FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

此花を歩く

2012blog-1223.jpg近頃はうだるような、というか身の危険を感じるような暑さが続きますが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
今日もTシャツが真っ白に粉を吹いてしまうくらいでした。
残務を済ませて、郵便局に用事があったので、北港通に出る。
2012blog-1224.jpgこの時間になると、風が心地よく、結構快適に歩けるくらいの気温にはなる。
空のグラデーションがとても深いブルーで思わず撮るのだが、
さすがにポチッと携帯で撮るとこんな感じ

この辺りは本職のデジタルカメラでないと無理でしょうか。

もう此花区内に異動してから3年目になり、あらゆる景色も
見慣れるようになってしまいました。

近頃は、普段通らない路地を歩いて通勤するのが
暇つぶしというかなんというか。
2012blog-1225.jpg普段利用している千鳥橋駅です。
本来なら、ここで電車に乗るのですが、こんな日は
西九条まで歩いてみましょう。

というか、たまにそうやって出勤して来る人も居るので、実際どんなものか
試してみるというのもあったり。
2012blog-1226.jpg此花区の北東端に位置する朝日橋。
六軒屋川を渡ります。この辺りから西九条の駅勢圏に入るので賑やかになります。
川岸には、近頃週刊誌を賑わした方の直筆らしい石碑が立っていてビックリ。
こんなのがあったのね
2012blog-1227.jpg今夜はここでキマリだね!!
ということで阪神の高架下にあるらーめん「亀王」

先日はじめて行った時に居た店員のおねーさんが凛とした美人さんだったので
もう一度お目にかかりたかったのですが、



今日はおばちゃんしか居ませんでした
2012blog-1228.jpgそして、この前も食べたつけ麺をもう一度食す。

濃厚なかつおだしスープと、ラー油?とゴマをまぶした麺の絡みが
嬉しい旨みを醸し出しています。

大盛りでも小盛りでも780円。
2012blog-1230.jpg西九条といえば、大阪市西部の鉄道のクロスポイントの一つでしたが、
大阪環状線に接続するのは工業地帯に向かう桜島線、中途半端なところで進めなくなった
阪神西大阪線と、普段はあまりお世話にならない路線ばかりでした。

画像はその西大阪線時代の西九条駅。
第一線を退いた、引退が近い車両が選りすぐられて、
のんびり行き交う支線だったのが…
2012blog-1229.jpg今や選りすぐった最新の車両たちが最長10両で、高速運転を行う通勤路線に変貌してしまいました。
難波駅を主に使用する当方としては、この路線が開通してくれていたおかげで
遅延も少ない、かつ100%着席できる通勤を達成することができ、
非常に頼もしい限りです。
 
スポンサーサイト



  1. 2012/07/31(火) 23:47:13|
  2. 国内街歩き・地元記事

Jazz クラッチ調整

2012blog-1001.jpg近頃、Jazzを走らせていると、違和感を感じることが多くなりました。
停車しても、ニュートラルに入らない。
クラッチのキレが悪いようで、エンジンを止めるとニュートラルに入ります。
2012blog-1153.jpg検索してみても、ワイヤーの調整を薦めていたりと
どうも的を射ない答えばかりでしたが、
暫く調べていると…原因はここみたいです。

というわけで開封。
うげぇ…なんだかすごいことになっているじゃないか
2012blog-1154.jpgカバーのパッキンが劣化して、水が入り込んでいたのでしょうか。

グリースと混ざってデロデロになっていました。
2012blog-1155.jpg洗い終わって、グリース塗って、

整備は終わったので、調整します。
2012blog-1156.jpg画像中央のこれ、マイナスネジを切った軸が
クラッチレバーを握ることで押されて、カバー内部のクラッチユニットを押すようになっています。
ロックになっている六角ナットを緩めて、ネジを締めこんでいけば
クラッチが切れるようになりました。
締めすぎてもクラッチが切れっぱなしになったり、最悪故障の原因になるので
その辺りのさじ加減はうまいことやってあげてください。
当方のJazzは、快適にニュートラルが出せるようにようになりました。
 
  1. 2012/07/30(月) 23:46:36|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

ラード君 旅立ち迫る単車道楽 その2

2012blog-1214.jpgと、いうわけでテストランを兼ねて毎度の海岸線へ。
当方のJazzとランデブー。

この夏の一つの目標は、この2台でショートツーリングです。
2012blog-1217.jpg今日に持って帰れるようになったので、最後に色々撮っておきましょう。

ハンドル周り。
変更点が多く、うまくまとまるかは未知数でしたが、
なんとかワイヤリングもうまくいきました。

タイヤが太くなったので、ワイヤーが擦っていたのですが
ラードファクトリーオリジナルのワイヤーガイドでクリアしています。
2012blog-1218.jpg斜め上から。
本人曰くボバースタイルとして理想に近づいたとのこと。
ガソリンタンクを嵩上げして、ボディラインから浮かせることで
印象を変化させています。
2012blog-1220.jpgテール側から。

このバックミラーがとても見やすい。
当方のJazzは純正なのですが、とても見にくいので
ちょっと考えないといけません。
2012blog-1215.jpgアングルを変えて。

いやー、こりゃうまくまとまった。
タンクからシートまでのえぐれたラインが良いのでしょう。

この辺りが全部純正加工なのは、
Jazzの持つ素性の良さでしょうか。
2012blog-1219.jpg最後にもう1枚。
このハンドルと12インチのファットタイヤの織り成す操縦安定性ですが、
まぁ原付の速度だと問題もなく、意外と乗りやすいです。
2012blog-1221.jpgそして、我が屋敷から旅立ちの時です。

最終調整で、テールランプが点かないので調べてみたら
このテールランプ、黒がアース線ではなかったのです。
先入観で配線してしまうことで、とんでもないことになりそうでした…

さて、この後無事に帰着し、また後ろのグランビア(グランドハイエースではなかったらしい)を
電車で取りに来ました。お疲れ様でした!
 
  1. 2012/07/29(日) 22:27:57|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

ラード君 旅立ち迫る単車道楽 その1

2012blog-1204.jpgアップガレージにて200円で確保された
正体不明のリアフェンダー。

切り取られたり穴を開けられたりと様々な加工を経て、
ようやく装着方法が決まりました。

が、この通り苦労と試行のおかげで穴だらけ。
2012blog-1205.jpgラード君はアルミテープと金属パテで
埋めてしまうつもりだったそうですが、
せっかくならということで熔接で埋めてしまいました。
2012blog-1206.jpgパテで切削跡やスを埋め、
サーフェイサーを塗布。

この時点でいけるやろ、と上塗りしてみましたが、
パテ目がクッキリ浮き出てしまったので研ぎ直し。
そしてサーフェイサー塗り直し。

その夜、風呂で更に研いで翌朝サーフェイサー。
2012blog-1207.jpgそして塗ってみた。
パテ目は完全に消滅していました。
いまだに板金補修は苦手です。

※画像はパテ目が出た時の塗装です
2012blog-1216.jpgで、なかなか良いラインが出たので喜んでいたら…

穴埋めパテ仕上げをしたところは、シート内に被って
露出しないのです…
意味ね~!!
2012blog-1222.jpg高回転でボコボコと吹け上がらないので、
メインジェットを95番からJazz純正キャブに付いていた
72番に変更。

よく吹けるようになりました。   
2012blog-1210.jpg本日の作業は、
◆リアフェンダー・テールランプ取り付け
◆ハンドルカット
◆仕上げ
の3点を重視し、乗って帰れるようにするのが最終目標。
2012blog-1211.jpgというか、殆どディテーリング、タッチアップ、
最終仕上げが主となりました。
2012blog-1213.jpgリア周りも仕上がりました!!

いやー、Jazzなんですけど、Jazzっぽくない。
それにしても、物凄いナンバーの角度です。
これは後日改良の予定。
2012blog-1212.jpgさぁ、試運転に参りましょう。

その2に続きます。
 
  1. 2012/07/29(日) 00:46:24|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

弥刀駅に立つ

2012blog-1199.jpgさて、用事も済んだので
寄り道をして帰りましょう。

降り立ったのは大阪上本町から6駅進んだ弥刀という駅。
2012blog-1200.jpg大阪市内からそれほど離れていないのですが、上屋を支えているのは古レール。
プラットホームへは構内踏切を経てテント屋根のスロープを登っていく構成は
近鉄における郊外駅のテイストを色濃く残したものであり、
趣味的にも楽しい駅であります。
で、なんでオマエはいちいち寄り道までして…ということになるのですが、
まぁ、趣味に割く時間と労力は無限大、アンフィニ、∞なわけであります。

というわけで、左のYouTubeを御覧ください。
2012blog-1201.jpgこれが踏切の警告音なんて、ありえない…
何を考えてるんだ近鉄は…と思いつつ、
この情けないサウンド、特に鳴り始めを記録したく思い、
こうして弥刀駅に降り立った次第。

そして、わざわざYouTubeのアカウントまで取ってしまって…
せっかく取得したんだし、またバイク動画やSJ30の動画でも撮って
アップロードしてみましょうか。
2012blog-1202.jpgどうやら、このマシーンから
例の音は発せられているようです。

機械的なものではなく、電子音だったのです。
電子音なのに、なんで鳴り始めをああするのか…
近鉄の方針がよくわからないのですが、
もう最高です。
あとは、発車メロディー上等な出発承認合図機と呼ばれる
ピブー!!やプォー!!と屁のような音を出す発車ブザーも
たまりません。
2012blog-1203.jpg録音、撮影など、あくまでも駅構内での趣味活動になりますので、
他のお客さんや、乗務員、駅係員の皆様の
迷惑にならないよう、スマートに楽しみましょう。
 
  1. 2012/07/28(土) 21:05:41|
  2. 鉄ヲタ

出張メモリ増設男 第二部

2012blog-1198.jpg先日、メモリ増設と清掃で見違えるようなパフォーマンスを発揮するようになった
上司のFMVですが、2ヶ月を待たずして昇天してしまったとの一報が入りました。

黒画面に「pxe-g53;no boot filename reseived」という文字が出てそのまま起動しないという症状、
これはキてるなぁと思いつつ、xpのCDを持って帰ってもらい、MBR修復を試みて貰ったのですが
まったく駄目でした。
2012blog-1197.jpgメモリ増設にて、HDDへのスワップが減ったことで
HDDは仕事が減ってしまい、逆に気が緩んでしまったのでしょうか。んなわけないか…

というわけで、当該パソコンの残りの使用期間(xpサポート切れまで)を見越して
Sofmapで中古HDDを入手し、またしても河内山本に向かう。

大阪上本町で待っていたのはロマンスシートな5200系でした。
大和路快速や新快速などの手合いの車両のルーツとなった車両ですが、
当方は今回が初乗車となります。

ていうか、こんなリッチな車両が普通で、追い抜いていく大阪線の急行や準急が
長椅子の車両というのもシュールなもんです。運用の都合があると思われるので
一概には言えないのですが…

奈良線の普通と追いつけ追い越せのランデブーで
車窓が楽しいです
2012blog-1196.jpg普段乗らない、というか近鉄大阪線自体
生涯を通しても両手で足りるくらいしか乗ったことがないので
車窓が新鮮すぎてたまりません。
前の席では上司がネンネしています。
それでも河内山本に近づくとタイマーのように正確に起きるのは
通いなれた道だからでしょうか。
2012blog-1179.jpgさぁ、施術開始。

ブートデバイスを選ぶ段階で、HDDは既に無かったことにされています。
2012blog-1180.jpgBIOSでもう一度見てみる。

None…
2012blog-1181.jpgいやー、とりあえずはHDDを載せ替えてみないと
始まりませんね。

清掃してそれほど経っていないので、中身は綺麗なままです。
2012blog-1182.jpgDVDマルチやHDDは、ドライバー1本で外せるユニットに

乗っかっています。
2012blog-1183.jpgツメやレバーで留まっているだけなので、

あっという間にここまで来れます。
2012blog-1184.jpgHDDもビスレスで、このようなアダプタというかスペーサーで
留まるようにできています。
すごいなぁ
2012blog-1185.jpgあっという間に換装完了。
2012blog-1186.jpg今回使用したHDD。
毎度のHGSTで500GBのものにしました。
元々入っていたWDのキャビアが300GBだったので
200GBの純増となります。
2012blog-1187.jpgさぁ、ブートデバイスで覗くと…

認識されています。原因はHDDでした。
2012blog-1188.jpgそれではリカバリディスクで再インストールを試みましょう。
2012blog-1189.jpgOh!No!!
リカバリができない!何かで蹴られているようです。
消去ソフトが悪さをしているのでしょうか。
2012blog-1190.jpgならばということで、xpのCDにてMBR書き直しをしたいのですが、
このパソコン、DVDマルチが不調でなかなかxpのインストールディスクを
読んでくれません。

というわけで、USB外付けDVDにてブートを試みますが、リストに無い…
BIOSで見てみると除外されていました。設定してこれもブートデバイスにします。
2012blog-1191.jpgあとはパーテーション修復で、
fixmbrしてあげればOK。
MBRは書き込まれましたが、はて、リカバリは…
2012blog-1192.jpgよっしゃ!いけた!!

が、またつまづいた。
なんでも先に領域の設定をしないといけないようになっているのです。なるほど
というわけでCを80GB、Dを400GBにしてリカバリ開始。
このリカバリーソフト、操作もわかりやすくてなかなか親切です。
2012blog-1193.jpgここまでくればもう楽勝!!
あとはアプリを取捨選択して、Windows Update…

おい、アップデートもできないぞ…サイトエラーが出てインストールができない…
これは先に
「IT プロフェッショナルおよび開発者用 Windows XP Service Pack 3 ネットワーク インストール パッケージ」を
単独でダウンロード・インストールすることで解決しました。
2012blog-1194.jpgさて、手直しも終盤に入って来ましたので、

きょうもななちゃんを弄り倒します。
いやー、かわいいなぁ…よく懐くし。うちでもこういうのを飼いたいのは山々なのですが、
自分よりも先に逝ってしまうであろうお別れが辛いのと、マニアックかつ劣悪な環境の
我が屋敷に適応するのは至難の業であると思われるので、当分飼うことはないでしょうね
2012blog-1195.jpgさぁ、今日も八尾まで送ってもらいました。
お昼ご飯とお駄賃ありがとうございました。

さて、ここで本来なら記事を締めくくるところですが、
まだまだこの日のトピックスは続くんです。
 
  1. 2012/07/27(金) 23:38:51|
  2. パソコン

シャリイCF50Z マフラー到着

2012blog-1174.jpgまたしても、奥さんが荷受けしてくれました。
まぁ、事前に申告していたのでセフセフ。

このシャリィですが、仕上げたら奥さんにぜひ乗ってもらいたく思って
組み上げています…が、それによって奥さんの意向も乗っかってきたり…
2012blog-1175.jpgマフラー。
え?と思われそうですが、そう、ダックスの純正マフラーです。
アップマフラーでスクランブラー風味、ハンターカブのような、正体不明車に
仕上げる目論見です。
2012blog-1176.jpgカバーには溶接痕が。
苦労して維持されていたんだなぁ…とは思いますが、
このカバーは使用しません。形状が好みではありません。
2012blog-1177.jpgこれ、これなんですよ、初期型に付いていた
焼き網みたいなスリットが入ったカバー。

中古で良い物がなかったので、新品を取り寄せました。
なんだかんだいって送料にわざわざリソースを割くくらいなら
新品の方が気持ちがいいというもんです。

※マウントが全然違うので新たに熔接しないといけません。
2012blog-1178.jpg部品番号は18361-098-672  プロテクター,マフラー
定価が2012年現在で3620円でした。

うーん、やっぱり中古を送料払って買うよりお得ですよね。
ホンダはちょっと古くなると部品が出ないと聞いていたのですが、
4サイクル原付のこの手合いは普通に色々出るようです。
 
  1. 2012/07/26(木) 13:38:25|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

Technics SB-F1

2012blog-1170.jpg当方、おそらく2006年頃からですが、パソコンのスピーカーに
富士通のDESKPOWERに採用されていた
タイムドメイン・ミニを使用していました。
巷での評価もよく、この特異な形状は見ているだけでも楽しいものでした。
2012blog-1171.jpgが、気になるスピーカーが見つかったので、
今宵の更新はこれでいきましょう。

大昔?にPanasonicの音響機器ブランドであったTechnicsからリリースされた
小型スピーカー SB-F1です。
大きさは封筒よりちょっと大きいくらいで、デスクトップにもなんとか置けるベビーサイズですが、
アルミダイキャスト製のずっしりしたボディや、大型スピーカー顔負けの回路構成など、
かなりの本格派です。調べてみたら1978年発売、当方と同い年です
2012blog-1172.jpg側にはなんと当時の注意書きが残っています。
こういうのはそのまま残しておきたい。

たまたま寄ったハドフで左右セット3150円でした。
ちなみに、このFシリーズ?は筐体が小さい順にF1・F2・F3とラインナップされていて、
実はF2も既にうちにあって…そう、机に乗らなかったんです。二度目の正直でした
2012blog-1173.jpgそれでは、早速据えてみます。鎌ベイアンプに直結して、さぁ!!

うわあ!!これ、めっちゃいい!!

これが率直な印象でした。
特異でマニアックなものより、こういった基本に忠実な
質実剛健なモノのほうが、当方との相性が良いみたいです。
 
  1. 2012/07/25(水) 23:48:49|
  2. AV機器

エアコンプレッサー整備 自動運転化

2012blog-1157.jpg大昔に粗大ごみで拾ってきて、それ以来15年以上
我が屋敷で頑張ってくれているコンプレッサーです。

拾ってきた時から普通に使えていて、車の空気入れや、インパクトレンチでの作業など
多岐にわたって活躍してくれました。
2012blog-1158.jpg明治機械製作所のN-1/2というモデルです。いつぐらいのものなんだろう。
オイルは今まで替えたことがないのですが、熱源を持たないので
劣化もそれほどないのでしょう。
自動車用の余ったオイルでも入れてやろうと思ったら、
「専用オイルを使用のこと」とのことなので、躊躇しています。
2012blog-1159.jpgモーターとの接続。いやー、強引です。

でも、これで100Vでも力強く回ってしまうので
良しとしましょう。
2012blog-1160.jpgベルト。

これも替えずに使い続けていますが、
そろそろ交換しましょう。
2012blog-1161.jpgこのコンプレッサーですが、コンセントを挿したらずっと運転しっぱなしで、
電気的にモーターを停止させる機構がありません。
アンロードパイロットバルブというもので、規定圧以上は充填させない機構があるのですが、
やはり運転停止を自動でできるようにはしたい。

というわけで、圧力逃し弁を…
2012blog-1162.jpg圧力スイッチに交換しました。

※本来なら分岐させて圧力逃し弁も付けた方が良いでしょう
2012blog-1163.jpgカバー内にだいたいのことは書いてくれています。

Bの端子にモーターを繋げば良いようです
2012blog-1164.jpgモーターも整備します…

…って、え?折れてる!?
これは過回転防止用のガバナーと思われます。
とりあえずスプリング部分を折りあげて凌ぎましたが、
また似たようなレートのスプリングを探してきます。
2012blog-1165.jpgモーターの結線も、綺麗にやり直しましょう。
2012blog-1166.jpg…というか、基台のネジがサビサビなので

全部交換しよう、とやっているうちに、ここまでやってしまいました。
2012blog-1167.jpgさぁ、ボルトナットも綺麗になった、基台も磨いた、

結線も終わったので試運転です。
2012blog-1168.jpg設定圧は2Kから始めてみます。

…が、3.2Kくらいで停止しました。どっちの数値が
イカれているのかはわかりませんが、自動停止はしたということで
エアを抜く。差分は1.5Kにしています。
これはだいたい数値通りに運転を開始しました。
2012blog-1169.jpg今まで、充填中は空気圧を気にしながら作業を行い、
そこそこの圧が貯まったところでコンセントを抜いて…と
手間が掛かることをしてきましたが、これにて
それからも開放されることとなりました。

次回は、これにフィルターレギュレータを装着してみます。
 
  1. 2012/07/24(火) 23:52:45|
  2. 家電製品

シャリイCF50Z フロントフォーク径の差をなんとかしてみます

2012blog-1144.jpgホンダの25φフォークを
27φのステムに付けてしまいましょう。

…それにしても、ダックススポーツIIのフォークが25φだったのは
盲点でした…
2012blog-1145.jpgCD50でも、相当古いモデルだとフォークが25φになるようで、
これのステムを使用すれば、難なくダックススポーツIIのフォークは装着できるでしょう。

てか、もうそれすら面倒くさいので、こんなものを造りました。

※良い子は真似しないでください。…悪い子も真似しないで
2012blog-1146.jpgフォークスペーサー!!
以前にライトステーを戴いたハスラーのものから、
鉄板を更に剥ぎ取り。
1mmの鉄板があればまきまきして作れますが、
有り物から作ったほうが早いかも知れません。

くれぐれも…お勧めはしません。一応スッポ抜けたりしないように、片側には
熔棒を当ててストッパーにしています。
2012blog-1147.jpgよーし、これでフロント周りはなんとかいけそうだ。

結局、テレスコ化を睨んでいちばん最初に購入したボロボロのフロント周りは
全く使用するところがなくなってしまいました。
リアショック× フロントフォーク× ステム使用せず…

なかなか思い通りに行かないのも流用改造の楽しみですね。
2012blog-1148.jpg今度は、フロントフォークカバーを付けてみて
どうなるかを検証しないといけません。

また寸足らずか、切断をしないといけなくならなくなりそうな…
フォークスパンもナローになったので、ヘッドライトも工夫しないと付かないかも
2012blog-1149.jpgフロント周りの考察が済んだら、今度はリアだ。
まずはこれ。
致命的にリアショック長が足りていません。
これは気合でマウント制作をして乗り切ります。
2012blog-1150.jpg郵政カブのホイールを流用したのですが、このカブ一味のリアハブ廻りは
特殊な構造になっていまして、スプロケットとホイールが分離するようになっています。
ここまでは他車でもあるものなのですが、カブ一味はスイングアームにスプロケットハブを
残したままでホイールの脱着ができるようになっています。
これは、フルカバードされたチェーンカバーであるカブ一味のリアタイヤ交換を容易にさせる
よくできた工夫なのですが、他車に流用をされているケースでは、ここの機構を切断して
キャンセルさせてしまうようです…が、
2012blog-1151.jpgん、このスイングアーム、その当該のカラーが難なくスッポリ通っています。
よく見るとアームの左右で穴の大きさが違います(右12φ、左14φ)
要は、フルカバードタイプのチェーンカバーを持った車種用だったということですが、
いったい、何用のスイングアームだったのでしょうか。
これだと、この機構を生かしたままで組み上げることができそうです。

これはなんだか得した気分。
2012blog-1152.jpgこの前落札したSP武川のアップハンドルです。
溶接されたブレースがスクランブラーっぽくてお気に入り

…なのですが、そのお気に入りブレースが、どうやらメーターの視認性を
妨げてしまいそう。
嗚呼…どうしよう
 
  1. 2012/07/23(月) 22:28:30|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

Hitachi TOURO DESK DX3 0S03539を簡易NASに

2012blog-1135.jpg日々撮り溜めた写真、ブログやサイトのデータ、音楽や動画、
そしてゑろ画像やゑろ動画やゑろ画像やゑろ画像…
大量に溜め込んだこれらを、何かのトラブルで一瞬にして失ってしまうのは
相当な痛手となります。
2012blog-1136.jpgもう一昨年となるタイの洪水被害より、HDDの相場は急騰してしまい
これらの導入は容易ではなくなっていたのですが、
この度、それなりにこなれてきたので導入することにしました。
2012blog-1137.jpgHGSTの外付けハードディスク
TOUROシリーズの2TBモデル、0S03539です。

市販の外付けハードディスクは、中身が見えない=製造元がわからないのが難点ですが、
これなら入っているハードディスクはHGST製なので、安心ですね
2012blog-1138.jpg単体で売られているハードディスクと比べると、
結構、日本で売ることを意識した日本語表記が増えています。
ですが、マニュアルはあんまりローカライズされていなく…
まぁ、図解だから全世界共通ですね。

そしてパソコンが…FLORA…Prius…嗚呼
2012blog-1139.jpg同梱されたストレージのえらくポップなチラシ。
3GBまでは無料です!!それ以上はUS$49

ドル払いって、ゑろサイトみたいな話だなオイ
2012blog-1140.jpgナウいデバイスだけあって、データ転送は超高速な
USB3.0です!!
そして、我が屋敷には対応する機器が…ありません。
2012blog-1141.jpg本体。
Bタイプでも3.0コネクタが存在するようですが、形状が変更されています。
過去にScythe製品に存在したPowerdUSB端子を思い出してしまいます。
日頃から思うのですが、Aタイプよりもその他の方が
上下の挿し間違いが無いので、使い易いですよね…
2012blog-1142.jpgさて、今回は、このハードディスクをネットワーク上に置いて、
簡易的なNASとして使用しましょう。

これには、NECアクセステクニカのAtermシリーズを使用します。
2012blog-1143.jpg背面にUSB端子があるので、とりあえずは挿すだけ。
2012blog-1126.jpgそれでは、Atermにアクセスします。
アドレスバーに192.168.0.1直打ちでGo!
2012blog-1127.jpgこの辺りは機種によって違うようですが、
左メニューの[情報]に[USBデバイス情報]の項目があります。
2012blog-1128.jpgそこを突っつくと、接続されているUSBデバイスが表示されます。
ちゃんと認識されていますね。
2012blog-1129.jpgフォーマットはFATで行います。
NTFSでは駄目みたいですね。
2012blog-1130.jpgフォーマット中は触らない方が無難です。
2012blog-1131.jpgフォーマット完了、って
この内容に画像3枚は無駄だったか…
2012blog-1132.jpgNAS化したこのHDDですが、
アクセスするためにはここからでないといけないみたいです。

スタート→ファイル名を指定して実行→\\ATERM-******(WANのMACアドレス下六桁)
ちょっと不便なところもありますが、あくまでも簡易NASなのでこれが限度でしょう。
早速、いろんなデータを移動させています。
2012blog-1131.jpg使用後、休止させる際は
ちゃんとこの管理画面から休止させて、それから
USBケーブルを抜くようにしてください。

近頃のパソコンとは異なり、これはあくまでもルーターの持つ機能なのです。
 
  1. 2012/07/22(日) 22:36:52|
  2. パソコン

PowerShot A95

2012blog-1115.jpg夜勤明け。
帰ってくると、たくさん荷物が届いていました。
奥さんは生えてきたツノが爆発寸前です。
近頃はバイクパーツの購入も増えたからなぁ…
できるだけ午後に届くようにはしているのですが、
それでも捕獲率が上がるわけでもなく、悩ましいところです。
2012blog-1116.jpg内容はこれ。
PowerShot A95のCCDリコールによる無償修理の
返却品が、今回の記事のネタとなります。
2012blog-1125.jpg症状の一例。
電源は入り、シャッターも切れますが、
液晶に出る絵も、撮る絵も
このようにディープパープルになってしまいます。
2012blog-1117.jpgアマゾンさんも驚くガラガラ梱包。

その中に収まるのは、今回のお題です。
2012blog-1118.jpg無事にCCDが交換されて帰って来ました。
いやはや、ご迷惑は掛かっていません、むしろ感謝です。
ちなみに、このてのCCDリコールは、かなりの機種に掛かっていたのですが、
この7月末のPowerShot A95を最後に終了してしまいます。

これからキヤノンのジャンクデジカメを購入される方は
気をつけないといけません。
2012blog-1119.jpgそれではテスト開始。

ちゃんと動作してます。
廉価単三モデルのAシリーズでも、この頃はバリアングルモニターが
採用されています。
2012blog-1121.jpg背面。
ボタンはA20のようなチープなものではなく、ちゃんとしたクリック感のあるもの。
十字キーも備わって操作性は良好です。
2012blog-1122.jpg光学3倍ズームレンズは7.8-23.4mmでF2.8スタート。

A20やA60より広角が弱くなってます。(ちなみに5.4mm)
同期はPowerShot G6となります。
2012blog-1123.jpgモードダイヤルはやたら豊富。

動画まで撮れてしまうようです。
2012blog-1124.jpgAFはマルチフレームAiAFが選べます。

実戦でどれだけの効果を見せてくれるでしょうか。
2012blog-1113.jpgそれでは、撮ってみることに。

このG2から比較すると、容積は2/3程度になっていて
携行性はなかなかのもの。
2012blog-1114.jpgもう一枚。
もうPowerShotコレクションも終わりかな…と思うのですが、
あぁ、まだGシリーズの残りや、Proシリーズもあるんだよなぁ

さすがにその辺りは未だに高価なので、手が出なさそうです。
 
  1. 2012/07/21(土) 23:36:04|
  2. カメラ

サザンプレミアムを愉しむ

2012blog-383.jpg近頃、職場が良い感じで盛り上がってまして、飲み会や駄弁り会が多くなり、
そういった時の帰宅は大概はなんば23:26の特急サザンになってしまいます。

で、今日含め3連発でサザンプレミアムを引いていたりするところ、
運がいいのか悪いのか…
2012blog-1108.jpg今日は夜勤者以外全員招集の暑気払いでした。
若手?の2次会もいいところで切り上げて、23:26発に乗るために心斎橋筋を急ぐ。

プラットホームに立つと、またしてもサザンプレミアムです。
たらふくウーロン茶やコーラを飲んでいるので、トイレから近い車両(1・2号車)を指定しますが
どうせなら見晴らしの良い席を…と思い、1号車の3番を買いました。
2012blog-1109.jpg旧型のサザンですと、先頭車にもデッキと乗降ドアがあるので
このようにして着席して景色を楽しむことができなかったのですが、
サザンプレミアムは運転席直後から座席があるので、
こういったことができるようになりました。

うーん、これはなかなか楽しい!!
2012blog-1110.jpgこの車両のお気に入りポイントは、この車端部に配された濃淡でメリハリを付けた
木目の壁紙、化粧板です。金属の窓枠とのコントラストが良いですね。

一般車にもこれくらいの加飾があってもいいのになぁ…とは思うのですが
2012blog-1111.jpgデビューして日が浅いサザンプレミアム、日本の鉄道趣味団体である
鉄道友の会が毎年秀逸かつ人気のある車両に選出する
「ブルーリボン賞」「ローレル賞」は取得することができませんでしたが、
結構いいところまでいっていた??というのは噂レベルではありますが目にしました。
2012blog-1112.jpg前面展望が楽しくて、一睡することもなくみさき公園に到着。

どうも馴染めなかったヘッドレストのアンコも馴染んできたのか、
快適さも…まぁ良い感じになってきました。
それでも、どっちかといえば普通のサザンの方が…と思ってしまうのは
私が鉄ヲタだからでしょうか。
 
  1. 2012/07/20(金) 01:12:11|
  2. 鉄ヲタ

PowerShot A20

2012blog-1096.jpg今や二束三文で入手できる枯れたコンデジには、誰にも理解できない、
しかし、その時代の最先端を担っていた故のたまらない魅力が
たくさん詰まっています。
今迄でも、過去に欲しかったモデルをチマチマ集めたりしていたのですが、
そう、キヤノンの機種はほぼノータッチでした。

PowerShot G5との出会いは私に鮮烈な印象を与えてしまったのです。
2012blog-1097.jpgまぁ、先述の通り、近頃増えている分は
G5やG2を休ませるためのもので、
汚れても傷付いても(゚ε゚)キニシナイ!!な雑用としての導入であります。

今回は、その中でも一番古いA20というモデルを。
ちゃんと選別して買わなかったので、軍艦部がズレています。
2012blog-1098.jpgこれくらいならお茶の子さいさいです。
筐体固定ネジを数本緩めて、コネコネしているだけで
ちゃんとハマるようになりました。
2012blog-1099.jpgちょっと膨らんだグリップに書かれた機種名。
このデザイン、調べてみたら2008年頃までは踏襲されていたようです。

いや、今日行ったイオンモールで似たようなのが売られていたので
まだ現行かと思っていたのですが…8000円弱でした。安っ
2012blog-1100.jpgこの手のカメラの生命線であるフラッシュメモリ。
スマートメディアはご愁傷様なことになってしまいましたが
コンパクトフラッシュはまだまだ現役、そして古デジで使うには都合の良い
小容量なら1000円でお釣りが来る手頃さがまた良い。
今回は、8GBを1枚購入し、それをKissDNに→捻出した2GBをG2に、
→捻出した256MBをA95に、A95に入っていた128MBをこのA20にと
玉突きさせてみました。
2012blog-1101.jpgあぁ…とんでもないことになってきた…
2012blog-1092.jpgこのカメラ、なかなかの曲者のようで
コンデジの命であるパッと撮る際のピント合わせが
うまくいきません。
古いし仕方ないか…とも言えますが、
もうちょっとうまく撮れるように努力します。
2012blog-1102.jpgそれでは細部を。

軍艦部はシャッターボタンと機種名だけ。
2012blog-1103.jpg操作、設定のほとんどは背面で行います。
前面はシルバーに塗装されていて、それなりの高級感がありますが
背面はこの通り樹脂色でそっけない。ある意味、質実剛健な造りです。
モードダイヤルが硬くて難なのですが、これは個体差でしょうか。
各ボタンはゴムのダイヤフラムを押すゲーム機のような感触になっていて、
ストロークが大きく、クリック感もないもっさりしたもの。
反応も鈍いので、操作性はもはや最低です
2012blog-1104.jpg液晶はOFFがデフォで、[DISPLAY]を押さないと点きません。
以後は、ONで保持されるので問題はありません。

合焦は液晶に表示されず、光学ファインダーの横にあるLEDで
確認するようになっています。緑点灯で合焦、橙点滅では合っていないようだ。  
2012blog-1105.jpg単三電池が使えるのが、今迄のAシリーズの旨みでした。
現在でも、A810というモデルのみ単三対応のようです。
出先でも、どこでも電源が確保できるのは便利でしょう。
しかし、電池にこれだけのスペースを割いているとは
シシャモのような容積比…というのは大げさか
2012blog-1106.jpgF2.8スタートの3倍ズーム。

発売は2001年、定価は56000円。
姉妹機に130万画素のA10というのもあるようです。

ちなみに、RICOHのCX4を買った時に、下取りと呼ばれる値引き用として
入手したジャンクもこの機種でした。
2012blog-1107.jpg上記の通り、結構古い機種なのですが、
USBのMini-Bプラグが備わっているので
そのままリムーバブルディスクとして認識できるかな~と思ったのですが
不明なデバイスとしてしか認識されませんでした。
添付のソフトウエアでないと通信はできないようです。
 
  1. 2012/07/18(水) 00:27:02|
  2. カメラ

シャリイCF50Z 考察その2

2012blog-1081.jpgJazzばかりやっていても飽きてくるので、

こうして他の工程も混ぜてみるのもいい暇つぶしになります。
モンキーは…錆止め塗料を入手してから出ないと進まないんですよね
2012blog-1082.jpg先日の考察で撃沈した三つ又は、CD50のものを使用します。
2012blog-1083.jpgですが、ハンドルストッパー構造がCDとシャリィでは違うようで、
ロックtoロックが激狭になってしまいます。
これは改善せねば。
2012blog-1084.jpgダックススポーツの三つ又と比較。
これはこれで、ストッパーが無いので
曲がり放題であります。
2012blog-1085.jpgトップブリッジも、CD50で揃えます。
ナロースパンかつ、下方にオフセットしているので
あまり好みではない形状です。
2012blog-1086.jpgさぁ、フォークを挿し込んで…

ガバガバやないか!!!!!!!!!!!

なんと、ダックススポーツのフォーク径は25φだったのです。
そりゃあかんわ…もうフォークは買いません。カラーを製作します!!
2012blog-1087.jpgガバガバのフォークはとりあえず置いといて、
前回叶わなかったMD50のホイールを装着します。

あぁ…ぴったりフィット。
互換性というか、共通化というか。
パズルを組みあわせる感覚で楽しめる純正流用が
楽しいです。
2012blog-1088.jpg今度はリア周りの考察。
スイングアームピボットのブッシュが劣化しているので
抜いてみようと思ったのですが…

寸切りボルトが破断してしまいました。
ジムニーのブッシュ抜きに使用したプレス機が必要のようです。
2012blog-1089.jpg新しく入手したガソリンタンク。
とんでもない色に塗られていますが、
そこんとこはどうでも良くて、タンクキャップの前にあるそれ、
燃料計のセンディングユニットがある近頃のシャリィ用が
欲しかったのです。
2012blog-1090.jpgスイングアームピボットを削って、リア周りを入れることに
成功しました。
が、それによってまた問題が数点出てきました。
2012blog-1091.jpg左右を繋いでいる部分、名称はわからないのですが
ここがフレームに干渉します。
あぁ、これはどうしようかな~
2012blog-1092.jpg元来は内挟みであるシャリィに、外挟みのスイングアーム。

この辺りも色々と煮詰める必要があります。
2012blog-1093.jpgそしてここ。
リアショックが致命的に短いです。
ここはスイングアーム側を加工して、リアショックマウントを
相当嵩上げすることで対処しようと思います。
2012blog-1094.jpg仮組みでこんな感じ。

いやー、これ、相当でっかい単車になりそうです。
でも、今からワクワクしてきます。ちゃんと完成させたいなぁ
2012blog-1095.jpg今後は、リア周りをまともに仕上げて、

シート高の考察もしましょう。
課題はそれなりに多いほうが楽しい…か?
 
  1. 2012/07/17(火) 21:00:29|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

ラード君 抜けるような青空の下で単車道楽

2012blog-1076.jpg本日は、毎度のラード君から送られてきた画像から始めましょう。

これは岸和田にあるラードハウスの一室であろう。

彼は高級な甲虫(要はクワガタ)の飼育も趣味でして、
一部屋を見事に使用不能にしているとのことだが、
この部屋がそうなのでしょうか?
2012blog-1077.jpgちなみに、加工しているのはJazzのシートベース。

このカタチだとカスタムシートみたいだなぁと話しているうちに、
本当にカスタムシートにしようと作業開始。

まずはシートベースに沿わせた形状のクッション材をカット。
2012blog-1078.jpgどうしても出来る段差などは、創意工夫で
埋めてしまったそうです。

そして、これ。
吸音材や養生に使われるフェルトのシートですね。
2012blog-1079.jpgクッション材やフェルトが濡れないように、
ビニールシートをレザー生地との間に挟み込む。

そして、生地屋さんで買ってきた
のび~るレザー生地をタッカーで貼り付けていきます。
2012blog-1080.jpgいやー、この画像を見た時は驚きました。
そこらのカスタムシートと変わらないなこりゃ。

ベースは純正なので、フィッティングは最高、
更にフレームに荷を逃すゴムブロックもあるので
信頼性も高いでしょう。
2012blog-1065.jpgそして、本日。
前もってウインカーと配線ボックスの作業を完工させておく。

ラード君も、様々なパーツを持ち込みで作業開始。
2012blog-1066.jpg先日の試運転で抜けてしまったシフトペダルのリンク。
ここのCリング、緩んでくると走行中に外れてしまい、
シフトペダルがスッポンしてしまいます。

今回はコーナンPROで売られていた新品に交換しました。
2012blog-1067.jpgラード君はリアフェンダーの手直しを、
当方は、昨日購入したキャブレターを手直し開始。

って、メインジェットが無い…
2012blog-1068.jpgまずは部品の確保を。
過去にシャリィで使用していたケーヒンPC20から部品をいただく。
2012blog-1069.jpgメインジェットは95番を。

これがもう詰まりが凄くて穴通しが大変でした。
2012blog-1070.jpgPC16のフロートピンには、なんとクリップ(大きな方)が
代用されていました。

こんなのでよく動作するもんだ・・
2012blog-1071.jpg本日から、PowerShot A20が雑用カメラとしてデビューです。

見ての通り、マクロが弱い…早速心が折れそうです
まぁ、これでPowerShotG5やG2を酷使せずに休ませることができます。
2012blog-1072.jpgフロートチャンバーのパッキンは、見事に液体ガスケットで
処理されていました。

純正部品で直せるので注文しましょう。
16010-GCR-000 500円くらいです。
2012blog-1073.jpg近頃は日も長く、遅くまで楽しめるようになりました。

雲に反射する夕日が綺麗です。
2012blog-1074.jpgリアフェンダーは遂にここまでショートになってしまいました。
ボバースタイルを色々研究した結果ですが、
あまり長くするとツッパリテールのようになるので
これくらいがちょうど良さそうです。
2012blog-1075.jpgなんとか付いたPC16キャブ。インマニはカブ70のものです。
純正エアクリーナーは使えなくなるので、パワーフィルターを
探してこないといけません。

本日はここまで。
お好み焼きをごちそうになりました。ごちそうさまでした!
 
  1. 2012/07/16(月) 23:56:20|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

赤バスに乗って

2012blog-1056.jpg夜勤明け。

そのまま帰ってもなんだかなぁ~な気分だったが、
暑い!!都会はそれに輪をかけて暑苦しい。
というわけで、クールに移動をしてみようと、調べてみたのですが…

今回は、大阪にあるバイク街へ公共交通機関で行ってみようというもの。
白羽の矢が立ったのは、大阪市のコミュニティバスである「赤バス」。
谷町九丁目から出ているというので、近鉄の上本町から向かったのですが、
バス停の場所がわからない…
既報の通り、縮小傾向にある赤バスなのですが、案内もあまりされていない様子。
というわけで、上本町六丁目のバス停に戻ることに。
2012blog-1057.jpgこの系統は、一筆書きのループバスです。上本町から鶴橋、桃谷、警察病院、天王寺区役所を経て、
先述の谷町九丁目から動物園方面、阿倍野橋に向かう。
要は、谷町九丁目で拾えていたらバイク通まではすぐなのですが、
上六からだと暫し時間が掛かります。どっちみち、この時間なら同じバスになるので上六から乗ることに。
車両は新たに導入となった日野ポンチョです!!
2012blog-1058.jpgそれまでは、故障が多く運用上問題のあったルノー・オムニノーバ・マルチライダーや
追加導入されたベンツなどもありましたが、今回のポンチョは国産で決定版でしょう。
地元のコミュニティバスでも見かけることが出来るようになりました。
涼しい車内で、上町台地の閑静な景色を車窓として愉しむ。
2012blog-1059.jpg30分に1本、日中を中心としたローカル線のような運用ですが、
乗客はゼロということもなく、この系統を頼って乗車されるお客さんも居るようだ。

どうしても赤字を吊るしあげられ、無駄の象徴と扱われてしまう
この手の公共交通ですが、
必要とされている人が居る限りはなんとか維持していくのが
行政から住民へのサービスではないかと思うのですが、
いかがなものでしょうか。

地方都市や郊外のコミュニティバスも、公的資金からの補助によって
運行されているわけですし。
2012blog-1060.jpg到着。
クリーム色に赤いラインで一般車と意匠の統一がなされましたが、
赤バスというとどうなんでしょうか、相当イメージが変わってしまいました。
途中から乗車されたお客さんも、これは赤バスですか?と
尋ねる場面がありました。

これによって、鉄道駅から行きたい場所の最寄りまでを
快適に移動することができました。
2012blog-1061.jpgバス停から数十メートルで、今回の目的地
アップガレージ松屋町店に到着です。

ちなみにここですが、
日本橋の電気街(恵美須町)からもそれほど離れていないので、
歩いていくことも十分に可能です。

しかし、当方のようになんばから巡回して日本橋4丁目くらいで折り返すやり方では、
恵美須町まではなかなか来ないので行き難いんですよね。
2012blog-1062.jpg今回の収穫を。
ウインカーステーは、Jazzを砲弾ウインカーにするための準備です。
こういった細かいパーツは、わざわざヤフオクで買うものではないので
助かります。
あとは、特殊形状のワッシャーや、12v10Wのウインカー球。
2012blog-1063.jpgそして、日本製のちゃんとしたPCキャブ。

口径は当方のJazzにも採用している16φですが、これはPC08Bというもの。
2980円だったので確保してきました。
2012blog-1064.jpgあとは、近頃変な植物ばかり売っているPC-NETにて
ジャンクなPowerShotを数点。

これは、別で記事にできそうなので、
温めておくことにしましょう。
 
  1. 2012/07/15(日) 21:12:24|
  2. 国内街歩き・地元記事

ラード君 雨が降ろうと単車道楽

2012blog-1044.jpg昨日までの晴天と打って変わって、断続的に雨が降った11日。
朝までは晴れていたから大丈夫と思っていたのに…
そんな中でも、作業開始です。
2012blog-1045.jpgスピードメーターのステーを制作して、
現車合わせを行います。
よく見ると仕上げが雑ですが、機能としてはこれで十分です。
2012blog-1055.jpg元来、武川DNメーターが装着されたこの個体ですが、
その前は、このトップブリッジの左上に穴を開けて、
そこに純正メーターを直接取り付けていたのでしょう。

今回は、その穴を活用して、このように仕上げてみました。視認性も良好。
2012blog-1046.jpgラード君登場。
主に後ろ側担当です。

アップガレージで200円にて購入した鉄フェンダーを大胆にカットします。
ボバー仕様に欠かせない、ショートかつ跳ね上がったテールカウルにします。
2012blog-1047.jpg先日の中華マフラーです。
いやー、やっぱモンキー用だもん、フレームのダウンチューブに干渉して
全く付く気配がありません。

音は…アイドリングではまぁ静かですが…スロットルオフ時の
吸い込み音が強烈です。これではちょっと大人仕様にならないなぁ
2012blog-1048.jpgああ、また強い雨が降って来ました。

ハンドル周りを防水処置して、一旦撤退です。
ラード君はその間、玄関にてシートの考察です。
2012blog-1049.jpgで。これ。
純正シートベースです。
なかなか格好良い形状。これに薄いスポンジを貼って、伸縮性のある
ビニールレザー生地を貼り付ける予定。
純正だけに、フレームへのフィッティングは抜群です。
2012blog-1050.jpgフレームと干渉するマフラー。

ぶっ叩いて凹ませることにします。

昨日といい、今日といい、
地味かつジワジワ来る作業が多すぎです
2012blog-1052.jpgうーん、かなりボッコボコにしてしまいました。
これでも完全にフレームには平行にはなりません。
基本的に、腹下に何もないモンキー専用なのでしょう。
2012blog-1051.jpgラード君が買ってきた激安ウインカー。2個で600円弱という凄さですが、
まぁこれは酷い品質でした。電線は細いわ、ナットはまるで自転車の
エアバルブをリムに留める薄ナットの如く。
そして4つ中2つが点灯しないと思ったら、電球がこのザマです。
ソケットの作りも雑で、レンズとの合わせ面の精度も甘く、
パッキンもないので雨水入り放題でした。
2012blog-1053.jpg当方のJazzで余ったウインカーを装着しておきました。当該の個体は
砲弾型ウインカーに変更予定です。

ナンバープレートが水平…なかなかえげつないテール周りですが、後に改善して
ちゃんと見えるように改善されています。
さぁ、まともに走れるまであと一歩ですね!
 
  1. 2012/07/11(水) 23:51:37|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

ハゲラ君の車道楽(疲労編)

2012blog-1025.jpg久方ぶりのハゲラ君です。

本人とは、異動前の職場で定例会をしているのでよく会うのですが、
まぁ、我が屋敷まで来てもらえることというと、そうですね。
2012blog-1026.jpg今回のお題は、ドラシャブーツが破けてしまったので
どうにかしてくださいということがひとつ。

当方、AZワゴンRがやってくるまではジムニー一筋だったので、
FF車のドラシャは殆ど触ったことがないのですが…

これは右側ですが、破けていません。
予防整備としてここも交換するのですが…
2012blog-1027.jpgダイハツの一部車種は、ドライブシャフトの中程が太くなっていて
従来型の挿しこむタイプのブーツが使えません。
組立工程でブーツを挿入して、その後アウタージョイントをカシメているのでしょう。
シャフトが太いのに何かの意味はあるのでしょうが、要は、

わざわざ壊れかけのダイハツなんか買うなってことです
2012blog-1028.jpgまぁ、だからといってワゴンRやライフでも、経年車だとそれなりにトラブルや
手直しは発生することでしょう。


というわけで、新品シャフト入替か、分割ブーツしか手立てはありません。

これ、やったことないんだよな~
2012blog-1029.jpgシャフトブーツを除去します。

グリースもある程度拭きましょう。

先程の画像にあるキャリパー外しは作業場所の確保のために必要ですが
32mmのセンターナットは外さなくても大丈夫です。
2012blog-1030.jpgうーん、これが分割ブーツか…

この隙間に溶剤を流し込んで、山と谷で溶着させる。
近頃は信頼性も抜群に向上して、プロにおける整備のシーンでも
時間短縮による効率化に寄与しているようです。
2012blog-1031.jpgキットには、カイロのようなものも入っていまして、

これによって、冷間時でも確実な溶着をサポートします。

この間に、タイロッドエンドブーツも交換します。
ダイハツは圧入?式なのでここは楽でした。
2012blog-1032.jpg今日は暑かった…とっても暑かった。
33℃あったとのこと

今度は左。
見事に破けています。
まだグリースの飛散も軽微なもので、いまのうちにやっておけば
ベアリングの焼き付きや劣化も防げるところでしょう
2012blog-1033.jpg取り掛かります。

外す箇所はドライブシャフトのセンターナット、
タイロッドエンド、ブレーキキャリパー、
ストラット結合部などなど。
2012blog-1034.jpgそう、この頃になると手も脂でベチャベチャ、

暑さで汗も噴きまくりで、撮影どころではなくなってしまいます。
勘弁してください…
2012blog-1036.jpgシャフトブーツを交換するのははアウターのみで、
インナーは外すだけで再使用するのですが、
ちゃんと再使用する分のブーツバンドも付いてきます。
嬉しい配慮ですね!!

というかこれが普通なんだろうか
2012blog-1035.jpg画像中央上にある等速ジョイントのベアリングが
抜けなくて往生しました。
結局、プーラーまで動員してジワジワ抜きました。なんてこったい
2012blog-1037.jpgその間ハゲラ君は
劣化して灰色になったグリルをつや消しブラックに手直ししています。
この手法、当方のAZワゴンRで長期試験中ですが
なかなか侮れない耐久性です。198円だというのに。
2012blog-1038.jpgこちらは、作業が停まってしまいました。
ロワアームジョイントブーツが…パックリ

部品屋さんに走りついでに、昼食です。
ごちそうさまでした!!
2012blog-1039.jpg社外品で1個700円くらいです。
ここも圧入?タイプで楽々。
2012blog-1040.jpgいきなりここまで飛ぶか…
もう画像なんか撮っている場合ではありません。
記事の構成上、これを根本的に解消しないといけないのですが、
汚れた手でも気にせず撮れるデジタルカメラを考えて、
職場で使っているような、Caplioの300G~500Gを考えていたところ、
…また派手に脱線したものを入手してしまいました。
2012blog-1041.jpgハゲラ君の今日最後のリクエストは、フロントドアに付いているスピーカーを
以前より塩漬けにしていたユニットに交換して欲しいというもの。
うーん、奥さんの買い物グルマに何を求めているんだか…

…え、AZワゴンR…
2012blog-1043.jpgユニットをマウントするまでは比較的容易でしたが、このドアポケットの
穴をを拡大するのが大変でした。

ドラシャブーツと同じく、もう二度とやりたくありません。
勘弁してください(懇願)
2012blog-1042.jpgさて、リペイントされたグリルですが、こちらは結果良好。
黒が黒々していると、ぐっと引き締まりますね。
ハゲラ君のマスキングも報われる瞬間です。

明日は…こんどはラード君が見参です。
昨日の中華マフラー、スンナリ装着できるでしょうか。乞うご期待!!
 
  1. 2012/07/10(火) 22:47:24|
  2. ハゲラ君の車道楽

您好! 中國製造 消聲器

2012blog-1019.jpgラード君の依頼に基づき、ホンダ横型用のマフラーを落札しました。

新品でも4000円しない、要は中華マフラーということでしょう。
2012blog-1020.jpgこの見た目。
今迄でも検索されて、ご覧になった方もおられるかも知れません。
元来はモンキー用ですが、Jazzにも装着されたものがあると
ラード君に画像検索で見せてもらいました。

結構、似合いそうな形状です。
2012blog-1021.jpg「まんま新聞配達の音がする」と、不評だった純正マフラー。

故にもうちょっとバイクらしい音をさせたいところですが、
この品物は中華だけに、まじめに消音しているのかが不安です。

ステーがえぐれています。
見えないところだから、まあ…いいか。
2012blog-1023.jpgエンジンと繋がる部分はこの通り。

穴径も50cc用より相当拡大されているので、
ボアアップなどで排気量が上がっても対応できそうです。
2012blog-1022.jpgで、消音はどうやってるんだろう
なんじゃこりゃ、排水口のごみ受けみたいになっているんですが…

実質、排気が通る穴はどれだけなのでしょうか
2012blog-1024.jpg見えない部分は、仕上げも雑ですが、
熔接などは普通にくっついていると思われます。

近頃はオークションでも、さらに改造パーツメーカーなんかでも
中華出身と思われるパーツが大量に出回っていまして、その形態的な魅力と
驚きの安さで悩ましくさせられたりしますが、足回りなどの命を任せる部分には
明らかに品質の劣るものはできるだけ避けて、安全第一で組み上げたいところですね。
 
  1. 2012/07/09(月) 23:00:26|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

シャリイCF50Z 考察開始

2012blog-1012.jpg数年ぶりに、しまいこんでいたシャリィのフレームを出してきました。

とにかく、本格的にとりかかるのはモンキーを仕上げてからなので、
とりあえずは考察ということで…
2012blog-1013.jpgフロント周りは、ダックススポーツIIのアウタースプリングタイプのものを。
ステム含めて無加工で装着できます。
2012blog-1014.jpgスイングアームは、よくわからないものを…
何用かはわからないのですが、アクスルシャフトが12φ、
ピボットシャフトが10φで、外挟みができるものを用意しましょう。
XE50のものが欲しかったのですが、競り負けてしまいました。
2012blog-1015.jpgアクスルシャフトなどは、XE50用です。
ここはフォークスパンに対して短いのですが、
後々わかってくることが…
2012blog-1016.jpgそりゃそうだ。
ワイドスパンであるシャリィやDAXと違い、
カブやCDなどはナロータイヤを履かせるので
ハブの幅も狭いのです。

MD系かCDのステムを調達する必要ができてしまいました。
2012blog-1017.jpg…ドラムストッパーの加工延長とか、無理ですよね~
2012blog-1018.jpg大径になるタイヤに対して、フレームへの干渉は無さそうです。
これだけあればフルストロークさせても大丈夫でしょう。

さぁ、今日はここまで。今から昼飯食って夜勤です。
 
  1. 2012/07/08(日) 12:28:50|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

HOME ARC SANCHO

2012blog-1007.jpg家で熔接、せめて点付けだけでもできたら
どれだけ作業が捗るだろうな~

…と思っていたところ、このようなものを見つけました。
2012blog-1008.jpg所謂、家庭用100V熔接機です。
「意外と使える」という意見があったり、
「やっぱ使えない」という意見もある、この手の廉価な家庭用熔接機。

それなら、使ってみてから考えてみましょう。
2012blog-1009.jpgまたしても脱力感Maxなネーミング。
今回は中古品なので元箱はないが、それのデザインも
大丈夫なのかと思わせる意匠だったり。
端から本格的な使用を諦めさせるように仕向けているのでしょうか???
2012blog-1010.jpgアースとトーチ。

いつも仕事で使っている高出力な、いわゆる普通のアーク熔接機と比べると
頼りないのですが、うーん、まぁ、使ってみないとわかりませんね
2012blog-1011.jpgスペックはこんな感じ。

定格使用率が5%、これは、10分を1サイクルとして、そのうちの使用出来る時間、
そして休ませる時間の確率だそうです。
ってことは、30秒使ったら9分30秒休ませてちょ…ということらしい。

このスペックでどういう需要に合わせることができたのでしょうか。
とりあえず、熔接棒とお面を探してきましょう。
 
  1. 2012/07/07(土) 23:31:14|
  2. オートバイ

雨なのに

2012blog-1003.jpgお使いがあるので、お買い物へ。
髪の毛もやたら伸びてきたのでカットも行かなければ…
外は結構な雨だ。いやー、リアに熱線ガラスをはめ込んだ車もあるのに、
SJ30を引っ張りだす。
ボンネットで弾かれる水玉を見るが気持ちいい。ガラスコーティングしてよかった
2012blog-1004.jpgSJ30に乗り始めてもうすぐ16年、常にファーストカーだった時期が長かったので
雨の日も、炎天下も、これ一台でしのいでいました。
今は常時3台スタンバイ、Select Your Machine!状態なので
なにもこれを出す理由も無いのですが、ちょっと乗り始めた頃を思い出して…

この画像内の、ハンドルとメーターは買った当時のままの部品です。
2012blog-1005.jpg当時と決定的に違うのがこれでしょう。
あの頃は汗もサラサラしていて、いくらかいても服なんか臭くならなかったもんでした。
いったい、この16年の間に私の体に何の変化があったのでしょうか??

適当にくっつけたJA22のエアコンなのですが、今シーズンもクールに効きまくります。
2012blog-1006.jpg散髪中にもスタッフさんと趣味の話になり、まぁ流れでジムニーが出てくるのだが
今の奥さんのためにクーラーをわざわざ付けたが、近頃は嫌がって乗ってくれないと
お話したのですが、スタッフさんの脳内では、いったいどんなクルマと映ったのでしょうか…

SJ30、今日は吹け上がりも良くていい走りでした。
湿度が高い方が燃調が合うのかな
 
  1. 2012/07/05(木) 23:50:37|
  2. ジムニー

アブラ君改めラード君 梅雨のある日の単車道楽

2012blog-977.jpg今日は朝イチから頑張って作業開始です。
奥さんを(Jazzが見えないように)見送って、昨日から仕込んでいた作業を
続行します。

ホイールは錆も少なく綺麗だったので、貰えることになりました。
当方のホイールを装着し、ブラック塗装する予定。
2012blog-978.jpgよくわからない配線になっていたキーシリンダー。

ここも完璧に仕上げます。

不評だった「アブラ君」ですが、「同じ脂なら高級なラードがいい!!」とのことで
ラード君になりました。
2012blog-979.jpg平ギボシを圧着して、挿…??

ああ…元々のギボシがぶっちぎられて残ってます。
2012blog-980.jpg精密ドライバーでツメを寝かせながら、

マイナスドライバーでギボシを抜き出します。
2012blog-981.jpg結局、元々付いていた4極コネクタと新規のコネクタで
爪が合いませんでした。
新規にすげ替えて、メインキーは復活。
2012blog-982.jpgそろそろ、この部品取り車とのコラボレーション、というか

おかしくなっている、または不足している部品を

頂戴します。

とりあえず、スプロケットを留めているボルトがアレだったので…
2012blog-983.jpgそしてこれ。

メインキーが入る穴がガバガバになっていて、キーシリンダーが
グルグル回ります。
2012blog-984.jpgここを部品取り車からGet!!

後期タイプには、エアクリーナー吸気口に
トップカバーが付いています。

雨水などの混入を防ぐ、小改良なのでしょう。
2012blog-985.jpgあっというまにリア周りがすっからかんです。

というか、ここまでしないと先程のボックスが外し難いです
2012blog-986.jpgお次はコレ。
うーん、汚いリアホイールです。
後ろは当方のJazzより持ってきた少し錆びているホイールですが、
金たわしとピカールで驚きのピカピカになってしまいました。
なんだ、すげ替える必要って無かったのか??
2012blog-987.jpgリアホイールは使用せずに、タイヤだけ頂きます。
我が屋敷に置いてある全てのJazzがダンロップのD404を履いているからこそできた
三位一体スワッピングです。

というわけで考察。
2012blog-988.jpgApeのホイールにJazz用のリアタイヤ、4.50-12が履けるか?

先日、検索してみたら「無理」「意味が無い」「Jazzのリム幅は4インチ~」
「Apeは2.5インチ~~」「走らなくなりますよ」
「なんでそんなことをするのですか?」「操縦安定性が悪くなるだけ」

うーん…
2012blog-989.jpgリム幅の差はこんな感じ。
Apeは2.5インチ、Jazzは2.75インチでした。
検索でよく出てくる質問サイトは、あの車系SNSと同じく、
あんまり役に立たない情報や返答、そしてウソが結構多いです。
結局、自分の目で見て確かめるのがイチバンなのでしょう。

勿論、検索をしたことで助けられたことも多々ありますし、
本当に有用な情報もたくさんあるわけですが…
2012blog-990.jpgというわけで、チューブ穴もピッタリ、タイヤも難なく入りました。

まぁ、走りへの影響もそれほど気になるもんでもないでしょう。
ノーティDAXやスズキバンバンもこんなタイヤでしたし
2012blog-991.jpgここでラード君登場。もうナンバープレートも交付してきたみたいで、
相変わらずイケイケです。

で、これがラード君一品制作のフェンダーステー。
これにショートフェンダーをくくりたいという見込みなのですが…
ちょっと長く、エビ反りになっちゃったみたいです
2012blog-992.jpgさて、先程の4.50-12をJazzのフォークスパンではめ込もうと思うと、
このようにボトムケースのフェンダー取り付け穴を切らないと
干渉してしまいます。

ここは構わず、金ノコでカット!!
2012blog-993.jpgうーん、結構簡単に付いちゃった。

※後輪専用なので、前輪での使用はおすすめしません。
我々はお遊びでやっていますが、くれぐれも自己責任でおねがいします。

ハンドルはまたしてもラード君がアップガレージで探してきたもの。
このカタチ、いかつくて良い感じですね。

今度のハンドルはきっちりと付きました。

ここらで一旦切り上げて、紀淡でガッツリ昼食です。
ラード君!ごちそうさまでした!!
2012blog-994.jpg当方はフロント周りの配線を、

ラード君はリア周り、シートなどの配置や
リアフェンダーの兼ね合いを見ています。
2012blog-995.jpgですが、ライト後ろの電装もかなりいじられていて、
ギボシ端子の数が合わない(ホンダお得意の分配ギボシがカットされていた)ので、
新たに分岐ギボシ線を作製して、辻褄を合わせました。
2012blog-996.jpgメーターは最初このように元々トップブリッジに開けられていた穴を活用し、
長ボルトを併せて固定しましたが、
ギボシボックスが閉まらなくなったので、またどうしようか思案中です。
2012blog-998.jpgカタチになってきました。
この時点でエンジンも始動可能になっていたので
試しに掛けてみる。
タペット音も全くなく、良い感じの機関です。

煩い直管マフラーは、とりあえず純正を合わせました。
2012blog-997.jpgファットタイヤになったせいで、
フロントブレーキ及びスピードメーターケーブルが干渉しそうです。
元来ならフェンダーに輪っかが付いていて、干渉を防ぐようになっているのですが、
フェンダーレスで行くので、ここも対策する必要があります。

そういえば、これだけ大径になったらスピードメーターも結構狂いそう…
というか、このブレーキドラムは何用なのでしょうか??Ape?Jazz?
2012blog-999.jpgライディングポジションは、以前のセミアップハンドル仕様と比べると
相当改善されました。

バーハンドル仕様のJazzより、少し上で、少し奥といった感じです
2012blog-1000.jpgリア周り改良中である当方のJazzと。
そのうちフロントホイールも綺麗になります。

ラード号は、結局このソロシートを諦め、
他のカスタムシートを使うことになりました。
2012blog-1001.jpg2台も揃って、ケツがこのザマです。

雨が降ってきたので、お片づけして終了しましょう。
2台とも、7月中に出来上がるかな~?
 
  1. 2012/07/04(水) 22:36:31|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

武川DNメーター 防錆対策

2012blog-959.jpg先日、アブラ君(本人からは不評)よりいただき、修理しておいた武川DNメーター。

この画像を見てもお分かりいただけるように、
ネジの錆がすごいのは先日の記事でも記した通り。
2012blog-971.jpgというわけで、倉庫から引っぱり出してきました。

肉抜きされたステーがレーシーですが、
装着車の雰囲気には合うかなぁ…
2012blog-972.jpg日本橋のナニワネジにて、ステンレスネジなどを調達。
右の小さいネジは処分品だったので安かったのですが、
在庫が掃けてしまうともう入手することができないということでしょうか
2012blog-973.jpgはい、できあがり。
これで多少の屋外保管でも大丈夫でしょう。

というか、これからバイクも増えるんだし、バイクポートだけでも
建造しようかと考えています。
2012blog-974.jpg大量に余った…

何に使いましょうか…
2012blog-975.jpgさて。
そんなDNメーターですが、将来的に使用する車両は
もう決まっていまして、只今部品集めと考察が
始まろうとしています。
2012blog-976.jpgとりあえず、モンキーを仕上げてからでないと
着手できないわけで、当分は考察と妄想でお腹いっぱいの日々を
過ごすことになるでしょう。

明日は、脂Jazzの作業です。
 
  1. 2012/07/03(火) 21:59:01|
  2. オートバイ-シャリイCF50Z

帰ってきた自由席特急

2012blog-969.jpg2012年3月末をもって、運転が終了した
南海本線の全車自由席特急。
特急サザン用の車両も余るくらいにあるので、もう復活することはないと思っていたら…
2012blog-970.jpgもう復活してるじゃないすか! やだーーーー!
なんでも、逼迫している電力需要に呼応して、南海本線で可能な手法としては
もうこれくらいしか残っていない模様。減便はもう既に限界に達しているので、昼間の特急サザンの置換と、
8両でだぶついている空港急行の減車でなんとかできるだけのことは…ということだろう
というわけで、早速撮って来ました。充当されたのはやはり省エネ車である1000系。

今回の自由席特急は3月までとは異なり、2本で2運用を廻すようで、
電力使用量のピーク時間帯に合わせた和歌山市12:00発と13:00発になる。
2本目は、実際に乗車してくることにしましょう。

 
  1. 2012/07/02(月) 12:33:39|
  2. 鉄ヲタ

7月になりました。

2012blog-829.jpg先日の考察から、コツコツ作り上げてきた
ハンドルロックのステー、なんとかカタチになってきました。
2012blog-965.jpgホイサッサ。
とはいっても、ブーメラン状のパーツを
サンダーの切断刃で切るのは手間が掛かりました。

磨り減った切断刃が便利です。
2012blog-966.jpg現物合わせで位置決めして、熔接。

そして今夜、完成しました。
2012blog-967.jpgロック状態。

クリアランスも、フレームとの嵌合具合も良好。
2012blog-968.jpgフロントより。

うーん、もう二度と作りたくありませんが、
またシャリィをやるときにも通る道になるかも…
 
  1. 2012/07/01(日) 21:53:24|
  2. オートバイ-Z50J1

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する