FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

さようなら 特急サザン 10005F その2

2013blog-1225.jpgこの日のイベントですが、ツアーにおいて昼食を挟んだ関係で
折り返し時間が長く、撮り鉄にとってはそこが辛抱の時だったでしょう。
撮影スポットでは、既に場所取りが始まっていました。

当方は、城ヶ崎にて休憩。これがバイクの機動力ですね。
2013blog-1226.jpgお昼ご飯はマクドナルドさんですよ。

いい景色とバイクとで、嗚呼…もう最高!!
2013blog-1227.jpgよく潮が引いているようで、かなり先まで陸地が見えています。
道具を用いて潮干狩りをしている半ばプロのような人、
学校の校外学習らしき一団、そして爽やかカップルも。
2013blog-1228.jpg前回、CB50Sを停めた場所にて。
時間もあるし、今日は海岸を散策してみましょう。
しい鉄ヲタ男がひとりで凸撃します。
2013blog-1229.jpg足元が不安です…体重が増えたからか、こういったところを歩くのが

苦手になってしまったようだ。
2013blog-1230.jpg潮だまりです。

小魚やその他の生き物が取り残されていないか
観察するのが楽しいです。
2013blog-1231.jpgでっかいウミウシ、というかこれアメフラシですね
探すのに困らないくらい大量に生息しています。
よく探すと卵も大量に産み付けられています。
そりゃ釣りをしていたらよく引っかかるんだなと
納得してしまう位の量でした…
2013blog-1232.jpgムラサキウニです。

結構普通に潮溜まりに居るんだなこれが…
食べるにはちょっと小さいか
2013blog-1233.jpg水面から出ているのは、ワカメの茎でしょうか。

葉がないので、食用に刈られてしまった残りでしょう
2013blog-1234.jpgさて、いい時間になったので撤収、じゃなくて

撮影地探しですね、そもそも本題がサザンですし
東松江近辺、土入川という川に架かった橋梁を渡る姿を撮ろうと思ったのですが、
北島線跡の橋が鉄ヲタ祭りだったので、離れた場所から狙います。
2013blog-1235.jpg当然ながら、こんな所で撮るのは私ひとりだけ。
近頃は過熱した鉄ヲタの醜悪な行為がメディア上で問題視され、ネット上でやたら煽られていますが、
今日一日を通じて沿線を走って見てきた感じでは、そりゃネタにされても
しゃーないわという感じでした。針小棒大に煽る側にも問題はあると思いますが。

人が群れる場所で撮ったとしても、機材と構図の差くらいで
判で押したような写真しか撮れないわけですよ

構図を練る。もうちょっと寄ったほうがいいかな?
2013blog-1236.jpgあっという間に本番です。
これくらい離れれば、鉄ヲタも通行人として処理できるでしょう。

で、最後は住之江への回送を撮るのですが、それは近所で見送ろうということで、
ちょっとペースを上げて、また大川回りで帰ります。
2013blog-1237.jpg岬町まで帰って来ました。
いつもの踏切はまたしても超逆光かつ既に鉄ヲタ祭りになっていたので、
古墳の畔で撮ることに。

まずは頭から撮って、
2013blog-1238.jpgケツ撃ちで順光から撮れる、一粒で二つの美味しいスポットです。

まぁ架線柱や雑木などで写真としてはアレですが…
2013blog-1239.jpg上画像のサザンプレミアムが通過したら、ほどなく
回送がやってきました。
速度は控えめなので、余裕を持って撮れます。
2013blog-1242.jpg単独2両の回送…

これは強烈な絵面ですね
2013blog-1240.jpgおそらく、もう二度と走ることのない線路の上を走り去っていきます。

今までお世話になりました。ありがとう、さようなら。
2013blog-1241.jpg電車が来るので最後に1枚。

さぁ、そろそろ帰宅しましょう。
ここで最後にしたので、家まで2分です。
2013blog-1209.jpg今日は一日を通して良い天気でした。
ちょっと面の皮が張った感じがします。相当日焼けしたのでしょう。

このイベントに携わった皆様、楽しいイベントをありがとうございました。
乗ったり、撮ったりで楽しまれた鉄ヲタの皆様はお疲れ様でした。
 
スポンサーサイト



  1. 2013/04/30(火) 00:20:57|
  2. 鉄ヲタ

さようなら 特急サザン 10005F

2013blog-1205.jpg近頃の南海電車でホットな話題といえば(ヲタ限定)
泉北3000系の南海譲渡と高野線への1004F貸出、
あと、9000系の側灯が嵩上げされたらしいという情報もありますが、

やはり、特急サザン・10005編成の引退でしょうか。
2013blog-1204.jpgこの編成は新型ATSなどの省令対応工事がなされていなかったそうなので、
去就が気になるところでしたが、やはりというか、うーむ。

当方が所蔵している画像など、大概ここ10年のものしかなく、
まぁいま見れないのは、せいぜい8連運用のこの画像(串パンじゃないか)
くらいでしょうか。
2013blog-1206.jpgひっそりと消えてしまった10006F(F=formation 編成)と異なり
10005Fはまたこれがヲタ心をくすぐり殺してしまうイベントが用意されまして

これが普段4両組成のサザンの両端2両を使って、
まずは本線を2+4の6両で運行し、さらに設備の制約で営業では
2両しか入れない(であろう)加太線で運行してしまおうというもの。
2013blog-1207.jpg当然、加太線にこの車両が営業で(たぶん試運転でも…)乗り入れるのは
初めてとのこと、これは是非見に行きたい、記録したいわけですよ。

と、いうわけでいつもの場所へ。
一枚目の画像の場所で撮ろうと思っていたのですが、
既にヲタ祭りになっていました。普段は誰もいない場所なのに…
2013blog-1210.jpgこのカーブはAPS-Cで200mm以上の(ということはフルサイズだとそれ以上)
レンズが必要なのと、超逆光になるので誰もいません。
丁度良いというのかなんというのか。

来る電車で構図を考えます。6両なので、こんなもんかな?もっと寄れるか
2013blog-1211.jpg逆に引き付け過ぎると、前の2両、要は今日の主役があまり写りません。

それにしてもLED行先表示ってどうしても切れちゃうんですね
この場所、機材で1/250以下は結構キツそう?
2013blog-1212.jpgさぁ、いくぜ!!

いや、本番に弱いのはいつものこと、キニシナイ
まぁ80点くらいのが撮れたらOKOK…だって
2013blog-1243.jpgRAW現像で補正てんこ盛り+
トリミングしちゃえば、ほらバッチリ!!
2013blog-1208.jpgすかさずPowershot S80で後撃ち。
相方は7193Fでした。
ツアー内容ではこちらにも分乗するプランがあったそう。

さて、次なるポイントに向かいましょう。
Jazzでの移動ですが、時間には余裕があります。
2013blog-1213.jpg天気が良いので気持ち良いツーリング日和となりました。
水軒の廃止日を思い出しながら大川回りで加太着。
あー、ここで撮ったらいいかもと…思っていたポイントは大概鉄ヲタ祭りになっていたので、
なるべくのんびりとした場所を、というわけで磯ノ浦駅近辺のこの場所に。

EOSと80-200では長すぎるので、ここでPowershot Pro1が登場。
2013blog-1214.jpg背後は海。ですが背後ゆえに海と絡めて撮れないのが残念ですが、
紀州の陽気に照らされた山並をバックにするのもいいもんだ。

このポイントもチラホラと鉄ヲタが待機していまして、一般の行楽客がそこらで
鉄ヲタに「なにか来るの?」と尋ねる姿が見られました。
2013blog-1215.jpg当方も同様に尋ねられたのですが、・件のイベントのこと、・間もなく当該が来ること、
・そして鉄道に興味がなくとも、一見する値打ちはあるものと思われるので、
あと数分、待っていただくことを提案しました。それにしても和歌山の人は
(県外からの観光客かもしれませんが)とても人懐っこくて、こちらも嬉しくなります。

さぁ、本番です。
一般の方も傍らで持参したカメラや携帯にて撮影。テンションは最高潮です。
私もこの絵面に大興奮。いやーだって2両サザン加太線で走ってるんですよ。
なんだか変な夢でも見ているようです。
2013blog-1216.jpg鉄ヲタ祭りが終わって、蜘蛛の子を散らすように人がいなくなりました。

ですが、この景色!!このまま離れるのは勿体無い。
暫くのんびりしてから、昼食を調達しに走ります。
2013blog-1217.jpg加太駅にも寄っておきましょう。

既にツアー御一行様は加太で昼食に向かわれた後です。
2013blog-1224.jpgいやー、こりゃすごい組み合わせだなぁ
2013blog-1219.jpg近頃、開業100周年や吉本興業とのタイアップがあった加太。
観光資源のPRなどで誘致にも力が入っています。

その玄関口である加太駅も、その「取り残された?古さ」を活かした演出が
行われています。。
2013blog-1218.jpg2番線を活用して留置しています。

これは多奈川線にサザンプレミアムが来た際も
同様の手法が使われていましたね。
駅前ではグッズ販売。もう南海鉄道まつりでは手に入らないものもありました。
数点購入したのち、入場券で改札内へ。
2013blog-1221.jpgうむ、これはすごい。加太駅に特急サザン。

ちなみにベストショットポイントかつ特急幕を掲示している2番線の奥には
ツアー参加者しか入れないようになっていて、
ちゃんと参加した分の旨味が得られるように考えられています。
2013blog-1220.jpg古い建物の木枠窓や鉄枠サッシと共に見ることができる
ヨレヨレのガラスですが、波打ちガラスと呼ばれているのですね。
この他、古レール柱などもその旨の掲示がされていました。

こりゃもう建て替えることはできなくなっちゃたな、この駅舎
2013blog-1222.jpg先頭車同士で隣り合った1号車・2号車の表示は久方振りではないでしょうか。
本来の2・3号車である10805・10105号車はいちはやく中抜きされて、
今回のイベントで部品が販売されることから、解体が始まっているものと思われます。

ああ、これでグレードアップ車(1992年頃に製造された、ちょっとシートピッチが広い車両)
当たる確率が増えたことになるのですが、なんだか複雑…
2013blog-1223.jpgサザン座席指定車での快適移動をPRする看板と、
…実車そのもの

どうせ廃車するんだったらこのまま置いといてリアル看板にでもしてみて…無理か

後編へ続く。
 
  1. 2013/04/29(月) 00:02:55|
  2. 鉄ヲタ

タイヤが届きました♪

2013blog-1201.jpg給料が入ったので、タイヤを注文しました。

何のって?そう、シャリィに履かせるやつですよ!!
2013blog-1203.jpgシャリィなのに14インチなので、リトルカブ用のスタンダードなもの、
近頃売れ筋の原二スクーター用のハイグリップ、
オフロード向けのキャラメルタイヤも。
種類は色々あるので悩ましいですが、
やっぱタウンユースなのでこれでしょうか??

DUNLOP ROADMASTER TT100Aです。
2013blog-1202.jpgなぜTT100”A”なのか、よくわからないのですが、
2.75-14という奇特サイズのみのラインナップ、いったい
誰のために、何のために国内販売されているのでしょうか。

国内で14インチ…リトルカブ、郵政カブ、GS50、ミニトレ…
うーん、どれだろう。
更にこれってチューブレスタイヤなんですよね。
 
  1. 2013/04/28(日) 00:51:02|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

CF50Zシャリィ スポーク仮組まで

2013blog-1182.jpg前回、黒く塗ったパーツをクリア塗装します。

足つけも何もせず、ホコリを飛ばすだけでそのまま塗っちゃってますが
普通に定着してしまうようだ。
2013blog-1183.jpgモンキーのテールべースも良い感じ。
2013blog-1184.jpgブレーキパネルも良い感じ。
2013blog-1185.jpgリムも良い感じ…と言いたいところなのですが、
一部塗膜が荒れてしまったのです。

まぁ、そんなにジロジロ見ないところだし、いいか(いいのか?)
2013blog-1186.jpgウレタンクリアの耐蝕性と肉持ち感はさすがで、
今迄の適当塗装を過去のものにしてしまいます。

早いことJazzも塗りたいなぁ
2013blog-1187.jpg生乾きのまま、はやる気持ちで作業をしようと思いましたが、

うーん、まだ指紋がつく(パッチテスト)ので明日にしよう。
2013blog-1188.jpg翌日。

早速、ドラムからスポークを張っていきます。
2013blog-1189.jpgもう慣れたもの??
まぁ、リムの穴が…ここに挿れて~と誘っている感じなので
内側出し→外側出しと順序良く組んでいけば…
2013blog-1190.jpgこの通り、出来上がり。
ほら、ブラックリムにブラックハブ、
スポークがそのままなのが…これがいいんです!!
2013blog-1191.jpgとはいっても、まだ振れ取りはしていませんので、
これからが大変なんです…
しかし、これであとはタイヤがあればリア周りは組めますね。
 
  1. 2013/04/27(土) 00:11:35|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

HONDA Jazz フロントフェンダー変更

2013blog-0993.jpg足回り換装後もそれといったトラブルもなく
元気に走り続けているJazz。

ですが、このアホみたいに隙間の開いたフェンダーはいただけない。
メッキフェンダーは結構お気に入りなのですが、うーむ。
2013blog-1172.jpg17インチで細身のタイヤを履く、更にシンプルなフェンダー、
そして中古市場でプレミアの付いていないもの。

今回はエリミネーター250(旧)のものを調達しました。
2013blog-1173.jpgうわ!!なんとこのフェンダー、鉄です!!

プラスチックじゃないんです。重い!!
2013blog-1174.jpg気合でサビ取りから開始、

このあと脱脂してエスコを塗布。
2013blog-1175.jpgそして他の塗り物のついでに黒く塗ってしまう。

表側はまだこのJazzを何色にするか考えていないので
この処理はフェンダー内面だけにしておきます。
2013blog-1176.jpg幅をJazzのスパンに合わせて(人力で挟むとも言う)

穴をCBX125Cのフォークに合わせます(ヤスリでバカ穴)
2013blog-1177.jpgあとはブレーキホースのホルダ穴を開けて、装着はOK!!
…なのですが、なんなんだこの色は。車やバイクの変化に疎い
奥さんにもチョンバレでした。

後日、缶スプレーで黒く薄塗りしておきました。
2013blog-1178.jpgお外に出しても恥ずかしくないようになったので、
ポカポカ陽気の長松海岸へ。

この辺りはまだ防波堤の嵩上げがなされていないので
景色もこうして楽しめます。
2013blog-1181.jpg防波堤及び波止改修工事の進捗状況。

思えば、私が物心ついたころからこの波止も防波堤も
あったわけですから、数十年以上振りの大改修となるわけです。
2013blog-1179.jpg2013blog-0683.jpgサイドビュー。

以前に換装したままでここに走りに来たときからすれば、
スタンドは延びたし、フェンダーもこうして普通になりました。
2013blog-1180.jpgうむ。ちょっとフェンダーが深くて重々しいような気もしますが、

良い感じでまとまったのではないでしょうか。
エリミネーター250のフェンダーですが、、鉄製で丈夫で
値段も安いし流用には持ってこいですね。
 
  1. 2013/04/26(金) 00:08:56|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

HONDA Jazz 流用カムの悲劇

2013blog-1148.jpg先日、タケガワカムを仕込もうとして撃沈した
我が家のJazz。

このヘッド、一体何のやつなんだ…
2013blog-1160.jpgHM-E3ヘッド…と一口に言っても、E3がそのままの表記のものと、
E3の3が丸囲みのものが存在するようです。

丸囲みのないこれは6Vモンキーの後期用なのですが、
これは前期6Vと違って特にバルブ径も大きくないので
一体何のために流用されたのでしょうか。
2013blog-1161.jpg保管中のJazzエンジン(ライトスイッチの無いタイプ)を見てみると、

HMGK4の鋳込みが見える。これが純正のよう。
2013blog-1149.jpgさぁ、ベアリングカムが駄目なら、コレを!!というわけで用意したのがこれ。

通称JKカムと呼ばれる、スポーツ向けのカムフィールを持つ純正カムシャフト。
2013blog-1151.jpg何故JKと呼ばれるかは…このように、首の部分に「JK」と鋳込まれているからという
至ってシンプルなもの。

JK…嗚呼、いい響きじゃないか
2013blog-1150.jpgそれでは、今日もジェネカバ外して上死点出して…
2013blog-1152.jpgあれ、なんだかおかしい。
2013blog-1153.jpg明らかに、JKカムの方が小さい…
2013blog-1154.jpg測ってみると、JKが28.8mmくらい、HM-E3ヘッドのカムは34mmくらいある…
2013blog-1155.jpg…またやってしまった。
調べてみたらこのヘッド、社外及び流用カムは全くといって良いくらいに
無いそうだ。

もうカムのことは当分考えたくないですorz
とりあえず、バルブクリアランス調整して、蓋をして…

  1. 2013/04/25(木) 00:11:27|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

愛宕山のつつじ現況 2013年4月23日現在

2013blog-1162.jpg当Blogのアクセス解析にて見ることができる「検索ワード」は、毎日目を通しているのですが、
近頃チラホラ引っかかるのが「あたご山 ツツジ 2013」などいった、
要はどれほど咲いているのかを知りたくてここに辿り着いた方も居られるようで…

つつじ関係は昨年のつつじ祭りの記事だけなので、それでは…なぁというわけで、
買い物ついでに愛宕山へ行って参りました。
2013blog-1163.jpgニホンタンポポが咲き乱れています。
その控えめな容姿がお気に入り。

今日のお供はPowershot G2+WC-DC58。
2013blog-1164.jpg広場に来ました。

まだこんな感じですね。近頃肌寒い日が続いたのも
効いているのでしょうか
2013blog-1165.jpg名所・松寿橋に到着。
2013blog-1166.jpgうーん、こりゃ昨年並かそれ以下といった感じ。
2013blog-1167.jpgつぼみが膨らんでいます。

当方は、つぼみといったら…もう人物のほうが先に浮かんでしまいます…
2013blog-1168.jpgどちらかと言ったら、麓の方がよく咲いている印象。

つつじ祭りの頃はどうなるでしょうか。
2013blog-1169.jpg桜の木はもう葉っぱになっているのですが、
虫食いが酷い=芋虫毛虫が生活しておられるということ…

大概の木は駆除されているようですが、少数の木から
糸で垂れ下がっているのを発見しました。
入山される方は、桜の木には気をつけてください。
2013blog-1170.jpgG2はこういった曇りの日が苦手なのか、
空に掛かった部分の輪郭がぼやけてしまいます。

コーティングが薄いことが影響しているのでしょうか
2013blog-1171.jpgつつじ祭りまで残すところあと1週間となりました。

当方も休みなので、足を運んでみようとおもいます。
 
  1. 2013/04/24(水) 00:11:30|
  2. 国内街歩き・地元記事

ブログが直った!!

upload1.jpgFC2の担当の方が修正してくれましたので、
明日の更新からは複数画像にて記事が書き綴れるようになります。

総アクセス数100~200/日のまったりブログですが、せめての目標として
1年連続毎日更新を目指して記事を書き溜めて行こうと思います。

無料で庇を貸してくださっているFC2と担当者様に感謝ということで、
今日で一枚記事は終了です。
 
  1. 2013/04/23(火) 00:05:05|
  2. その他

今宵も一枚記事が続く…

2013blog-1158.jpgうーん、当方はそんなに悪いことをした覚えがないのですが、
近頃こんなメールがいっぱい来てしまいます。

週末を中心に結構な数が来るのですが、
ドメインを取っ替え引っ替えしたりとまぁ姑息であります。

どこかで会員登録したのが漏れているのか
なんなんだか。
2013blog-1159.jpg大概は有料サイトからのメールを装った
ワンクリ詐欺メールですが…
こんな似非支援系のメールも。

いやー、こりゃまた珍しい苗字ですなぁ。

6500万って私の退職金の何倍になるんだろうか


…この記事、一枚記事じゃないや。まいったな
 
  1. 2013/04/22(月) 00:30:24|
  2. その他

まだまだ続くよ一枚記事

2013blog-1157.jpg相変わらず、FC2ブログの画像アップローダーの調子が良くないようで
一枚貼りの記事を書いていきます…実は結構ラクだったり。

うーん、なんだか検索してもガックリくる、みん◯ラの残念記事みたいですが、
今日はこれを。

モンキー用武川スイングアームのチェーンアジャスターが無かったので
アングル材を切断して制作しました。

これにまつわる記事も書きたいのですが、アップローダはいつになったら直るのやら…

  1. 2013/04/21(日) 00:32:18|
  2. オートバイ-Z50J1

障害が発生しているようで…

2013blog-1156.jpg画像のアップロードが失敗することが多く、とりあえず1枚記事を…

ラジカセ集めの時もまぁこんな感じでしたが、古ハイ(古くてハイエンドな)コンデジでも
同じ道を辿ってしまうこととなります。

今や一つのカメラブランドとなったPanasonicのLumixですが、それの
黎明期のモデルとなるDMC-LX5です。

後ろにあるPowershotの初期Gシリーズとレンズユニットがクリソツらしく…
また、画像サーバが復帰したら、詳細記事を書こうと思います。
 
  1. 2013/04/20(土) 00:45:08|
  2. その他

みさき公園にはたらく車が集結したので、見て来ました その2

2013blog-1137.jpg昨日に引き続き、みさき公園で行われた交通安全キャンペーンです。
2013blog-1118.jpg可愛らしいダイハツハイゼット・デッキバンのポンプ車。

狭隘な集落、特に狭隘な孝子地区に配備されています。
2013blog-1122.jpgこういうワンボックス車は何に分類されているのか??
調べてみたところ、「遊撃車」と呼ばれていて、
この大きさのはIII型・    ゲリラ対策車と呼ばれるそう。

遊撃車-Wikipedia
2013blog-1126.jpgミニパトです。
登録車で小さいサイズを調達するので、入札によっては
軽自動車に食われてしまっているマイナー車、そう。
画像のワゴンRソリオ(便宜的にそう呼びます)もそうですし、
マイナー車といえば、近頃は捜査用車両に
あのスズキ・キザシが大量導入されました。
2013blog-1127.jpgSマークの跡地にうまいこと貼り付けられています。
2013blog-1128.jpg内装。

我が屋敷にあるAZワゴンRと比べてしまいますが…
さすがに車内は広い。特に幅、というか幅が広いだけか
5人乗れるし1300だし、こっちにしとけば良かったかな(思ってすらいない)
2013blog-1119.jpg特殊作業車です。

荷台には様々なツールがビッシリ。
2013blog-1117.jpgお子様に大人気の消防車も。

この日は早朝に荒れた天気だったので人出が少なく、
結構色んなマシンに乗れたり撮れたりと大満足でした。
2013blog-1124.jpg内装。

乗用車のようになっちゃったスピードメーター。
2013blog-1123.jpgこの辺りがスペシャル仕様。

上に黒電話のような受話器が…
2013blog-1125.jpgおお、フリーハブじゃないか。

4WDなのはわかりますが、パートタイムなのですね。
2013blog-1138.jpgこちらは警察車両ではなく、地域の治安に貢献する

青パトですね。
2013blog-1139.jpg適当な中古車を引っ張ってきたのか、

黒の部分が缶スプレー塗装並の仕上がりなのが泣かせます
2013blog-1142.jpgさて、この日はイベントが目白押し。
仮面ライダーのショーもスペシャル仕様でして…

仮面ライダービースト「ごっつあんです!!」
2013blog-1143.jpg仮面ライダーフォーゼ「宇宙……キターーーーーーーーー!!!」
2013blog-1144.jpgとまぁ、超豪華なラインナップでショーが進みます。
2013blog-1145.jpgですが、いつものような悪玉の観客いじりが無く、

外観もこの通り、えらくごっつくて紫色でした。
2013blog-1146.jpg毎度のことながら、新しいライダーに馴染んできた頃には
もう放映期間も半年を切っている状況。

これからクライマックスに
上り詰めていくのですが、なんだか寂しくもありますね。
2013blog-1147.jpg3対1、これではあまりに悪玉が不利ですが、
こどもたちの声援を受けて、今日もまた、
ライダー達が勝利を得ます。
2013blog-1140.jpg今年の桜(ソメイヨシノ)も、もう終わりを迎えようとしています。

ああ、もう少ししたら暑くなるんだなぁ
2013blog-1141.jpg地面に落ちた花びらに気をつけながら、家路につきます。

いやー、思った以上に楽しいイベントがでした。
 
  1. 2013/04/19(金) 00:52:10|
  2. 国内街歩き・地元記事

みさき公園にはたらく車が集結したので、見て来ました その1

2013blog-1137.jpgみさき公園の春のイベントで、警察や消防車両が展示されるということなので、行って参りました。
3年パスを持っているのに、いざ持っていたら結構行かないものでして…
もっと活用しないといけませんね。
2013blog-1121.jpg今回の目玉というか、珍しい展示物なのが
「赤バイ」という緊急用途に供する「消防バイク」

大阪府下だと我が岬町しか配備がないそう。
狭隘な集落や不整地の多い岬町ならでは。

車両はセロー250.ライトが丸くなった現行も赤バイ仕様があるようです。
2013blog-1105.jpgバイク周辺で物欲しそうにしていると、消防団の方が跨らせてくれます。
というわけでメーター周辺。

元の車体がどんなものなのかわからないので変更点がわかりませんが、
ハンドルポストにスピーカーマイク用のRCAジャックがありますね。
2013blog-1106.jpgこの辺りは特殊仕様ですね。
ライトスイッチがあったり、サイレン及びマイクのスイッチがあったり…

ライトスイッチは長期待機の際のバッテリー消耗を防ぐためでしょうか
2013blog-1133.jpg公用車だし、ナンバーは消さなくてもいいか。

結構な重装備ですが、このプロテクターを兼ねたサイドボックスなんかは便利そう。
民生モデルのセローに流用したいですね。
2013blog-1136.jpgそしてこれ。

まぁ、定型文のような文句として、なるべくお世話になりたくない
白いアレですね。
2013blog-1107.jpg白バイは、結構古くからこの液晶デジタルメーターを使用しています。

ハイテクでカッコイイと思っていましたが、
近頃のスポーツバイクは液晶メーターが増えましたね。
2013blog-1108.jpg赤バイ同様に、ライトスイッチなどが装備されていたりします。

このゴツゴツした意匠は80年代ですね
2013blog-1109.jpg左スイッチはプッシュキャンセルなどの絡みからか、
比較的新しいスイッチが。
下にあるEMというボタンは緊急事態に発報するための
エマージェンシースイッチとのこと。
2013blog-1110.jpgメーターの蓋を開けると!!
これ、速度が印刷されるアレですね!!

この大きさに色んな物が詰まっています。
2013blog-1111.jpgサイドボックス。

片側には書類、もう片側には防寒装備や暑い時は飲み物など、
隊員さんの必須ツールがパンパンに入っています。
2013blog-1116.jpgこれはまた珍しい、というか大阪限定の「青バイ」です。
調べてみたら、ひったくりなどの追跡や犯罪防止のために
導入されたそうです。

私がよく見かけたのはホーネット250でしたが、
これはそう。私が昨年よくお世話になったCB400SF-Kがベースになっています。
2013blog-1113.jpgメーター周辺。

インカムの接続はminiUSBコネクタで行う様子。
2013blog-1112.jpgやはり、スイッチ周りは先述と同様になっています。
2013blog-1114.jpgエマージェンシースイッチも白バイと同様。
2013blog-1115.jpgリアブレーキを多用する為か、リアブレーキのパッドセンサーが

追加で装備されています。
2013blog-1135.jpgうーん、まんまCB400SF-Kですね。

実際、教習車仕様をベースにしたとのことで。
2013blog-1134.jpg外観はこっちの方がとんがっていなくていい感じですね。
2013blog-1129.jpgこの他、大阪府警安全協力側車隊の
サイドカー軍団も展示されています。
このGL1800、なかなかの迫力ですね。
2013blog-1130.jpgこちらはGL1500。
側車って、倒しこんで曲がる二輪とは異なって
操縦性、特にコーナリング時にかなりの癖が出るようでして、
見た目の優雅さとはまた違った困難があるそうです。
2013blog-1132.jpgハーレーがベースの側車。
いやー、豪華な仕様です。
標準装備で音楽が聴けたりするんですね。
2013blog-1131.jpgで、これ!!
アルミの洗濯バサミです!!

フェアリングや追加装備などで風が通らないので、こうして
オーバーヒート対策がなされているのでしょう。 
  1. 2013/04/18(木) 00:40:38|
  2. 国内街歩き・地元記事

CF50Zシャリィ 全てを黒に染めろ


2013blog-1095.jpgこの日もまた、作業日和でした♪
季節ごとに作業日数をグラフに書いたら、多分この4~5月が最も多く作業をしていることでしょう。
Z50J1のレストア作業を始めたのが2012年の5月だったので、そろそろ1年が経つことになります。

ホイールの固定は針金ハンガーをやめて、番線でやってみたらバッチリでした。
2013blog-1094.jpgZ50J1のテールべースも、綺麗に仕上がりました。
2013blog-1096.jpgJazzのバックレストベースも、エスコを塗った後に
塗装しました。

今度はクリア塗装までやってしまいましょう。
2013blog-1097.jpgどうせ黒を吹くんだから、これもやっちゃうか。
デイトナショーワの330mmサスペンションです。
スプリングを抜いて、ダンパー部分を塗装しましょう。

スプリングコンプレッサーを自作したので、それのテストも
兼ねてみます。
2013blog-1098.jpgプリロードを最弱にして、長ボルトを締めていくと…
うむ、ちゃんと縮んだ。で、このナットで押さえながら頭を捻ったら…

取れない。いくら捻っても駄目。だめだこりゃ
今度からサスペンションはKYBのようにカラーを抜くタイプを買おう。
2013blog-1102.jpgもういい、適当マスキングでやっつけてしまおう。
2013blog-1103.jpgシュッシュシュー

どんなもんだい、1m以上離れたら多分わかんないぞ!!
2013blog-1099.jpgスコッチスポンジで足付けをして、パークリで脱脂、そしてスプレーガンで
埃を飛ばしてすかさず塗装。

NS50Fドラム、MD50ドラムやハブも塗ってしまいました。
それにしても、どれもこれもレストア対象車のパーツではないのが
不思議なもんです。
2013blog-1100.jpg塗膜が厚く、少々の荒れは誤魔化せます。話が早い!!

もう缶スプレーには戻れません。
2013blog-1104.jpg天気が気になるので、慎重に屋内に運び込みます。

じっくり乾燥させて、次の休みでクリア塗装です。
 
  1. 2013/04/17(水) 00:11:01|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

CF50Zシャリィ 加工ベースフロントフォーク開梱

2013blog-1088.jpgもう届いてから数ヶ月は経ったというのに、

まだ開梱していないものがありました。
2013blog-1089.jpgDAXのフォークです。

今回はアメリカンDAXのものを持ってきました。
2013blog-1090.jpgCB50Sのアウターチューブと、これのインナーチューブを

合体させて、ちゃんぽんしようと思っているのですが…

なんでもこれ、フォークトップボルトが外せたりと
古いフォークの割に結構特殊仕様なんだそうです。
2013blog-1091.jpgうー、所々に虫食いが。

それほど酷くはないのですが、ちょっとゲンナリ。
、まぁいいか、蛇腹フォークブーツで隠れるし(そんな問題か)
2013blog-1092.jpgオイルシールは終了しています。

これらに関しては既に新品を入手しています。
私はこの一年、何本フロントフォークを分解することになるのでしょうか。
2013blog-1093.jpgインナーチューブ上部。

うわー、結構キてます。が、ここはライトステーで
隠れるから…いいか♪(そんな問題か)
 
  1. 2013/04/16(火) 00:55:15|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

CB50S NS50Fリアホイール流用の考察 ついにカラー切断

2013blog-1081.jpg低頭ボルトも入手し、ホイールも塗ったし。
今度の給料でチューブも買ったら遂に組める!!

けど、その前に、まだホイールのセンター出しが残っています。
また…そう、チェーンラインとか大丈夫なんだろうか
2013blog-1082.jpgまずは!!

カラーを切断して、極力センターに近づけます!!
2013blog-1083.jpg測ってみたら、11mmはいけそう。

まぁ安全マージンを取って10mmからいきましょう。
2013blog-1084.jpg高速カッターで豪快にカット!!

あとはサンダーでチマチマ…だれか旋盤ください
まぁ、置ける場所がないのですが
2013blog-1085.jpg嵌めてみる。

リップシールがギリギリです。
これ以上は攻めれません。
2013blog-1086.jpgクリアランス…もうギリギリです。
サスペンションの受けを削れば、もう少し詰めれそうですが、
さすがに危険なので…とりあえすは保留。

これでも、実はセンターが出ていません。
ライダーコミック誌で制作していたCB50も、
モンキースイングアーム+NS50Fホイールでしたが、どうやったのでしょうか。
2013blog-1087.jpgスプロケット側を詰めたら、ブレーキ側はスッカスカになってしまいました。

モンキー用のストッパーを削らなくても、この通り…ドラムが入ってしまいます。
 
  1. 2013/04/15(月) 00:46:18|
  2. オートバイ-CB50S

SANYO Gorilla mini NV-LB50DT

2013blog-1071.jpgこの4月から、奥さんが転職しました。

今度は、調査員のお仕事でして、社用車で泉州の色んなところを
うろつくことになるのですが、
遠く守口から嫁いできてくれた奥さんにとって、
やっぱりこっちの道は知らないのもあいまって走りにくいそうです。
2013blog-1072.jpgと、いうわけで運転支援にこんなものを導入しました。

ちょっと古い、小型のゴリラです。
2013blog-1073.jpg吸盤でいろんなところに吸着するようになっていて、
あとは電源があれば簡単に設置できる。

何にしても、その日その日で乗る車が変わるので
この手軽さが必須なのです。
2013blog-1074.jpg電源投入。

前オーナーは最後にワンセグを使用していた様子。
2013blog-1075.jpgまぁ、テレビは視ないというか、見ている余裕など無いと思われますが

地域くらいは設定しておきましょう。
2013blog-1076.jpgさぁ、ようやくですがナビゲーション機能を起動させます。
2013blog-1077.jpgまだ故郷を示したままです。

静岡からやってきたのですが、GPSを捕捉するまでは
この画面のまま。

QVGAだからでしょうか、画面が粗いです
2013blog-1078.jpgその分、動作は機敏でして、
マップのスクロールもやりやすい!!
この辺り、我が屋敷のAVIC-T20とは大違い。

…三洋電機本社
やっぱ、手前味噌というか、この縮尺でもちゃんと表示するのね
2013blog-1079.jpg地図は最も詳細にしても表示が粗い。

コントラスト、というか色使いもなんだかどんよりしていて
あんまり見易いとはいえません。
2013blog-1080.jpg空間認識能力がもう一つの奥さんが運用する上で、

ランドマークなどの設定は重要です。
2013blog-1069.jpg運用初日。

奥さん曰く、「車にシガーソケットが無い!!」
なんだそりゃ…低グレードでシガーソケットが無いとか、そういうものなのかと
思ったのだが、まぁ、車を改造しても大概気づかない奥さんだけに、
それ以上は聞いても仕方ない。
2013blog-1068.jpgならば、パナループでナビが動かせないか…
ちょっと調べてみたら、ゴリラのDC入力はPSPとジャックも電圧も一緒らしい。
ならば、パナループ→PSP用USB充電ケーブル→ゴリラと繋げば…

よっしゃ起動した!OK!
あとはこれで何時間動かせるかが問題だが、それは奥さん次第ということで。
2013blog-1070.jpgそれにしても、このサイズ。これなら奥さんの仕事カバンでも
邪魔にならず、持ち運びも据付も楽々。おまけに操作はサクサク動作はキビキビ。

GorillaはPanasonicブランドになってもブランドとしては継続していますが、
この操作性と携行性の良さは、これからも引き続き持ち続けて欲しいですね。
 
  1. 2013/04/14(日) 00:30:12|
  2. AV機器

Prius DH73 やっぱり駄目だったのでSSD化 換装編

2013blog-1051.jpgHDDが悪いという感じも無いのですが、念のために新調しましょう。
用意したのは…
東芝ブランドのDT01ACA100。日立GSTがWDに譲渡され、東芝がWD社との
生産設備の売却などの契約を…

まぁなんだ、東芝ブランドの初期のものは中身が殆ど日立だったそうですが…
2013blog-1052.jpg今回は日本橋に足を運んで、PCワンズにて購入。

2013年4月時点で6000円弱でした。
ちゃんと保証もついてくるのですね。
2013blog-1053.jpg背面。

基板は日を追うごとに小さくなってます。
2013blog-1054.jpgラベルを見る限り、この機種はもう日立GST製ではない様子。
もうちょっと早かったら、中身が日立のものも買えたかも知れませんね。
まぁ、とりあえずは日本ブランドの3.5インチHDDが買える機会が
残ったということで。
2013blog-1055.jpgラベル全景。

ああ、やっぱりこれもAFT機種です。
2013blog-1056.jpgそれでは、再びDH73を分解しましょう。

このHDDですが、スピンアップの際に爪切りみたいな音がするって
もう寿命ってことなのでしょうか?
2013blog-1057.jpgケーブル類は無いので、在庫から引っ張り出す。

というか、こういった物でもちゃんとまとめ買い・備蓄しておくと
このような場面で生きてくるんですね。
2013blog-1058.jpgSSDは…

マウンタ買うのも勿体無いので、両面テープで貼り付けておきました。
え、詰めが甘いって?そのうち気が向けば
2.5-3.5変換アダプタ買います
2013blog-1059.jpgそして物置HDDも搭載。
2013blog-1060.jpgそれでは、おそるおそる電源スイッチを投入!
2013blog-1061.jpgBIOSではSSD・HDD共にちゃんと認識されています。

東芝の中身日立モノは、ここでも型番が日立だったそうですが…
2013blog-1062.jpgディスクの管理で覗いてみる。
ちゃんと認識されています。

ちなみにこの時点ではCドライブしか使用できないので
できないことが多く、この通り…デジカメでモニタを撮影。
2013blog-1063.jpgそれでは、AFT対応ディスクをXPで使えるように
アライメント調整しましょう。

東芝は既に東芝独自でツールを提供していまして、
日立のツールを借りてきたり…ということはありませんでした。
2013blog-1064.jpg使い方は簡単。ダウンロードして展開して

OK押しまくりで…
2013blog-1065.jpgあっという間に完了。

あまりに早すぎて、何が起こったかよくわかりませんでした
2013blog-1066.jpgあとは…これが大変。

元々載っていたHDDからのデータ移動です。
CrystalDiskInfoで覗いてみても、不具合などは
全く無さそうなのですが…
2013blog-1067.jpgもう、いつになるかわからないので

このまま朝まで寝かせます。ハイ
現在、このブログをDH73で行えている…というわけで
無事に復活を果たすことができました。
SSD化の効果はそれなりにあったようで、アプリ起動などが面白いくらいに
速くなりました。
 
  1. 2013/04/13(土) 00:35:23|
  2. パソコン

Prius DH73 やっぱり駄目だったのでSSD化

2013blog-0982.jpg先日、分解と組立、清掃を経てちょっとは元気になったと思われていた
Prius DH73P2でしたが、やっぱり駄目だったようです。

夜勤で不在だった時に、奥さんが調べごとをしていたところ突然再起動して、
黒画面で変なメッセージが出たまま固まったとの連絡が。

ああ、これは懸案を前倒しでやってしまえというお導きなのでしょう。 
2013blog-1045.jpgというわけで入手したのがこれ。
ちょっと古いですが、IntelのSSD X25-Mシリーズです。
新しい安物か、古いブランド物か…
2013blog-1046.jpg色々と速さに関してのアピールポイントがあるようです。

が、DH73はSerial ATA 300なのでR/W速度にどう影響するかはわかりませんが、
まぁ、それでも機敏な動作になることを期待してしまいます。
2013blog-1047.jpg開梱。
バルク品なのでしょうか、これだけです。
マウンタやケーブルは後日揃える必要があります。
2013blog-1048.jpgそれでは…

SATA→USB変換キットで瀕死のDH73に繋ぎます。
2013blog-1049.jpgコネクタは3.5インチHDDなどと同様のシリアルATAインターフェイス。

そrにしても、本当にこんなので動くのかなぁと思ってはいたのですが、
ちゃんと起動した…様子。
音もしないので動いたかどうかはサッパリです。
2013blog-1035.jpgWindows上でも無事にディスクとして認識されました。
2013blog-1036.jpg早速、フォーマットして
2013blog-1037.jpgEaseUSの便利ソフトで、Cドライブを丸ごとコピーしてしまいましょう。
2013blog-1038.jpg英語だけどまぁどうにかなりますし、

非常にわかりやすく解説されたサイトもあります。

ここはCloneをクリックです。
2013blog-1039.jpgまずは移行させるパーテーションを選択して、
2013blog-1040.jpg移行先、今回の場合はSSDになるドライブを選択。
2013blog-1041.jpgあとは
2013blog-1042.jpg放っといたら…あれ、なんか怪しいメッセージが。

まぁいい、こういう場合はOKでも押しとけばいけるでしょ
2013blog-1043.jpgうーん、なんとか進めた模様。
2013blog-1050.jpg変換ケーブルの中腹にアクセス表示のLEDがあり、

それが派手に点滅することでデータを流し込んでいることがわかります。
2013blog-1044.jpgよーし、無事にCドライブのコピーが完了しました。

次回は、SSDを搭載しての起動にトライしてみましょう。
 
  1. 2013/04/12(金) 00:21:32|
  2. パソコン

CF50Zシャリィ ブラックリムでいこう

2013blog-1020.jpg只今絶賛(身内だけ)製作中のシャリィですが、14インチにする予定なのは今までどおりですが、
そこで使用するリムを考えていかないといけません。

画像は郵政カブことMD50のもの。結構いい値段だったのに、リムは素人サビ取りでギタギタ。
そのままでは使用する気も起きない代物でした。
2013blog-1021.jpgその他には、リムだけでも…と思い、落札したリトルカブのものがありまして、
こちらは錆も少なくて結構綺麗なので、我が屋敷の秘蔵っ子であります。

シャリィは、奥さんの要望により車体色はオレンジ色になったのですが、
そうなってくると、うーん、ブラックリムなんかも似合いそうだぞ。それなら
錆びたMD50のリムを使用できて、リトルカブのリムは使用せずに
放出できます。
2013blog-1022.jpgそうとなったら!!
早速リムを解体します。

電動ドライバーでスイスイ分離。
2013blog-1023.jpgリアのスポークが曲がっていました。
これは商品説明にもあったのでノープロブレム。

MD50はどうやら前後一緒のスポークを使用しているようで、
フロントはディスク化のためにプレスカブのスポークを使用する予定なので
そこで浮いた分を回せそうです。どうにかなりそう。
2013blog-1024.jpg錆びたリムは、様々な手段を用いて錆とメッキの浮きを除去。

処分品を購入したダイソーナイロンワイヤーカップブラシも
ようやくここで本領を発揮しています。
2013blog-1025.jpg輝きを取り戻す…というか、一応下地荒らしのつもりで
研磨してみました。

以前施工した4Lモンキーのフェンダーでも、なんとか剥離せずに塗料も乗っているので
この方法でなんとか塗装はできそうなのですが、いかなるものか。
2013blog-1026.jpgそういえば、プレスカブのスポークって太かったような…

検証します。ああ、やっぱ太い。そのままでは駄目でした。
2013blog-1027.jpgニップルの直径。

6mmはないとリムを通らないようだ。
2013blog-1028.jpgリム穴は5mmくらい。

ならば…
2013blog-1029.jpg良い子は真似しないようにしてください

6mmのドリルで拡張してしまいましょう!!
穴自体はすぐに通ります。これを36回繰り返しましょう。
2013blog-1030.jpgこの工程を経て、プレスカブのスポークが使えるようになりました。

そして、リムの前後における互換性がなくなってしまったことにもなります。
2013blog-1031.jpg合わせる予定のCB50Sハブと並べて検証。
CB50Sは、元来太いスポークを使用しているので、
いずれ行うハブへの組み込みでも問題は無さそうです。

キャリパーとホイールの干渉も無さそう…?
2013blog-1032.jpgリムは…嗚呼、こりゃ結構キてます。

まぁ、腐食した分だけ研磨して、あとは
スポークを組んだ後にローバルを塗りこんでおきましょう
2013blog-1033.jpgリムを浮かせて吊りたかったので、何か良いものは…

針金ハンガーでやってみました。
2013blog-1034.jpgが、2点支持ではブランブランになってしまい、
うまいこと塗れませんでした。

こりゃまた乾いてからやり直し…だな
 
  1. 2013/04/11(木) 00:34:25|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

CB50S NS50Fフォーク流用の考察

2013blog-0448.jpgCB50S。

17インチホイールを履いているので、フルサイズ原付に
カテゴライズされそうな車種なのですが、どこか小じんまりとした
フォルムはバランスが良く、当方もそこがお気に入りに
なってきました。
2013blog-1008.jpgさて、フロントフォークも綺麗になって、
そろそろ装着における考察が必要になってきたのですが、
まずは、フォークの全長を見てみましょう。
2013blog-1009.jpgぐわあああああ
圧倒的に長い!!


CB50の足回り換装車が、妙に間延びして見えたり、
トップブリッジをアルミでできた社外品に替えて、フォークの突き出しを
させているのには、こういった原因があったのです。
2013blog-1010.jpgもう、モンキーでやったような変態トップブリッジは作りたくありません。
それならと、フォークを短くする方に検討してみます。

部品取りNS50Fのフォークをバラしてみます。

最も良いのは、スプリングをカット、または短いものに交換して
インナーチューブ上部ををカット、そこにネジを切り直して…ですが、
2013blog-1011.jpgそもそも、そんなことができるダイスや旋盤が無いわけでして、
それなら、ストローク伸び側を規制してローダウンさせるしか
方法がないのです。

画像のインナーロッドの分が、そのまま縮み側ストロークになる様子。
2013blog-1012.jpgそしてこちらがインナーロッド上部。

リバウンドスプリングがあります。
2013blog-1013.jpg中を覗くと、オイルロックピースが収まる部分でしようか、

空洞になった部分があります。
2013blog-1014.jpgオイルロックピース。
アルミでできたもので、フルボトム時にサスペンションを
保護する作用があるらしい。アルミでできているのも、接触時に
負けることでインナーチューブを保護するのでしょう。
2013blog-1015.jpg早速、ストロークを規制してみましょう。
これはJazzのハンドルをカットした端切れ。

ですが、太くて入りませんでした。
2013blog-1018.jpgインナーロッドの径。

13.8~9mmといったところか。
2013blog-1019.jpgリバウンドスプリングの外径が21.2mmくらい。

これらの寸法をクリアするカラーが必要となる。
NSR50のフォークなどだと、モンキーに流用するための
短縮キット、要はカラーが販売されています。
2013blog-1017.jpgオイルロックピースが入る部屋、要はインナーチューブ下部で

カットが可能な部分の深さを測ります。
2013blog-1016.jpg37mm。

ここをカットすれば、ストロークは伸びますが
フルボトム時にどうなるかは…

まだまだ考察・検討する必要がありそう。
 
  1. 2013/04/10(水) 00:05:22|
  2. オートバイ-CB50S

Prius DH73 また不調

2013blog-0976.jpgCPU換装を経て、まだまだ元気なPrius DH73P2。

ですが、近頃また調子が悪い。
暫し処理が遅れたり、起動が遅かったり、できなかったり。

HDDじゃないと信じつつ、CMOSクリアと内部の清掃を行います。
2013blog-0977.jpg相変わらずの超薄型筐体に豪熱Pentium Dの組み合わせ。
先日の換装後、暖かくなってきましたが…ちょっと筐体が熱くなってきました。
盛夏の暑さに耐えることができるのか?
2013blog-0978.jpg通気ダクトのパンチングネットに埃が堆積しています。

Pentium4の651の頃よりも、明らかに詰まるのが早い。
2013blog-0979.jpgそのPentium Dを頑張って冷やしているのが、この小径ファン。
物の見た目ほど騒音が酷いこともなく、エンコードなど高負荷の
作業の際にちょっと音がするくらいです。

ただ、Smithfieldの頃はブンブン唸っていました。

埃を歯ブラシで掻き取りましょう。
2013blog-0980.jpgスッカラカンになった筐体に、各パーツを据えていきましょう。
2013blog-0981.jpgこうして、全バラ・組み上げを行うことで、あら不思議、
元気に復活してくれるのです。

長時間電源を切ることと、CMOSリセットが効いているのでしょうか。

RAID構成だったDH73P2の場合は、BIOSでHDDモードをIDEに
切り替えるのを忘れないようにしましょう。
2013blog-0982.jpgさて、組み上げてから再起動。

ん?よくわからんが修復をしているみたいです。
2013blog-0983.jpg結構こういった画面が続き、完了した後は
元気に動いています。
これがポシャると、色々不便なので…

これからも頑張ってくださいお願いします(懇願)
 
  1. 2013/04/09(火) 00:40:19|
  2. パソコン

CB50S NS50Fホイールクリア仕上げ及び…ホイールセンター確認

2013blog-0994.jpg昨日の記事に合わせて、ホイールもクリア塗装を施します。
2013blog-0995.jpgツヤツヤになりましたが、近くで見たら塗りムラがあったりと
なんだかトホホな状況ですが、まぁ、それほど見ないからいいか。

タイヤを付けましょう。
2013blog-0996.jpgBATTLAX BT39SSです。

レースで使用されていたもので、要はガワは減っていますが
中心は殆ど残っている、要は街乗り中心の私だと
これで十分ということになります。

が…これがチューブタイヤだったことに気付き、作業が中断。
チューブを買わないといけません。また出費か…
2013blog-0997.jpg夜。

気になっていたことを済ませておきます。
2013blog-0998.jpgぐわああああああああ!!!!
塗り忘れてた!!!!!

ここはもう缶スプレーでいいか…
2013blog-0999.jpgでなくて、スプロケットの干渉ですよ。
低頭ボルトでなんとかホイールセンターが出るのか?というところ。

まぁ、モンキーのスイングアームピボットはCB50より広いので
この辺りの兼ね合いをカラー(さすがにワッシャーでは無理)で
調整することもできますし。
2013blog-1000.jpg低頭ボルトは45mmのもので

ちょうどネジ山を使い切ることができました。
2013blog-1001.jpgさぁ、これで相当クリアランスができたはず。

ホイールをクルクル回しながら目視…
2013blog-1002.jpgうん、なんとかなりそうです。
スイングアームを左側にちょっとオフセットさせれば
十分クリアランスができますが…

オフセット…あ、リアショックはどうしよう。
これも長ボルトとカラー(ワッシャーだろ)で誤魔化すことになるのか…
 
  1. 2013/04/08(月) 00:04:04|
  2. オートバイ-CB50S

HONDA Jazz フロントフォークアウターチューブ磨き

2013blog-0984.jpg4月4日。良い天気です。

今日も何かをして進めて行きましょう。
2013blog-0985.jpgCBX125カスタムのフォークですが、
とりあえず走ることを優先したので、見た目はもうガビガビ。
面倒臭いですが、磨き上げていきましょう。
2013blog-0987.jpg今回は、ジムニーのホイール磨きのために買って、

もう一つだったこれを使ってみます。
2013blog-0986.jpgおお、綺麗に落ちる!!

けど、ちょっと強すぎるようで、研磨目が深すぎです…
2013blog-0988.jpgやっぱり、フロントフォークは手磨きが一番なのか…

この日の気温は22度。額を汗が…もう暑い季節なのか
2013blog-0989.jpgCB50に装着予定のものも合わせて磨いてしまいます。
もうアルミ磨きは嫌だ…

仕上げはスコッチスポンジでヘアライン仕上げ。
派手さは求めず。純正っぽくしておきます。
2013blog-0990.jpgインナーチューブをマスキングして、

ミッチャクロンを塗って…
2013blog-0991.jpgウレタンクリアを厚塗りで出来上がり。

この塀を使ったら、何本でも塗れそうな気がします。
2013blog-0992.jpg暖かいので、1時間くらいで硬化してしましました。
ガレージを空けないと、奥さんが帰ってきても車が入れられないので
とっとと仕上げてしまいます。
2013blog-0993.jpgはい、出来上がり。
適当仕上げですが、結構いいんじゃないでしょうか?

次はフロントフェンダーをどうにかしましょう。
 
  1. 2013/04/07(日) 00:05:19|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

SH-01D バッテリー交換

2013blog-1003.jpg導入から1年が過ぎた当方のSH-01D。
この調子だとあと1~2年は使っていこうと思うわけですが、
そろそろ、バッテリーの持久力が衰えてきたと思われるので、
プレミアクラブの特典で、バッテリーを注文しました。
2013blog-1004.jpgそれが今日(4/5)届いたので、早速交換してみましょう。

1500ポイントで交換ができるのですが、
携帯電話の頃は無料だった?ことを思えば、持ち出しが
出てしまうようになったのは残念。

まぁ、スマートフォンになってバッテリーの価格も上昇してますし。
2013blog-1006.jpg電源は切っておきましょう。

近頃は不調や不具合というものがなく、まったくもって
携帯電話と変わらず使用できています。
2013blog-1005.jpg作業は交換、これだけ。

iphoneや近頃のスマートフォンで、
バッテリーが容易に交換できない機種が出てきているようですが、
当方からすれば考えられないです。

内蔵させることで、実装の手間、コスト、防水構造の構成などで
有利なのでしょうね。
2013blog-1007.jpgさて、とりあえずは数日使って充放電を繰り返してからが
本領の発揮となることでしょう。

持久力の向上に期待したいところです。
 
  1. 2013/04/06(土) 00:53:58|
  2. 携帯電話

HITACHI Wooo W37P-HR9000 電源基板自前修理

2013blog-0956.jpg日本橋のデジットで、コンデンサを買って来ました。

450V270μf×2 100V3300μf 1kV 1000pf 全部で1635円。
2013blog-0957.jpg100V3300μfのKMG。

ちょっとぷっくりしています。
2013blog-0958.jpg当該のC131。縦に付いてる青いやつですね。

裏側をしっかり把握して、換装しましょう。
2013blog-0959.jpgで、一次側の450V270μfですが、お店にあったのが
でっかいやつしか無くて…
ああ、こりゃ明らかにでかい、実装はギリギリっぽい、どうしよう
2013blog-0960.jpg裏側を見る。

明らかにこれというぶっとい足が出ています。
外してみましょう。
2013blog-0961.jpgもう一度…

でかい、まいったな
当然のように返品不可なのと、1個500円くらいするので
買い直しは避けたい。
2013blog-0962.jpg基板に据えてみる。

明らかにでかい。隣のスペースを侵食している。
2013blog-0963.jpgしかたがないので、リード線で延長します。

良い子は絶対に真似しないでください。
2013blog-0964.jpgちょっとオフセットして装着。

良いこの皆さんはちゃんとスリムなものを探しましょう。
30mmくらいでないと綺麗につきません。
2013blog-0965.jpgうーん、

まぁ、ちゃんと機能してくれればいいや
2013blog-0966.jpg100V3300μfも…
うわ、でけぇ!!

おんなじKMGでも、色々実装先に合わせて仕様違いが
存在するようです。
直径は同じなので、載せるに関しては問題無さそう。
2013blog-0967.jpgおびただしいパターンから、C131を割り出す。
2013blog-0968.jpg決め打ちしたところの半田を吸い、新しいコンデンサを据える。
セラミックコンデンサは極性がないそうなので、
気にすることなく作業ができます。
2013blog-0969.jpgC131、実装完了。

イモハンダはお家芸ということで…
2013blog-0971.jpgこれが外されたC131。
目視では異常は見られないようだが、いやー、
これのお陰で大多数のWoooユーザーとサービスマンが
大変な思いをしたことでしょう。
2013blog-0970.jpgプックリしてしまったコンデンサ達。
パソコンの世界では2000年代初頭の海外製の粗悪品に依る
ニョッキリコンデンサなどで耐性があるのですが、
こんな日本メーカーのものでもこうなってしまうとは、
プラズマテレビの裏側というのは
相当過酷な環境ということなのでしょう。
2013blog-0972.jpg基板を据えて、
2013blog-0973.jpgカバーを付ける。

背高コンデンサもなんとか干渉せずでクリアしました。
2013blog-0974.jpgあとはまた、大量のビスを締めていきます。
こういった場合は、電動ドライバーが大活躍です。
ホムセンの安い奴でも十分。
2013blog-0975.jpgさぁ、各ケーブルを繋いで、電源ケーブルを挿しこんで、
主電源を投入します。
カチッとリレーが入った後、HDDが起動しました。
そして電源ボタンを押すと…

ヤッター!!!治りました。これでまた大きな画面でテレビが楽しめる!!
 
  1. 2013/04/05(金) 00:37:26|
  2. AV機器

HITACHI Wooo W37P-HR9000 故障と検証

検索で来られた皆様、関連記事もどうぞ 自前修理編 完結編
2013blog-0526.jpg我が屋敷で2006年からもう8年は頑張ってくれている
日立WoooのW37P-HR9000。
プラズマパネルの発色や視野角も良く、当時めちゃくちゃ高かった買い物でしたが、
元は取れたか…と自分に言い聞かせています。

が、ある日、急に使えなくなってしまったのです。
2013blog-0933.jpg急にというのは大袈裟でしょうか、兆候はあったのです。
電源を投入しても、ランプが緑にならず灯らない、主電源を再投入すると
点くときもある…といったもの。

とりあえず、しまいこんでいた小さいWooo W17-LC50をで
その場をしのぎます。リモコン信号がちゃんと日立仕様なのが面白いです
2013blog-0934.jpgW17-LC50は地上デジタルには非対応ですが、
レコーダーに繋いでなんとか地デジに対応??させます。

こういった時のために、こんな古い液晶テレビも置いておくものですね。
2013blog-0935.jpg検索してみたら、同様の症状が出ている個体がたくさんあるみたいで、
電源周りのコンデンサが原因とのこと。

検索で出てくるのは大概、価格.◯omなどで、
サービスマン呼びつけてタダで直させたった的な話ばかりですが、
その中に一つ、有用な修理概要があったのでそれに倣わせて自己修理します。
2013blog-0936.jpgプラズマテレビは無茶苦茶重く、いやー、よくぞこんなものを
据え付けたりしたもんだと思いつつ…

とりあえず、分解ですね。
2013blog-0937.jpg背面にあるおびただしい数のビスを緩める。
基台のネジは一部緩めなくても外せるようにスルーホールになっています。

この部分も余すことなく外しましょう。
2013blog-0938.jpg背面カバーは肉抜きがなされていて意外と軽いです。

結構賑やかな機器配置ですね
2013blog-0939.jpgプラズマテレビは発熱が凄いようで、このような冷却ファンが
2基装備されています。
ミネベアのパソコン用を流用したものでしょうか。

それにしても、相当な集塵機っぷり…
2013blog-0940.jpgこれが原因らしい、電源基板。

ごっつい電解コンデンサが載ってます
2013blog-0941.jpg画像中央の小さいコンデンサが原因だそう。

C131、1kV 1000pfのセラミックコンデンサとのこと。
2013blog-0942.jpgHDD。

日立のテレビなので当然HGSTのドライブです。
2013blog-0943.jpg機番はHDT722525DLA380。
2013blog-0944.jpgシリアルATAです。
同時期のHDDレコーダーがUltraATAだったことを思うと、
なんだか進んでいますね。

過去にも記したと思いますが、これも魔改造で大容量化ができるとのことで…
これが本格的に壊れたら、今度は42HR9000にしようかな?
2013blog-0945.jpgパネルは富士通との合弁?会社だったよう。
富士通がプラズマパネルに噛んでいたというのも過去のものですが、
日立製プラズマ、そして日立純正のテレビ、国産プラズマテレビまでもが
消えゆく運命であるとは、寂しい限りです
2013blog-0946.jpg埃を丁寧に取り払います。

え、丁寧でないって??
2013blog-0947.jpgコンデンサが膨らんでいます。

こりゃ替えておいたほうがいいか
2013blog-0948.jpg電源基板に繋がるコネクタは5つあります。
2013blog-0949.jpg下の方に2つ、
2013blog-0950.jpg左側にごっついのが1つ。
2013blog-0951.jpgネジを緩めます。ですが、ネジだけでなく
2013blog-0952.jpg樹脂のピンで2箇所留まっているので、

ここもペンチでつまんで抜いておきます。
2013blog-0953.jpg外れた基板。

自重でたわむくらい重いです。取り扱いには注意しましょう。
2013blog-0954.jpg膨らんだコンデンサ。

450V270μfが2つ。
ニチコンのGN(M)と書かれています。
2013blog-0955.jpgあと、100V3300μfのものも換えとくか。
こちらはニチコンKMGでした。

とりあえず、蓋をして留置となります。
修理もしてみました。関連記事もどうぞ 自前修理編 完結編
 
  1. 2013/04/04(木) 00:06:45|
  2. AV機器

通販でネジを買う

2013blog-0928.jpg今回は、オートバイ用のネジを通販で買ってみました。
ホームセンターでは細目(M10でピッチが1.25)のネジや
M8で12mmの工具で締めれるボルトナットなどは絶望的だったりするので
その辺りが豊富な市内にあるのネジ屋さんでまとめ買いをしたりもするのですが、

今回の購入分は、お店に調べてもらっても取り扱いが無いということなので、
ネットのネジ屋さんで買うことに。
2013blog-0929.jpg開梱。女の子文字が可愛くてキュンとなります。

男子校状態のうちの職場にも女の子が居たらなぁ…という妄想はしますが、
それはそれで下ネタが厳禁になったり、ええカッコしいが出現することが
予想されたりと難しいところ。
2013blog-0930.jpg寸切りボルトでM10細目、ニッチ需要過ぎますねこりゃ。
よくこんなものを生産、在庫していたもんだと感心してしまいます。

これはCB50Sのステップを改造する際の材料になります。
本当はステンレスではなく、鉄で良かったのですが…さすがにそういうのは
見つかりませんでした。
2013blog-0931.jpgボタン形状のキャップボルトのM10細目。

うーん、マニアックなネジですが、こういうのが
Web画面から検索して注文できるのも通販の便利なところ。
2013blog-0932.jpgCB50に流用するNS50Fホイールのスプロケットを留める際、
スイングアームに干渉しないように低頭のボルトが必要になるのですが、
このボタンタイプのものが一番薄い感じなので、これをチョイスしました。

これでクリアランスが出るかなぁ…
なるべく、スイングアームの拡張加工はしたくないのです。
 
  1. 2013/04/03(水) 00:14:18|
  2. オートバイ-CB50S

ノギスを買いました

2013blog-0927.jpg実を言いますと…私はノギスを持っていませんでした。
まぁ、適当採寸、メジャーやものさしで測ったり、
必要がある時は100均のプラスチックノギスで…これで怪しいパーツを
寸法決めして作っていたのですが、さすがに、ちょっとは
真面目にやらないと…と思い買ったのが…
2013blog-0925.jpgこれ。中古品です。

なにもこんなものまで中古で買わなくても…と言われそうですが、
ちょっとした拘りがあるんです。

あ、デジタルノギスは電池切れした時に面倒なのでアナログなのは
絶対です。
2013blog-0926.jpg親指でロックできるように、ストッパーがここにあるKANON(中村製作所)のものを選びました。
職場にあるミツトヨのものが、背中の部分にロックネジがあるタイプでして、
電動チェーンブロックの点検などで吊りチェーンの伸びを測る際に
これが超不便で困っていた経験がありまして、これに至った次第。

これを導入したことで、ちょっとは真面目に寸法が測れるか?
とりあえず、バラして洗浄しましょう。
 
  1. 2013/04/02(火) 00:06:53|
  2. その他

愛宕山へ撮桜2013 FinePix4900Zと共に

2013blog-0912.jpgこの記事が公開される頃には、4月になっているものと思われます。
出会いもあれば、別れもあり…ということで、私どもの事業所も人事異動がありました。
闇鍋のようなツーリングチームの主要(というか全員主要)メンバーであるOlympic主任とMaccho君が
転出となってしまいました。
その他にも、楽しい同僚たちが旅立ってしまい、意気消沈であります。
まぁ、生きるために稼ぎに行ってるんだし、新しい出会いもあるん…だし、
気にしないように頑張るとします。
2013blog-0911.jpg昨日の記事の続きとなります。

もう今のうちに行かないと散っちゃうよというわけで、
桜を撮りにきました。FinePix4900Zを持ち出して。
2013blog-0913.jpg毎度のポイント。
谷に突き出した枝に付いた花。
毎年撮っているようなこれですが…
2012blog-419.jpg昨年の分、

KissNとEF28-80の2.8-4Lで撮ったもの
2012blog-413.jpgこれはPowerShotG5で撮ったもの。
2013blog-0914.jpg微妙に画角が違いますが、ちょっと枝が伸びた印象。

昼を過ぎて薄雲が張ってしまい、
なんだかもやっとした絵になってしまいました。
2013blog-0915.jpg先日の記事の際にも思ったのですが、やっぱりAF速度が遅いのが
4900Zを2013年に持ちだした印象。独特の合焦音も大きく感じられます。
メディアへの書き込み速度も解像度を上げていくと遅く感じられるようになります。

現役で使用していた頃は1280*960で撮っていたので、
それほどは感じなかったのですね。
2013blog-0916.jpgそれでも頑張って撮ってみる。背面液晶がアテになりません。

このような中途半端に明るい屋外だと、EVFを使用した方が
撮りやすく感じます。
2013blog-0917.jpg近頃整備されたトイレ。画像のように簡易なものですが、
近くに水道もあり、咄嗟の便意にも安心です。

昔は山内に数箇所、それなりのトイレ(当然ボットンかつ悪臭が酷いものですが)が
備わっていたのを覚えています。
2013blog-0918.jpgちょうど今頃(3/30)が見頃のピークでしょうか。

いい時に来れました。
2013blog-0919.jpg海を絡めてもう一枚。
2013blog-0920.jpg沢というか、谷というか、ここに掛かる橋で上の方にある橋には

京橋という名前が付けられていることに今気づきました。
2013blog-0922.jpgしつこく海を絡めてもう一枚。

撮影設定はAvモード、F4.5 1/478sec、ISO125でした。
2013blog-0923.jpgこの辺りから見下ろす街の情景がお気に入り。

電柱が入らなければ尚良しなのですが…
2013blog-0924.jpgさぁ、ここから、

昨日の記事のオサレカフェに続くことになります。

それにしても、私のCB50…ボロい
 
  1. 2013/04/01(月) 00:27:20|
  2. カメラ-コンデジ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する