FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

SH-01D Android4.0メジャーアップデート 2台目

2012blog-1880.jpg当方の個体ではそれなりに安定してきた
Android4.0。これなら奥さんの個体もアップデートしても
大丈夫でしょう。

奥さんのは、当方のものと比較してどうも調子が良くない。
フリーズの回数や、文字入力でのもたつき、
ブラウザの反応の悪さなど、結構溜まっているようです。

もし、今回のアップデートで改善が見られない場合は、
ショップにて修理、もしくは交換を検討してみます。
2012blog-1897.jpg前回、私の個体ではWi-Fiにてアップデートを行ったので、
今回は、インターネットでアップデートファイルをダウンロードして、
SDカードを経由させる形で行なってみましょう。
2012blog-1896.jpgやり方ですが、docomoシャープのサイトに
詳細に書かれていますので、それに沿えば
だれでも簡単に行えると思います。

要は、この記事にそれほどの意味は無いということです。
2012blog-1892.jpgアップデータのファイルサイズも、Wi-Fi経由とほぼ変わりません。
2012blog-1895.jpg落ちてきたexeファイルを

任意の場所に展開します。
2012blog-1893.jpg当方はデスクトップに置きました。
このフォルダ内にある数十個のファイルを、SDカードにコピペするだけ。
フォルダ丸ごとではできませんので注意…というか、これもdocomoのサイトで
指南されています
2012blog-1881.jpgビルド番号が01.00.07でない場合は
先にソフトウェア更新でアップデートしてからに
なるそうです…

01.00.07の場合は、「メジャーアップデート」を押して
2012blog-1883.jpg「アップデートの確認」を押して、
2012blog-1884.jpg新しいバージョンがリリースされています

…と出た場合、
2012blog-1885.jpg「アップデート実行」を押して、

ロックNo.を押して…
2012blog-1886.jpgもう、あとは指示されるままに
2012blog-1887.jpg進めていくと
2012blog-1888.jpgWi-Fi経由同様の進め方で、アップデートが

実行されます。
2012blog-1874.jpgで、ここ。
この場面で左のサークルの回転が止まって
焦ってしまいますが、ここは気長に放置してください。

そのうち…
2012blog-1875.jpgこのような画面になって、

アップデートが続行します。
2012blog-1876.jpg暫くはこのまま、放置でOK
2012blog-1877.jpgあとすこし…
2012blog-1879.jpgキタ━(゚∀゚)━!
2012blog-1889.jpgと、いうわけで、

無事にSD経由でのアップデートが完了しました。
2012blog-1890.jpg最初にホームの選択を促されます。

後々、使用しない方のホームは無効化させてしまいましょう。
2012blog-1891.jpg暫くは、アップデートに伴う
アプリの更新が進みます。

暫く、当方が触っていなかったので、どうみても不要なアプリを休止させたり、
使ってみて便利と思ったアプリやウィジェットを
導入しておきました。

これで無事に動けばいいんですけどね…

当方の個体の不具合…たまに処理が追いつかないのか再起動
(3日に1回くらい)、SPモードメールの入力時に動きが鈍くなる
 
スポンサーサイト



  1. 2012/09/30(日) 00:43:22|
  2. 携帯電話

Bトレインショーティー 南海31000系/南海1000系

2012blog-1927.jpgそうだ、今日が発売日だった。

この南海袋も結構な数がたまってきました。
2012blog-1928.jpg先日購入した「鉄道コレクション」と双璧をなす鉄道玩具?模型?である
「Bトレインショーティー」
鉄道コレクションはトミーテックの商品ですが、こちらはバンダイの商品となり、
過去に存在した同社の鉄道模型「Bトレイン」をShortyにデフォルメした
ということから、このような名称が付けられているもよう。
鉄道コレクション同様(というかこちらが先か)、鉄道会社とのコラボモデルが存在します。
2012blog-1929.jpg今回の発売分は南海31000系と1000系。
31000系とはまたマニヤックな。

南海電車も今まででも結構な車種が製品化されていまして、
1000、2000、2300、7100(新色旧色)、8000、10000(サザン 新色旧色)、12000(サザンプレミアム)
11000(りんかん)、22000、31000(こうや)、50000(ラピート)と、
結構なラインナップです。当方も買っただけで組み立てていないのが大量に…
2012blog-1930.jpg今回は、組み立ててしまいましょう。

接着剤を使用しない、簡単組立が魅力です。
2012blog-1931.jpg屋根パーツは、2セット買えばちゃんと4両が組成できるように
各種揃えています。

昔はこれが無かったので、モデラーの皆様はパーツ取り用に
余分に買い込んで、中間車両を切り継ぎしていたのです。
2012blog-1933.jpgちゃんとバリ取りもやっておきます。
カッターナイフでゴリゴリ…

※カッターナイフの使用は十分に気を付けましょう。
2012blog-1934.jpg窓パーツ。

11000とモールドされているものもあります。
余りでしょうか
2012blog-1935.jpg左右を繋ぐパーツで
まずは窓枠を合体。

このパーツ、昔から変わってないんですね
2012blog-1937.jpgそこに側板を貼り付け。

ですが、側板と窓枠の穴間の長さがちょっと異なるようで
しなってしまいます。

モデラーならここで寸法合わせの加工をするのですが、当方は…(゚ε゚)キニシナイ!!
2012blog-1936.jpgせっかくパンタグラフが付いてきているので、

高野山方の2両を作成します。
2012blog-1938.jpgボディは出来上がり。

あとはシャシを組み上げて、合体させれば…
2012blog-1939.jpg出来上がり!

顔面のチリがもう一つですが…(゚ε゚)キニシナイ!!
2012blog-1940.jpgこうして連結すると、可愛さ倍増です。

4両化もしてみたいですが、これくらいの長さも可愛くて良いですね。
2012blog-1941.jpg車両番号やその他の‥これ、シールです。
プラモのように煩わしい貼り方をしないので良いのですが、

これ、切り出さないといけません。
2012blog-1942.jpgカッターと金属定規でチマチマ切り出して…
2012blog-1943.jpgチマチマ貼り付けると!!

イイですねぇ~
Nゲージサイズで、1200円の鉄道玩具ですが
このリアリティ!十分ですね
2012blog-1944.jpg車両番号や南海CIもチマチマ貼り付けます。
2012blog-1945.jpgというわけで出来上がり!

前面の造形ですが、なんだか実車よりスラっとしていて格好良いですね
31000系ってこんなだったっけ

次回は30000系を期待したいところです。
2012blog-1946.jpg続いて1000系も…と思ったのですが、
さすがに集中力が尽きてきたっぽいので、見るだけにします ハイ

1000系も初期車は車齢20年を超えていたんですね。
ニューモデルとして登場時のあのハイテクぶりには度肝を抜いたものでした。
2012blog-1947.jpg今や本線の6連運用への充当率は相当なもので、
当方の通勤(帰りも)1000系のお世話になることが多く、
また、他事業者ではもっとハイテクな車両も多数デビューしているので
見慣れてしまった感もありますが…

それでも、スタイリング、内装、座り心地、それを取っても素晴らしい車両と思います。
2012blog-1948.jpg車番シール。

その気になれば1051や1751も切り継いで作れそうですね。
Bトレインショーティーは、そのお手軽さから魔改造のベースにされることも多いのですが、
これをベースに、南海線の虎の子こと1051Fを作成する猛者も…居られることでしょう
 
  1. 2012/09/29(土) 00:26:29|
  2. 鉄ヲタ

Z50J1 フェンダーなど防錆塗装

2012blog-1898.jpgいやー、天気が良いです。
今まで溜まっていた懸案を、一気に塗って進めてしまいましょう。

この前一気に塗っとけって???スミマセン

金タワシと食器洗剤で下地馴らしをして、乾燥させます。
2012blog-1899.jpg余っている段ボールを用いて、ミスト飛散を防止させようと目論んでみましたが、

…うーむ、吹いた分だけ戻りがある…
箱内を負圧にしたら良くなりそうですが、うーむ。
2012blog-1900.jpg小物は何かに吊るして…
ワイパーゴムの芯があったので、これで吊ってみます

これはフェンダーのステーです
2012blog-1901.jpgトップブリッジライトステーも隅々まで丹念にエスコを
吹き込みます。

この辺りになると段ボール内で吹くのが面倒くさくなってきます
2012blog-1902.jpgあの錆だらけのフロントフェンダーも、ここまでキレイ???になりました。

…大丈夫かな
ちょっとスプレーガンの使い方にも慣れてきたようで、
塗膜も艶が出るようになって来ました。
2012blog-1903.jpgうーん、やっぱり、ゆず肌だ

…続けましょう
2012blog-1904.jpgハンドルロックを忘れていました。

これも残さず塗っておきましょう。
2012blog-1905.jpgスイングアームや三つ又も塗って…

そう、この時点で既に塗料がなんだか余り気味です
2012blog-1906.jpg背後のAZワゴンRには、またしてもミストが付着しています。

また粘土クリーナーでナデナデしないといけないのか…
ああ、塗装ブースが欲しい、ガレージが欲しい、隣を気にしなくてもいい
バックヤードがある豪邸が欲しい
2012blog-1907.jpgタンク裏、そうだ、ここも塗らないと!

下地はある程度で放っておいたものですが、エスコは綺麗に
馴染んでくれます。こりゃいいね

手についてもピンク石鹸で簡単に流せるので、この点は
P◯R15よりアドバンテージがあります。
2012blog-1908.jpgここまでやっても、塗料が余っているので…
2012blog-1910.jpgCD50のトップブリッジMD90のキーシリンダケース

塗ってしまいましょう。
まだまだ余っているので、JB32のリアバンパー内部を防錆処置しておきます。
2012blog-1909.jpgそして、フロントスプリングと、フォーク径矯正スペーサーも塗ったところで
ようやく塗料が底をつきました。

途中で足りなくなって、継ぎ足しすることを思えば、これで良いのでしょう。

さぁ、次回はアルミパーツの下地処理を行いましょう。
 
  1. 2012/09/28(金) 00:24:08|
  2. オートバイ-Z50J1

あんまり天気が良いので

2012blog-1911.jpg今日の作業をひと通り済ませ、
夕飯の買い物に行きます。
いやー、天気がいい!夕日が綺麗だろうなと思い、
食材を冷蔵庫に放り込んで、SJ30で出発します。

この角を曲がると…
2012blog-1912.jpg海!海!!海!!!
2012blog-1913.jpg今日は相当潮位が高いようで、突堤もこの通りです。

この辺りも波による侵食が酷かったのですが、
近いうちに防波堤の嵩上げも含めた護岸工事が
始まる予定です。
2012blog-1914.jpg今回のお題は、
弊サイトこと「ジムニー日々精進」のなかで
SJ30の現況に使える画像が少なく、この夕日を
利用せずにはいられなかったこと、

そして先日組み上げたPowerShot S35…というかS40の
テストも兼ねてです。
以上3枚、下の1枚もS35で撮ったものですが、
いや、これは結構いい写りをしますよ!
大きな(1/1.8ですが)CCDの恩恵があるのでしょうか?
2012blog-1915_20120927210226.jpgもう一枚。

この辺りの海岸は「長松海岸」と称されるのですが、
昔はその名の通り、巨大な松の木が大量に茂っていたそう。
親父が撮った白黒写真にも、その様子が伺えるのですが、
私が子供の頃には、その松も枯れてしまい、ただの荒地になったこの辺りも
松を植え直し、維持していくことでこうして往時の
長松海岸を取り戻してきています。

S40の画像は以上です。
2012blog-1916.jpgさぁ、いつもの撮影ポイントまで来ました。
EOS 20D+EF80-200でさぁ撮るぜ!!と合焦した途端に…

バッテリーが上がってしまいました。なんてこったい…
2012blog-1917.jpgと、いうわけで…
PowerShot G9が登板です。
G5だったらバッテリー使い回せたのになぁ…まぁいい、
G9の性能を試してみます。
2012blog-1918.jpg良い天気ですが、見通しはそれなりで、

向こう岸(淡路島や明石)は見えません。
2012blog-1919.jpg場所を移して。

結構、広角側もいけそうですね。
波が強いので、場所によってはしぶきが飛散します。
昔はこんな事なんてなかったので、やっぱり海面って上昇しているのでしょうね。

錆びるのが嫌なので、なるべく避けて走ります。
2012blog-1926.jpg背面からの画像が少ないので、
向きを変えて撮っておくことに。

まぁ、いつか使い道が出てくるでしょう。
以上G9でした。
2012blog-1921.jpgPowerShot S40のテストです。

広角端
2012blog-1922.jpg望遠端

どんなもんでしょうか
あんなちっこいレンズでも結構いい絵が出ますね
2012blog-1924.jpgマクロ

道路スレスレ、ゴルフ場の敷地を南海が所有しているので
このような杭が打たれています。
2012blog-1925.jpgさて、そろそろ晩御飯をつくらないと…
というわけで、帰りましょう。

この道も、あと少ししたら拡幅工事のために暫く通行できなくなってしまいます。
完工して使い良い道路になると良いですね。
今日もSJ30は絶好調でした。
 
  1. 2012/09/27(木) 21:33:41|
  2. カメラ

普通二輪免許を、取ろうと思う… → …思い立ったら即行動

 
2012blog-1870.jpg当方は、オートバイが大好きです。
走って一体感や景色を楽しむのも良し。
いじって苦悩したり楽しんだりするのも良し。たまりません。

ですけど、原付免許しか持ってないんですよね…
気持ちよく流していると、制限速度を超えそうで
中長距離の移動はあんまり精神衛生上よろしくないのです。
2012blog-1276.jpg今度組むシャリィは、72ccにする予定です。

要は、黄色ナンバーで、30キロ制限とは無関係になるのですが、
いかんせん、免許が必要になります。
2012blog-1872.jpgと、いうわけで教習所探し…というか、
まぁ泉南人だとここしか無いか。というわけで泉南自動車教習所。
料金も結構安く、府県外から越境して来る人も居るとは、
以前直接取引をした和歌山の人曰く。

中型バイクに乗る予定はないので、小型二輪でも良かったのですが、
8000円くらいしか変わらないので、大は小を兼ねるとしました。

職場の大型持ちの方々からは、どうせなら大型とっとけや~とは言われますが、
こちらはなんと2倍近い価格になるので…ハイ
2012blog-1871.jpgで、ここ、画像のように電車でのアクセスが強烈に良いんです。

定期券で通えるなんて、最高じゃないですか!
昼間なら4本/1hで電車が来ますし。
2012blog-1873.jpg早速、振り込んできました。
いやー、今の仕事、職場で居れるうちにとっておかないと、
異動やクビになったら、取りに行く暇もお金も無くなる可能性も
ありますし…

さぁ、無事に取得できるでしょうか??
  1. 2012/09/26(水) 16:59:59|
  2. オートバイ

PowerShot S30+S40÷2= …???

2012blog-1840.jpg時は2012年の8月8日。とても暑い日でした…というか、この頃で
暑くない日など無かったのですが…

インバースネットのジャンクカゴを漁ってみました。
その頃その頃で流行っていた、数が出た所謂コンデジが価値を失って
たんまり溜まっている中に、ちょっと気になる機種が2台ありました。
2012blog-1841.jpgそれがこのPowerShot Sシリーズ。

最初はでっかいIXY DIGITALのような形状でスタートして、
このS30から、スライドカバーに電源スイッチを合わせた
斬新な機構を持った横長ボディとなったもの。
2012blog-1842.jpgこの形状は、後に代を重ねてS80というモデルまで採用され続け、
S90からはオーソドックスな、いかにもコンデジな形状へと変化し、
プレミアムなコンパクトデジタルカメラとして、Sシリーズのラインナップは
近頃発表されたS110へと続いています。
2012blog-1843.jpgカゴの中にはS40とS30があったのですが、迷った挙句
筐体の程度がよさそうなS30を連れて帰りました。
バッテリーはNB-2LH。互換性抜群です。

それでは、いってみましょう!!!!!!!!
2012blog-1844.jpgはい、終了~

それから、当方の興味はPowerShot Aシリーズの収集やG3、G6へと向かい、半ば放置されていたのですが…
2012blog-1845.jpg昨日、G9の使用感に酔った後、夜勤前に日本橋を巡回。

主たるものは機器修理用のマイクロスイッチだったのですが、
ふと立ち寄ったインバースネットで、S40というものをまた発見。
こないだ中途で投げたS…なんだったっけを修理しようか、どうしようか
迷っていたのですが、
今回G9を導入した上で、電池と充電器が重複してしまったことに気付き、
それならばと、復活させて実家に寄贈することにしました。
2012blog-1846.jpgなんでも、昔に実家にあげたDMC-FX1が、何もしていないのに突然勝手に
起動するようになって気味が悪いそうです…

さて、こうして我が屋敷に持ち込んで、ニコイチ予定の個体と比較すると…
あれ、型番が違う!!これはどうしよう…そして見た目が明らかに何かがおかしい。
レンズカバーが歪んでる!!
とりあえず、起動試験をしましょう。
2012blog-1847.jpgレンズカバーをコジコジしていると、問題なく起動しました。

というか、どうやら8月にS30を買う際に比較したS40がこの個体だったようです。
なんてこったい。
2012blog-1848.jpgニコイチできるかの比較をしてみます。
画素数はS30が320万画素、S40が400万画素。
Gシリーズ同様の1/1.8インチのCCDを採用していて、
リコール対象からは外れているので
これからも安心してオモチャにできます。
2012blog-1849.jpg軍艦部。

違うのは色ぐらいでしょう。
S40のダークなシルバーがなかなか格好良いですね。
2012blog-1850.jpgS30を起動させてみる。

そりゃ、寝かせていただけで液晶が治ったりはしませんよね…
2012blog-1851.jpgそれでは、S40から解体を開始します。

本体に露出しているネジを緩めるだけで、
筐体はきれいに3枚おろしになります。
2012blog-1852.jpgスイッチ機構へは、このような
細いフィルムフレキが繋がっています。
外すのはコネクタですし、ここだけなので楽です。
2012blog-1853.jpg部品取りを想定しているので、ここまでチャッチャと
やってしまいます。

どちらをメインにしようか考えましたが、S40筐体は残念ながら程度が悪く、
筐体が綺麗なS30にS40の中身を丸ごと組み込む、要はPowerShot S35戦法で
いくことにします。
ダークなシルバー筺体が使えないのは非常に残念ですが、
致し方ありませんね。
2012blog-1854.jpgスイッチ部分。

なにやらボタン電池のようなものが。
ここに配置すると、交換も容易なのでしょうか。
2012blog-1855.jpgS30では見事に割れていた液晶。

SONY製です。
同じSONYのPSPだと、シャープの液晶を使っていたのですが、
自社生産もできるんですね
2012blog-1856.jpgS40のほうはこのバッテリーを留めるツメが悪いのか
稀にバッテリーが黒ひげ危機一発のように
スッポーンと出てきます。
ツメ自体はネジ留めなのですが、どうあがいてもドライバーが
入らない場所なので、ツメを矯正するに留めておきました。
2012blog-1857.jpg自分用メモ。
この金属パーツは、バッテリーケースに外付け電源のダミーバッテリーを
挿れる際に、コードを出すためのシャッターを司るパーツです。
その開口部を、スプリングで普段はシャットしています。
いま見てみると、S10、A50、G9、そしてEOSには付いているのですが、
G1、2、5には無いんですよね。ACアダプタ(DC入力)対応だからでしょうか。
2012blog-1858.jpgS30の筐体にS40の400万画素を組み込むので、
ストラップ部の3.2MEGAPIXELSのプレートも交換しましょう。
この状態からなら、画像中央にあるネジだけで
2012blog-1859.jpg簡単に外せてしまいます。
2012blog-1860.jpgはい、これで筺体も偽りなく
400万画素仕様です。

今回の記事は、PowerShot G9で撮影してみました。
さすがに新しい???だけあって、撮影のテンポが良いです。

それにしてもAWBの色調がアレですね。ちゃんと白熱灯モードに
するべきだったでしょうか。
2012blog-1861.jpgバッテリーカバー部分の組み付けをします。

画像中央にある小さい穴、
2012blog-1862.jpgここにカバー軸についたスプリングの端っこを

挿し込んで、軸を溝に合わせると、開側にテンションが掛かるようになります。
2012blog-1863.jpgスイッチのフィルムフレキを慎重に挿し込みます。

あとは、順序良く組み上げるだけで完成です。
2012blog-1864.jpg機能確認。
良い感じに動いています。
発売時期はG2が現役だった頃でして、
起動画面などはG2と同一でした。

設定画面をイジイジしていて気付いたのですが、
なんとRAWで撮影ができてしまいます。
いやー、プレミアムモデルですね。
2012blog-1865.jpgというわけで、PowerShotA30+40÷2=S35の完成です。
2012blog-1866.jpg…で、作例と行きたいのですが、
我が屋敷にはもう余っているCFカードがありません。
G5用に8GBでも買って、玉突きでもしましょうか…
2012blog-1868.jpg部品を取られて枯れてしまったS40も、一応組み立てておきましょう。

ネジの種類は大まかに3種類、軍艦部のパネルを留めるものが1本だけ異なって
4種類となります。

ところで、このネジですが、頭にもちゃんとダークなシルバーペイントが施されています。
メッキ部分はただのシルバーと使い分ける辺り、さすがはプレミアム!
2012blog-1867.jpg組み立て時に気づいたことがひとつ、
筐体にある小さな窪み、これがなんと
嵌合用のツメの位置に合わせてあるんです。

分解組み立て時の指標にするのか何なのか…
2012blog-1869.jpgさぁ、というわけで今回の作業はコレにて終了。
この後のSシリーズも安くなったら集めてみたいですね。
S70や80辺りは熟成が進んでいて、面白そうなんです
 
  1. 2012/09/25(火) 23:22:33|
  2. カメラ

PowerShot G9がやってきた

2012blog-1826.jpg近頃の涼しさは、とても良い眠りを提供してくれるようになりました。
夢の中で、美味しいカレーをいただこうと手が出たときに、ピンポーン♪

眠い目をこすりつつ…ついにやってまいりました。
2012blog-1827.jpg何ゆえにも、航空便が使えなかったことで
陸上輸送になったことが大きいようです。
この場合、鉄道貨物でしょうか?船便なのでしょうか。

というわけで、北海道からやってきた…
2012blog-1828.jpgPowerShot G9です!
なんでG9?いや、これでいいんです。

しかしですね、G15が落札→発送の間に発表となりまして…
これらからの乗り換え需要はあると思われるので、もう少し待ったほうが
良かったでしょうか??
2012blog-1829.jpg開梱。
質感も良く、期待が高まります。

ですが、うーん、所謂コンデジよりはやっぱり大きくて重い。
この辺りが旅行などにおける携行性に影響しそうですね。
2012blog-1830.jpgG2との大きさ比較。
確実に小さくなっています。
メディアがSDになったのと、バッテリーがNB-2LHになったこと、
そして設計の賜物なのでしょう。
2012blog-1831.jpg厚みはこんな感じ。相当薄くなっています。

というか、一世代前のG6と比較するべきか

代替される緑被りのCX4からすると、結構巨大化してます…S90~の方が良かったか
2012blog-1832.jpgそれでは、バッテリを装填して。起動してみましょう。
2012blog-1833.jpg軍艦部。
このあとのG10より、露出補正も専用ダイヤルになり、
メカメカしさが増すことに。
左のダイヤルはISO感度になっています。

って、レビューサイトじゃないんだし、紹介はそこそこで良いか…
2012blog-1834.jpg今回、G7~G12を検討して当方が重視したのは、
◆比較的、画素数が少なく ◆バリアングルモニタでなく、高視野角液晶を装備していることでした。

バリアングル液晶は、撮影の幅を拡げてくれるのでとてもよい装備なのですが、
液晶パネルが剥き出しになるので、携行時はどうしても畳んでしまう→咄嗟のシャッタチャンスに
弱いという弱点があり、奥さんが使用することを考えると、そこは必要のない機構という判断になりました。
G7でも良かったのですが、液晶の視野角はG9の方が優れているとのことで、こちらを選ぶことに。
パネルの視野角はさすがに大きい、これは目論見通りですが、色調が青っぽくて気色悪いです。うーむ…

画素数は少ないといっても、1210万!!画素です。無駄に多すぎですよね…
後のG10で1400万超えをして、G11からなんとか1000万画素に回帰したそう。
小指の爪のようなCCDに一体何を詰め込んだらこうなるのやら…
2012blog-1835.jpgG7からの装備となったコマンドダイヤル。
これはいいですね。
センターの十字キーも押しにくいこともなく、撮影をアシストしてくれそうです
2012blog-1836.jpg左上のボタンは、様々な機能を一つ割り振れるようになっています。
この個体は、NDフィルターに合わせてありました。
G5なんかだと、相当ボタンを押さないとできない設定だったので
これは便利。

また、暗所での撮影時、合焦後にISOを増感してくれるキーにもなります。
2012blog-1837.jpg…あれ
SDカードに画像が残ってる…

北海道から来たということで、風光明媚な画像がたくさん入っています。
作例としてちょっと見てみましょう。
綺麗な山、見下ろした街の景色、小動物…
いやー、北海道っていいなぁ…と画像を送って行くと、
景勝地の説明ボードに北海道と全く関係ない、おもいっ…きり離れた地名が…


新規Microsoft Excel ワークシート_21588_image002
2012blog-1838.jpgふぅ…なんてこったい。

まぁ、画像はプライバシーにかかわるものなのでサッサと消してですね、
え、決して残った画像にニャンニャン写真を期待していたわけでは…
2012blog-1839.jpgSDカードに続くおまけというかなんというか、
レザーケースも付いて来ました。

でも、ごっつ過ぎてこれではカメラ女子のようになってしまいますので
簡易なソフトケースとハンドストラップで携行されることになるでしょう。
2012blog-1823.jpgそれでは、早速撮影開始。

まだ朝も早いので、中庭は手振れしそうな明るさなのですが、
画像が遅れて流れる辺り、ISが効いているということなのでしょう。

ですが、一眼レフ用レンズのようなISにはさすがに及ばない感じです。
2012blog-1824.jpgこういった構図だと、ちょっとAFが迷います。

数回半押しして、葉っぱにピントが合いました。
2012blog-1825.jpgマクロ。綺麗に撮れていますね。

でも、個人的には、そう、やっぱG5の方がしっくりきます。
動作も遅いし、液晶もちっこいのに。なんででしょうね。
 
  1. 2012/09/24(月) 12:34:42|
  2. カメラ

電源管理…便利な無料ウィジェット

2012blog-1817.jpg今日は、郵便さんから届くものがあるだろうと思い、それの記事を
起こそうと思ったのですが、まだ届いていません…

品物の発送元は北海道でして、また品物の性質上、航空便が使用できない
=陸上輸送になるわけでして、こりゃ長期戦になりそうです。

と、いうわけで今日はこれ。

Android4.0になって、ステータスバーからの輝度やWi-Fi切り替えが
やりにくくなってしまい、デスクトップ?というか、ホームに電源管理の
ウィジェットを貼ったのですが、
項目が少ないのと、でかくて真っ黒けで妙に存在感が強すぎて…
なにか良いのはないかと探してみますと
2012blog-1819.jpgWidgetsoidというアプリがみつかりました。
多様なカスタマイズが可能で、プライスは嬉しい無料です。

設定を行う際は、右上のWidgetsをつっついて、
2012blog-1820.jpg設定したいウィジェットの右の丸をつっついて、

ペンのマークをつっつくと
2012blog-1821.jpg設定画面に入れます。

ここでウィジェットに盛りたい機能を足していきます。

機種や環境によっては効果が出ない、
設定できないものもあります。
2012blog-1822.jpg当然、並び順も替えれます(アイコン長押し)し、
アイコン自体も変更できるようです。

当方は懐中電灯のアイコンがカミナリなのがわかりにくかったので
電球のアイコンに変更しました。
2012blog-1818.jpg背景色やアイコン色も変更できるので、
こうしてシンプルに仕上げることができました。
これは良い。実に良い。

目立った不具合…相変わらず、メールが重いです。
何かをしながらメールが着て、返信をすると、
SH904iも真っ青なくらいのもっさりぶり…

あと、フリーズや再起動が2.3の頃より増えました。
戻るボタンバグは発生していません
発生しました。まだ1回だけなので様子見。

当方のSH-01Dは、2012年01月製造の個体となります。
 
  1. 2012/09/23(日) 00:10:02|
  2. 携帯電話

EF-S 17-85mm 1:4-5.6 IS USM 終了のお知らせ

2012blog-1814.jpg先日の広島旅行で、初っ端からおかしくなって
当方を絶望の底に叩き落とした当該のレンズ。

ちょっと検索してみると、同様の故障が頻発しているようです。
あぁ…なんてこったい。

AFの迷いはMFでカバーして、絞り不良は常に開放で使用する…って、なぁ
2012blog-1816.jpg暫くの付き合いでしたが、当方の個体は写りも悪くなく、
強力なIS、手ぶれ補正は強力に暗所での手持ちをサポートしてくれて、
新しい撮り方を提案してくれました。

既にちょっと前の意匠ですが、この時代のスタイリングも好きでした。
2012blog-1815.jpg※ヤフオク出品画像ではありません

修理に出すと、だいたい1万円弱で治って帰ってくるそうです。
この画像にある埃も除去してくれるでしょう…けど1万弱…G6やG7が買えるよね

リコールが出るか(出るわけないか)、安く(1万以下)で入手できる(これも無理か)まで
18-55ISで頑張ります。ハイ
 
  1. 2012/09/22(土) 00:35:40|
  2. カメラ

Panasonic 無接点対応USBモバイル電源 QE-PL301-K

2012blog-1775.jpgAndroid4.0になって、楽しさが増したSH-01Dですが、
やはりというか、なんというか、このバッテリの減り方がえげつない。

ちょっと調べごとをしたり、メールを数通やりとりするだけで
バッテリ残量が10%くらい減ってしまうのは困りもの。

現在まで、モバイル電源としてeneloop単三2本内蔵のKBC-E1Aを使用しました。
携帯電話の頃はそれで十分な容量だったのが、SH-01Dだと
半分くらいしか充電できないようで、心許ない。
2012blog-1797.jpg久々にアマゾンさんに依頼。

それならばと色々…と買い物をしてしまったのですが、
日程はバラバラで、明日も明後日も黒猫さんが来訪するようです。
2012blog-1798.jpg今回は、表題のものが届いたのでこれを記事にしましょう。

AKGは私がおっさんになってしまった今でも
こうして聴き続けています
2012blog-1800.jpgKBC-E1Aとの比較。

それほど厚みは変わりません。というかQE-PL301の方が
薄いです。
2012blog-1799.jpg幅もそれほど。

長さが5割増しになった程度です。
KBC-E1Aは単三電池からの供給ができる=どんな電池でも
緊急時にUSB電源にできる(かも)というメリットがあったのですが、
…どちらも捨てがたいですね
2012blog-1801.jpgさて、なぜにこんな大容量(スマホ満充電回数の差で4種類ほどある)の
PL301にしたのか…なのですが、この手の商品展開でも近頃新型が出て、おおまかに
◆Qi(無接点充電)もできるもの
◆従来通り、USB入力でしか充電できないもの
があるのですが、どちらもPL*02シリーズになってからは、画像のACアダプタが廃されて
本体コネクタに挿す、LED懐中電灯が付いてくるようになりました。

同じオマケなら、懐中電灯よりACアダプタの方が当方は嬉しいのです。
2012blog-1802_20120920104721.jpg入手できるなら、PL201(2回満充電可/ACアダプタ付き)が良かったのですが、

既に定価程度でしか出回っていないので、まぁいいか、と
PL202との差額(1200円くらい)を見なかったことにして
在庫が残っているPL301を注文。

まぁ、容量は大きいに越したことはないです。
2012blog-1803.jpg我が家にはQi対応の充電器はありません。

また、SH-01Dも当然のようにQi対応ではないので、
あまりこの機能に有難みを感じることは無さそうです…
Qi非対応のものと価格もそれほど変わらず、容量も一緒なので
良しとしましょう。
2012blog-1804.jpgUSB→microUSBの変換ケーブルがついてくるのですが…

当然のように、USB電源からはSH-01Dに充電ができません!!
2012blog-1805.jpgモバイル電源の出力からは、こうして充電ができます。

機器側でデータ線が短絡されているのでしょう。
2012blog-1806.jpgパソコンに繋いでみる。

ああ、やっぱり、こういうことか…
2012blog-1812.jpgさて、わざわざ選んだACアダプタは
どれだけの仕事をこなしくれるでしょうか。
出力は1Aです。

再起動させて寝かせた状態で充電してみました。
2012blog-1813.jpgこれは就寝前に同様の条件で、
クレードル(Softbank3GのACアダプタ)にて充電したもの。

いやはや、結構差があるもんですね。

近頃の不具合…SPモードメールが重い(展開、メール作成など)
 
  1. 2012/09/21(金) 00:33:12|
  2. 携帯電話

Z50J1 フレーム塗装…

2012blog-1807.jpgこのごろ一気に涼しくなってきました。

そんなことを言っているうちに寒くなってしまうので、
サッサと作業を始めましょう。
2012blog-1808.jpgシャリイのスイングアームの塗ります。
今回はいつものラッカーではなく、エナメル塗料を使用しています。

揮発臭は少なく、いつものラッカースプレーとは違った感じです。
2012blog-1809.jpgこちらはラッカー系のつや消し黒を塗ったもの。

うーん、エスコの上にそのまま塗るとこうなってしまいました。
地ならしと脱脂はきっちりしないといけなかったようです。
2012blog-1810.jpgこちらはモンキーのフレーム。

エナメル塗料は肉持ち感があまり無く、
エスコのゆず肌がそのまま出ています。
2012blog-1811.jpgまぁ、あんまり見えない部分なので
見えるところだけ研ぎ直して、もう一度仕上げ塗りを行おうと思います。
また1週間伸びちゃうな…
 
  1. 2012/09/20(木) 20:37:43|
  2. オートバイ-Z50J1

ラード君番外編・カーナビ載せ替え

2012blog-1785.jpg当BlogではJazzでお馴染み、後輩のラード君より依頼を受けました。

今回はバイクじゃなくて、これ。
ばかデカイくせに長物が載せられないグランビアです。
2012blog-1780.jpg…の前に、腹ごしらえです。
今回は、箱作駅近くのラーメン屋こと「生島家」にて
ラーメンとチャーハンのセットを。
実は近所に住んでいながら初めて行ったのですが、
細麺で安心できる、所謂和歌山っぽい味。これは美味しいです。
たまにはこうしたほっとするラーメンも良いもんです
2012blog-1786.jpgさて、お題は。

カーナビです。このサイバーナビがお亡くなりになったそうで、
付け替えを行います。
2012blog-1787.jpgコンソールパネルは、隠しネジもなくて
あっさり外せます。少々爪が硬いですが、力加減でクリアしていきます。

サイバーナビ、弟も似たようなものを付けていますが
当時30万以上したものですね…うーん、この手は地デジや画面の大型化、
高精細化で商品価値が落ちるのが速すぎたような気がします。
2012blog-1788.jpgコンソール奥のビスを3本対で6本緩めると、エアコンパネルごと
ゴッソリと外れてしまいます。

いやー、2ピースだったので配線がものすごいことになってますね
各々の線をある程度把握しておいて、サッサと外してしまいます。

カーショップでの施工なのに、結構適当工事で萎えてしまいます。
2012blog-1789.jpgそして装着される新しい??のがこれ。
ECLIPSEのAVN8804HDという機種です。

HDだけに、ハードディスクナビで、2004年の製品です
見た目も綺麗で、大事に使用されてきた印象。
2012blog-1790.jpgディスプレイはVGAです。

この高精細ぶりは嬉しいですね。
2012blog-1791.jpg前オーナーが外した際に、フィルムアンテナは剥がせなかったようで、
この辺りはスッポンポンになっています。

困ったことに、画像右の四角いもの、これがGPSアンテナ(の残骸)なんです。
ここにはサイバーナビのGPSアンテナをぶった切って無理やり繋ぐことにしました。
こういったものも、インピーダンスやら何やらと相性があると思われるので
むやみに繋ぐのはやめておきましょう。今回は安中古ナビ故に…
2012blog-1792.jpgグランドハイエース、いやグランビアはインパネにナビ用の
車速が来ているので、その辺りの施工は楽でした。
画像中央の紫色の線がそれです。

その対になっている線、これはリバ-スっぽいのですが、これが後に
ちょっとした面倒になるのでした。
2012blog-1793.jpg今回の設置で驚いた、というか楽だったのが、本体につなげるコネクタが
トヨタ規格のもので、そのまま挿すことができたこと。

富士通テンはトヨタ向けを重視しているのでしょうか?
というわけで、早速起動試験といきます。
2012blog-1794.jpgおおおおお!!

キタキタキタ━(゚∀゚)━!
2012blog-1795.jpg音も出て、無事に起動しています。

いやー、こうしたインダッシュのカーナビを付けるのは初めてでしたが
うまいこといって良かった
2012blog-1796.jpg??、こことは全く異なった場所が出てきました。
最後に外された場所なのか、測位ができていないのか。
そのうち、我が屋敷の場所を示すようになりました。

で、試走となるのですが、走ると自車の位置が後退するのです。
なんじゃこりゃ、どうなってんだ??
停車すると、補正が働いて正確な位置に戻ります。
2012blog-1784.jpg結局、リバ-ス線を抜いたらバッチリ追従するようになりました。
この線はバック走行時にフォローするものと思われるので、
まぁ、繋がなくても支障は少なそうです…ね。

GPSアンテナはどうやらバッチリ、というかギンギンのようです。
2012blog-1783.jpgハードディスクナビなんだから、ミュージックサーバーもあるだろうと思い
イジイジしていると…ありました。

その他、CDに焼かれたWMAやMP3、メモリースティックからの再生にも
対応しています。
2012blog-1781.jpg覗いてみる。音楽が入ったままになっています。

前所有者の趣味が見えてしまうわけですが…
2012blog-1782.jpgおお!!UNICORNじゃねーか、これはいいぞ!!いい!!!

でも、これって著作権の観点からするとどうなるのでしょうか…
グレーですよね。ラードさんは消すそうなのでまぁ大丈夫でしょう

ようやく音楽が聞けるようになった!!とラード君はご機嫌で家路につきましたとさ。
 
  1. 2012/09/19(水) 23:01:24|
  2. その他

SH-01D Android4.0メジャーアップデート その後

2012blog-1771.jpg※検索できていただいた皆様へ…あんまり役に立つ記事ではありません、
 ご注意ください。そしてスミマセン


2.3の頃のロック画面。
このカギを上げるだけの操作に慣れていて、画面にはこの部分だけに
かなり傷が入っていたのですが、4.0になった際に押すだけのものになりました。

質素なのですが、用心が悪いので、
2012blog-1776.jpgこのタイプのものにしてみました。

顔認証も使用できるのですが、
使い物になるとは考えにくいSH-01Dのインカメラと
その度にカメラを起動させる故の電池消費が…あと、
明らかに顔認証やってるやろ…と人前で見られてしまうのもアレなので
当方は使わずに置いてあります。

ただ、顔認証の精度と読み込みの速さには
驚いてしまいました。
2012blog-1772.jpgSH-01Dにおける2.3のステータスバー。

各種アイコンが上下に並んでいて、押したいアイコンを
迅速に押せるのは重宝していました。
2012blog-1773.jpg4.0になると、それが上に集約されて、
横スライドさせないと押したいところにいけなくて、
ちょっと不便になってしまいました。

Wi-FiやGPS、明るさ調整はバッテリーの管理上、よく押すものなので、
前のほうが良かった…

結局、デスクトップ?に電源管理のウィジェットを貼ることで
解決となりました。
2012blog-1774.jpgさて、4.0にアップデートさせて最も大変なのが、バッテリーの
消費量です。

これは2.3だった頃の、通勤時におけるバッテリー消費。
主に2chブラウザ、ヤフオクや雨雲レーダーを観ることが多いです。
2012blog-1775.jpgこちらが4.0…比較画像にしたかったのですが、
こちらの方が明らかに使用頻度が多いですね。
これじゃ駄目だ

上の画像で階段状になっているのは、単に見るものがなくなって
居眠りタイムになっているためでして…
2012blog-1770.jpgで。2.3の頃から稀にあった充電似非ブーストは、4.0になってから
頻発するようになりました。

再起動させることで、もとの残量がちゃんと表示されるのですが、
ただでさえ電池残量が命なので、ここは改善を望みたいです。
2012blog-1777.jpgいつも使ってるアプリ、これは2chmateです。

アップデート直後はやたらスクロールがカクついていましたが、
使わないアプリを休止、無効化させたり、
あとは使っていくうちに馴染んできたのでしょうか
ヌルヌルスクロールができるようになりました。
2012blog-1778.jpgQuickPic。

写真見せたがりの当方としては、
高速閲覧ビューアとして重宝しています。
2012blog-1779.jpgですが、このビューワー画面でのスワイプにおける追従が
2.3の頃はシュピシュピできたのが、
引っかかったり詰まったりするようになってしまいました。
便利だったのになぁ

インストールしたアプリ…なし
目立った不具合…重い処理をさせるとフリーズや再起動が
発生するようになりました。

当方の個体では「戻る」バグは発生しませんでした。
使わないアプリを無効化したおかげで、空きメモリは2倍近く増えました。









  1. 2012/09/18(火) 13:49:30|
  2. 携帯電話

ジムニーシエラJB32 フォグランプ装着を考察

2012blog-1736.jpg近頃になって、またまた物欲が蠢いてきました。

玄関は段ボールで包まれた怪しい物体がたくさん…
2012blog-1737.jpg今回の課題は、フォグランプです。
って、枠が取れてるじゃないか!!

パジェロジュニアのフォグランプです。
なんてこったい、販売上では当方のJB32のライバル扱いされていた車種の
部品を付けるとは、我ながらケシカランことであります。
2012blog-1738.jpgで、なぜにこの部品かと言いますと、
純正オプションで存在したフォグランプが、BOSCHのコンパクト100という
小型かつ高性能なフォグランプだったのです。
既に絶版であり、パッケージ品の出物も殆ど無いので
入手するならパジェロジュニアの解体品から頂くのが得策でしょう。

本体2000円、余計なバーも付くので送料1500円でした。
2012blog-1739.jpgで、装着するのはこれ。

10万キロを超えて、今なお元気なJB32です。
2012blog-1744.jpgこのJB32(というか大多数の個体がそれか)は、特別仕様車の”ELK”でして
純正でフォグランプの設定がありました。
この個体は、バンパーガードごと最初から外されていたので
このようにスイッチだけが遊んでいるのですが
せっかくだから、活かしたいですよね。
2012blog-1740.jpg本当にサイズが小さいので、嫌味なく装着できるのが強みですが

うーん、ここかな?
2012blog-1741.jpgバンパー上も考察。

これは寄り過ぎですね
2012blog-1742.jpg離してみる。

お、意外と良さそうじゃないですか!
でもグリルを外すときに干渉しそうですね
2012blog-1743.jpg荷締めバンドで吊ってみる。

やっぱりここかな。他ではあまり見ない付け方のほうが
面白いですし。

というわけで、必殺ダンボール型紙の発動です。
2012blog-1745.jpgあとは点灯させるために必要な配線です。
幸い、純正ハーネスが残っていたので、
これのコネクタを交換して、繋いでみます。
2012blog-1746.jpgそういえば、ボンネット内では何処でつながってるんだろうと
調べてみる。
今まで気にしたことがなかったからなぁ…

あった、こんなところに。
(向かって右です)
2012blog-1747.jpgハーネスの長さも問題無さそうですね。

次回は、ステーが出来上がった時点で記事にしようと思います。
 
  1. 2012/09/17(月) 00:43:56|
  2. ジムニー

SH-01D 遂にAndroid4.0メジャーアップデートへ

2012blog-1748.jpg朝起きたら…ん??
アップデートの通知ですが、なんだかいつもと違う。

メジャーアップデート!!!!!?????
これはAndroid4.0ということか????
2012blog-1749.jpg先日の記事で、Android4.0はいつになるんだと書いてたら
タイミングというかなんというか…

2.3に慣れてきたところだというのに、
覚え直しの部分も多いだろうな(嬉しい)
2012blog-1751.jpgシャープのサイトで、4.0にしたら

色々楽しくなるよ~的なコンテンツが用意されています。
2012blog-1752.jpg端末設定のメジャーアップデートに入って

あとは指示されるままに進めていきます。
2012blog-1753.jpg※Wi-fi接続がされていないとダウンロードでのアップデートは
できないみたいです

さぁ、アップデートいくぞ~
2012blog-1754.jpgデータをダウンロードしています。

488MB、結構大きなデータです
2012blog-1755.jpgここで再起動を選ぶと、十数分でアップデート作業を

完了してしまうそうです。

洗濯物でも干してきましょう。
2012blog-1756.jpgホーム画面。

検索窓がデフォルトで備わっているので、
ウィジェットを貼らなくても良くなりました。
その分空いたスペースができたのは嬉しい。
2012blog-1757.jpg4.0になってますね。
そりゃそうか。

この画像のためのスクリーンショット、今迄のように
電源+HOMEではできず、電源+音量↓を長押し、かつ
大袈裟なシャッター音までついてくるようになりました。これには困った。
2012blog-1758.jpg4.0になると、使えるようになったアプリがまた増えるのも魅力。
Chromeも使えるなんて!!ウレシー!!

あと、2.3だと安定して使用できなかったアプリも
4.0だと普通に全機能を使用できたりと、嬉しいことも多いですが、
それなりに面倒な事もこれから出てくるでしょう。
スクロールが敏感になりすぎて、2.3のように触ると違和感があります。

ステータスバーに表示されている「空きメモリ」が少ないのは
Android4.0の仕様だそう。最適化されるように管理されているとは
2chの当該機種スレより。久々に有用な情報が拾えて嬉しい限り。
 
  1. 2012/09/16(日) 00:13:55|
  2. 携帯電話

ブログを考える

日頃あったことを伝える、足跡を残すのにこのブログという媒体はとても便利です。
エディタで簡単に記事を起こして、写真もツールでアップして…
不完全ではありますが、スマートフォンのアプリで記事更新もできてしまいます。

しかし近頃、興味のあるジャンル(バイク改造)を採り上げたブログを閲覧するに至り、
新しい記事がいちばん上にきてしまうブログの仕様を目の当たりにして、
この形態にも違和感を感じるようになってしまい、やはりWebページベースで記事を貼っていったほうが
閲覧する側としては良いのかなぁと思うこともあります。

とりあえず、このように手数を踏んで、車やバイク、AV機器の記事を
当方のWebサイトへインポートしてみようと思います。
 
  1. 2012/09/15(土) 00:47:38|
  2. その他

Z50J1 フレーム防錆塗装

2012blog-1732.jpgここまで部品を揃えて、ここまでやってきたのですが、
どうしてもここで止まってしまうという作業が…そう、塗装。
特に今回は、スプレーガンを本格運用させるつもりで準備しているので、
モンキーの作業は殆どストップしてしまいました。
2012blog-1733.jpgそれでも、やらなきゃまた放置してしまうことになってしまうので
重い腰を起こして…

風呂で研ぎ作業です。自宅前の排水口は用水路に繋がっているので、あんまり有害なものは流したくないのです。
洗車も水だけでやってます。そのためのガラスコーティングというわけです。
2012blog-1734.jpgそれなりに綺麗になりました。
10年以上は軒下で放置していましたが、腐食はほとんどありませんでした。
缶スプレー塗装でも、防錆にはそれなりに役立ったということになります
2012blog-1720.jpgこういった作業は、近隣がお留守である平日に行います。
土日はこちらの作業ががある意味「休み」となります。

先日改造したコンプレッサーの出番です。
2012blog-1721.jpgそして、防錆塗料は関西ペイントのESCOを導入しました。

ところが…そう、シンナーを忘れてしまいました。
とりあえず、ウレタンシンナーで代用しましたが、
希釈はエポキシシンナーを用いるよう指示されています。
ペイントうすめ液では駄目ですよ…(というか、試してみた)
2012blog-1722.jpgスプレーガンは、大昔に父親が購入して、勝手に私物化してしまった
安いツールセットの中にあったものを使用します。
ブリスターパックに包まれているようなツールセットでしたが、20年経った今でも
空気入れとエアガンが問題なく使用できているのが凄い
2012blog-1735.jpgコンプレッサーは、フィルターレギュレーターなどを揃えて、

スプレーガンでの使用に対応できるように改良。
2012blog-1723.jpg塗料を散布している状態で、0.2Mpa辺りの吐出圧が必要だぞうです。
上の黒いキャップを引き上げ、マイナス方向に廻すことで
減圧が可能になります。
2012blog-1724.jpgそれでは、作業開始。
2012blog-1725.jpg普段の作業で、AZワゴンRに大量の切り粉や塗料ミストが掛かってしまい、
粘土クリーナーでの除去で大変な思いをしたので
今回は発想を転換して、AZワゴンRをマスキングしておきます。
2012blog-1726.jpg主剤と硬化剤の比率は9:1です。

とはいっても、わざわざ測ったりしない、適当配分なわけでして…
2012blog-1727.jpgシュッシュッシュッ

いやー、こりゃ便利。
硬化剤を用いて硬化させるので、塗料自体の粘度も高く、
厚塗りしても垂れてこないです。
これでもう錆びることもないでしょう。
2012blog-1728.jpg見えないところまでくまなく塗り上げて、できあがり。

ですが、えらく塗料が余ってしまいました。
足りないよりは良いのですが…
2012blog-1729.jpg洗面所のティッシュ立て。
立てだけに、省スペースで嬉しいのですが、
金属製なのでこうして錆びてきます。
ここもケレン掛けして、塗ってみることで防錆性能を
試してみます。
2012blog-1730.jpgシャリィの未塗装パーツも、バッチリ塗ってしまいましょう。

サッサと外して、簡単に錆落としをします。
2012blog-1731.jpgはい、出来上がり。
これ以外にも、変造スイングアームも塗ってしまいました。
これだけやっておくと、後々の作業が進んでいくので、
スケジュールも立てやすくなります。

缶スプレーと違って片付けが大変なのが玉にキズですね。
 
  1. 2012/09/14(金) 17:13:16|
  2. オートバイ-Z50J1

SH-01Dを車載してみます

2012blog-1487.jpg先日、SH-01Dをナビ替わりに使用してみて、面白そうだったので

もう少し車載に適した改良を模索してみようと思います。
2012blog-1716.jpg用意したのは、卓上ホルダ SH36

600ポイントで入手できます。
2012blog-1717.jpgとりあえず、両面テープでペタっと…
カーステレオ保護のための断熱材(カーナビのモニターカバー)が
ふにゃふにゃなので収まりが悪い。ここじゃ駄目かな

※携帯端末・充電台共に車載を考慮した製品ではないので、
使用は自己責任で行なってください。
2012blog-1718.jpg置いてみる。
まぁいい、暫定だし。

しかし狭いSJ30のダッシュボードに、ここ以外で適当な場所が無いのです。
また良い方法を考えないといけません。
断熱材を外して、カーステレオを二重屋根にするべきか。
2012blog-1719.jpgミュージック再生も良い感じ??
うーむ、要らん電話やミュージックプレイヤーなら
常に車載できるのでまだしも、携帯しないと意味が無い携帯電話なので
いちいち外して持ち歩くのが面倒くさいです。

近頃入れたアプリ…FC2ブログ X Band MP Radar
              アバスト!モバイルセキュリティ 通勤タイマー Documents To Go
不具合…カメラ起動時にフリーズ ブラウザ使用時にフリーズや再起動など
Android4.0はいつ来るんだろう
 
  1. 2012/09/13(木) 21:36:14|
  2. 携帯電話

ASAHI PENTAX auto110

2012blog-1689.jpgハードオフで、面白いカメラを見つけたので
使いもしないのに買って来ました。
2012blog-1690.jpgアサヒペンタックス auto110。

過去に、110サイズという特殊な規格のカートリッジ型のフィルムが存在しまして
主にポケットカメラに使用された由。
この機種は、その規格を用いて、本格的なレンズ交換型一眼レフカメラとして
仕上げられたものです。
2012blog-1691.jpg色んなオプションパーツでゴテゴテになっていますが、
外してみると、とてもコンパクトで好ましいデザイン。

そういえば、これのスタイリングをオマージュさせたコンデジが
ペンタックスから出てましたね。Optio I-10と言うそうです。公式サイトだと
おにゃのこ向けの広告戦略がなされているようだ。
2012blog-1693.jpgこのサイズで、レンズ交換式。
このミニマムかつ本格的な造り込みが、マニヤ心をくすぐります。
パンフォーカスの単焦点から、ズームレンズまで、
多彩なレンズラインナップを揃えていました。
2012blog-1692.jpgストロボは…電池カバーがモッコリしてる…
こりゃ復帰させるのは難しいか。
できれば、動くようにはしたいのですが。
 
  1. 2012/09/12(水) 11:40:45|
  2. カメラ

DV-DH250D HDD換装(SATA )

2012blog-1694.jpg長いこと寝かせていたDV-DH250D
そろそろ起こさないといけないようになりました。
1階リビングで使用しているDV-DH500×2Dが、ついに視聴が追いつかなくなって
パンパンになってしまいそうなのです。
2012blog-1695.jpg必要な物はそれなりに揃えてあります。
日立のSATA HDD HDS721010DLE630です。
次世代型のアドバンスフォーマットという規格になっていて、
Windowsxpなどでは対策しないと低速病に罹ってしまうというもの。
はたして、レコーダーでは使用できるのでしょうか?
2012blog-1696.jpgDV-DHシリーズは、HDD接続がIDEなので、
当然ではありますがSerialATAのHDDを使用するためには
変換アダプタが必要になります。
当方の今迄行った換装でも実績のある玄人志向のSATAD-IDEを使用します。

それにしても、HDD裏側の構造…こんなにシンプルかつミニマムに
なってしまうのね
2012blog-1697.jpgそれでは、天板を外します。

HDDは父親のパソコンに移植されてしまったので、スッカラカンです。
2012blog-1698.jpgSATAD-IDEのジャンパピンですが、1台搭載の場合は

CABLE SELECTにしておきます。
2012blog-1699.jpgこの機種は、チューナー部分の発熱がひどく、
たまに誤動作を起こすこともあるので
HDDをこちら側に移設して、チューナー側の風通しを良くしてあげます。
2012blog-1700.jpg組み上げて、さぁ起動。

HELLOが長いので心配になりますが、
数分放置していると、通常画面になります。
2012blog-1701.jpgメンテナンスモードに入ります。

リモコンでL-3入力にする→本体の「HDD」ボタンを長押しします。
2012blog-1702.jpgと、画面にこのような表示が出るのでリモコンの「戻る」を押して
2012blog-1703.jpg更にリモコンの「10」を押し、「決定」を押すと…
2012blog-1704.jpgメンテナンスモードのメニューに入れます。
2012blog-1705.jpgここでHDDを選んで、

初期化で「はい」を選び、「決定」を押すと
2012blog-1706.jpgこのような表示が出て、数分操作ができなくなります。

壊れたのか、認識しなかったのか?と思っているうちに…
2012blog-1707.jpg初期化が完了しました。
2012blog-1708.jpg容量もOK !これでたっぷり録れますね。
2012blog-1709.jpg地域設定を済ませて、
2012blog-1711.jpgそうだ、光学ドライブが生きているかどうかも

見ておきましょう。
2012blog-1710_20120912001657.jpg無事に再生できることがわかりました。
スペアのDVDマルチドライブは、2台ほど確保しているので
いつ壊れても大丈夫です
2012blog-1715.jpg最後に、このHDDにちゃんと録画されているかを
調べましょう。
適当に、5分くらいのスポット番組を探して予約します。
2012blog-1714.jpgうむ、ちゃんと時間になったら開始されているようだ。
2012blog-1712.jpg結果を確認。

ライブラリにちゃんと登録されています。
ここまできたなら、勝利を確信しても良いでしょう。
2012blog-1713.jpg再生もOKでした。
というわけで、AF(アドバンスフォーマット)のHDDでも
換装に使用できるということがわかりました。

これは、奥さんの部屋に設置して、奥さんしか観ないような
番組の録画に使用してもらう予定です。
 
  1. 2012/09/11(火) 23:42:04|
  2. AV機器

CF50Zシャリイ ダックススポーツ用フロントフォークオーバーホール

2012blog-1466.jpg近頃バイクネタが少ないので、これを出すことにします。

足回り考察の際、フォークトップのボルトを開けるたびに
劣化したオイルの異臭に悩まされてきた?ので
フロントフォークのシール交換を兼ねて分解してしまいましょう。
2012blog-1467.jpg対象のフロントフォークは、ダックススポーツのものです。
これにしようと勝手に決めて、結構お金と手間が掛かってしまいました。

重ね重ね書きますが、
14インチ化するなら(する人なんか居るんだろうか)CD50か郵政カブの三つ又に
再販ダックス、AB26のものが一番都合が良さそうです。(調べてみたらこれも25φだそうです…) 
アメリカンダックスことST50Mのものだと長すぎるかも知れません。
2012blog-1468.jpgダックススポーツは所謂浜松系にも人気がなく、(シャコタンにしにくい)
それほどメジャーでないので、このタイプのフォークに関する情報は
少ないのですが、検索すればOHされている方のサイトがヒットしました。

なので、ここでわざわざ書き記す必要も薄いのですが…
くっさいくっさいオイルを抜きます。数回フォークをストロークさせると
より出し切れます。
2012blog-852.jpg前回、モンキー用のテレスコフォークでもしたので、
その画像の使い回しでアレなんですが、
シールが膠着しているためインナーチューブはすぐには抜けません。
画像の要領でカンカン引っ張って抜いてください。
2012blog-1469.jpgほい、抜けました。
ちなみに、このくらい旧いフロントフォークだと
フォークボトムのボルトは緩めなくてもいいそうです…
2012blog-1470.jpgインナーチューブ他の状態が良いので、
シールの入換だけでどうにかなりそうです。
このインナーチューブは、一部メッキがされていない箇所があって
その部分はこのように錆びています。
ここにシールを通すと、折角の新品が傷んでしまうので
画像のようにテープで養生すると良いでしょう。
2012blog-1471.jpgシールの品番は51432-051-000
2012年7月現在で1個の定価590円でした。

このダックススポーツ以外に、どの車種に採用されていたかは
わからないのですが、よくぞ出てくれたもんです。
2012blog-1472.jpg一応並べて確認。

OK、同一形状です。
2012blog-1473.jpg毎度のことですが、新しいシールを打ち込む際は

古いシールを重ねてから…
2012blog-1474.jpg打ち込むと良いでしょう

※メガネはあんまり使い勝手が良くないです
適度な径の鉄パイプを用意しましょう
2012blog-1475.jpgあとは、スナップリングを嵌め込んで、
元通りに組み立てるだけ。
慣れたら結構サッサとできるようになります。
くたびれたあなたのフロントフォークにも、
是非、やってみてください。

ちなみに、オイルは分解時110ccを目安にする予定です。
 
  1. 2012/09/10(月) 08:01:57|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

広島おさらい・広電編 2

2012blog-1651.jpgどこの鉄道事業者でも、一日における乗客の変動がありまして、
ラッシュ時に運用が増え、昼間になると波が引くように車両は車庫に入ってパターンダイヤになるのですが、
そこで出てくるのがラッシュ専用車というもの。
比較的性能が高くなく、ラッシュ時の寝たスジにしか乗せられないもの、
老朽化や陳腐化、その車両の特殊性によってあまり積極的に運用に入れたくないものなど
様々な要因がありますが、それゆえに遭遇率も必然的に低くなり、趣味性は高まるものなんです。
2012blog-1630.jpgここ広島でも、画像の103系が割りとそのような特殊用途に就いています。

が、それ以上に遭遇するのに大変な車両が存在するようで、
奥さんをホテルに放置プレイして、朝6:30に広島駅に向かう。
岩国行きの普通電車はその103系でした。これはこれで良き収穫。
2012blog-1636.jpg運用に目星をつけて、廿日市駅にやってきました。
広電で向かっていると時間がかかりすぎて運用を逃してしまう可能性があるので、
ここまでJRでワープしてまいりました。

最初"廿"の字が読めなくて、乗り換え案内が入力できなくて大変だったのは
秘密にしたいところだ
2012blog-1637.jpgロータリーも備わっていて、綺麗に手入れされています。
ICOCAに対応した自動改札もあって、当然といえば当然ですが
Pitapaでも利用することができました。こりゃ便利
2012blog-1638.jpg広電廿日市駅に着きました。
ここで言うラッシュ専用車の運用は、
広電前に行くようなイレギュラーなものを指しますが、
さぁ、どれに充当されているかな
2012blog-1639.jpg…対向の列車が!!これだ、これ!!

今回の目的、朝ラッシュにしか稼動しない3100形という形式になります。
元来2車体で組成されていたものを、派手に継ぎ接ぎして3車体連接車になったもの。
モーターを車軸に装架した”ツリカケ式”駆動で、電気制動を常用する
日本ではとても珍しい鉄道車両になるのです。
2012blog-1640_20120908221352.jpg宮島線内の独特な行灯式表示です。

「高いホーム」は既に高床の車両が消滅しているので、使用されることは無いでしょう。
広電前行きが来るようですが、さぁ、何が来るか??
2012blog-1641.jpg来ました。3100形です。

目標達成です。堪能しましょう!!
2012blog-1642.jpgラッシュ専用だけあって、結構な混雑です。
車内の模様は殆ど撮影できませんでした…が、
末端区間に入ってガラガラになったので、撮影を開始しましょう。
広電前行きの900形の続行に付いて、付かず離れずで
停留所をこなしていきます。
2012blog-1644.jpg大阪車両工業で魔改造されたことを示す銘板が。

今は大阪の南港に工場があり、今でも譲渡車両などの魔改造を
こなしているとのことです。
2012blog-1646.jpg広電前に到着しました。

ここで入庫なのかと思っていたら
2012blog-1647.jpg走り出しました。

車体と車体の間に台車がある
3車体連接という特殊な形態が見て取れます。
2012blog-1648.jpgと、ここでパンタグラフを切り替えて、
おお、またここで運用に就くのかオイ!!

逃してしまいました。
2012blog-1649.jpgふー、やっちゃったなぁと思いつつ、近辺を散策。
なんだか凄いものを発見しました。
過去に都市間友好などの絡みで輸入された外国の路面電車です。
これからはレストランの看板として活躍するよう。
2012blog-1652.jpgさて、先日も貼ったこの並び、
大阪市電の方に乗ったのですが、

よく考えたら、1区間でも神戸市電に乗るべきだったか
うーむ
2012blog-1653.jpgだがどれに乗っても楽しいことに変わりはない。
車内にはこのような譲渡プレート。
最初は、老朽車置き換えのための状態の良い出物を戴いたカタチだったと推されるが
結果として電車の博物館となってしまったことは、会社としてもマニヤからしても
嬉しいことではないでしょうか。
2012blog-1655.jpg外見は古典的な路面電車ですが、このように車内には
冷房ダクトが通っていて、とても涼しいんです。
広電は、80年代前半から冷房改造に関して試行錯誤をしていたようで
このような古い車両にも、まんべんなく冷房を載せれるようにできたことで
冷房車の比率を上げていくことに成功しました。
2012blog-1654.jpg直接制御器の大きなハンドル。

運転士さんはこれをグリングリン廻して加速していく。
いやー、チンチン電車はこうでないと。
2012blog-1657.jpg京都市電は15両が在籍しているが、
それら全てに京都にちなんだ愛称が付けられています。

全てコンプリートするのも…いや、それは骨が折れそう
2012blog-1656.jpg当方の趣味で古典的な車両ばかり取り上げていますが、
路面電車というものの復権にもかかわる、その時代の最先端だった車両たちも活躍しています。
80年代、昭和中期のチンチン電車をリプレースするために、
鉄道事業者や車両製造会社にて模索され、ひとつの答えとなったのが
「軽快電車」と呼ばれる画像のような車両。
この形態のものも、時代とともに新技術を取り入れ進化していき、後に外国の技術を用いた
GREEN MOVERへとその道筋は続いていくことになります。
2012blog-1658.jpgと言いつつ、当方の好物はこんなものでして…
これは九州の西日本鉄道にて使用されていた車両で
宮島線直通車を表す独特のカラーリングがいい味出してます。
なにやらサツマイモのようですが、広告車でもっとサツマイモのような
色合いになったものが存在するようです。
2012blog-1659.jpg旧型車両は殆どが淘汰されてしまいましたが、
画像の車両は数少ない生え抜きの車両です。
なぜか単行車の生え抜きが譲渡された車両より少ない広電です…

で、
2012blog-1682.jpgこの食玩出身の広電、画像の350形より番号は大きいのですが、
どうやら経年はこちらの方が多かったようで、
この554号車は2006年に運用から離れて、まもなく解体されてしまったとのことです。
できれば現物も見たかっただけに、これは残念でした
 
  1. 2012/09/09(日) 00:49:26|
  2. 鉄ヲタ

イカ釣りを楽しむ

2012blog-1684.jpg私が住む岬町は、町の北西側は殆どが海に面していまして、
大阪府でも希少な自然海岸が残っている海の町でもあります。
故に、海での遊び、レジャーも盛んでして、そのひとつに釣りもあります。

え、おまえはやらないのかって??
趣味が多すぎてやってる場合ではありません(言い訳)
2012blog-1687.jpg父親や弟は釣り大好きで、近頃は餌木(ルアーのようなもの)を用いて
イカやタコを釣ることに精を出しています。
今日は一緒に連れて行ってもらいました。
2012blog-1685.jpg餌木をポイっと投げ飛ばし、グイグイっとしゃくっていきます。
まだ型が大きくないので、掛かっても藻が付いたくらいにしか
重くならないので、あんまり釣っているような気がしない。

陸に上げるのは墨を吐ききらせてからでないと…顔面シャワーを
くらうことになります!!
2012blog-1686.jpg偏光グラスを付けておくと、餌木を追うイカが見えます。
うまいこと駆け引きすると、餌木を抱え込むのがわかるので
そのタイミングで釣り上げると!!

結構いい型のものが釣れました。
2012blog-1688.jpg父親と弟は、これから更なるポイントを攻めるみたいです。
当方は、奥さんが帰ってくるのでここらで切り上げて
撤収してまいりました。
いやー、このアオリイカがまたウマイんです。
 
  1. 2012/09/08(土) 15:52:16|
  2. 国内街歩き・地元記事

広島おさらい・広電編 1

2012blog-1682.jpg鉄ヲタにとって広島といえば、JRの広島シティネットワーク(マニヤのスラングでは國鐵広島鐵道管理局とも呼ばれる)と
そして市内電車の雄、広島電鉄こと広電であろう。
琴電が近代化してしまった今、電車の博物館の異名を維持し続ける広電を愉しみます。
2012blog-1631.jpg電車の博物館とはいえ、それ以前に公共交通機関としての使命をもつわけでして、
ここ広島市内では、その交通ネットワークの中で重要な位置となっている広電。
画像のような長編成の新型低床車両がひっきりなしに走り回っています。
否応がなしに、路面電車先進都市を感じさせます。
2012blog-1633.jpg発車案内。市内の重要な停留所では、
画像のような多機能のものが導入されている。
2012blog-1632.jpg乗り換えは、決められた停留所で、
運賃を払った後にこのような磁気カードを用いて行うことになっています。

が、磁気カードリーダーが導入されてから相当な年月が経ち、更にIC乗車カードも
導入されたことで使用頻度や必要性も低くなっていて、故障が頻発していることに対する
お詫びが車内に掲示されていました。
2012blog-1643.jpgそのIC乗車カードがこれ。
PASPYと呼ばれるそれの普及率は結構すごいです。
老若男女問わず、大概のお客さんはこれを使用して
スマートに乗降していました。

しかしなんなんだ、このFunkyなキャラクターは…
2012blog-1634.jpgいやー、すごいなここはと感心していたら、
何食わぬ顔で登場した…!!!京都市電だ!!

時間は既に夕ラッシュ明けなのに、普通に走っているのです。
2012blog-1635.jpg昭和中頃に製造された、もはや骨董品レベルの車両ですが…
また来た!!

なんなんだここは…楽しいじゃないか
2012blog-1650.jpg朝ラッシュは、普段稼働していない車両も応援で出てきて
更にカオスが加速します。

この塗り分けは!!
2012blog-1651.jpg神戸市電です!!

既に1両がかろうじて残っている570形が登場。
2012blog-1652.jpgそして大阪市電との並び!!

これが日常なんだからたまらない!!
2012blog-1678.jpg大阪市電は結構まとまった数が現存していまして、
このような並びも普通に見ることができます。
そのいずれも、冷房装置や座席下の暖房も整備されており、
暫くはこのままで元気な姿を見ることができるでしょう。
2012blog-1683.jpg大阪市電はおおまかに2種類あって、そのもう一つが
丸まった愛らしいフォルムの元2601形である900形。

阪堺のアレにもよく似ていますね。昭和30年代の流行だったのでしょう。
古巣の大阪では近頃ゴタゴタばかりで碌な話がありませんが、
遠く離れた広島で、大阪時代よりもかなり長くなった余生をのんびり元気に過ごしています。
 
  1. 2012/09/07(金) 23:53:57|
  2. 鉄ヲタ

広島おさらい・広島シティネットワーク編

2012blog-1617.jpgさて、今回なぜ広島に行こうと思ったかと言いますと…
1・広電に乗ったり撮ったりしたい!
2・関西圏では見ることが困難になってきた103・113系に乗りたい!!

あと、小学校の修学旅行以来となるので、色々散策したいというのもあります、ハイ
2012blog-1618.jpg広島駅に降り立つと、まだラッシュ明けなのか
ひっきりなしに電車が入ってきて楽しいです。

現在、車体の塗装が一色塗りに変わる過渡期なので、
上のような広島色と、このような濃黄色の車両が入り交じっています。
確かに、1色塗りだとマスキングしなくていいから手間は省けますよね…
2012blog-1619.jpg側の行先がLEDに換装されています。
直前では京都近辺にて嵯峨野線や草津線を走っていたものと推測されます。
その横のトイレ上の表示器は…内側から紙でも貼ったのか、これは

元々は帯だったところが剥がされずに上塗りされているのがまるわかりです…うーん
2012blog-1620.jpg車系を問わず、どの車両も電車は濃黄色、ディーゼルカーはタラコのような色に
塗られてしまうようです。

これは可部線を走る105系ですね。ここら辺りだと、きのくに線でも
見ることができる車両です。
2012blog-1621.jpgそして過渡期の楽しみといえば、
このように混色で組成される車両があること。
関空開港前の南海電車でもありましたし、
今だと京阪電車でも見ることができますね。
2012blog-1622.jpgまた異なった色の車両がやってきました。
この色こそが、広島近辺にて20年近く愛されてきた
通称「瀬戸内色」というもの。
現在では、新車に近いリニューアル工事や。塗色の変更を受けていない
車両でしか見ることができなくなりました。
2012blog-1623.jpg分散式の簡易冷房、縁の丸~い側窓、そして車号。
関西でも10年前くらいでは普通に見られましたが、近頃は新型の投入と減便で
めっきり見られなくなりました。

クハ111-91、調べてみたら2012年現在で車齢47年。
現役最古のクハ111形となる。
2012blog-1624.jpg呉に向かいます。

当然、103系の安芸路ライナーを狙います!
広D-03編成が充当。現在残存する103系は全て片町線対応改造が
なされていたグループとなります。
2012blog-1625.jpgこれも、関西では見られなくなった分散式の簡易冷房が載せられていて

趣味者としてはたまらない車両です。
2007blog-034.jpg関西では、阪和線羽衣支線で走っていた

画像の編成が最後となりました。
確か2007年位に引退したはず
2012blog-1626.jpg車内を冷房ダクトが通っていないので
天井が高く、冷房が付いていなかった頃からの意匠で
扇風機が取り付けられています。
2012blog-1628.jpg関西では、その冷房能力不足が重通勤路線では致命的だったのか
早々に廃車などで引退しましたが、ここ広島ではどういった理由かはわかりませんが
このようにトイレ取り付け改造まで施されて活躍中です。
小回りの効く3両組成ができるのがワンマン向きだったのでしょう。
他の車齢の若い103系を差し置いて残存しているのです。
2012blog-1629.jpg移設された行き先表示と、簡易冷房ことWAU102形冷房装置。

阪和線や関西線でもよく当たりましたが、あんまり冷えないのでキツかったです。
2012blog-1627.jpgモハ102-404
昭和45年に明石に配属され、東海道線から片町線を経て
広島入りしたもの。

後期タイプにある高音がよく出るモーターを載せていて
呉への道中を(ほぼ個人的に)盛り上げてくれました。
2012blog-1630.jpg翌朝、廿日市まで行く用事でもなんと遭遇、乗車することができました。
103系は、ほぼ呉線専用車になっていて
山陽本線に乗り入れる運用はレアらしい。

いやー、もうお腹いっぱいです。楽しませてもらいました。
 
  1. 2012/09/06(木) 13:22:04|
  2. 鉄ヲタ

広島おさらい・カメラ編

2012blog-1610.jpg今回連れ出したカメラは、EOS KISS Digital NにEF-S 17-85のIS USMとPowerShot G5、
そして奥さんのRICOH CX4でした。
当方は1台に絞るほうが楽だったと思われますが、なんとなく…で2台体制でした。
2012blog-1613.jpg初日の呉への移動中。

この画像の時点で、何やらおかしな挙動が出ていました。
AFが合わない。派手に迷う。特にテレ側で頻発します。
2012blog-1614.jpgこの画像の頃になると、今度は空でシャッターを切り始め、
Err99が頻発するように。
どうやらレンズが絞り不良になってしまったようだ。

まだ中古で買って半年しか経ってないのに(´・ω・`)ショボーン
AFの迷いは後日検証することにします。
2012blog-1612.jpgと、いうわけで今回の旅行はPowerShot G5が大活躍でした。
いやー、持って行っておいて良かったです

もうコンデジというか、近頃のミラーレスと同等の大きさのカメラと
挙動不審な当方との組み合わせは怪しい旅行者の雰囲気を
プンプンさせていたことでしょう。
それにしてもG5、良く写ります。ですが…
2012blog-1611.jpg上画像のハンドル周りや、この画像の街灯のように
特定の光源だと所謂パープルフリンジのように滲んで輝いてしまいます。

この辺りはいくらG5とはいえ、無理なのでしょう。
2012blog-1615.jpg奥さんのCX4は、以前奥さんが母親と二人で旅行した時に
たくさんの画像を持って帰ってきたのですが、とにかく「絵が眠い」と奥さんには不評でした。
色調はAUTOにて撮影すると肉眼よりも、なにやら色の薄~い世界が撮影できます。
自然な発色を好む方はこれで良いのですが、もっと写真っぽさを求める向きには
モード設定を記録できるマイセッティングを活用すると良いでしょう…

補正はコントラスト+1シャープネス+1でメリハリのある画像が出てくるようにしてみたのですが、
2012blog-1616.jpgそれでも、この画像のように、AWBが迷うのか何なのか。
色調が緑がかったりすることが多く感じます。

それでもフルオートで撮ってしまうことを思えば、相当な改善となったのですが…
うーむ。
 
  1. 2012/09/05(水) 23:21:53|
  2. カメラ

帰って来ました…が

2012blog-1609.jpgレイアウトがとんでもないことになっていました…
昨夜、更新した際に電話で見て、表示が崩れているのは
電話のブラウザのせいかと思っていたら…

修正して、今夜はもう寝るとします。
 
  1. 2012/09/04(火) 23:45:59|
  2. その他

まいったな


このアプリで記事投稿してからレイアウトがおかしくなったので、
ブラウザから修正してみたのですが
いくらやっても余計におかしくなってしまって…
帰ってからチマチマ直すとします。
タグをもっと使いこなせるようになれれば、
もう少しなんとかなりそうですね。
  1. 2012/09/03(月) 23:57:08|
  2. その他

いざ西へ

画像その1。近頃は当該に使用される車種まで
表示されるのです。
N700系なので、コンセントがある!!これは良い
あっという間に広島ですよ。新幹線の速さと定時性は異常です。
呉にいってきました。楽しかったので、またこれも記事にしましょう。
宿は広島に取りました。明日は宮島に向かいます。
小学校の修学旅行以来なので楽しみです。
  1. 2012/09/02(日) 23:15:57|
  2. 国内街歩き・地元記事

9月になりました = 鉄道コレクション 南海6000系発売日

2012blog-1601.jpg9月といえば、そうだ、鉄道コレクションの発売日じゃないか!!
…鉄道コレクションとは、トミーテック(タカラトミーのグループ会社)が発売している
鉄道玩具なのですが、
日本でも人気の高い「Nゲージ」鉄道模型と同規格の車体サイズで作られており、
その気になれば動力を仕込んで、Nゲージ模型として走らせることもできるもの。
2012blog-1600.jpg一般にTOMYから発売され、店頭販売されるものと、
こうして鉄道会社とコラボレーションしてその会社のちょっとネタな車両が
限定販売されたりするものと2種類あって、特に人気の車両だと早朝からならんだり、
買えなかったら販売員とヲタや転売屋同士でとトラブルが発生したりするという
阿鼻叫喚が話題となったりもします。

ちょうど、一般発売日が夜勤明けの今日だったので、買いに行ってみることに。
…うわ…めっちゃならんでる
2012blog-1602.jpgそれほど待つこと無く、無事に買うことができました。
近頃は生産数を多くして、多くの人が満足できるようになっている様子。

まぁ、全く売れなくて不良在庫になったりしたら問題なので、
生産数はなかなか多く見積もれないのでしょう。
概して、このようななつかしの名車(といっても全車現役)だと人気は高いです。
2012blog-1603.jpg※ヤフオク出品用の画像に見えますが、決してそれではありません

おー、なかなか良い感じじゃないですか。
2012blog-1604.jpg開梱。
4両編成に組みたい時用の高野山方先頭車にモデファイするための
屋根も付いて来ます。

もう1セット買ったほうがよかったかな…?
2012blog-1605.jpg前面。
今回の商品は、2次車の更新改造前を再現しています。
2012blog-1608.jpgこれが2次車の現在の姿。
1500V昇圧に伴い機器吊り替え、冷房が付いた際には台車も交換、
CIに基づいた橙と青のラインが塗装(初期は着色フィルム)されたりと
その時代に合わせてアップデートがなされています。
2009blog-340.jpgこの画像は3次車以降のもの。

外観から見ると、真ん中の窓、いわゆる貫通扉窓のサイズが
小ぶりになっていることと、ガラスの押さえ方が変更されています。
2012blog-1606.jpg側面の洗濯板のようになった「コルゲート」と呼ばれる

美観処理もいい感じで再現されています。
2012blog-1607.jpg折角買ったんだし、このように他の仲間も居るので

早いこと展示できるボックスというかケースを整備しないといけません。






  1. 2012/09/01(土) 18:14:17|
  2. 鉄ヲタ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する