FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

Z50J1 タンクのサビ取り

酸(サンポール)とアルカリ(マジックリン)を混合すると、超危険な有毒ガスが発生する可能性があります。
絶対に原液どうしは混ぜない、また、タンク内を中和する際は必ず換気の良い場所で行なってください。
2012blog-783.jpgさて、足回りなどの作業と並行して、この辺りも早めに押さえておきましょう。
2012blog-784.jpg以前(といっても5年前)に、シャリィのガソリンタンクを洗浄した際に
大活躍したケミカルクリーナーです。
確か10年ほど前に、東急ハンズで社長さんが自ら実演販売されていたものです。

社長さんとお話して、当時プータローだった身の上を話したところ、「仕事選びすぎじゃね?もっと色々やってみな」と
なぜか説教されたことを覚えています。
はい、なんとかお仕事はしてますが、一寸先が…あれ、暗くなってきたぜ!!どうしよう!?
2012blog-785.jpgで、今回のブツですが…
ああ…まるでチョコパウダーかココア粉のようになって…
2012blog-786.jpg底面。この辺りに穴が開いていないだけマシですね。
花咲かGを注入します。

さて、SJ30でお買い物です。食材はもちろんのこと、
部品屋さんで純正部品の発注をついに行います。
2012blog-787.jpg2時間弱で用事を済ませて、帰宅。
古いネジやナットを放り込んで、ジャラジャラすると…こうなりました。
うげー…
この洗面台は水を貯めて洗顔に使用したりはしないのでいいっちゃいいのですが
2012blog-788.jpg水を抜くと…

これ、元々は鉄板としてタンクを構成していたものなんですよね…
界面活性剤だけでここまでできるとは、かなりの性能です。
実際、シャリィのタンクは綺麗になったのですが、このモンキーのものは
まだまだ茶色のままです。
2012blog-789.jpg仕方ない、これ、いくか!!

冒頭の注意書きにも記していますが、取り扱いには充分気をつけてください。
2012blog-790.jpgそれでは、いってみます。

今回のマジックリン中和法などは「紙ヒコーキ。」様を参考にさせて頂きました。
いい知恵頂きました。ありがとうございます。
2012blog-791.jpgドボドボ…結構粘度が高いのね

たしか、注いだところで化学反応で泡が出るのですが、
先程の花咲かGを洗いきっていなかったためか、露骨な反応は見られませんでした。
2012blog-792.jpgで、いきなりこんな画像まで飛んでしまいました。
そう、数時間漬け置いたところで、ジャラジャラかき混ぜたら
ピュー!!とサンポール溶剤が…

穴が開いていたので中止です。
2012blog-793.jpgそれでも、サンポールはさすがのパワーでした。
かなりの部位で、地金が出てきました。
丹念に水洗いし、マジックリンにて中和。この時点でもかなりの錆水が出ます。

で、これ。ハンダで埋めてみます。
穴の周りを叩いて、少し凹ませてのりしろにします。
2012blog-794.jpgトーチで煽りながら、ハンダを流しこむ。

うーむ、これは難しいぞ~。なかなか綺麗に乗ってくれない
2012blog-795.jpgうん、これでなんとかいけるかな。
もう少し削って、均してやればサフェーサーで隠せるでしょう。

明日は仕事なので、記事上げたところで終了!
 
スポンサーサイト



  1. 2012/05/30(水) 21:46:56|
  2. オートバイ-Z50J1

楽しい?園芸

2007blog-002.jpg2007年の記事で使用した画像なのですが、
…いやー、この頃は周りに家もなくてスカスカだったなぁ。
ではなくて、このコンクリの目地に植えられた「リュウノヒゲ(タマリュウ)」です。
比較的強く、多年性であり、外観も可愛らしいので
こういった外構を飾る植物として重宝されているのですが…
2012blog-776.jpgそれから5年が経ち、 2012年の段階で…
このザマです。

どうやら、直射日光が強いところだと弱ってしまうみたいでして
気がつけば雑草が強い根を張ってしまい、更にその根が
地表近くを覆ってしまうことで他の植生もできない、不毛地帯になってしまうようだ。
2012blog-779.jpgで、こんな風になってしまいます。
よく見ると、まだリュウノヒゲが頑張って植生しているのですが、
このままでは不毛地帯になるでしょう。
抜本的に植え直さないといけません。
2012blog-777.jpgと、いうわけで
ホームセンターで新しい苗も確保します。

ザルに敷き詰められた状態で1780円でした。

結構、これだけでもかなりの範囲に植えることができます。
そのままの絡んだ状態で植えてもいいのですが、
株ごとに分裂させて、植えると更に良いそうな。

これがロットによってほぐし易いものから、根っこが絡まり過ぎて
大変なものまでありました。
根っこは多少切れても大丈夫みたいです。
2012blog-778.jpg土も一旦掘り返し、雑草の根っこを除去(これがすごかった)し、
肥料を混ぜて、一株づつチマチマ植えていきます。

なんとか生き残っていた株も、ほぐしてバラしてあげて、均等に植えてあげます。
うーん、なんだかチョンチョロケですが、頑張って増えてくれることを祈るばかり。
2012blog-780.jpg近頃、大気の状態がとても不安定な日が続き、
ここ泉州でも29日未明に激しい雷雨に見舞われました。
レーダーで見ても本当に泉州南部だけ、局地的にやられています。

今日も、午前に大雨注意報が発令されたのですが、泉州南部には雨雲は到達しませんでした。
が、なんと夕方に第二波がやって来て、激しい雷雨となりました。

手直しした分の水やりの手間が省けたのでありがたいのですが、
近頃のこの荒れ様、一体どんな天気なんだ…
2012blog-782.jpgさて、モンキーなのですが、
そろそろ盗難を気にして屋内にしまいこんでいます。
いくら田舎でも、というか、田舎だから警戒するべきでしょうか。

場所は玄関横の倉庫です。ここだと風雨も関係ないので最高ですが、
エンジンレスだとスタンドがなく、立て掛けておくのも不便極まりないので…
2012blog-781.jpg端材で簡易レーシング???スタンドを作成しました。
現状ではとても軽いので、これで十分です。

エンジンや補機を搭載してみて、どこまで耐えれるでしょうか?
 
  1. 2012/05/29(火) 22:47:33|
  2. その他

Z50J1 フロント周りの考察

2012blog-760.jpg近頃は、こればっかり考えていて
夜も眠れない…ことはないのですが、

そろそろ、長いフロントフォークをどうするか、真剣に考えてみます。
2012blog-761.jpg合わせるリアショックはKYBのもの。

もう絶版になっていると思われる、純正と同じ長さの265mmを
あえて選びました。
とにかく足長仕様にはせずに、ちんちくりんな雰囲気を残して
仕上げたいという(私の勝手な)方針です。
2012blog-762.jpgタイヤとホイールは、15年前にバイク雑誌の個人売買で買っておいた分が
あったのですが、既に当時から使いものにならない状態だったので、
この度新規に購入。ネットオークションが発達したおかげで本当に便利になりました。
タイヤを買うのも予算的に厳しいので、高年式で状態の良い中古を…と
探していたら、これは!!というものがでてきました。
2012blog-763.jpg2009年頃のAB27純正ホイールと、その頃に履き替えたという
TT100GPのセットです。

状態もよく、更に純正品。これはいい買い物をしました。
2012blog-764.jpgさあ、それではフロントフォークの検証を行いましょう。
2012blog-765.jpgステムはちゃんとそれ用に作られているので、
ステムナットもベアリングも純正のものが使用できました。

それにしても…と気になるので調べてみたら、
三つ又とトップブリッジは、DAX(ノーティーではない)のものがそっくりでした。
当時のモンキーカスタムでは王道の構成だったのでしょうか。
2012blog-766.jpgそのまま付けたら…
ジャパニーズアメリカン(昔のホンダカスタムやカワサキLTD)
のようになってしまいます。

というか、あれだ。アメリカンDAXだ。
2012blog-767.jpg仕方ない。フォーク突き出しで対処します。

フルストロークでこの辺りまで沈みます。まぁ、ダストカバーが厚いので
もう少しマージンが取れますが、その辺りは純正と比較して
寸法を決定しましょう。
2012blog-768.jpgまずは4L純正。ステム下部からの大体の距離。
34.7~8cmか
2012blog-770.jpg正立フォーク。
37.3~4cm。

3cm弱しか違わないようです。
リアサスペンションを280mmのものにしていたら
無修正で装着できたでしょうか?
2012blog-775.jpgフォーク突き出し状態だとこうなります。

お、良い感じでバランス出てますね。
    2012blog-769.jpg突き出し量は2cmくらいにしてみます。
2012blog-774.jpgこれは自分用メモ。

で、ここでネックが。
トップブリッジがトップからネジを締め込んで留めるタイプの
ものなので、社外でよくあるアルミ製のものと違って容易に突き出しができません。

色々考えてはいるのですが、うーん。うまくいくかな
失敗してもトップブリッジ自体は安価にて流通しているので
やり直しは効きそうです。
2012blog-771.jpgネックその2。
当然、モンキー用に作られていないので
ホイールセンターを出すのには相当苦労しそうです。

ありがたいことに、ブレーキワイヤは専用と思われるマウンタ(向かって左のフォーク)
が付いて来たので、ここはクリアできました。
2012blog-773.jpgホイールを裏返しで取り付けてみると…・
2012blog-772.jpgうん、さっきよりはセンターが出しやすそうです。
これでいきましょう。

先程の仮組み画像を見ていても思ったのだが、道程は長いなぁ
本当に組み上げられるのだろうかと、不安にもなります。
 
  1. 2012/05/29(火) 00:54:28|
  2. オートバイ-Z50J1

初夏のみさき公園へ

2012blog-744.jpg行って参りました。

なんでこの時期にといいますと、以前より姪っ子一家と甥っ子が来訪されるという
案件があり、我々も一緒に、ということです。ハイ
2012blog-745.jpg甥っ子も姪っ子も大はしゃぎですが、甥っ子がヒネクレモノで
奥さんが手を焼いていました。
この年頃(小1)って、扱いにくいのはとことん扱いにくいん…

いやー、俺もそうだったなぁ。

当方、本日はカメラ担当でもあります。
急流すべりはわが家の便利ズーム、EF 50-200mmにチャンゲ。
屋内や近影はEF-Sの17-85。ISは重宝しました。
2012blog-758.jpgスプラーッシュ!!!

※人物が入り込んでいる画像を端折ったのでこんな画像しかありません
2012blog-751.jpg今回のメインディッシュ!!
仮面ライダーフォーゼ スペシャルショー
スペシャルショーには2号ライダーがやってくる!!
2012blog-747.jpg宇・宙~
2012blog-748.jpgキターーーーーーーーー!!!!!
2012blog-746.jpgで、これが悪者。一応ゾディアーツです。
何座かは深く考えないようにしましょう。

このショーのみどころは、この悪者の観客イジリで、
どうやら毎年おんなじフォーマットで観客を楽しませています。
2012blog-743.jpgで、これが去年の仮面ライダーOOOショー。
…悪者のオッサン、一緒やん

いきなりの関西訛りで先制攻撃、巧妙なツッコミとボケにて観客も盛り上がります。
ショーの半分以上は、このパートであります。
2012blog-749.jpgちゃんとモジュールも用意されています。
リミットブレイクも再現しますが、ここでピンチになったりと
ちゃんと物語にメリハリがつけられたり。

ここでの要は、子供たちの応援です。前説でそう仕込まれるわけですが、
志村ー!!後ろ後ろと違って、その思いはフォーゼの力となって叶えられるように
なっています。
2012blog-752.jpgそしてスペシャルショーのメイン、
仮面ライダーメテオです。
オマエの運命は、オレが決める…

で、あんたはなに必死になって撮ってんだよオッサン、と言われそうですが、
フォーゼ、毎週楽しみにしています。朝は起きれないので大概夕食のときに
観たりしてます。ハイ
2012blog-750.jpg悪者は常に肌身離さずマイクを持っています。
攻撃の際にも、やられる時にも…

キャラの声は殆ど音声で賄われているのですが、この悪者だけは子供イジリで
アドリブが必要なパートがありまして、それ用にマイ・マイクが必要なのでしょう。
2012blog-753.jpgアトゥー!!
ホァア!!ホァ!!

近頃はいつもヤラレっぱなしなメテオさんですが、大車輪の活躍です。
2012blog-754.jpg更に共闘してます。
昨日の放映でも、コラボ必殺技が炸裂してましたね。

他にも色々とあるんですが、みんなの楽しみを奪うことになるので
これくらいにしときます。
2012blog-755.jpgさて、悪者を撃破した後は、
サイン会&握手会です。
これは小さなお友達にはたまらない思い出になるでしょう。
2012blog-756.jpgが、なんで事務机…

シュールすぎます。
2012blog-757.jpgさて、その後もまた急流すべりやトランポリンを堪能していただき、
お腹がすいたとのことでこれにて行程は終了。

動物園、観光灯台などは、また今度の機会に、となりました。
2012blog-759.jpgいやー、それにしても子連れだと大変でした。
私ゃ一生お父さんにはなれないですな。
2012blog-741.jpgで、そんな痛いおっさんのお買い物。
南海電車クリアファイル(300円)と、
55周年記念の3年間入り放題フリーパス(5500円)。
普段の年パスもやたら安いのですが、これはその半額近くで
3年先まで入園できるスグレモノ。
これでまた、平日にのんびり動物の写真を撮りに行けます。
2012blog-742.jpgちなみにこのクリアファイル、3Dになっていて車両が飛び出します。

こりゃすごい。収録されている車両も最長老の6000系から
最新鋭のサザンプレミアムまで、なかなかのボリュームです。
 
  1. 2012/05/28(月) 22:42:26|
  2. 国内街歩き・地元記事

久方ぶりにデフラグ

2012blog-739.jpgああ、近頃忘れてた…と、デフラグ起動。
まぁえらいことになっていますね。

ちなみに、デフラグツール画面はWindows98のものが未だに頭に残っています。
あの無駄な隙間をチマチマ埋めていく感がたっぷりの演出は、
私を数十分釘付けにしてしまうほどでした。
2012blog-740.jpg現在、当Blogやサイトの構築を一手に引き受けている日立Prius DH73P2です。
超スリム筐体にクールな純緑LEDがずっと憧れでした。
年末の故障以来は元気に動いています。
これ、将来的にはSSD化してWindows 7を入れてみようと思っているのですが、
足を引きずることなく使用できるでしょうか…
近頃はバイクのことばかりですが、間合いでそんなことを考えてしまいます。
 
  1. 2012/05/26(土) 23:36:59|
  2. パソコン

水軒駅廃止から 今日で10年

2012blog-727.jpg唐突ですが…
現在の南海線の最果ては、和歌山港線を経ての和歌山港駅になりますが、
10年前までは、その先に「水軒」(すいけん)という駅が存在しました。
長きにわたって1日2本だけの営業列車が往復し、設備を維持するためだけに走っていたような区間でしたが、
この区間を横断する県道の踏切横断における支障が大きいとの要望があり、廃線への運びとなった、とのこと。
詳しくはWikipedia、こんな時便利ですよね
2012blog-726.jpgこの水軒駅の最終日が、ちょうど10年前の今日でした。
臨時列車が多数運転され、水軒駅でもイベントや物販で大賑わいでした。

臨時列車はワンマン運転に対応していない7100系が充当され…
これ、つい最近までびっくりするくらいにボロボロだった7155Fですね。
外板修繕を受けて見違えるように綺麗になって、暫くは活躍が期待できそうです。
2012blog-728.jpgこれが最終列車。車番が変わっていることでおわかりいただけますが、
車両の差し替えがありました。
専用の看板も付けて、静かな小駅の最後に相応しくない??
大賑わいで、この駅はその役目を終えることとなりました。
2012blog-729.jpgしばらくすれば、いつもの水軒駅に逆戻り。

実は、ここからが個人的にはディープな時間でした。
一期一会というものは、本当に存在するものなのです。
そう、例えばいまそこでイビキかいて寝ておられる…今の奥さんも、そうだったり。

実は、今日あたり現地レポでも良かったのですが、
あいにく仕事で行けませんでした…よって過去画像でお送りしています。
2012blog-730.jpgさて、水軒といえば、この「水軒ジープ」
この駅の駐車場?は、不法投棄や放置車も散見されました。このジープもその中の1台。
見た感じ、本物のウイリスMBやフォードGPWではないようで、三菱のものを
ベースに、精巧に作り上げたレプリカのようでした。

路線廃止後も暫くはここに居残っていましたが、いつしか消えてしまいました。
結構、出来も良かったと思うので、誰かに活用されていればいいのですが…
 
  1. 2012/05/25(金) 23:26:07|
  2. 鉄ヲタ

激安LEDイルミネーション 常時点灯改造

2012blog-724.jpg中庭のイルミネーションが球切れしてきまして、何か替わりになるものを探していました。
元来はニトリで5年以上前に売られていたアンバー色でストレートのものを使用していまして、
LEDは3.5φ、またタイマーで回路を切っても、元の設定を覚えているお利口さんでした。

さて、それに替わるものを模索するために、落札してみました。
本体680円、送料860円でした。
2012blog-725.jpg中庭の白い窓枠に這わせるので、クリアーコードであることは必須でした。
ヤフオクだと商品画像しかわからないので、どうだろうと思っていたのですが…

うん、これは日本橋だとフレンズの店頭でよく売られているやつとおんなじですね
2012blog-718.jpgで、やはりというか、電源コードを抜いたら
ちゃらんぽらんな点灯パターンからスタートします。ハァ…
そのまま引き下がっても面白くないので、調べてみます。
殻割り自体は箱の精度も良くなく、ツメで留まっているだけなので容易です。

※この機器はACアダプタレスで、箱内で100Vを減圧しています。
危険ですので資格持ち、心得のある方のみ施工してください
2012blog-719.jpg知恵袋の回答ですと、エミッタとコレクタを短絡させると良いそうです。
やってみる。
点かなくなりました。どうしよう。

暫く頭を抱え込み、次の方策を考える。
2012blog-720.jpgトランジスタの型番は、PCR406と記されています。

型番で検索すると、ドイツ語のサイトが出てきました。
これと全く同じ基板の画像が。短絡位置まで記してくれていました。
ヤッター!!
2012blog-721.jpgどうやら、この基板の場合は短絡させるのは
エミッタとベースのようです、ハイ

これで常時点灯…OKでした!!
2012blog-722.jpgちなみに、当該のトランジスタ型番で画像検索すると、
いろんな国でこのイルミネーションコントローラが殻割りされているようです。
なんたるワールドワイド…
2012blog-723.jpgで、ルンルン気分で据え付けていたら…
寸足らずでした。

また、日本橋のフレンズ店頭に並んだ際に、ロング版を購入するとしましょう。
 
  1. 2012/05/24(木) 22:17:57|
  2. 家電製品

Z50J-1 本日はフェンダーのサビ取り

2012blog-712.jpg何にしても、安く上げることが大事なわけでして、
極力は荒れた中古パーツを手直ししていくことになります。

4Lモンキーのリアフェンダーは、それでテールランプ周りを支える構造になっていまして、
安価な5Lモデルのものを流用できません。
綺麗なフェンダーはやたら高いので、ボロボロの中古を手直しします。
2012blog-713.jpgメッキまでギャンギャン剥いでやろうと意気込みましたが、到底ムリでした…
そこそこ平面が出たところで修了。

あとは防錆塗料の性能に期待します。
2012blog-714.jpg仕上がりはこんな感じです。
手間は掛けるだけ掛けますが、さすがに…

世間では小型フェンダーを自作されている方も居ますので、
それに倣うべきだったのでしょうか…
2012blog-715.jpg完成。

あぁ…サンドブラストが欲しい…
2012blog-716.jpgさて、そのフロントフェンダーを三つ又につけるために
ステーを作成せねばなりません。

帯鉄を切って、チャチャッと作ってみました。
2012blog-717.jpg皿ビス側がフェンダーに、タップを切った側が三つ又に行くようにしてみました。
これでなんとか装着できそう。形状はもう少し整える予定。

で、今頃気づいたのですが、このフォーク、純正より…5cm…長い…
どうしよう
 
  1. 2012/05/23(水) 22:51:13|
  2. オートバイ-Z50J1

Z50J1 レストア再開 まずはフロント周りを

2012blog-692.jpg これはホンダのレジャーバイクの必須アイテムであった
「ハンドル折りたたみ機構」を持つハンドルホルダー。
昔、ゴミに捨ててあったものを拾ってきたのですが、
まさかここで役に立とうとは。
2012blog-693.jpgベース車のハンドルは折りたたみ式では無かったのですが、
私的にはモンキーはこのハンドルがいいかな、と思って
今回はこれでいくことにしました。
2012blog-694.jpgですが、ノブが1本無い。ハンドルも同様にないので、
まずはノブを調達しましょう。
毎度の「ナニワネジ」で発見。ネジはM8×50でOK。
2012blog-697.jpg今回重視したのは、ノブの当たり部分。
ここがちゃんと金属で受けれるものを選びました。
荷が掛かる箇所なので、確実に締めれるものにしましょう。
2012blog-695.jpg挿入してみる。
長さも問題ないようだ。
2012blog-696.jpgアルミもくすんでいてみすぼらしいので、
チャチャッとバフ掛けしました。
2012blog-698.jpgさて、純正のノブは内部にナットが入っていて、ネジが終わる部分に食い込ませて
それをもって抜け止めになっているのですが、このノブの場合全ネジなので
このようなナイロンロックナットで代用してみます。
2012blog-699.jpg13mm角のナットだったので、入るかどうか気になるところでしたが、
難なくナットは入りました。

が、後々ここがネックになってしまうのでした
2012blog-700.jpg純正ハンドルを入れてみる。
バッチリですね。
ここのノブは純正を頼もうと思ったのですが、
410円+180円でできてしまいました。
ここはヤフオク中古にしなくて正解でした
2012blog-701.jpgさて、今回の個体はテレスコ正立フォークにするのですが、
その場合、ヘッドライトとウインカーのステーを用意する必要があります。
ここを、無粋な社外ステーにするか、4L風にするかで
仕上がりに差がつくと思い、制作しました。

※画像の段階ではまだ仮熔接です。位置合わせを確認して、本溶接します
2012blog-702.jpg最初はハスラー90のステーをそのまま使用する予定でしたが、
フィッティングが悪い(4Lの小さいヘッドライトに合わない)ので、
耳の部分だけを切断して、有り物のパイプに熔接して
作成してみました。
元々のウインカーステーの穴も鉄板で埋めて、
アーク溶接で盛って削ってを繰り返し…
2012blog-703.jpgウインカーステーも、角パイプを切った貼ったして
4Lモンキーっぽくしてみました。
ちょっと右ウインカーのほうが厚いですね…明日削ろう
2012blog-704.jpgさて、ハンドルも届いたので、合わせてみましょう。
オートバイパーツ販売の老舗、南海部品から売られている
「パワーテックハンドル」というもの。
このタイプIIIは、4cm高くなる設定で、背高なオーナーに
丁度良いだろうという考えで導入しました。
2012blog-705.jpgが、つかない。ハンドル固定ノブを締め込んでも、ガタが残るんです。

調べてみたら、先程ノブの抜け止めに挿入したナイロンロックナットが
干渉しているようです。
このパワーテックハンドルはアルミ製で、画像のようにちょっと肉厚があり、
その部分が干渉してしまうのです。
2012blog-706.jpgならば、改良ですね。
画像が再度登場のノブとロックナットです。

ノブの樹脂はベークライトっぽいもので、
シビアコンディションでの耐久性が期待できます。
2012blog-707.jpgナットをハンドルホルダーの内部形状に合わせて、
すり鉢状に削ります。
こうすることで、ホルダー内部に六角の角が干渉して
ノブの回りが悪くなることも解消できますし、ネジも余裕ができて
ハンドルも干渉なく固定できる…という目論見です。
2012blog-708.jpg結果は…
OK!!装着できました。
2012blog-709.jpgさて、屋内でできる軽作業は今夜中に済ませてしまいましょう。
細々したことでも、サッサとやっておくと、ちょっとは
早いこと終わらせることも…できるのか??

これはテレスコ正立フォークのトップブリッジですが、穴が微妙に合わない。
いったい、何のために開けられた穴なのでしょうか。
2012blog-710.jpgヤスリでシコシコして、拡張完了です。
ハンドルクランプ用の穴がちょっと見えて不細工なので、ここも
必殺アーク埋めで隠そうか考え中です。
2012blog-711.jpg良い感じでカタチになりました。今日はここまで。

このテレスコ正立フォークですが、当時モノということで落札しました。
一体何のものを使用しているのかわからない(早矢仕のものではない)
ので、色々調べ倒した結果、
ノーティーダックスのボトムケースが酷似しているので
これをベースにインナーチューブを加工し
…でも三叉は何のものなのでしょうか。またまた調査します。

とりあえず、フォークシールはホンダ純正品(CB50JXやR&Pなどと共通)を
使えるということでなんとか見通しが立ちました。
 
  1. 2012/05/22(火) 23:26:53|
  2. オートバイ-Z50J1

金・環・日・食

※金環日食の写真はございません。ご了承頂いた上で閲覧ください
2012blog-688.jpgどれだけ暗くなるんだろうと興味があったので、愛宕山に出向いてみました。
昨晩は雨だったのですが、綺麗に晴れ上がっているじゃないですか。

太陽は結構高いところに上がっていて、ここまで来なくてもどこでも見れた感じです。
まぁ、誰も居ないところでマッタリできるので、ここで正解ですね。
眼下の海洋センターでは、学校の合宿でしょうか、日食を見ようと集合しているようです。
2012blog-689.jpg7:20を過ぎると、あきらかに周囲が暗くなってきました。
異様な雰囲気です。

これはなかなかできない経験です…が、
本当は夜みたいに真っ暗になることを期待していたのです。
2012blog-691.jpg厚い雲が掛かって、今ならなんとか撮れそうだったので
欠けた太陽を撮っておきました。
※良い子は真似しないでください

金環の時間帯は雲も薄かったので、撮影はやめておきました。
イメージセンサーを破壊してしまう可能性があるそう。
2012blog-690.jpg次に金環日食が全国で普通に見れるのは

…300年後らしいです。これはさすがに生きてはいないな
いい経験になりました。
 
  1. 2012/05/21(月) 13:47:39|
  2. カメラ

Prius700S 作業は続く

2012blog-670.jpgさて、先日の続きです。

Xpのインストールが完了しました。
この時のBGMがいいんですよね~

初めてPrius770EでWindowsXpに触れた時、
新しい時代の到来を感じたものでした。
2012blog-671.jpg飽きるほど観た草原の壁紙。

とりあえず、アップデートをするためにインターネットに繋がるようにしましょう。
2012blog-672.jpg今回は、先日購入したWLI-TX4-G54HPを使ってみます。

ドライバをインストール。SPの当たっていないXpでも何とか使えるようです。


※この画像の段階ではCardBusのアダプタを使用しています
2012blog-673.jpgこのXp、Version 2002というマイナーアップデート版です。
当時(2005年くらいか)は、アップグレード版でもまだまだ高かったです…
よく出せたもんだなぁ

そのうち、Windows7をこの編集に使っているパソコンにも導入することになるのでしょか
…動くのかな(Pentium4 651 メモリは2GBです)
2012blog-674.jpg設定で結構つまづいたのですが、

底面のリセットボタンを押すことで初期化させて、
我が家の無線LANにWEPで接続できました。

あまりにやり直しが多かったので、キーを覚えてしまった…
2012blog-675.jpgさて、SP2にアップデートしたところで、
OS起動直後にリブートしてしまうようになってしまいました。
これにはまいってしまいました。
OSを入れなおしても駄目。

あの手この手で検索し、
調べてみたところ、なんとHDDが原因なのでした。
2012blog-677.jpgなんでも、7K250辺りからの日立のHDDは、UltraDMAモードが「6」に
なるそうなのですが、

この「6」が一部のマザーボードでBIOSとの相性が出てしまうようで、
こういったリブートのループとなって症状が発生するとのことです。
2012blog-678.jpgというわけで、便利ツール発動。
日立のHDDを管理する「Feature Tool」というソフト。
CDよりブートさせて、こういったGUIでいろんなことができてしまいます。

HGSTのサイトからISOファイルをダウンロードして、ISOが焼けるソフトで
CD-Rに焼くだけ。あとはCD入れて起動すればOK。

F10キーを押して、「Features」から「Change Ultra DMA Mode」に入ります。
2012blog-679.jpg設定したいモードでEnter、項目移動はTabキーで、
「OK」にカーソルを合わせてEnter。

まっ たく  簡  単 だ
2012blog-680.jpgこれでDMAモードが5になりました。

マザーボード側がi815EなのでATA100が上限ですし、
別段問題はありません。
2012blog-681.jpgさて、祈りを込めて再起動。

やった!!起動したぞ!

検索すればすぐに手元で情報が手に入る。いやほんとに
便利な時代になりましたね。
2012blog-682.jpgこの画面を見ると、SP2になったんだなぁと思います。

近頃、ジャンクパソコンをたてつづけに起こしたので、
こんなことを思えるようになってしまったのでしょうか。
2012blog-683.jpgさて、バージョンが古いXpだと、WindowsUpdateに繋いでも
よくわかんない場所に誘導されます。
中の物が足りていないのはなんとなくわかるのだが、どうしていいかわからない。

そんな時に、このFix itというツールを使うと良いと(この画面で)言われたので、
使ってみます。
2012blog-684.jpg暫くポチポチと従っていたところ、WindowsUpdateに繋がるようになりました。

これで後の作業に移れる…
2012blog-685.jpgフォントはメイリオ、等幅フォントはMeiryoke pgothic、
カラーテーマはRoyale Noir。

この辺りが、近頃のお気に入りです。
2012blog-686.jpgさぁ、Updateも終盤に入って来ました。

が、もう少し続きます。
 
  1. 2012/05/20(日) 23:47:42|
  2. パソコン

Prius700S 今更復帰

2012blog-648.jpgパソコン3台を嫁がせて、ようやく空いてきたバックヤード。

地べたで作業というのは…もう一周り前からの修理スタイルですが、
そろそろ作業机を導入しようかと考えているところであります。

で、そこに鎮座するのは、先代枕元パソコンのPrius700Sです。
2012blog-649.jpgHDD内に残った(ゑろ)データを吸い出しておこうと思い、
数カ月ぶりに起動させたら…

HDDがキッチキッチ言ってる!!!!!
アカンやん!!
2012blog-650.jpgとりあえず、外付けケースに入れてデータの救出を試みる。

だめでした。
あぁ、まだ吸いだしていない(ゑろ)データがあったんじゃないか?
参ったなー
2012blog-651.jpgデータのバックアップはマメにしましょう。
現在使っている無線ハブが簡易USB・NAS機能があるそうなので
外付けHDDを考えています。

考えているうちにまた大事なデータがあぼ~んしないように、
急ぎましょう
2012blog-652.jpgで、この700Sは…

放置していても意味が無いので、
手持ちのパーツで再生させます。
2012blog-653.jpg今日のBGMはSEGNOに鳴らしてもらいたいところなのですが、
どうもこの部屋、毒電波が出ているみたいで
FMの入りが非常に悪い。
2012blog-654.jpgイカれたHDDも、換装するHDDも
HGSTのものです。
この素っ気ない形も好きでした。

それにしても、いつWDと統合されるのでしょうか?
2012blog-655.jpg普通にツメを外しているだけで、こんなことになってしまいました。
一体型のPrius、この前のAW35Pもそうでしたが、
シビアコンディションで使用されてきた個体は
樹脂部品が酷くもろくなったものが見られます。

こういう時のために、部品取りを1台確保しておいたのです。
今更ながら、ようやく役に立っています。
2012blog-656.jpgさて、この700Sですが、当時としては最先端??の
スロットインDVDコンボドライブ(マルチドライブではない)が備わっていたのですが、
これをAW35などのスロットインDVDマルチドライブに換装できないか
検証してみます。
2012blog-657.jpgドライブのブラケットは、最低限のネジと引っ掛けでマウントされていて、
比較的容易に外すことができます。
2012blog-658.jpg

無理なようです。
イジェクトボタンが全然…
700S用はケーシングも独自なもので、やたら大きいです。
結構、独自部品を奢っていたことが見受けられます。
2012blog-659.jpg更に検証を進めていきましょう。
これはAW35用の変換基板。
スリムドライブ用のコネクタから、独自のIDEとよく似たピンに変換するだけの
基板が挟まっています。
2012blog-660.jpgこれを外して、700Sに…

コネクタの向きからしてアウトです。
うん、諦めましょう。
2012blog-661.jpgこうして見ると、ヒートシンクをALPHAの剣山にするなど、
結構手を入れていたんだなぁと今更ながら思います。
2012blog-662.jpgさて、組み付けも済んだので
OSをインストールしましょう。
2012blog-663.jpgリカバリからはじめるのが面倒くさいので、
Xpのアップグレード版をそのままインストールしてしまいます。
2012blog-664.jpg外付けUSBドライブからブートできないので、
内蔵コンボドライブからなんとか起動。

で、旧バージョンのCDを要求されるのですが…

CDが出ない!!
2012blog-665.jpgイジェクト不良は、このスロットインドライブの弱点でして、
ここも部品取り機からいただきます。
幸い、部品取り機のものはなんとかイジェクトできる様子。
まるごと入れ替えてしまって、そのドライブがもし読み込み不良だったりするとたまらないので
イジェクト機構だけ移植で行きました。
2012blog-666.jpg画像中央の黒いバーがイジェクト機構の要。
ここがヘタってくるのでしょう。

交換は、バー右側の軸受のロックを解除して、左側のプーリを外し、
軸受ごと抜いて行います。比較的簡単です。
2012blog-667.jpgよーし、これでイジェクトもできるようになった。

Windows2000のCDにて次のステップへ。
2012blog-668.jpgカレンダーは2000年からです。
多分デフォルトが2000年なのでしょう。ですが
Xpがやたら長寿であることをこんなところからも
感じてしまうのです。

あと4年ほどサポート伸びないかなぁ
2012blog-669.jpg今夜は、インストール完了まで付き合うことになりそうです。

スペックが足を引きずっているのか、この画面のところが
結構時間が掛かるんです。
 
  1. 2012/05/18(金) 23:21:48|
  2. パソコン

海外のジムニー(自分で見てきた分)

近頃、第三世代のジムニーであるJB23/43型がモデルチェンジして、JB23は9型、
1300のJB43は…何型になったのでしょうか。
販売上のライバル車であった三菱パジェロミニが生産終了とアナウンスされ、
ダイハツテリオスキッドがモデル廃止となったので、軽規格が拡大された頃から
フルモデルチェンジされずに販売が継続されているのも、このジムニーと三菱ミニキャブくらいになってしまいました。

当時、1300のJB33型がデビューした際には、なんという形になってしまったんだと嘆いたもんでしたが、
慣れというものは恐ろしいもの、かつ、現在の規制や法規に沿ってしまった市販車達の中で輝いている(と当方は思っている)個性は
やはり唯一無二の「ジムニー」であると思えるようになってきました。
2012blog-643.jpg今回は、台湾旅行に行った際に見掛けたジムニー達を紹介しましょう。
メーカーからラインオフしたままのような姿の綺麗な個体。
ホイールのデザインから、国内で言うJB43型相当のようです。

ちなみに、台湾ではこのタイプしか販売されていないそうです。
もし古いのも売られていたら…妄想はとどまることを知らない。
2012blog-644.jpg台湾でも、オフロードで遊ぶという概念が存在していることを
このマシーンで知りました。
バンパーカットとトラクションタイアで本気モードです。

こちらでも日本のパーツがお気楽に輸入できたら楽しさがUpして良いんだろうなぁ…
台湾は、ヤマハなどのちょっと古い原付の改造や補修のためのパーツが充実していて、
日本の好き者たちはこれらを輸入して遊んでいるわけですし。
2012blog-646.jpg後ろから。
一応ナンバープレートは消しておきました…ハイ

よく見るとラテラルマウントが補正されていますね。
台湾でも改造パーツが売られているのでしょうか。
2012blog-645.jpgこれはジムニーではありませんが、
日本では所謂エスクードとして売られていたもの。珍しいコンパーチブルです
サイドのロゴを見る限り、こちらでもESCUDOとして売られていたんですね。

ドアの表記は、貨物車か何かになされるものなのでしょうか。
調べても出て来ませんでした。
2012blog-647.jpgおまけ。こちらは日本のジムニーことJB32の直近の燃費です。

高速道路を120Kmくらい、制限速度付近で走り、あとは下道。
結構回して楽しく走っても、こんな感じです。

近頃の低燃費車からすれば、これはえげつない数字ですが、
ジムニーでこれだけ出せれば、優秀…なんですよ。多分
 
  1. 2012/05/16(水) 23:34:26|
  2. ジムニー

色々溜まってきたもの

2008blog-114.jpg私の非常に悪い癖で、やりかけたものを途中でほったらかしにして、
部品は使わぬまま機能を悪化させてしまったり、散逸させてしまったり、
その時得ていたノウハウを忘れてしまったりと何一ついい結果を
出せていないのです。

例えばこれがそう。(※いつかは直します。いつかは…多分)

先日のパソコンは我ながら頑張って片付けた結果だったりします。
2012blog-641.jpgで、今日のお題はこれ。
詳しい方なら気づくでしょう。ホンダのレジャーバイク、モンキーの中でも
結構レアになってきた4Lタンクを持つモデルです。

で、これ、私のものじゃないんです。
2012blog-642.jpg従兄弟にレストアをを10年前に依頼され、
当時の情報収集力とヤフオクがない世界での部品集めに
挫折してしまい、長らく放置していたものです。

ここに載せてしまった以上、やり遂げます。絶対。
 
  1. 2012/05/15(火) 13:10:19|
  2. オートバイ-Z50J1

Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer 2.0 分解整備

2012blog-626.jpgもう2005年か2006年くらいからお世話になっている
マイクロソフトのワイヤレスマウスことIntelliMouse(略)。
つい最近まで、WirelessOpticalMouse 5000として
販売されていたロングセラーでした。
2012blog-628.jpg特に、特別モデルであるレザーフェイクのこれは
ちょっと良い雰囲気と手触りでお気に入り。

ですが、近頃ホイールの動きに引っかかりが出てきました。
隙間の汚れも酷いので、分解整備しましょう。

殻割りは、電池カバー内のネジ1本だけです。
2012blog-627.jpgあとは、全てツメで留まっているので、
コツが必要ですが、簡単に分解できます。
組立工程も簡略化できそうですね。
2012blog-629.jpg外装は…撮影できないくらいに汚れていました。

速攻で洗面台へ。マジックリン+歯ブラシで綺麗にします。
2012blog-630.jpgさて、ホイール部分(これは他機種の画像です)
ちょっと凝った構造で、クリック感のない操作が
できるようになっています。
2012blog-631.jpg内部はこうなっています。
赤外線?LEDとホイール内にあるパーツで
ホイールの動きを信号にしているようだ。
2012blog-632.jpgホイールには埃が堆積していたので、

綺麗に拭ったあと、セラグリスを塗布します。
2012blog-634.jpg基板はこれまたネジ1本とツメで留まっているだけです。
2012blog-636.jpgホイールには位置決めのためのスプリングが
入っています。

画像右にあるコネクタは…ものすごく抜けにくいですので
気をつけてください
2012blog-635.jpg画像中央の×状のものは、Connectスイッチに繋がるものです。
入れ忘れないよう…

当然、入れ忘れて分解しなおしました
2012blog-633.jpgさて、グリスを入れ替えても、引っかかりが消えないホイール。

原因を探ってみましょう。
2012blog-637.jpgこの台座、フレーム部分の「底」が

ホイールの外周に擦れていたようです。
2012blog-638.jpg大穴を開けてしまいましょう。

※ここまで開けなくても大丈夫です
2012blog-639.jpgホイールがクルクル回ることを確認して

組み上げます。
2012blog-640.jpgというわけで完成!!操作感も快調

…なはずなのですが、左ボタンの押し心地が
もう一つになってしまいました。建て付けがおかしくなったのでしょうか。
(数時間使用していたら、徐々にこなれてきました)
  
  1. 2012/05/13(日) 19:38:35|
  2. パソコン

Prius 550/750シリーズも旅立ち

2012blog-613.jpgまったく画像を撮っていなかったようで、改良の記録が…掲載できません。
meからxpにアップグレードしたり、PentiumIIIは当然のこと1BGHzに換装し、
メモリも512MBに、ニョッキリ伸びるトラブルが多いマザーボードのコンデンサも全部張り替えたり…と
色々やったはずなのに、記録が全く…無い。

あんまりこういった記事にする気がなかった頃のものなのでしょうか。
2012blog-616.jpg2000~2001年頃のPriusは、AVパソコンのはしりといえる勢いで
TVチューナー搭載モデル、はてはTVチューナー内蔵モニタである
PriusViewというものまでありました。
確か40万円近くしたような…
2012blog-615.jpg上の画像はTVチューナーレスの550シリーズ、
下の画像はそれが備わった750シリーズのもの。
ROMが2丁掛けになっていますね。

…これくらいしか画像が残ってないんですよね
2012blog-617.jpgこれらの筐体なのですが、比較的小型のマザーボードと電源でスペースを空けて、
HDDと5インチドライブを各2基搭載できるように作られています。
よくこのスペースに収めたもんです。
2012blog-614.jpgこれらにプリインストールされていたのが、Windowsmeでした。
チューニングすればそれなりに使えるとも言われていましたが、
今となればもうそれも検証できません。
2012blog-623.jpg無線LANで上階の部屋に飛ばしたいとの要望があったので、
ルーターを我が屋敷で使っていたWBR2-G54にしようと思っていたのですが、
ハドフでこんなものを見つけたので、これと外付けアンテナで
安定した通信を狙います。315円+適当なACアダプタ315円。安かった
2012blog-621.jpg久々に(2年以上は放置していた)のためか
HDDが死んでいました。
手持ちのものを探して積み替えます。
2012blog-622.jpgモニターは、先日貰ったワイドモニターにする予定でしたが、
Prius専用のものが2台発掘されたので
素直にこれを用いることに。
2012blog-620.jpgセットアップは続きます。
もうここまで来ると、ジャンクPCのセットアップも
さすがに慣れたもんです。
2012blog-619.jpg無線LANは、前面のPCカードスロットが余っているので
ここを利用することに。

蓋が閉まらなくなるわけですが…

実はここが機能しなくて、ドライバを探したりとあたふたしましたが、
単にスロットの基板が故障していただけで、部品取り(何台持ってるんだ)から
移植して復活させました。
2012blog-624.jpg出荷前日まで、セットアップが続きました。
10年落ちのパソコンですが、せめてxpサポート期限までは
用途を得て頑張って欲しいんです。
2012blog-611.jpg昨日のVALUESTARも、こうして安住の地を手に入れました。
今までネット環境が無かったとのことで、これにてようやく
携帯電話以外でネットが出来ると喜んで頂けました。
2012blog-618.jpgそして、Prius750も、娘さんのお部屋で活躍することとなりました。
簡単なWebブラウズにしか使用しないだろうとのことで、
まぁこれでも大丈夫でしょう。

あぁ…これでちょっとはバブカセ部屋が片付いた…

しかし今回の記事、画像が少なすぎてまいった
何事も、記録することは後々のことを思えば大事ですな
 
  1. 2012/05/12(土) 22:21:09|
  2. パソコン

寄せ集めパソコン達の旅立ち その1

2012blog-604.jpg我が屋敷で…もう3年くらいは在庫になっていたNECのパソコン
VALUESTAR VC500/6です。
今はもう定年退職した方が、HDDの不調で処分するとの話があり、引き取ってきていただいたものです。
モニタは別機種のカッコイイものを別個で入手しました。
用途がないまま3年漬けにしていましたが、OSのサポート期限や、
スペックの経年による相対的な陳腐化を考えれば、早いこと誰かの手に渡ればと思っていたのですが、
ようやく引き取り手がつきました。
2012blog-596.jpgその分、パーツは枯れたものばかりで、スペックアップは廉価にてできました。

Pentium4 2.4GHz→3.0GHzへ。FSB800のNorthwoodコアです
2012blog-597.jpgメモリは1GBに。

動作に不安があったHDDはHGSTの250GBに換装しました。
このVC500に載っていたHDDはMaxtorでしたが、
ここのHDDは6~7年で駄目になる個体が多いような。
2012blog-598.jpgCPUクーラはScytheの手裏剣に。
ギリギリで入りました。

コネクタが4ピンなので3ピンのマザーに付くか心配でしたが、
そのまま挿せるようになっているんですね。
2012blog-600.jpg結構、というかかなりギリギリでした。
リテンションにツメを掛けないといけないわけですが、
周辺のパーツをかなり外さないと手が入りません。
2012blog-599.jpgこのスロットは、一体何を載せるためだったのでしょうか。
2012blog-602.jpgさすがの大径ファンなので静か!!

ですが、電源の排気ファンが煩くてあまり意味は無いようです。
スリム筐体は自ずと当該ファンが10Cmになるんですよね
2012blog-603.jpgXP Homeをインスコし、着々と設定を進めていきます。
LANやグラフィックボードのドライバはNECからダウンロードできるのが
嬉しいです…が、後々大変なことに。

そう。NECのこの手合いの機種は、サウンドドライバが各々の機種専用に近い構成で、
ドツボにはまると全くもってドライバが見つからないのです。
2012blog-605.jpgまず、NECの当該機種のダウンロードページにはサウンドドライバはありませんでした。
同じチップのドライバはNEC、もしくは他社のドライバを入れたも駄目でした。

と、いうわけで程良いところで挫折しました。
デスクトップPCなら、まだこうしてPCIのサウンドボードで逃げることができますが、
ノートPCの場合は…
2012blog-595.jpgこのサウンドボード、物置に転がっていたのものですが、
出処はどこだろう…と思っていたら
4年前にジャンクで購入したPrius550に付いていたものでした。
真っ赤な基板がよく目立ちます。

が、これは何処の何というボードなのでしょうか?
2012blog-606.jpg基板に書かれていた数字で検索すると、辿り着いたのは
玄人志向が販売していたものとわかりました。

当然、ドライバはここにはありません。
2012blog-609.jpgベンダーのサイトにも無いようです、型番で検索しても
近頃多い詐欺ダウンロードサイト(何やら変なアプリをダウンロードさせられる)
ばかり。

仕方がないので…玄人志向のサイトにあった
似通った機種用のWindows 7用ドライバをねじ込んでみます。
2012blog-607.jpgOK!認識キターーー
2012blog-608.jpg色々設定できるようですが、
普通に鳴ってくれるだけで十二分です。
これで引き渡せるようになりました。
2012blog-610.jpg今日はここまで、明日は
Prius550/750を記事にしようと思います。

これはこれで色々遊びましたが、結局本務機として使うことはなく、
今日、寄贈したことでお別れとなりました。
 
  1. 2012/05/11(金) 21:59:37|
  2. パソコン

PowerShot G2 Black

2012blog-583.jpgかねてから、欲しかったカメラがやってきました。

高級機?確かに、当時はハイエンドでした。
特に名の通ったレンズを積んでいるわけでもない、国産の普及機なので銘機の血統とも言い難い。
でも、私の興味は頂点を極めていました。
2012blog-585.jpgPowerShot Gシリーズの第二弾 G2です。
G1の画素数UPマイナーチェンジ版ですが、
細かいところで改良が加えられているようです。
(ストラップ穴増設、グリップ拡大)

そんなことより、そう。限定のブラックモデルです!!カッコイイ!
2012blog-586.jpg背面。バリアングル液晶はこの後G6まで続き、近頃復活した模様。
液晶で撮ることの多いコンデジには必須の装備だと思います。
2012blog-588.jpg底面。
バッテリーカバーはわざわざレバーを操作しないと
外れないようになっています。

バッテリーは当然のようにBP-511です。汎用性が高くて嬉しい
2012blog-587.jpg軍艦部。
サブ液晶も嬉しい装備ですが…G5でもあんまり使わないのが実情です。
大概はメイン液晶で確認し、撮ってしまうからでしょうか
2012blog-589.jpgCFスロットは右側に。
引き出しに入っていた256MBを装着します。
2012blog-593.jpgG5で便利だったサブダイヤルはありません…

って、旧型だからそりゃそうか
元来、ジャンクでG5を買わなかったら始まらなかった蒐集癖(?)です
2012blog-594.jpgパワースイッチはここにあります。
G5のようにセンターに自己復帰するものではなく、
各モードに固定されるCOSのようなもので、操作感は結構硬いです。
2012blog-590.jpgさて、余っているBP511で起動を試みてみましょう。

こんな起動画面が用意されているんですね。ここでチロチロリン♪と
効果音が鳴るのですが、これを消すには再生モードで設定しないといけない。
2012blog-591.jpg液晶。
当然、視野角はG5と同等かそれ以下。
UIもG5と異なり、設定項目も質素です。

ちなみに…電池をしばらく抜いておいたら時計がリセットされてしまいます。
まいったな
2012blog-592.jpgレンズは7-21mmの3倍ズーム。F2.0スタートです。

当時は他社のデジタルカメラにもOEMされて搭載されていたらしい。
2012blog-584.jpgこちらはG2で撮影したG5のレンズ。
コーティングが明らかに濃いですね。

このG2にはレンズキャップが無いので、あまり連れ出すことができないのが難点です。
ストラップ共々揃った時点で、G5と撮り比べをして遊ぼうと思います。

ちなみに…これ、送料込みでG5の2倍は掛かってしまいました。限定モデルだしいいじゃないかと
自分に言い聞かせてしまいましょう。
 
  1. 2012/05/08(火) 23:09:21|
  2. カメラ

天気が良いので、小走りをします

2012blog-563.jpg我が屋敷にJAZZがやってきてから、もうすぐで3年になります。
買い物に、ちょっとした用事に大活躍です。

さすがに寄る年波には勝てず、車体の錆は結構なものになってきましたが、
あと暫くは、このままで頑張ってもらいます。
2012blog-565.jpg近頃、大気が不安定な日が続き、突然の雷雨に見舞われることが
多いのですが、この日(5/6)はお昼から見事な晴天となりました。

さぁ、そこらをちょっくら流しますか
2012blog-564.jpg今日は深日-多奈川-猿坂峠-加太-大川と
山を越え、海を見ながら走ることに。

これは道中にあった罠のようなもの。
一体何を…猪?熊?
2012blog-566.jpg猿坂峠も頂点に差し掛かる頃です。

池が見えてきたら、まもなく府県境です。
2012blog-567.jpgこのツーリングロード、

正式名称を県道・府道751号・木ノ本岬線といいます。
2012blog-568.jpgこのルートのクライマックスは、眼下に開ける和歌山市街でしょう。

夜に来たら綺麗だと思うのですが、大阪側からだと相当大変なので
孝子峠から回り込んだほうが良いかも知れません。
2012blog-569.jpg大阪側は、行き違いが困難な場所が多いのですが
和歌山側は、このようによく整備されています。

エンジンブレーキでタラタラ下っていると、そのうち平地に辿り着きます。

その足で…、まずはハドフです。せっかく峠越えたんだし
2012blog-570.jpg加太にやって来ました。

さすがGW、バイクも車も楽しそうなのがたくさん走っていましたが、
トヨタ2000GTが走ってきたのには度肝を抜かれました。
これだけでも、今日繰り出したかいがあったもんだ。
2012blog-571.jpgお供には甘~いコーヒーが最高です。

しばし海を眺めてのんびりします。
今回は、PowerShot  G5がお供です。
2012blog-575.jpg加太に来たんだし、淡嶋神社にも寄りましょう。
2012blog-572.jpg不要になった人形を祀り、供養する
ちょっとほかでは聞いたことがない神社です。
毎年、ローカルニュースで取り上げられる雛流しが有名ですね
2012blog-573.jpg顔ハメが設置されていました。

私は一人なので、見るだけにしておきます
2012blog-574.jpg商店や食堂も賑わってます。

お魚や乾物がいっぱいです。
2012blog-576.jpgてなわけで、それのオコボレに授かっているのでしょうか
猫がやたら多いです。
そしてやはりとういうか、人間を警戒しないのか
触り放題でした。
2012blog-577.jpgえらくフッサフサなのも。

こっちは触らせてくれませんでした。
2012blog-578.jpg車だと、停めるところがないので寄れなかった
小さなビーチ。

今日は初めて立ち寄ることができました。
2012blog-579.jpg小さな入り江。

海中にはボラの幼魚とクサフグが
大量に泳いでいました。
2012blog-580.jpg有意義なショートツーリングでした。
家でゴロゴロもいいですが、やっぱりこんな天気なんだし
勿体無いです。
さて、そろそろ帰宅の途につきましょう。
2012blog-581.jpg本日の収穫。

BUFFALOのイーサネットコンバータ WLI-TX4-G54HP。
4ポートなので色んな使い道に使えそうです。1050円。
2012blog-582.jpg開梱するとこんな感じです。
さて…



何に使うんだ??
 
  1. 2012/05/07(月) 20:40:12|
  2. オートバイ-HONDA Jazz

Extreme Super Moon

2012blog-559.jpg今夜は、月がかなり地球に近づく日とのこと。
地球から見える大きさは従来比14%増しくらいになり、
最も近づく時のそれをエクストリーム・スーパー・ムーンと呼ぶそうだ。

ならば、撮影ですね!

2012blog-558.jpgまずは、超高倍率ズームを持つDMC-FZ30で。
35mm換算645mmというクレイジーなズームは
トリミング無しでここまで寄れます。
DMC-FZ30
645.0 mm
1/40
ISO100
F11.0
2012blog-557.jpg今度はEOS KissNに、我が屋敷最望遠の
EF100-300を装着して。

APS-Cでもこれくらいになります。

この画像、月を鳥の群れが横切っているのがわかるでしょうか?
相変わらず、チャンスや本番に弱い…電車以外でもこれかいな
EOS Kiss Digital N
EF 100-300mm 1:5.6 L
290.0 mm
1/20
ISO100
F32
2012blog-562.jpg悔しいので、レタッチでごまかします。
2012blog-556.jpg絞りをいじったり、シャッタースピードを調整して…試行錯誤。

こんな感じになりました。
EOS Kiss Digital N
EF 100-300mm 1:5.6 L
285.0 mm
1/8
ISO100
F32
2012blog-560.jpg必殺・トリミングでこうなりました。
ちょっと眠いので、
2012blog-561.jpgアンシャープマスクを掛けると、良い感じ。
大体、1年に1度は訪れるこの機会、ひとつ撮影されてみては
いかがでしょうか?
 
  1. 2012/05/06(日) 23:11:03|
  2. カメラ

100均MicroUSBケーブル D+-短絡

2012blog-554.jpg実家に泊まっている奥さんから電話。

スマホの充電ができないとのこと。
モバイルブースターの使い方を伝えたが、どうも上手くいかないようだ。

これがその際に使用したアダプタ。100円均一なのですが、
いつも使っている充電専用のものとは違うのだろうか。
2012blog-551.jpg早速端子を割ってみる。

あー、やっぱりこうなってるやつか…
パソコンに繋いだところ、カードリーダーモードになったので
これはデータ通信を兼ねたもののようだ。
2012blog-552.jpgテスターで調べたところ、D+-は
画像中心の灰色と、裏側にある白のコードが該当する。


D+-短絡をさせるためには…
2012blog-553.jpg※この手の小細工はトラブルがあると機器の損傷などに及ぶ可能性があります。
壊れても自己責任で行なってください。
各々のコードを切断し、このように繋いで半田を溶かし込む。

周囲に殻がつくので、ショートしたりすることは無いと思われますが、
気になる場合はホットボンドを流しこんでおくと良いでしょう。
2012blog-555.jpgあとはUSBに繋いで充電ができることを確認して、
晴れて充電専用アダプタと同様のものにすることができました。
 
  1. 2012/05/05(土) 21:22:14|
  2. 携帯電話

fc2のブログアプリ

携帯端末のアプリからブログを更新できるということで、
早速試してみます。
  1. 2012/05/03(木) 11:49:55|
  2. 携帯電話

ザ・直接取引

2012blog-547.jpgNHKの朝ドラ「カーネーション」の舞台であった
岸和田に降り立ちました。

難波から、ラッシュ時の区間急行でも27分でした。
いやぁ、近いなぁ
2012blog-548.jpg今回の用事は、オークションで購入したブツの取引。

当方は、送料を圧縮できるように、なるべく近県の出品者から落札するよう務めていますが、
今回の出品者は岸和田の方でして、「駅から近いので、直接取りに来ていただいても結構ですよ」
と、いうわけで早速仕事帰りにお邪魔しました。

出品者はバイク屋さんで、今回の出品は作成したスーパーカブの余りとのこと。
出品者は梱包発送の手間が省け、私は送料を省くことができて
Win-Winが成立しました。

作成されたスーパーカブ、スクランブラーちっくで格好良かった。
私も頑張ろう
2012blog-549.jpg電車なので、袋があれば…ということで、用意して頂きました。
ありがとうございます。
2012blog-550.jpg今回の落札物は左のバイクのステップ。

…だったのですが、これもいかがですか?と
なんとホンダ横置きエンジンのマニュアルクラッチパーツを
格安で分けて頂けました。
JAZZのスペアに、また他の用途にも、これは嬉しいパーツです。
 
  1. 2012/05/02(水) 21:57:48|
  2. オートバイ-Z50J1

FOMA/mova ACアダプタ→MicroUSB

2012blog-542.jpg5月になりました。

先日の記事で分解することが可能であることがわかった
100均のMicroUSB充電アダプタを不要になったFOMAやmovaの
ACアダプタと連結改造しましょう。
2012blog-544.jpg※この手の小細工はトラブルがあると機器の損傷などに及ぶ可能性があります。
壊れても自己責任で行なってください。


精密ドライバーで端子のツメを外して、殻割りします。
半田の仕上げは…当方といい勝負。まぁ、こんなもんか

半田を溶かして、撤去したケーブルから蛇腹ゴムもいただきます。
強引に引っ張れば簡単に抜けます。(被覆ごと)
2012blog-543.jpgそして、蛇腹ゴムの内部をピンバイスや精密+ドライバーでえぐって
残った被覆をほじくり出しつつ穴を拡大し、
シリコンスプレーなどで潤滑させながら充電器側のケーブルに挿入します。
こうするだけで仕上がりも純正チックになり、ケーブルの保護もバッチリ。

充電器の電線は、エナメル線のようにコーティングされていますので
カッターの刃か何かで被覆を削いでからでないと、半田が乗りにくいです。
熱収縮チューブで保護して、半田付けする部分だけ露出するようにします。
2012blog-545.jpg画像3のものとは違う個体ですが、このようにできればOK。

右が+極となります。
2012blog-546.jpg出来上がり!!
やや出力が不足しているような感もあるので、負荷をかけて使用している場面では
アダプタが相当過熱します。寝る前充電など、静々と使うのがいいかも知れません。

思えば、FOMAアダプタ接続が前提である純正のクレードルは、
その状態での使用はあまり考慮されていないように見えますね。
  1. 2012/05/01(火) 22:27:57|
  2. 携帯電話

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する