1. 2013/07/26(金) 00:46:28|
  2. 鉄ヲタ

暑い、そしてヤバい

2013blog-2396.jpg近頃、仕事のボリュームが増えてきたような感があり、
狂ったような暑さもあいまってちょっと大変な毎日です。

帰ってきた時点で結構クタクタになってしまい、ああ、そろそろ
このブログの毎日更新も怪しくなってきそうなのですが、
あと1ヶ月弱で1年毎日更新を達成できそうなんですよね
2013blog-2397.jpg拾った水槽で飼っていた琉金が近頃亡くなってしまい、
石巻貝しか居ない寂しい水槽だったのですが、
ようやく重い腰を起こして水入れ替えで大掃除し、
ホムセンのペットショップで金魚を数匹購入しました。

近くによ寄ると餌が貰えると勘違いし、活発に泳ぎまわるので
被写体ブレが起きてしまいます、
2013blog-2398.jpg育ち盛りなのか、ものすごい勢いで餌を食べます。
このまま4匹とも、無事に水槽に定着して
末永く、成長を楽しませてくれればと願うばかりです。
 
  1. 2013/07/25(木) 00:08:30|
  2. その他

ザ・訪問者たち

2013blog-2390.jpg暑い、夏なんだから暑いのは仕方ない。
去年もおんなじようなことを書き、来年もまぁ書いているのでしょう。

近くに木がないはずだったのですが、それでもクマゼミの叫びは
否応がなしに朝を…暑苦しいものにしています。

画像はたまたま飛んできたカナブン。
当方は、これよりも更に青緑がかった玉虫色の個体が好きです。
2013blog-2391.jpgで、我が屋敷の敷地に飛来するのはなにも虫や鳥だけでなく、
このような植物もいつの間にか生えてくる…

これ、シマトネリコに似てますが、どうなんでしょうか??
2013blog-2392.jpgうむ、これはコスモスか
昨年も同じ場所から生えてきて、ものすごく巨大化して
バイクが停め辛かったので、植え替えましょう。
2013blog-2393.jpg実家で使っていない植木鉢を貰って来まして、
早速植え替え完了。
コスモスは放っていても育つでしょう。
シマトネリコ(画像検索してみると、どうやらその様子)はどうかな~
2013blog-2394.jpg夏の日差しで干からびないよう、

中庭に置くことにしました。
2013blog-2395.jpg植え替えてから3日が経ちますが、今のところは
しおれる気配はありません。

このまま元気に育って、美しい緑で私達の目を
楽しませてほしいものです。
 
  1. 2013/07/24(水) 23:29:18|
  2. その他

パッソル 燃料計を付ける

2011blog-272.jpg近頃は奥さんの足代わりであるパッソル。
古くて質素ゆえの苦情は多々ありまして、
キックスタートであること、ハンドルロックが掛かりにくいこと、
エンジンの掛かりが良くない日があることも…か、
2011blog-273.jpgそして…燃料の残量がわかりづらく、
稀にガス欠(リザーブ)になるということも…

そう、我が屋敷のパッソルは、Dでもミリオンでもない素のパッソルなので、
ガソリンタンクには燃料計がないのです。
2013blog-2350.jpgというわけで、パッソルDの燃料計付きガソリンタンクを入手しました。

パッソルは、画層のように樹脂タンクでして、軽量化や
非金属であるゆえの腐食の心配がないというメリットがあります。
2013blog-2351.jpgこれが燃料計。
質素です。更に窓がボロボロ。まぁここがしっかりした個体は
ほぼ無いと思われますので、まぁどうやって補修するか
また考えるとしましょう。
2013blog-2352.jpg外は…もう…暑すぎます。
本当なら屋外活動はしないのが最善です。

パラソルと扇風機、十分な水分補給で挑みます。
2013blog-2353.jpg引き出したら、タイヤが重い。

知らぬ間にパンクまでしています。早めに気づいてよかった
あとで処置することにしましょう。
2013blog-2354.jpgまずはタンクに残ったガソリンを抜きましょう。
2013blog-2355.jpgこのようなコーションシールが貼られています。

ああ、この辺りに穴あけしなきゃならないんだよな~
2013blog-2356.jpg外装を外していきます。

シンプルなので、特段困ったことはありません。
2013blog-2357.jpgタンクを並べてみる。

燃料計以外は、特に形状の変更はない様子
2013blog-2358.jpgタンクには2つの穴が開いていて、

上が通常、下がリザーブを取り込むようになっています。
2013blog-2359.jpgそれでは、テールカウルに穴を開けましょう。
2013blog-2360.jpg今回そのために購入したのは51φの木工用ホールソー。

105円で買えるんだからすごい
2013blog-2361.jpg適当に買ったので大丈夫かな…と思っていたのですが
ちょうどギリギリの寸法でした。
これは穴開けに慎重さが問われますね
2013blog-2362.jpgまずは位置決め。
この通り、超適当。
まぁ駄目なら削ればいいさ
2013blog-2363.jpgこんなもんかな?
2013blog-2364.jpgそれではいってみましょう。

ギュイーンボコッ

…思ったよりあっさり開いてしまいました。
2013blog-2365.jpgバリがすごいですが、あとで取るとして、
パッソルのカウルって塗装だったんですね。
樹脂色まんまだと思っていました…
2013blog-2366.jpg仮合わせ。

なんとかいけそうだな
2013blog-2367.jpgコーションシールがそのまま残っていても
無様なので、頑張って剥がしていきましょう。

硬化しているので大変、ヘタをすると塗膜まで削ってしまいます。
2013blog-2368.jpgうーん、塗膜もちょっと削ってしまった…

まぁいいか、それほど見る場所でもないし
2013blog-2369.jpg燃料計は工具なしで容易に分解できるようにできています。
引っ張りだしてみると、こんな感じ。
質素ですが、必要にして十分なものでしょう
2013blog-2370.jpgで、奥さんが使う際にわからなかったらアレなので、
テプラでわかりやすいラベルを作っておきました
これで間違えたら…それはただのアホというもので…
2013blog-2371.jpgあとは元通りに組み上げて完成。

カウルはペンギンワックスで磨き上げておきます
2013blog-2372.jpgそういえば、パンクしてたんだな~

これを直さないと燃料計が付いても走れない。
2013blog-2373.jpgああ、確かに開いてますわ
チャッチャと直して、涼みましょう。

…この後はあまりに暑いので画像無しです。
一応、空気漏れは停まったのですが、タイヤはシワシワ、チューブも
結構劣化していまして、そろそろ交換かな
 
  1. 2013/07/23(火) 00:07:48|
  2. オートバイ-S50パッソル

暑い屋外作業のお供に…

2013blog-2374.jpg今年の夏は暑い、間違いなく暑い!!
駅からの帰りだけでも猛烈な陽射しでKOされそうな勢いです。

というわけで、軒先作業の熱中症対策を考えて導入しました。
2013blog-2375.jpg本来なら4本足のタープなどが良いと思われますが、

安物でも7000円くらいするのと、一人では展開が困難と思われたので…
2013blog-2376.jpgビーチパラソルにしました。
これなら展開も楽、そして安い!!

というか、片付けの段階でヒーヒー言いながら
タープテントを畳む気力など残っていなさそうですし…
2013blog-2377.jpg撮影時刻が正午過ぎだったので、陰の面積は微々たるもの…

適宜、移動させて日陰を造りましょう。
 
  1. 2013/07/22(月) 00:52:16|
  2. その他

さようなら新快速電照看板?大阪駅の工事の裏で…

2013blog-2053.jpg先日、大阪駅に寄った際に撮った

新快速が15分毎に来ます的なものをアピールする電照式の看板です。
2013blog-2055.jpgだいぶ前の記事でも書きましたが、未だに電照しているこれ、
よくぞ今まで残っていたものです。

もう一度書いちゃいますが、国鉄時代に新快速として幅を利かせていた
117系車両のヘッドサインを引用した意匠なのです。
2013blog-2054.jpg先述の通り、大阪駅のリニューアル工事が始まり、
高架下にあった店舗スペースを捻出するために仮設で作られた
「フロートコート」の影に隠れていたものなのでした。
2013blog-2348.jpgで、7月8日。
一昨日の記事の続きです…

おい!!!!!!!!!!
早速なくなってるんじゃないかこれは!????????
2013blog-2349.jpg嗚呼…何てこったい、まぁ、そりゃー古い意匠だし、なくなっちゃうのも
まぁ仕方ないといえば仕方ない。

ちなみに、2013年現在で新快速が15分毎に来るのは
上りが9~17時・19~21時、下りはラッシュ入り明けがそれぞれ早かったり遅かったりで
バラバラの時間もあるのでもう少し少ない(本数は多い)感じです。
行き先は…東は近江今津や敦賀、西は播州赤穂など、
当時では考えられないようなところまで行ってしまうようになりました。
 
  1. 2013/07/21(日) 00:15:19|
  2. 鉄ヲタ

珍幕を捕まえろ!!続々・羽倉崎の南海3000系

2013blog-2383.jpg夜勤の出勤時。
やっぱり気になるのは夏休み中の3000系。
ほぼ最高速で通過する羽倉崎、目を凝らして一瞬を見る。
まだ岸里玉出幕なのか、否か。

おお、なんだか優等っぽい幕を出してる、これは帰りに撮りに行かないと!!
2013blog-2378.jpg…というわけで、やって来ましたよ羽倉崎。
ちょうど、特急サザンから普通車に接続があったので、
割とすんなり来れました。

ん?種別が赤いね―、これは
2013blog-2379.jpg特急サザンの難波行き!!
これは以前も出してましたね。

ていうか、これは明らかに何らかの意図があって出してるとしか
思えないんですが…
2013blog-2380.jpg今回のお供はPowerShot SD750。
広角端でもう一枚。

※人物及び車両など、個人を特定できそうなものは修正しています。
2013blog-2381.jpg奥さんにこれらの画像を見せたのですが、
在りがちな行き先では面白くないとのこと。
どうせなら、ありえない行き先の方がいいんじゃないか、と。

鉄ヲタである私はこの場合、種別を重視し
普通の人は行き先を求めたということか
2013blog-2382.jpgうーむ、たまらん
いやだって、泉北3000系がこんな色に塗られて、
南海線の行き先を掲出している、まさかこんなことになろうとは。
これからもまだまだ目が離せませんね。
2013blog-2384.jpgさぁ、次の区間急行で帰りましょう。
羽倉崎駅に向かいます。

この雰囲気、十数年前から変わってませんね…
2013blog-2385.jpg私が高校生だっった頃、そして十代だった頃。
この駅の最寄りには当時はまだ少なかったカラオケボックスがあり、
色んな人と、本当に色んな人たちとここに行きました。
私の青春の、甘酸っぱ…くはない、今思い出すと
ちょっと後悔の念が湧いてくるような(略)

羽倉崎。いつもは特急サザンで高速通過するそんな場所にも
まぁ、色々あるもんで…
2013blog-2386.jpg私がこの駅を知る頃から、1・2番線には
このような地下道で向かうようになっています。
折り返しの電車が発車する直前だと、これが間に合わないんですよね
2013blog-2387.jpg夕方辺りになると、この駅から発車する始発の急行があって、
それに間に合わせようとこの階段を駆け上がり、
あと2~3段というところで扉が閉まって発車してしまった…
ということを思い出してしまいました。

※駆け込み乗車は危険です。やらないようにしましょう。
2013blog-2388.jpgこの駅の看板も、上貼りCI化、ナンバリング、非電照の
ローカル駅標準のものになってしまいました。

CI導入から20年近く経って、ようやく駅名板が
同一の意匠で統一されようとしています。
2013blog-2389.jpgそれにしても、この駅で降りたのって久しぶりだなぁ…
その前になると、7100系の非更新車が引退するかしないかの頃に
入庫する車両を撮ったりしたのが最後じゃないかと思うくらいです。

その頃からあった、車両の壁に使われているデコラ板を用いた
謎の業務用ボックスは未だ健在でした。

さて、湿度は低いが暑いことは暑いし、
とっとと帰るとしましょう。
 
  1. 2013/07/20(土) 00:43:44|
  2. 鉄ヲタ

Cyber-shot DSC-F505V

2013blog-2162.jpg先日、購入したCP-920Zと抱き合わせで、

もう一個、入手したものがありまして…
2013blog-2163.jpgCP-920Zの記事にも載っていたこれ…
2013blog-2335.jpgSONYのCyber-shotの高倍率機、
 
DSC-F505Vです。
2013blog-2336.jpgまさしく世は世紀末。ようやくデジタルカメラが普及帯に降りてきた頃に
回転レンズの変態機種DSC-F55、Cyber-shot最大のヒット作とされる
DSC-P1などと共に世に出た…変態回転レンズ機です。

元来、PowerShot G1や2などとレンズユニットを共にする
変態OEM機種を収集することが目的だったので、
特に欲する理由などは無かったのですが…
2013blog-2337.jpgいやー、この頃のCyber-shot、変態機種が多くて面白いんですよ…
こうしたまたおバカな私は収集の道を突き進むことになるのです。

バッテリーは!!!Oh!!No!!入らない!!
DSC-S85などのバッテリが入らないんです!!
2013blog-2338.jpgで、そのバッテリ問題は後々解決させたので、試し撮り。
大概この手のカメラで外観が綺麗なものは
ハズレが無い感じですね。普通に使えてしまいます。
2013blog-2339.jpgグランフロント大阪にやってきました。
こんなでっかいカメラをわざわざ持ち込んでだ!!

※ちなみに、館内は撮影禁止です。
2013blog-2340.jpg大阪北ヤードの真横です。

3月のダイヤ改正で遂にその役目を終えた梅田貨物駅が
今まさにその姿を過去のものにしようとしています。
2013blog-2341.jpg青空がザラザラです…
まさにミレニアムな頃の製品なので、これが限界か

1/180s F5.6 ISO100
2013blog-2342.jpgノースタワー。

スケスケのエレベーターはまだ新築の匂いがします。
2013blog-2343.jpg梅田貨物駅をどうしても意識してしまう。
2013blog-2344.jpgダイキンのソリューションプラザ「フーハ大阪」
空調の様々なことを知ることができます。
お姉さんはきれいな人がおおいです…こんなところで
仕事がしたい…なぁ
2013blog-2345.jpgで、このぴちょんくんカーの周辺のみ、写真撮影が可能なのです。
室内でも手持ちでなんとか…

1/30s F5.6 ISO147

147??
2013blog-2346.jpg休憩スペースでちょっと撮ってみる。
面白いお店や京橋から移ってきたパナソニックセンターがあって、
半日ではとても回れません。また来ましょう。
2013blog-2347.jpgで、傍らに持っていたPowerShot S95でも撮ると…
…10年違うとここまで違うか。まぁ共々ワイド端で撮っているので
画角が異なるのは仕方ないとして、だ。

うーん、デジタルカメラの10年の進化は、撮像素子と画像エンジンの
大きな進化なのでしょうか。
 
  1. 2013/07/19(金) 00:36:31|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot G1のようなモノたち その1号 TOSHIBA AllegrettoM70ことPDR-M70 番外編

2013blog-2322.jpg随分前の行為なので、うろ覚えになる前に…
東芝Allegretto M70のバッテリは、富士フィルムのNP-80と同様であり
色々と使いまわせるので…
2013blog-2323.jpg互換バッテリーを買いました。

ロワジャパンの日本セルです。
2013blog-2324.jpg暫く在庫がなかったので諦めていたのですが、

また思い出したかのように出てきたので、DMC-LC5のバッテリと共に購入。
2013blog-2325.jpgさて本題。
このAllegretto M70は東芝の公式でファームアップ手順と
ファームウェアがいまだに配布
されていて、2013年現在でも
ファームウェアアップデートができるのです。

AF速度が速くなったり、MFが実装されたりするそうです
2013blog-2326.jpg詳しくは、手順書を見れば良いのですが、
まずはファームウェアの見方。

SET-UPモードでリセットすると、一瞬こうしてファームウェアが見れます。
うむ、古いまんまだ
2013blog-2327.jpgカラのスマメにファームウェアを入れて、
モードダイヤルは再生に。

更にモードボタンを押しながら電源投入。
2013blog-2328.jpgこのような画面が出ます。

そのまま再生モードになるので、電源を一旦切って
2013blog-2329.jpg今度は消去ボタンを押しながら電源投入。
2013blog-2330.jpgすると、今度はこのような画面が。

いかにも何かをやっているような感じです
2013blog-2331.jpg徐々に数字が満たされて…
2013blog-2332.jpgはい!コンプリートです
2013blog-2333.jpgそれでは、再度セットアップ→リセットでファームウェア確認。

あっぷっぷしてますね。
2013blog-2334.jpg一応、実装されたMFも確認。

…まぁ、使うかどうかは…うーむ
 
  1. 2013/07/18(木) 09:25:52|
  2. カメラ-コンデジ

続・羽倉崎の南海3000系

2013blog-2318.jpg9000系置き場に据えられてからもうどれだけ経っただろうか…

南海3000系(になるものと思われる)は休止札を掲げて
長い夏休みに入ろうとしています。
2013blog-2319.jpgで、この3000系ですが…時に珍幕変幕を乱発して留置されているのです。

普段、留置されている車両は「回送」を掲出していることが多いのですが、
この車両に限っては到底ありえない行き先を掲出して、私の興味を
惹きつけて離しません。
2013blog-2320.jpg特急サザンや準急、そして白線急行多奈川行きなど、どう考えても…な
表示を出したり、4両と2両で分割していたり…
どれだけ羽倉崎で停まってくれと思ったことか。

そしてこの日、またよくわからない表示を出していたので、
用事がてら、というか用事を作って羽倉崎へ、傍らにはPowerShot S95を。
2013blog-2321.jpgうむむむむ…これはまた強烈な…
汐見橋-岸里玉出…どう考えても現状では入線できない汐見橋方面です
そういえば、これの元車両が就役した当時は、その気になれば高野線から
汐見橋方面に行けたっぽいが、たとえ4両でも物理的には難しかったか

前面車番は新規製作されていますが、おでこに付いてたのは再用できなかったのでしょうか
2013blog-2317.jpg側幕もこの通り。
泉北3000系の兄弟車である南海6200系との差異であり、特徴でもある
車体に向かって右のドア間にオフセットしつつ、押さえ金で留められた幕窓。
よく見…なくてものちの8200/9000系とはまた違った意匠の押さえ金ですね。

しかしこの車両、いつになったら動くのでしょうか。
残りの8両の竣工を待つのか否か、いやー、目が離せませんね!!
 
  1. 2013/07/17(水) 01:03:27|
  2. 鉄ヲタ

京都に行って来ましただ その7 恐るべし京都タワー

2013blog-2313.jpg画像が前後しますが…

近頃になって観光資源としてのリニューアルが進んでいるらしい
京都タワー。ゆるキャラも設定されています。
2013blog-2311.jpgたわわちゃんと名乗るそれ。

ひこにゃんで一躍有名になり、
そして物議を醸したデザイナーさんが
デザインしています。可愛いですね。
2013blog-2312.jpgなんでこんなところに!?と思うのですが、
元々は階下のフロアにキワモノな展示があったそうで…
残念ながら、リニューアルにて全てなくなってしまったのです。
1階の券売機周辺は良い感じでパラダイスでしたが、
ここから背中を向いたエントランスはやたらシャレオツになっています。
2013blog-2310.jpgエレガさんの案内にて塔の展望台へ。

このような階層表示も。演出が凝ってますね。
観光気分が高まります。
2013blog-2298.jpgおーーーーー!!
こりゃすごいわ、そりゃ周りに何も高いものが無いんだから、
京都市内の端から端までが見渡せる!!
2013blog-2299.jpg中はこんな風になっているんだ…

いや、こりゃ新鮮だ、思ってた以上だぞこりゃ
2013blog-2300.jpg17-85のテレ端でこんな感じ。
この時間だとISO800でISが効けば手持ちOKです。
いやー、このレンズ1本あれば全部できそうな気がしてきた
2013blog-2301.jpgひっきりなしに走ってくる新幹線。

16両が綺麗に収まります。
2013blog-2302.jpg眼下にはタクシープール。

足裏から変な汗が出ます。
2013blog-2303.jpgさて、展望台といえば双眼鏡。
えー、どうせ100円取るんだろ!?と思ったら

無料じゃないか。これは見ずに入られないですね
2013blog-2300.jpg…で、

見え過ぎます。向かいの京都駅ビル内のオシャレバーの模様、
フィットネスクラブで機械と走っている人、屋上ビアガーデンの乾杯。
全域ピントクッキリで見え過ぎます。
要は、京都タワーが見える場所=それは見られているということ…
2013blog-2304.jpg良い感じで暮れてきました。
いつまで手持ちで撮れるか…

近頃は古コンデジで遊んでいましたが、やっぱ…一眼レフは違うなぁ
たとえそれが古デジ一眼のKissNであろうと。
2013blog-2305.jpgどんどん暗くなります。
双眼鏡で遊ぶのもそろそろ限界か。

周りに日本人は居ない感じでした。殆どがアジア圏の観光客。
2013blog-2306.jpgそれにしても、こんなものを古都京都に建造する際、
…というか、まぁ反対運動はあったと思われますが、それでも
よく建てれたもんだなぁ、と思っています。
そんな京都タワーも間もなく50周年。
2013blog-2307.jpgこうして引いて撮ってみると、夜景と構造物の組み合わせが
良い感じで撮れました。
うーん、ムーディ
2013blog-2308.jpgさぁ、あんまりここで時間を使っていたら
帰宅が異常に遅くなってしまいます。

そろそろ帰りましょう。
2013blog-2309.jpg展望台の階下にもこのようなラブラブスペースがありますが、
ここは空調が効いていないので、夏は暑いです。

天井で扇風機がグルグル廻ってはいるのですが…
2013blog-2314.jpg京都駅前の水の演出。

周りには人だかりができていました。
2013blog-2315.jpgいやー、思った以上に良かった

いや、内心しょぼいだろうと思ってました、実際登るまでは

いやいや、770円の値打ちはあります。快適だし、双眼鏡は使い放題だし。

また今度は、紅葉の時期に行こう。
2013blog-2297.jpgこの日は最後まで市バスのパスが活躍しました。
確実な着席を求めて、出町柳までバスで向かおうと思ったのですが…

ちゃんと乗り換えなしで行ける系統があるんですね。
さすがは京都、バスが重要な交通手段である街です。

いやー、それにしてもダラダラ書き続けてしまった
バイク記事?涼しくなるまで無理かもしれません
 
  1. 2013/07/16(火) 00:08:15|
  2. 国内街歩き・地元記事

京都に行って来ましただ その6 ラーメン食べて…

2013blog-2293.jpg京都駅にやって参りました。

駅ビルの佇まいも相変わらず凄い。
2013blog-2291.jpg昼はつけ麺、夜はラーメン。
多分、毎食ラーメンでも生きていける私達。

奥さんがリストアップした中から選んでみました。

京都駅より東に歩き、ほどなく到着しました。
2013blog-2287.jpg特製ラーメン。

単に大盛りをそう言うらしい。ネギ増しもできます。
2013blog-2288.jpgお店には、アジア圏の観光客もたくさん来店していて、
それぞれの言語でかかれたメニューもあります。

中国系の若人が数人グループで居たのですが、
観光だけでなく、留学なんかでも来てるのでしょうか。
2013blog-2289.jpg柔らかい薄切りチャーシュー、細くてコシのある麺。

醤油味によく合う組み合わせ。
2013blog-2290.jpg…写真ばっかり撮ってないで食べましょう。

いただきま~す
2013blog-2292.jpgあー、おいしかった。

私たちが訪れた際はすぐに入れたのですが、
退店の際には結構な行列ができていました。

地元ではかなりの人気店なのでしょう。

京都といえば荘系なのですが、それはまた今度の機会に
しておきました。
2013blog-2294.jpg大阪に住んでいる人間の大半が通天閣をそう頻繁には訪れていないように、
地元や近隣にある観光地にはそれほど立ち寄らないのでは?と
私は勝手に思っています。かくいう私もそういえば、通天閣やUSJに
かれこれ10年前後は訪れていないのです。

で、京都といえば寺社仏閣巡りという固定観念から解き放たれようと…
2013blog-2295.jpg私は、遂に京都タワー
足を踏み入れます!!

…なんだか鄙びた看板が
これまたいい味出してますね

2013blog-2296.jpg色違いの入場券。特に効能に違いは無さそうです。

で、この時点では、申し訳ないことに…さほど期待はしていなかたのですが
そんな懸念は一瞬で払拭されてしまったのです。それでは次回。
 
  1. 2013/07/15(月) 00:42:54|
  2. 国内街歩き・地元記事

京都に行って来ましただ その5 哲学の道を歩く

2013blog-2277.jpg水族館を満喫して、あとは残された時間をそれなりに楽しむこととなります。

バスの一日券があるので、いろんなところに行きましょう。
2013blog-2278.jpgで、いままで行ったことのない銀閣寺に行ってみようと思ったのですが、
既に時間は押し迫っていまして…

17:00 目前で閉門でした
2013blog-2279.jpgあー、まぁ仕方無い、また京都に行った際に

訪れることにしましょう。
2013blog-2280.jpgそのまま戻っても面白くないので、住宅街の路地を

縫うように進みます。
2013blog-2281.jpgこの近辺にあるのが「哲学の道」。

由来を調べてみよう…

哲学者の西田幾太郎という人がこの道を散策したことから云々…
2013blog-2282.jpgふむふむ、なるほど。小さい川沿いを程よい距離で歩ける
この小径は確かに良いロケーションです。
ちょうど紫陽花が咲き乱れていて良い感じです。
2013blog-2283.jpg今回のお供、EF17-85のISはこのような薄暗い場所では

相変わらずの安定した描写を提供してくれています。
2013blog-2284.jpgこの辺りの排水溝なんですが、この川には流れ込まず、
そのまま端を渡るようになっているんです…

ここより上側の土砂が川に流れ込まないように作られているのでしょう、か?


辺りは夕刻、涼しくなってきて
近隣の方たちが犬などをお散歩させています。

川には超大きな鯉が泳いでいます…結構浅い川なのに
殆ど底を擦りそうな感じで泳いでます。
2013blog-2285.jpgこのタイプの紫陽花、職場にも植えられているものにも
似たような咲き方をするものが存在します。

この花も奥が深いですね~
2013blog-2286.jpg近くの道に出ると、ちょうど京都駅に行くバスが来ました。
良いタイミングです。寺社仏閣巡りもこの時間だと不可能なので
京都駅近辺に参りましょう。
 
  1. 2013/07/14(日) 00:08:53|
  2. 国内街歩き・地元記事

腹が立って仕方がないので書くぞ

2013blog-2316.jpgラード君が車を乗り換えたそうだ。
相当な偏屈?変態?変人?なので今迄まともな車を持った試しが殆ど無く、
シビックシャトル・ジムニーJA11・そして前回の長物が乗らないグランビア
まぁそれなりに普通の日本車だった彼。
今回はMINIを買ってしまいました。幸い旧MINIではなく
BMWのR50(初代のONE)なのですが、色々改善事項が溜まってきて良い感じ。

で、色々依頼(純正オーディオでのAUX入力やipod接続)を受けて調べるのですが…
検索して出てくる情報に、

あまりに使えない画像なしの駄文サイトが多くて
ぐあああああ!!!!!!!!!イライライライライライラ
イライライライラさせられる!!!!!!!!!!!!!!!!!!
特にみんカラ民!!!!!!!!!!!!!!!!!!!お前だよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
使えねー情報ばっかダラダラグダグダ載せてんじゃねぇ!!!!!!!!!!!!!!!
時間泥棒!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!死ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

で、当然ですがそんなみんカラの中にも画像を多用してチュートリアル的にまとめた
有用な情報もたくさんあって助かることも多々あるんです。

それにしても外車は色々と変態で頭が痛い…


  1. 2013/07/13(土) 00:51:17|
  2. その他

京都に行って来ましただ その4 まだまだまだ京都水族館

2013blog-2267.jpgイルカショーです。
いやー、古都・京都でこんなものまで見ることができるとは…

後ろは梅小路公園。ひっきりなしに走ってくる新幹線が見えます。
2013blog-2268.jpgいつもは大概海のそばで見ることが多いこういった絵面。
陸をバックに跳ぶイルカ。
ショー自体はそれなりにボリュームもあって楽しめます。
2013blog-2269.jpg山紫水明エリアとして、京都に紐ついた水生生物を取り扱うコーナーも。

なんだこのナマズのような魚は
2013blog-2270.jpgイシガメです。
河川で大繁殖しているミシシッピアカミミガメ、要はミドリガメに押されて
今や絶滅の危機に晒されている日本のカメです。
クサガメならまだここら近辺でも見ることができますが、イシガメは
さすがに…
2013blog-2272.jpg屋外にて、カエルの特設展示がなされています。
2013blog-2271.jpgヒキガエルです…

ちょっとこういうのが苦手な方にはキツい画像でしょうか
2013blog-2273.jpg可愛らしい意匠の傘。
2013blog-2274.jpgツノガエルです。

昼間はジーっとしているのでしょうか
2013blog-2275.jpg水田を再現した展示スペースは、トンボも立ち寄りたくなる

ナイスなスポットなのでしょう。
2013blog-2276.jpgここまでで2時間くらいだったでしょうか、
もっとじっくり楽しむこともできますが、まだまだ京都を楽しむ必要があるので
これくらいにしておきましょう。

まだまだ続く。
 
  1. 2013/07/12(金) 00:36:48|
  2. 国内街歩き・地元記事

京都に行って来ましただ その3 まだまだ京都水族館

2013blog-2252.jpgまだまだ京都水族館が続きます。
順路を進むと、一旦外に出ることになり、ペンギン水槽に移ります。
ペンギンは見た目も動きも楽しいので、どこにでも飼育されている感じですね
2013blog-2253.jpg水やり?シーン。
2013blog-2254.jpgそして、大水槽の2階に入ります。

適当に撮ってもいい絵になりますね~
2013blog-2255.jpgエビ水槽。

派手な色ですね
2013blog-2256.jpgモクズショイ。

外敵から身を守るために海藻を背負って擬態するカニです
2013blog-2257.jpgこれは…なんとかカラッパでしたか

丸っこい可愛らしいカニです
2013blog-2258.jpg毒のある魚コーナー。

これは海洋に出る唯一のナマズとされるゴンズイです。
投げ釣りなんかでの外道でおなじみですね
2013blog-2259.jpgあれ、これってガシラじゃないですか?

所謂カサゴなのですが、
2013blog-2260.jpgヒレに毒があるなんて初めて知りました。

そうだったんだ…
2013blog-2261.jpgこれは…何だったっけ?

やたら寝ているのですが…
2013blog-2262.jpg裏方さんの部屋のような…

このような展示もあります。
2013blog-2263.jpgエビ。美味しそうですね
2013blog-2264.jpg生きた化石コーナー。
アンモナイトを思わせるオウムガイですが…こんな生き物が現世に
普通に存在していることが脅威ですね。よく見ると凄い形です
2013blog-2265.jpg絵的によく映えるクラゲコーナー。
2013blog-2266.jpgミズクラゲ。綺麗に照明を照射させて
とても美しい展示になっています。

まだまだ続きます
 
  1. 2013/07/11(木) 00:18:37|
  2. 国内街歩き・地元記事

京都に行って来ましただ その2 京都水族館へ

2013blog-2226.jpgいやはや、話題の施設です。

関西ローカルのテレビでも大概特集されて、入場も困難な日が続いたと
思われますが、さすがに半年経った平日だとのんびり見ることが
できるのではないでしょうか。
2013blog-2227.jpg市バスの一日券があったら、一割引きになります。
ここまで来るには…まぁ、バスが一番便利なので、買っておいて
損はないでしょう。
2013blog-2228.jpgよくぞこんな場所に海水を用意して海の生き物を連れてこれたもんだと
思うのですが…
川の生き物もたくさん居ます。オオサンショウウオなどの希少生物において
種の保存にも取り組んでいるようです
2013blog-2229.jpgアシカです。

鳴き声が結構うるさい
2013blog-2230.jpgゴマフアザラシですね、

このように、筒に入って呼吸ができるような仕掛けになっています。
別にここだけでしか呼吸できないわけではないのですが、
結構な頻度で入って、観衆を沸かせています。
2013blog-2231.jpgペンギンもたくさん飼育されています。
2013blog-2232.jpg水槽は見せるための演出がたくさんなされていて、

こんな感じで下から見上げたりすることも可能です。
2013blog-2233.jpg水族館の見どころである大水槽。
他の名だたる水族館からすると小ぶりですが、
そこは演出や覗き窓の配置などで楽しさを提供しています。

ちょうど餌やりタイムになりました。見て行きましょう。
2013blog-2234.jpgダイバーさんが直接、イカを直接与えたり、

オキアミをバラ撒いてパフォーマンス。
2013blog-2235.jpgダイバーさんによる浮上の演出。

水槽の深さを説明しています。
2013blog-2237.jpgイカを与えられたエイ。

バクバク食べていきます。
2013blog-2236.jpgところで、この餌やりで気になったというか、嫌でも目につくのが
アオウミガメのラッキーくん。
ものすごい勢いで餌をねだり、ダイバーさんに絡むので
これがおもしろくて見入ってしまいました。
2013blog-2238.jpgオキアミを撒く場面です。

魚は大概わかっているのでしょうか。
2013blog-2239.jpg特にこの黄色いのが

餌に執着してますね。
2013blog-2240.jpgエイのお腹。
しかし何がどう良くてこんな形に進化したのでしょうか…
不思議な形です。
2013blog-2241.jpg小窓。
ちょっと広角レンズになっているようで、
見え方が面白いです。
こういうのは他では見なかったので、新しい水族館における
試みなのでしょうか。
その3に続く。
 
  1. 2013/07/10(水) 00:38:25|
  2. 国内街歩き・地元記事

京都に行って来ましただ

2013blog-2205.jpg奥さんが暇になったので、京都に遊びに行くことに。
水族館もそろそろ普通に入場できるようになっただろうと思われますし…

京阪に乗らずとも元が取れる伝説のチケットこと
みやこびと1dayチケットがあるので、京阪特急でのんびり優雅に京都を目指します。
2013blog-2206.jpg旧3000系車両もリサイクル資源…いや、お星様になってしまったので、
8000系を狙います。

せっかくの長距離移動なんだし3ドア特急は避けたいところ。
2013blog-2207.jpg複々線区間の爽快な抜かしっぷりが楽しいです。

気が付けばスーパーカーをルーツとする方の2600系も
驚くほどにその数を減らしてしまいました。
2013blog-2208.jpg複々線が終わると、あとはのんびりグネグネ走る区間になります。

この辺りの走りを見て思うのは、普段乗ってる特急サザンが
結構気合の入った走りをしているということ。
泉佐野以南の曲線の多い区間でも、めいっぱい加速してから
速度制限手前まで速度を絞る感じ。
2013blog-2209.jpg木津川を渡り、京都に近づいてきます。

いやー、この前行ったのが…いつだったっけ
2013blog-2210.jpg到着。

相変わらず夏が蒸し暑い…
これで冬が意外と寒いんだから、私は住めませんです
2013blog-2211.jpg市バスの一日券(¥500)を購入し、

まずは腹ごしらえスポットを目指します。
2013blog-2212.jpgpdfで落としたバス路線図とにらめっこして、最寄りに行く系統を
探したのですが、ああ、一時間に1本しかない…

地下鉄にエスケープします。一駅210円は結構痛い
2013blog-2213.jpg近鉄の車両が来ました。
奥さんは京都の電車で南海の広告があることを不思議がっていましたが、
近鉄車両の広告ってどこで(近畿と中京)を分けているのでしょうか。

そういえばこの車両、間合いで難波まで来るんですよね
いつかは奈良行きの急行で乗りたいもんです
2013blog-2214.jpg暑い…ちょっと歩かないといけません。
2013blog-2215.jpg綺麗に並んだスーパーカブ。
良い雰囲気ですね。
…カブはやっぱこの古い形のがいいなぁ
2013blog-2225.jpg過去に食べたことがあって、濃厚な魚介スープが忘れられない
つけ麺屋さんがあるんです。調べてみたら盛業中なので
再来訪することに。

…お店の看板、撮るの忘れてた
麺や高倉二条というお店です
2013blog-2216.jpg麺はまるでザルそばのよう。
2013blog-2217.jpgダシは超濃厚、魚介が効きまくった豚骨スープ。

ああうまい。至福のひとときです
2013blog-2218.jpgああ、おなかいっぱい
だけど、麺増量(¥100)してもよかったか

一時間に1本のバスがちょうど来そうなので、バス停に向かいます。
京都は学生の街なのか、バイク屋さんが多いです。
お、これはあたらしい[クロスカブ]ことCC110じゃないですか。
え、まぁそりゃハンターカブのほうが…
2013blog-2219.jpgこの近辺は、京町家とはまた異なった感じの

建物が散見されます。良い雰囲気ですね。
2013blog-2220.jpgバス停にて少し待つと、良いタイミングでやってきました。

しかしこの本数だと、時間を確認した上での行動になりますね
2013blog-2221.jpg平日昼間でもそれなりに利用されています。

もうちょっと乗車チャンスが有っても良さそう
2013blog-2222.jpg四条烏丸に戻って参りました。
2013blog-2223.jpgバスネットワーク上の需要な交点のようで、

ロケーションシステムも高機能な液晶モニターを用いたものです。
2013blog-2224.jpg繁華街から水族館に向かうことができる系統は多く、
10分間隔で待つことなく向かうことができます。

その2に続く。
 
  1. 2013/07/09(火) 00:51:47|
  2. 国内街歩き・地元記事

PowerShot G1のようなモノたち4号 EPSON CP-920Z

2013blog-2162.jpgPowerShot G1・2のレンズモジュールをOEMした機種を集める
悪い遊びも中盤に入ってまいりました。
それにしても、こんなに多くの機種にOEMされていたとは驚きですが、
よく考えれば、三洋電機というOEMメーカーもあったというわけで…
2013blog-2163.jpg世に出ているコンデジ、所謂コンパクトなデジタルカメラは
その多くが三洋電機によるOEMだったそうです。
私が手にしたモデルたちのどれほどが三洋電機によるものかは
わからないのではありますが…
2013blog-2164.jpg本日のターゲットは、EPSON、そう、近頃はプリンターでおなじみの
セイコーエプソン社の…デジタルカメラです。
デジタルカメラの発展期に、それなりに商品展開をしていたのですが、
それほど市場に出ることもなかったようで、この機種含めて入手は難しい様子。
2013blog-2165.jpg2013年現在は、ライカなどのMマウントレンズが使える
超変態カメラことR-D1xGが孤高の存在となっています。
30万円近くする変態っぷりですが、エプソンサイトのトップページから
クリック3回で商品ページに行くことができるんです。
2013blog-2166.jpg開梱。

グリップが出っ張っていて、携行性は…嵩張りますが、
ホールド性には大いに寄与しています。
2013blog-2167.jpg日本製です。

…なんだこのシマシマは
2013blog-2168.jpg背面。
ボタンに機能は割り振られていないようで、
そのファンクションや設定毎に、液晶の裾に
機能が表示されるようです
2013blog-2169.jpgこの青緑のボタン…なんなんだ
2013blog-2170.jpg残念ながら、バッテリーからの液漏れで
内部が侵食されていそうな予感。
塗装のシマシマも、それによるものでしょうか。
2013blog-2171.jpgとりあえず、バラします。
ネジはある程度共通化されていて、分解は比較的楽です。

ああ、結構液体が内部を伝っていたようだ
2013blog-2172.jpgバッテリーケース内。

端子も侵食されています。
ここは手が入らないので、なんとか削って導通を出すか
2013blog-2173.jpgバッテリー蓋も汚れていたので、外して水洗します。
2013blog-2174.jpg抜本的に直せないので、電源が入るなら

とりあえず撮ってみて、コレクション行きですね。
2013blog-2175.jpgエネループを入れて、電源投入テスト。

おお、起動した
2013blog-2176.jpg困ったことに、電池蓋のツメが3箇所あるうちの2つが
折れてしまっていて、そのままでは電源の供給ができないのです。
指でかなり強く押さえないと、保持できないのです。
2013blog-2177.jpgなんとか押さえながら、各種設定や撮影を試みます。
2013blog-2178.jpg各ボタンの機能は、やはり液晶上に表示される仕様のようです。

これ、親切なのか多機能なのか、使いやすいのかよくわかりません。
2013blog-2179.jpg軍艦部に液晶がありますが、あまり大きいものでもなく、
表示される情報も少ないです。

これはセットアップモードにした場合の表示。
2013blog-2180.jpg年号も意地で合わせますが、ちょっとでも指の力が抜けると
そこでシャットダウンです。
根気よく続けましょう。
2013blog-2181.jpgCFカードを挿し込みます。
撮影可能枚数が表示されます。

大容量なのは試していないので、どこまで使えるかは
わからずじまいです…スミマセン
2013blog-2182.jpgよっしゃ、あとはちょっと撮って終わりにするか…
2013blog-2161.jpgはい、ファーストショット。
フラッシュの設定が残ったままでした…
画素数が低いままで撮ったのか、640×480です
2013blog-2160.jpgもう一枚、フラッシュOFFで撮ってみる。

あれ、なんだこの色調!!ホワイトバランスが絶妙です。
撮って出しでこの自然な色調、うちで眠ってる
PowerShot G9に教えてやりたいもんですわ…
 
  1. 2013/07/08(月) 00:39:37|
  2. カメラ-コンデジ

ファミコンがやりたい時期というもの

2013blog-2142.jpg奥さんが唐突に「ファミコンがやりたい」と言うので
久方ぶりに引っ張り出してきました。

この手合いのハード、メインストリームから降格してもう十数年は経つはず
なのですが、未だに起動可能なのは素晴らしい。
2013blog-2143.jpgROMカセットを用いたことで回転部や摺動部がほぼ無いことが、
ハードやソフトの長寿命に寄与しているのかどうか。
昔は端子フーフーこと口ブロアで対処していましたが、今なら接点復活剤があるので
それにて接触不良もへのカッパ。

ちなみにスーパーファミコン(SFC)本体に載っかっているこの怪しいマシン、
SFCでファミコン(FC)がプレイできてしまうという脅威のエミュレーター?
TRI-STARというもの。大昔にフリマで入手したものですが、今や高値の希少品に
なってしまったそうです
2013blog-2144.jpg2人プレイで盛り上がりたいので、

まずはこれだね、マリオブラザーズ。
2013blog-2145.jpgいやー、懐かしい。

このゲーム、SEが秀逸なんですよね
2013blog-2146.jpgそのうち本気になってきて、奥さんもこういう単純なゲームは飲み込みが早いのか
あっという間にPhase56まで行けました。
幼少の頃に、おじいちゃんとやり込んだ際にも、
ここまでは行けませんでした。
2013blog-2147.jpgスーパーマリオもあったのでプレイ。

得意だった無限増殖もなかなか思い出せない
…時が経とこうなるんだなぁ
2013blog-2148.jpg色々掘り出してきました。
手前にある「ジャンボ尾崎のHOLE IN ONE」
このゲームは弟と白熱した覚えがあります。
名前欄に特定の言葉を入れると、ドライバーがメタルになって超強化されるのですが、
カセットの裏にその名前が書き込まれていました…
2013blog-2149.jpgプレイ画面。
初代「GOLF」同様、見下ろしの画面+3回押しショットの構成。
地味なゲームですが、良くできていて面白いんです。

このゲームをリリースした「HAL研究所」は後に星のカービィシリーズで
その名を馳せることとなりました。
2013blog-2150.jpgで、これが面白くなってハドフにジャンクカゴ漁り…となるわけですが
大概は狩られた後なのと、名作やレア物はジャンクカゴではなく普通に
中古として売られているのでなかなか見つからない。
とりあえず、テニスを買ってきました。

あれ…結構面白いぞ…しばらくはこれで遊べそう
 
  1. 2013/07/07(日) 00:27:29|
  2. ゲームなど

SH-01D ちょっとだけ綺麗に

2013blog-2159.jpg2012年2月に購入し、かれこれ1年半近く使ってきたSH-01D。
高性能かつ高精細な画面を持つ新型が多々リリースされ、
そろそろ過去の機種になろうとしていますが、
奥さんの個体含めまだまだ使用していこうと思うのです。

というか、これくらい枯れた機種になってくると
保護フィルムなどは探しても見つからないのです。

この辺り、機種ごとの専用設計になってくるので
致し方ないのですが、どうしても店頭より通販となってしまうのです。

で、型番+保護フィルムの名前で検索すると、ヨドバシカメラの
通販サイトが出てきました。

そしてなんと!!送料が無料です。こりゃAmazonと戦えるスペックですね。
2013blog-2151.jpgてなわけで注文。

ゆうパックですかさず到着。
2013blog-2152.jpg今回購入したのは、SH-01Dのリアカバー SH56と

ASDECのARコートがなされた保護フィルム AR-SH01Dです。
2013blog-2154.jpgASDECのシートは高品質かつ低反射で携帯電話の頃から
とても気に入って使っていたのですが、当方のヤスリのような手だと
このように擦り切れてしまいます。

まぁ、1年半触り倒したのでこんなもんでしょうか
2013blog-2153.jpg当方は、カバー無しのスリムな形態で使用していたので、
外装はもうボロボロ。

ですが、画面と背面が主となるスマートフォンですと、リアカバーの
更新でなんとかそれなりにリフレッシュできるのでは?という目論見。
2013blog-2155.jpgフィルムの貼り替えは、ホコリの少ない場所で行うのが良いそうだ。

と、いうわけでカメラレンズ用ブロアとホコリ取りのセロテープで臨みます。
2013blog-2157.jpgまぁ、いくら画面と背面が綺麗になっても、エッジ部分のこういった
メッキはいとも簡単に剥げてきます。

この辺り、敢えてみすぼらしくなりやすくしているのだろうかと
勘ぐってしまいます。
2013blog-2156.jpg画面はこの通り、新品の輝き。
剥がしたシートは経年によって黄変していたようで、
白い壁に貼るとちょっと黄色っぽくなっていました。

本来であればもう少し早めに貼り替えたほうが良いのでしょう。
2013blog-2158.jpgそうだ、メッキ剥げはエッジだけでなく、こういった部分にも
及んでいました。

これ、どうにかできないもんかなぁ?
 
  1. 2013/07/06(土) 00:24:08|
  2. 携帯電話

SJ30 30年目の車検です

2012blog-1916.jpg私が愛用しているこのSJ30は2型になります。
フリーハブとディスクブレーキ、ブレードヒューズとACCポジションが付いた
お得な仕様?なのですが、そう、要は1983年式なんです。今年で30年。

そして、車検というわけなのですが、あれ、軽自動車って初回3年じゃないの…か、
TACで在庫になっていた際にずれ込んだのか??
2013blog-2183.jpgお昼の間に自賠責と任意保険を払います。
ゴールド免許と年齢制限でかなり安くなってきて嬉しい限り。

そして夕方、我が屋敷の怪しいマシーンが集結しました。
作業開始です。
2013blog-2184.jpg今回は、前回開けなかったリアドラムも
久々に開けてみましょう。

オフロード、その内でも渡河やどろんこ遊びをしないのであれば
ブレーキシューもパッドも、それほど減りません。車格に対して
オーバークオリティなブレーキ故のことでしょうか。

が、さすがにダストが酷い。
2013blog-2185.jpgパークリで洗い流します。するとこの通り。あっという間にピカピカ。
あとは片減りしたシューを補正するために、アジャスターを廻します。
このSJ30の2型は、ブレーキシューのオートアジャスターがありながらに
マニュアルのアジャスターも備わったという変態仕様で、
ちゃんと調整してやれば、シューを片減りさせずに使いきれるという
ある意味経済的かつ、部品点数の多い豪華仕様になっています。
この後、3型からはマニュアルアジャスターは廃されました。
2013blog-2186.jpg軽く錆を落として、つや消しブラックを塗装。

見た目だけは新品だぜ??????
2013blog-2187.jpgここでJB32とホイールチェンジ。
なんでこんなことをするのか、と言いますと、
現在、SJ30に履かせているJB23の3型?4型?の純正アルミホイールは、
貨物用のJWL-T規格を満たしていないのです。
そりゃ乗用仕様しかないので省かれても致し方ないのですが…
2013blog-2188.jpg翌々日。

下回りも高圧洗浄で洗って、錆を落として缶スプレーでブラック塗装。
書類も揃えて出発準備は間もなく完了です。
2013blog-2189.jpg所謂、目の周りは光軸調整のために外しておきます。

どうしても錆で固着してしまうネジは2年前に養生したのですが、
この日もクルクル回せる状態の良さ。
2013blog-2190.jpgとりあえず、、綺麗に見えれば良いかと
油をパークリで拭って、黒ベタ塗りです。

いつかはもっと高度にバラして、リーフスプリング共々
スプレーガン塗装をしてやりたいもんです。
2013blog-2191.jpgこの日はゲリラ豪雨に見舞われたりと結構なコンディションですが、
控えめ運転で、和泉にある軽検査場へとひた走ります。

エアコン…いや、クーラーか。これがよく効いてもう快適。
軟弱仕様ですが、疲れやすくなったオッサンの体には必須アイテムです
2013blog-2192.jpgこの和泉中央へ向かう道、大概はこの信号で引っかかってしまいます。

そういえば、JB32を持ち込んだ時も同じアングルで撮ってる…
2013blog-2193.jpg到着。

なんとガラガラです。AZワゴンRを持ち込んだときは外まで検査待ちの列が
あったというのに…まぁ空いているに越したことはない。
2013blog-2194.jpgとっとと書類の記入と諸費用の払込を済ませ、レーンにならびます。
2013blog-2195.jpgもう車検なんて慣れたもんだぜヒャッハー!!!!

…と、言いたいところだが、やっぱり光軸だけはどうしようもできない。
旧型のレーンだと、光軸がどっちにズレているか表示してくれるので…
2013blog-2196.jpgそれに合わせて、このように壁にハイビームを照射させ、
光軸調整ネジを廻してこれくらいかなー??という感じで
再挑戦。それが駄目なら素直に調整屋さんに持ち込むつもりでした、が
2013blog-2197.jpg2回目で合格!!
これで平成27年までは乗れるぜーーーーー!!!

ちなみに、軽貨物登録車におけるJWLホイールのことを
検査官さんにたずねてみたのですが、今のところはJWL-Tが無くても
通しているのですが、そろそろT無しでは駄目にするということが
検討されているそうです。ということは今ならOK、私が次に通す
2年後だとわからない、ということになります。
2013blog-2198.jpgそして、定番のハドフ巡りと…
2013blog-2199.jpg東岸和田の駅周辺。
この辺りは鄙びた飲食店が立ち並んでいた場所だった筈なのですが…

10年経てばこの通り、マンションがたくさん立ち並んで街並みが完全に
変化してしまいました。
2013blog-2200.jpg駅も高架化されるそうで、いやー、10年先はどうなっていることやら。

で、今日は第二阪和まで降りずに、通称13号線こと府道30号線を
走っています。
2013blog-2201.jpg目的地はここ。

ハゲラ君が我が屋敷に修理依頼などで来訪する際、
いつも買ってきてくれる美味しいシュークリームがあるのです。
そのお店が東岸和田にあるということで。
2013blog-2202.jpg奥さんに買って帰る、というかお土産をリクエストされていたのですね。

相変わらず衣サクサク、中身トローリで美味しいシュークリームでした。
2013blog-2203.jpg早いこと帰ってのんびりしたかったので、今日の寄り道は
これくらいにします。
またそのうち、強い雨も降ってくるかも知れませんし。
2013blog-2204.jpg近頃の車検証は走行距離の差分まで記載されるようになっているのですね。
距離計の巻き戻し対策なのでしょう。

2年で1,900Km、今や奥さんが寄り付かなくなってしまった
サードカーの割には走っている方でしょうか。
 
  1. 2013/07/05(金) 00:46:56|
  2. ジムニー

バブカセ屋敷のLAN補修

2012blog-2887.jpg昨年12月に、我が家の1階に降りてくる有線LANがおだぶつになってしまったようで、
永きに渡ってルーター→2F無線親機→1F無線子機→1F無線親機という
よくわからない連携にて使用されてきた我が屋敷。

いつまでもこのままで放っておくわけにはいきません。
とっとと直しましょう。
2013blog-2131.jpg我が屋敷のリビングの隅に、LANコンセントがあります。
2階から自分で必死こいて引いてきた(プリカと通線針金は施工済)ものですが、
何かやり方がマズかったんだろうな…

因みにこの辺りはパソコン机や防湿庫など、物だらけなので
寝そべって体を捻らないと作業ができません…
2013blog-2141.jpg場所はこんな感じ。

この奥の角になります。
2013blog-2132.jpg昔に日本橋で購入したLANコンセント。

当時は高価だった松下電工のものより
かなり安かったので導入したもの。
2013blog-2133.jpgこれも日本橋で入手したモジュラーケーブルテスター。
怪しい激安LAN工事セットに含まれていたもの。
近頃まで、まだなんとかバラで売られているのを見ることができたが

そろそろ店頭での入手は難しくなりそうです。
2013blog-2137.jpg親機と子機があり、ケーブルのどちらか片方に

子機を付けてから、親機を繋いでケーブルの導通を確認するもの。
2013blog-2134.jpg導通しか確認できないのですが、あるとないとでは大違い。
で、12345678の順に光っていくのですが、不点灯の線があるのです。

コネクタをカシめ直したり、コネクタの接触不良を疑いましたが…
2013blog-2135.jpgコンセントがダメなようです。

画像のようにちゃんと工夫された形状ですが、カシメるのに結構力が要るのと
今回のように導通不良が出るケースもあるということなんです。
2013blog-2136.jpgと、いうわけで早速買って参りました。
パナソニック電工の「ぐっとす」シリーズ。

よくわかんない名前ですが、その施工の容易さは電設屋さんの
大きな助けとなっていることでしょう。
2013blog-2138.jpg背面の留め具が挿し込み治具を兼ねています。
谷間にガイドからスッと入れて、工具でぐぐっと押しこむと完成。
こりゃラクです
2013blog-2139.jpgそれでは導通確認!!

ナイトライダーのフラッシャーのようにLEDが流れていきます。
1から8まで綺麗に流れたので、これで有線LANが構築し直せます。
2013blog-2140.jpgまたしても超絶無理な姿勢で「ぐっとす」を本設。

結果…無事に有線で接続ができました。
これで、無線LANイーサネットアダプタを介さなくとも有線で高速?快適な
インターネット環境が戻って来ました。
 
  1. 2013/07/04(木) 00:48:46|
  2. パソコン

パッソル レッグシールド交換

2013blog-2126.jpg毎日が苦悩と改善と行動な私…なのかはわかりませんが、

今日はこんな苦悩を改善します。
2013blog-2127.jpgほい、
スクーターやカブでおなじみの、
足の前の風避けことレッグシールドです。
2013blog-2129.jpg我が屋敷でチョイノリ替わりとして頑張ってくれているパッソル。

もう導入から10年が経ちました。
で、表題のレッグシールドがこの通り。
2013blog-2128.jpg10年前に買ったときにも既に割れてなくなっていたレッグシールド。
外装を緑にしたときに一緒に付いてきた状態の良いものを装着したのですが、
強力な陽射しに含まれる紫外線や、駅の駐輪場で隣の自転車からの
アタックを受けたりしてこの有様。

これでは足元を風雨から守れません。
2013blog-2130.jpg装着はネジ3本であっという間。
みすぼらしかったパッソルも、これでちょっとはマシになったか。

そしてこのパッソル、後日にまた困った点を改善いたします。
 
  1. 2013/07/03(水) 00:20:49|
  2. オートバイ-S50パッソル

Serial ATAケーブルを交換します(相性悪くて失敗)

2013blog-2113.jpg以前、シリアルATAケーブルの不調?接触不良?により起動不能になった
我が屋敷のPrius DH73P2。

ケーブル交換で近頃は元気に稼働していますが、それもまた
ジャンクバルク100円のもの、なんだか不安。
2013blog-2114.jpgと、いうわけで調べてみたところ、ケーブルにも性能というものがあって
耐ノイズ性や信号の減衰を少なくした高性能ケーブルというものが
ちゃんと存在するようです。

もう、居ても立ってもいられなくなって買って来ました。
2013blog-2115.jpgOwltechのシリアルATAケーブル。サイトで高性能を謳っているので
購入することに。

あらら、口金の形状によってSerialATA2と3.0が混在してる…
買う前に見れば良かったのですが、当方の個体は
SerialATA2と思われるので気にしないことに。
2013blog-2116.jpgそれでは分解。

バルクのシリアルATAケーブルはちょっと長すぎるので
このように大回りになっていました。
2013blog-2117.jpg可もなく不可もなくですが、ロック爪があるケーブル。
2013blog-2118.jpgこれがOwltechのもの。

シールドがなされているものをあえてセレクト。
否応なしに期待が高まります。
2013blog-2119.jpgドライブ側に爪が付いていますが、殆ど引っ掛かりません。

本来は、反対側をドライブに挿すのでしょう。

それにしても、このシリアルATA規格のコネクタ、なんであんな頼りない形状に
したのでしょうか…
2013blog-2120.jpgで、マザーボード側をL字コネクタにしました。

薄型筐体なので、少しでも…と思ったのですが…
2013blog-2121.jpg起動する。

HDDが認識されていません。
2013blog-2122.jpgBIOSで覗いてみると…何だかバグっています。

そして繋がっているはずのドライブが見当たりません。
2013blog-2124.jpg接点復活剤を塗ったり、何度も挿し直したりして
ようやく両ドライブが認識されました。

繋ぎ勝手でHDDが起動ドライブになっていたので
そのままでは起動できません。BIOSでSSDに切り替えると…
2013blog-2125.jpgよっし!!起動できた。
が、この後ケースカバーをして再度起動すると、またSSDが見つからなくなっていました。
元々のケーブルに戻すと、何事もなく起動するので、このケーブルとの相性が悪いということと判断し、
返品、というか相性保障ということにしていただき、差額525円の授業料となってしまいました。
お店での検証では、何のトラブルも無くドライブが認識されていたとの報告。ケーブルの品質には
何ら問題は無いということです。しかし相性不良、こういうところでいきなり発動するか…
 
  1. 2013/07/02(火) 00:49:11|
  2. パソコン
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する