FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

2012年も、これにて完了!

2012blog-3072.jpg引き篭もるがための食料を備蓄するために買い物に出向きます。
1人なのでSJ30にて。今日も調子が良くて楽しいのですが、
タコメーターは結局対策できずのまま。

それにしても、車の多いこと多いこと。こんなところで駐車場出待ちをするのは
初めてかも知れません。
2012blog-3073.jpgそして、3台まとめて洗車です。

今年はどの車もまんべんなく活躍してくれました。
2012blog-3074.jpg調子こいてガラスに撥水コーティングもやっておいて、
新年からの雨に備えます。

映り込む空がとっても綺麗ですね
2012blog-3075.jpgそして、昨年と同じように鰊そばを食べて、
この2012年も終わりを告げようとしています。
いやー、いい年だった。来年も同じように良い年にしよう。

総画像数3075枚、9月からは毎日更新で頑張って参りました。
来る2013年も継続してダラダラ書き綴っていきますので、
当ブログをよろしくお願いします。それでは良いお年を。
 
スポンサーサイト



  1. 2012/12/31(月) 22:47:00|
  2. その他

CB50S NS50Fホイールにマグナディスク流用の考察

2012blog-3064.jpg今日は、ブレーキディスクの流用が可能か考察してみます。

CB50JXのホイールは関係ないです、ハイ
2012blog-3065.jpg毎度おなじみ?NS50Fのブレーキディスク。
斜めったスポークと穴あきディスクがレーシー感を高めていますが、
このままCB50Sに流用するのは当方としてはもうひとつなんです。
2012blog-3066.jpgと、けで、いうわけで普通考えられるのはMBX50の
ブレーキディスクな筈なんですが、まぁ、モノが無い。
あっても高いということで、今日はこんなものを用意しました。

マグナ50のブレーキディスクです。これならタマ数も豊富。
2012blog-3067.jpgまずは重ねてみる。

穴数もピッチもOKっぽい。
2012blog-3068.jpgそれならばと、ディスクを外しにかかる。

大トルクで締まっているので、それなりの工具で緩めたほうが
無難っぽいです。このボルトには緩み止めは塗布されていませんでした。
2012blog-3069.jpg比較。

オフセットは一緒です。良い感じ
2012blog-3070.jpgですが、なんとディスク径がこれだけ違う。
これは結構差がありますね。

ここで大径ディスクだヤッター!!とは素直に喜べない。
何にしても、キャリパーとの干渉、そしてサポートの作成(ここまではしたくない)を
考えないといけないからです…
2012blog-3071.jpgとりあえず、仮組み。
ソリッドディスクで格好良く(あくまでも私見)なったのですが、
今度は干渉を検証するためにキャリパーの到着待ちですね。どうなることやら

ディスクプレートって、外周削ったりできるんかな??
 
  1. 2012/12/30(日) 00:56:42|
  2. オートバイ-CB50S

今年も色々納め

2012年、色々ありましたが…ってちょっと早いか。
私にとっては、とても有意義な1年になりました。
来年以降、いやー、どうなるかわからないようになってきましたが、
今年の勢いと、得たものを手にして頑張っていこうと思います。
本日で、2012年の日勤業務は終わりとなりました。幸い、年越しは
我が屋敷でできるかと思われます。
〆に、職場のメンバー達で鳥貴族にて集い、おっさん同士で腹を満たし
年甲斐もなくカラオケを嗜み、これを宴納めとして
最終の特急サザンで帰って来ました。

要は、今日に関しては記事にできる画像が全くないということです、ハイ

それではあと3日、書き綴って行きましょう。おやすみなさい。
  1. 2012/12/29(土) 01:04:21|
  2. その他

こういう日もある

2012blog-3050.jpgダラダラと、なにをやってもうまくいかない日、
まぁ誰にだってそういう日はあるもんで、
今日は私がそんな感じでした。

画像はAZワゴンRのシフター。これが今迄電照への配線をしていなかったのです。
まぁ見ることなんかなかったのですが、せっかく光るようになってるんだし。
2012blog-3051.jpgT10のLEDに緑カバーをかぶせます。

途中で配線が面倒になって、先送り…
2012blog-3052.jpg室内灯をLEDにしましょう。
2012blog-3053.jpgちょっと収まりが悪かったのですが、
なんとか入りました。
暗くなってから見てみたところ、結構良い感じ。
電球並みに照射しています。これで消し忘れも安心ですね。
2012blog-3054.jpg先日のラジオブースターですが、電源はここ、オートアンテナ制御から
いただくことにしました。

が、意外と入らない…元々4線だったものを魔改造したからだろうか。ガックシ
2012blog-3055.jpgああ、なにをやってももうひとつ、こういう日は寝るしかない。
タ.コ.メー.ターの振.れ.対.策(検索避け)も色々やっているのですが、
一向に改善しません。

今日はいい天気でした。日が沈むと綺麗なグラデーション。
こういう空、たしか正月にも撮ったなぁ
2012blog-3056.jpg夜。
玄関を片づけましょう。こんな状態では新しい一年を迎えることができません。
CB50のために早とちりし過ぎて揃えたものが押し寄せています。
2012blog-3057.jpg大きな段ボールには…

綺麗に梱包されてますね♪
2012blog-3058.jpgああ、これは◯◯プ1◯◯のエン◯ンか

こんなのいつ載せるんだろ…
やっちまったな~、俺。
でもこれで押し出し式にシャリィやモンキーのレストアが
ペースアップすることでしょう、多分
2012blog-3059.jpg…これは…
GB250のステップだな…
何をするかって?ワカリマセン。
2012blog-3060.jpgこっちは…CBR250Fの、これもステップ。
記事にできるのはいつの日か。
とにかく体を動かさないと!!
2012blog-3061.jpgタンデムステップは必要ないのですが、
これは何かに使えそうですとね。
Ja.z.z..の.ハ.イ.ウ.ェ.イ.ペ.グ(検索避け)とか

ゴムブッシュは…これモンキーのサイドカバーにいけそう!
2012blog-3062.jpgこれ、MBX50のフロントフォークと三つ又です。

アホなくらいに競って、結構掛かってしまいました。
NS50Fの純正ハンドルを避けようとすると、こういうことになるんです。
必要なのは画像の部分、それもトップブリッジとフォークトップ、キャップボルトだけ。
嗚呼…
2012blog-3063.jpgせめてインナーチューブくらい…と思っていたら、
当方の所蔵フォークよりひどい。

そろそろバイクメーカーは、絶対錆びないインナーチューブを
なんとかして実現させる必要があるような。
再メッキなんて…貧乏チューニング野郎には到底ムリです
 
  1. 2012/12/28(金) 00:02:45|
  2. AZワゴンR

大森メーター 水温計の照明をLEDに

2012blog-2438.jpg先日、SJ30の追加計取り付けで挫折してしまったわけですが、
まだまだここで消えもせずにくすぶっています。

症状を洗ってみると、タコメーターは針が踊ってダメ、水温計は終了していました。
タコメーターは後々の記事にできるくらいの手間を遂行中です。
で、水温計は機械式の場合、針が動かないという状態はもうアウトということで…
2012blog-3036.jpgヤフオク即決(イチキュッパ)で安かったので、新規に調達してしまいました。
前回の小径タイプは…そりゃそうなんですが、視認性に
難があったので、今回はもうひとつ大きいものにしました。

で、いつ切れるかわからない電球は、早いことLED化しておこうという
わけで、今日の作業となりました。
2012blog-3037.jpgボディを保護して、カシメをこうしてほどいていきます。

専用のツールを作れば、もっときれいに起こせるかも知れません。
2012blog-3038.jpg半分ほどカシメを起こせば、あとは瓶詰めのフタを緩める感じで
カパッと前半分が外れます。

針は30度の位置で基準というかゼロ点みたいです。
そのまま抜いてしまいましょう。
2012blog-3039.jpg内部。
機械式なので、結構いやらしい構造になっています。
これにおける電球交換、基板は当然のように外せませんので
この中にハンダゴテを突っ込んでチマチマすることになります。

右側の電球、やりにくそうです…どうしよう
2012blog-3040.jpg息を止めて、チマチマと…
電球が取れました。
この後、どちら側が白配線(この場合ILL+)に繋がっているかテスターで見て
LEDを半田付けします。ちなみに+は外周の方、画像のパターンだと
右になります。
2012blog-3041.jpg今回使うLEDはこれ。T10のソケットに入ったSMD。
千石電商でお値段50円。

これをバラして、足を基板に半田付けします。
バラシですが、これは接着剤かなんかは使われていないので
足を起こすだけで分解できます。抵抗が入っている側が+です。
2012blog-3042.jpg熱収縮チューブで足を保護します。
2012blog-3043.jpgそしてまずは、楽な側を基板に立たせて試す。

点灯はOK、ですがメーターパネルとの距離が近すぎて
照度のムラがひどすぎます。
2012blog-3044.jpg足を寝かせて、引っ込めてみます。
これで改善はしましたが、まだまだムラが…

まぁいい、もう一個も付けてしまおう。
2012blog-3045.jpgうーん、まだムラがひどいです。
 2012blog-3046.jpgLED基板を少し外周に向けて、拡散を狙います。

うーん、基板が外せないので、これ以上のことはできません。
2012blog-3047.jpg買った状態で、ガラスに変な模様が入っていて
げんなりしていたのですが、これはガラス内側のものということが
わかったので、拭いてみたらOK!綺麗になりました。
2012blog-3048.jpg指針は白のほうが好きなので、
カッターナイフで赤の塗料を剥がして、
白でペイントしました。
画像ではまだムラが見えますが、実際に見たら…まぁいいかという感じ。
2012blog-3049.jpg最後に、動作テストをします。
これで動かなかったらもう立ち直れませんが、

…おお、動いた、よかった。
あとはSJ30に載せるだけ、ですね。
 
  1. 2012/12/27(木) 01:29:23|
  2. ジムニー

CB50S キーを揃える

2012blog-3015.jpg今日も寒い一日でした。寒いなりに作業もショートなやつを。
CB50を引っぱり出します。

それにしてもボロい…他の部分はどうにかできても、
フロントフォークのインナーチューブだけはなぁ…
2012blog-3016.jpgで、今回の改善はここ。
とりあえず、普通に乗れるようにして、純正の状態を知ってから
魔改造する予定です…が、
このバイク、キーが3本も要るんです。
さすがにというか、不便極まりないので、なんとかしましょう。
2012blog-3017.jpgまずは、流用できるキーセットを探しましょう。
新品なんかあったとしても高いでしょうし、CB50用の中古も超ボッタクリでしょうし。
というわけで検索祭り。わかりました。CB50SにはCD50のものがいけそうです。
タンクキャップがそもう瓜二つ。これは共用パーツでしょう。

というわけでCD50用キーセットを落札。純正かつスペアキー付きですよ♪
2012blog-3018.jpgいとも簡単に付いたタンクキャップ。

この手合いのタンクキャップはメッキが浮いているものが多いのですが、
これはメッキの状態も最高です。いいお買い物でした。
2012blog-3019.jpgヘルメットホルダー。

これもまったく同一形状です。
このあたりを大概の車種で共通化させているホンダですが、
こういった場面でとっても助かります。
2012blog-3020.jpgハンドルロックもOKですね。

これは後々、NS50Fのステムになるので、
その際にハンドルロックのブラケットをどうするか、また考えなおさないといけません。
4Lモンキー、シャリィ(これはハンドルストッパーか)に続いて、またこれか…
2012blog-3021.jpgヘルメットホルダーは、このような保護プレートと一緒に
取り付けられています。
穴もバッチリ、装着もアッサリです。
2012blog-3022.jpgハンドルロックはステムに付いたままでは外せなさそうでしたが、
2012blog-3023.jpgちょっとしたコツで外せます。

ここも簡単にスワップ完了。
2012blog-3024.jpg最後、というか最も大変そうなのがここ。

どう見ても、メーター周りは全バラシですね。
2012blog-3025.jpgヘッドライトを外して、内部の配線からまず
キーボックスぽいのを外しておきます。
CB50Sは4極コネクタ+アースギボシでした。
2012blog-3026.jpgメーター周り全バラ完了。
ステーの裏側から+ネジ2本で、
カバーが外れます。
2012blog-3027.jpg外れたカバー。
ちょっと割れていますが、まぁここはハンダ熔接でごまかそう…
2012blog-3028.jpgCD50はこのような小さいピン数の多いコネクタです。

この線を切って4極コネクタに加工してもいけそうですね。
2012blog-3029.jpg今回はキーボックスのボトム部分をスワップしてしまいましょう。

で、これ…接着剤かなんかで強固に固定されています。
困ったな…
2012blog-3030.jpgCD50の方は、インシュロックではこの留め部分が邪魔で
ツメを寝かせる位置まで持っていけませんでした。
よってマイナスドライバーでコジコジして…
2012blog-3031.jpgCB50の方はちょっと強引にやらないと取れませんでした。

この接着剤は純正状態から塗布されているのでしょうか??
2012blog-3032.jpg側を慎重に拡げて、キーボトム接点のツメをかわします。
この季節だと硬化して割れやすいので、ドライヤーなんかで
暖めて柔らかくしておくと良いでしょう。
2012blog-3033.jpg接点。どっちも一緒ですね。

そのままハメてしまいましょう。
2012blog-3034.jpgというわけでCDキーでCB50の配線を制御する
ちゃんぽんキーボックス完成。
メーターカバー自体は、またレストア時に整備することにしましょう。
2012blog-3035.jpgあとは順番通りに組み上げて、新しいキーでイグニッション等の
操作ができることを確認して作業完了。
年明けには登録して、そこらを走ってみて
いったいどういったバイクなのか楽しんでみましょう。
 
  1. 2012/12/26(水) 00:16:44|
  2. オートバイ-CB50S

ソウルに行ってきたニダ 番外 トンデモ土産コレクション

2012blog-3004.jpgさてさて…
先月、ソウルに行ってきた際のおみやげを開梱した際のことを
記事にし忘れていました。
職場や家族などへのブツが多くなりすぎたので、
航空便で送付してもらいました。
2012blog-3006.jpgはい、開梱!!
クリスマスというわけで??お菓子の記事ですよ~!!

え、なんだかどこかで見たことのあるような袋だって?
2012blog-3007.jpgノミネートNo.1

かっぱ◯びせん

のようなもの…
お味はホンモノと比べてやや優しい口当たり。
瀬戸◯汐揚をかっぱ◯びせんの形にしたような感じです。
2012blog-3008.jpgノミネートNo.2

おっ◯っと…のようなもの

これはキャベ◯太郎のような味付けでとっても美味しかったです。
2012blog-3010.jpgノミネートNo.3

エリ◯ゼにしか見えない…
これもふつうにエリ◯ゼみたいな感じでした。
2012blog-3009.jpgノミネートNo.4

これは(アカン)
どう見てもキシリ◯リスタルにしか見えない…これをロッテがやっちゃってます。
小袋がメタリック仕様でちょっと高級感を醸し出していたり
2012blog-3011.jpgノミネートNo.5

韓国の人はこれでリッ◯パーティーをするのだろうか
2012blog-3012.jpgノミネートNo.6

たけのこも探したのですが、ありませんでした。
なんと擬人化キャラクターまで盛られてるぜ!!
2012blog-3013.jpgノミネートNo.7

これはパッ◯ンチョをパクッチョしたようだ
そしてこれもロッテじゃないか…なんなんだこの会社は
2012blog-3014.jpgそして最後。ノミネートNo.8
当方も最初はキット◯ットと思っていました…キッカーかい!! 

以上のお菓子たちをおみやげとして職場に持って行きましたが、意外と受けがよく、
大好評のうちにスッキリ食べ尽くされてしまいました。
 
  1. 2012/12/25(火) 00:58:04|
  2. 海外街歩き

AZワゴンR FMの入りの悪さを改善

      
2012blog-3002.jpg私が住んでいるところがイナカなだけなのかも知れませんが、
車も、家も…ラジオの入りが非常に悪いです。
特にこのAZワゴンRに感しては、見晴らしのいい場所でないと
FM802がパルス状のノイズしか入らないという有様。
2012blog-2995.jpgよって、改善します!!

なんでも、テレビの受信を改善するためのブースターがあるように、
車にもブースターがあるんです。
主に、車載テレビやナビのVICS情報のためなのですが、
FMの受信も改善できるみたいだ
2012blog-2996.jpgで、ヤフオクで買ったものが…

しまった、ラジオアンテナのものと確認せずに買ってしまった。
まぁいい、ここは工作で…
2012blog-2997.jpgジャンク箱からでてきたアンテナプラグ。

これに交換するだけで…いけるかな?
2012blog-2998.jpg分解する。
一応、テレビアンテナのために回路は4つありますが、
そのうちの1つを使うだけで大丈夫そうだ。
2012blog-2999.jpgまずは、使わないケーブルとさし込みプラグをハンダごてで除去。

そこに…
2012blog-3000.jpg先程のラジオコネクタの同軸ケーブルを半田付け。
2012blog-3001.jpg完成!!

あいも変わらず適当施工ですが、とりあえずは効果が出るかどうか
調査します。
2012blog-3003.jpgおお!!!!!!
アンテナが立った!!

これで本設置に移れます。
  1. 2012/12/24(月) 00:11:28|
  2. AZワゴンR

 
2012blog-2954.jpg掛かりも良いし、調子も良いと太鼓判を押していただいた
CB50Sのエンジン。

ちなみに、このCB50のエンジン、
加速は猛烈に悪いが、上がよく回って最高速も90Km/hくらいは出るらしい。
が、外見はボロボロだし、まぁ50ccだと絶対不満が出てくるでしょう。
そう、せっかく中型免許も取ったんだし…
2012blog-2992.jpg気になるワードで検索してみる。
「エイプ100 エンジン」

これにすると12VCDI点火の、パワフルな99ccエンジンが…ゴクリ
タイプDというバッテリー搭載モデルだから電装品も普通に使える…
明日の昼までに入金すればよいのか…
ああ…マウスポインタが[いますぐ落札]に吸い寄せられていく…
  1. 2012/12/23(日) 01:17:25|
  2. オートバイ-CB50S

さようなら 特急サザン 10006F

  
2012blog-2991.jpg2chの南海電鉄スレッド、及びオンライングッズショップの「副店長ブログ」からの情報によると
この画像の編成こと10006編成が廃車・解体されてしまったとのことだ。
12000系こと「サザン・プレミアム」が就役し、余ってしまった分の去就が気になっていましたが、
ついにこうした動きが出てくることとなりました。

私が幼少の頃にデビウし、憧れた車両がこうして消えて行くのは寂しいものです。
2012blog-2994.jpg追記です。

この編成も今迄の27年、節目節目に色々あったと思われますが、
上記の25周年HM掲出に加え、記念列車への登板もありました。
2012blog-2993.jpgそして、もうこれは10年前になるのか…
水軒駅にサザンが入線したイベント、このときも
10006Fが使用されていることがわかりました。
何かとイベントに駆り出されることが多かったんですね。
2012blog-3077.jpg意外と、10006Fのことを検索して当Blogに訪れてくれる方も
居られるようなので、過去の撮影物から探して追加します。
どれも、晩年の姿となるのですが…

これはEF80-200の2.8を手にして、撮影が楽しくて仕方がなかった頃のもの。
何をトチ狂ったのか開放で撮っているのでポートレート写真のようです。
2013blog-1471.jpgこれは2002年の画像。
10006Fを用いて、一時期各電動車の和歌山市側のパンタグラフを降下させる
試験を行なっていた頃のもの。
2230系は降下させたまま運用されるようになりましたが、10000系に関しては
2パンタ共に上げたまま、要は現状のままと言う結果に至りました。

うーん、見た目の問題でしょうか?後継の12000系では各電動車で1基となりました。
2012blog-3076.jpg消滅してから結構な月日が経った全席指定の特急サザン。
2012年現在、この列車は一部指定として走っていますが、直後に走る急行の
露払いになってくれていて、みさき公園での着席に一役買ってくれています。

難波方は10004Fで、10006Fはその後ろ。改造中間車を挟んだ編成同士、
窓形状も揃って個人的には一番好きな組成でした。


  1. 2012/12/22(土) 00:47:10|
  2. 鉄ヲタ

Z50J1 ようやく外装塗装

2012blog-2971.jpg今日は、これでいきましょう。
長きにわたって防錆、下地、整形を繰り返して
ようやくここに漕ぎ着けたフェンダー類。

塗色はどうしようか迷っていまして、黒だと重たくなりますし、
画像のようにシルバー…あかんなぁ
結局、うすめ液で剥がしました。
2012blog-2972.jpgまた、上画像のシルバーも、エスコとの相性が悪く、変な模様が出てきました。
じゃぁ何を塗れば馴染むんだろうと頭を抱えてしまいますが、
気にしていても仕方がないので、サイドカバーを塗りましょう。

塗料は…これまた、ホムセン塗料です。
真っ白だと色気がないので、オフホワイトで暖かみのある色調を狙います。
2012blog-2973.jpgで、ホムセン塗料をスプレーガンで吹き付けます。
どんな感じになるんだろう??

エスコの時とは違って、Meijiの古い落下式ガンが登板です。
夏くらいにヤフオクで購入したものですが、使えるかなー
2012blog-2974.jpgシュシュシュ~♪

おお!!これいいんじゃない??
表面はクリア要らずなくらいにツヤツヤになります。
2012blog-2975.jpgガソリンタンクもシュシュシュ~

※この後一回落としていますorz
2012blog-2976.jpgうすめ液で拭いたあとに、もう一度シュシュシュ~

うん!!綺麗に塗れた!!
これも頑張って下地を整えたからでしょう!!
2012blog-2977.jpg角度を変えてもう一度。
ガンの性能も良いのでしょうか、自分がうまくなった錯覚に
陥ってしまいます。
2012blog-2978.jpgライトステーもシュシュシュ~
これも苦労して作ったんだよなぁ
うまいこと付けばいいんですけど。
2012blog-2979.jpgフェンダーもオフホワイトにしてしまいました。
このZ50J1、所謂4Lモンキーを画像検索してみると、9割以上は
メッキも眩しい純正(美品)を使用している個体なんです。
要は、4Lにはメッキフェンダーが一番似合うということで間違いないのですが、
この個体では、タンク同色にすることであえてそれを崩すことになるわけです。
組み上げた時にがちょ~んな事にならないことを祈ります
2012blog-2980.jpgあれほど相性が出たエスコですが、
この通り、ピッタリ密着していますね。
いやー、それにしてもこの色…似合うかな ちょっとだけ心配になってきた
2012blog-2981.jpgで…この塗料、乾くのが凄く遅いです…
まぁ、この寒い時期なので仕方ないのですが、
屋内にしまいこむのにも気を使いました。
そして、乾ききるまで誰も触らないようにしないといけません。

しかし、ようやくですね…
次回は、足回りを組んでバイクとして自立するようにしたいです。
 
  1. 2012/12/21(金) 00:20:05|
  2. オートバイ-Z50J1

中庭をムーディに…ライトアップのやり直し

2012blog-722.jpg以前、激安イルミネーションを施工して、いい雰囲気になっていた中庭ですが、

あっというまに球切れしてしまいました
2012blog-2959.jpgというわけで、以前からやってみたかったライティングにトライしてみましょう。

ブツは…そう、いわゆる「お風呂の照明」のアレ。防水なのがポイント。
この形、上向きに置いてみるとシャレオツっぽくね?と思い、早速揃えてみました。
パナソニック電工のHH4061、もう廃盤になってしまったようで
ほぼ最後の在庫を入手となりました。

同等品はホームセンターなんかでも入手できます。
2012blog-2960.jpgこいつを、こうやって置いてだな

なんだか良い感じじゃないです…か?
2012blog-2961.jpg台座は…

園芸用品です。
これの下にコードを引き込んで、器具の防水パッキンを
密接させるようにします。
2012blog-2963.jpg当然、タイマーで点滅制御させますが、
ここには玄関灯のコントロールで信頼している
ナショナルのTB201を抜擢します。
2012blog-2962.jpg配線を始めましょう。

窓枠の下部に配線モールを通します。
2012blog-2964.jpg電気工事には資格が必要です。

皿の裏に穴を開け、VVFケーブル(1.6-2C)と固定用のネジを通します。
2012blog-2965.jpgそして、器具に通線、接続して、皿を器具にネジ留め。

これで防水も大丈夫でしょう。
2012blog-2966.jpg電球はとりあえず余っている電球型蛍光灯を。
昔にIKEAで買って大量に余っているものがありまして…
球切れしたら、先日導入したものと同じLIFELEXのLED電球を
導入します。
2012blog-2967.jpg点灯試験。

うん、いい、思った通りだ。
2012blog-2968.jpgタイマー。

仮設です。この後簡易的に防雨させるようにしました。
後々、ウオルボックスを設置します。
2012blog-2969.jpg夜がやってきました。

う~ん、ムーディ
2012blog-2970.jpgただ、眩しいくらいに明るいです。
近所からは漏れた光で変態ハウス度が更にアップしたと思われそうなので
LED化は早めにした方が良さそうですね。
 
  1. 2012/12/20(木) 00:05:26|
  2. 家電製品

我が屋敷にCB50Sがやってきた

2012blog-2942.jpg夜勤明け、帰りの電車での爆睡と、暫くの仮眠で出発です。
2012blog-2943.jpgAZワゴンRはオイル交換を経て絶好調です。

走りが良くなった…ってそりゃそうか。
距離は3000Kmでも、1年近くオイル交換していなかったわけで。
2012blog-2944.jpg途中、事故渋滞で到着時刻に影響が出るような…マズイ感じでしたが

事故処理が済んだようで、弁天町の手前で流れるようになってきました。
2012blog-2945.jpg生駒山を目前に、水走インターで降りて、

その近くで引き取りになります。
2012blog-2946.jpgファーストコンタクトです。

いやー、ぼろい

でも車体はしっかりしている感じで、エンジンも出品者の方が
整備されていたので、良い感じです。
2012blog-2947.jpgそれでは、丸車のまま積載にトライします。
ミラーを外して、メジャーでゲートを通るかどうか調べて
養生の段ボールを敷いたら…

いきます。おりゃぁぁぁぁー!!
2012blog-2948.jpgと、いうわけで、前輪を荷台に乗せてから、
テールを持って、もう一回どっこいしょ。
いとも簡単に、CB50を搭載することに成功しました。

Jazzと違って、車高が高いのでお腹が擦らないのが
載せやすかったのでしょう。
2012blog-2949.jpgさぁ、いざ…もう水走からサッサと帰っちゃいます。
早く帰って、寝よう

このブレーキディスク…やっぱうちにあるホイールとは
ぜんぜん違うわ…どうしよう
2012blog-2950.jpg買い物を少々済ませて、屋敷着。
嗚呼、またバイクが増えちゃった…

中免取ったんだから、せめて125にしようよ、俺
2012blog-2951.jpgもうネンネしたかったのですが、玄関内に鎮座した椅子も片付けたいし、
降ろしてしまいましょう!!どっこいしょ!!
敷地内でちょっとだけ乗って、ニヤニヤしつつ…
よく回るエンジンですが、ピックアップはそれほどでもありません。
それでは、各部をチェックしてみましょう。
2012blog-2952.jpg羨望の油圧ディスク。
これ以前が、CB50JXの効かないという評判しか聞かない
機械式ディスクブレーキだったことを思うと、飛躍的な性能向上だったのでしょう。
実際、2012年の基準でも普通に効きます。

リムはサビサビですね。ハブはこれを使うとしても、リムはJXのものを流用するのが
よさそうです。
2012blog-2953.jpgフロントフォークは…

嗚呼、錆びてます。こりゃインナーチューブを探さないとイカンかな
シールも駄目なので、また新品を注文しましょう。
まだ新品があることに、シャレオツバイクのSoloに感謝しなくちゃ
いけませんね。
2012blog-2954.jpgエンジンは…完熟の粉吹きぶりです。
エキパイもサビサビ。テールは綺麗なので、ここは
シルバーペイントで誤魔化したいところです
2012blog-2955.jpgシートはこのザマです。

適当なレザーで張り替えてしまいましょう。
魅惑のメガホンマフラー、テール部分は綺麗ですね
2012blog-2956.jpgちょっと野暮ったい、ボッテリしたテールカウルと、車名に切り取られた

ラインが70~80’sな印象。

あと、キーがバラバラ過ぎなんです。イグニッション、タンク、ヘルメットホルダーなどが
いちいちキーを探して挿さないと…こりゃなんとかしないと
2012blog-2957.jpgリア周り。
この辺は完膚なきまでにモディファイしてしまいましょう。
そのためのNS50Fホイールです。
2012blog-2958.jpgメーター。
ここもJXまでのオールドデザインから、
ちょっと近代化した、透過照明のメーターになっています。
なんだかこれも野暮ったいですが、グリーンの透過照明が綺麗なので
とりあえずはこのままでいきます。
 
  1. 2012/12/19(水) 00:22:24|
  2. オートバイ-CB50S

明日への準備…部品取り車を降ろします

2012blog-2933.jpg明日は本番なので、今日のうちにこれを降ろしておきましょう。

玄関内にAZワゴンRのシートを置いてあるのですが、
結構でかくて困ります。
2012blog-2934.jpgフロント周り。
タイヤはミニバイクレースよろしくBT39SSやTT900GPが奢られていますが、
もうカチコチになっていて使用は難しい感じです。
2012blog-2935.jpgインナーチューブには点錆が。

うーん、磨いたくらいで治るかな?
2012blog-2936.jpgこれくらいのおおきさだと、1人でもなんとか降ろせます。
2012blog-2937.jpgそれでは、部品として使える部分を外していきましょう。

まぁ、足回りとショートパーツだけなんですけどね。
2012blog-2938.jpg謎な構成のトップブリッジ。
フロントフォークのアッパー側は、ハンドルで固定して、
トップブリッジにネジ留めされていたようだ。
そのまま流用してもあんまり格好良いとはいえないので、
この辺りはなんとかします。
2012blog-2939.jpgエンジンはクランキングと圧縮を確認しておきます。

ヤフオクに出せば少しは改造費の足しになるでしょう。
2012blog-2941.jpgと、いうわけで更に剥ぎ取られてこのような姿に。

とっととオークションにて処分してしまいましょう。
 
  1. 2012/12/18(火) 00:03:52|
  2. オートバイ-CB50S

イルミネーションの季節ですねということで

  
2012blog-2921.jpg本日、我が屋敷に到着したのは…
2012blog-2922.jpgLEDイルミネーションが登場。

色はシャンパンゴールド、300球のものです。
2012blog-2923.jpgハコが日本語表記なのにちょっと安心しますが、
製造元やその他の表記はなし、ちょっと誤字があるところも
なんだかそれっぽい。

まぁ、1シーズン満足に使えればよしとします。
2012blog-2924.jpg箱から出してみます。

コードは真っ黒のもの。
2012blog-2925.jpg300球ですが、どうやら100球を3連結しているようだ。
そして、コントローラーから電球までの線が異様に短い。
これだと、コントローラーを室内に残して、サッシの隙間から
配線を出すという方法が使えません。
2012blog-2926.jpgそれでは、作業開始。
タイマーはIKEAで買ったもの。
2個買ったうちの一つは、門柱の表札灯に使っていますが、
これの耐久性はなかなかのもので、もうかれこれ1年近くは
連続で運用しています。
2012blog-2927.jpgそれでは、バラしていきましょう。

球間のピッチは結構狭く、密集した感じです。
2012blog-2928.jpgベランダで試験点灯。

結構いい色合いです。電球色よりは黄色がかった感じ?
2012blog-2930.jpgそれでは、設置しましょう。
格子にインシュロックで括りつけるわけですが、
マスの数を数えて、ちゃんと配分よく
掛けることができるようにします。
2012blog-2929.jpgちょうど3等分すれば、間にコネクタが来るので、

ここを格子内に通して、インシュロックで縛ります。
2012blog-2931.jpg試しに点けてみます。

おお、良い感じ…かな?
2012blog-2932.jpg表から見ると、こんな感じになりました。

地味っちゃ地味ですが、まぁ自己満足の領域ですので…
   
  1. 2012/12/17(月) 01:16:48|
  2. 家電製品

LIFELEX 1.2W LED電球 LDE17S35L

2012blog-2915.jpg昨日の引き取り前に、少し余裕時分があったので
コーナンに寄ります。
これから色々とやることもあるので、そのための資材調達なのですが、
その中で目新しいものを発見しました。
コーナンのPBであるLIFELEXのLED電球です。
2012blog-2920.jpgスペックは1.3W・全光束45lm、お値段が848円。
比較としては、Panasonicの斜めダウンライト用であるLDA6LE17DBHが
6.4W・全光束370lmとなっています。

当然、メイン照明では使えません。だいたい20W電球くらいでしょうか?
2012blog-2916.jpg今回、試してみようと思ったのが我が屋敷の洗面所、
勝手口に向かうところのダウンライト。
設計ミスでまったく使用することのない勝手口…なので、
ここの電球は外してあったのです。何せ3つまともに点けたら180Wも
消費するのです。これはちょっとキツイですね。
2012blog-2917.jpg踏み台を持ってきてねじ込む。

お、思ったよりはいいぞ(くれぐれも…メイン照明にはできません。)
照度が低いのに、ちゃんと電球色なので変な感じです。
2012blog-2919.jpg遮光幕を下ろして、水研ぎしたバイクパーツ置き場になっている
勝手口を見てみます。

当方としては期待通りの灯り方です。
常夜灯の2.5倍くらいの明るさでしょうか。
2012blog-2918.jpg元々E17のクリプトン球を斜め差しするタイプで、かつ、とても小型の灯具なので、
反射板などとの兼ね合いから取り付けできる電球には制約が多いのですが、
このLED電球はジャストフィット、配光も満遍なく行われています。

これなら、廊下のダウンライトを入れ替えて、点けっぱなしにしておくくらいだと
結構有効かもしれません。
何せ消費電力1.2W、仮に1F廊下7灯を全点灯させても8.4Wにしかならないのです。
 
  1. 2012/12/16(日) 00:06:40|
  2. 家電製品

話せば長くなる、要は人が「バイクを買う」きっかけというものだ

2012blog-2884.jpg先日の記事で、Jazzのブレーキ強化をどーのこーのと書き連ねたわけですが、
まぁ、これの手法をネット上で見ることができるのは3~4通りありまして、
◯マグナ50のフロントポン付け
◯NS-1やNSR50のフロント(これもほぼポン付け)
◯レブルのフロント周り(要小加工)
などが見られますが、その中で興味深いものがあって、それが
◯マグナ50フォークにCB50Sのホイール …というもの。
2012blog-2914.jpgそれに強く惹かれてしまい、完全純正流用での油圧ディスク化を
検討します。が、CB50Sのホイールは高い!!なんでもカブやCD50でも
流用の定番品となっているようで、ものすごく引き合いがあるのです。

で、画像が後々入手したそれ…のはずだったのですが、なんだか形がおかしい。
…これ、CB50JXのやつだったり??…てかJXのやつだわこれ…
どうりで安かったわけだ!!がちょ~ん
2012blog-2900.jpgで、まぁそのCB50の足回りを使うと、いろんなことができて楽しいようですよ。
例えば、フロントフォークを今レストアしている14インチシャリィに付けて、
フロントディスク化したりも…ムラムラ
Jazzに使うのはホイールだけだし…ムラムラ

それなら、CB50を丸車で買って、足回りをこうしてああして…
というわけで、勝手に数点、落札をしてしまいました。
全て、府内からの出品物に絞って落札して、直接引き取りでコスト圧縮を狙います。
2012blog-2901.jpg幸い、出品価格の500円増しとか250円増しで落札できたのは
嬉しい誤算でした。

と、いうわけで引き取り日の今日。
AZワゴンRのシートを外しにかかります。

リアシートはボルト6本で留まっているので、こうして隠された場所を
セコセコやって…
2012blog-2902.jpg後ろのカーペットと繋がってるところを内装剥がしで分離して…
2012blog-2903.jpg撤去完了。

こうするだけで結構ハイトも稼げます。
2012blog-2904.jpg助手席も外すとこの通り。

まぁ、部品取りJazzを運んだ時と同じ仕様ですね。
2012blog-2906.jpg     それなりの長旅になるので、先にオイル交換をしておきましょう。
今回は、過走行車に効くというモリブデン配合オイル。
粘度も40と、硬めなのが期待できる。

ちなみに、色はどす黒いアレではなく、普通のオイルの色でした。
そんなもんなのでしょうか
2012blog-2905.jpg10万キロ超の過走行車ですが、エンジン内はこの通り。
前所有者の方に感謝します。これからも大事に乗りますよ。

で、前所有者がどんな人なのかは知る由もないのですが、
オッサン香水をコテコテに塗りたくっている人ということは
想像に値します…近頃になってようやく染み付いた臭いが取れました。
2012blog-2907.jpg最低限の工具と、作業着を積んで、
AZワゴンRをサッと水洗いして

さぁ出発!!
2012blog-2908.jpg今日は堺市の金岡というところにやってきました。

右には大泉緑地公園。いいところです。
2012blog-2909.jpgそこでガレージショップを営んでいる方からの落札、
この画像ではわかりにくいですが、NS50F、そう「ゴエフ」の部品取り車です。
MBX譲りの鉄パイプフレームと強力な水冷エンジンのミスマッチで、
ミニバイクレースの常勝マシンだったNS50F…といっても、これは
今回のお題ではなく、足回りの部品取りとしての入手です。
昔はたくさん走ってて、どこにでも捨ててあったようなバイクでしたが、
今や希少車。時代の移り変わりを感じてしまいます。
2012blog-2910.jpgそこのお店の方も、バイクがとってもお好きな方でして、
小一時間は喋りこんでしまいました。
それにしても、今は若い子がバイクに乗らないので、なかなかこういう商売は
しんどいみたいです…貿易に横流しするのが結果としては実入りが良いようで…
日本から色んなバイクが減ってしまうのは残念ですが、それが今の業界の事情なのでしょう。

いやー、こういったトークがまた直接取引の楽しいところでして、
有意義な取引となりました。それでは、色々と寄り道して帰ることとしましょう。
2012blog-2911.jpgバイクが増えることを正直に話しても、小バカにして笑ってくれた奥さんには、
かん袋のくるみ餅をおみやげに。

甘くてモチモチしていて最高でした。
2012blog-2912.jpg久々に走る堺市内。空は薄い雲に覆われてきました。

明日からは雨がふるようです。
2012blog-2913.jpg散髪(髪を切ってくれた兄さんがまたバイク好き者でまたまたトークタイム…)して、
買い物して…と色々していたら、
もうこんな暗がりに。

今日は車からは降ろせないなぁ、こりゃ
 
  1. 2012/12/15(土) 00:41:39|
  2. オートバイ-CB50S

CF50Zシャリィ 缶スプレーの塗料乗り検証

2012blog-2895.jpgエスコにて防錆を行ったパーツ達。
あのサビサビボロボロだった4Lモンキーのフェンダー
塗装から数ヶ月経っても錆びる気配すらないのには驚いてしまいました。
これの防錆能力は相当のものです。

ですが、ちょっと塗料の乗りが悪いような気がするので、色々と塗ってみました。
2012blog-2896.jpgこれが問題の、ナ◯コのPB商品となる艶消しブラック。
ものすごい勢いで弾かれ、重ね塗りするとアブクがでてくる
謎仕様なのです。
これには相当手を焼きました。そしてプラサフも場合によっては
馴染まないという現象まで。

このスプレーは、まぁ安かったということで諦めます。
2012blog-2897.jpgコー◯ンのPB商品である、こちらは艶ありのブラック。
これも厚塗りするとアブクが出てしまいます。
エスコの成分と、このスプレーの何かが喧嘩しているのでしょうか。
2012blog-2898.jpg最後に、エナメルスプレーであることを強調しているこの商品。
これは難なく塗れました。

ラッカー系は溶剤がダメなのでしょうか。
この缶スプレーはとってもいい艶が出るので
ナイスな塗料なのですが、それなりに値が張ります。
2012blog-2899.jpgサンプリングした場所は、普段は隠れる場所なので、
別に塗る必要もない場所なのですが…
とりあえず、このすごい色になっている部分をどうにかするか…
 
  1. 2012/12/14(金) 00:12:19|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

CF50Zシャリィ 夜のフレーム水研ぎ

2012blog-2890.jpgこの前…いつだったか、調べてみたらフレーム塗ったのが
10月22日か…寝かしていても何のご利益もないので、
少しでも進めていきましょう。
2012blog-2891.jpg後端。
結構荒れてますが、ここは隠れるので良しとして、
その他の部分にもこのような荒れや柚子肌があるので
修正もしましょう。
2012blog-2892.jpgというわけで、今宵、奥さんも友達と宴ということで居ませんし

お風呂でやっちゃいます。
温水が使えるので、この季節でも手に優しい作業ができます。
2012blog-2893.jpgゴシゴシシャカシャカ擦っていきます。
フレームのよく見える部分は念入りに平滑にします。
この錆止めですが、プラサフや缶スプレーがそのままでは
乗りにくいので、こうして洗剤と研磨スポンジで
ひと通り擦って洗う必要があるよう…です。
2012blog-2894.jpgモンキーのフェンダー、シャリィのタンクも整えておきます。

うーん、いつになったら出来上がるんだろう
とりあえず塗るもの塗らないと車体が完成しないというわけです。

そして、明後日からは更にこれに加えてもう一つのプロジェクトが…
 
  1. 2012/12/13(木) 01:09:18|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

HONDA Jazz なんでもブレーキ流用強化ができるそうで…

2012blog-2883.jpgリムを磨き、スポークにローバルを塗ったホイールは、
なかなかの耐久性で、いまだにそれなりの輝きを
保っています。

フロントフォークもOHしたおかげで、走りも見違えるようになりました。
2012blog-2884.jpgそうなってくると、気になるのがこれ。

とくに制動能力に不満はないのですが、
いまだに制動開始時に「カッコン」と音がすることがあって
なんだか心許ないです。
シューも殆ど残っていない様子で、引きしろも限界になりました。
2012blog-2885.jpgというわけでヤフオク発動。

これはマグナ50(AC13)のフロントフォークです。
フロントフォーク径や左右スパンなどはJazzと一緒のようで、よく
流用素材として使用されるそうだ。
2012blog-2886.jpgこのキャリパーブラケットが付いているのがポイント。

だが、Jazzにマグナ50のブーメランコムスターは、いかにも
マグナから持ってきただろお前感が大きいので、この辺りをJazzっぽく…
いや、他に前例があるので詳しくはそれなりに検索してみてください。
「それ」のホイールが必要なのですが、あまりに引き合いが強く、
車体ごと買った方がなぜか話が早いんですよね。さて、それからどうしたかはまた後日。
 
  1. 2012/12/12(水) 00:11:58|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

なんとか復活

2012blog-2887.jpgWLI3-TX1-G54を1階に仮設して、これを1階パソコンの

DH73P2に繋いで…なんとかネットに繋がるようになりました。
なんでも手放さずに置いておくものですね。いやはや。
2012blog-2888.jpgそのままでも安定して2回の親機と繋がってるのですが、
さらなる安定性を狙って、外部アンテナを装着し、それを玄関にもってきました。

有線よりはちょっともたつく感じですが、まぁ、当方の使用では
これの伝送速度で十分足りてしまうようです。
2012blog-2889.jpgというわけで、原因と思われるAterm。
しかしこれが悪いのかどうかがまだ判別できていないのです。
うーん、とりあえず修理に出してみるか
 
  1. 2012/12/11(火) 01:21:55|
  2. パソコン

なんてこったい

モデムに異常が発生した(一階のアクセスポイントのようです)ようで、
インターネットに繋がらなくなってしまいました…
スマホもWi-Fiで運用できないのでいつもの速さが無い(二階のルータに繋ぎ直して
なんとか凌いでいます)し、
ヤフオクの取引は面倒だしで散々です。
インターネット環境があることのありがたみが見に染みます。

さて、この場合はネットワークケーブルが悪いのか、
アクセスポイントとして使用していたatermが悪いのか…
atermには今月いっぱいまてで保証がのこっているので、
修理に出すなら今のうちなんですよね。

…って、一階が使えるようになるまでは二階でこの記事も更新しないといけないということか!!
なんてこったい!!
  1. 2012/12/10(月) 00:13:16|
  2. パソコン

PowerShot G3がやってきた

2012blog-2876.jpg過去に官公庁オークションにて敗北を味わったPowerShot G3ですが、
あれからもコンスタントに八頭町からの出品がされていました。
過去に銀塩からデジタル化される際にまとめて納入されて、
近頃になってお役御免となったものが多数あるのでしょう。
現場で使用するカメラは所謂「現場監督」系の、今だとCaplioにもそういうのがあって
なぜにこのハイエンドモデルのG3であるかは不明ですが、この機種が持つ
シャープかつ豊かな描写は資料作成や記録写真などで大活躍したことでしょう。
2012blog-2877.jpgさて、その官公庁オークションに…まぁ無理やろなぁと適当に入札したら
なんと落札に成功してしまいました。

いやー、これの入札額もG5の購入額を大きく上回るものでした…が、
せっかく買えたんだし、G5のサブ?として頑張ってもらうことにします。

このハコ、メルコのプリントサーバってのがまた役場っぽくていいです。
2012blog-2878.jpg丁寧に梱包されていました。

結構な付属品の数ですが…
2012blog-2879.jpgこの通り。64MBのCFまでついてきました。


肝心のカメラ本体は、小傷だけでそれなりのコンディション。
2012blog-2880.jpgBP-511が充電できる充電器が嬉しいのですが、これ、ACアダプタと繋がないと
使えないんです。これだと結局かさばるので、携行にも向きませんし
CA-PS400がある我が屋敷では使い道がないっすね…
2012blog-2881.jpgそれでは、手持ちのBP-511で火入れ。 

カレンダーと各種設定をG5と合わせます。
2012blog-2882.jpgシルバーボディのG3ですが、これはこれで良い感じ。

ですが、CFスロット側の樹脂部分、一応ダークシルバーで塗装されているようですが
ちょっと野暮ったい感じ。
やっぱりオールブラックのG5ですね!!
2012blog-2874.jpgファーストショット。

やはりG5の先代だけあって、ピントを合わせた場所における
シャープな描写はさすがです!!

ちょっとフォーカス時の雑音が大きい感じです…まぁ古いししょうがないか
2012blog-2875.jpgうーん、ちょっと、コンデジとは思えないような描写。

これ、なぜかはわからないのですが、当方のG9では
ちょっとできない、及ばない部分なんです。

たまにG5に暇を与えて、これをもってお出かけしてみるのも
いいかも知れませんね。
 
  1. 2012/12/09(日) 00:19:21|
  2. カメラ-コンデジ

奥さんのSH-01Dに関してのエトセトラ なんでも不調だそうで

2012blog-2850.jpg私が購入したQE-PL301がかなりの大容量&高出力で
2台のスマホでも余裕のチャージングができたところで、
奥さんより「なんで私の分はないのよ」とリクエストを受けたので
探すことにしました…が、先述の通り、PL*01シリーズはディスコンでして、
なかなか見つけることができません。ヤフオクで競ってダメ、実店舗は高価、
ネットショッピングで探し倒した結果、AmazonでPL201を見つけました!!
2012blog-2851.jpg301は大きすぎるので、容量と質量のバランスを考慮して
201にしました。

…なのですが、これ中古なんですよね…
中古の充電池ってどうよ?と思いますが、まぁ、なんですか、
2012blog-2852.jpgACアダプターが付いてくるから、これがいいんですよね。

このアダプターは101と201専用になっていますが、
スペックは301用と相違無いようです。
2012blog-2853.jpgさぁ、早速使って…あれ、ランプが点かない
充電できないって、あ!?

これ壊れてるじゃないかーーーーーーーーーーーーー!!!
2012blog-2860.jpgと、いうわけで…返品もできるのですが、まぁダメ元で
Panasonicの修理センターに持ち込んでみることにします。
場所は高石市の西取石。阪和線の富木駅が最寄りですが、
まぁ、羽衣から歩けないわけでもない…というわけで、
夜勤明けに高架工事真っ盛りの羽衣駅にやってきました。
2012blog-2865.jpgこの橋上駅舎も、ゴチャゴチャした駐輪場も、
小さくて使い勝手が悪かったロータリーも。

工事が完工すると、姿を消してしまうのでしょう。
2012blog-2854.jpgそれでは、いつものようにナビを起動して、

スマホの画面を見ながら歩く怪しい人になりましょう。
2012blog-2864.jpg駅から少し外れると、閑静な住宅街になります。
ここからなら、なんばも近いし住むには良いでしょうね。

だが、いつも乗ってる急行はこの辺りだと乗るのもはばかられるくらいの
混雑になるので…やっぱ今のとこがいいか
2012blog-2855.jpg気温はそれほど低くないのですが、

風が寒い!!(11/24日の出来事です)
2012blog-2863.jpg高石市を貫く?南海中央線と呼ばれる鉄道のような名前の道路。

国道が混雑した時や友人宅へのアクセスとしてよく通りましたが、
ものすごく道幅が狭くて、行き違いが困難な道でした。
拡幅整備計画が進んでいて、そのうち見違えるような2車線の
歩道付き道路になるそう。
2012blog-2872.jpgオサレなカフェが。

車もたくさん停まっていて、ここいらの有閑マダムの
談笑の場となっているのでしょう。
2012blog-2871.jpgそろそろ近づいてきたんじゃね?
2012blog-2856.jpgこんな感じです。
2012blog-2870.jpg住宅が途切れている間に
エントランスがあるようです。

Panasonicの青い看板が見えますね。
2012blog-2869.jpg到着。

一見、配送センターのようにも見えます。
2012blog-2868.jpg受付にてお姉さんに症状を伝え、
Amazonの領収書も添付します。
中古品なのでどうかと思いましたが、「1年経ってないので大丈夫です」
とのこと。意外とあっさり修理してもらえることになりました。

この辺り、日本の会社ゆえの安心感があります。
2012blog-2867.jpgまぁ、そう思うのにも以前そういうことがあったからでして…

雑貨屋さんでシャレオツなFL管の時計を買ったのですが、
数ヶ月で表示がボケてしまい、こりゃいかんと販売元に連絡したのですが、
明らかに面倒くさそうな態度で購入月や買った店を聞かれ、
不調であることを示す画像を添付し、郵送して欲しいとまで指示され、
要は面倒くさいから諦めてくれ…とも受け取れるので
ああ、もういいやとそれ以上のアクションはしなかった事例があったのです。
件の時計は、いつのまにか正常に近い表示に戻ったので、まぁ良かったのですが…
2012blog-2857.jpgやはり、その辺りは日本の大手企業であることが
まず第一歩なのでしょう。

職場でも、モバイル充電器のベストバイについて聞かれることがあるのですが、
結構値段のするものですし、あんまりよくわからないメーカーや
ノーブランドの物はこういったことがあるから
避けたほうがいいっすよ!?と伝えるようにしています、ハイ
2012blog-2866.jpgヘコヘコ歩いているうちに、高石駅が近くなりました。

そりゃ、同じ道を戻るのも面白くないですしね…
2012blog-2858.jpgしかしこのナビは便利だな~

でも…高石駅へは手前の黄色い道を曲がった方が
近いんですけどね。
2012blog-2859.jpgというわけでこちらも高架工事たけなわの高石駅。

普通車が急行を先行させることができる駅構造で、
公団住宅の真裏にある1番線の情景は今でも瞼の裏に焼き付いています。
この昭和テイストを放ち続けている看板も
そのうち過去のものになるのでしょう。
2012blog-2861.jpgあー…腹減った
高石だし、近くのラーメン屋さんにでもと思ったのですが、
夜間しか営業していないみたいで…
2012blog-2862.jpgメジャーアップデート前はフリーズが酷く、
アプデ後には戻るバグも加わった奥さんのSH-01D。
ドコモショップに持ち込んで、症状を伝えると
お姉さんが頑張って戻るバグが出るまで触ってくれて、
症状が確認できたところでリフレッシュ品と無償で交換してくれました。
その後は当方の個体並みに安定しているとのことです。
保証期間(1年)が過ぎる前に、調子の悪い方は
お店に行ってみて、症状を見てもらうのも良いかも知れません。
2012blog-2873.jpgPL201は新品になって帰ってきてくれました。

ところで、PL201に標準添付のケーブルだと、
SH-01Dでは充電ができません。PL301だと充電ができるので
なんだかこの辺り、充電制御に相違でもあるのでしょうか。

当然、D+-を短絡した充電専用ケーブルだと充電ができるので
それを使用してもらうことにします。
 
  1. 2012/12/08(土) 00:07:51|
  2. 携帯電話

見易いミラーを…というわけで

2012blog-2413.jpg先日、見難い純正ミラーをどうにかしようと購入したまでは良かったが、
更に見難くなってしまったこのミラーをどうにかしようと
色々考え、松屋町筋のうpガレージへ。
衣装ケースのようなものに投げ込まれているジャンクミラーをガサゴソしていると、
これは…というものを発見。
2012blog-2840.jpgで、これがそれ。

ジャンクなのでプライスは嬉しい100円でした。
で、なんでこれと言いますと、
2012blog-452.jpg以前、部品取りとして落札したJazzに付いていたミラーが
これにそっくりだったのです。
汎用品として、結構出回っているタイプなのでしょう。
2012blog-2841.jpgこれがJazzに付いていたもの。
センターのビスを緩めるとクルリンと回せて、左でも右でも使える
リバーシブル仕様なのには驚きました。
これは凄い。そして今思えば教習所でもこのミラーに替えられてる
教習車(特にボロ)が多かったような。
2012blog-2842.jpg並べてみる。

OKOK!!一緒ですね。
2012blog-2843.jpgそれならばと、つや消しブラックに塗られているところを
剥離して、Jazzに合うようにしましょう。
剥離剤とヘラで地道に剥離します。
2012blog-2844.jpgなんと、メッキミラーに塗装をするために

クソ丁寧に下地荒らしまでしていたようだ…
2012blog-2845.jpgこんな感じです。

これ、バフ掛けで消せるかなぁ
2012blog-2846.jpgと、そこで今回はピカールではなくて
こういったものを使用します。
金属の鏡面磨きをする上で、高速回転するバフに塗ることを
主眼としている「青棒」というツール。ペースト状?なので、遠心力で
飛び散らないことがメリットでしょう。
100均でもあるとの情報でしたが、近頃ようやく近所のダ◯ソーにて発見。
2012blog-2847.jpgギュインギュインと掛けていたら、
ペーパー痕はある程度消せました。
が、今度はメッキの面がポツポツになってる…
掛け過ぎて熱を持ったからか??
2012blog-2848.jpgさぁ、交換です。
このミラーは…ヤフオクで処分するか…
2012blog-2849.jpg装着は10mm→8mmへの変換アダプターを用います。
これがもう、後方視認性最高!!後ろを見るのが楽しくなりました??
そして、今日、駅にJazzを置いていたら
ミラーをパクられました

返せ!!ボケーーーーーーーーーー!!!!
まぁ、バイクごと持って行かれなかっただけマシですか…
 
  1. 2012/12/07(金) 00:42:30|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

PowerShot S30がまたやってきた

2012blog-2488.jpg適当なCDコンポを探しに、またしても泉南ハドフに。

うーん、コンポは微妙なのしか無いなぁ…
カメラコーナーへ。ここはフィルムカメラの墓場となっていますが、
たまに枯れたデジタルカメラも混ざっていたりします。

そこで見つけたものが、今回の記事となります。
2012blog-2487.jpgPowerShot S30。我が屋敷だともう3台目になるわけで…

画像のように、付属品も結構たくさん付いてきて315円。
迷わず確保です。
2012blog-2490.jpg筐体は綺麗ですね。大事に使用されてきたことが伺えます。

弱点であるレンズシャッターのスライド機構も健全です。
2012blog-2489.jpgバッテリーと充電器も揃ってます。
これだけでもかなりの値打ち。

ところがG9は我が屋敷に残留することになったので、今度はまた
充電器があぶれてきました。こないだのS70は空振りになったと
いうことでしょうか…
2012blog-2496.jpg取扱説明書はS40と共通。
2012blog-2494.jpgユーティリティCDも付いてきましたが、
今はもう満足に使えるアプリも無いのでしょうか。
2012blog-2495.jpg対応OSが…

まだxpが世に出る前だったのか
2012blog-2492.jpg手持ちのバッテリーにて起動できるか調査。
内部記憶はリセットされていますが、
その他の機能は特におかしくないようです。

唯一、気になるのはズームレバーの反応が鈍いこと。
マイクロスイッチの接触が悪いのでしょうか。
2012blog-2493.jpg背面。

ボタンのスレもなく、極上品です。
2012blog-2491.jpgさて、これも魔改造のベースにしようか悩んだのですが、
あまりに状態が良いので、これはS30のオリジナルとして
大事に置いておくことにしましょう。
 
  1. 2012/12/06(木) 00:19:19|
  2. カメラ

ソウルに行ってきたニダ 11 さらばソウルよ、そしてやっぱり自国もいい

2012blog-2799.jpg4日目。

ホテルのロビー集合はなんと5:30、朝の5時半である。
ちょっとまった、早朝の便を避けるために追加料金も払ってちょっと遅い便にしたのに…

と悔やんでも仕方ない、ちゃんと起きて、ロビーにて合流。
案内のお姉さんが違う人になってる…けど気にしない
2012blog-2800.jpgこんな早朝だというのに、ちゃんと提携しているお土産屋さんには
立ち寄る仕様になっているんです。
そしてこんな早朝に、中に案内されて長机に御一行様(6人)を着席させて、
おばちゃんのテンションセールストークが始まる。眠い。が、
おばちゃんは容赦なくキムチの試食を勧めてくる(この時点で6:20)

俺を殺す気か
2012blog-2801.jpg7時過ぎに仁川空港に。
なんだ、こんな時間にまた物凄いカメラの砲列が…
この国では毎日こんなことになっているのだろうか。

数がすごいので、結構なスターだったのでしょう。
2012blog-2803.jpgようやくの日の出。
免税品引き取りで財布を引き取り、出国手続き、税関を通って
着々と帰国の準備にかかります。

眠い…
2012blog-2802.jpg物凄い行の案内。

ここ仁川がハブ空港であることを感じさせます…が、
意外とソウル市中心部からは遠いと感じました。
これなら関空のほうが近いやん
2012blog-2804.jpgさぁ、搭乗です。
さらばソウルよ!!

また多分来ます。多分。
けど、奥さんの友人もそのうち日本に来るし、ここに行く大きな目的が
一つなくなっちゃうのです
2012blog-2805.jpg機材はB777-200。
窓際が取れたよやったね!!

翼の真横ですが
2012blog-2806.jpgそして嬉しい機内食。これのお陰で

家まで直行できるエナジーが補充されました。
2012blog-2808.jpgシートにテレビがあるので、コントローラーが備わっています。

なんだかゲーム機みたいですね
2012blog-2809.jpg裏を返すと電話のようですが、掛けることができるのかな

そしてクレカと思われるカードリーダーまで付いています。
なんだか凄いことはわかります…
2012blog-2807.jpgが最初にポチポチボタンを押していたら、
ハングルのまま何処にも行けなくなりました。

だから…読めないんだって…ここまできて勘弁して
2012blog-2812.jpgなんとか復帰。ゲームをしましょう。
直訳っぽい日本語が面白い。レースゲームのようですが、
横移動で他のマシンを押し合いしながらニトロブーストで逃げ切る
昔のゲームウオッチを超進化させたような内容でした。
対抗車、特に自車の次に速い車をを邪魔しまくるのが楽しいです
2012blog-2810.jpgああ、空が青い。

上空はこんなにBLUE SKYですが、今日の日本は曇ったり
雨だったりするようです。
2012blog-2811.jpgしかしこれ、映画が見れたり音楽が聞けたりと

相当充実しています。
映画なんか1本丸々観たら2時間ですから、欧米やハワイなどの
長距離でも暇しないでしょうね。

それでも、この狭い椅子はキツイんですけど…
2012blog-2813.jpg出発が遅れていたのですが、到着はそれほど遅れず、1時間少々で
関西空港に降り立ちました。

これは自転の助けにも依るでしょうし、777のスペックなのでしょうか?
2012blog-2814.jpgニュートラムのようなものに乗って…

このあたりで、帰ってきた気分がモリモリ湧いてきます。
2012blog-2815.jpgあー、帰ってきたぜコノヤロー!!
2012blog-2816.jpgおー!!南海電車だ~!!
7100系だよ~!!
案内が日本語主体で読みやすいよ~!!
2012blog-2817.jpgやっぱり、このソファのようなもっくり座れるシートが一番ですね!!
2012blog-2818.jpgああーーーーー!!!泉佐野だよーーーーー!!!泉佐野ーーー!!!
いつも通過するだけの駅だけど、帰ってきた実感ギンギンMaxです!!
そしていつも嗅いでいるような街の匂い、空気が旨い!!
2012blog-2819.jpgそして鳥取ノ荘を過ぎたら見えるこの海!!この景色!
!これこそ帰ってきた!!帰ってこれた!!曇ってるけど!!!!

…海外旅行というものは、日本ではない国の、その異国であることを
存分に楽しんで、吸収して、満喫して…

そして帰ってきて、やっぱりこの国がいいなぁ!!と実感できる瞬間を
そう、この瞬間こそが、旅の集大成なんだろうと私は思っています。

長々と10回分のスペースを用いて書き綴ってきたソウル旅行記事ですが、
これにて完結です。いやー、長編でした。
 
  1. 2012/12/05(水) 00:44:29|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 10 ここだけは違ったシャレオツスポット

2012blog-2783.jpg新沙のカロスキル通りを歩きます。
シャレオツかつセレブなスポットのようで、このあたりだと自国車よりもヨーロッパ車や
Lexus、INFINITYの車が見られるようになります。どこの国でも、お金持ちは外国車なんですね…

そしてこの辺り、ここだけは違う…この国特有の街の臭さがない。日本に居るみたいです。
少し休もうと、臭いとフィーリングでオシャンティなお店に。カフェかな?とキョロキョロしていたら、
「イラッシャイマセ」マスターらしい。
それにしても喋ってもいないのに、なんで日本人だということを見抜かれているのだろう。
2012blog-2780.jpgほっと出来る飲み物をオーダーします。

お店にはクリエイターっぽいシャレオツなお兄さんと、老夫婦。
スミマセンと後ろを通してもらうと、おじいさんが「アリガトウ、アリガトウ」
日本語なのですが、ちょっと意味が違うのが微笑ましくも嬉しい。
2012blog-2782.jpgマスターさんはアラフォーっぽいスラっとした渋いお兄さんです。中国系?とのことだ
先程の件を訪ねてみたのですが、「日本人はイイ、マナーガ、中国人はスグワカル、ガーガーウルサイカラ」
とのことだ…「アルキカタモ中国系はフンフン(肩で風を切る感じで)」
確かに、日本橋の電気街や空港急行で見掛ける中国系の人はそういう感じだ。
比較的富裕層の人でもそうなんだからなぁ…
温かく甘いコーヒーと、国籍を越えた会話が疲れを忘れさせる。
2012blog-2779.jpg先程のクリエイターさんっぽい人は大学の写真部の人らしい。

おもむろにEOS1Dと赤帯レンズや白レンズを出してカチャカチャセッティングし、
老夫婦を撮っている。身内なんだろう。
このマスターも写真が好きで、店内には最近行ったというマチュピチュの写真が掛けられていた。
2012blog-2778.jpgもう一人(いつ出てきたのか気づかなかった)中肉の学生さんは、
CONTAXのデジカメを出してきた。こりゃあんまり見たことのないカメラだなぁと驚いて、
「ケッコウ、フルイケド、イイカメラ」とはマスター。
帰ってから調べてみたら、CONTAX Tvs DIGITALというカールツァイス搭載の銘機だったのだ。
こんなマニアックなデジタルカメラが存在したことに驚いてしまったが、その時、
「僕もこれを気に入って使ってるんです」とPowerShot G5を差し出してみた…
先方はこんな日本人をどう思ったのだろうか…
2012blog-2781.jpgそのマスターが言うには、「カメラハ ヤッパリ ニホンノガイチバン。 CCD、ソニーノCCDガイイカラ。
ホカノヤツハダメ、ブー!!」とのことだ。
確かに、街中で見かけた広告、現地の人が持ってるカメラ、空港でT-ARAを撮ってた
一眼の砲列も日本メーカーのものばかりであった。

色々面白いものを感じ取れて、満たされたところでお礼を告げて、街歩きを続けます。
2012blog-2784.jpgうお!!これって一風堂やん!!
このあたりには他にも日本のご飯やさんが
進出していました。いやー、インタナショナルですね。

味見してみたかったのですが、今夜はまたこちらで食べれる
料理を…とのことでまたの機会に…
2012blog-2785.jpg中心部に戻って来ました。
ロッテホテル前はこのようになっていました。カップルだらけの
シャレオツムーディ空間が展開されていました。しかしまた、このツリーが結構でかい。
眺めて写真を撮っていたら、「Excuse Me?」と…「Picture Please」
爽やかな青年とすらっとした女の子のカップルが。写真とってくれってことだな~…
って、あれ?…ちょっと待った、自分ら日本人やん!!と突っ込んでしまった。
私たちは、というか特に私は現地人か中国系にでも見えたのだろうか
2012blog-2786.jpg失意のまま、ロッテの免税店を周り、奥さんは財布を買って…

明洞の賑やかな場所へ。
2012blog-2787.jpg台湾でも同じことを思ったのですが、
街がとにかく元気なんです。昨日会った奥さんの友人は、
これでも韓国は景気が悪いみたいとの見解を示していましたが、
今の大阪の元気の無さからするとそんなことはないように映りますね。
2012blog-2788.jpg最後の晩餐、ノルブプデチゲというお店へ。
プデチゲというチゲ鍋で、元々は軍隊発祥のもので
部隊(プデ)鍋(チゲ)というようなニュアンスとのこと。
ソーセージやスパムのようなものが見えますね。
2012blog-2789.jpg辛いのは中心に隠れていたようで、煮込んでいるうちにこの赤さ。
結構辛いですが、美味しいです。
途中で入れるインスタントラーメンがまた嬉しい美味しさ。
2袋目も注文してしまいました。
2012blog-2791.jpg最後に、昨日も行ったホンデイプクへもう一度行くことに。
2号線にはほんとうによく乗りました。
画像のように、大都市には欠かせない環状線なわけでして、
ソウル市民の重要な足となっているのでしょう。
2012blog-2792.jpg地下鉄車両に見られる壁の広告ですが、これが驚きの電照広告。
日本でも路面電車(外側)や、地下鉄車両(営団6000系)で
試行がなされたことはあったのですが、本採用には至らなかった経緯があります。
こっちでは吊り広告がないのですが、その代わりにこういうのがあるんですね。
2012blog-2793.jpg何処の国でも乗車マナーの啓発に力が込められていることを感じる。

そういえば、ドア際でちょっと座りこんだお姉さんに、
おばあちゃんが席を譲ろうとしていたのが微笑ましかったです。
多分、お姉さんの体調が悪いのかな?と思ったのでしょう。
2012blog-2798.jpgこの車両は2000系でも、3号線より移籍した通称「幅広」と呼ばれるもので、
ヨーロピアンというかアメリカンというか、無国籍な前面スタイルに、
このように車体裾が広がった断面が特徴です。それのお陰で
ただでさえ広い車内がこの通り、超ワイドになっています。
座席の間がこれだけ開いていたら、楽々3人立てますね…

こちらではもう少しで退役するような車両でも、このように液晶パネルでの
案内装置が据えられています。これがなんと韓英中ときて、
日本語カナ表示もできるのには驚いた。いやー、グローバルですね~
2012blog-2797.jpgケンタッキーも何処にでもあるんですね。

このセット、10000ウォンでてんこ盛りの様子。
2012blog-2794.jpgホンデイプクの町並み。
こちらの女性なのですが、なにも日本でよく見るような所謂韓流アイドルのような
コテコテメイクばかりではなく、結構ナチュラルメイクっぽいメイク(ここ重要)の人や、
地味っぽい清楚な服装で、黒ストッキングやタイツ、そう!!スカートに黒ストの女の子が多い!!
そして驚くほど足が細く長いので、私は下ばかり見ているような感じでした、ハイ

しかし、こうして訪れてみないとわからないことも多いもんだ、
それを身をもって思い知った訪韓でした。
2012blog-2796.jpg若者の街なので、服屋も多く、そして安い!!
1000~2000円で、シャレオツなオベベが揃います。
奥さんも暖かそうなセーターを買っていました。
私もなかなかイカすフード付きのコートがあったので試着したのですが…

腹が出過ぎていて、全く着こなせませんでした…
そういえばこの国、デブが少なかったな
2012blog-2795.jpgよくわかんないキャラクター。

朝にホテルのテレビで見たCMでみたような…
ガソリンスタンド?石油会社のキャラクターなのか?
愛想良く手を振ったり、女の子に抱きついたりしていました。
 
  1. 2012/12/04(火) 00:17:13|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 9 あと少しだけ続きます

2012blog-2759.jpgそのまま1号線でソウルまで戻っても、来た道を戻るだけなので
面白くありません。

加山デジタル団地(Gasan Digital Complex)という駅で、地下鉄に乗り換えましょう。
2012blog-2760.jpgこの7号線という路線、今迄のようにソウルメトロではなく、
都市鉄道公社というまた別の団体にて運営がなされているとのこと、
でも運賃は通しなんですよね。
プラットホームに据えられたLCD案内の意匠もちょっと違ったりします。
2012blog-2761.jpgで、ここでもスクリーンドアで電車が見えない。
安全であることが最優先なので、これが理想なのですが、
駅撮りヲタにとっては、こりゃ厳しい現実です。
2012blog-2762.jpg二駅乗って、今度は2号線に乗り換えましょう。
2012blog-2763.jpg大林(daelim)駅。
ものすごく長い(住之江公園のニュートラム乗り換えよりも、海遊館よりも長いかも)
エスカレーターを上り詰めて、ようやく乗り換えのコンコースに。
2012blog-2764.jpgプラットホームから。
このあたりは地上を走っているので、
景色も楽しめそう。
2012blog-2765.jpg新2000系は昨日しこたま乗ったので、
今日は旧型が来るまで待ってみましょう。

一本やり過ごしたら、それが到着。
主電動機の制御に、イギリス製のものと日本の三菱電機が存在するという
興味深い存在です。
2012blog-2766.jpg乗り心地も良く、良い電車でした。
内装は、大邸での車両放火事件をきっかけに
新品の不燃性素材に入れ替えられていて、更に液晶パネルの
案内装置まで奢られているのでまるで新車のようです。

ここで、奥さんからSMSが届き、ソウル駅で落ち合うことが決まったので
4号線に乗り換えます。
2012blog-2767.jpg舎堂(Sadang)駅で乗り換え、漢江を渡ります。
大阪で言えば淀川のようなものでしょうか、道路を挟んで地下鉄が走る様は
御堂筋線のようです。

こちらではたくさんの路線が、鉄橋にてこの漢江を渡っています。
2号線なんかは、2回も渡っているのですが、新大阪-大阪-塚本間の
JR東海道線もそうか…
2012blog-2768.jpgソウル駅にやって来ました。

ここで奥さんと合流です。たまたま出た改札横に居て、スマートに
合流できました。
はじめての海外単独行動も、これにて終了。
2012blog-2769.jpgコンコースが見える韓国料理屋さんで

遅いお昼ご飯を。
2012blog-2770.jpgそろそろ、金属食器や箸にも慣れてきました。
2012blog-2771.jpg日本では食べれなくなったユッケをいただきます。
で、テーブルに届けてくれた瞬間、ウエイターのお兄さんがすかさず
混ぜ混ぜしてくれました。この大根のようなものはなんだろう??
…おい…これリンゴやん…
最初はなんてこったい!!オーマイガー!!と思っていたのですが、
これ、結構イケます。肉オンリーだと最後辺りで飽きてきそうなものですが、
リンゴのあっさりした甘味で最後までガツガツ食べれました。
2012blog-2772.jpgそして、職場や家族へのお土産をロッテマートで。
ロッテってお菓子やさんぐらいにしか思っていなかったのですが、
こっちだと大企業であんなコトやこんなコトまで手広くやっています。
2012blog-2773.jpgソウル駅の旧駅舎。
日本統治時代に、日本人が設計したものなのですが、
ぶっ壊されることなくこうして手厚く保存されているのは嬉しいことですね。

Wikipediaを見てみると、設計者は東京駅を設計した辰野金吾では
ないとのこと。よく似た感じですけど違うんですね。
2012blog-2774.jpgもう少し、街歩きをしましょう。

ソウルメトロ4号線と3号線を乗り継ぎます。
2012blog-2777.jpg改札機。
これは新しいバーレスタイプのもの。ようやく
普通に通れるようになってますが、なにぶんICをタッチする位置が高いんです。
でも磁気券を廃しているので省スペース、
摺動部もほぼ無いと思わるのでメンテナンス性は最高でしょう。
2012blog-2775.jpg押鴎亭(Apgujeong)駅に着きました。
ここから奥さんはCOEX MALLというところまで歩くつもりだったそうですが、
…10Kmくらい離れてるじゃないか!!!何考えてるんだ…
聞いてみると、路線図だと近そうだったし、とのこと。
バックパッカーで、いろんな国を歩いてきた人なんですが、
結構行き当たりばったりなのには驚いてしまいます。
2012blog-2776.jpgというわけで、COEX MALLは置いといて、
新沙(Sinsa)駅の近くのシャレオツゾーンに。
街路樹(カロスキル)通りというそう。旅行ガイドなんかでも有名なとこみたいです。
次回は、ここを記事にして、あと3回くらいでソウル編も締めれるかな
 
  1. 2012/12/03(月) 00:37:25|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 8 韓国の鉄道博物館へ入場 4

2012blog-2739.jpgこどもたちから「誰やねんこいつ」な視線を浴びながら、
展示物を見ていきます。
これは信号設備でしょう。こういった機器も国産化が
進んでいる様子
2012blog-2740.jpg信号線の展示です。

いやー、こんな細い線、どうやって繋ぐんだろう
2012blog-2741.jpgこういうのはだいたい規格になっているのでしょうか、
日本のそれにもよく似てますね。
ちなみに、手元のボタンで点灯させたりもできるのですが、
結構ポッチリが取れてたり、不点灯だったりするものも…
2012blog-2742.jpg自動改札機。

オ◯ロンのように見えますが、韓国製です。
2012blog-2743.jpgEXIT。コレのデザインは

万国共通なんですね。
2012blog-2744.jpgKTXのでっかい模型。
2012blog-2745.jpgそして館内には大量のこどもたち…
これの4倍は居ました。
なんだ、遠足日に被ったのかなぁ
2012blog-2747.jpg屋外に展示されている日本製ディーゼルカーと思われる。
ちなみにピドゥルギ号という列車に充当されていました。
ピドゥルギとは「鳩」とのことで、
さしづめ特急「はと」号と言ったところ。鳥の愛称も日本的ですね

で、この列車、各駅停車だったそうだ
2012blog-2746.jpgこどもたちの興味は、この列車運転シミュレータに集中していました。

なかなかガワは凝ってる感じ、期待が高まります。
2012blog-2748.jpgで、みんなが引き払ったあとに侵入してみます。

順番待ちのためか、休憩のためか…椅子がたくさん
2012blog-2749.jpg画面は焼き付きがひどいです。

で…やっぱりハングルは読めません。
2012blog-2750.jpgここに100ウォン玉を入れるとスタート!!

どんなんだろう!!wkwk
2012blog-2753.jpgマスコンハンドルはワンハンドルですね。
…STOP 40 100 140

な ん だ こ れ は
2012blog-2751.jpgとりあえずやってみましょう。
読めない説明を受けて、ノッチ投入!!

と、いきなり椅子がガコンガコン揺れはじめます!!
まさかこんなのでリアリティを表現してるつもりぐわわわわわ
2012blog-2752.jpg30秒くらい、昔日の鉄道映像(早送り)を再生して、
ゲームオーバーのようです。

SAMSUNGでもLGでもいいから、もちっと凄いのを入れてやってくれ…

とはいっても入場料500ウォンでこれも100ウォンだし、
ほとんど慈善事業のようなもんですね
2012blog-2754.jpgさて、展示車両全滅&遠足日にぶち当たるという散々な結果となった
当方の鉄道博物館レポ、いかがだったでしょうか。
そろそろ、ソウル中心部に戻って奥さんと合流します…
2012blog-2755.jpg駅から結構離れた位置にあるので、
走ってくる列車は結構な速度です。
通勤電車から長距離列車まで、たくさんの車両が見れるので
ここで見てるだけでもなかなか飽きないかも
2012blog-2756.jpg今度来るときがあるのだろうか、うーん、それはわかりませんが
展示車両を観察したいという気持ちはあるので…

よし、また来るぞ!!
2012blog-2757.jpgこのあたりだと柵が切れているのですが、
途中の道中は高い柵で囲われているので
走っている列車が全く見えません。
2012blog-2758.jpgさぁ、帰りの電車は…おお、またソウルメトロの1000系だ!!
法令で25年経った車両は必ず廃車されてしまうようになっていまして、
この1000系も今は比較的新しい車両を組み替えた6本しか残っていないそうです。

ちなみに、韓国の鉄道車両はやたら幅が広く、3mを越えるのです。
幅だけで言えば日本の新幹線くらいあるということですね。
よってこの1000系も、日本の電車と比べるとなんだかボッテリしているように見えますね
 
  1. 2012/12/02(日) 00:03:15|
  2. 鉄ヲタ
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する