FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

和歌山廻りで

2012blog-2735.jpg今日は夜勤明けだったのですが、ちょっと所用と日本橋巡回を
頑張り過ぎてしまいました。
さぁそろそろなんば駅に…と思ったところ、路線情報からメールが。

南海本線が事故で抑止されてしまったようで…
再開まで抑止されている特急サザンの指定を取って待っても良かったのですが、
以前のように和歌山廻りで帰ることにしました。
2012blog-2728.jpg新今宮から関空・紀州路快速に乗車。この列車が和歌山市方面への接続が良かったので
そのまま我慢して立って行きます。
和泉府中でようやく座れたので、そこからはウトウト…
相変わらず椅子の少ない紀州路快速ですが、当方が乗車したのは
223系の0番台だったので、それでもまだマシ(椅子が一列多い)のでしょう。

で、和歌山-和歌山市間を結ぶ電車が…なんとこれだ!!
2012blog-2729.jpgで、隣の加太線ホームには…なんだこりゃ
2012blog-2732.jpgよしもと??

調べてみると、昼間のみ車内アナウンスが吉本芸人になる
タイアップ列車なんだそうな。
看板の意匠は、そう、わかる人ならわかる、特急「四国」ですね
今は特急サザンに名前を変えてしまいましたが、当時はこの路線が
四国へのアクセスとしてどれだけ重要であったかが今になってよくわかります。
2012blog-2731.jpgさて、先程のオーシャングリーンの珍客ですが、
本来は御坊や紀伊田辺あたりでワンマン運転をさせるために
113系車両の中間に挟まった車両に半ば強引に
運転台を付けたもので、2両2本しか存在しない珍しいもの。
2012blog-2736.jpgこれがこの和歌山-和歌山市間で本来走っている車両。
ルーツを辿れば国鉄常磐線から地下鉄千代田線に乗り入れていた車両で、
そこを追い出した新型車両のほうが、近頃になって先に引退してしまったという
数奇な運命を持つものです。

推測ですが、左画像の車両が調子が悪いのか何かで、足りない運用を
ピンチヒッターとして補っているのでしょう。よって車掌さんも乗務していました。
2012blog-2737.jpgこの中間の車両に顔をつけるという行程ですが、最初、国鉄時代に
フリークエンシー(8両で1本の列車を4両2本にして増発を図る)を達成するために始められた頃は
ちゃんとした前頭形状のものを別途制作して接合していたのですが、
JRに移行して十数年経ち、コストとの天秤にかけた結果、車両の端っこに運転台を据えて、
顔はその平らな車両の端っこの部分を活用して顔面整形してしまうという魔改造に走ってしまうのです。
それの最たるものが左のコレ。
黄色い保護板がまるで作業用か試験用の車両のようで、当方もまさか営業に使うものとは
思ってもいなかったものです。車両の番台区分から、鉄ヲタからは「サンパチ」と呼ばれて
愛されていた車両でした。
2012blog-2730.jpgピンチヒッターらしく、側の行き先表示は…

これ紙か何かでしょ
2012blog-2733.jpgさて、なんば行きの電車はまだまだ来なさそうで…
暇なので、車庫でネンネしている電車でも撮ってみます。

お供は最近お気に入りのPowerShot S80ですが、
やっぱ暗いところは苦手なようです
2012blog-2734.jpgおお、いきなり幕回しじゃないか!!普段は見れない行先が見れるので
こりゃ撮りまくるしかないな。

で、これが奥のほうで入れ替えられて、私の帰るための
普通車として運用に入りましたとさ。

今日も和歌山廻りは2時間くらい掛かりました。紀州路快速が途中で各駅停車になったりしているのを見て、
普段使っている南海電車がどれだけ速いかを身をもって知ることとなりました。
特急サザンは偉大です
 
スポンサーサイト



  1. 2012/11/30(金) 22:25:22|
  2. 鉄ヲタ

ソウルに行ってきたニダ 6 韓国の鉄道博物館へ入場 2

2012blog-2692.jpgさぁ、異国の地で鉄ヲタ遊行だ!!
それでは入場します!!
入場券は500ウォン。

え?

35~40円くらいということになるのか!!安すぎる
2012blog-2693.jpg窓口のおばちゃんにカムサハムニダを告げ、館内に進みます。
この車両は、動態で保存されていて、園内の300mを走る催し物として
人気なはずなの…ですが…動く気配がない。

最寄り駅以外はまったく下調べナシで来たので、現況がよくわかりません。
2012blog-2694.jpg韓国の高速列車、KTXのモックアップです。
産業博覧会で展示された後に、ここで展示されている様子。
ちなみにこれ、実車ではありえない構成だそうで、KTXは両端の車両に
めいっぱいの電気機器を積んで、間に挟まれる客車を押し引きする構成なのですが、
このモックアップには先頭車両に客室があるのです。まぁ、あくまでもモックアップはイメージを
伝えるためなので、これで良いのでしょう。
2012blog-2695.jpgで…
産業博覧会での展示のみを考慮し、長期の屋外展示などは考えられないように
なっていたのでしょうか、この通りサビサビのボロボロです。
韓国の鉄道技術の最先端を国民に知ってもらう為の展示がこれではアレなのですが、
まぁ…置いときゃいいか~ということなのでしょうか??
2012blog-2696.jpg休憩室らしい客車。

中は施錠されて、入れませんでした。
2012blog-2697.jpgそれでは、展示されている保存車両に向かいます。

蒸気機関車と、日本から輸出されたディーゼルカーが…あれ?なんだこの色は
2012blog-2698.jpgんー…補修中みたいです。

よく見ると、窓まわりに穴が開いています。
結構、傷んでたんでしょうね
2012blog-2699.jpgえー、ここにも入れないんだ…

ってオイ、補修するなら1両ごとやったら
他のが見れる
んじゃないのかーーーーーー!!!!!
2012blog-2700.jpg日本でも貴重な3軸台車。

普段なら黒塗りなのですが、錆止め塗料のグレーで
台車の構造やディティールが良く見れますね…グスン
2012blog-2703.jpg
ソウルの通勤電車のルーツとなる、1000系初期車です。
日本の国電を基本として、こちらの規格に合わせて設計制作されたもので、
初期製作分は日本で誕生し、海を渡っ…

あああああ~!!!まともに見れない
そして入れない~~~~~!!!!!!!!!!!
2012blog-2702.jpg失意のまま、館内をうろつきます。
補修されていない車両が無いというくらいに、全ての展示車両が
作業中でした。
韓国鉄道より、日本の国鉄特急のようなものを…とリクエストされ、設計された
9900系電車です。サイドのストライプが昔日の特急電車みたいですね。

ぜひとも、これの無骨なフロントマスクを正面から見てみたかった…
2012blog-2705.jpg特殊狭軌(線路幅が異様に狭い規格)の蒸気機関車と、繋がれているのは
ディーゼルカー(だったはず、もうグッタリ)

錆止め塗料が当方の使用しているエスコとよく似ているみたいで、
プンプン香ってくるスメルが、当方にさっさとバイクのレストアをしろと
急かしているようです…
2012blog-2704.jpgなんじゃこりゃ
2012blog-2706.jpgあー、これか。
この国の観光で結構メジャー?な、レールバイクというもの。
線路付け替えで廃線になった区間を利用して、これでコキコキ走って
さわやかな風の中を、風光明媚な景色の中を観光するのだ。

嵯峨野観光鉄道の線路を、チャリンコで走るようなものでしょうか。

…多分そんなニュアンスで良かったはずだ、多分
2012blog-2707.jpg確か、朝鮮戦争で破壊された蒸気機関車が展示されていると
下調べで見たのですが…

骨組みが…ハリボテやったんか?
※崩壊しないようにジグとして支えていたかも知れません
2012blog-2701.jpgさぁ、もう屋外はいいや、中に入ってみましょうよ、ね。

中からはこども達が楽しく騒ぐ声がいっぱい聞こえてきます。
怪し~い日本人観光客(34歳 オッサン 鉄ヲタ 1名)が、果敢にも
その中に混ざろうと歩みを進めるのでした…
 
  1. 2012/11/29(木) 00:13:13|
  2. 鉄ヲタ

ソウルに行ってきたニダ 6 遂に韓国の鉄道博物館へ!!! 1

言うまでもなく、私は鉄道が大好きです。
すぐ側を走っている南海電車は勿論のこと、日本各地の鉄道も、そして昨年訪れた台湾で、
異国の鉄道文化に触れて尚更鉄ヲタ度がUPしちゃっているわけですが…

当然、韓国でも可能な限りは鉄ヲタをするのです!!

いやー、ようやくここまで書けました。前置き??が結構あったのですが…この記事は4部作くらいになりそうです
2012blog-2672.jpg昨日に続き、マクドナルドですよ。
朝マックですが、こんなメニューはなんだか日本でも見ませんよね…
自分で好きなだけタマゴをパンズに挟んで、マフィンを楽しめるように
なっています。
2012blog-2673.jpgここで、奥さんとは別行動。
奥さんはおしゃれスポットやエステに行くそうな。
エステで魔改造されないことを祈りつつ、遂にというか、
海外での初めての単独行動が始まりを告げています。
2012blog-2674.jpgいやー、一人だよ、日本語が使える人も少ない土地で1人だよ??
テンションがアップップしてきました。
市庁駅に着きました。
まぁ、目的地まで電車一本なんですけどね。
2012blog-2675.jpg一応、行先を確認して、次の電車が目的地まで
到達することを確認。
やってきたのは…日本の国電をルーツとするソウルメトロの1000系です!!
昨日まではステンレスボディのハイテク電車ばかりだったので、
うわー、これはいい収穫です!!
2012blog-2676.jpg漢江の長大な鉄橋を渡ります。
この電車、走行音がもうアレ過ぎてたまらないんです。
そう、鉄ヲタ的には103系のMT55、後期の高い音が出るアレを思い出してみてください。
そんなのが100Km/h以上で高速走行するシーンがあるんです。
これだけでソウルに行く旨みもあるってもんです。

 というわけで、PowerShot S80の動画機能で撮ってみました。
区間の選択ミスでほとんどが防音壁ですが、まぁ走行音が主ということで…


まぁ、録音録画でなんで区間の選択ミスがあるかといいますと、
この国ではこういった都市近郊を走る電車でも、車内に物売りが乗り込んできたりするのです。
商品を満載したカートを引いたおっさんが、品物を手に大声で商品のアピールをするんですね。
そりゃその間は走行音なんか録音もできません。

スマホのケース、靴磨きチューブ、手袋…こんなもん誰が買うねんと思ったら、
一回だけ購入シーンを見掛けました。まぁ売れるから商売として成り立つのでしょうけれど…

2012blog-2677.jpg対向の電車。ソウルメトロ4000系です。
こうして見ても、日本の通勤電車をルーツに持ち、それを
この国で昇華させたことがよくわかります。
主要な機器で日本からの技術供与もされているそうな。
2012blog-2682.jpgいやー、見慣れない景色と、どこかで乗ったような電車の旅。
面白かった!!
そして運良く抵抗車に乗れたのも、後々に良き思い出になることでしょう。
2012blog-2684.jpgソウル中心部から小一時間、義王という駅に到着。
えらく賑やかな駅名板、近頃は南海でも駅ナンバリングや、
主要駅から中文やハングルが追加されました。
ちなみに、ここソウルでの駅ナンバリングの歴史は結構長く
1980年代からこういうことに取り組んでいたとのことです。
2012blog-2683.jpgLEDの発車標。多分、時刻表示ですね。
さすがの俺でもそれくらいはわかります。

右には貨物列車が滑りこんできました。いやー、大幹線といった感じで
良いですね。
2012blog-2690.jpg…読めない…

とりあえず顔ハメがあるんだし、鉄道に関するものなので、
歓迎!!鉄道の街・義王にようこそ!!…KORAIL

とかいう内容なのでしょう、推測過ぎますが
2012blog-2687.jpgそう、ここ義王は鉄道の町なのです。
左下にあるように、鉄道大学校があるんです。
そして右下には「Railroad Museum」の表記。

降りる駅は間違っていないようだ。良かった良かった
2012blog-2691.jpg駅舎。
郊外の駅といった感じ、結構立派です

ちなみに、あのT-Moneyで改札もOK。ここソウルでは、地下鉄も
鉄道公社(KORAIL)の郊外電車も通し運賃で乗れるんです

まぁ、私鉄というものが無い故にこういったことが簡単にできるのでしょうか
2012blog-2686.jpg地図。
一応、日本に居るうちに場所は大体調べたのですが…
地図で言うと左方向に進むことになります。
ほんとうにあるんかな…

(注・書いてる途中で気付いたのですが、左端の下にちゃんと鉄道博物館があります)
2012blog-2679.jpgほんとうにこの先にあるんか…てな感じの道を進みます。
壁はこの有様。でもどっちかというと落書きというか、
公に認められたアートのようにも見えるので、
落書きではないと思っておきましょう。
2012blog-2680.jpg蒸気機関車が書かれてるのも、鉄道の町だから…なのか???
2012blog-2685.jpg道はこんな感じ。これがソウル郊外の
普通の住宅街の雰囲気なのでしょう。

こんなのだから、本当に鉄道博物館があるかどうか
気になってしょうがありません←小心者
2012blog-2688.jpg10分くらいは歩いたでしょうか、ん、なんだかそれっぽいぞ、
匂いを感じる。
マイクロバスがたくさん停まっていますが、これはなんだ
遠足…なのか?
2012blog-2689.jpg向こうに鉄道車両が見えます。

どうやらこれみたいだな、よっしゃ到着!!
2012blog-2692.jpgというわけで、次回は遂に鉄道博物館への侵入進入を試みます。

ステキ物件の展示車両はどうなっているのか、胸が踊ります!!

  1. 2012/11/28(水) 00:21:16|
  2. 鉄ヲタ

ソウルに行ってきたニダ 5 現地まで乗り込んでの再会

2012blog-2652.jpg安国から鐘閣へ向かって歩く。

丁度良い時期に来たもんだ。昼間だと快適に散歩できます。
2012blog-2653.jpgこりゃまた凄いビルだな
2012blog-2654.jpgそこらにも特徴的なビルが林立しています。
中にはこれで大丈夫なのか??と思ってしまうような
奇抜なものもあって、違う国に来たことを感じさせます。
2012blog-2655.jpg鐘閣からメトロの1号線に乗って東大門へ。

南大門が未完だったので、ようやくこういうのが見れました。
2012blog-2656.jpg横断歩道に出て、一枚撮ってみます。
2012blog-2657.jpg東大門市場を散策します。

ここらは問屋街のような形相。
2012blog-2658.jpg玩具屋がたくさん並んでいます。
あれ、これはトミカか…あんまりこっちでは見掛けない普通の日本車も
ラインナップされていました。
2012blog-2660.jpg清渓川沿いに出ると、ペット問屋がたくさん。
鳥獣類や金魚が目立ちますが…
2012blog-2659.jpgこりゃ‥フグか。多分淡水で飼える種類なのでしょう。
2012blog-2661.jpg清渓川。多分このあたりも高速道路をぶっ壊してこのような親水河川にした
部分なのでしょう。元々川があって、水質悪化のため暗渠化されて上には高速という構図は
日本でもよくある話ですが、そこから川へ戻すとはなんて豪快なことを!!と思ったもんですが
調べてみると、高速道路も老朽化していたのでどうするか検討された段階でということで…
2012blog-2662.jpg賑わいのある市場。
小さなスーパーマーケットがあったので、
ご当地のいろんな物を見て回ります。
2012blog-2663.jpgちょっと路地に入るとこんな感じ。

これくらいが区画整理される前の市街といった感じなのでしょうか。
2012blog-2664.jpgさて、いい時間になってきたので、市庁経由で2号線の
弘大入口という駅に。
ホームスクリーンには、このように日本語カナも表記できる駅があります。

奥さんの友人と、数年ぶりの再会です。
2012blog-2665.jpgその人は奥さんが市内で貿易部署の派遣社員をしていたその頃に、
東京の事業所で働いていたのですが、電話でやり取りしているうちに親しくなり、
来阪した際に泊めてあげたりしていたそうな。まぁ、わざわざ日本で仕事に来る辺り
この国では超エリートクラスなのでしょう。4ヶ国語を流暢に話す才女であり、
ワーホリで世界をおマタに掛けるスーパーウーマンだというのに、
そういったものを表に出さずにとても謙虚で素朴でいい子です。うーん、大好きです

で、これがホンデイプクの街並み。若者の街ですね。
2012blog-2666.jpg焼肉屋さんをリザーブしてくれていました。

こういった見付は、日本で食べる焼肉とあんまり変わりませんね
2012blog-2667.jpgどんぐりのコンニャクだそうです。ちなみにめちゃくちゃ冷たいスープです
現地人がエスコートするだけに、こういった部分もよくわかるし、
注文もスムーズにいきます。
因みに我々の二つ下くらいなので、周りの友達がどんどん結婚して子供も作って…
といった事態になっていて泣けるとのことだ。この辺りはどこの国でも一緒なんすね…
2012blog-2668.jpg赤身。
こっちでは焼肉はタレで食べるのではなく、薄い酢醤油のようなもので
食べるみたいですが、あんまり当方には合わないのでコチュジャンで食べます。
うん、美味い!!
2012blog-2669.jpgタレ漬けのカルビ。いやー、これが柔らかくて美味しかったです。
近頃はチェーン店の焼肉屋さんでも見るような、ハサミで
切って楽しむスタイル。
2012blog-2670.jpg鉄板を替えて、豚肉も焼きます。
ここの特徴なのでしょうか、鉄板や金網の交換は、頼まなくても
バンバン交換してくれます。
会話も弾んで、インタナショナルな空間が高まります。
2012blog-2671.jpgその後、ソファと個室でLuxuryなカフェでじっくり語らった後、
数駅でホテル最寄りの市庁へ。楽しい時間は過ぎるのが早い。

まぁ、今回はソウルで会えたのですが、そのうちまた
東京で仕事をするそうだ。うーん、エリートは違うなぁ…

その際は、また東京に行くことにしましょう。
大阪に来てくれたら、知っているお店も色々と予約できるのですが…
 
  1. 2012/11/27(火) 00:44:49|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 4 ひたすら街歩き

2012blog-2635.jpgあまりにこの記事が長引くので、新しい記事カテゴリを
作ってしまいました…
12月初頭まではこの手の記事になりそうです…

景福宮というところにやってきました。山が近いです。
2012blog-2636.jpgまぁなんだ、やっぱり有名な所のご飯を攻めておくのは
安全パイというか何というか。
土俗村というサムゲタンのお店です。
当然というかなんというか、周りは日本人も多く、お店も
日本語はだいたいOKですので、こっちも安心です。
2012blog-2637.jpgもう説明する必要もないでしょう。サムゲタンです。

鳥がまるごと使われているので、小骨が鬱陶しいですが、
良いダシが出ていて美味しかったです。
2012blog-2638.jpg店内。
中庭があっていい雰囲気。で、豪快にアクリルパネルで屋根が
塞がれているので、降雨降雪時も安心というわけだ。
2012blog-2639.jpg菊の花と金魚が泳ぐ池。
ふと思い出しましたが、住吉駅前停留所の金魚は
元気でやっているのでしょうか??
2012blog-2640.jpgお店。

嗚呼、気がつけば普通の観光客になっちゃっています。
2012blog-2641.jpg韓国の人はカメラがお好き?

駅にはいろんなカメラの広告が。
こっちでもOM-DやEOS Mなどのニューモデルが
デリバリーされています。
2012blog-2642.jpg…ここはどこ??

調べてみると、安国(Anguk)駅から仁寺洞という
賑わいの街へと向かっていることを再確認…

こういう記事を書き連ねておくと、後で知ることも多く
結構良い暇つぶしになったりします。
2012blog-2643.jpgうーん…なんなんだこれは
2012blog-2644.jpg仁寺洞(で間違ってないですよね)

良い雰囲気の街です。
この両脇にはよくわかんない雑貨屋さんや
骨董品屋さんが軒を連ねています。
2012blog-2645.jpg今時の若者向けのオサレビルを発見。

回廊がスロープになっていて、歩いていたらどんどん…
2012blog-2649.jpg高いところにやって来てしまいます。
お店には撮影禁止のプレートが貼られていますので画像は無し。

何にしてもオサレです。韓国も思っていた以上にオサレな国に
なってるんですね。
2012blog-2646.jpg屋上。天気が良いのでいい雰囲気です。
2012blog-2647.jpgキリンさんが居ます。
ここらの屋上ですが、あまり草木の手入れがなされていない
屋上緑化建築物が多く、ここもそうでした…

まぁ、このキリンさんの部分はこれで良いのでしょう。
2012blog-2648.jpgそれとなんだ、落書きがすごいです。
オサレな雰囲気を出させるためなのか何なのか…
落書きOKのビルなのでしょうか。階段の踊り場なんかも
ものすごいことになっていました。
ハングルは当然のこと、中文、そして日本語での書き込みも。
2012blog-2651.jpgちなみに、こんなところにも愛を括りつけるスポットが存在します。

どんだけラブラブワールドなんだろうか
2012blog-2650.jpg おまえら~~!!
そんなとこにラブラブプリクラを括るってことは、
全世界に向かって愛を叫んでいるってことを
この遠い日本で証明してやるぜコノヤロー!!!!!!!!!!
 
  1. 2012/11/26(月) 02:37:35|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 3 初冬のソウルタワー2

2012blog-2621.jpgおー、こりゃ絶景だ!

カメラをS80からG5に交代します。
2012blog-2622.jpgここソウルの地質なのでしょうか、
遠くに見える山は岩肌が所々露出していて、私が住む辺りの山とは
えらく異なった表情をしています。
2012blog-2623.jpgツリー?ん?
2012blog-2624.jpgおびただしい数の南京錠です。
近場ですと、神戸のビーナスブリッジにこんなのがあったような。
どこでも恋人たちの熱い思いというのは一緒なんですね、ハイ

南京錠以外に見ることができるのがスマートフォンのカバー。
思いを記しやすく、カメラ穴に南京錠を共締めできるからでしょうか。
2012blog-2625.jpgローアングルから。

広角レンズがあるともっと映える建物かと思われます。
2012blog-2626.jpg漢江をのぞみますが…このザマです。

空気が良ければ江南の方ももっと見れたかも知れません。
2012blog-2627.jpgそれにしても、南京錠の数がえげつないです。
どんだけラブラブシティなのでしょうか。

ここで奥さんとウロウロしていたら、若い女の子が「シャシントリマショウカ?」と
当方たちのツーショット写真を撮ってくれました。
いやー、親切な人が多くて嬉しいです。で、ちゃんと日本語が喋れる人が結構多い。
嗚呼…英語すらろくに喋れない自分が…
2012blog-2628.jpg何が書かれているかよくわからないのですが、
多分、景色が見れなくなるからここには
南京錠を掛けないでというものかと思われます。
2012blog-2629.jpgここソウルの象徴をモチーフにしたマスコットキャラクター。

HAECHI(ヘチ)と呼ぶようで、台座には韓英中日の説明文が
記されています。
2012blog-2630.jpgトイレも超眺望仕様。

近頃、色々と手入れされたようで
各々の施設はとても綺麗です。
2012blog-2631.jpg公園…なのですが、なんだかシェイプアップできる
遊具がいっぱい置いてあります。
麓にはなんとダンベルやベンチプレスのようなものまで
置いてあって、驚いてしまいました。
2012blog-2632.jpgロープウエイが通過したので撮ってみる。
下りも利用したイ場合は2000ウォン追加でOKですが、
散策したいので上りのみで…

しかし、階段が結構適当で、踏み台の幅がバラバラでして
かなり歩きにくいです。
2012blog-2633.jpgここら近辺でよく見る鳥。
鳩も多いのですが、これは見たことがないなぁ…

あとで市街地でも見掛ける辺り、移動・生息範囲は広いようです。

※調べてみると…カササギという種類で、韓国の国鳥?だそうです。
日本には北九州など一部地域でしか生息していないとのことで…
2012blog-2634.jpg結構寒いのですが、なんとか紅葉は残っている感じです。
日本で見るもみじと種類が違うのでしょうか、
何にしても見るものが色々と新鮮で、それがまた
海外旅行の魅力なのでしょうね。
 
  1. 2012/11/25(日) 23:22:08|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 3 初冬のソウルタワーへ

2012blog-2607.jpg相変わらず、ソウルでの記事が続きます。
書きだすとこりゃ1週間はいけるな…台北のも記事にするべか。

南大門市場はこの通り賑やかなもんです。結構な広範囲でこうして
ワイワイガヤガヤやっているようで、アジアンパワーを感じてしまいます。
2012blog-2608.jpgそれにしても、奇抜な建物が多いです。地震が少ない土地柄なのか。
なんでもこの国の人口の1/3はここソウル特別市に集っているとのことで…
そりゃ賑わうわな。
2012blog-2609.jpg消防車。当然韓国車で、HYUNDAI製です。
真っ赤でなんとなく日本のとよく似てますね。
で、電話番号も119なんです。
2012blog-2610.jpgそんな場面を横目に、私たちは結構な高さまでやってきました。
ソウルを観光された方なら、ああ、ここかと思われることでしょう。
2012blog-2611.jpg街を貫く大きなトンネル、その料金所です。
それもあってか、何にしても空気が悪いです。
まだそれほど排気ガス浄化に対しての
環境対策がなされていないのでしょうか。
2012blog-2612.jpgここから山の麓まで、このような乗り物、斜行エレベーターに乗ります。
日本でも東京の飛鳥山公園や長崎なんかで見ることができますね。
2012blog-2613.jpgブロンズガラスなので、景色がセピア調に。

天井まで総ガラス張りなので、夏季は結構キツそうです
2012blog-2614.jpgここから山上まではロープウエイです。

こちらでは、ケーブルカーと呼ばれているのか
2012blog-2615.jpg乗車券。
6000ウォンとのことで、当方の換算レートだと500円と少々。
乗り物のお値段は、総じてリーズナブルと思われます。
2012blog-2616.jpgこうして見ると、結構起伏が多かったり、山があったりと
新しい発見があります。
空気の悪さ故に、遠くは霞んでいて眺望はそれなりといった感じ。
2012blog-2617.jpg山上に到着です。
なんだか城壁のようなものが作られていて、
その上を民族衣装を着た兵士?コスプレのお兄さんが
延々と城壁の上を行き来しています。延々と…
2012blog-2620.jpgどうやら、ここで民族衣装コスプレイ撮影ができるようです。

行き来しているお兄さんは、その引き立て役といったところだろう。
一日中、城壁のような物の上を行き来するのであろうか…
2012blog-2618.jpgさぁ、到着です。
ベタですけど、ソウルタワーに到着です。
2012blog-2619.jpgはぁ…

そりゃそうだ、山の上にそびえてるから雄大に見えるわけで、
山頂から見るとそこそこのタワーにしかみえないわけで…

登ればよかったのですが、…まぁいっかという判断に至り
そこらを散策するのみいとどめておきました。

えーと、散策で1記事、その夜でもう1記事、
いいかげんにバイク記事を書け!!と怒られてしまいそうですが、
まだまだソウル編が続きます。
 
  1. 2012/11/24(土) 23:28:39|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ 2 街歩きをするニダ

2012blog-2590.jpgソウルは日本からも容易に行ける人気の観光地ですし、まぁ今更このサイトで
記事にするする必要があるのかどうかわからないものなのですが、
まぁなんだ、鉄ヲタ記事へのツナギとしてもう少し書き綴っていきましょう。

官庁街なので街並は綺麗に整備されていて、朝から清掃員が銀杏の落ち葉を
掃き集めています。
2012blog-2591.jpgおそらく、電話屋さんなのですが・・・

ぎこちない動きで踊るドロイド君。
書かれていることは…当方ハングルはまったく読めません。
2012blog-2592.jpg早速、マクドナルドへ。
メニューは大体日本と変わらない様子。
言葉が通じないので、テイクアウト梱包がされてしまいました。
こんな寒いのに外で食べるわけがなかろう!!
2012blog-2593.jpg配達のバイク。

ちょうどこれを撮ってるときにもお兄ちゃんが帰還していました。
どこの何という車種かはよくわからないのですが、カッコイイですねこれ
2012blog-2594.jpg…うーん、それにしてもこの字は読めない。
これは中東の辺りのあのヒゲのような字並に読めないぞ…
まずは字自体の発音を知って、更にそれを繋いだ意味を
知る必要があるそうで…
2012blog-2606.jpg台湾旅行より。

うん、これならわかる!!
2012blog-2597.jpg電照栽培の広告。
近頃大阪の地下鉄コンコースでも同様の広告を見ましたが、
こちらは、地下鉄会社が企業イメージのためにやっているようだ
2012blog-2598.jpg市庁駅のコンコースにいきなりこんなものがあったりします。
「独島は我が国の固有領土ニダ」といった記述があります。

まぁ、この場所で「これは日本領土なんです」とか展示すれば
一瞬で破壊されるでしょうし…いやはや、複雑なもんですね。
2012blog-2599.jpgそんな展示の横には…EOS 650D、日本ではKiss X6iとして
デリバリーされている機種ですね。

そういえば、こっちでKiss Digital Nを買えば350Dのエンブレムが付いてくるのか…
中古があれば探せばよかったかな
2012blog-2595.jpgそれでは、ソウルメトロに乗ってみましょう。

電子マネーことT-Moneyはこうしてタッチ。
ちょっと感度が良くないのと、バー式の改札なので通りにくいです。
2012blog-2596.jpgプラットホームは、このようにガラススクリーンが整備されていて
安全なのですが、鉄ヲタ的には駅撮りが完全にできなくなっています。

ここ数年の間でメトロの殆どの駅に怒涛の勢いで施工されたようで、
この国の勢いの良さを感じます。
2012blog-2600.jpg今回はバスは利用せず…だって字も言葉も読めないので
何処に連れて行かれるかわかったもんではありません。
タクシーが安いそうですが、まぁ、街歩きが楽しいわけで…

ここにもキヤノンの広告が。近頃発売されたPowerShot SX500 ISのもの。
キャッチコピー…広告の意匠が意匠だけに、読めたら面白いことが
書いてあるんだろうなぁ
2012blog-2601.jpgバスの接近表示。この他にも縦置きの液晶で路線表示を

するものもあったりします。
2012blog-2602.jpg南大門。
放火の憂き目にあってしまい、そろそろ修復が完了するとのことだ。

後々奥さんの友人に聞いた話ですが、これが焼失した時は
多くの市民が肩を落としたそうです。

日本で言えば金閣寺や東大寺の大仏(どっちも一回は燃えてるか…)が
燃えてなくなってしまうレベルの話なのでしょう。
2012blog-2603.jpgそこから南大門市場に向かうと、カメラ屋さんがいっぱいあります。
2012blog-2605.jpgうーん、赤帯レンズがいっぱい!!ムラムラします。

が、自分が換金したレートで計算すると、まぁ、そんなに安いわけでも
ないようです。
この辺りはもうちょっと調べて出てきたら、先述のようにEOS350Dが
入手できたかも知れませんね。
 
  1. 2012/11/23(金) 11:01:36|
  2. 海外街歩き

ソウルに行ってきたニダ

2012blog-2569.jpg昨年、パスポートを作成して台湾に行って味をしめてからというものの、
激安ツアーでアジア各国へ行ってみたい気持ちが膨らんでしまいました。
で、今年は大韓民国の首都ソウルに白羽の矢が立ちました。
奥さんの友人(現地人)が暮らしているので、会いに行こうというのが一番の理由で、
あとはまぁ街歩き、当方は当然!!鉄ヲタ行為です。
近年のインターネット上では、複雑なナショナリズムに絡んでか
ネットユーザーのフラストレーションの捌け口になっているような国なのですが、
実際に行ってみるとどうなんでしょう??
2012blog-2570.jpg機材はアシアナ航空のB767。
背面モニターやゲームは付いていませんでした。
帰国する現地人と、これから旅する日本人(ほぼ女性)で
機内はなかなかカオスです。
2012blog-2571.jpg嬉しい機内食です。
狭いエコノミー席でチマチマと食べるのも
楽しいもんですね。
2012blog-2572.jpg一時間少々で、仁川国際空港に到着。

こりゃ沖縄や台湾より近いぞ…
ちなみに、緯度で言うと北陸・東北地方くらいになるので
かなり寒いです。暑い思いをして防寒対策をしておいて良かったです。
2012blog-2573.jpgなんだか人だかりができています。
白レンズを持った本気組もチラホラいますので、
芸能人か何かでしょうか。
旅行会社の案内人も居ましたので聞いてみたのですが、
パパラッチに訊ねても詳細は教えてもらえないそうです。
2012blog-2574.jpg後々わかったのですが、韓流の女性アイドルグループだったそうです。
ティアラというグループだそうで…メンバーはどれも小顔でスレンダー。
マネキンのようでツクリモノみたいです。
黒塗りのワンボックスの小窓から手を振ってファンサービスに努めていました。

こちらは、マイクロバスで市内のホテルを目指します。車内の装飾はこの通り。
日本人よりLED好きのようです。
2012blog-2575.jpgまぁなんだ、このマイクロバスが飛ばす飛ばす。あまりにもおっかないので、
当方もゴールデンボールが縮小してしまう事態となりました。
ソウル市内に近付くと、どうしても車が多くなるので、空いている区間で
時間を削るのでしょう。
2012blog-2576.jpg「安全運転宣言ドライバーです」

HAHAHA!!冗談にもほどがあるぜ~
2012blog-2577.jpgさて、ここソウルはIT先進都市だそうで、何処にいても大概はWi-Fiが繋がって
快適なんだそうです。
検索してみると、色々出てきます。
で、Seoul WIFIに繋いでみたのですが…
何も落ちて来ませんでした。うーん、混んでるのか何なんだか
2012blog-2578.jpgホテル着。Wi-Fiも完備されているので、調べごとも2chチェックもバッチリです。

小休止もせずに早速繰り出すことにしましょう。
晩御飯を食べないといけません。いやー、それにしても寒い

辺りは見事に韓国車だらけです。まぁそりゃそうか、韓国なんだし
2012blog-2579.jpg暫く歩くと、明洞という繁華街に到着。

ホテルがなかなかの好立地なのは助かります。
台湾でもそうでしたが、ここもアジア独特の街の臭さがあります。
空気はあまり良いとはいえません。
2012blog-2580.jpg練り歩いた挙句、立ち寄った料理屋さん。
メニューから適当に頼んでみる。

ペプシコーラも当然ここだとハングル表記。
2012blog-2581.jpgカンジャンケジャンという、ワタリガニの料理。
生食でワタリガニって大丈夫か??と思っていたのですが、
なんと数日寝かせる発酵食品だったのです。

そしてこれが…美味い!!とろける身と様々な薬味が足された醤油が
素晴らしい旨みを醸し出します。
2012blog-2582.jpgこちらはおなじみのチヂミ。
これも美味しかったです。
いやー、現地で食べるとまた違うもんですね。
2012blog-2583.jpg途中にあるロッテの複合施設にあるイルミネーション。
枝の先まで、容赦なくギンッギンに巻きつけられています。
ここの人はやるからにはとことんやってしまう主義なのか…
2012blog-2584.jpg色味的にこれはLEDではないなと思っていたのですが、
やはり電球でした。なんとまぁ…
たまに木の方から吹いてくる風が生暖かいのがまた異様。
2012blog-2585.jpg市庁(シチョン)近辺に宿があります。
市役所などの官庁や金融街などがある様子。
地下鉄(ソウルメトロ)の駅もあって利便性に期待がもてます。

遠くで輝いているのは、ソウルタワーですね。
山の上にあるので、結構いろんな場所から見ることができます。
2012blog-2586.jpgおお、ここにもマクドナルド。

明日食べに行ってみましょう。
バイクが並んでいますが、宅配もするのか??
2012blog-2587.jpg韓国ではこのGS25というコンビニがメジャーなようで、
どこにでも大概あります。

で、ここなんかは当方の宿に直結していて驚きです。
2012blog-2588.jpgさて、日本でも身近になった電子マネー、こちらでも同様のものがあり、
公共交通機関やコンビニなどでスマートに使えて便利だそう。
早速買ってみようとしたら、カード型のものが無くて、
ストラップ型のものから選んで欲しいとのこと。
2012blog-2589.jpgこちらでもAngry Birdsは人気のようで…
こんなふざけた形状のものでも地下鉄の改札が通れたり、
お買い物ができたりするんです。

さぁ、明日は実際に街歩きをしてみましょう。
 
  1. 2012/11/22(木) 23:45:34|
  2. 海外街歩き

ジムニーSJ30 追加計器入れ替え 後編

2012blog-2427.jpg前編からの続きです。

なんとかセンサーがここ(エンジンルーム前端)まできました。
2012blog-2428.jpgそこでこれを使います。

ちなみに、SJ30はホース系が細いので、それに対応した
センサー取り出しがなかなか見つからなくて苦労しました。
2012blog-2429.jpgで、これだけ?パッキンは??シールテープか??

取扱説明書を読むと、銅パッキンがあったようだが…
2012blog-2430.jpg仕方ない。パッキンを…

微妙に入りません。
2012blog-2431.jpg周囲を削って、なんとかインしました。



で、あとでそれ用と思わしき銅パッキンが車内から…
ガックンチョ
2012blog-2432.jpgホースをハサミで切って、光の速さでホースバンドと
アダプターをインサート。
これで、エンジンルーム側の作業は完了です。
2012blog-2433.jpgさて、室内にメーターをマウントさせるための台座が必要になります。

当方はこんなものを制作…したまま2年放置していました。
M10のボルトに、曲げたステーを熔接しただけのものです。
2012blog-2434.jpgそしてこれ、マジックテープですね。
2012blog-2435.jpgマジックテープはこのようにして貼り付け、
ダッシュボードに開いていた穴に挿し込み、ナットで結合します。
ナイロンロックナットを使用しました。
2012blog-2436.jpgメーター下部にマジックテープを貼って、ステーと合体。
こうすることで、メンテナンスの際にも
簡単にメーターを外すことができます。
2012blog-2437.jpg配線は既設のものにギボシ挿し替えでOK。
大森タコメーターの配線色は
緑…パルス
赤…ACC電源
白…夜間照明
黒…アース
となります。さぁ、テスト開始。
2012blog-2438.jpg結果…

駄目でした。タコメーターはこの手合い特有の針振れ。
点火コイルを閉磁型にして強化しているからでしょうか。
水温計に至っては動作せず。管の中身が漏れてしまったのでしょうか。

タコメーターに関しては、対策法があるそうなので色々試してみます。
いやー、それにしても夜間照明がカッコイイ!!
 
  1. 2012/11/21(水) 19:19:19|
  2. ジムニー

ジムニーSJ30 追加計器入れ替え 前編

2012blog-2415.jpg近頃は、休みのたびに乗っているので
バッテリーも繋ぎっぱなしのSJ30。

数年前から暖めておいて、放ったらかしになっていた作業を
一気にやってしまいましょう。

お題は「タコメーター交換」です。
2012blog-2416.jpgそのためにはまずダッシュボードを分解しないといけません。

先日作成したスマホ置きも、改良のために一旦外します。
2012blog-2417.jpg純正の状態だと、ダッシュボードはネジとメーターを外せば
簡単に外せるのですが、当方のSJ30はいろんなものを
付けてしまっているので、結構面倒。
2012blog-2418.jpgそれでも、電装品はコネクタ化することで
ある程度は省力化出来るようになってきました。
配線色も、カーステレオなどに準拠したものに統一しています。
2012blog-2419.jpgそして、今回からはテプラが使えるようになったので

このような識別ラベルが貼れて更に便利になりました。
2012blog-2420.jpg15~20分でここまでバラせます。
カーステレオは辺鄙な位置ですが、操作するならここが一番です。

いつか、CDレスで奥行きの薄いモデルが出たら、
ダッシュボードとツライチにしたいですね
2012blog-2421.jpgさて、今回導入するのは、今はなき大森メーターの42φタコメーターと水温計。
2年ほど前にヤフオクに出ていたのですが、競ること無く各々2000円で
入手しました。大森はシンプルかつ格好良いのですが、
現在ではそれほどプレミアになっていないのでしょうか。
追加計といえば、単純な間接照明の、センターカバーが大きく指針も短いものしか
なかった頃に、自動車用計器と同様の美しい透過照明と光る指針を採用し、
それをこの小さなケースに仕込んだ設計力は並大抵のものではなかったと思います。
2012blog-2422.jpgで、この水温計が機械式なので、エンジンルーム前端まで配管を引かないといけません。
穴、穴、ちょうどいい穴はないかな…

おお、あった!!
当方のSJ30には外気導入口がないので、排水用の穴が余っているのです。
(いつもはゴム蓋をしてます)
2012blog-2423.jpg配管はどこを這わせようものか…

とりあえず、電気配線に添わせて、インパネ内に導きます。
2012blog-2424.jpgステアリングコラム上を通して、足元までもってきました。
2012blog-2425.jpgそこから一気にエンジンルームへ。

ゴム蓋にしいたけの飾り包丁のような十字の穴を開けて、
センサー部分を通します。
2012blog-2426.jpgワイヤーハーネスに添わせてバルクヘッド向かって右側に。
ここまで来ればあとはラジエターホースまですぐそこですが、
足りるのでしょうか??

続きは後半へ…
 
  1. 2012/11/20(火) 19:19:19|
  2. ジムニー

いってきます

2012blog-2568.jpg怒涛の勢いでデジタルカメラのバッテリーを充電しています。

暫くの間、海を挟んだ寒いところへと旅立ちます。北海道ではアリマセン。
この間、書き溜めた記事を自動更新でアップ致します。

…一日一記事、何処まで続くやら…
 
  1. 2012/11/19(月) 00:02:20|
  2. 海外街歩き

普通二輪免許を取ろう…卒検

2012blog-2560.jpg当方、思い立って更に一発奮起して、財布の中身を確認(したつもりで)
普通二輪免許を取得すべくこの1ヶ月半を過ごして参りました。
気がつけば、2段階も修了し、あと残すのみは卒業検定となりました。

まぁ、セオリー通りにコースをミス無く、減点もなるべく少なく走破すれば
無事に取得となります…大丈夫かな
2012blog-2567.jpg思えば15年以上前、小型二輪を持っておけば普通二輪が安く取れると聞き、
光明池の試験場に一発試験で毎週のように通いつめたことがありました。
知識も教養も、技量もまぁ足らなかったであろう当時の私、一本橋で落ちたり、
途中で検定が中止になったりと、完全に走破できたのは1回だけ、
結局、取得には至らず、それから二輪免許がトラウマになっていたのですが、
もっと早く、こうして教習所にて普通二輪免許を取得しておくべきと後悔しています。

まぁ、来る気になっただけいいか、これでJazzも製作中のシャリィも黄色ナンバーにできるし
2012blog-2565.jpg天気も気候も良い感じ。これであとはマシンも状態の良い物が
充てがわれたら最高なのですが。

日曜日なので受験者も多いです。これは失策だったかも知れません。
人数が多いので検定時間も長くなる=拘束時間が長くなるのです。

画像は教習所内の整備ピットです。いつもここで教習車のメンテナンスが
なされているのですが、なんと豪快にミッションが降ろされています。
そりゃそうか…毎日が半クラ祭りなので、クラッチの減りは尋常ではないものなのでしょう。

FF車って面倒くさそうですが、どうなのでしょうか。
ここら近辺の教習所は、C33ローレル→4代目/5代目ランサー→ファミリアセダンと
世代代わりがなされていますが、このファミリアの後はどうなるのでしょうか。
2012blog-2566.jpg画像のプレハブの2階。ここで二輪の検定と受験者の待機がなされます。
空調はしょぼいエアコンが1基なので、夏冬は待つのが辛そうです…

当然、国で定められた資格を取得するための検定ですので、ここからは
場の空気が急変します。私語禁止、トイレ以外の徘徊禁止、携帯電話など
もってのほかとなります。

マシンは大型用はわからないのですが、普通二輪用は最も状態の良い
黄色のHYPER VTEC Revoが用意されました。これには助かりました。
ここで一番相性の良い個体だったのです。
あとは順番を待って、乗るだけなのですが…この天気です。ちょっと時雨れましたが
路面は濡れる程ではなかったので急制動は乾燥路です。
まぁいい、乗ればいいんだ、いつものように…
2012blog-2564.jpgちなみに、検定とはいえそ、場を全て二輪検定に明け渡すわけではなく、
他の教習車、要は周回コースは四輪、テクニカルコースは二輪が
ワラワラ走っている中での混走となります。

これが結構運任せなものでして、最初の頃はものすごい数のAT車の中でトロトロ周回した後に
テクニカルコースで他の二輪と干渉しながらの一本橋やスラロームとなるのですが、
どちらが優先になるかで結構骨が折れることとなります。
対して、休憩時間となると、コースは貸切状態となるので、もう楽々だったりと、かなりの格差があったり…

当方の受験時は、四輪も二輪も少ない時間帯だったので、良い感じで走れました。

さぁ、発表まで時間があります。最後のたこ焼きを食します。おいしかったなぁ…
2012blog-2561.jpg結果…合格でした!!
齢34、ようやく私は普通二輪免許を取得することに成功しました!!
2012blog-2563.jpg最初、この教習所の名前で検索した際に、なんだかよく書かれていないサイトが
あったりして、うーん、どうなんだろうと二の足を踏んだり、どうせ免許を取るだけなんだから
割りきって行けばいいじゃないかと思っていたりもしたのですが、いやー、いろんな形での親切があって
良い教習所でしたよ。まぁ、当方は最初の指示以降は殆ど放置プレイ状態だったので、
その辺りはあんまり良くわからないのですが…

ありがとうございました。お世話になりました。
そして、四輪の運転でも安全確認の回数が増えました。
2012blog-2562.jpgいやー、いい夕暮れだ。

買い物を済ませて、明日からの準備をしないと…
 
  1. 2012/11/18(日) 23:03:31|
  2. オートバイ

PIXUS MP990 プリントヘッド交換

2012blog-2452.jpg我が屋敷で、様々な印刷と書面の取り込み、
果てはDVDラベル印刷と大活躍のPIXUSです。

もうMGシリーズが発売されていた頃なのに、タッチオペレーションが
嫌だという理由で中古入手したものです。
2012blog-2451.jpgWi-Fiで組めるので、煩わしい配線も要らなく、更に
家中のパソコンから印刷&スキャンができるという
ひと昔前では考えられない充実っぷり。
2012blog-2440.jpgですが、前使用者が使用していた詰め替え可能なインクが悪さをしてか
PGBKがこのとおり、いや、他の色も駄目だったのですが、
プリントヘッドお湯漬け及びクリーニング液でなんとかここまで刷れるように
したものです。

ですが、この状態だと簡単な文書でも「きれい」で刷らないとまともに刷れないんです。
2012blog-2439.jpgてなわけで、オークションで入手したパーツが届きました。
2012blog-2441.jpg健全な中古プリントヘッドです。
これで復活なるか??

キヤノンはヘッドが交換できるのがありがたいですが、ヘッド単品での
補修部品の取扱はできなくなったそうです。
2012blog-2442.jpgプリントヘッドを引っこ抜くのは簡単。
インク交換に少し手間を足した感じですが、
精密なパーツなので、取り扱いは慎重にしましょう。
2012blog-2443.jpg摘出したヘッドと、健全なヘッド。
2012blog-2444.jpgあっというまに装着。

近頃は、互換インクでもLEDが光るようになったんですね。
互換インクはキャレン社のものを使っています。
2012blog-2445.jpgもともとのヘッドは、漏れたインクまみれになっていました。

そっちにしても、あまり健全ではなかったようですね
2012blog-2446.jpgそれでは電源投入。

下準備、これが一番時間が掛かってるかも知れません。
2012blog-2447.jpgああ…ヘッド入れ替え後に行うようになっているクリーニング中に

インクが無くなってしまいました
2012blog-2449.jpgさぁ、テスト印刷いってみましょう。
2012blog-2450.jpgOKOK!!いい色出てるじゃないですか!!

これでこれからは文書を「ふつう」で刷れてエコノミー、
DVDラベルも安心して印刷できます。
 
  1. 2012/11/17(土) 00:36:28|
  2. 家電製品

ジムニーシエラJB32 バックランプ装着

2012blog-2394.jpg先日作成したステーも、エスコでの防錆処理をして

黒塗りが完了しました。
2012blog-2395.jpgステー装着。

結構ギリギリのクリアランスでしたが、なんとか収まりました。
2012blog-2396.jpg…って、見えませんよね。

上画像の両端に見えるナットの箇所です。
2012blog-2397.jpg仮に付けてみる。
フォグランプと一緒で、ここもクリアランスがキツキツ。
極力、下向きに左右を広く照らしたいのですが、
それすら難しい隙間の無さ。
2012blog-2398.jpg配線を作製していきます。
あり物の電線(ラードJazzの電飾に使われていたもの)を
ツギハギして、ギボシ加工していきます。
2012blog-2399.jpg点灯テスト。
ボデーアースなので、ちゃんとマイナスが落ちているか心配でしたが、
バッチリ輝いています。
2012blog-2400.jpg配線を隠蔽して、インシュロックでフレーム後端の丸パイプメンバーに
くくりつけます。

完成!!
2012blog-2401.jpgこれもフォグランプ同様、薄暗くなってきた際に照度と光軸を見ます。
おー、こりゃいいぞ。今迄の仮設がへんてこな位置だっただけに
これからは後退も安全確実に行えることでしょう。
 
  1. 2012/11/16(金) 00:53:38|
  2. ジムニー

無料で便利なホームアプリ Apex Launcher

          
2012blog-2554.jpgいやー、急に寒くなりました。
奥さんはお腹の風邪をひいてしまって、寝込んでしまいました。
お医者さんに連れて行って、点滴でなんとかやり過ごせそうですが、
気をつけないといけませんね。

ときに時雨れるこんな日は、外での作業もできないので
引きこもってコタツでできることをしましょう。

先日のツーリング画像で早速秋めいた背景を作ってみました。
あとは冬と春ができれば、使い回しができます。

さて、2chのSH-01Dスレを見ていると、興味深い書き込みが、

シャープ製スマートフォンに備わっている、シャープホームと呼ばれている
ホームアプリがあるのですが、これの出来が結構良いみたいで、
引っかかりも少なくて使い易い為にPallet UIを避けて使用されているユーザーも
多いようです。
2012blog-2557.jpgが、4.0アプデ後になるとアプリからホーム戻った後などで
引っ掛かりが発生したり、何にしても1シートの表示数が少ないことを
不便と思い始めたので、ランチャーソフトでなにか良い物をと
かねてから考えていました。

が、やっぱり自分が痒いと思っている場所に手が届かないものが
あったりと、本採用に至らないものばかりでした。

で、今回の2chでの書き込みで知ったそれ、Apex Launcherというそうだ。
早速落としてみましょう。

ん、Angry Birdsの新作?

あとにしましょう…
2012blog-2558.jpg書いてることが英語なのでよくわかんないですが、

まぁ良いことしか買いてないと思います。

ちなみにスクショ画面の時系列がバラバラですが、
記事用にちょっと足した部分が多くて…ヤラセ記事みたいになって
スミマセン
2012blog-2552.jpgホーム設定。
グリッド数を増やすことで、1枚のシートに置ける
アプリが増やせます!!

横画面は対応していないのでオミットされます。
そういえば、なんで横ホームがないんだろう

その他にも多様な設定ができますので、
自分好みに仕上げることができそうだ

ICSから上部に常駐できるようになった検索バーも
このアプリなら標準の位置に置くことができるので、
最大限にアプリが配置できます。
2012blog-2553.jpgフォルダ名は勿論のこと、アプリも名前変更ができます。

アイコンも変更できるので、マメな人ならアイコンのイメージを

統一させることも可能。
2012blog-2550.jpgウィジェットの設定はまたイチからやり直しになります。

このあたり、引き継ぎやインポートができたら良いんですが…
2012blog-2551.jpgシート移行時のエフェクトも色々できますが、

さすがにマシンパワーが足らない機種ですと

引っ掛かりが出てきます。
2012blog-2555.jpgここで間違えてPallet UIを起動させたら、
壁紙がデフォルトになってしまいました。

購入時を思い出せて新鮮なのですが、
また紅葉仕様の設定をやり直さないと
2012blog-2559.jpgカメラアイコンが見慣れない形になってるので
起動させると、どうやらこのアプリに付いてきた
カメラ機能のようです。
どっちが便利かな?これは右手というか持ち手で設定ができるので
その辺りが便利かと思います。
2012blog-2556.jpgよーし、じっくり時間を掛けて、そろそろ
整って来ました。
今まではシートをめくって立ち上げていたアプリも
そのままで起動できるので便利になりました。

ですが、さすがにこれだけグリッド数が増えると
動作がややカクついてしまいます。

その辺りのバランスを考慮して有効に活用して行きましょう。

ちなみに、このアプリには有料版も存在しますので、
更なるカスタマイズを求める方には(当方はこれでオナカイッパイ)
そちらも導入すると良いかも知れません。
  1. 2012/11/15(木) 22:52:03|
  2. 携帯電話

職場ツーリングFor高野山・護摩壇山 後編

2012blog-2518.jpgまたしても快適なスピード(登坂は試練でした…)でで走り続け、
良い感じの時刻に護摩壇山に到着しました。

今日も展望タワーがそびえ立っています。
2012blog-2519.jpg天気もなんとか持ってくれています。
日頃の行いはそれほど良くないのですが、
まぁ、良いに越したことはありません。

で、ここでこの旅の目的を果たすことになります。
2012blog-2520.jpg…これくらいボカせばいいか。

そう、ここでカップラーメンを攻めるのだ!
これこそがツーリングの最上級の贅沢!!観光客の数奇な視線など(゚ε゚)キニシナイ!!
ブロードの豊富過ぎる積載性のよって、Olympicさんに提供いただいたお湯という
貴重な原資を惜しみなく注ぎ込み、宴が始まります。
2012blog-2521.jpg3分間の焦らしタイムを経て、この大空の下、アツい麺を喰らいます。

嗚呼…生きる歓び!!
2012blog-2522.jpgで、食べたら即出発。
天気のこともあるし、なるべく明るいうちに帰宅できるようにするためです。

観光?いや、今回はその場面場面の空気を感じて見る景色と道程こそが
観光なんですよ
2012blog-2523.jpgこのあたりから、今日最高の青空が出てきました。
普通に居るだけで、最高の景色です。

晴れて良かった、本当に。
次はいつ行けるかわからないですし。
2012blog-2543.jpg途中休憩を挟みます。
全員野郎ばかりの男子校状態なので、
最悪路外でのスタンディングションベーンでもOKなのですが、
道中にはドライブインや直売所が充実しているので、立ち寄ることとします。
2012blog-2544.jpg紅葉はもう今こそがMAXといった感じで、
見ているこっちが恥ずかしくなるくらいの赤さでした。

こういった場面で、当方のスナップ最強機であるPowerShot G5が登板します。
2012blog-2545.jpgこれもG5で撮影。

見てください、何かで染め上げたようなこの紅葉!!
我が屋敷のもみじではできない芸当です。

これはスマホの待受で使うべきかな
2012blog-2524.jpg来た道を更に戻ります。
ここら辺りの標高は1000mを越えますので、古典的なキャブレター仕様だと
結構性能に影響が出そうな感じでしたが、PCキャブはそういったこともなく
綺麗に吹け上がってくれました。

東京スカイツリーの頂点がここと一緒ということを示す看板です。
冷静に考えたら、634mって…0.6Kmか。
2012blog-2525.jpgどんどん標高が低くなるにつれ、気温が上がって
心地良いくらいになってくるのがわかります。
紀ノ川を越えます。

(※後方確認の上、停車して撮ってます。)
2012blog-2526.jpgサラバ高野山。また来るぞ~!!


今度は電車かな
2012blog-2546.jpg電車…そうだ、こんどこそ和歌山線を激写しないとな…

うーん、朝ほど酷くもないが。
歪曲収差ってやつですか、電車がひん曲がって見えます。

それにしてもこの地域色、スカイブルーでもエメラルドグリーンでも阪和色でもない、
あんまり見たことがない色調ですね。オーシャン色なのでしょうか。
2012blog-2527.jpg広域農道に向かって走ります。

途中の景色がまた凄いので、停車して撮影。
2012blog-2528.jpg日が傾くのも早くなって来ました。
はやいこと和泉山脈を越えないと。

ちなみに、スナップ撮影はPowerShot S80を使用しました。
レンズカバー機は、グローブ(豚革作業用手袋とも言う)をしていても
容易に電源投入できるので、こういう場面ではとても役に立ちます。
ネックストラップで、首から吊れる形状なのも◯。
2012blog-2529.jpgススキが風になびいています。
それにしても、秋って短くなりましたよね。
もう冬の足音が聞こえてきました。
2012blog-2530.jpgさて、良いペースで走り続けて粉河まで来た辺りで
空が曇り始めました。
ああ、そりゃ予報通り曇りもしますわな…と思っていたのだが、
やたらと雲が黒い。
なんだ、あんまり気持ちのよいものでもないなと、根来寺のトイレにて
ションベーンタイムがてら、雨雲レーダーを見ようと立ち寄り。

キャリアがとれかけていますが、前方を絞めていたネジがなくなっていました。
これは後々荷締めバンドで応急処置。
2012blog-2531.jpg※露出が合わなかったので、肉眼に合わせる感じでレタッチしています。

向こうの空がビカビカ光ってるじゃないか!!
あちゃー、こりゃ家まで間に合わないぞ。
2012blog-2547.jpgそれでは。雨雲レーダーを…

もう住んでるところがあかんやん
2012blog-2548.jpg雷が気になるので、関西電力の落雷レーダーを。

これは…屋外に居ると死んでしまう可能性が
急上昇まちがいなしですね
2012blog-2532.jpgというわけで、トイレに緊急避難。
当方の口癖で、「まぁ命までは取られんって」というのがあるのですが、
今回は命を取られるかも知れないので、こうして慎重に対処させてもらいます。

あとで考えたらJazzもしまいこめばよかったか(良くない)
外では西部劇の決闘シーンのように、風が渦を巻いています。
2012blog-2533.jpgうわああああああああああああ!!!!!!!!!!!!
いきなり降ってきた!!!!!

本当に良いタイミングで土地勘のある場所まで戻って、
更にトイレという絶好の避難場所まで確保できたもんです。
2012blog-2549.jpg雨雲レーダー。このザマです。
時折、比較的近くへの落雷があるようで、
Maccho君のバルカンの如く爆音が響きます。

でも、この雨だけやり過ごせたら、帰れそうですね。
2012blog-2534.jpg30分後。小雨になってきたので、走り出しましょう。

奥さんのアドバイスで積んでおいた雨合羽の出番です。
目の保護は、作業用防塵メガネでいきます。
完全に、怪しいおっさんが変なバイクに乗って徘徊しているような
風貌となってしましました。
2012blog-2535.jpg行きは風吹峠でしたが、帰りは雄ノ山峠を抜けましょう。

相変わらず、岩出側のアプローチがよくわからない道ですが、
交通量の少なさを見込んで、帰路に選ばせてもらいました。
2012blog-2536.jpg山中渓まできました。雨はこのあたりで完全に止んだので、雨合羽を解除。
寒冷前線が通過したからだろうか、寒さが急に増してきました。
高野山近辺よりはマシですが、雨上がりの寒さは
気持ちまでクーリングしてしまいます。
辺りも一気に暗くなって、精神的に参ってきますが、
頑張って走り続けましょう。
2012blog-2537.jpg完全に峠道を抜けきりました。

向こうには晴れ間が見えています。
ここまで来るとあと少し!
2012blog-2538.jpgとうわけで、無事に帰着しました。
Jazzはノントラブルで頑張ってくれました。
総走行距離は210Km。それでもまだガソリンタンクには
半分以上のガソリンが残っています。数値化するとどれくらいの燃費となるのか
気になるところです。
2012blog-2539.jpg当然、奥さんへのお土産も忘れません。

胡麻豆腐は何故かラード君が皆にお土産として買って配ってくれたものでした。
奥さんも、これは美味しいと大喜び。
2012blog-2540.jpgそして、やっぱりここらの土産といえば柿の葉寿司。
当方も、久々に食べましたが、いやー、嬉しい美味しさです。

というわけで、職場メンバーという異色のツーリングは
これにて完了となりました。
しかしあの雨。みんな無事に帰着できたのだろうか??
 
  1. 2012/11/14(水) 00:37:44|
  2. オートバイ

本番です。職場ツーリングFor高野山・護摩壇山 前編

2012blog-2500.jpg先日より準備を進めていた職場ツーリングですが、ついに本番となりました。

元々というか、何というか…今年度から当方の職場に異動してきた方たちの
バイク乗り率が結構高く、更に、かのラード君と隣の勤務班になったことが
こういうことに繋がってきたのでしょう。
当方も刺激されたのか何なのか、4Lモンキーとシャリィのレストア、
そして中型二輪免許の取得と、今年度はバイクの年でした。
2012blog-2501.jpg遂にRV BOXが本領を発揮します!!

いつも出勤に使っているカバン、水筒、工具、雨合羽、カメラetc…
まだまだいけそうです。おみやげも入っちゃいますね
2012blog-2502.jpg出発。
いつもと違う向きにJazzを走らせる。
今日の天気ですが、午後から夜にかけて大気の状態が不安定になるそうで…
なんとか夜まで持って欲しいと願いつつ…
まだ晴れ間も多く、良い感じです
2012blog-2503.jpg重合場所はJR和歌山線の高野口駅。まずは和泉山脈を越えないといけません。
行きと帰りはルートを分けたいので、風吹峠を選びます。
画像のバイパスは怖いので、旧道をひた走ります。
2012blog-2504.jpg和泉砂川。
この時間で、この辺りでも紀州路快速は座れないんですね…
椅子が致命的に少ないのがなぁ
2012blog-2505.jpg道の駅でトイレ&一服。

水筒に入れてきたお茶で暖まります。

風吹峠は対向車こそ多いものの、意外と空いていて安全に越えることができました。
途中のトンネルだけは粉塵が凄まじく、しばらくの辛抱を強いられましたが
2012blog-2506.jpg広域農道を東進。
この道は信号も少なく、起伏やカーブも程よくあって
とっても走ることが楽しく感じられます。

防寒対策は程々に取って来ましたが、
それでも朝は寒い!!
2012blog-2541.jpg間もなく高野口駅です。
でもちょっと早く着きすぎた…ということで
撮影タイムです。
2012blog-2542.jpg後打ち失敗!!

また帰りにでもリベンジするか
2012blog-2507.jpg高野口駅到着。
先に居たのは今回のメンバーでは最年長の主任さん、
まぁOlympicさんとしておきましょう。
バイク歴も長く、今回のリーダーをお願いしてます。

なんでも、ラード君のJazzにトラブルが発生して、ちょっと遅れているそうで…
2012blog-2509.jpgこの駅、昔は貨物の取扱があったっぽいですね。
それっぽい今は使われていない側線痕と、日通の事業所。

昔はここら近辺の物流拠点だったのでしょうか。
2012blog-2508.jpg駅前はとても綺麗に整備されています。
トイレもあるので待ち合わせには最適。

ところで、ここの駅前に「葛城館」なる国の登録有形文化財となっている
とっても美しい旅館であった建築物が存在していることを、これを書いている際に
知ったのですが…
なんで気づいていないんだ、俺?
2012blog-2510.jpg    Olympicさんのマシンはなんと…
これ、知ってます?
HONDAが大型原付スクーターことリードのパーツを流用して
収納抜群の車体を被せた「ブロード」というスクーターです。
12インチで大柄、スクリーン付きの車体は、ツーリングにも良さそうですが、

あんまり売れなかったみたいで超希少車。発売されるのが10年早かったか…
2012blog-2511.jpgさて、ラード君ともう一人、今年から一緒に仕事をしている…
狂ったように体を鍛えていて筋骨隆々、マッチョなのでMaccho君としましょう。

…なかなか来ない、またどこかで止まっちゃったのかな…と思っていたら
2つの爆音が!!
道中で合流できたようで、これにてメンバー勢ぞろい、出発です。
2012blog-2512.jpgOlympicさんはブロード90、Maccho君はなんとバルカンクラシック1500、
そしてラード君と私はJazz。なんともごった煮な面子ですが、みんなの無事の帰着に
向かって、マシンを走らせていきます。

さぁ、ここからワインディングです。
クルーザータイプや小排気量のオートバイが多数なので、結構苦戦になりそう
2012blog-2513.jpg飛び抜けて排気量がでっかいバルカンクラシックですが、バンク角の少なさは異常でして
そこで我々原付組とバランスが取れている感じです。
前後極太12インチの変態仕様であるラードJazzは、攻めこむとタイヤが滑って怖いそう。
ブロード90は勾配がきつくなるとJazz組並に走らなくなってキツそうですが、コーナリングは上々。

当方のJazzですが…いやー、フロントフォークを硬くしたことが良い方に向いているようで
結構イケます。イケるといっても、あくまで原付の次元での話ですが
2012blog-2514.jpg休憩一回で高野山に到着。
ああ、原付でも頑張ればここまで来れるんだな~!!
いつもは小間使いばかりのJazzですが、こうして見ると
とても頼もしく思えます。

電車で来る際は大門にはなかなか寄ることがないので、
久々に見る大門のインパクトは絶大でした。
2012blog-2515.jpg  聖地・高野山を変な組み合わせの一団が走り抜けます。
ブロードと当方のJazzはノーマルマフラーなので至ってサイレンスですが、
中華マフラーのラードJazzとバルカンのVANCE&HINES管からの
攻撃的なサウンドが聖地にこだまします。
後ろについてもらうと、暴走族と漁船に追いかけられている気分です。
2012blog-2516.jpg奥の院まで来ましたよ。

でも、今日はお寺周りはナッシング。
ただただ走って、目的地を目指すのです。
2012blog-2517.jpgおお!どこかで見たことがある塗色のバスですね。

コレを見て思ったのですが、観光列車の天空にまだ一回も乗ったことが無いんです。
紅葉の綺麗なときに乗りたいですね…って今か、なにやってんだ 俺は

後半に続く。
 
  1. 2012/11/13(火) 22:19:22|
  2. オートバイ

普通二輪免許を取ろう…修了

2012blog-2497.jpgさてさて、ツーリングの準備と並行??しているわけではないのですが、
中型二輪免許を取得すべく教習にも通い続けてきました。

四輪と違って、二輪は路上に出ての教習がありません。
それゆえに使用されるのがこれ。
なんとも大層な機械ですがこれ、要はライディングシュミ…
じゃない、シミュレーターなんです。

三菱プレシジョン社のSafety rider RS-6000という機種でして、
公式Webサイトでも概要を見ることができます。
ハンドル周りがXJRなのが妙にリアリティですね。
昔のものと違って結構リアルになっていまして、画面の中を走る
車両がどれもこれも三菱車なのが三菱プレシジョンといった感じです。

町中のテクスチャは有り物を使用したみたいでして、デパートが
どうみても復元前の東武浅草駅(松屋デパート)なのに気がついてしまいました
もしこれから中型二輪を取られる方が居るなら(居るのか?)探してみましょう。
2012blog-2498.jpg勢ぞろいしたマシンたち。CB400SFが多数派ですが、その中になんと
ZRX-IIがあることに気が付きました。いやー、これにも乗ってみたかったのですが、
ついに叶うことはありませんでした。2段階からだと最新のHYPER VTEC Revoに
乗ることが殆どでしたが、これの扱いやすさは異常です。オススメは黄色いやつ。

教習所でその良さに気づいて、そのままCB400SFを買っちゃう人も居るのではないでしょうか…
昔はこのクラスも選び放題だったのに、今や新車で買えるのはCBだけなんですね。
2012blog-2499.jpgがむしゃらに乗りまくっていたら、もう2段階も大詰めです。
こんなに早く終わってしまうとは…
なんとか、オールストレートでここまで来れました。

あとは卒検を残すのみとなりました。
コースは2つのうちの1つがその時に決まるそうです。

久方ぶりの教習所ライフなので、もう少し楽しみたかったのですが、
次回にて完結 …させないと。検定料5250円。失敗は許されません。
 
  1. 2012/11/12(月) 22:30:27|
  2. オートバイ

鉄ヲタ祭りの休日6 吹田総合車両所 一般公開の帰路

2012blog-2480.jpgさて、鉄ヲタ遊行を満喫して。
そういえば、奥さんが実家に来てるんだった。
ここ吹田からだと、一旦大阪・梅田に出て京阪か谷町線ということになるのですが、
いちいち迂回するのもスマートさに欠けますし、
吹田からの帰宅客で混む電車に乗るのもなんだかなぁ…

そして今日はエンジョイエコカードで市営交通が乗り放題ときたもんだ。

よし、ここから一番近い市営交通といえば…
井高野か。
Googleマップで見てみます。徒歩経路でこんな感じ。
歩けないことも無さそうです。
よし、たまには歩いて、この出っ張ったお腹をどうにかしましょう。
2012blog-2481.jpgGoogleマップからナビに移行します。

これ、車だけじゃなくて徒歩もナビできるんですよね。
なんとも便利なもんが備わったもんだ…

CDカーナビが出始めた頃は、まさか手のひらの上で
ここまでできるツールが普及するなんて思いもしませんでしたよね。
2012blog-2482.jpg見慣れぬ町を携帯片手に怪しさ抜群な
挙動不審男がヘコヘコ歩きます。

もうすぐで川を渡ります。相川駅っていうくらいだから、
この川は相川なのでしょうか。(安威川とのこと)

そろそろ、カメラを出してスナップを撮ってみてもいいか。
2012blog-2471.jpg阪急京都線が見えます。

いつも(と言っても乗るのは稀ですが)は車内から見る景色が
こんな風になってんだなぁ
2012blog-2472.jpg川面にはカモ?がいっぱい。

流れも穏やかなので水鳥には居心地が良いのでしょう。
2012blog-2473.jpg阪急相川駅。当然、下車したことはありません。

小さいアンダーパスを抜けます。
2012blog-2474.jpg阪急沿線には学校がいっぱいある印象。

ここは…大阪高等学校!!何気にビッグなネームです。
阪大みたいに、阪高とでも呼ぶのでしょうか。

その奥には大阪成蹊大学がありました。
さすがにJDがい~っぱい居る中でスナップを撮ったりは…できないです(小心者)
2012blog-2484.jpg若々しい人達を横目に、怪しいおっさんは歩き続けます。

結構いい感じで目的地が近づいて来ました。
2012blog-2475.jpgここらは川だらけで、これも安威川の…支流になるのでしょうか。

この川を橋で越えると、東淀川区相川から、北江口、井高野となります。
2012blog-2476.jpg周りはマンションや公営住宅が林立しています。
今里筋線ができたので相川以外にも使える駅が増えたこととなりますが、
ここら辺りの交通事情ってどうなのでしょう。
2012blog-2477.jpg案内板に井高野という文字を見つけ、ようやく辿り着いたという

実感が湧いてきます。
2012blog-2485.jpgここらで考え事をしていたら、ミスコースをしてしまいました。
手前の茶色い領域が井高野小学校なのですが、
本来はその手前を曲がって、画像中央にある道を通らないと
いけなかったのです。

当然のように、涼しい顔でナビは補正してくれています。
2012blog-2478.jpgちょっと無駄足をしてしまいましたが、そろそろ目的地のような…?

ん、見えてきたぞ
2012blog-2479.jpg特徴的な橙色のエントランス。
井高野駅に到着しました。

今思えば、大阪市営地下鉄で乗っていない区間が
ここ井高野-太子橋今市間でした。これにて完乗となるわけです、ハイ

いや、そういえば北巽-南巽がまだだったような??
2012blog-2486.jpgあとは奥さんの実家に向かうのみ。

万歩計は14000歩を超えています。
いやー、よく歩きました。

またしても甥っ子姪っ子のおもちゃにされながらも、
仮眠を取らせてもらって、復活となりました。

たまにはこういう鉄ヲタイベントの掛け持ちも良いもんですが、
明日(というか今日)の近鉄と大阪市営地下鉄の分は
お仕事で行けません。ションボリ

これにて、鉄ヲタ祭りの休日編は〆となります。
 
  1. 2012/11/11(日) 00:54:57|
  2. 鉄ヲタ

鉄ヲタ祭りの休日6 吹田総合車両所 一般公開・2

2012blog-2453.jpg前回の続きです。
屋外にて留置されている大和路線の201系です。
この形式、元々は東海道線の普通電車として、京都から須磨、西明石の間を
行ったり来たりしていたのですが、新車である321系に代替され、
大阪環状線と大和路線に分配されたもの。環状線のオレンジ色は
東京の中央線で見ることが出来ましたが、
このウグイス色は今迄存在しなかったので塗り替えられたときは衝撃的でした。
2012blog-2454.jpg北陸方面への特急「雷鳥」で使用されていたパノラマグリーン車、クロ481。

シャープなマスクが印象的ですが、向きの関係でお尻しか見えません。
2012blog-2455.jpgその奥には!!
クハ103-1です。日本の高度経済成長期を大量輸送で後押しした「国電」の
中枢となった形式です。近頃までは関東でも、そして大阪近辺でも
普通に見ることができましたが、今は大阪環状線・阪和線・奈良線などで
それなりの数が残存しています。

クハ103-1はその先頭車(およそ800両くらいか?)の1号車(試作車を入れると5号車)となるんです。
いつかは、整った姿で公開されることを心待ちにしておきましょう。
2012blog-2456.jpgその右には柵で囲われた空間が。
「くろしお」用だった381系が置かれている。

こりゃ、解体スペースだな
2012blog-2457.jpgよく見ると、色んな車両のものと思われる残骸が…

新型車両のデビウと共に、こうして消えゆく車両が
あることも忘れないでおきましょう。
2012blog-2458.jpg??
これ、何かの塗料使いまわしてるような…
2012blog-2459.jpg車両展示スペースに到着。
これは事業用車でして、画像のように運転台のない車両を運搬するために
様々な車両を操作できる機器を備えていたり、どこでも(直流区間だけですが)
走れるように保安装置が備えられています。

関東では急速に姿を消していますが、こちらではまだまだ重宝されています。
2012blog-2460.jpgこちらの分は回送表示が紙で貼られています。

あんまり出番がないのか、それとももう使用されないのか
2012blog-2461.jpg「くろしお」新型車両の287系。「こうのとり」と同型となります。
今後は汎用特急車として…って他に入れるところがもう無いか
曲線が多い紀勢本線は、それに対応するために車体傾斜ができる381系と
「オーシャンアロー」こと283系が使用されてきましたが、この287系は
その機能を持たせていないのが不思議なところ。
2012blog-2462.jpg夜行の急行列車だった「きたぐに」で主に使用されていた583系。
寝台をセットできるように天地も限界ギリギリまで拡げられた重厚な車体が魅力です。
「きたぐに」も季節臨時列車になってしまい、出番も少なくなったのですが
相変わらずこの車両の人気はすごいです。この周りだけ人の多いこと多いこと。
2012blog-2463.jpg敷地のすみっこで置かれている…怪しい車両のようなもの。
なんでもジェイアール西日本メンテックという系列企業が制作した
モックアップであるとのこと。
2012blog-2464.jpgん、そういえばこれ、
最新型と最古参の特急並びになるのでしょうか。

まだ「こうのとり」の183系があるからわかりませんね。
2012blog-2465.jpg先日の記事でもあった223系。反対側にたどり着いたようです。

先程は確認できなかったのですが、吹田行きなんですね
2012blog-2466.jpg車内の案内表示。ちゃんと車外の表示通りに案内されるのに驚き。
2012blog-2467.jpgうーむ、こりゃまたよくわかんない物体が…

何かを検証するためのモックアップでしょうか。
2012blog-2468.jpg綺麗に剪定された緑地。そこには…
「貨車よ 永遠に走れ 貨車検修の 栄光ある 歴史を閉じる」とあります。
現在は旅客車しか担当していないようですが、元々は貨車の検修も
やっていたということなのでしょう。
国鉄分割民営化の際に、貨物輸送はJR貨物として別組織になったので、
現在は…関西ですと広島に工場機能があるようです。
2012blog-2469.jpgその横には安全たぬき。
その後ろにはゴジラ(のようなもの)

結構カオスです。
2012blog-2470.jpgさて、これで見学も終了、家路につきましょう…

というところで、実はもうちょっと続きます。
 
  1. 2012/11/10(土) 23:09:41|
  2. 鉄ヲタ

HONDA Jazz ツーリング仕様完成…なのか

2012blog-2402.jpgいやー、たくさん荷物が届きました…
佐川さんも呆れています。

またこの中のもので記事が色々と書けるわけです。
ちなみに、ここはPV200~300/日のまったりブログですが、
年度内は毎日更新を目指してぼちぼちやっていきましょう。
2012blog-2403.jpg今日届いたものから、一番先にしておかないといけないもの…
2012blog-2404.jpgほい!アイリスオーヤマのRV BOXです。
所謂ホムセンコンテナですが、これはオートバイに積むことを主眼として
設計されているものでして、蓋内にパッキンが入っていたり、画像のように
キーでロックができる優れものです。
2012blog-2405.jpgもうイメージ画像からして実用本位です。
アイリスオーヤマのサイト内レビューでも、カブ等の実用車に
装着されて、満足しているとのコメントが多かったです。

ちなみに、ホームセンターでは緑のものしかなく、グレーを探して調べたら
アイリス公式のネット通販の方が安い&送料無料という大盤振る舞い。
早速会員登録して、ポチってしまいました。
2012blog-2406.jpg装着イメージ。
ベルト留めもできるように、ベルト穴が開いています。
キャリア幅の広い実用車なら、その方法がスマートなのですが、
何せ幅狭なチャリンコキャリアなので、その方法は無理でしょう。
2012blog-2407.jpgてなわけでこれ。
アイリスボックス装着のためにすでに適当に買っておいたステー。
エーモンステーではなく、スチール棚コーナーにあったもの。
ポイントは薄さとしなやかさ。
2012blog-2409.jpgまずは、採寸して底部に穴開け、当て板としてステーを敷きます。
2012blog-2408.jpgこのように、キャリアをサンドイッチして締めこむので、

薄手のステーのほうが都合が良いんです。
2012blog-2410.jpg装着完了!
現状、キャリアが高い位置にあるので
えらく浮いていますが、そのうちキャリアを改良して
もう少しスマートな外観にします。

まぁ、ボックス背負っている時点でスマートとは程遠いのですが
2012blog-2411.jpgボックスにリフレクターを貼って、被視認性の向上を狙います。

後々、試運転を兼ねて近所のスーパーにキャベツを買いに行ったのですが、
積載性はもう最高!!素敵過ぎる大容量で、リアボックスの中毒性を
身をもって知ってしまいました。

だがこれ、チャリンコキャリアという軟なマウント方法も悪かったのですが、
エンジン音が反響して後ろからグオングオンと煩いです。
ボックスが殆どカラなのもそれに拍車をかけているのでしょう。
2012blog-2412.jpgさて、元々見難かったミラー。

ライザーハンドルにしてからは余計に酷くなって
当方の体しか映さなかったので改良します。
2012blog-2413.jpgほい、形状もセクシーな小型ミラー。
カッコイイ!!

ですが…
2012blog-2414.jpg元々のミラー並に、いや、それ以上に後ろが見えない…
しまった、こりゃ失敗したわ

ライザーハンドルとの見た目のバランスは
最高なんですけど…ねぇ、見えないとミラーの意味が無いし
 
  1. 2012/11/09(金) 21:21:08|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

ジムニーシエラJB32 フォグランプ装着完了

2012blog-2381.jpgステーもようやくモノになってきたので、今日はフォグランプを

組み付けてしまいましょう。
2012blog-2102.jpgちなみに、奥さんには余計な飾りはいらないと不評でして…
確かに、RVブームがあった頃によく見られた「満艦飾」の四駆は
当方としても嫌悪感しか持てなく、質素な外観が当方のモットーでしたが、
先日の、そう、左画像のような視界不良の際のアシストとして
フォグランプの必要性があると判断したのです。
2012blog-2382.jpgちなみに、装着したことはまだバレていません。

塗膜がおかしいです。エスコの上に塗った安いツヤケシ黒の缶スプレーの
エスコとの相性が悪かったようです。
※他の缶スプレーだと普通に色が乗りしました。
2012blog-2383.jpgややギリギリのクリアランスですが、
装着できました。
このコンパクト100、マルチリフレクタなんですね。
画像検索してみると、色んなバリエーションが見られます。
2012blog-2384.jpgさて、物理的に付くことはわかったので、
今度は点ける作業に移ります。

純正のフォグランプハーネスがあったのは助かりました。
2012blog-2385.jpgハーネスとランプ間の接続は、防水仕様のコネクタを使います。

いずれJB32にフォグランプを…と思い、大昔に購入したままのもの。
2012blog-2386.jpgまずは、ハーネスに電気が来ているか、そして極性も見ておきます。
まぁ、電球だし、ボデーアースではないので
どっちに繋いでも点くことは点くのですが。
2012blog-2387.jpg先に防水グロメットを通すのですが、これが穴が小さくてキツキツ。

シリコンスプレーを塗布してから行うと、スルリとナイスインします。
2012blog-2388.jpgハーネステープでチューブと繋いで、これでバッチリ!
2012blog-2389.jpg車体側のコネクタも極性をもう一度確認して、施工します。

グロメットはこのように収める…んですよね??
2012blog-2390.jpg点灯テスト。

OK!やったね!!
2012blog-2391.jpg点灯が確認できたので、車体に装着して

ハーネスを隠蔽するとこんな感じです。
2012blog-2392.jpgん?ちょっと左右で高さが違う…ような??

また修正しないといけませんね。
2012blog-2393.jpg薄暗くなってきた際に、照射角のテストを。
リフレクタがしっかりしているのか、照らす領域がクッキリしています。

でもこれ、ちょっと低いかなぁ?
 
  1. 2012/11/08(木) 21:39:48|
  2. ジムニー

SH-01D Android4.0メジャーアップデート その後の後

2012blog-2376.jpg当サイトのアクセス解析にて、検索ワードの上位を毎日のように占めるのが
「SH-01D Android4.0 不具合」なんです。
とりあえず、近頃の状況ですが…2.3の頃から2chの書き込みで見られるような
重大な不具合の発生する確率が低かった当方のSH-01D。
アラームが鳴らなかった(1回)戻るバグ(2回 ヤフオクアプリで発生)
電池を抜かないといけないようなフリーズも1回発生したのみです。
2012blog-2377.jpgただ、奥さんの01Dは当方のものほど調子は良くないようで、
SPモードメールが起動しない(アプリ立ち上げ後にすぐ強制終了
これは「戻る」が空押しされているような)、標準ブラウザの動作が悪い…など。

使用期間も10ヶ月を超えて、外装は良い感じにヤレてきました。
どうせすぐこうなるんだし、メッキでの加飾はやめて欲しいような
2012blog-2378.jpgホームボタンのクリック感ですが、戻るキーはカチカチ押せることに対すると
もう一つといった感じ。
画像で見てもちょっと凹んでますよね。

同じ01Dを使っている同期の人は、ここがフニャフニャになったので
お店で交換してもらえて、今は絶好調とのことです。
2012blog-2379.jpgまぁなんだ、Android4.0にはするべきです、ハイ。
OSを01Dに合うように調整されて、検証されて、こうして提供されているわけですし、
安定性や使い勝手も(一長一短ですが)かなり向上します。

電池持ちは…まぁこんなもんか…今度発売されるAQUOS PHONE ZETAは
大容量バッテリー(外せないらしい)に低消費電力のIGZO液晶を合わせたので、
これまで致命的だったスマホの電池持ちに大きな向上をもたせることになるでしょう。

で、電池食いの01Dのために導入したQE-PL301ですが、
遠出や使い込んだ時に、大電流&大容量でその真価を発揮してくれます。
USBも2ポートあるので、当方と奥さんの01Dを一挙に充電できたりと便利です。
2012blog-2380.jpg
後継の*02シリーズは艶仕上げになっている表面ですが
*01ではツヤ消しです。これは塗装でそうなっているわけではなく、
樹脂の表面を梨地にしているので、結構傷が目立ちます。
2012blog-2375.jpg傷を撮ってみました。こんな感じです

まぁ、道具なんだからカバンにポイっと放り込んで持ち運び、
ハードに使うものなので、少々の傷は気になりません。

奥さんには白いPL201を用意する予定です。
そりゃ、どうせオマケで付いてくるなら懐中電灯よりACアダプタがいい(私見)
 
  1. 2012/11/07(水) 23:53:33|
  2. 携帯電話

ジムニーシエラJB32 バックランプの考察2

2012blog-2371.jpg昨日の型紙から、イメージを膨らませて
形にしました。

M8のボルトは熔接して、取り付けを容易にします。
2012blog-2372.jpgもっと角ばった形になる予定でしたが、
気がつけば曲線を活かした形状に…
結構、お気に入りです。そして
2012blog-2373.jpgまぁ、いくら綺麗に仕上げても、

見えないところに収まっちゃうわけです
2012blog-2374.jpg装着イメージ。
良い感じでバンパーとツライチになりました。

マフラーが近くにありますが、これくらいの距離だと
溶けたりするのでしょうか??
 
  1. 2012/11/06(火) 23:27:05|
  2. ジムニー

ジムニーシエラJB32W バックランプの考察

2012blog-2367.jpgJB32の改善も進めていきます。

先日考察したフォグランプですが、ステーも出来上がって来ました。
2012blog-2365.jpgで、前はそれで良いとして、後ろはこの有り様です。
とりあえず、バックランプは付いていないといけないので、手持ちの適当な
バックランプを装着していたのですが、あくまでも仮設なわけで…

スポット熔接をちぎったままフェンダー後端の処理も
どうにかしないといけませんね
2012blog-2366.jpg今回導入したのはコレ。
ボートトレーラー、旧車その他などでよく見る小型のバックランプです。
樹脂ボディ、樹脂レンズでなんと日本製。
こういうのでは結構珍しいかもしれません。
通販で1000円少々+送料。いくら買っても送料は一緒なので
3つ買っておきました。
2012blog-2368.jpgさぁ、大事なのはマウントステーですね。

いつものように適当型紙の登場です。
2012blog-2369.jpgできたー!!
一応、補強も入れてあります。

JA*2系から付いているフロア後端の出っ張りに
丁度良い穴が開いているので、そこに取り付けるようにします。
2012blog-2370.jpgあとは制作するだけですが、うまくいくかなぁ…
 
  1. 2012/11/05(月) 13:31:49|
  2. ジムニー

PowerShot G9と

2012blog-2357.jpgまたまた、我が屋敷にお届け物です。
2012blog-2358.jpg今日のお題は、先日入手し、使用してみて結構気に入ってしまった
PowerShot S70。
充電器と3つも充電池(NB-2LH)が付いてきました。
2012blog-2359.jpg父親に寄贈したS30(中身S40)ですが、結構本気で使っているみたいで
「これセルフタイマーはどこや」ということになたのですが、
旧来のUIであるS40はこれが手間なんです。
操作性は直感とは遠いところにあるので、それなら…と
プレゼントした次第。
2012blog-2360.jpg私の個体よりちょっと綺麗です。父親はS40の操作性を覚えだした時に
なんてこったということでしたが、なーに、そのうちS70の便利さに気づくでしょう。

で、なぜにコレといいますと、G9を放出しようと思って、バッテリー充電器を
S40ごと父親にプレゼントしてしまったので、出品するにあたり、この辺りを
揃えておこうと思ったのです。
2012blog-2363.jpgPowerShot G5 Avモード AWB

ですが、このG9、あらためて手にとって見ると
形や質感は文句なしの格好良さ。ああ、やっぱこれっていいよなぁ…
バッテリーも当方のKissNやSシリーズと互換だし(次のG10から変更となる)

しかし、しかしですよ。カメラなんだからポンと撮って、
グッと来るいい絵を出してくれないと当方は満足できないのです。
2012blog-2361.jpgPowerShot G9 Avモード AWB カスタムカラー

カスタムカラーのパラメータを無茶苦茶な設定にしてなんとか、
電球色蛍光灯の下でも、これかなぁという絵が出ました。
DIGICIIIの癖なのでしょうか?
G9になって、RAW撮りも復活しているので、その辺りもそのうち見てみましょう。
2012blog-2364.jpgPowerShot G5 設定は同上

諸悪の根源?である電球色蛍光灯。
G5で撮るとこんな感じです。
2012blog-2362.jpgPowerShot G9 同上

カスタムカラーなのでこれでもまだマシなもんで、
AUTOで撮ると山吹色みたいになるんです

まだだ、まだめげないぞ…G9をモノにしてみないと!!

まぁ、そもそも私のカメラじゃないんですが…
 
  1. 2012/11/05(月) 00:38:12|
  2. カメラ

鉄ヲタ祭りの休日5 吹田総合車両所 一般公開・1

2012blog-2346.jpg高野線の急行から天下茶屋で北千里行きの堺筋線に乗り、

やって来ました阪急吹田駅。
2012blog-2347.jpg東海道線の線路沿いをヘコヘコ歩きます。
2012blog-2348.jpg結構遠い…

この日は気温も結構高く、脇汗が…
2012blog-2349.jpgふぅ…JR吹田駅に到着しました。

衛星都市の玄関口といった感じで、色々揃っています。

そこからまたヘコヘコ歩いて…
阪急吹田駅からは25分は掛かったか
2012blog-2350.jpgこの日の第二の目的地、JR西日本の吹田総合車両所です。
一時は行われていなかった、工場の一般公開ですが、
近頃になって再開されています。
聞いた話だと、ここ吹田を鉄道の街にしたい自治体側からの
要請もあったとのことです。

そういえば、新幹線0系の先頭車も吹田に行ったのがあったような。
2012blog-2351.jpgそんな吹田市ですが、なんだか大変なことになってます(11/2現在)
人選びは勢いだけじゃなくて、慎重にしないといけませんね…

このゴジラ(のようなもの)以前は違うところに居たような気もします。

ここからカメラをPowerShot S70にチェンジです。
2012blog-2352.jpg吹田工場のシンボルとなった鉄道省モハ52形、通称「流電」

製造当時に流行していた「流線型」の電車だからということで名付けられた愛称ですが、
2012blog-2353.jpg確かに名前に恥じぬくらいの丸っこさです。

車体裾部分を鉄板の覆いで囲っているのでウインナーソーセージのような
丸っこさです。

この茶色とクリーム色の車体塗装ですが、関西急電(当時の急行電車)のテーマカラーとして
後の新快速にこの伝統が引き継がれているのは鉄ヲタなら基本知識である由。

現在はステンレスボディの223/225系となった新快速ですが、車体に貼られた帯に
この色が使われていたりするのです。
2012blog-2354.jpg準鉄道記念物というものに認定されているそうです。

キャラクターまでできてる…

ちなみにこの流電、制作にかかる手間やコスト、更に
連結した時の行き来を考えていない顔面などの特殊仕様ゆえに
ごく少数が製造されたのみとなりました。
2012blog-2355.jpgうお!!これは桜島線を走っているやつじゃないか!!

なんでも一般の塗装に塗り替えられてしまうそうです。
最盛期は6連4本が存在したUSJラッピング車でしたが、桜島線も8連で統一された
影響で、最後は間にスパイダーマンを2両挟んだ形態で走っていました。

で、近頃また新しい8連のラッピング車両が誕生したらしいです。
そのうち仕事の移動中に見ることができるかな??
2012blog-2356.jpgトラバーサと呼ばれる、車両を横移動させる機械。
これで、次行程を行う場所に車両を持って行ったりさせるのです

載っかっているのは、近頃まで「くろしお」で走っていた381系。
北近畿方面への特急「こうのとり」として最後の奉公となる様子。 
2012blog-2332.jpg構内が広いので、ゆったりまったりしています。

どちらかというと鉄ヲタより家族連れが多い印象。
2012blog-2333.jpgこちらにもトラバーサが。
国鉄時代の塗装に戻された381系が載せられています。
塗り替えたばかりなのでピカピカです!
2012blog-2334.jpg工場内、入れなくなっている場所こそ、鉄ヲタは興味を持つのです!!
これは阪和線の205系ですね。
近頃リニューアルの工事が進められています。
2012blog-2335.jpgモハ205-1003

この編成は、運行番号表示が普通は幕のところを
唯一LEDになっていたオンリーワンでした。
今回の更新で、それも失われてしまうのでしょう。
2012blog-2336.jpg105系も入場しています。
しぶとく検査を通っているようですが、地域色である青緑一色塗りにされていないので
近いうちの引退となるのでしょう。

窓まわりの腐食が酷かったようで、結構パテが当てられています。
2012blog-2337.jpgさて、この窓の向こうにあるのは、大和路快速などでおなじみの221系ですが、
やたらと車体の手入れがされていること、そして今まで無かったドア上の
水切りが追加されているので、これもリニューアルされていると見て良いでしょう。

車内がどうなるか、気になるところですね。
2012blog-2339.jpg湖西線や京都近辺で活躍し、最後は岡山で廃車となった
113系700番台の先頭車です。
この色、今まではどこでも見れたものでしたが、関東や中京は当然のこと、
近頃は近畿でも急速に数を減らしてしまい、もはや風前のともしびとなっていましました。
2012blog-2340.jpgこちらには221系。ここでクレーンの吊り上げ実演がされていた模様。
この車両もリニューアルされるのでしょうか。

この塗色は落ち着きがあってセンスも良いので、存知して欲しいものです。

仮台車が国鉄タイプの廃品利用ですね
2012blog-2341.jpg整然と並べられた工具。気持ちがいいもんです。

うちの職場はこれができてないんだよ!!フンガーーーーーー!!!!!!!!!!!
工具箱にドライバーもろくに入ってないってなんなんだコノヤロー!!!!!!!!
2012blog-2342.jpgクハ111-757
詳しい方ならご存知ですが、書体がこの車両オリジナルのものではなく
JRになった後のスマートな横長書体になっています。

なんでも岡山に行くとみんなこれにされちゃうそうで…
2012blog-2343.jpgイベントに使われている関空快速・紀州路快速用の223系。
また使わなくなった珍幕で鉄ヲタを沸かせています。

ホリデー…JRになった頃は休日になるとこの幕で
普段は行かないレジャーゾーンまで足を伸ばす快速列車が
多数設定されていたのです。
2012blog-2344.jpgイベントの人気ゾーンである特急運転台での写真撮影。
車両は近頃まで「スーパーくろしお」で運転されていた381系。

今となってはオーシャンアローまでひっくるめて「くろしお」になっちゃったそうで…
2012blog-2345.jpg寄る年波というか、構造上仕方ないというか…
ここらあたりのパネルの合わせ目が相当合わなくなっているのでしょう。
シール材がてんこ盛りになっています。
保守の上でもこれは悩みの種になっているものと思われます。
 
  1. 2012/11/04(日) 00:11:07|
  2. 鉄ヲタ

SC-PM50MD

2012blog-2319.jpgハドフに行って来ました。

以前、職場の怖いおっちゃんに頼まれて導入したコンポが壊れてしまったので
新規に見繕って欲しいという要望を受けて、探していたのですが、どうも良い物がみつからない。
CDチェンジャーは面倒くさいからやだというのが結構な障壁になっていまして、
立ち並ぶジャンク品はだいたいチェンジャー内蔵なんです。
2012blog-2320.jpgそんな中で気になっていたのがコレ、SC-PM50MD。

よくある縦型コンポではなく、どちらかといえば横型で、
斜めったフロントパネルが特徴であるこれ。
安かったので確保してきました。1575円…
これって趣味に走ってますよね
2012blog-2321.jpg電源投入。

無事動作、というかある程度は動作確認がなされた個体です。
2012blog-2322.jpg今まで(これが世にでる前)のコンポは、ボタンやつまみのイルミネーションも
最低限で、あったところで電源ボタンか、ボリウムつまみくらいで
あとはFLなどのインジケーターにまとめられていたのですが、

この機種は結構リッチに光らせています。そしてそれが結構いい雰囲気。
変に高輝度LEDを奢っていないのもいいんでしょうね。
2012blog-2323.jpgCDはこんなところから、

パネルがせり上がって!!
2012blog-2324.jpgトレイが出てきます。

結構、所有満足度も高そうですね。
2012blog-2325.jpgCD再生。

ディスプレイパネル下部のドットは、各ソース表示と
下の段はなんとレベルメーターです。凝ってますね~
2012blog-2326.jpgサラウンドや重低音増幅が備わっています。
スピーカーはバイワイヤリングで音質にもこだわっていそうですが、
実際に出てくる音は無理にドンシャリにした感じで
あんまり心動かされるものではありませんでした。
2012blog-2327.jpg各ソースの再生ボタンなど。

…あれ、カセットテープは????え????無い????

これじゃおっちゃんのところで使えないじゃないか!!
オーマイガー!!
2012blog-2328.jpgこの頃(これは2003年らしい)といえば、家電製品の省エネ化が
至上命題だったようで、

特に待機電力の低減に力が注がれていたことを覚えています。
2012blog-2329.jpgこの機種も、ECOボタンで電源OFF時のFL表示を消すことで

待機電力を0.5Wまで低減させることに成功しています。
2012blog-2330.jpgついでに買ったリモコン。めちゃくちゃ汚いです。

他機種のものですが、まぁいけるでしょ!!
2012blog-2331.jpg洗って組んでテスト。

電源と音量、チューナーくらいしか使えませんでした。失敗


で、これ、…そう、我が屋敷では使い道がありません。どうしよう
 
  1. 2012/11/03(土) 00:14:22|
  2. AV機器

鉄ヲタ祭りの休日4 南海電車まつり2012・屋外展示を見つつ…

2012blog-2248.jpgそれでは、屋外の展示に向かうことにします。


2012blog-2249.jpg 2012blog-2250.jpg 2012blog-2251.jpg 2012blog-2252.jpg
今までは食堂に展示されていたヘッドマークは、このようにレールに立てれるステーを作製し、展示されています。
2012blog-2253.jpg 2012blog-2254.jpg 2012blog-2255.jpg 2012blog-2256.jpg
版権の関係なのか、キャラクター物やみさき公園などの催し物関連のものは無く、主に自社のもので構成されています。
2012blog-2257.jpg 2012blog-2258.jpg 2012blog-2259.jpg 2012blog-2260.jpg
最近見かけたものから、見たことのないものまで様々。
2012blog-2261.jpg2012blog-2262.jpg2012blog-2263.jpg2012blog-2264.jpg
21000系の引退時のもの、そして私も撮りまくった特急サザン25周年、そしてこりゃ凄い、特急サザンの受賞プレート!!
そして、31000系デビウの看板と…駐車場。ラピート運転台見学は長蛇の列となっていました。
  
2012blog-2268.jpg南海線・空港線のスーパースターことラピート。
いまだに幼児向けの鉄道本では500系新幹線とともに大人気。

もうすぐでデビウから20年が経とうとしていますが、
未だ色褪せない…というか、これは老朽化はしても
陳腐化はしないんだろうと思われる。
2012blog-2266.jpg本日の千代田工場への快適なアクセスを担ってくれた
特急サザン。

毎年展示車両は変化していますが、ラピートとサザンが
並ぶ年も珍しいのではないでしょうか。(当方の記録では2007年以来)
2012blog-2267.jpg休憩車両は6000系でした。

フロントオーバーハングに搭載された機器の多いこと…
これでは排障器も付けられんわな
2012blog-2265.jpg…まだまだ頑張るようです。

近頃、南海線の1000系や2000系が高野線に移籍しているようで、
先述の8200系更新や保安装置の更新の予備車として使用されるようです。

=南海線の車両が少なくなるということになるので、7000系もその間は
温存されることとなるのでしょう。
2012blog-2270.jpg今年も健在のズームドアに挨拶をしておきましょう。

右の雨樋に貼り付けてある温度計、これも電車内にて
使用されているものですね
2012blog-2271.jpgこれ、模造品なのかな…と思っていたら、

裾部分がちゃんとせり出してます。
ホンモノだったんだ
2012blog-2272.jpg中は倉庫なのでしょうか。

そしてこれ…開くようになってるのかな
2012blog-2273.jpg6000系更新用のデコラ板を使用したと思われる安全看板。
無事故日数はなんと5桁になっています。

うちの職場でもようやく1000日に達したところで、
桁を増やしたところというのに
2012blog-2274.jpgいやー、今年も面白かった!

本当なら一日中じっくり居たかったのですが、
次のメニューに向けて突っ走ります。
2012blog-2275.jpgちょうどお昼どきだったので、

無料送迎バスもすぐに乗れました。
2012blog-2276.jpgいつもは結構な時間がかかるのですが、今日に限っては信号も
スイスイ通過してしまい、あっという間に河内長野駅までやってきました。

予定より1本早い急行に乗れそうなので、急いでホームへと向かいます。
  1. 2012/11/02(金) 15:20:01|
  2. 鉄ヲタ
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する