FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

HONDA Jazz フロントフォーク オーバーホール

2012blog-2292.jpg久々のバイク記事です。

今度、寒くなる前に職場の皆さんでバイクツーリングをしようという話になりまして、
当方は、そりゃこれを出すことになるのですが…
2012blog-2293.jpg見ての通り、フロントフォークがとんでもないことになっています。
まだオイルシールまではやられていない感じですが、
まぁなんだ、このままだとみっともないですよね
2012blog-2294.jpgボトムケースの外観も…まるでコンクリみたいになっています。

ちなみに、このJazzは走行後のブレーキング時に
フロント周りから「カッコン」という異音と小さな衝撃があり、
ステムを締めあげても駄目だったので、この辺りに
原因があるのではないかと思います。
2012blog-2295.jpgそれでは、分解開始。

フレームにジャッキを掛けて前輪を浮かせて、ホイール・フェンダーを外し、
そしてフォークトップボルト、アンダーステムのクランプボルトを緩めます。
2012blog-2296.jpgそういえば、これもボトムケースの底に…

ああ、ありました。ヘックスなので、まだ楽でしょう。
2012blog-2306.jpg大きなモンキーと、12.7Sqのヘックスコマ、ブレーカーバーで
強固な布陣を敷いて臨みます。

気合でイッパツ!!
カキンと緩めばこっちのものです。
2012blog-2298.jpgボルトを抜くと、フォークオイルが出てきます。
ストロークさせるとブリュリュリュブッバッと大量に出てきます。

結構臭いです…
2012blog-2297.jpgオイルシールはリングで留められているだけなので

マイナスドライバーなどでリングを抜いておきましょう。
2012blog-2299.jpgインナーチューブもスッポンと抜けてしまいます。
2012blog-2300.jpg内部パーツの構成。
スプリングは2本あります。
2012blog-2301.jpgボトムケースはダイソーのナイロンバフで簡単に磨いておきます。

表面クリア塗装は、また今度の機会にします。

何にしてもツーリングに向けた整備を最優先に進めないといけません。
2012blog-2302.jpgオイルシールですが、マイナスドライバーでこじるだけでも

普通に取ることができます。
2012blog-2303.jpgいつかやるために…と取っておいたシールセット。
51490-GAA-305
シールセツト,フロントフォーク
定価1510円(2012年5月現在)
1台分をやるなら、2つ必要です。
2012blog-2304.jpg古いシールを使って、叩き込みます。
2012blog-2305.jpg出来上がり!

いやー、やっぱり見た目がしっかりしていると
気持ちがいいです!
2012blog-2307.jpgさて、ここで買い物を済ませて…

オイルなのですが、安いATFが無かったので、
パッソルの余り、二輪車用ギアオイルを使用します。

※当方は適当に選んでるだけなので、自己責任で…
2012blog-2308.jpgJazzは約180cc、検索してみると182~184ccだそうです。
計量カップで…だいたいこんなもんか
2012blog-2309.jpg一旦、スプリングを抜いて、注ぎ込みます。
それほど粘度もないので、綺麗に注ぎ込めるのですが…

スプリングを入れて、トップボルトを組んで
体で押し込んでストロークさせてみる。
うむ、良い感じでダンパーが効いています。多分。
2012blog-2310.jpgあとは組み込んで完成! 早速試乗開始です。
まずはブレーキング。異音はなくなりましたが、なんだ??全然沈み込まなくなりました。
えらく突っ張った感じですが、目視するとそれなりに沈んでいます。
ダンパーの効きを調べるために、近くの海岸沿いの道路に。
荒れ果てたセメント舗装で、かなり凸凹になっています。
今迄だと、あばばばばばばばばば!!!!!となるような道だったのですが、
え、ショックを吸収してる!?車体が安定しています!!
これはイイ方に変化があったのかも知れません。更に走りこんでみましょう。
 
スポンサーサイト



  1. 2012/10/31(水) 21:43:09|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

鉄ヲタ祭りの休日4 南海電車まつり2012での入手品

2012blog-2269.jpg年を重ねるごとに、物販のブースがパワーアップしています。

関西の事業者意外に、西日本鉄道、関東の鉄道事業者、
珍しいところだと、ひたちなか海浜鉄道の出店もありました。
2012blog-2246.jpg駅名メモ帳…勿体無くて使えません。

さて、気になるところで言いますと、今まで長きにわたって
南海電車を製造していた神奈川の「東急車輛製造」です。
近頃、鉄道車両製造部門をJR東日本に売却し、新たに「総合車両製作所」という
名前になったのですが…今回の出店は??
2012blog-2280.jpg無事に出店されていることを確認。そして下敷きを確保。
これは東急車輛製造が今迄に制作した、
オールステンレス(車体を構成する部品が全部ステンレス)車両の
製造50周年を記念した下敷きシリーズで、この他にも様々な車系がノミネートされていましたが、

そりゃー9000系だろ!!9000系しかないだろ!!
ちなみに400円でした。
2012blog-2281.jpg裏側は懐かしの緑時代をはじめ、色々な画像が網羅されています。

無いのは新色・白幕の写真くらいでしょうか
2012blog-2291.jpgその他のグッズも色々。結構買い込んでしまいました。
2012blog-2290.jpgバスのブースで売られていた「とまります」

200円。
2012blog-2279.jpg電源は24Vですが、電球を入れ替えたら12Vでも遊べます。

回路を組んで「ピンポン」もできたらもう少し活かせそうです
2012blog-2278.jpgこれは臨時列車乗車記念のBトレインショーティー、

更にどうやらこれのみでの入手となるヘッドマークステッカー。
2012blog-2282.jpgいつも見掛けては悶々として、買わずじまいだった
ヘッドマークコースター。
買っちゃいました。
財布の紐?何処に行っちゃったんだろう??
2012blog-2283.jpg高野線のダイヤグラムが印刷されたマグカップ。
細かく刻まれた時分管理を眺めながら、まったり
コーヒータイムを楽しめます。
2012blog-2284.jpgナミナミまで注いだら、6000系が水没してしまいます
どんぶらこ
2012blog-2285.jpgこれは臨時列車参加者の特典ですね。
10000系サザンがデビウした時のパンフレット。
いったい誰に向けて制作するのかはよくわかりませんが、
新型車が世に出るときには必ず作成されます。
2012blog-2286.jpgこれも臨時列車特典。

12000系サザンプレミアムのテッシュボックス。
2012blog-2287.jpgう~ん、やたらと大きいのですが…
2012blog-2288.jpg薄型のティッシュケースが2つ入る設計なんです。

なるほどね。
2012blog-2289.jpgはい、できあがり!

これで今夜も元気に出発進行!!!
 
  1. 2012/10/30(火) 11:05:04|
  2. 鉄ヲタ

鉄ヲタ祭りの休日3 南海電車まつり2012・千代田工場をうろつこう

2012blog-2229.jpg昨日に続いて、工場内を散策してみましょう。

これは車輪の軸を受ける部分になります。
1台車で4つ、1両で8つ、4両で32個。結構な数です
2012blog-2230.jpgこれは空気バネの本体でしょう。
鉄道車両においては、特殊用途のものや旧式の車両以外は
殆どがエアーサスペンションを採用していて
乗り心地の向上や、満員・空車時の車高、レート調整に
寄与しています。
2012blog-2231.jpgおー、ブラストだ!!

業務用途だけに本格的だ。
2012blog-2232.jpg手直し中の連結器。
結構丁寧に磨き上げられるんですね
2012blog-2233.jpg台車。好き者には気づいていただけるのですが、
南海電車では使用されていないものです。

近くの作業服の係員さんに聞いてみたところ、
三重県の伊勢鉄道という3セク鉄道のものとのこと。
結構、外部からもお仕事を受けている様子。
2012blog-2234.jpg今回、目新かったのが車軸の脱着。

此花区にある住友金属よりやってきたものです。
2012blog-2235.jpg車輪のディスク部分にあるニップルを外して、
ここに油圧ホースを接続します。
こんなところに穴があるなんて、当然知りませんでした。
2012blog-2236.jpg基本的に、圧入されているものなので
油圧で抜いて、油圧で押しこむようになっています。
焼き嵌めでもないのによく外れないもんだと思いますが、
それで大丈夫ということは、そうなんでしょう。
2012blog-2237.jpgさて、屋外に出ます。色んなブースを見てみましょう。

これは車補(車内補充券)といって、主に車掌さんが車内で発券する
切符です。
自分で穴を開けさせてくれました。いやー、有意義。
当然、これを持って実際に乗車することも可能です。
2012blog-2238.jpgそして部品鉄の皆さんが熱い戦いを繰り広げる
部品販売です。

お星様になってしまった7000系の墓標が立ち並んでいます。
何故かお値段は3000円とリーズナブル。要は持って帰るのが大変だから
自分で何とかしろってことですね。

調べたら、7001Fが廃車になった頃は2万円していました。
2012blog-2239.jpgつり革のアイデア商品。
行先表示などをアレンジしたものを入れています。
近頃の吊り革広告は広告シールを巻き付けるようになってしまい、
手間の掛かるこのタイプのつり革は見られなくなってしまいました。
2012blog-2240.jpgところで、7000系に混ざって置かれていたこのドア…

何のやつでしょうか???


※追記…特急サザン・10000系のものです
2012blog-2241.jpgこんなの、どこから出てきたのでしょうか???

6000系の更新前の車番プレート、ホンモノであれば要は20年以上前の
所蔵品となります。
2012blog-2242.jpg持って帰りやすく、各車両で2枚しか無いこの手合いのものは人気が高く、

値段も強気です。
2012blog-2244.jpg芝生広場にやってきました。
良くできた天空顔ハメが大人気です。
2012blog-2243.jpg小腹がすいたので、何か食べようか…
2012blog-2245.jpgケバブサンドがあったので、これにします。
600円。

むしゃむしゃ食べつつ、今後の予定を考えて…

後半に続きます。
 
  1. 2012/10/29(月) 23:45:39|
  2. 鉄ヲタ

鉄ヲタ祭りの休日2 南海電車まつり2012・千代田工場を見学しよう

2012blog-2211.jpgそれでは、工場散策を始めましょう。

留置されている車両の変幕、いわばありえない行先が表示されている様は
工場公開のもはやお約束となっていますが、
早速、一発目から…高野山登山用の2000系がニュータウン行きを表示しています。
この辺り、共通部品を使用しているから、こういうことができるのでしょう
2012blog-2212.jpg南海思い出ミュージアムと題された展示。

普段は見ることができない連結面、銘板によると8200系ですね。
80年代にごく少数が製造された、高野線の都市伝説のような存在です。
2012blog-2213.jpgこうして、留置された車両の裾に所蔵されている懐かしい写真が
解説とともにたくさん貼られているのですが…

なんだか様子がおかしい。
2012blog-2214.jpgモハ8201型の下回りを覗いてみると…!!!!!

なんと!!普段はたんまり搭載されている電装品が
スッカラカンです!!ここまで取っ払うってことは…
2012blog-2247.jpg参考までに…
普段はこれだけの機器が吊られています。
画像の分は抵抗器ですね。
2012blog-2221.jpgところどころ、溶断して撤去されているものもあるので、
これは新規のVVVFインバータ制御装置を搭載することは必至でしょう。

施工中の6200系を飛び越して前倒しで行われる辺り、結構問題を抱えていた
ものと思われます。変にハイテクでもつぶしが利かないんでしょうね
2012blog-2215.jpg普段、鉄道誌やインターネット上では見掛けないような写真が
たくさん展示されています。

いやー、しかし加飾されてしまった現在より、この頃のほうが好きだな~
特にステンレス車なんか
2012blog-2216.jpg私が物心ついた頃の南海電車。

左の7100系は急行で、右の7000系はまだ冷房が付いていなかった頃で
ほぼ普通車専門で走っていたのが記憶に残っています。
2012blog-2217.jpgん、この7100系、1次車じゃないですか!!
2012blog-2218.jpgその他にも旧塗装更新車や、新塗装の未更新車など。

いい写真がたくさん所蔵されているようです。
2012blog-2219.jpgやっぱり、この未更新で緑濃淡で白幕で昼間の急行!

これが7100系でしょう!!
2012blog-2220.jpg9000系もバッチリ緑帯時代の画像が。
4両が多かったので(今でもか)普通車でコレが来ると
大当たりの嬉しさでした。
2012blog-2222.jpgこの手合いは小さなお子様に大人気の車掌体験でしょう。

またしてもありえない種別行先を表示しています。
(※快急と急行は河内長野までの停車駅は同一)
2012blog-2223.jpg車体修理がなされている7100系。
それほど重点的に修理されていないので、
外板更新ではなさそうです。

方向幕は救援。これはこの手だと結構多く見られます。
普段使わない表示をするのは、フィルムでできた幕の紫外線による劣化を避けるため、
あんまり使わないところで止めておくという理由もあるそう。
2012blog-2224.jpg電車と綱引き。
これはどこの社局でも行われる人気イベントになっています。
牽かれているのは「りんかん」専用車の11000系。
高野線系統の特急車両は、検査入場となると連結両数を減らして運行されるくらい
タイトな両数でやりくりされているので、ここに居るということは、
現在は一部列車の減車がされているのでしょう。
2012blog-2225.jpgここでもまたとんでもない行先が。

急行の両サイドにハイフンが入っているこれ、今は見ることができなくなってしまった
春木停車の通称「白線急行」です。
岸和田競輪が開催される際に、来場者に便宜を図るために停車させていました。
2012blog-2277.jpgちょっと古いところから引っ張って来ました。
2005年の10月撮影ということで、もう末期のものです。

その他、羽倉崎や泉佐野始発、折り返しの急行、多奈川始発のフェリー連絡急行「淡路号」も
白線が入った急行でした。これは通年春木停車でした、多分。
今は、空港急行がそれの名残というのでしょうか。引き続き春木に停車しています。
2012blog-2226.jpgここ千代田工場では、南海の他にも色んな社局の
メンテナンスを引き受けています。

この異様な車輪は、阪堺電軌のものと思われます。
2012blog-2227.jpgスポークというのか、肉抜きというのか…

鉄道線ではあんまり見掛けることが出来ない
変わった車輪です
2012blog-2228.jpg扱うものが扱うのものだけに、
ネジもこの通り、男の箱買いです!!

そして当方も扱うものが扱うのものだけに、結構なボリュームになってしまいました。
後編(中編?)に続く
 
  1. 2012/10/28(日) 22:22:48|
  2. 鉄ヲタ

鉄ヲタ祭りの休日1 南海電車まつり2012・臨時列車に乗ろう

2012blog-2203.jpg先日の記事の通り、本日は、年に一度の南海電車の大イベントである
「南海電車まつり」に臨時列車にて乗り込むプロジェクト発動です。

というわけで、やたら早起きしていつもの出勤より一本遅いだけの急行に乗ってなんば着。
受付にはぼちぼち列ができつつあります。
2012blog-2204.jpg別に、早い者勝ちというわけでもないので、それほど張り切って
早く出る必要も無かったようです。
集合は8時半となっていましたが、受付の締め切りは9時、
プラットホームに上がるのは9時10分…

40分近く立ちんぼなのは、おっさんの足腰には結構堪えました
2012blog-2205.jpg記念乗車証。号車ごとに色分けされたネックストラップになっていて、

乗車への引率時に判別がつきやすくなっています。
2012blog-2206.jpgここから入場します。
いつもは清掃や食材、商品の搬入に使われているゲートです。
この時点で、結構レアな体験ですね。
2012blog-2207.jpg降車専用のプラットホームへ。
2012blog-2208.jpgまだ臨時列車は据えられていません。

ここまではPowerShot S80で撮ってみました。
2012blog-2186.jpgこの手の列車といえばまずはこれ。
駅の案内表示に稀にしか出ない「団体専用」

これが今迄の臨時列車だと回送だったり試運転だったりと
いろいろありましたが、今回は本チャンっぽいですね

ここから、ちょっと本気モードのPowerShot G9が登板です。
2012blog-2187.jpgさぁ、本日の主役が到着。

このホームにストレートで入れるということで、
列車は高野線方面から回送されてきたようです。
(なんば駅で本線から高野線に1回の折り返しで入れるのは、5番線だけなんです)
2012blog-2188.jpg久々になんば方の先頭車を見ることができました

暗い場所なので増感したのですが、酷い画質になってしまいました。
どうもG9とは相性が悪いようだ。
2012blog-2189.jpg座席は自由席なので、海側をGet。
相席にはならないように、適切な人数配分がなされていたようで、快適です。

暫くの停車の後、なんばを発車します。
2012blog-2190.jpgこのアングルから車窓を撮れるというのもなかなか乙なもの。

要は、千代田工場への回送列車に乗せてもらっているようなものでしょう。
なんば駅で11時前に、稀に工場に向かう列車が入ってくることがあります。
普段は端っこのホーム、8/9番線に発着するラピートが5番線に
入ってくることもあり、その存在感はなかなか異質なものです。
2012blog-2191.jpgちょっとだけ離れたところを走る南海線の電車を。

でもこれ、工場ノンストップ以外としてはまぁ「りんかん」みたいな
ものなのでしょうか??
2012blog-2192.jpg岸里玉出で南海線と別れます。
2012blog-2193.jpg高架をガンガン走っていく南海線とは対象的に、
掘割の合間を縫って走っていきます。
途中の踏切を通過する際、こちらをまるで奇異なものを見るような視線が面白いです。
鉄ヲタは当然のこと、親子連れも多く見られました。

それにしても、踏切とは簡単に言いますが、確かに高野線って踏切が多いですね…
2012blog-2194.jpg大和川を渡ります。

左岸の山手には結構な数の三脚撮り鉄が。
2012blog-2195.jpg空を見ると、なんと2条の飛行機雲。

こういうのってあんまり見ないですよね
2012blog-2196.jpgさて、そろそろ千代田工場が近づいてくる頃です。
2012blog-2197.jpg工場手前の渡り線を転線します。

まさしく工場直通です。これはお値打ちものですね。
2012blog-2198.jpg屋外ファクトリーでパテ盛りされた7100系が数両。
2012blog-2199.jpg工場の皆様でお出迎え!
2012blog-2209.jpgいやぁ、快適な旅でした。

特急サザンには、また今度、(飲まない)飲み会の帰りに
お世話になりましょう。
2012blog-2210.jpg仮設階段で降りていきます。

今度は、仮設降車ホームでもあれば…と思いますが、
日曜日に撤収して、月曜日からはおそらく通常業務ができるように
しておかないといけないのでなかなか不可能なことなのでしょう。
2012blog-2200.jpg再度、なんば方の先頭車を。

今度はいつ撮れるかわかりません。
2012blog-2201.jpg低速で入換を行い、展示箇所まで走ります。
2012blog-2202.jpgあ、この看板、今日で外されるわけですよね…
もうちょっと撮れば良かったか~

続編があれば、工場内もちょっと報告できればと思います。
え?教習は、バイクレストアは???
ちゃんと進めてますよーーーーーーー
 
  1. 2012/10/27(土) 23:37:07|
  2. 鉄ヲタ

PowerShot S70がやってきた

2012blog-2176.jpg本日は研修で、またまた阿倍野に行ってまいりました。
これで10月にはいって3回目か…

とりあえず、日本一の高さになったビルをG9で撮影。
2012blog-2177.jpg今宵のネタはこれでいきましょう。

中古カメラの販売をしているお店からの品物です。
2012blog-2178.jpgフタを開けたら、イカしたメッセージボード。

似顔絵がテンションを高めてくれます。
2012blog-2179.jpgはい!やってきたのはダークグレーの筐体がたくましい
PowerShot S70です。
何となく駄目もとで入札したら落札に成功しました。
2012blog-2180.jpgS30や40の頃とはまた意匠が違うボデー。
スライド式のレンズカバーも、それなりに改良が
なされているのでしょう。
2012blog-2181.jpg電源投入!
不具合なく元気にスイッチオンです。
2012blog-2182.jpg背面。
コントロールホイールはまだこの機種だと
標準ではありません。
2012blog-2183.jpg特徴のあるストラップホール。
2012blog-2184.jpg後継機のS80と並べて。
それなりに小型化がなされていて、正常に進化したような
感じなのですが・・・
2012blog-2185.jpgさぁ、不具合もなさそうなので、これからローテーションで

楽しんでいきましょう。 
 
  1. 2012/10/26(金) 23:32:07|
  2. カメラ

PowerShot S80がやってきた

2012blog-2141.jpg悶々してても仕方ない!
欲しいものは欲しい時に買え!!と言いながら…
いつも財布の中身を気にして生きていますが、
即決送料無料という条件に釣られて、イッてしまいました。
2012blog-2142.jpg開梱。
今回は本体のみです。
まぁ、これ以上充電器や付帯品が増えても邪魔なので
都合が良いといえば良いのです。
2012blog-2143.jpgおっしゃ!!今回はこれだ!!
スライドカバーのPowerShotの最後となった、
PowerShot S80の登場です。
2012blog-2144.jpgちょっと大きな傷がありますが、その他は綺麗、必要にして十分です

2chでの評価としては、広角での周辺流れ、RAW記録ができなくなっている
ことなどで、他のSシリーズと比べて評価はいまいちですが、
まぁそういうのは使ってから考えてみましょう。
2012blog-2145.jpgこの機種から、記録媒体がSDになりました。
バッテリーは相変わらずのNB-2LH。嬉しい互換性で
使い回しできます。
2012blog-2146.jpgS80から新たに採用となったコントローラーホイール。
十字キーも兼ねていて、昔あった携帯電話の三菱D902iS~905iなどに
採用されていたスピードセレクターに近い操作感です。
クリック感はしっとりしています。悪くはなく、むしろ良い感じ。
2012blog-2148.jpgカスタムカラーなんかも実装されています。
3段階ですが…
映像エンジンはDIGICIIとのこと。
我が屋敷の在庫を参照してみると、G3やG5、A95がDIGIC、
A620がDIGICII、G9がDIGICIIIとのこと。
2012blog-2147.jpgファーストショット。

いいんじゃないでしょうか??

ならば、夜を待つとしましょう。
2012blog-2149.jpgPowerShotG9
AUTO/AWB

今夜は割と普通の発色です。
2012blog-2150.jpgPowerShotS80
AUTO/AWB

こんなもんでしょう。もっと持ちだして撮って撮って撮りまくります。
2012blog-2151.jpgPowerShotA620
AUTO/AWB

…いいかげん、この比較もオナカイッパイですね
 
  1. 2012/10/25(木) 12:13:32|
  2. カメラ

Z50J1 中庭で組み始め

2012blog-2049.jpgフレームで、大事なことを忘れていました。

腐食と度重なる研磨で、フレームナンバーが浅くなってしまい、
このままだと、石刷りすらとれなくなりそうなのです。

先の尖ったピックアップツールで、溝に溜まった塗料をほじり出して、
石刷りを取っておくことに。

目視確認できるように、ここはもう一度塗り直しました。
2012blog-2050.jpgタンクに盛ったパテも、そろそろ研げそうなので
このようにして研ぎ上げます。

このスポンジ棒が結構ナイスです。
2012blog-2051.jpgもう凹みもないだろう(多分)

翌日にはプラサフを塗っちゃいます。
2012blog-2052.jpgさて、この休みのうちに活躍した中庭ブースも、
いい加減に片付けないといけません。

が、最後にもう一仕事。
2012blog-2053.jpgフレームとスイングアームが仕上がったので、
組み付けていきましょう。

ようやく、バラバラになっていたパーツがまとまって、
片付き始める瞬間です。
2012blog-2054.jpgリアサス装着。
この色でも格好良いのですが、
組み上げた上で、全体的なイメージとの違和感があったら、
これも塗ってしまいましょう。
2012blog-2055.jpgステムも付けましょう!

ベアリングはこのようなレースに入ったものを。
整備性向上を狙います。
2012blog-2056.jpgグリースも一旦洗い流して、
モリブデングリスをたんまり練り込んでおきます。

しかし15年もほっておいて、ようやくここでこの工程とは…
いやはやまったく
2012blog-2057.jpgハンドルロックとフェンダーステーも装着。
丁度良い長さのボルトがありません。
また買いに行かないと…
2012blog-2058.jpgふぅ…
今宵はこれくらいにしておこう。

そろそろ、磨き上げたアルミパーツのクリア塗装もして、
足回りを組み上げておかないと、先に進めなさそうですね。
 
  1. 2012/10/24(水) 12:10:34|
  2. オートバイ-Z50J1

ラーメン・つけ麺 笑福 西本町店

2012blog-2164.jpgいやー、今日も結構しつこく降りました。
雨の日がとっても重要な仕事なのですが、
基本はタッチパネルCRT機器での機器遠隔操作となるので
監視室に缶詰めになってしまうのです。
意外と何でも屋な職種なので、お外で保守業務に付いている方が
私的にはやりがいがあって向いているようです。

さて、今日は奥さんも研修で遅くなるみたいです。
こういう日は、ムフフ、ラーメンだな!!

ラード君とも話していたのですが、他国発祥の食べ物を昇華させて、
日本独自の価値あるものにしてしまう能力はすごいもんです。
そして、それの最たるものにラーメンがあると思います。
2012blog-2165.jpg今日は、弁天町行きのバスに乗ります。
1時間に1本しか無いのですが、地下鉄駅に速やかに運んでくれるので、
本町などに行くのには最高に便利なんです。

せめて時間辺り2本あれば嬉しいのですが、
昨今の過度な縮小傾向だと期待できないでしょうね…
2012blog-2166.jpgあっというまに本町着。

普段なら、御堂筋線方向に向かうのですが、
今日はちょっと違います。

西側にある、四つ橋線の本町駅へと足を進めます。
いやー、それにしても広い駅ですね。
2012blog-2170.jpg24番出口を出て、数分歩くと、
はい到着。
今回のターゲットです。
当方が興味を示すバカ盛り、ドカ盛りのラーメンで、
今日は関大前、下新庄とリストアップしていたのですが
上記はさすがに遠い!!ので、近くから攻めていくことにしました。

このラーメン屋さんですが、全国に暖簾分けや開業支援された
お店が存在するようです。

大阪にも数件お店があって、南森町、北加賀屋、天満橋、西中島にあって、
そのうち、ここの西本町と西中島が直営店とのことです、
詳しくは公式Webサイトを。
2012blog-2171.jpg親切にも、盛りのイメージをこのように示してくれています。
バカ増し…確かにこれはバカだ…



…とりあえず、マシで行きましょう。
2012blog-2167.jpgラーメン並(260g)野菜・ニンニク・野菜・背脂・カツオを
それぞれ増してもらいました。
いやー、美味しそう♪
2012blog-2168.jpgチャーシューは硬くもなくトロトロでもなく。
味付けも良く綺麗に崩れます。
2012blog-2169.jpg麺はつやつや。食べやすいです。

全体的にあっさりしているので、濃いのが駄目な人でも
最後まで食べ切ることはそれほど難しくもありません。
野菜も程よく湯通しされているので、
安心して食べれるといった印象。

あとはトッピングとスープのカラメ増しで、
いかなる形態にも変貌させることができるでしょう。

ごちそうさまでした。
2012blog-2172.jpgんあー、まだ雨が降るんか~

出っ張ったお腹を撫でながら、ヘコヘコ駅に向かいます。
2012blog-2173.jpgああ、もう御堂筋線まで歩くなんてめんどくせぇ、
こういう時は四つ橋線でまったりなんばまで向かいます。

南側の出口から出て、地上を歩けば
意外と南海なんば駅も遠く感じないんですよね
 
  1. 2012/10/23(火) 22:10:40|
  2. 国内街歩き・地元記事

CF50シャリィ マニュアルクラッチエンジン搭載のためのフレーム加工(叩くだけとも言う)

2012blog-2152.jpg暖かいうちに、塗り物は進めていきましょう。

今日は、小物とシャリィのフレームを防錆処理します。
2012blog-2153.jpgふと気がついたことが…
このシャリィは、マニュアルクラッチのエンジンを搭載する予定ですが、
今迄見てきた情報だと、シャリィのその特徴のあるダウンフレームの形状が
悪さをして、クラッチワイヤーとクランクケースカバーのワイヤーホルダーが
干渉してしまうので、加工を要するのです。
2012blog-2154.jpgネットで検索しても、そのままで積めるという方もいれば、
フレームの表側をエグリ加工することでワイヤーを逃したりと
色んな手法でこれに対処されているようですが…

やっぱ、実車合わせが一番ですね。部品取りJazzのエンジンに、
フレームを載せてみます。
2012blog-2155.jpgマウントボルトは難なく通ってしまいました。
それほどの加工は必要無さそうな予感…

干渉している箇所を見ます。
うーん、本当にちょっとだけですね。
2012blog-2156.jpgクラッチワイヤーを通してみます。
あー、こりゃちょっと無理があるな。一応クラッチを切ることはできますが、
変に角度が付いていて、私的にはアウト。
ワイヤーが干渉している箇所を叩いて拡げてしまいましょう
2012blog-2157.jpgワイヤーホルダーが当たる場所をマーキングして、

そこを重点的に叩いて加工します。
2012blog-2159.jpgそりゃー!!!

どうせ見えないところだからガンガンいくぜー!!!
2012blog-2158.jpgベッコリいっちゃいました。

袋になっている場所なので、簡単にへっこんでしまいます。
2012blog-2161.jpg何度か、エンジンにフレームを載せて、
ワイヤーのかわし具合をチェックします。

うん。ここまでやればワイヤーにも無理が掛かっていませんね。
2012blog-2162.jpgちょっとだけ拡がったフレーム。

これくらい隙間があれば、ワイヤー交換も車上で行えるでしょう。
2012blog-2163.jpgさぁ、懸念もなくなったので、一気にエスコを吹いてしまいましょう。
今迄数回レストアしているフレームなので、どの辺りがよく錆びるかは
把握できていますし、その辺りを重点的に厚く塗っておきます。

シンナーの臭いでクラクラしてきたので、今日はここまで。
 
  1. 2012/10/22(月) 16:07:02|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

TEPRA SR930 不具合の修理

2012blog-1519.jpg先日導入し、我が屋敷の様々なラベル印刷で大活躍の
TEPRA SR930

…だったはずなのですが、どうもおかしい。
黒フィルムが綺麗に巻き込まれず、詰まってしまうのです。
2012blog-2139.jpg画像ど真ん中の黒いボビン、というかプーリーが
印字中に回転し、転写済みのフィルムを巻き取ることで
TEPRAのシステムを構成しているのですが、
これがどうみても回っていません。
たまに思い出したように弱々しく回るのですが、これでは機能を果たせない。
2012blog-2128.jpgいっぺんバラしてみるか…
この手の物は今迄開封したことが無いので、ちょっと心配

底面のネジを全部外すだけで、綺麗にパックリ割れてくれます。
2012blog-2129.jpg自分用メモ。

右が上方向。コネクタの位置関係を把握しておきます。
2012blog-2130.jpg液晶やキーボード部分に繋がるフレキ2本、コネクタ2つを外せば
完全分離ができます。

結構、親切設計ですね。
2012blog-2131.jpg今迄送りそこねたテプラの端っこが、大量に溜まっています。

そりゃヤフオク放出されるわな…
2012blog-2132.jpg更にバラしてみると、すごいことになっています。

送り機構が健康なら、この位置には切りくずは溜まらないと思われます。
2012blog-2134.jpg問題の巻きとり軸。
カセットデッキの巻きとり部分みたいですね。
ここが原因であることは間違い無いのですが、
どうなってるんだろう。

※ここまでバラすには、テープカセット周りのユニットを表面から外して、
裏面からカバーの留めネジを外さないといけません。
2012blog-2135.jpgまぁ、構造は素直なので、見えるネジを緩めるだけで
比較的簡単に分解が可能ですが、転写部のフィルムフレキの取り扱いは気をつけましょう。

駆動ギアは欠けていません。では、軸を抜いてみましょう。
2012blog-2136.jpgあ、これだな。

ギアと軸は、直接繋がっていなくて
ダンパーとしての役割を持たせるためのスプリングで繋げられていますが、
これが折損していました。
2012blog-2137.jpgスプリングを起こして、ギアに挿しこむだけでの結合なので、

ペンチでチョチョイと曲げて、これでいけるでしょう。
2012blog-2138.jpgあとは、徹底的に切りくずを掻き出します。

結構な量でした…
2012blog-2140.jpgサッサと組み上げて、テープ及びフィルム送りが
スムーズに行われたことを確認して、これでようやく完動です!!
転写ドットが細かいので、6mmのテープでも文字がくっきり!!

これからもたくさん頑張ってもらいましょう。
 
  1. 2012/10/21(日) 16:31:18|
  2. 家電製品

エンジョイエコカードで大阪移動

2012blog-2113.jpg今日は法事で、大阪市の平野というところにやってきました。
イナカモンだった私にとって、なんでも揃っていて賑やかな市内は
とても新鮮で、そして羨望の的でありました。

大阪市内に勤務するようになり、毎日のように立ち寄るようになって
そういう感覚も薄くなりましたが…
2012blog-2114.jpgそう、この国道沿いの吉野家。
子供の頃は、親戚の家を訪問した時は、決まって牛丼弁当を買ってきてもらっていました。
いやー、今思い出しても、忘れられない喜びでした。
その頃は泉南地区まで吉野家ができるなんて思っても居ませんでしたし。
2012blog-2115.jpgさて、法事も済んで、市内をぶらつこうと思った際、今日は休日なので
市営交通の乗り放題券が600円になる日だったことを思い出しました。
親戚宅は、JRの平野駅に近いので大概は関西線で向かうのですが、
近くの国道を市バスが走っているので、これを利用して市内中心部へ
向かってみようと思います。
平野駅筋のバス停…どこだ?
あ、あの人がならんでるあたり、それ臭いな
2012blog-2116.jpgほどなくしてバス到着。阿倍野⇔出戸を走る1系統です。
減便されたとしても、休日日中だと時間辺り最大5本確保されているので
時刻表を気にしなくても利用できる感じです。
2012blog-2117.jpgバス車内で「エンジョイエコカード」を購入。
マスコットキャラクターが新しくなっています。
この「にゃんばろう」という謎な名前の猫???、
よく見ると鼻と口が大阪市の市章である「澪標(みおつくし)」であるところが
ポイントであります。
2012blog-2118.jpg先日に引き続き、阿倍野に降り立つ。

歩道橋、というかペデストリアンデッキは鋭意建造中の模様。
完工すると、阿倍野の風景も結構変化しそうです。
2012blog-2119.jpg御堂筋線→堺筋線と乗り継いで…
2012blog-2120.jpgいつもの日本橋に。

とはいっても、近頃は難波からの巡回になるので、
ここ恵美須町近辺まではなかなか来なくなってしまったので
こういった機会に立ち寄れるようにしておかないといけません。
2012blog-2127.jpg今回の戦利品。
久しぶりに寄ることができたテクノランドで…
酷い状態のキヤノンのデジタルカメラを3つ!!
使わないくせにまたしても増やしてしまいました。
2012blog-2121.jpg日本橋もそこそこに、今度は谷町四丁目に。
奥さんの友人が、フラダンスの発表会に出るとのことで、
観に行くことになりました。

早番から退勤し、光の早さでやってきた奥さんとここで合流。

しかしこれ、前から思ってたけどすんごい建物だなオイ
2012blog-2122.jpg側にはこんな建物も。
歴史博物館だからこんなもんもあるのね

そして空が広い!大阪にもこんな良い所があるんだなぁ
2012blog-2123.jpgジュースを買おうにも、近くにコンビニがないので
大阪城の公園内の自販機に移動…

って、これ、ニュースでよく見る大阪府警察本部じゃないですか!!
実物は初めて見ました!!この建物もすげー!!(イナカモン丸出しですね)
2012blog-2125.jpg大阪城公園では、散策やジョギングを楽しむ人達。
広い空、大阪城、ビジネスパークのビル群。

大阪が紹介される際は、こんなものや、あんな場所(想像にお任せします)が
大概、雛形のようにコテコテ紹介されますが、当方としてはこの辺りこそ
大阪のイメージの一つとして取り上げてもらいたいような気もします。
2012blog-2126.jpgいやー、それにしても見るものに与えるインパクトの強い建物だ。
それでは、チケット持って入場しましょう。

ちなみに、この発表会は撮影禁止だそうで、

え?カメラは回収預かり??

というわけで、この記事の撮影に使用したカメラ含め、
ジャンクカメラとまとめて4台預けることになった変質者となってしまいました。
いやー、なんてこったい。
 
  1. 2012/10/20(土) 23:08:01|
  2. 国内街歩き・地元記事

看板付きの特急サザンを追え

2012blog-2068.jpg先日、車両交換という手痛い洗礼を食らってしまい、意気消沈でありましたが、
27日までもうあと1週間。看板付きサザンをおさえなくては気が済まない。
そして今日、夜勤明け。
対向の特急サザンを観察していたら、自分の乗っている特急サザンの一本あとが
電車まつり看板付きの車両でした。
2012blog-2107.jpgこれは抑えるしか無いなと毎度の箱の浦へ。1本あとなので30分でこの辺りまで
南下してきます。 
いつものように、直前の区間急行で構図とピント合わせ。
7151Fが先頭ですが、前面がカサカサになっていて痛々しいです…

光線状態も良くなく、これは出直しになりそう。
2012blog-2108.jpgさぁ、こないだのように車両交換が無ければ、看板付きが
来るはずなんだが…

キターーー!!!

が、構図がアレになっていましました。あぁ…尻切れ
2012blog-2109.jpgちょっと写真の撮り方の上で、構図というものをもう一度しっかりと
見なおす必要があるみたいで…
ところがこれ、ファインダーで縁を決めてしまっても、余白のように
ファインダー外のものが写ってしまう。これが視野率というものなのか。

ちなみに、EOS20Dで95%だったと記憶しています。
2012blog-2110.jpg先程の撮影分がなんば10:45発、これは13:15発になります。

さぁ来い!!!!!!!
よっしゃ撮った―!!!

…んだが、やっぱりちょっと尻切れになってます。
2012blog-2111.jpg昨年運転されていたみさき公園×NMB48関連の
看板付き列車ですが…
どうやらもうちょっと上(階段になってる)からじゃないと
綺麗に収まらないようです。

こうして見ると、特急サザンに掛ける看板のフォーマットは一緒なんですね。
2012blog-163.jpg昨年から変わったことといえば…そうか、
この保線用資材搬入スロープができてから
上画像の構図での撮り方が不可能になっていただけなのか…
というわけで、ここでも8連はちょっと撮りにくくなってしまいました
もうちょっと引いた構図のほうが良さそうですね。
2012blog-2112.jpgところで、件の電車まつりですが、臨時列車として
特急サザンの車両を用いた、工場内までの臨時列車が運転されます。
一般募集は瞬殺だったそうですが、若干数の追加があったので
心揺らぐものがあったのですが、どうせなら!!と購入してしまいました。
奥さんは用事なので残念ながら一人なのですが、この日は久々に
鉄ヲタ強行を行なってみようと思います。
 
  1. 2012/10/19(金) 23:46:22|
  2. 鉄ヲタ

JB32 5回目の車検

2012blog-2106.jpgもうこの時期になるのか…1年車検は単純に2年車検の倍の速さで
やってくるわけで、いやー、時間が過ぎるのって年ごとに加速しているような。
2012blog-2105.jpgというわけで、車検に向けた整備です、とはいっても
この1年で3000Kmも走っていないので、
不具合のある箇所を整えたり、調整したり、下回りを洗ったり…

そうそう、今回から、自前の高圧洗浄機で洗えるようになりました!!
2012blog-2095.jpgメーター内のハイビームインジケータが点かないので、
分解して整備します。

ついでに…たまに1~2個が点かなくなるメーター照明を整備します。
2012blog-2096.jpg基板に繋がっている線がハンダから外れていました…
補強と追い半田をして、これでOK…かな
LED(SMD)の素子自体は至って健康。
2012blog-2098.jpg午後からの検査を予約しているので、昼前には出動。小一時間で到着しました。

書類をチマチマ記入していきます。
ここの検査場には書類記入に適した会議テーブルが数カ所用意されているのですが、
書類の順番待ち??でもなさそうな駄弁ラーで埋め尽くされていて
使用不能になっていたので中腰で記入…
2012blog-2097.jpg天気が悪いので混雑が懸念されましたが…
まぁ、これくらいの台数だと普通でしょうか

繁忙期は画像の領域が車でビッシリ埋まっていたこともありました。
近頃は軽自動車へのシフトが進んで近所の軽自動車検査協会の方が
とんでもないことになっていますが…
2012blog-2099.jpg何にしても、光軸がなぁ…昨年の車検からまったく調整せずに
挑むわけですが…
HIDが安定して点灯するように、あらかじめ順番待ちの時点で
ライトを点けておきました。
これで光量、光軸ともに大丈夫でしょう…あとは祈るだけ
2012blog-2100.jpg結果は…

一発通過でした!!
やったね♪
2012blog-2101.jpgさぁ、あとは用事を済ませながら南下するわけですが、
それにしても天気が悪い、悪すぎる。
そこらそこらで車から降りているときに、土砂降りを食らうと
たまったもんじゃありません。

(車載カメラで撮影しています)
2012blog-2102.jpg地元のガソリンスタンドで給油していると、信じられないくらいの大雨!!

これは凄い、1時間降り続ければ間違い無く100mmを超えてしまいます。
2012blog-2103.jpgうー、あまりに雨がひどくて車から降りれないじゃないか…
雷もビカビカ光っています。

やっぱり、リモコンシャッター付きの、母屋と直結の
ガレージが欲しい…宝くじ当たらないかな
2012blog-2104.jpgこれは昼間の撮影ではありません…
雷に合わせて撮ってみました

…この後、20分間はこのまま出られない状況が続きました。
10月だってのになんて天気だ
 
  1. 2012/10/18(木) 00:57:56|
  2. ジムニー

H◯TEL やんちゃな子猫との遭遇

2012blog-2089.jpg今宵は、天王寺・阿倍野にやって来ました。

いやー、仕事の用事でもあまり来ることが無いので、とっても久しぶりなのですが、
この様変わりっぷりには驚いてしまいます。
仰げばあべのハルカス。この辺りはこれからどうなるのでしょうか。
2012blog-2088.jpg変わってしまった風景の中を、上町線は相変わらず走り続けています。

これもいずれは移設されたりするのでしょうか
2012blog-2092.jpg今宵の用事は、職場の飲み会です。
阿倍野筋沿いにお店があるそうなのですが、
JR天王寺駅からのあの歩道橋が現在使用不能になっているに等しいので、
近鉄の駅の東側から歩いていきます。
ここらで曲がろうかとジモティーが言うので曲がって、阿倍野筋に向かう。

すると…


おい、これって!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2012blog-2087.jpgやんちゃな子猫、
通称「やん猫」じゃないか!!!!!!!!!!!!!!!
2012blog-2090.jpgいやー、上画像の広告が鉄道趣味者の間で一つのネタだったので
その存在は知っていたのですが、現物は初めて見た!!
一人で興奮して、写真を撮りまくります。
みんなは呆れています。
2012blog-2091.jpgいやー、young inn

この表現がnice shot nice inだよ~
2012blog-2093.jpg先程の阪堺電車の画像が2002年のもの。
その際にもリニューアルオープンと書かれているのですが、
10年経ったこの画像でもリフレッシュオープンをしているようだ。

そして、阪堺電車の広告看板はいつ見掛けても
リフレッシュ OPEN!と書かれていた。

そう、常に新陳代謝を行いながら、やんちゃな子猫は
この阿倍野の地に今日もそびえているのです。
2012blog-2094.jpgんで、今日行った店はこりゃまたアレな名前で…

先日の酒友龍馬といい、インパクトでのアピールが凄いです。

そして、2800円飲み食べ放題というのも強烈でした。
そう。またしてもお腹に大量の食材とコーラを流し込んでしまいました。
体重80Kgも、視野に見えてきました。いやー…
うむ、今宵もおなかいっぱい、おやすみなさい。
 
  1. 2012/10/17(水) 01:56:18|
  2. 国内街歩き・地元記事

PowerShot A620がやってきた

2012blog-2024.jpgPowerShot G5に8GBのCFを奢ってあげました。
何にしても、今迄使ってきたコンデジの中ではこれがズバ抜けていいんです。
理屈じゃないんです。いやー、こりゃ故障予備も用意しておく必要がありますが、
G5は意外と中古が高い!!
代役はG2辺りに任せておきましょうか。
2012blog-2025.jpg3037枚も撮れてしまいます。
昔、128MB迄の所謂スマメしか使えなかったFinePixで頑張っていた頃からすると
ありえない枚数です。

しかし、あの頃しか撮れないものもあってでして…ねぇ
2012blog-2026.jpgさて、今回の更新は…
2012blog-2027.jpg乾電池が使えるPowerShot Aシリーズの中でも、
なんと1/1.8㌅サイズのCCDを採用している異色のモデル、
PowerShot A620の登場です。

(もっとも、A650 ISのように1/1.7㌅を積んだ機種もあるのですが…)
2012blog-2028.jpg軍艦部。
前機種であるA95と比較して、角が丸くなったのと
ダイヤル上の撮影モードの数が減らされているのが目立つ。
2012blog-2029.jpgそれでは、A95と並べて。
A95/A80もCCDが1/1.8サイズなのですが、
A620からのCCDはリコール対策品ではないようで
また異なったものが採用されているのでしょうか。
2012blog-2030.jpgこの機種から採用されたSDカード。
キヤノンといえばCFだっただけに、結構エポックメイキングだったのでは
ないでしょうか。
もっとも今となれば、大容量メディアでも廉価にて入手できるので、
それほど規格を気にすることもなくなってしまいました。
※低速メディアでも不満なく使える旧機種に限る
2012blog-2031.jpg底。
乾電池が使えるのはありがたいのですが、いちいち向きを気にしながら
一本一本挿しこんでいくのはちょっと面倒。
この辺りは専用充電池に軍配。
2本だったらまだそれほどでもないんですけど…
2012blog-2032.jpg背面。
液晶モニタは心持ち大きくなっています。
十字キーの真ん中にエンターキー(FUNC.キー)が
移ってきて、それを囲むように各種キーが配置されている、
いわば携帯電話のようなレイアウト、これは直感で触れて便利そうです。
2012blog-2033.jpg撮ってみる。

なんだこれ、液晶が眠いぞ??
この個体だけの症状なのか、なんなのか。
2012blog-2036.jpgこれが上画像のもの。ファーストショットです。

なかなかナイスインじゃないですか~
2012blog-2034.jpgさて、これがA620の液晶。
このドットが千鳥配置になった液晶、あんまりいい印象が無いんですよね…
一時、他社のコンデジによく採用されていたもので、ドット間の黒線が目立って
とても見れたものではない酷いものがあったので…

幸い、これの黒線は細いので、あまり気になりませんね。
2012blog-2035.jpgA95。これはそれほど液晶が眠いという印象は
ありませんでした…が

これも千鳥配置ですね。
2012blog-2038.jpgなら、我が屋敷最新のG9はどうだ!!

これ千鳥配置ですよね…
あまり配置は関係なく、パネル自体の性能や個体差に依るものとしておきます。
2012blog-2037.jpgいろいろ撮ってみます。
マクロは相当寄れるようになりました。
A95の5cmから1cmに大幅向上されています。

その他、起動速度が速くなっていたり、広角が広く、望遠が伸びて
4倍ズームになっていたりと…こりゃいいな
2012blog-2039.jpg中庭のもみじ。
そのうち紅葉が楽しめるようになるでしょう。

イイ写りしますね!
2012blog-2040.jpg同じく中庭のホテイアオイ。
あとは室内夜でG9より良い絵を出したりしたら…

俺は何のためにG9を買ったのだろうか
 
  1. 2012/10/16(火) 00:36:16|
  2. カメラ

パッソルのチョークワイヤー 給油・養生

2012blog-2077.jpgいやー、最近朝晩は涼しいというか、肌寒くなってきましたね。
そう、今頃が一番過ごしやすい季節だと思うのですが、
この気温の低さと昨夜の降雨で、近頃は奥さんの専用車として強奪されてしまった
パッソルがぐずってしまったようで、奥さんは怒り心頭です。
なんでも、みさき公園駅から我が屋敷までずっと押してきたそうで…
2012blog-2078.jpgまぁ、ちっとはいい運動になっただろ…ということで。

今日は動きが渋くなって使用不能になっていたチョークの修理を
行います。

ワイヤーの経年劣化がひどく、裂けた被覆から雨水が侵入し、
中で錆び付いてしまったようだ。
2012blog-2079.jpgというわけで、オンボロマシーンプライベーターの必須ツール、

ワイヤーインジェクターの登場です!!
2012blog-2080.jpgですが、元々ブレーキワイヤなど、ぶっとい径のものもできるように
作られているので、チャリンコワイヤーのような径だと漏れてしまいます。
当方は、こんなチューブを嵌め込んで補正しています。
2012blog-2081.jpgそれでは、いってみましょう。
ブチュチュチュチュ~

最初は、潤滑剤から、段階を追ってスプレーグリスにチェンジ。
2012blog-2082.jpg裂け目からサビまみれのグリースが漏れてきます。

こりゃそのうち状態の良い物を探さないとイカンな
2012blog-2083.jpg何度も何度もシコシコして、馴染ませていった結果
引きはもちろん、押しにも絶えるくらいのヌルヌルワイヤーになりました。

これで組み上げて、走行試験を経て、これからの季節に備えます。
 
  1. 2012/10/15(月) 01:12:28|
  2. オートバイ-S50パッソル

普通二輪免許を取ろう…スラローム

2012blog-2086.jpg今日はスラロームからです。
実は昨日の最後に、ちょっとだけやった…のですが、
これがもうグダグダ。
今迄殆ど乗ったことがない中型二輪、その中でもやたら
でかくて重いCB400SFはなかなか堪えます…

帰ってから、YouTubeでスラロームの動画を散々見て、見て、見て…
上手い人の動きを叩きこむ(つもり)
なるほど、クラッチは切らず、アクセルワークと車体をうまく寝かせることで
皆様クリアしていきます。

さて、本日。マシンはまたしても初期型のNC31でした。
スラロームは…おお、意外といける、ネチネチと車体を寝かせてグイグイいける!!
というわけで、今日は坂道発進→コース一周まで進みました。
 
  1. 2012/10/14(日) 23:49:37|
  2. オートバイ

普通二輪免許を取ろう…一本橋

2012blog-2084.jpg夜勤明けですが、空いた時間はミッチリ走りこみます。
2012blog-2063.jpg本日あてがわれたのは、先日のものよりは新しいNC39(画像手前)でした。

ヤッター♪と思ったら、この個体もかなりの過走行で、バックトルクの掛かり始めが強烈で
ガッコンガッコン言いながら…ずっと周回していました。
これは放置プレイなのか…と思ったところ、
時間終わりくらいで教官さんが呼んでくれて、一本橋にトライとなりました。
いやー、やっぱり最初は全然駄目で落ちまくり、こりゃイカンとなるのですが、
2012blog-2085.jpg2時限目は、「平均台はこっちのほうがいいかも」と
マシンを最新のNC42にしてもらいました。
距離も2万Kmくらいで、調子も良さそうです。
ここで、教官さんから
●視線はずっっと遠くを見ながら
●ニーグリップをしっかり
これだけで、ものすごくやりやすくなりました。いやー、慣れてくると
時間をどんどん伸ばせて楽しいです。

さぁ、明日も乗るぞコノヤローーーーーー
 
  1. 2012/10/13(土) 20:27:19|
  2. オートバイ

サザンプレミアムの捕まえ方(避け方??)

2012blog-2070.jpg今日は、仕事が終わったら心斎橋に直行、
古巣のメンバーで汚職事会となりました。

もう古巣を出てからもうすぐで4年が経とうとしますが、
相変わらず集まれることはたいしたもんです。
2012blog-2071.jpg今宵のお店は心斎橋大丸のすぐそばにある
こんな店だぜよ!
お値段リーズナブルでたらふく飲み食いできて
大満足ぜよ!!

日本の夜明けは!…というか、おい、
まず大阪が夜明けどころか…
2012blog-2072.jpgさて、もう終電ギリギリというところまで言葉をぶつけ合った結果、
またしてもサザン67号のお世話になることに。
コーラをたらふく飲んでしまったので、トイレがある指定席…っと
南海鉄道倶楽部にログイン。
ん?座席の見取り図がなんか変だな。車端部に大きなスペースが。
2012blog-2073.jpg他の列車を検索すると、いつものように車端まで座席が
埋まっていますね。

ってことは、これって
2012blog-2074.jpgサザンプレミアムでした

車端のスペースは、トイレなどのスペースだったようです
2012blog-2075.jpg多分そうだろうな、と思って、一番前の席をリザーブしておいて良かったです。
眠気を凌ぐために、前面展望を楽しみます。


で、前に広がるその景色は…意外と暗いのです。
運転士さんはこの明るさで乗務することを思うと、
なんだか頼りない気もしますが、
鉄道車両のヘッドライトは、法的には標識灯としての意味合いが強く、
(極端な話だと懐中電灯で前方照射するだけでもOK)
照度における必要性はそれほど無いのでしょうか。
そんなことは無さそうな気もしますし、うーむ
2012blog-2076.jpgそんなこんなで、只今記事を上げ終わりました。

眠い…風呂入って寝ます。おやすみなさい
 
  1. 2012/10/12(金) 01:10:57|
  2. 鉄ヲタ

車両交換?差し替え??

2012blog-2065.jpg教習所が線路際なので、ぼんやりコースを見ていると
電車が走ってくるのも見れるのですが、

その中で!!看板付きの特急サザンが走ってるじゃないですか!!
2012blog-2066.jpg今度開催される「南海電車まつり」のPR看板でして、
当日までは運行されるのであと2週間はチャンスがあるのですが、
運用が掴めそうなので追って見ることに。

というわけで、箱の浦のいつものポイントに。
まずは構図確認。
2012blog-2067.jpg構図を見直して…次に区間急行。

この間、のんびり待つつもりでしたが、蚊が凄い!!
ここで待つには虫除け対策が必須です。

やってきたのは、もはや絶滅危惧な7000系での6連組成。
2012blog-2068.jpgさぁ、本番だ!!

看板付いてないじゃないすか!
やだーーーーーーーーーーーーーーーーーー

車両交換があったようです。運用の浅読みは禁物ということで…
 
  1. 2012/10/11(木) 00:17:40|
  2. 鉄ヲタ

普通二輪免許を取ろう…今日は初乗り

2012blog-2059.jpg思い立ったが吉日、乗るべし!乗るべし!

というわけで、いきり立って駅に向かいます。
一時間、間違えていました。

まぁ、遅いほうじゃなくて早い方に一時間だったので、よしとします。
とりあえず、見学を兼ねて早めに行きましょう。
2012blog-2060.jpg樽井駅で降車するなんて、今迄無かったといっても過言ではありません。
小学生の頃に、校門の前で配られていた割引券を手に
ここ樽井にあった小さな映画館に、ドラ◯もんなどの映画を
観に来た以来でしょうか。

いや、それ以降にも降りたことはあったと思うのですが、
いかんせん記憶が…
2012blog-2061.jpgうわぁ!!

駅ナンバリング導入とともに消滅していたと思っていた
毛筆体の駅名板!!!
他の残存駅では上からCIデザインのものが貼られたのですが、
ここ樽井ではなんとどっこい現役です。
もうこれは意地で残しているようにしか思えませんが、
当方は、末永い活躍を期待しています。
2012blog-2062.jpg駅改札口からは、スンナリと行けるこの利便性!
最高ですね。

この路地には、古き良き時代に建造されたモダンな建物が
数棟残存していて、良い雰囲気を今に伝えています。
2012blog-2063.jpgさて、コースをのんびり観るために…
昨日の食堂へと向かう。
毎度のおばちゃんにたこ焼きをいただいて、

またしゃべる。
子どもとおばちゃんにはよくモテる、この能力??をどうにか若い女性にも
向かせたいのですが…
2012blog-2064.jpgここからは画像なんて撮っている隙がないので文字にて…

あてがわれたのはやはりというか、初期型のNC31です。
もう20年経つ車体は満身創痍、セルモーターは噛まない、
ニュートラルは入りにくい、掛かりは悪いとまぁ凄い状態ですが、
なんとか頑張って、行程をこなしていきます。
引き起こし、センスタ立て、エンジン始動、ギアチェンジ、安全確認、実走行と
今日の2時間だけでここまでやってしまうことに。
教官さんは普通に親切だったので、そこで困ることはありませんでした。

日頃からJazzに乗っているので、マニュアルミッション車の乗り方はわかるのですが、
ここに安全確認と、クソ重く、スロットル操作も(Jazzに比べれば)シビアなCB400SFが
加わると、もうヘトヘトです…

いやー、あまりに消耗しておにぎりを忘れるところでしたが、おばちゃんが呼び止めてくれたので
2012blog-2069.jpg…たこ焼き共々、おうちで頂くことにしました。

このたこ焼き、ちょっと味が濃いですが、それがまた疲れた体に
たまらない喜びです。
 
  1. 2012/10/10(水) 17:07:32|
  2. オートバイ

普通二輪免許を取ろう…入所式

2012blog-2041.jpgさて、月初めの忙しい時期も何とかこなせたので
教習所に行きましょう!!

ちなみに当方、四輪免許はドライビングスクールはんなん(現尾崎)で
取得したので、ここは初めてなのですが、
こちらの建物は近頃建造された様子。とてもキレイです。
どうせなら新しいに越したことはないか
2012blog-2042.jpgカリキュラムが載せられた帳簿。
結構乗らなきゃならんのね…

これでも学科免除なので行程は少ない方ですが、
暫くはここに通うことになります。

四輪の時はひとつも落とすことなくストレートで取得できて、
オークワの商品券を貰った覚えがあるのですが、
今回はうまくいくでしょうか…ひとつ落とすと3000円位掛かるそうでして…
2012blog-2043.jpgんあ!!??おにぎり???
なんじゃここは…

なんでも、食堂があって、おにぎりやたこ焼きが無料で
いただけるそうでして…なんなんだいったい。ちなみに美味しいらしい。
2012blog-2048.jpgその後、クレペリン検査のようなものと心理テストを混ぜたような事前試験があって、
終了後に、二輪課というところで説明があるそう。

画像はシミュ…え、、その…シュミレーター室です
中にはゲーセンのバイクゲームのようなものが置いてありました。
2012blog-2044.jpg目の前を教習車や教習バイクがのんびり走っていきます。
オートバイも颯爽と走っていますが、これ、乗りこなせるかなぁ…

画像のように、いつも使っている南海本線が真横を走っています。
電車に目を奪われてクラッシュしないように気をつけないといけません。
2012blog-2045.jpgCB400SFことスーパーフォアがゾロゾロ。
ど初期のNC31(なぜか一般仕様教習仕様でした)から、近頃の教習仕様まで勢揃いです。
-Kが付く教習仕様はそれ用にエンジン出力特性が触られているようですが、

結構でっかいぞ、おい…俺は乗れるのか、これ

大型は今や絶版車になってしまったCB750、そしてAT免許が新設されたので
スカイウェイブやアドレスV125も走り回っています。

そして二輪課。ここは先程の綺麗な建物と違って昭和の匂いがプンプンします。
教官さんは…なんだかごっつくて怖そうなおっちゃんばっかりだぞオイ…
俺は無事に修了することができるのだろうか…
2012blog-2046.jpgさて、小腹がすいてきたので、先程のおにぎりを
ごちそうになるとしましょう♪

食堂?に行くと、おばちゃんがたこ焼きを焼いていました。
改めてもう一度、なんなんだここは…

このおばちゃんがお喋り大好きで、また出身が私と同じ岬町なので
色々と世間話をしていました。
よもやま話も積もり積もって、10分はしゃべっていたら、
私の職業を当てられてしまいました。話す感じでわかる???とのこと。
別に、職業や仕事のことを会話中に漏らしたわけではないのに??
これが女の勘なのか、それとも私の顔に書いているのか…
2012blog-2047.jpgそんなこんなで、おにぎり登場。
うん、確かにおいしい。
これは明日もいただきたいな!!
そうです。早速、ビッシリ欲張って予約を入れてきました。
あしたはCB400SFとのファーストコンタクトなるか?
 
  1. 2012/10/09(火) 20:35:47|
  2. オートバイ

Z50J1 中庭で小物塗装&パテ盛り

2012blog-2020.jpg今日は月曜日ですが、まだ休日ですので、屋外での作業は無しにして、

久方ぶりに中庭での塗装です!!
2012blog-2021.jpg所々にシャリィのパーツも混ざっています。
2012blog-2019.jpg先日パテ盛りしたフロントフェンダーは、

研磨して、 …うーん、まだ納得がイカン
2012blog-2022.jpg他のまだ凹みが消えないパーツに関しても、
もう一度パテ盛りです。
ガソリンタンクも久々に下地開始です。
また小さい凹みが見つかったので、パテ入れをします。
2012blog-2023.jpg今日はここまで。今まで苦労して作り上げてきたパーツが
色付いて形になっていく課程はたまらない喜びですね。

喜べるくらいならもっとペースアップしろや!!
いやいやまったく…
 
  1. 2012/10/08(月) 21:31:20|
  2. オートバイ-Z50J1

PowerShot S50 …もはや泥沼

2012blog-2012.jpg夜勤前の日本橋巡回で…あぁ…またやってしまいました。
これで、そこら界隈のお店で転がっていたスライドカバーのPowerShotは
全部持って帰ってきてしまったかも

今回の個体は、500万画素にパワーアップしたS50です。お値段599円。
モノのことを考えると、決して安い買い物ではありません
2012blog-2013.jpgさらに、店頭陳列の時点でゲリラ豪雨を喰らってしまったようで、
内部に水分の混入が見られます。
こりゃ買ってよかったのかといささか後悔するも、やめられない泥沼に
はまっちゃったみたいです。バブカセみたいに場所を取らないのも
嬉しい???要素です。
2012blog-2014.jpg筺体はPowerShot S30より殆ど進化していない様子。
そして、乱雑に扱われた個体のようで、
自慢のアルミ加飾がズタズタです。
2012blog-2015.jpgそして、当然のようにカバーも斜めってくれたりします。

これは…どう考えてもハズレ物件ですね
2012blog-2016.jpg唯一救われる点は、完動品であったこと。
レンズ前端の文字も剥げてわけのわからない記述になっています。
ANON ZOOってなんやねん
2012blog-2017.jpgこの機種で特に進化を感じさせるのはやはりUIでしょうか。
G2相当だったものが、G5準拠になっていて、そこそこ操作しやすくなっています。
当然、近頃のコンデジほど痒いところには手が届きませんが…
ボタンの操作レスポンスも改善されていて、テンポよく設定ができます。
2012blog-2018.jpgまだ、この頃までは中堅機種も日本で生産されていたようです。
下はA95、中国生産です。

実は本日、実家に持ち込んで親父にA95とS30で比較してもらったのですが、
S30(中身はS40)のほうが気に入ったようなので、こちらは持って帰って来ました。

A95は、明日やってくる機種との比較が…今日はここまで、また明日。
 
  1. 2012/10/07(日) 22:23:23|
  2. カメラ

Jazz ライザーハンドル ショートカット加工

2012blog-2007.jpgさて、昨日の記事でG9持ち出して撮りまくる
…とか言ってたらもう昼じゃないですか。

先日から気になっていた点を改善して、それをG9で撮ることで
解決?????させてしまいましょう。

昼間、屋外だといい色が出てですね。(カラーモード変更済みです)
2012blog-1870.jpg気になっていた点とはこれ。
ライザーハンドルに交換して、乗り味が変わったJazzですが、
この画像でもおわかりいただけるでしょうか、
ハンドル幅がやたら広いのです。
2012blog-2008.jpgスリムなJazzには不釣り合いだと思いますし、
ライポジもそれほど広さの恩恵は感じ取れません。
伸ばすことは困難ですが、詰めるなら、出勤前のちょっとした時間でも
簡単に行えます。
2012blog-2009.jpg今日は土曜日、お隣さんも在宅なようで、
こういう日は塗装と電動工具はお休みです。

カナノコでギコギコ切っていきます。
2012blog-2010.jpg左だけ完成。

うわぁ、結構切っちゃったな
2012blog-2011.jpgまぁ切っちゃったんだからしょーがね、左右対称に右側も
切ってしまおう。
スリムになって、スタイリングのバランスも良くなりましたね。

この記事を上げてから、ちょっとテスト走行してみます。
 
  1. 2012/10/06(土) 13:12:01|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

しつこくも、PowerShot G9

2012blog-2006.jpg先日の記事で、色の出方に萎えてしまい、未だに首を傾げてしまうので、
お手入れフキフキしながら撮ってみましょう。

近頃の更新で、手抜きの時は…たいがいこの
「机の周り」での即席記事であります、ハイ

それにしても、このG5で適当に撮った色が
一番我が屋敷のリビングを再現できているのです。
2012blog-2005.jpgPowerShot G9
フルオート、ノンフラッシュ

うーん…
2012blog-2002.jpgWB電球。カスタムカラーで緑を最小まで振っています

しかし、結構な緑被りであるような。
2012blog-2003.jpgWBカスタム。

さすがに補正が効いて、画像としては良い感じですが、
電球色蛍光灯の部屋で撮ったようには見えません。

よーしここまで来たら、あしたは屋外でトコトン撮ってみましょう!!
 
  1. 2012/10/05(金) 22:01:52|
  2. カメラ

Z50J1 少しの合間も無駄にせず…

2012blog-1998.jpgアクリル塗装ですが、ようやく仕上がったフレーム。
2012blog-1999.jpg遂に、最初のパーツを取り付けます。

キーボックス

…起工式のクワ入れみたいですね…配線ついてないし
2012blog-2000.jpg夜間ですし、屋外は勿論のこと、
屋内でもそれほど派手なことはできませんが…

…シャリィにつけるフェンダーはあとでお風呂研ぎしましょうか
2012blog-2001.jpg先日研いだフロントフェンダーなどに、パテを入れておきます。
こうしておくと、夜勤明けあたりには硬化して
研げるようになるでしょう。
フェンダーの色はどうしようかな…
今のところ、ブラックかシルバーの予定です。
 
  1. 2012/10/04(木) 21:52:41|
  2. オートバイ-Z50J1

Bトレインショーティー 南海1000系

2012blog-1985.jpgうー、9月は毎日更新を目標として、こうしてやってきましたが、
そろそろタマ切れです。
10月はのんびりマイペースでの更新を目指しましょう。

おまえ、バイクのレストアとか、免許はどないなっとんねん!!と言われそうですが、
10月前半は暫く忙しいので、ちょっとお預けです。
2012blog-1986.jpg※検索で来られた方、スミマセン、素組みしただけです。

今日は、コレを組み立てて、記事にします。

機材はPowershot G2にクローズアップレンズ250Dを装着して
撮ってみました。
2012blog-1987.jpgとりあえず、全てのパーツをランナーから取ってしまいましょう。

こないだの31000系で、大体の組み立て方を覚えたので
どんどん進めていきます。
2012blog-1988.jpgまずは台車とシャシを組んでおいて…
2012blog-1989.jpg1000系の出来はなかなかのものです!
パキパキ組んでいけます。
側板のしなりもありません。
2012blog-1990.jpgやっぱり、パンタグラフは欲しいので、
難波方の2両にします。

屋根板から垂れ下がっている黒い部分は、前幕になるのか…
2012blog-1991.jpgなるほど、こうして組み上げると、
前幕が窓内に入るようになっているのです。

これは嬉しい造りですね。
2012blog-1992.jpg説明。
この時点で(1051)と記されている辺り、
1051Fへの魔改造大歓迎のようです。
2012blog-1993.jpg中間車が竣工しました。
2両尻切れ、なんだか寂しいですが
いずれ箱で飾る際は、気にならないように処理します。

多分…
2012blog-1994.jpgデカール。
側に貼るNAN<AIロゴですが、側板には既に印字されているのです。

要は、そう。シルバーに塗りあげた際に活用してくれってことです。
1051Fを作成された方のものを見てみたいですね(他力本願寺)
2012blog-970.jpg種別は…

そりゃこれしかないだろーーーー!!!!!!
2012blog-1997.jpg特 急]  [なんば

  
見   参
2012blog-1996.jpgあとはチマチマとデカールを貼り付けて完成!!

調子こいて在庫分も組んでしまおう(多分)
 
  1. 2012/10/03(水) 23:47:59|
  2. 鉄ヲタ

KEIHAN3000 Classic type

2012blog-1984.jpg今日は、甥っ子と姪っ子の運動会とのことで、
休みが合ったので、観に行くことにしました…昼過ぎに

肝心の低学年の演目は、午前中に集中してやってしまったとのことで
折角持ってきた機材は、玉入れにしか活用できませんでし
2012blog-1971.jpg…た…
うーん、なんだかこっちが気になってしょうがない。

そう、京阪電車といえば、来春に引退が決定した(先代)3000系が
近頃、前面の意匠を往年の雰囲気に近づけた「クラシックタイプ」に改造されて
引退のその日まで走り続けるというのです。
2012blog-1972.jpgと、いうわけで、有名撮影地の一つである土居駅に。
障害物が少なく、優等が被られにくい(私見)なのが良いのでしょうか、
よく鉄ヲタを見かける場所です。それでは当該の場所に立つ。
今日は平日だし、誰も居ません。
とりあえず、構図をだな…
2012blog-1973.jpgあーでもない、こーでもないとやっているうちにターゲットがやって来ました。
うーん、もう一つですが、とりあえず撮れました。

この3000系ですが、昭和の中後期を華麗に駆け抜け、京阪特急というブランド確立に
大いに貢献した功労者として、特設サイトが作成され、引退までの残された時間の運用が
公表されたり、DVDやグッズが制作されたりと京阪の意気込みや思い入れに
ものすごい気合を感じます。
2012blog-1974.jpg元々、京阪はメディア戦略が上手いというかなんというか、
そういうイメージが強いのですが、この3000系の引退までのイベントも
いやー、唸らされるものがありますね。

普通電車で数百m、滝井駅に来ました。
入場券でそのまま出るより、電車に乗ったほうが安いのです、ハイ
2012blog-1976.jpg看板がついた車両が来たので撮ってみます
ひらかたパークの開園100周年のものですね。
看板(副標?)が多種多様、掲出車両が多いのも、京阪ならではでしょうか。
2012blog-1977.jpg淀屋橋まで行った3000系特急が折り返してくるまで、のんびり撮ったり
構図を確認したり。
お、ネタなのが来ました。
折角持ってきた機材が火を噴くぜ!!
2012blog-1978.jpg過渡期の醍醐味、混色組成です。
この2600系も、旧色で残っているものも編成としては消滅していて、
混色でしか見ることができないようになったとのこと。

南海とはまた違った緑濃淡、幌吊り、左右非対称な前面窓。
でっかいライトケースと骸骨テール。このブッサイクさが当方は大好きでした。
手前の2605号車は、初期に製造された車体で、比較的改造されていない前面、金属製の車両銘板と
趣味者にとっちゃ嬉しい要素がたっぷり。
2012blog-1979.jpgさぁ、3000系特急が接近、気合で撮ります。
実はこの背後から、対向の特急が迫っていまして、本当に被られるまでギリギリでした…わ

この画像はRAWから修正して現像してみました。
2012blog-1980.jpg…そして、奥さんの実家でのんびり、というか甥姪のおもちゃになっていたのですが、
出町柳まで行った特急がまた折り返してくる…と思うとウズウズしてきました。
後悔したくないので、もう一回いってみよう。

またしても露払いの急行で構図の確認です。ピント合わせも掴めてきました。
よーし、来い!!
2012blog-1982.jpgキタ━(゚∀゚)━!

けど、尻切れになっちゃった
そう、相変わらずですが、本番にはめっぽう弱いのです。
2012blog-1981.jpgならば、トリミングしかないな!!
鉄道写真に凝り始めてからもう10年は経っていますが、
相変わらず、トリミング頼りのヘタレ鉄ヲタなんです。

いやー、でも3000系、カッコイイ~なぁ
↑昔はそれほどカッコイイとは思っていなかった癖に
2012blog-1983.jpg撤収前にもう一枚。

ああ、やっぱこういう軽い気持ちで撮ったほうが
それなりに安定して撮れるようになってんだな、全く

以上、EOS20D+EF80-200 1:2.8Lで撮影 半数はRAWをDPPにて現像しました。
 
  1. 2012/10/02(火) 23:26:06|
  2. 鉄ヲタ
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する