FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

Prius770D(E)最後の放出 キーボード清掃編

2012blog-1590.jpgこうしてようやく他人に安心して使ってもらえるレベルになってきた(と思う)
Prius770Dですが…もう純正キーボードの在庫がない

色々考えた挙句、思い出したのがハドフ泉南店のジャンクコーナーにあったもの。
あんまり綺麗じゃないし、イラネとスルーしたのが2ヶ月ほど前。
まだあるかな…と見てみたら

普通に売れ残ってました。
2012blog-1591.jpg当然、そのまま表面だけ綺麗にしてハイ終わりというようにはしません。
全バラです。

途中の画像は割愛します。いや…ものすごかった…です。
今までバラしたキーボードの中でもズバ抜けて色んな異物が…

サッサとバラして、キーはハイターに漬けて一晩置きます。
2012blog-1592.jpgその他のパーツはマジックリンで徹底洗浄します。
そのためにはまず電装品を外すわけですが…

今回はとっととバラしてしまったので、組立工程から数枚を。
2012blog-1593.jpgキー入力の信号は、画像のような3枚のフィルムを用いて生成します。
上と下のシートに導電材が刷られていて、その間にキー配列場所に穴が開いた
フィルムが挟まっています。
この真ん中のフィルムが絶縁と、キー入力時の接点導通のカギになっています。

損傷しないように丁寧に扱います。
2012blog-1594.jpg小さな制御基板があります。ここにUSBコネクタも1個あって、マウス接続を
スマートに行えるように作られています。

画像中央のネジ穴はアースになっています。
2012blog-1595.jpgこのように、黒線を繋いでおきましょう。

その他のケーブルもコネクタ接続なので、整備性は良好です。
2012blog-1596.jpg一番底の部分には、ウエイトになる鉄板が沈んでいます。
順序良く組んで行かないと、また一からやり直しという
苦行が待っています。
フィルム基板はフィルムコネクタ状態で制御基板に挿さるので、
あまりむやみに抜き挿ししていると損傷して使い物にならなくなる
可能性もあるので特に丁寧に扱う。
2012blog-1597.jpgゴムのペコペコ、メンブレンというものでしょうか。

これも忘れずに仕込んで、
2012blog-1598.jpg薄緑のパーツはキーのベースです。

この上に文字が書かれたキーがはまるようになっています。
ここまで来れば完成も同然、あとはキーボードの動作を確認して、
最終チェックを済ませて…
2012blog-1599.jpgとりあえず、実家に置いてきました。
引渡しは母親が、据付は先方でやってくれる「だろう」ということですが…

だろう??

うーん、こりゃやっぱ、セットアップやインターネットへの接続は
私がすることに…なるのだろうか
 
スポンサーサイト



  1. 2012/08/31(金) 11:39:28|
  2. パソコン

Prius770D(E)最後の放出 マザーボード換装編

2012blog-1575.jpgさて、OSのセットアップも完了して、
便利なアプリや設定の変更を行なっているPriusですが、

CPUファンが減速せずに全開でブンブン回っています。
これは明らかにおかしい。
原因を追求するのも面倒なので、部品取りからマザーボードを移植します。
2012blog-1576.jpg今回使用するのは、Prius770Dのもの。
マザーボードはAcerのS86Jなので一緒なのですが、
DシリーズのPentium4モデルは、FSBが400固定なので
FSB533のCPUは使用できないのです。
2012blog-1577.jpgが、これ。BIOSロムを換装することで

ひょっとしたらFSB400縛りから放たれて
FSBが533にならないかという試み。

これがDシリーズのもの。U27と記載されています。
2012blog-1578.jpgこちらがEシリーズのもの。

U37となっています。あきらかに中身が違うっぽい。
2012blog-1579.jpgROM交換のやり方は…これでいいのかな??

精密ドライバーでコジコジしていると、ぼそっと抜けます。
あと、マザーボードに生えているジャンパのピン位置も770Eと570Dでは異なるので
770E側に揃えておきます。
2012blog-1580.jpgそれでは、BIOSROMを入れ替えただけの状態で
マザーボードを770Eのキャビネットに移して
HDDを繋いで起動してみましょう。
2012blog-1581.jpgん、こんな表示になった、

が、通常起動で行きましょう。
2012blog-1582.jpg無事、起動しました。
2012blog-1583.jpgうわっ!

スーパーオーバークロック状態になっています。
DシリーズのマザーボードにFSB533のCPUを挿入すると
ダウンクロックされるので、その逆ということです。
2012blog-1584.jpg動くこと、そしてファン制御が生きていることがわかったので、

CPUや他のパーツを570Dのマザーボードに移し替えましょう。
2012blog-1585.jpgPentium4の2.8も移し替えて…

これでDシリーズでもFSB533化することができることがわかりました。
がEシリーズのジャンクが必要なので、この換装の実効性は低いでしょう。
2012blog-1586.jpg実際、父親に譲渡したPrius570Dには
FSB400のPentium4 2.8GHzを導入しました。

それにしても、FSB400の2.8GHzは組み込み向けで、
BOX版で市場には出まわらなかったCPUだったのに、
それですらスンナリ起動してしまうSIS651は凄い。
2012blog-1587.jpgはい、出来上がり。

あとはこのままトラブル無く起動することを祈りましょう。
2012blog-1588.jpgまずはF1回避の挨拶。

これがパスできたらもう大丈夫でしょう。
2012blog-1589.jpgよーし!これで完璧にEシリーズ互換として
使用できることがわかりました。

作業も後半に入ります。
 
  1. 2012/08/30(木) 07:01:07|
  2. パソコン

Prius770D(E)最後の放出 CPU/HDD編

2012blog-1556.jpg私が2003年に購入した日立のパソコン、Prius。
2010年にDH73P2に代替するまで大概頑張ってくれたものでしたが、
その保守や改造などのノウハウが活かせるので譲渡用やスペアに数台も導入してしまい、
ひどいときには10台くらいのPrius550/570/770シリーズが滞留することになってしまいました。

しかし、我が家で使用する分がDH73とAW37になったので、そろそろ保守部品込みで
放出させることにして…
2012blog-1552.jpg今まで5台を嫁がせて、ようやくスッキリしてきたのですが、最後の1台が
まだ残っていました。
これは570Dの筐体に770Eのマザーボードを入れて、FSB533のCPUが
使用できるようにしていたものです。

母親の同僚が、家で使えるパソコンが1台しか無く、娘さんと取り合いにならないように
適度なパソコンが欲しいらしい。それならということで、組み上げて寄贈することに。
2012blog-1553.jpgFSB533が使えるので、購入してきたのが
ピン曲がりありのPentium4 2.8GHz。日本橋のフレンズで100円でした。

ピン曲がりCPUの処置は初めてです。セオリー通りに、シャープペンシルを使って…
2012blog-1554.jpgそのうち面倒くさくなって、そこらのカードで慣らし始める。

意外とうまくいきました。
2012blog-1555.jpgこの辺りも在庫品で済ませましょう。

Socket478のジャンクが流通していた頃が、
日本橋ジャンクの最後辺りになるのでしょうか。
近頃はお店も減るばかりで寂しいです。
2012blog-1557.jpgこの個体には、FMVの発生品のCPUクーラーを使っていました。
2012blog-1558.jpgHDDは適当なジャンクでしたが、

…使用不能になっていました。
まぁ、40GBではシステムで殆ど取られてしまいますし、
交換しましょう。
2012blog-1559.jpg頑張ってピンを起こしたCPU。

ちょっと収まりが悪かったのですが、なんとか入りました。
2012blog-1560.jpgHDDは250GBのものを入れました。

さすがに在庫がなかったので、これはインバースネットで入手。
2012blog-1561.jpgメモリは当方からの発生品である、CENTURYMICROのもの。
DDR400・PC3200の512MBデュアルチャンネル!!
…今や1GBなんてローエンドでもありえない構成ですが、xpならなんとか…

モジュールが日本製だなんて今や考えられないものです。
2012blog-1562.jpg起動します。

CPUが変だからF1キー押してねメッセージ。
なんでも、SISのチップセットはこの辺りには寛大である様子。
確かに、今まで起動しなかった478CPUは無かった。
2012blog-1563.jpg所定のデバイスたちが認識されているかBIOSで確認…

あれ、メモリが1本認識されていない。
挿しなおしで解決。
2012blog-1564.jpgインバースネットで購入したHDDに出てくるメッセージ。

このソフトで消去したことと、前はどんなパソコンに載っていたかが
わかったりします。
2012blog-1565.jpg…と、ここでいきなり青画面。

あんまり頻発するので、メモリの挿し直しと
CPUを予備(3つも買った)に交換。
2012blog-1566.jpgクーラーをシプラムのようなものにするので、
リテンションも交換します。

我が家から離れた(距離というか、人的なもの)ところに嫁ぐので、
ここは新品で信頼性を稼ぎます。
2012blog-1567.jpgファンも大きな奴をおごります。

7cmサイズでファン部分が大きいこれ、理想の形状ですね。
2012blog-1568.jpgよーし、ハードウエアはこれでOK。

OSをセットアップしましょう。
2012blog-1569.jpgまずは先程の消去ソフトの残りを消すために

MBRを書き換えましょう。
2012blog-1570.jpgxpのCDを入れて、回復コンソールに入って
2012blog-1571.jpg"fixmbr"と打てば、迅速に書き換えてくれます。
2012blog-1572.jpgそれでは、リカバリーディスクにて

インストール開始です。
2012blog-1573.jpg基本的に再インストールの時にしか会えないゴーストさん。

出現率もその分低いのでレアな存在です。
2012blog-1574.jpg今回もSP3をどう当てようか考えた結果、

画像のように、IT プロフェッショナルおよび開発者用~を使用。
これで一気にSP3までジャンプアップです。
 
  1. 2012/08/29(水) 18:40:23|
  2. パソコン

Jazzにライザーハンドルを

2012blog-1536.jpg今日は、コレが届いたので、
早速装着して記事にしましょう。

この鳥居のようなパーツ、Jazzに付けるバーハンドルです。
2012blog-1537.jpg従来のハンドルは、クランプごと撤去するのですが、それに伴い
◆ウインカーステー
◆メーターステー
を、どうにかしないといけません。
2012blog-1538.jpgまぁとりあえず、撤去ですね。

近頃、やたらJazzばかりいじっていたので、この辺りは慣れっこです。
2012blog-1539.jpg電装ボックスは、トップブリッジを外す前に
切り離しておくと良いでしょう。
画像のように、M6のボルト2箇所で留められています。
2012blog-1540.jpgごっそりはずれたトップブリッジ。

この状態で、クランプごとハンドルを外してしまいます。
2012blog-1541.jpg比較。
元来、バーハンドルモデルのほうが好きだったので、
このカタチは理想に近づきます。
2012blog-1542.jpgトップブリッジには、M10×1.25のボルトで留められますが、

ボルトは付いて来ませんでした…
2012blog-1543.jpgうわぁ…
表側のメッキも、もう磨いてもきりがないくらいに傷んでいるので
いつかは程度の良い物を探すこととしましょう。
2012blog-1544.jpgボルトは7Tの長めのもので

ガッチリ締結します。
2012blog-1545.jpgはい、ハンドル装着完了。
磨いたらそれなりにピカピカになりますが、
一雨降ったらまたサビサビになってしまします。
2012blog-1546.jpgフロントフォークのインナーチューブも磨いておきます。
そして仮付け、跨ってみる。

以前のプルバックハンドルだとバックレストに背中がつかなかったのですが
これにすると…うーん、バッチリ
2012blog-1547.jpgそれでは、端材やエーモンステーから色々作ってみましょう。

上はメーターステー、下はウインカーステーです。
わざわざ穴を拡大したのは、純正のゴムブッシュを流用するためです。
2012blog-1548.jpgウインカーステーはここに。
前方からの視認性を考えると、あんまりこの位置への
移設はやりたくなかったのですが、
まぁ仕方ない、せっかく移すんだから、ここしかないでしょう。

てか、マグナ50は最初っからここに付いてるんですよね
2012blog-1549.jpgメーターステーはここに。

電装ボックスからステーを出します。
2012blog-1550.jpgよーし完成!!

早速乗ってきます。
2012blog-1551.jpgうーん!!良い感じ!!

なのですが、少し走ってると腹筋が痛くなってきます。
ポジションの煮詰めが足りないのでしょうか?
 
  1. 2012/08/28(火) 20:23:04|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

官公庁オークションに参加してみましょう

2012blog-1528.jpg8月の初頭、何気なく「PowerShot G3」で検索していると、
興味深い出品に遭遇しました。

官公庁??
2012blog-1532.jpg要は、役所などの機関で差し押さえられたもの、
減価償却が済んだりして不要になったものなどが
ヤフオクのシステムを利用して出品されているのです。

小物だと乾電池から、物置から出てきた古物、
でっかいところだと自動車や土地建物まで
ものすごいことになっています。
2012blog-1527.jpg結構、人気のある物件だそうで、入札数も多く
価格も高めになるそうです。何せ相手は公の機関であり、
取引における信頼性は抜群です。
2012blog-1529.jpgさて、入札してみましょう。

普通のヤフオクと異なって、まずは締め切り期日まで入札の意思を
仮申し込みと保証金の入金をクレジットカードなどで決済します。
2012blog-1530.jpg個人情報も、この時点で入力。

ちなみに、この八頭町は鳥取県にあるそうです。この辺

スズキの大型バイクであるGSX1300R"ハヤブサ"のオーナーが集うことで有名な
若桜鉄道の「隼駅」もこの八頭町にあることを知りました。
2012blog-1531.jpg全て済ませてポチったら、メールが届いて

仮申し込み完了です。
2012blog-1533.jpg本入札までは2週間くらいの期間があります。

本入札が開始されたら、それを知らせるメールが届きますので、
ログインして思いを入札価格に込めます。

この入札にも色々ありまして、1回きりのものや、
後々に増すことができるものもあるようです。
2012blog-1534.jpgほい、完了。

意外と簡単にできてしまいました。
これはまた面白い物件があったら入札してみようかな
2012blog-1535.jpg入札が完了したら、またまたメールが届きます。
2012blog-1526.jpgで、結果。今日が入札が締め切られて、結果が出るのですが…

競り負けました(´・ω・`)ショボーン
まぁいいや、G3なら本体だけのものでもいいし(負け惜しみ)
自分のおもちゃにG6か、奥さん用にG7以降を探すことにしましょう。
 
  1. 2012/08/27(月) 22:01:54|
  2. カメラ

TERPA PRO SR930

2012blog-1518.jpg近頃、またしても物欲がぶり返してきてしまい、

いろんな物に手が出てしまいます。
本日のおしながきは…
2012blog-1519.jpgテプラです。

家庭内の表記や、車などのメンテナンス距離をエンジンルームに貼ったりと
結構使い道がありそうなので、購入、というか落札に至った次第。
2012blog-1520.jpg結構使い込まれていたのでこのザマですが、
その分安かった??です。
いや、安かった…だろう、多分。
上級機だし、ね
2012blog-1521.jpgテプラといえば、職場に配属された中堅機種などの
テープを装填する所の蓋、そこのヒンジが異常にもろく、
蓋が開いたままの判定が出て使用不能になることが多かったのには
悩まされましたが、近頃の機種はこのように強固なヒンジが採用されていて
上記のようなトラブルは皆無となりました。
2012blog-1525.jpg本来なら、USBケーブルと通信ソフトを用いて
パソコンと連携することができるみたいです。
エクセルなんかで作ったものを流し込めるそうだ。

この個体は本体とACアダプタのみでしたが、KING JIMのサイトから
ドライバや関連するpdfファイルをダウンロードすることができます。
2012blog-1522.jpg上級機なので、36mmのテープまで印刷ができます。
職場のものでも28mmまでしか見たことがないので、
どれだけ太いのでしょうか…
2012blog-1523.jpg早速、使ってみる。

職場のテプラははSR720なのですが…
うわー!!編集ボタンで出てくる設定項目が豊富すぎる!!
この辺りの設定は全て1画面で済ませてしまうことに驚いてしまいました。
これはすごい!!
2012blog-1524.jpg文字変換にATOKを用いて(これは職場のものも同様)いたり、
キーがゴムではなく樹脂キーであったりと
なかなかの所有満足度を誇るSR930。

さて、とりあえず…よく使うサイズのテープを買わなくては…
 
  1. 2012/08/26(日) 23:38:41|
  2. 家電製品

BSR SYSTEM X-10 The Timer

2012blog-1508.jpgリビングのテレビ横で使用している時計が止まってしまったので
代役を呼んできました。
2012blog-1509.jpg濃木目のイカした外観、メーカーはよくわからないところです。
2012blog-1510.jpg結構古そうなのですが、マレーシア産。
2012blog-1511.jpg電源投入。
FL管の美しい表示が灯ります。
管の意匠からすると、70年代のFL時計によく
採用されていたものと同様に見えます。
2012blog-1512.jpg蓋を開けたら操作部。
その名称が示すように、何らかのタイマーを操作できるようです。
蓋の蝶番は残念ながら破損しています。
2012blog-1513.jpg説明書き。
うーん、照明器具を一括でタイマーコントロールできるようですが、
それと連携させるための端子などが見当たらない。
いったい、なにで操作させるのでしょう??
2012blog-1514.jpgハウスコードというものも。

結構凝ったシステムなんですが、検索してみると
電力線を使用してこの親機から信号を送り、子機で
電源の入り切りをする構成になっていて、
海外では結構ポピュラーなものらしい。
Wikipedia-X10(海外)
2012blog-1515.jpgまぁ、親機だけではどうすることもできませんし、
我が屋敷では単なる時計として頑張ってもらいます。

FL管の後ろに大きなICがあります。ちなみに台湾製。
2012blog-1516.jpgボタン周りが結構汚れていたので、

バラしてマジックリンで綺麗に洗浄しました。
2012blog-1517.jpgというわけで出来上がり。
子機が見つかれば遊んでみたいのですが、
モノも古いので、もう見つかることもないでしょうね。
 
  1. 2012/08/25(土) 11:53:01|
  2. ラジオ・時計

CF50シャリィ マフラーガード装着

2012blog-1457.jpg先日、新品購入したマフラーガードを取り付けてみましょう。

画像のように、初期に近い(ST50ZやK)のものと、それ以降(スポーツなど)では
マフラーガードも異なり、当然ですが…取り付け穴も違います。
2012blog-1458.jpgとりあえず、新規に付けるマフラーガードに合わせて

適当にケガキます。
2012blog-1459.jpgM6のナットを熔接。

汚いですが…付けばいいんです
本体に穴を開けてはいけないので、慎重さも求められます
2012blog-1460.jpgなんとか付いた…

サンチョさんは人見知りがひどいみたいで
なかなか扱いきれません。
2012blog-1461.jpgちょっと調子こいていい火花が出た!!

と思ったら
2012blog-1462.jpgポロッ

取れた…

精進します。
2012blog-1463.jpgう~ん、ひどい

まぁいいんです、隠れますから
2012blog-1464.jpgちょっとゲンナリしてしまう記事でしたが、

こうしてカバーを付けたら…

テンションアップップ!!!!!
2012blog-1465.jpg車体に付けて、更にテンションアップップ!!

やっぱり、新品の輝きがいいですね!
 
  1. 2012/08/24(金) 23:02:39|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

ザ・直接取引 PART:II

2012blog-1486.jpgふと思い立って、Jazzのワイヤーハーネスを検索しました。
当方が使用することが多い6VCDIエンジンですと、初期のJazzのものが相性がよく、
12V化も楽なのがその理由なのですが、その途中で面白いものを発見してしまい、終了5分前にステルス入札、
そして落札。

12VCD50のワイヤーハーネスと、その他ショートパーツ一式です。
2012blog-1497.jpg今回の出品者の方は、和歌山市にお住まいでして
それなら取りに行ってしまおうとお願いしたところ、快諾いただけましたので
…結構スケジュールの擦り合わせでお手数をお掛けすることになりました。
この辺り、なかなか直接取引の難しいところであると再考させられました。
2012blog-1498.jpgさて、このスクリーンショットが示すように、今回はナビの装着台が無い
SJ30にてナビを使用したいので、GoogleMapナビを試してみます。
Google検索と紐付けられた行先検索機能は、上記の入力で
行先を的確にヒットさせます。
2012blog-1499.jpg普段は電池の消耗を抑えるためにGPS機能はOFFにしていますが、
このアプリを立ち上げる際にONにするよう指定されます。

充電できるようにクレードルを持ちだして、それにマウントさせます。
視認性も良好。
2012blog-1500.jpg待たされることなく、ルートがキマり、案内が始まります。
GPSでの追従もこんなもんでしょう。
2012blog-1501.jpg先日開業した和歌山大学前駅も、すでに反映されています。

この辺り、通信端末と連携した地図の更新が活きていますね
2012blog-1502.jpgん、いつもは直進してるところで、左折の指示が出ました。

指示に従わず、直進してみましょう。
2012blog-1503.jpgリルートもいっぱしのナビゲーションのようにサッサと済ませてしまいます。
2012blog-1504.jpg現着。
なんとそれに即したストリートビューが!!
Googleの豊富なコンテンツをこれでもかと投入してます。

ですが、ここからは携帯電話として持ち出すわけで、ここがちょっと不便です。
クレードルに3.5φジャックと、本体との音声伝達機能があれば最高だったのですが
そういう用途ならSH-06Dの方が向いていたかも知れませんね。
2012blog-1487.jpgドフで時間を潰して、吉野家で腹を満たし、いい時間になってきたので、
次なる目的地を指定します。

画像ではカーステレオはFMを流していますが、外部入力にすることで
カーステレオにてナビ音声を出力させることも可能。
2012blog-1505.jpgこういった上空からの視点や、
2012blog-1506.jpg寝かした3Dビューも可能。
これは楽しいです。専用機に及ばない部分もありますが、
逆に強力な検索機能や…操作が素早い、文字入力も含めてうちのエアーナビが
…嗚呼
2012blog-1507.jpgストリートビューに対応していない箇所では、

到着画面はこのようになります。
2012blog-1488.jpg待ち合わせ場所はメッサオークワ高松店という場所。

スタバやツタヤなども入居していて、便利そうなスポットです。
2012blog-1489.jpg出品者の方も趣味でやっておられる方で、色々おもしろいお話をいただきました。
しゃべり続けていたらそれこそ閉店時間になりそうなので、帰路につくことに。

色々お世話になりました。
2012blog-1490.jpgさぁ、今回のブツを色々見ていきましょう。
2012blog-1491.jpgCD50に付いていたスワローハンドルとハンドル周り。

ハンドルはアレですが、その他のショートパーツがとっても魅力的。
2012blog-1492.jpg空でも飛ぶのかという勢いの220Km/hメーター。
サイズはとても小ぶりです。
これはラード君にあげることにしましょう。
2012blog-1493.jpgベーツライトと呼ばれている砲弾ライト。
手入れを怠ると一気にサビるそうです。
これは何に使おうものか…
2012blog-1494.jpg12VCD50の配線一式です。
これも色々使えそう。
12V化に必須のレギュレーターとウインカーリレーも付いてます♪
2012blog-1495.jpgその他ショートパーツ。イグナイターもありますね。

ちなみに鍵はありません
2012blog-1496.jpg最後。
どうやらキーシリンダーを移植させるパーツのようです。

シート下に付いてるJazzのものがあまりに操作しにくいので、
そのうち、これを用いて移植してみましょう。

いやー、いい買い物でした。
 
  1. 2012/08/23(木) 23:33:08|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

Z50J1 12V化対応キーボックス作製

2012blog-1476.jpg久々にモンキーの作業を開始します。
本日は、フレームの養生と錆落としも行なっています。

さて、画像のもの。キーボックスです。
4Lモンキーは、ヘッドライトのON/OFFもキーで行えるようになっていて、
それがまたこの車種の魅力でもあるのですが、
2012blog-1485.jpg元来の配線を使用するのであれば、それで問題無いのですが、
他車のハーネスを用いて12V化する場合は、キー位置における接点の構成がネックとなります。
画像のように、4Lモンキーのキーボックスは、全てのポジションでEが導通するようになっていて、
他車と比較する上で使いにくいようになっています。
2012blog-1477.jpgE-IGとその他の接点を独立させたい場合は、便利なキーボックスがあって、
それが古いダックスのキーボックスです。
余裕と出物があれば、キー一式をダックスのものにすれば良いのですが、
4Lのキーにこだわりたい場合、もしくはキーボックスのみ中古で入手したときは
ニコイチでキーボックスを作製して、モンキーのキーでダックスの接点を操作できるようにして
従来のキーと操作を統一させるとスマートに仕上がります。
2012blog-1478.jpg3箇所のツメをクリアして、裏蓋を開けると
小さなスプリングで押し上げられた接点が出てきます。
焼けたりしている場合は、擦りなおしてあげると良いでしょう。

あと、アースに落ちている端子はキーボックスと繋ぐプレートが基板にハンダ付けされていますので
先に切り離しておく必要があります。
2012blog-1479.jpg比較のために、4Lのものも開けてみます。

この辺りはダックス用と一緒みたいですね。
2012blog-1480.jpg4Lモンキーのキーボックス配線。

ダックスのものとは相当違います。
2012blog-1481.jpgそれぞれの接点を見てみます。

左がダックス、右が4Lモンキー
2012blog-1482.jpgキー側を覗いてみます。
いやはや、寸分狂わず全く一緒みたいですね。

これなら接点基板をスワップするだけでできそうです。
2012blog-1483.jpgてなわけでパチっと嵌め込んで完成。

テスターでパターン通りに導通が出ているか確認しておきましょう。
2012blog-1484.jpg後々、12V系の4極コネクタに合わせた配線にする予定なので、
ダックスの配線は外しておきます。

汚くても、色々メモを取ったり、このようにメモ画像を撮影しておくと
あ、そういえば!!というときに便利です。
 
  1. 2012/08/22(水) 17:04:06|
  2. オートバイ-Z50J1

CF50Zシャリイ チェーンラインを出します

2012blog-1450.jpg足回りがわけのわからない構成になってしまっている
当方のシャリイですが、
どんな魔改造車でも、走る上でタイヤのセンターと、
そしてチェーンラインがまっすぐに出ていることは大事だと思います。
2012blog-1452.jpgで、そんなたいそうなことを書いていてコレです。
スプロケットが外側に出ているからか、左側のプレートに
干渉しているのがわかります。
2012blog-1256.jpg画像のように、チェーン引きのカラーとの兼ね合いがあるので
これ以上はスプロケットハブ側にシム(という名のワッシャー)は
もう挟めません。
2012blog-1451.jpg※このやり方も、あんまりお勧めしません…

こうして、寸切りボルトを入れて、締め込んで…
ハンマーで横っ面を叩くと…

これで数ミリはナローにできます。
2012blog-1453.jpgスイングアームを幅狭に締めあげたおかげで、カラーを減らせて
更にうまいことスプロケットも右側に寄せることができました。
うん、良い感じでラインも出てそうですね
2012blog-1454.jpgタイヤも問題なくセンターが出ています。
この辺り、相当適当にやったのですが
結構上手く行ってよかった
2012blog-1455.jpg睨んでみる。
フロントのスプロケットも、数ミリは遊びがあるようで
その範囲内に収まったようです
2012blog-1456.jpg一度、リア周りの全てのボルトを締めてから

タイヤを空回しして、再度ラインのチェックをします。
 
  1. 2012/08/21(火) 21:36:02|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

9000系の特急を狙え・夏

2012blog-1447.jpg夜勤明け。

居残ってのんびりしているうちにお昼になってしまいました。
気がつけば、そう、盆明けで運転を再開した自由席特急とすれ違う

=車種が判定できるじゃないですか。撮影のチャンス!!
2012blog-1448.jpgターゲットは9000系でした。
看板付きの9513Fは避けたかったのですが、
どちらかはわからず。まぁいい、来たとこ勝負!!

よーし、9511Fが来ました。
看板付きじゃないすか!やだー!! …とならずに済んだのは、
残り少ない今年の運を使ってしまったからであろう。
2012blog-1449.jpgふと眼下を望むと、最高の景色。

今日はさすがに夕立も無さそうです。

コントラストがおかしいことになっているのは、
DPPでガッチガチにいじってみたからでして…

あとでスマホのホーム画面にしてみましょう。
 
  1. 2012/08/20(月) 16:20:45|
  2. 鉄ヲタ

CF50Zシャリイ ハンドルストッパー作製

2012blog-1083.jpgCD50のステムには、それのフレームに合わせたハンドル切れ角を規制する
ストッパーが備わっていますが、シャリイのフレームだとハンドル切れ角が
30度くらいにしかならなく、ちょっとした移動にも不便なので…
2012blog-1440.jpgちょん切ってしまいました。
2012blog-1441.jpg今度は、ステムがフレームに当たるまでハンドルが切れるようになるわけで、

これはこれで、何らかの対策が必要になります。
2012blog-1442.jpg郵政カブからのハンドルロック。ちゃんと穴も合いました。
ここにCF50・CD50・MD90のトリプルコラボが完成です。
だいたいこの位置で効くことを確認した上で、
2012blog-1443.jpg適当型紙が発動しました。

適当な鉄板を切って、適当に穴を開けて、熔接して…
2012blog-1444.jpgはい、できあがり。
2012blog-1445.jpgステムにもバッチリ収まって、更にハンドルストッパーとしての

役目もちゃんと果たしてくれています。
2012blog-1446.jpg適当に作った割には、ちゃんと左ロックの状態で
ハンドルロックがスンナリ入りました。
こうして一つ一つの懸案を潰していって、

完成は…いつになるんだろう
 
  1. 2012/08/19(日) 13:06:47|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

Panasonic CATVチューナ TZ-DCH800

2012blog-1429.jpg奥さんの実家の2階のある部屋が、地デジカから1年経とうというのに
未だ地デジに対応できていないというので、
地デジが受信できるチューナーを探しました。

この手合いだと、解像度間引きなしかつD4出力に対応したTU-MHD500が人気のようで、
6000円以上に高騰してしまうことが多々あります。
2012blog-1430.jpgで、今回のものですが、地デジを観れればいい、BSイラネということなので、
似たようなものを用意しました。
同じくパナソニックのCATVチューナー TZ-DCH800です。

筐体の意匠はMHD600などとそっくりです。
BSに対応していないことや、元々リース上がりのCATVチューナであるためか
お値段はとってもリーズナブルです。送料・赤B-CAS込みで3000円少々でした。
2012blog-1431.jpgリモコンが…酷すぎる

これは後々ちょっとマシなものを探しましょう。
2012blog-1433.jpg背面には各々の端子が別個で付いています。

この別個というのがミソらしいです!?
2012blog-1432.jpgCATVチューナなので、カードスロットはB-CASとC-CASの2つになります。

今回はB-CASのみを挿入。
2012blog-1434.jpgさて、なぜにDCH800かといいますと、
この機種から、地デジパススルー方式に対応しているそうで、
要はCATVに加入していなくても、地デジチューナの代わりとして使うことが
できてしまうというわけです。
2012blog-1438.jpg早速始めましょう。

あれ、NHKが受信できない…
ダメだったか!?
2012blog-1435.jpgとりあえず、本体リセットとチャンネルスキャンをしましょう。
リセットボタンは本体前面に、チャンネルスキャンは何故か
リモコンの「番組ナビ」ボタンから起動するようになっています。

このリモコン、メニューキーが存在しないのです。
2012blog-1436.jpgそれでは、スキャン開始。

5分くらい掛かります。
2012blog-1437.jpgチャンネルスキャン完了。うん、放送局は認識できれている様子。

お、左上の小窓に映像が出てる!
2012blog-1439.jpgというわけで、作戦成功です。
TZ-DCH800は後付け地デジチューナの替わりとして使用することができます。
あとはマシなリモコンを探して、納入据付となります。

※TZ-DCH505など、コレ以前の機種はパススルー対応ではないそうです。
購入時は十分に気をつけてください。
 
  1. 2012/08/18(土) 23:29:54|
  2. AV機器

シャリイCF50Z キーボックス到着

2012blog-1422.jpg元々、このシャリイはキー一本で全ての鍵が開けれたのですが、
若気の至りか、キャリアレスで乗っているうちにヘルメットロックを紛失してしまいました。

今回仕上げる際には、キャリアも付けますので、当然ヘルメットロックも付けることができます。
ので、キーシリンダーは一新することにしました。
2012blog-1423.jpgモノはシャリイ用ではなく、郵政カブ、MD90のものです。
またしても郵政パーツなのですが、これ。このキーシリンダーマウントが
使い勝手に優れそうなので、今回はこれをチョイスしました。
2012blog-1424.jpg穴のピッチを見てみると…
おお、ハンドルクランプに共締め出来る!!いいぞ!!
これは…

名 車 の 予 感
2012blog-1425.jpgヘルメットロックも着きました♪

ですが…
ヘルメットが燃えそうな位置に。なんてこったい
本来はダウンマフラーなので干渉はしないのですが、
CF50Zのキャリアは左側になってたのは、こういうこともあってのことでしょうか
2012blog-1426.jpgそして、カブのパーツなので
ガソリンタンクにキー付きキャップが加わりました!

これは嬉しいアップデートですね
2012blog-1427.jpgちなみに、燃料計が付いたシャリイのタンクは、それ以前のものと比べて
キャップが後ろ寄りに移動しています。
シートは燃料計なしのCF50Zのものを使用するのですが、
キャップがシートベースに干渉してキッチリ閉まりません。

まぁ、カナズチで叩いてしまえばいいわけですが、アンコ抜きをしている方は
なにやら着座感が悪くなるかも知れません。
叩くポイントはピースマークの三つ又分岐点よりちょっと下辺りです。
2012blog-1428.jpgちょっと叩くだけで、この通り。
吸盤のところまでちゃんと収まるようになりました。

が、タンク上面の形状も変更になっているようで、その吸盤がくっつきません。
何か対策…面倒くさいしもういいか…
 
  1. 2012/08/17(金) 23:25:28|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

シャリイCF50Z ハンドルスイッチ手直し

2012blog-1405.jpgさぁ、4年近く塩漬けにしていたパーツに答えを出しましょう。
右が過去に落札したDAXのものと思われるスイッチ。つまみが折れています。
左はシャリイCF50Zのスイッチです。故にクラッチレバーはありません。

これらをいいとこ取りして、クラッチレバーの付いた健康なスイッチを作りましょう。
2012blog-1406.jpgちゃんと、ネジでもって分解できるようにできています。

これなら、スイッチ部分だけ移植できそうですね。
2012blog-1408.jpg白い部分がスライダー。そして対になって背を向けた基板が2枚。
2012blog-1407.jpg先に配線を見ておく。

本数、色ともに同じですね。
2012blog-1409.jpg解体したつまみとスライダー。
2012blog-1410.jpgツメで留まっているだけななので、
精密ドライバーで慎重にツメを押してこじていくと
つまみが抜けます。
2012blog-1411.jpgバラバラになったので、内部洗浄とグリスアップも行いましょう。
2012blog-1412.jpgスライダーはチェックボールとスプリングでクリック感をなしています。
2012blog-1413.jpgスプリングを入れて、絶縁体の板を挟んで
スライド接点になる金具を入れます。
ですが、スプリングのテンションでこれだけ接点が盛り上がります。
基板はスライダーとツライチに入りますので、
ここが…もう…大変です
2012blog-1414.jpgホーンスイッチ。
ここのスプリングを圧縮して基板を溝にはめ込むのですが、
ここは水抜き穴から精密ドライバーを入れて、スプリングに
テンションを掛けることが可能です。
2012blog-1415.jpgこうやって収まります。
2012blog-1416.jpgウインカーのスライダーも

給脂して、なめらかに操作できるようにします。
2012blog-1417.jpgここがウインカースイッチの軸になります。

ちょこっとセラグリースHGを塗布。
2012blog-1418.jpgコレで出来上がり。

ちょっと渋かったウインカースイッチが、カチカチ入るようになりました。
2012blog-1419.jpgさて、ライトスイッチ側の基板を入れましょう。
どうやっても収まらなかったので、こうしてカッターナイフの刃を表側から
挿し込んで、スイッチ金具を押さえて基板を入れます。
2012blog-1420.jpg上画像の反対側ですが、ここは表側からの押さえができないので
内側に壁に引っ掛けて…と、
とっても大変でした。

絶対にオススメしません。できるなら完品の購入を。
2012blog-1421.jpgと、いうわけで!

クラッチ付きのスイッチが完成しました。
なんでこんな手間のかかるスイッチを…そう、安かったんです
古い人気車のパーツは高くて大変ですね
 
  1. 2012/08/16(木) 23:02:54|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

シャリイ CF50Z リアフェンダーステー作製

2012blog-1393.jpg適当採寸、適当型紙で
リアフェンダーを固定するステーを作製しました。
2012blog-1394.jpg今日も作業開始です。気温がまだ低いのと、風が強く吹いているので
なんとか乗り切れそうですが、蚊がすごいです。
そろそろ蚊取り線香を買おうものか。

スイングアームは只今加工中なので、ご覧のザマであります
2012blog-1395.jpgステー仮付け。
ちょっとリーマーで拡大しましたが、思い通りのフィッティング。

そして、スイベル液晶のPowerShotA95の本領が発揮されています。
2012blog-1396.jpgこんな角度からも。

フレーム側のRに合わせて適当にカナズチで叩いてあります。
2012blog-1397.jpgフェンダー側は、元々開いていた穴を拡大して、

画像のようなゴムブッシュを挿入してフローティングさせます。
2012blog-1398.jpg装着。

うん!これでキマリです!
2012blog-1399.jpg遂に、リア周りの組み合わせがこれで成り立ちました。
なんだかツギハギのようでもありますが、
まぁ、汎用ステーをつないでいた頃からすればマシですか…
2012blog-1404.jpg参考画像。10代の頃はコレで良かったのですが、
なんというやっつけ仕事…

カブ90のテールレンズがお気に入りでした。
2012blog-1400.jpg装着できることがわかったので、フェンダー自体の作業に掛かりましょう。
超厚塗されたアイボリーホワイトを剥がして、
アルミフェンダー本来の輝きを取り戻します。

先日使用した剥離剤の登場です。
2012blog-1401.jpg洗面所で、歯ブラシで擦りながら剥がしていきます。
が、剥がれた塗料が洗面台や歯ブラシにビッシリこびりついて…

除去するのにペイントうすめ液まで動員してしまうことになり、
よけいに手間がかかってしまいました。
ウエスや新聞紙で小削ぎ取るのが正解でしょう。
2012blog-1402.jpgなんとか剥がれました。
あんまり地金の状態も良くないなぁ

だから塗られていたのかな、て、そりゃそうなのか
2012blog-1403.jpg耐水ペーパーの番手を上げて、それなりの見た目に
仕上げていきます。

フロントフェンダーも仕上げたら、モンキーのフロントフォークなどと一緒に
クリア仕上げをする予定です。
 
  1. 2012/08/15(水) 21:56:25|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

PowerShot G1~6など用ワイヤレスリモコン WL-DC100

2012blog-1391.jpgこのiPodのパチモンのような造形、怪しいですよね…
ところが、本体にはCanonのロゴ。
本日の更新は、これでいきます。
2012blog-1388.jpg様々な操作ができるボタンが備わっています。
サイズは切符くらい。紛失しないように気をつけないといけません。

今まで、Gシリーズを数台揃えましたが、これが付いて来なかったのは
…やはり、失くされてしまったのでしょう。
2012blog-1387.jpg電池はCR2025を使用します。
CR2032も入りますが、ちょっと無理があります。
素直にCR2025を調達しましょう。
2012blog-1390.jpg嗚呼、今はなきSANYO製です。

ちなみにこのリモコンですが、うちにあるG5/G2/G1以外にも、
S60、そしてPro1とPro90にも対応しています。

Pro1…(;゚∀゚)=3ハァハァ
2012blog-1386.jpgこのリモコン、そのままでは使用できません。
…マニュアルを読んでみると…
うん、このボタンを押さないとリモコンモードにならない
(セルフタイマーモードと兼用です)
2012blog-1385.jpg液晶にはこのように表示されます。
また、本体設定で信号送信後にシャッターを切るタイムラグも
設定できます。
2012blog-1392.jpgど~れどれ~?
おお、ズームした!
撮れた!

自分が写ってたorz
そして自分の隙がある表情に老いを感じてぐったり
2012blog-1384.jpg当然??こうして2台並べて同時に操作することも可能。
実用性は??ですが…

さて、これを用いて、あれ?花火大会がもう残って無い!!

9/1の泉南に持っていけるかな?
 
  1. 2012/08/14(火) 21:54:12|
  2. カメラ

100均サビ取りカップブラシ

2012blog-1380.jpg近頃は、ダ◯ソーで「青棒」が売られているとのことで、
探しに行ったのですが、都会のお店では見つかりませんでした

そのかわり…このようなものが処分価格で売られていたので
買ってみました。

ナイロンベースのカップブラシ、サビ取り等に良いそうです
2012blog-1381.jpgこれをもって試してみましょう。

以前、塗装とメッキを剥がして放置していた4Lモンキーの
フロントフェンダーです。
2012blog-1382.jpg結構、錆が始まってますが、それほどでもなさそうです。
これは後々、防錆塗料のテストピースになってもらいます。

さて。研磨開始。
2012blog-1383.jpgそれなりに錆は落ちるのですが、
当方のグラインダーが高速なのか、こういうものなのか、
ナイロンが焼き付いてビロビロくっついています。

こりゃ用途を選ぶようですな…結果が良ければ追加購入もあったのですが…
 
  1. 2012/08/13(月) 13:27:28|
  2. オートバイ-Z50J1

機関作業場ができました

2012blog-1373.jpg我が屋敷の玄関横に、ウオークインできる3畳くらいのストレージ、
要は物置があります。

本来ならば、ここにBBQセットやスポーツチャリンコを格好良く収めて
ステキなライフスタイルを演出する筈なのですが…
2012blog-1374.jpgこ の ザ マ で す 。

ホームセンターで買えるスチール棚を3個、実家で使っていた下駄箱、
これらをフル活用???して、予備パーツやケミカル、工具などが
パンパンに詰まっています。

重ね重ね、デザイナーの方には申し訳ない限りですが、
この場所に物置があるのはとても便利です。
2012blog-1375.jpg大昔に7000円くらいで買った卓上ボール盤。
ちょっと小さいですが、変速機構も付いた本格派??です。
意外と使えるんですよ
2012blog-1376.jpgケミカルさん達。

ピカールさんは万能なので、屋外、ここ、更に清掃用具庫にも常備です
2012blog-1377.jpgそんな物置の一角を片付けて、作業卓を整備しました。

机はオフハウスで1000円で買ってきたもの。保護のため段ボールを敷く。

ここで主にエンジンの分解組立が出来るようにと考えてこうしたのですが、
ちょっと狭いか…な
2012blog-1378.jpgデスクライトは貰い物か拾い物なのですが、15年くらいは用途がなく
放置されていたのですが、ここにきてようやく日の目を見ました。
扇風機は小学生の頃に買ってもらったものです。
2012blog-1379.jpgそして、これも長期放置されていた、
DAX70?と思われるエンジン。

これを分解して、ホンダの4サイクル原付の構造を知る為の
練習をしようと思います。

予定では、シャリィにこのエンジンのミッションやクラッチを移植する予定です。
 
  1. 2012/08/12(日) 23:08:28|
  2. オートバイ-Z50J1

Jazz フロントホイールだけレストア

2012blog-1214.jpg先日、ラード君のボバー仕様Jazzと並べてから、当方のJazzが
野暮ったく見えて困ります。
純正ルックが好きなので、その辺りはいいのですが、いかんせん
サビサビでボロい。
なんとかしなくちゃと3年以上放置していましたが、ちょっとずつ頑張っていきます。

シャリィ、モンキー、Jazzと、当方の2012年は4サイクル原付がアツ…暑いです
2012blog-1358.jpg部品取り車のホイールです。

くすんではいますが、腐食には至っていない様子。
2012blog-1359.jpgこういったときは、地道にピカールですね。
この通り、ピッカピカになります!!

この世にこれ以上やりがいのある作業はあるのだろうか
2012blog-1360.jpgスポークを塗るために買ってきたシルバーの塗料です。

個人的に扱いにくく、用途に合わなかったのでモザイク発動です
2012blog-1361.jpg刷毛でチマチマ塗りこんでいきます…

が、あまりにビカビカしすぎるのと、塗膜があまり強くないので
これは…と思い、シンナーと歯ブラシで剥がしてしまいました
2012blog-1362.jpgというか、最初からこれにしておけば良かったわけですね。
防錆性能の高さと、施工の容易さでこれの右に出るものは無いでしょう。
ローバルです。高価ですが、職場でもこれの作業性、速乾性には
助けられています。
2012blog-1363.jpg作業を始めましょう。
塗った先から乾燥が始まり、とても塗りやすく、
控えめなグレーは、スポークにもよく馴染みます。
輝きが欲しい場合は、ローバルシルバーという姉妹品もあります。
2012blog-1364.jpg…未使用の時点で、入れ物の3/5くらいし入ってません。寂しい
2012blog-1365.jpg出来上がり。
曲面を塗るので、結構見落としがあるので
手間のかかる作業です。

なんだか変な色合いですが、時間が経つにつれて黒ずんでくるので
スポークっぽくなることでしょう。
2012blog-1366.jpgリム内側にも塗布しておくといいそうです。
ヌリヌリ
腐食していた箇所は丹念にワイヤーブラシで擦っておきました。
2012blog-1367.jpgうわぁ…

買った時から結構傷んでいましたが、そろそろスポークが
折れてしまいそうな勢いです

この辺りの沿岸は波が穏やかなので、これでも塩害はマシな方かと思われます。
2012blog-1368.jpgジャッキアップして前輪を抜く。
このフロントフォーク…キッツいですね

今度はこれもやります
2012blog-1369.jpg比較。
部品取り車のスポークは、表面の錆くらいでどうにか止まっていたので、
これからはローバルの耐用試験となります。
2012blog-1370.jpgタイヤの入換をします。
当方は無理矢理マグナ50用のD404を入れているので
フェンダーとのクリアランスがぎりぎりです。

このタイヤ、Jazz純正と比べると剛性が高いようで
リムから剥がすだけでも結構大変でした。
2012blog-1371.jpgビードワックスは面倒くさいので
シリコンスプレーで代用して装着完了。

いやー、見違えました。
フォークを綺麗にしたらもっと良くなりそうですね。
2012blog-1372.jpgそう、この辺りも…

ヘッドライトも結構傷んでるなぁ…どうしよう
 
  1. 2012/08/11(土) 20:50:15|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

出張壁掛けテレビ男

羽曳野の石川沿いに、それはそれはおっかないおっさんが住んでいます。
見た目はまぁ…もうアレでして、更に昔は荒れ狂う獅子のごとくいかつい言動で困ったちゃんな人だったそうです。

うわー、こんな人とは絶対おんなじ職場、勿論同じ班にはなりたくない!!と思っていたら、
当時居た職場に異動してきて、更に同じ班に!!!???

いやー、その一年は大変でした…
ですが、灯台下暗しというか、傘の下に入ればどうってことはないというか、そのうち普通に付き合えるようになりました。
まぁ、齢も重ねて荒れ狂う獅子もちょっと気の粗い子猫ちゃんのようになっていたというのもあるのですが…
調べてみたら、過去にミニミニコンポを送った記事が出てきました。
2012blog-1347.jpgそれからたまには、溜まった頼まれごとを一気に引き受けることもありまして、
液晶テレビの壁掛けや照明の取替、インターホンのコードレスホンとの統合、
挙句の果てに温水便座の取替え…なんてものもやったりしました。
なんとも人使いの荒い話です。お昼はご馳走してもらい、お駄賃もそれ相応に貰えるのですが、
そもそも羽曳野は遠い!

今日はダイニング?のテレビを壁掛けして欲しい、壁掛け扇風機を付けて欲しい、
寝室の照明を替えて欲しい、の3点です。
2012blog-1348.jpg壁掛けステーは中華です。約1200円+送料でした。

以前寝室に施工した分(4000円弱)より安いのですが、まぁ、安いだけにしょぼい…
そして、説明書がわかりにくいです。どうも図解と部品内容のアルファベットが合ってないような
2012blog-1350.jpg今回はオリオン電機の32形を壁掛けにします。
このテレビ、本体重量もが異常に軽いので、壁掛けには適しています。
ネジ穴も開いてますね。これもVESA規格なのでしょうか?
2012blog-1351.jpg添付されたネジでは、当たってしまいます。

本来ならこの間に樹脂のカラーを噛ませるようですが、
なるべくステーを筐体に密接させたいので…
2012blog-1352.jpg短いM6ボルトを出してきてもらいました。

これが無かったら、ホームセンターまで走らなければならないところでした…
2012blog-1353.jpg壁側のステー。
小さいこのパーツ、何かと思ったら水準器です!
凝ったことをするなぁと思いますが、水準器自体がずれて付いているので
あまり意味がないような…
2012blog-1354.jpgそして当該施工箇所。
うーん、積年のタバコアタックで壁の色が…
まぁ、こんな状態だから穴開け放題のやりたい方題施工ができるわけですが。

畳に挿すカーペット留めピンで、壁内の間柱を探します。
2012blog-1355.jpg間柱のピッチに併せて、まずは角材を壁にネジ留め、
そこにステーを取り付ける方法で行きます。

旧い家屋にエアコンを付ける手法ですね。
2012blog-1356.jpgここまで来ればあとはねじ込むだけ。
2012blog-1357.jpgはい、できあがり。良い感じに仕上がりました。
まぁ当然といいますか、今までテレビを置いていたスペースがフリーになったので、
棚上に置けるものが増えるというメリットがあります。
 
  1. 2012/08/10(金) 21:52:07|
  2. 家電製品

PowerShot G1と愉快な仲間たち

2012blog-1338.jpgやっちまった…
遂にGシリーズの源流まで辿り着くこととなりました。
PowerShot G1です。
2012blog-1339.jpgこれも当然のようにBP-511が使えます。

それにしても、5-2-1ときて、6以降には行けないところが
財力というか、この趣味におけるやり方というか…

それにしても、G6ってなかなか出て来ませんよね。
2012blog-1337.jpg今回落札したG1には、いろんなレンズが付いて来ました。
2012blog-1340.jpgレイノックスのマクロレンズ、2×と4×のセットです。
2012blog-1341.jpgG2に付けて撮ってみる。
寄れてますね~

ねじ込み式のG1、G2には付きますが、
G5、おそらくG3には付きません。
2012blog-1345.jpg調子づいて、こんなものも別口で落札してしまいました。
G1用のキヤノン純正レンズ3種、1000円少々でした。

これはクローズアップレンズ 250Dというもの。
一眼レフなどでも使える様子。
2012blog-1343.jpgうん、クローズアップできます。
2012blog-1344.jpg所謂ワイコン、WC-DC58です。

なかなかゲテモノくさい外観になって面白いですね
2012blog-1342.jpg倍率は0.8倍。35mm換算で34mm-102mmなので、

約27mmからスタートできます。
2012blog-1346.jpgあとは1.5×テレコンTC-DC58。

これだけ揃ってあの値段、いい買い物でした。
これらはアダプター揃えたらG3やG5でも使用できるのでしょうか?
 
  1. 2012/08/09(木) 21:48:23|
  2. カメラ

シャリイCF50Z リアフェンダー周りの考察

2012blog-1262.jpg先日、テール周りの考察をし、ある程度は形になりそうな感じだったので、
2012blog-1327.jpgこのようなステーを作製しました。
キャリアベースの穴も開け直して、元あった穴は埋めておきます。
2012blog-1328.jpg上から見るとこんな感じです。
ボルトの頭が+ネジばかりで賑やかになってもう一つなので、
ここは変更を予定しています。
テールレンズもうまいこと逃せたので、この位置で進めて行きましょう。
2012blog-1330.jpgリアフェンダーも位置決めできるようになりました。
2012blog-1329.jpg後ピンになってしまいましたが、シャリィの元来からある
フェンダー取り付け穴と、アルミフェンダーを繋ぐステーも
作成しないといけないようです。

この辺り、電蝕を防ぐために完全絶縁しないといけません。
グロメットやブッシュを活用して、浮かせるつもりです。
2012blog-1331.jpg先日、落札したものを開梱します。
ホイールです。14インチ、リトルカブのホイールになります。
フロントフォークが独特のリンク式なので、今回のテレスコフォークには
流用が困難なのですが、綺麗なリムだけでも欲しかったので
落札しました。
2012blog-1332.jpgうーん、スプロケットハブがダブってしまいました。
お、メーターケーブルが付いています。やったね♪
2012blog-1333.jpgで、フロントブレーキドラムはといいますと、シューの大きさから見る限り、
ドラム径は同じっぽいですが、
細々と構成部品が違うので、流用はできない様子。
当然、アクスルシャフト型が違い、(カブは10mm、郵政カブは12mm)
ドラムの位置も違う(カブは進行方向右、郵政MD50は左)ので
何にしてもハブはMD50/90のものが必要になってきます。
2012blog-1334.jpgこれが郵政カブことMD50のブレーキドラム。

外周に溝があります。
2012blog-1335.jpgこちらがリトルカブのもの。

溝がありません。
2012blog-1336.jpgとりあえず、転がすときに支障の無いよう、
タイヤだけいただきました。
スポークはとりあえず不要なホイールをバラして練習してから
リムの入換をしようと思います。

そしてこれ。17インチ用のフェンダーなので、タイヤがしょぼい…
予定ではTT100Aという、もう少し大きく太いタイヤにする予定なのですが
これは…どうなることやら
 
  1. 2012/08/08(水) 23:32:34|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

部品取りJazz 解体

2012blog-1320.jpgヤフオクで入手し、AZワゴンRで運んできた部品取りのJazzですが、
いつまでもこのままで置いておくわけにもいかないので
モンキーに使うパーツ、当方のJazzに使うパーツ、使い道のないパーツに分けて
バラしてしまうとにしましょう。
2012blog-1321.jpgこうして再起させることが十分可能な車体をバラすのは、
少し、というかかなり勿体ないのですが、当方のJazz、ラード君のJazz、
そして従兄のモンキーへと再起する部品が
殆どであるということで勘弁してください。
2012blog-1322.jpgエンジンは、先述の通りハーネスもろとも
従兄の4Lモンキーに使用します。
スプロケットを嵌め込むカウンターシャフトが長いので、
ここを交換しないといけない=エンジン全バラということになるのですが、
うまくいくでしょうか・・・
2012blog-1324.jpgキャブレター。
モンキーのそれよりも大径らしく、ここがまたパワーの源になっているのでしょう。

が、スロットルバルブが膠着しています。
道は険しい方が楽しい・・・わけあるかゴルァ~!!
2012blog-1323.jpgフロントホイールは、当方のJazzより程度がいいので
バッチリ流用します。
メッキパーツは、錆びてしまうと再メッキしか手段がなないので、
綺麗なパーツは助かります。
2012blog-1325.jpg跡形もなく??バラし完了です。
ちょっとは片付いたような、そうでもなさそうな…
2012blog-1326.jpg次回の更新は、このホイールをいかにしてピカピカに仕上げげれるか
頑張ってみます。
 
  1. 2012/08/07(火) 12:50:09|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

麺屋 のスた

2012blog-1315.jpg近頃、いろんな所のラーメン屋にふら~りと寄るのが
楽しみになっています。

所謂二郎系は、まぁとりあえずアタックしてみるのが吉。

難波のなんさん通りから少し入ったところにある
「麺屋 のスた」が今回の記事となります。
2012blog-1316.jpg店内は空調も良く効いていて、上部に荷棚もあり、椅子の間隔も広いので
とても快適です。ここなら女の子を連れてきても大丈夫か

店内BGMはザ・ハイロウズが主ですが、今夜はBUMP OF CHICKENでした。
2012blog-1313.jpg賄い醤油(700円)


醤油がどうとか、小麦粉がどうとかは詳しい人にお任せします。

なにやらコンソメを思わせる香ばしい風味が最高です。
が、おっさん化した体だと終盤は塩辛くてちょっとしんどいかも…
2012blog-1314.jpgにんにくのトッピングの有無を問われます。

麺減量は出来るようですが、その他を増やしたりはできません。
2012blog-1317.jpgさて今夜。
同僚と一杯飲み(といっても当方はコーラ)の約束をしていたのですが、
夕刻に大雨注意報が発令されたので、運転要員として居残りとなりました。

お水系インフラなので、こういった気象警報や降雨量予測で
動員を発令したりして、豪雨などに備えることとなります。

注意報は1時間ほどで解除になりましたが、宴はまた今度…というわけで
つけ麺が美味しいとのことで「のスたOSAKA」にやってまいりました。
2012blog-1318.jpg賄いドロつけ麺(800円)

文字通りドロッドロです。絡めなくてもいろんなモノが麺に絡み付いて
癖になる味です。

冷盛りなので、このクソ暑い時分に汗をダラダラさせることなく
クールに食べこなすことも可能。

これはいい!リピートします
2012blog-1319.jpgちなみに、スタッフ研修のため営業は当分21時までだそうです。

今日も間に合うかヒヤヒヤものでしたが、
21時までに入店できれば、濃厚なアノ味に辿り着くことが可能なようです。
 
  1. 2012/08/06(月) 23:48:33|
  2. 国内街歩き・地元記事

お母さんに ありがとう

2012blog-1296.jpg私の母親が、この8月に60歳になります。要は還暦を迎えるわけですが、
この機会に何かプレゼントでもという弟からの提案があり、
オカンの周囲で足りないモノを考えて…
2012blog-1297.jpgPanasonicのプチ食洗、NP-TCR1をセレクトしました。

オカンには前々から話を持ちかけていたのですが、どうも乗り気でない様子。
思えば、全自動洗濯機の導入もどれだけ躊躇していたか…

まぁ、使ったらその便利さの虜になるでしょう。
2012blog-1298.jpgところで、この後載せ食洗機ですが、分岐水栓の設置が大変なようで
各社のビルトインキッチンなどの水栓用に、専用のキットなどが
用意されています…が目ん玉飛び出るほどの(  Д ) ゚ ゚高価っぷり。

ところで、このカタチ…そう、全自動洗濯機と食洗機のアダプタは
共通規格なんですね。これを応用すれば、DIYで安く上げれそう
2012blog-1295.jpgちなみに、我が実家の台所水栓は…
私が生まれた頃、要は34年前にリフォームされたものなので
蛇口だけの超シンプル仕様です。
後々、湯沸かし器や浄水器などでアップデートされて、タコアシ配線のように
なっています。
2012blog-1299.jpg↑の画像をもとに、合いそうなものを選んできました。
洗濯機補修用のニップル、念のための止水バルブ。
これとあと分岐用のチーズが必要なのですが、在庫がなくて…

洗濯機ニップルが598円、ボールバルブが850円、
後々入手した分岐チーズが758円、パッキンが110円。
結果、追加購入分は合計2316円でした。
2012blog-1300.jpgまずはここまでOK!
ネジの規格はG1/2、13mmなどと呼ばれているものです。
その他、混合水栓などになると結構複雑なので
よく調べることが重要です。
当方は頭がパンパンになってしまいました…
2012blog-1301.jpgここからが本日の作業となります。

水道の元栓を閉めて、チャッチャとバラしていきます。
2012blog-1302.jpgパッキンもこの際に新品にしてしまいましょう。

元々付いていたものはカチカチに硬化していました。
2012blog-1303.jpg普段の仕事で使っている配管と違って、水道配管はかしめナットが別体になっているので

位置合わせがとてもやりやすいです。
シーリングも突き合わせのパッキンなのでシールテープ要らずです。
2012blog-1304.jpg本体内にも留めテープがあるので、忘れずに外しましょう。

当方のビルトイン食洗機と違って、回転ノズルは小さいものが2つ付いています。
2012blog-1305.jpgさぁ、こういった狭隘な場所に据えるためにこれにしたんだ、
どっこいしょ

あれ?
2012blog-1306.jpgまぁいい、先にアースを繋いでおこう。
2012blog-1307.jpgもう一回、どっこいしょ!!
????????????

湯沸かし器に干渉しています!!OH!MY!GOD!!!
2012blog-1308.jpgまぁ、干渉しているならどかせばいいわけで…

チャッチャと取り付け位置を上げてしまいました。
2012blog-1309.jpgこれでOK、OK!!

ちょっと湯沸かし器のボタンが遠くなりましたが…
2012blog-1310.jpgプチ食洗だけに、庫内はミニマムです。
箸が天井に当たりそうです。

まぁ、普段は親父と二人なので、これでも省力化に一役立つでしょう、多分
2012blog-1311.jpgこの機種には、近頃のPanasonic製品と同様の
「エコナビ」機能が備わっています。
外気温などを察知して、運転時間などを細やかにコントロールするそうな。
2012blog-1312.jpgしかしこれ、いきなり外れてブシャーー!!とかならないもんかなぁ
ちょっと不安でしたが、結構あっさり施工できて良かったです。

というわけで、おかあさん、こんなボンクラ息子たちを無事に???育ててくれてありがとう!!
 
  1. 2012/08/05(日) 20:16:30|
  2. 家電製品

なにわ淀川花火大会を撮る

※マトモな画像は殆どありません。検索で来られた方、スミマセン
2012blog-1290.jpg本日、というか日付だと昨日か。
淀川の河川敷にやって来ました。
この日、ここで「なにわ淀川花火大会」が開催されるので、
遠路はるばるやってきた次第。
地元でも花火大会があったというのに…個人的にはそちらを取材したかったのですが、
まぁ先約があったということで仕方あるまい。
2012blog-1281.jpg画像でおわかりいただける方はご存知かと思いますが、有料の観覧席です。
まぁ、ゆったり座って観れるメリットは大きいのですが、
着くのが遅かったので、既にすし詰めでした…
それでもなんとか猫の額のような場所をいただいて、カメラをセッティング。
三脚は、当方の太ももで押さえて省スペースにて乗り切ります。
2012blog-1293.jpg来賓の挨拶などを経て、カウントダウン、そして怒涛の百花繚乱!!
テンションは上がりますが、風向きは?
嗚呼…
2012blog-1294.jpgケムリがみんなこっちに飛んできているようで、
暫く連発が続くともうダメ。

肉眼で楽しむことにしましょう
2012blog-1291.jpgそれでも、とりあえずはカシャカシャ撮り続けます。
リモコンが使えるので、よそ見していてもボタン押しで
それなりに撮れている?といえば撮れている…か!?
2012blog-1292.jpg100枚撮って、まぁ見れる…かな?という画像は4~5枚でした。
2012blog-1282.jpgミニ三脚に載せたKissDNですが、ライブビューも無く、スイベル液晶も無いので
こういった場面ではとても使い辛いでした…

と、ここで秘密兵器(大袈裟)登場!!
ワイコン装着のPowerShot G2です!!
手持ちでもガンガン撮るぜ~
2012blog-1283.jpgワイコンなどは、今度記事にします…
モノを使う場面の方が先にやって来ました。

仕掛け花火を観れるのは、有料観覧席に許された特権ですね。
2012blog-1285.jpg三脚にG2をセッティング。

スイベル液晶がこういった場面で大活躍です!!
なんだ意外と撮れるじゃないか、こりゃ驚いた
2012blog-1284.jpgよーし、今度からはこれを重点的に…って
これはこれでリモートスイッチ(ワイヤーレリーズ)が使えないので
考えものです。

確かワイヤレスリモコンがあった!!けど、入手できるだろうか?
ワイヤレスリモコンは、自分のものを操作すると近くにいる人のカメラが
つられて誤動作することがあるらしいのですが、G1やG2を使っている人…
さすがに同じ場所に居合わせることはないでしょう。
2012blog-1286.jpg川面を斜めに飛ぶ花火!!
こりゃすごい!!

水上警察の警備艇に当たりそうです!!
2012blog-1287.jpg仕掛け花火です。

他人の頭が…嗚呼
2012blog-1288.jpgトリを務めるスターマイン。

当然、こうなるわけです。これ、SS絞ってあげないとダメなんでしょうね
2012blog-1289.jpgこの後はもう苦行でした。
延々と続く出場制限、そして牛歩のごとくの大行列、最寄りの塚本駅は改札制限が
掛かっているので、結局野田阪神まで歩いて…

来年もし行くなら、離れていても良いのでスッと行けてサッと帰れる場所にします。
というか、日程が重なるなら今度こそ地元の花火大会を取材します…
 
追加。動画も撮ったのでYoutubeにアップロードしてみました。
  1. 2012/08/05(日) 01:52:49|
  2. カメラ

シャリイCF50Z 各々のパーツ構成を考察

2012blog-1251.jpg今日も暑い一日でした。
なるべく太陽が建物の影にあるうちに始めましょう。

スイングアームがなくなっていますが…
2012blog-1252.jpgはい、こんな時にはセンタースタンドです。

14インチ化しているので、どうなるかと思っていたのですが、
やっぱりちょっと寸足らずでした。
のちのち、延長加工します。
2012blog-1277.jpgスイングアームは、サスペンション取り付け部を加工しました。

このスイングアーム、実はレアモノだったら申し訳ないのですが…
2012blog-1278.jpgまずはサスペンション取り付け部をグラインダーにて
熔接部分をぶっ飛ばします。
レアモノだったら…スンマセン
2012blog-1279.jpgそして、このようなプレートを作製して…
2012blog-1280.jpgスイングアームと合体します!!
こうすることで、330mmのサスペンションでも
短足にならず、またサスペンション自体の取り付け角度も寝かせることができるので
サスペンションの動きの良さに寄与できると思います。
2012blog-1254.jpgはい、できあがり。

スプロケット側のM12ボルトは、頭がでかすぎて
干渉してしまうので、また何かいい方法を考えないと…

※良い子は真似しないでください。悪い子も極力真似しないでください。
やるなら自己責任で、転んでも泣かない。
2012blog-1253.jpg入手したショートパーツたち。
使用したのはセンタースタンドと後述のバッテリーケースだけなのですが、
まぁ、置いていたらいつかは使い道があるでしょう。

いつかは…!?
2012blog-1255.jpgスプロケットハブを残したままメンテ出来るようにするパーツを揃えました。

部品番号はスリーブナットが90307-001-000
チェーン引きがL側95014-10020
R側95014-10010でした。
2012blog-1256.jpgですが、チェーン引きとスイングアームが干渉してしまい、
実質の引き幅は半分くらいになってしまいました。

まぁいいか
2012blog-1257.jpgサスペンションを仮付けしてみる。

うーん、グッドです!こういう風にしたかったんです
2012blog-1258.jpg奥にしまいこんでいたショートパーツ達を考察してみます。
まずはこれ。ブレーキアームですが…

あれ?
2012blog-1259.jpg本来、シャリィのスイングアームはフレーム内側に挟まるようにレイアウトされていますが
今回装着したスイングアームは外挟みになるので
このようにブレーキアームが干渉してしまうのです。

どうしよう…
2012blog-1260.jpgまぁ、ここは後回しにして、リアキャリアの考察を行いましょう。
これは、カブトフェンダーと呼ばれている初期型のものになります。
CF50Z以降だと、テールランプベースを兼ねたものになるので
キャリアのみの構成となるこれには拘りました。

なかなか引き合いの強いパーツでして、何度も競り負けましたが
偶然、画像のように程度の良い物を適価で落札することができました。
2012blog-1261.jpgCF50Zのキャリアベースと組み合わせると、これだけ穴の位置が違います。

ここはテールランプべースも繋ぐ予定なので、また加工することにしましょう。
2012blog-1262.jpgテールランプベースは旧いDAXのものを使用します。

ナンバープレートも付けれて、更にフェンダーステーも兼ねており便利なのと、
この手の4サイクル原付だと、カブ50タイプの馬蹄型テールランプが
一番似合うと思っていたり。
2012blog-1263.jpgリアフェンダーは、SRなどで使われている
アルミのショートフェンダーを流用します。

実はこれ、宴の最中に入札を忘れて一度流れてしまったものでして…
再度入札しようと思ったら、なんと入札者が出現してしまい、思わぬ追加出費となりました。
ヤフオクはナマモノです。欲しい物があったらためらわずさっさと入札しましょう。
2012blog-1264.jpgこのフェンダーですが、装着するためにいろんな所に穴ぼこが開けられています。
角が丸い方を後端にするとその穴が露出してしまいみっともないです。
うーんどうしようか…と思ってグリグリしていたら、反対側を後端にすると
穴がほとんど隠れることに気付きました。

と、いうわけでまっすぐ切られていた反対側を、それっぽく丸く切断します。
のちのち、ペーパーディスクで綺麗に馴らします。
2012blog-1265.jpg仮付。

おお、カッコイイじゃないですか!
2012blog-1266.jpgスイングアームがやや長いので、胴長足長になることが
懸念されていたのですが、意外とバランスが良くて
これくらいで丁度良かったと思う次第。

うん、これは途中で投げ出さないでちゃんと仕上げないといけません。
2012blog-1267.jpgさて、先述のブレーキアームですが、
同様に大径ホイールのシャリィを作製しているサイトを見ると…
ぶった切ってました。
これはテコ比を弱める→ブレーキ踏力が更に必要になるわけですが、

まぁ、いいか。こうしないと先に進めないし…というわけで切っちゃいましょう。チュイーン!!

※これは悪い子も真似しないでください。ブレーキは重要保安部品です。
2012blog-1268.jpgバッテリーケースは角目6Vのものを。
仕切りを切れば、4L-BSサイズも入ってしまうそうだ。
こんなものだったら自作しても良いのですが、純正品が使えるなら
そのほうが良いだろうという考え方に、近頃はなってきました。
2012blog-1269.jpgチェーンラインを見るために、エンジンを仮搭載してみました。
シャリィ用ですが、6VのCDIのものを。安かったのもありますが、
CDI点火による安定性と信頼性を確保するためでもあります。
ですが、中途半端な年式なので、この後流用装着するパーツが
スンナリ付くか心配であります。
2012blog-1270.jpgチェーンライン…
うーん、なんだかずれているようにも見えます。
カブのホイールとカブ系のシャリィエンジンなので
ホイールセンターが出ていれば合うはずなんですが。
2012blog-1271.jpg適当なチェーンを付けてみる。

合ってます…よね?
のちのち、車体中心からのハミ出し量を測ってみることにします。
2012blog-1272.jpgついでに、DAXのマフラーも合うかどうか
見てみます。

…本当にボルトオンだったんだ…
ですが、フレームとエキパイが近接していて、
フレームが焼けてしまわないか心配です。
2012blog-1273.jpgリアサスペンションとのクリアランス。
ギリギリです。
サスペンションが熱の影響でヘタリが加速してしまわないか心配です
2012blog-1274.jpgまぁ、それを差し置いても
このスクランブラールック!カッコイイです。
本当なら10インチで組もうとしていたのですが、
偶然見掛けたマイティダックスの画像にひらめいて、
ここまでやって来てよかったです。
2012blog-1275.jpgリアブレーキはこのようになりました。

本来ならスイングアーム上をロッドが通るのですが、
アームを切断した結果、何事もなかったように下を通っています。

ロッドはちょっとだけ延長する必要がありそうです。といっても長ナットもなんだかなぁ…
何か流用できるロッドはないかな?
2012blog-1276.jpgそれにしても暑い!
こうして転がしている部品は、触るだけでも火傷しそうなくらいに熱くなっています。

今日は程々にして切り上げましょう。
ああ…軒下がほしい…
 
  1. 2012/08/03(金) 23:11:24|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

PowerShot A50&S10

2012blog-1231.jpgさぁ、今夜の更新はこれでいきます。
アホの一つ覚えのようにジャンクデジカメを漁った結果、
どうしても先に進めない事象が発生しました。

デジタルカメラのバッテリーは、汎用性の高い単3電池から、大概の機種で共通の充電池などがあり、
特にPowerShotのGシリーズは同社のEOSシリーズのものが使用できて、とても助かりましたが
前回ジャンクで入手したPowerShot A50というモデルがこれまた奇怪な規格を使用していたのです。
2012blog-1233.jpgで、今回入手したのが類似種のPowerShot S10というもの。
後にスライドカバーの高級機種として一定のシェアを得たSシリーズの
初期のモデルとなります。

なんとハコ付きですよ、ジャンクデジカメでは考えられないですね
2012blog-1232.jpgそしてここからがまた凄い。
インターフェースキットや充電キットまで完備!
近頃はUSBに繋いでポンなのが、これだけ大掛かりなキットでないと
パソコンに接続できない時代があったのですね…

当方も、純正ではパソコン接続ができないFinePix4900Zの時に
どうしてもUSB接続がしたくて、ケーブルを富士フイルム純正品、
98SEで動くドライバは海外サイトから入手してなんとかUSB接続を達成させた思い出があります。
2012blog-1236.jpg今回の必需品がこれ。
電源キットとして別売りだったのが凄い。
バッテリーは2CR5というリチウム電池を使うことになるのだが、
入手性や経済性を考えるとこういう選択肢を追加購入という手段にて
どうにかしないといけなかったのです。
2012blog-1234.jpg開梱。
これまた小容量のCFカードが付いて来ました。
2012blog-1237.jpgお、充電池が2つも付いています。

使えるかどうかは…不明なのですが
2012blog-1235.jpg類似種のPowerShot A50と。

よく似ていますが、A50の方が古そうです
2012blog-1239.jpgそれでは、いってみましょう。

手前にあるのは充電池ではなく、AC電源にて
機器を動作させるアダプタです。

EOSでもCA-PS400という充電器には同様のアダプタが付いています。
2012blog-1240.jpgサイドに小さなシャッターがあり、

アダプタ使用時はここからコードを逃がすようになっています。
2012blog-1241.jpg電源投入、というか電源ボタンが無い!

なんとモードダイヤルがそれを担っているとのことだ。
後のモデルに電源ボタンが備わったのは、これが不評だったからでしょうか
2012blog-1242.jpgA50とS10を並べて。
S10には十字キーが付いていたり、キヤノン独特のフォントに揃えられていることなど
時代に合わせて進化していたことが伺えます。
2012blog-1243.jpg結構、ボタンの配置も異なります。

筐体は金属パネルになっていて、質感も良好です。
まぁ今だとデジタル一眼がレンズキット付きで買える値段でしたし、
これくらいの加飾は欲しいところ
2012blog-1244.jpg軍艦部に液晶が付いています。
まだフィルムカメラの名残とも考えられますし、
メイン液晶を点灯させるとバッテリーの持続時間にも大きな影響があったので
この液晶と光学ファインダ、合焦はLEDで確認するという撮影スタイルが
推奨されていたのでしょう。
2012blog-1245.jpg双子のようにそっくりですが、

細部の違い、ここでも結構ありますね
2012blog-1246.jpgこちらサイドは酷似していますが、

共通のパーツはストラップ通しくらいでしょう。
2012blog-1247.jpgレンズシャッターがA50は大型の全てをシャットするもの、
S10はレンズだけをシャットする近ごろと同じ方式です。

グリップ形状などの意匠はA50のほうが格好良いですね。
S10はこの頃鮮烈デビューしたIXY DIGITALと同様のスタイリングです
2012blog-1248.jpgこっち側は結構違います。
PCとの通信端子がイヤホンジャックのようなものから
独自の端子になっています。
この端子、EOSのD60でもあったなぁ
2012blog-1249.jpg液晶は旧いであろうA50の方が微妙に大きい。

当方の個体が異常なのかも知れませんが、
S10の液晶はボンヤリ滲んでいて見難いです。

A50はカードエラーが出て使えません。こんな旧いCFカードに規格の障壁があるとは思えませんし、
…こりゃまたしてもハズレを引いたのかな
2012blog-1250.jpgこの頃の機種は、こういったアクセサリーまでちゃんと日本で作られていたのですね。
そりゃ高価にもなるわな、と思いつつ
性能や品質への対価はきちんとあるべきだとも思うわけでして、
その辺りを、そう。バブルラジカセと照らしあわせて考えてみたりします。
 
  1. 2012/08/02(木) 23:13:29|
  2. カメラ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する