FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

さようなら 自由席特急

2012blog-381.jpgもう3月も終わりになりました。
畦道にはタンポポが咲き乱れていました。
別れと、出会いの季節です。

まずは、3月30日分を。
2012blog-380.jpg近頃は、ベランダで見るだけでなく、実際に撮れそうなところに出向いて、
その日の自由席特急の運用を確認するようにしています。

よーし!!9000系が登板だ!!いっぱい撮るぞ~
PowerShot G5
1/1000 F5.0
2012blog-382.jpgまずは下りの一本目を!!
いつものカーブではもう納得の行くものが撮れたので、直線のポイントに。
ここのPC枕木化も完工してしまい、ネタなポイントがひとつ減ってしまいました。

近頃はピントの峰も掴めるようになってきたので、これくらいなら朝飯前です。
EOS 20D
EF 80-200mm 1:2.8 L
1/1600 F3.5
2012blog-384.jpgこんなポイントで撮ってる人なんてまぁ居ないと思っていたのですが、
今日はなんと私の他にも一人居ました!!
この近辺にお住まいの方で、面白そうなバイクと面白いお話で盛り上がり、
結構時間が経ったので上りも撮影することにしました。
逆光だって(゚ε゚)キニシナイ!!
機材は一緒
1/1000 f3.5
2012blog-383.jpgそういえば、これをまだまともに撮ったことがなかった…

多奈川に来た時以来か。
機材は一緒
1/1600 F3.5
2012blog-385.jpgさて、最後の下りはちょっと変わったところで撮ってみました。

架線柱や立木やらでゴチャゴチャしていますが、我が地元を絡めたアングルで…
機材は一緒
1/800 F3.2 露出-1段
2012blog-386.jpgここより、3月31日。
ここ一ヶ月、暇があればこうして追い掛け回していましたが、
それも今日が最後になります。
「いつものポイント」での最後の撮影。ピントもバッチリでした。
機材は一緒
1/1000 F5.0
2012blog-387.jpgさて、この「いつものポイント」ですが、横の道路より階段で数段降りたところで
構えているのですが、その階段の先には行ったことがありませんでした。

結構、近隣の住人の方の憩いのコースになっているようで、
人の往来が多いです。

緑のトンネルを抜けていきます。
2012blog-388.jpg鉄橋の架台はレンガ積み?装飾?されていて、
結構歴史があることを感じさせます。

この通路の真下を暗渠が通っているので、元来は小川を越えるための
鉄橋だったのでは?と思います。
2012blog-389.jpg程なくして、せんなん里海公園に到着。
箱の浦地区からのアクセスの良さが凄い。

これだけで、箱の浦に住む値打ちが大いにありますが、
箱作駅からの着席は至難の業であり、車通勤のお仕事じゃないと
ちょっとキツいかも知れません。

そう言えば、4月1日から、朝の急行は座れるのかなぁ…
2012blog-390.jpgさて、締めの撮影は昨日訪れた池の畔に決めました。

サザンの陰で特急ネットワークを支えていた南海の自由席特急の歴史は
ここで一旦絶たれることとなりました。
機材は一緒
1/800 F3.5 露出-1段
2012blog-391.jpg土日祝日は、和歌山市駅からの乗車が結構多く、
特急サザンの自由席では着席が困難になる場合があり、
昼間にチョコっと設定のある自由席特急は余裕で着席できる
乗り得列車?でありました。
2012blog-392.jpgこれをもって、1000系と9000系の最優等運用は急行になる予定です。

さようなら、自由席特急。
また密かに復活することを楽しみにしています。
 
スポンサーサイト



  1. 2012/03/31(土) 22:42:43|
  2. 鉄ヲタ

Prius AW35Pは地デジの夢を見るか 後編

2012blog-359.jpg検証ついでに筐体洗浄を行ったAW37Pですが、
この姿で運用するのもアレなので…
2012blog-360.jpg外装を装着しました。
2012blog-361.jpgインジケータLEDを換装するのは、もう定番ですね。

ですが、暗くした寝室だと
これが点滅するのが結構鬱陶しい…失敗かな
2012blog-362.jpgさぁ、それではAW35PにDH75Nのチューナーボードを載せてみましょう。
画像はメモ替わり。PCI以外にも小さなコネクタが2本ほど
マザーボードにつながっている。
2012blog-363.jpgDH75Nのチューナーボード。
D端子コネクタの左にある空きパターンが、AW37用だとコネクタになっていて
液晶パネルの駆動基板につながっています。

下にあるコネクタですが、AW37だと2ヶ所なのですが、
DH75だと3箇所あります。怪しい
2012blog-364.jpg日本橋で集めてきたパーツで、
基板にピンを建てます。
下手くそなのは、相変わらずですが…
2012blog-365.jpgピンが立った基板に、コードを繋ぎます。
このコードは色々と汎用性が高いので
重宝しています。
2012blog-366.jpgマザーボードに挿し込んで、コードの収まりを調べます。
ちょっと曲げがきついので、途中で半田が外れたりして困難を極めました。
2012blog-358.jpgチューナーボードと液晶基板のピンアサインです。
接続の参考に…だれもこんなことやらないから意味ないか
2012blog-367.jpg液晶基板に、チューナーボードからのケーブルを直挿し。
2012blog-368.jpg途中にコネクタを設けておくことで、整備性の向上を図ります。
2012blog-369.jpg組立完了。起動します。
2012blog-373.jpgB-CASカードはとりあえず外付けで…
2012blog-370.jpgチューナーボードは認識できているようですが、
不明なデバイスとされています。
2012blog-371.jpgですが、チャンネルスキャンなどの
ソフトウエア上では動作している模様。
2012blog-372.jpgおお!!映った!!

が、右chからしか音が出ていません。
あの小コネクタが音声回路なのでしょうか?
2012blog-376.jpgB-CASカードスロットのマウンタを作成する必要があります。
マウンタ金具がAW37とDH75では全く異なるので、
加工する必要があります。
2012blog-374.jpg穴あけ一箇所で、スロットは収まりました。
2012blog-379.jpg中身はこんな感じになりました。
2012blog-375.jpgAW35にも、一応モールドされているカードスロット穴。
金型を共用しているからでしょう。
2012blog-377.jpgピンバイスドリルでシコシコ穴あけします。
2012blog-378.jpg金ノコ刃で切って、貫通完了!!

・・・と、ここまでやったのですが、このAW35Pは母親の練習用に寄贈する予定なので
チューナーボードは降ろすことになる予定です。
 
  1. 2012/03/30(金) 11:11:54|
  2. パソコン

docomo フォトパネル 03

2012blog-357.jpg 先日、奥さんのために購入したSH-01Dですが、契約手続き時に「今ならオトクな云々~」と薦められ、
言われるがままに増設してしまいました。

これを契約するだけでSH-01Dの支払金額が2万円以上安くなり、
即解約して9975円の違約金を支払ってもなお黒字かつフォトフレームが手元に残る。
年度末だからなのか何なのか、それだけ契約数の増減にシビアになっているのか。
2012blog-347.jpg開梱。
フォトパネル 03と呼ばれるこの機種ですが、中国のHuawei社の製品で、
既に、機能強化されたフォトパネル 04という機種も発売されているようです。

タダどころがキャッシュバックというこのバラマキぶり、現在は各社がこぞって行なっているようで
こうしてユーザーは棚ぼたのような恩恵に授かれることもできるのですが、どう考えても健全な競争とはいえません。
かといって競争のない寡占状態もユーザーとしてはありがたくないわけで、この辺りは難しいところです。
2012blog-348.jpg試供品として2GBのSDカードが付いて来ます。おっ、Transcendだよ!やったね!

最大8GBまでのSDHCカードに対応しているのですが、そんなに表示させる画像は
無いでしょうし、また本体にも2GB弱のストレージを用意してあります。
2012blog-349.jpg背面。電源スイッチと各カードのスロットがあります。
2012blog-351.jpg起動。docomo向けなのでちゃんとこのような起動画面が用意されている。
2012blog-352.jpg液晶パネルは9インチで、解像度は800×480。
過去に実家にプレゼントしたSONYのDPF-X75と解像度は同一であるが、
視野角はIPS液晶には到底かなわないです。

そしてSH-01Dがハイビジョン(1280×720)なので、やはり粗が見えてしまいます。
2012blog-353.jpgインターフェイスは平均的なものですが、
この表示だと、どうしてもタッチしてしまいますね。

実際の操作は右下の光るキーをタッチすることで行います。
2012blog-354.jpg表示。
発色はいい感じです。
2012blog-355.jpgこのようにしてカレンダーや時計替わりにもできます。
我が屋敷では、この状態での運用が主になるでしょう。

3G回線を用いて、メール添付した画像を表示したりできるのですが、
現状だとそのような使い方が無いのが残念です。
想定された使い方ができず、申し訳ない限りなのですが、
3G回線は解約することになりそうです。
2012blog-356.jpgオンオフなどの管理もできる(大概の機種には付いているようですが)ので
就寝している時間帯は自動的に電源を切ることができます。

さて、何の写真を入れようものか。
 
  1. 2012/03/29(木) 22:38:18|
  2. 携帯電話

あと14往復

南海本線の4月にあるダイヤ改正も近付き、自由席特急もあと7日、14往復のみとなりました。
それではその撮影の記録を…というか、失敗写真の供養塔のとうな記事になってしまってますが…

2012blog-336.jpg         3月3日 △
この日はなんと1051Fが特急運用に登板しました。

で、構図ミス。粉浜駅の上りホームはフレーミングが辛いです。
EF 50-200mm 1:3.5-4.5 L
2012blog-337.jpg3月6日 ○
なんとかピントも合いました。
7100系もしくは7000系のみの運用をまだ押さえていません。

EF 80-200mm 1:2.8 L
2012blog-338.jpg3月13日。×
近くの鉄橋にて夕日を浴びるシーンを撮ろうと出向いたのですが、
ピントはダメ架線柱の影も入って、もうグダグダ

EF 50-200mm 1:3.5-4.5 L
2012blog-339.jpg3月15日 △
直前まで晴れていたのですが、一気に雲が掛かってしまいました。
ピントも甘く、とても褒められたものではありません。

EF 50-200mm 1:3.5-4.5 L
2012blog-340.jpg3月16日 ×
どこにもピントの合っていない、酷いものになりました。
なんでこうなるんだろう

EF 80-200mm 1.2:8 L
2012blog-341.jpg3月18日 ×
せっかくの9000系だというのに、露出補正に失敗して
シャッタースピードが足りなくなり
前面がブレてしまいました。

EF 80-200mm 1:2.8 L
2012blog-342.jpg
2012blog-346.jpg3月21日 ○
どうにか納得の行くものとなりました。
ピントが手前気味のようで、それを踏まえた上で合わせれば綺麗に合うようです。

EF 80-200mm 1:2.8 L
2012blog-343.jpg3月22日 ×
近くの踏切にて撮ろうと出向き、ファインダーを覗くと、なんだかピントの峰が見えない。
どうやら疲れ目なのか、全く遠いものが見えなくなっていました。
ピントも合わせることができず、構図も酷く…これは堪えました。

スマホやパソコンの見過ぎなのか、単に歳からくるものなのか。
この日は夕刻まで目が見えづらい一日でした。
2012blog-344.jpgさて、昨日の記事にもあるように、送別会へと出向きます。
その前に、散髪を済ませておきたかったので井原里のショッパーズモールへ。

散髪を終えたら、あれ、いい時間じゃないですか。
一度泉佐野に戻り、案内装置を撮影。
レンズはEF-Sの17-85mmを持ち出しました。
2012blog-345.jpgさすがに、止まっている電車くらいは撮れます。

あぁ、あと撮影できるチャンスは2~3日くらいしか無いな
頑張って記録しましょう。
 
  1. 2012/03/24(土) 00:02:02|
  2. 鉄ヲタ

はじめてのネカフェ

今日は(昨日は?)年度末で退職する人を送る会をささやかながら開催しました。
こうして気の合うメンバーがたくさん集まれるようになったところで、
今の職場(まだ2年目)の面白さも増してまいりました。来年度はもっと良くなることでしょう。

さて、一次会は食べ飲み放題の居酒屋で食べ散らかして、二次会は大概決まったお店に行くのですが、
二次会の時点で23時前。
岬町在住の私は、なんば23:26発の特急サザンと23:30発の区間急行を逃すと帰れなくなります。
二次会のボルテージも上がりつつあるところで帰るのは惜しい、実に惜しいので、
岸和田の同僚と一緒に、今宵ついに初めてネカフェのお世話になるに至りました。

一番安い料金の席だとただ座るだけしかできないので、リクライニングできる席を選び、
目の前にあるパソコンで、ここに書けるかなと思い試してみました。

始発の時間を調べて、それでは、おやすみなさい…
  1. 2012/03/23(金) 03:23:30|
  2. その他

観梅

2012blog-334.jpg泉南市の山奥にある金熊寺というお寺の近くにある梅園が

そろそろ見頃と思い、出向くことにしました。
2012blog-335.jpg今回はPowershot G5を使用してみました。
奥さんにはKissNとEF18-55を。

この前導入した17-85もあるのですが、重たいですし
18-55があれば足りてしまうのでなんだか出番がなさそうです…
まいったな

G5は撮影テンポの速さがどうしても一眼レフにはかないませんが、
撮れる絵はかなりの実力です。
2012blog-333.jpgしばし撮影を楽しんだ後、駐車場で売られている野菜(キャベツや大根が100円で安い!!)
を購入し、買い物を済ませて帰って来ました。
今夜は早速キャベツがサラダになります。
 
  1. 2012/03/19(月) 18:31:04|
  2. 国内街歩き・地元記事

SH-01D 近況

2012blog-328.jpg2chの当該スレでは散々な言われようですが、うちで稼動している分は
至って元気に動いています。

再起動はマメに行うようにはしています。
携帯電話の頃は自動電源OFF/ONを利用して丑三つ刻に再起動をさせていたのですが、
Androidではそのような機能は実装できないみたいですね。
2012blog-329.jpg本日から、1階用のAtermを稼働させてみました。
これでリビングもバッチリ繋がるようにはなったのですが、
子機側は、また新たにアクセスポイントを設定して
電波の強い親機に適宜繋ぎ直さないといけないみたいです。

新しいAtermには中継機能が無いとは知りませんでした。
確かに、近頃の機種は電波が強化されているので、大概の家では1台で通信できてしまうのでしょう。
2012blog-330.jpgさて、SH-01Dですが、確かにガガガは発生する
(RadikoやAngry Birdの初期作だと顕著)のですが、
これは勘弁して欲しいというトラブルがこれ。

ウイジェットと右上の時計を見比べてください…
右上の時間が正規の時間です。
そして、中央横のウイジェットはアラームのものですが、
すでに時間が過ぎている=アラームが鳴らなかったということになります。
スリープ状態から復帰させるとたまにこのような症状が出たのです。

実は、この時にはもう一度高級タスクマネージャーを導入していたので
止めてはいけないタスクがあったのかも知れないので
強制停止させ、更にエコ技機能も通常にして、液晶の輝度をまめに調整することで
電池持ちを改善させ、発熱を抑えているのが現状です。

しかしなんだ、携帯電話をアラームにしていた当方としては
これには参りました。なんとか安定して動かせるようにしないと。
2012blog-331.jpgさて、以前インストールしたAntutu Benchmarkを試してみました。
アップデートで安兎兎という奇々怪々な名前になったのは何故でしょうか…
確かに、アイコンはウサギなので、その通りなのですが。

結果はこんな感じ。
他の機種がどれほどの数字を出しているかわからないので、
これが良いのか悪いのかは…どうでしょうか??
2012blog-332.jpg他機種との比較グラフを見ることができました。

しかし、グローバルモデルばかりであんまりよくわからない。
まぁ、今日もほぼノントラブルで頑張ってくれていることを
ここに報告します。

インストールしたアプリ:MX動画プレーヤー Imgurアップロード
Tetris フラッシュライト Amazon ジョルダン乗換案内

目立った不具合:上記のウイジェットの時計が進まない件
 
  1. 2012/03/18(日) 23:51:35|
  2. 携帯電話

パッソルのキックスターターが空回りをするので、修理しましょう

2012blog-314.jpg今日の記事は、駅までのスーパーエクスプレスとして活躍してくれている
うちのパッソルが登場です。
キャブ清掃が成功してからは吹け上がりも抜群で、定時性も確保されていたのですが、
近頃、始動がとても困難になってきました。
キックスターターを踏み下ろしても、噛み合わずクランクが回らない。
数分カシャカシャやって、奇跡的に噛み合った所で燃料を吸ってくれたら
ようやく始動といった感じ。
2012blog-315.jpg朝の通勤時は、その数分数秒が命取りです。
なんば駅で階段に近いベスポジが決まっていて、そこで列べば
稀に1000系が来た時にボックス席をGetできるのですが、
数十秒違いで毎朝そこに来るおっさんが先に列んでしまったりするケースがあるのです。

画像はギアケース内のオイルを抜いているところ。
鉄粉と水分混入で見事な色になっています。そういえば、買った頃(2003年)に交換しただけだったな…
2012blog-316.jpgギアケースは3番の+ドライバーで強固に留められています。
思えば、これを緩めれるかナメるかでスクーター(ヤマハだけか)の改造のハードルが
高かったような気がします。

当時は家にあった貧弱な工具でなんとかしようと頑張っていたものでした。
日曜大工には+ドライバーなんて2番までで間に合うもので、ぶっとい3番はありませんでした。
粗大ごみで拾ったスクーターのプーリーケースをなんとか開けようと、数本は成功したのですが
そのうちにネジ山をすり鉢のようにして八方塞がりになった思い出が。
2012blog-317.jpg当然、インターネットなんて便利なものは無かったわけで、
整備改造のバイブルはモトチャンプやライダーコミックでした。

特に、ライダーコミック(当方が愛読していたのは末期)はなんだかアブナイ香りのする
改造や実験、良い意味で適当な記事構成で楽しめる本でした。
調べたら、国会図書館にも出版元にも所蔵されていないとのことです。
まだうちに残ってるかな…
2012blog-318.jpgさて、このパッソルは変速無しの直結とは聞いていたのですが、
どうなってるんだろうと中を見る。
いやはや、本当にチェーンで直結されているんですね。

油漬けになっているので、各々の部品は新品のような美しさです。
2012blog-319.jpgですが、ここだけはそのような状況と異なっていた。
画像中央のクランク軸の周辺にあるプロペラのようなパーツ。
これがキックスターターの構成部品です。
2012blog-320.jpgこちらはケースカバー側。
右にある大きなギアがキックアームとつながっていて、
蹴り下ろすことで画像下の半月状のギアが回され、
それと同時に画像中央のプロペラ状のパーツがせり出し、クランク側の
同様のパーツと噛み合い、クランキングするようになっています。

手前のギアは、そのパーツがせり出すように、斜歯歯車になっています。
2012blog-321.jpgで、月日を重ねると噛み合いの部分が痩せてきて、
空キックを繰り返すと、更に肩が丸まってくるのです。

こりゃ噛み合わなくなるよなぁ…
2012blog-322.jpg加工するなら両方やらないと意味が無いので、
クランク側も頑張って施工します。

そのままだと空回りしてしまうので、これを固定できる特殊工具(当時欲しくて仕方なかった…)か、
画像のようにインパクトレンチでガガガとやる必要があります。
2012blog-323.jpg外れたクラッチ。
銀色の大きな半月状のパーツは錘で、エンジンの回転を上げることで遠心力が働き、
拡がったところで下画像のアウターに摩擦材でできたシューが押し付けられて
発進させる構造になっています。
2012blog-324.jpgで、クラッチの対になるアウター。

画像中央にあるように、キー溝が切ってありますので
キーの紛失には気をつけて下さい。
2012blog-325.jpgクラッチシューを外して、ようやく加工できるようになりました。
ここもまぁ…角がなくなっています。
2012blog-326.jpg最初は目立てヤスリでシコシコやっていたのですが、キリが無いので
グラインダーでギャインギャインやってしまいました。
2012blog-327.jpgキックアーム側もこの通り。
ちょっと雑ですが、機能すれば良いのでこの辺りで勘弁して下さい
2012blog-311.jpgギアオイルが足りないので、近くにあるホームセンターナフコに
SJ30にて買い出しに。
このマシンも近頃は週一走ればいいところなのですが、
運転が楽しいことには変わりはありません。

ヤマルーブのギアオイル、
オイル交換用の処理ボックス、
ケースカバーを留めるボルトも新調したのですが、



手前のツールワゴン、なんとトラスコ中山の製品なのに
2000円で現品処分されていたので即確保しました。
まともに買うと10000円を超えるものみたいなので嬉しい限り。


しかし、やはりというか、使い道が…
2012blog-312.jpg暗くなってきたので、PowerShot  G5からSH-01Dにチェンジ。
そのまま撮っているのでノイズザラザラですが、ブレは全く有りません。

早速、買ってきたギアオイルを注入。
2012blog-313.jpgケースカバーを留めるボルトは錆も酷いので
キャップボルトにしたのですが、ステンレスしかなかったので
ここだけやたら高級になってしまいました。

さて、肝心のキックスターターですが百発百中で噛みあうようになりました。
プロジェクトは大成功です!!これで通勤時の不安が消えました。

 
  1. 2012/03/16(金) 23:24:43|
  2. オートバイ-S50パッソル

Prius AW35Pは地デジの夢を見るか 中編

2012blog-278.jpgこの画像は地デジモデルのAW37Pに装備されている
地デジチューナーのボードです。

ドライバからして、ピクセラのボードがベースの様子。
2012blog-279.jpgさて、我が屋敷にはいろんな死蔵品がありまして…
これはセパレート型のPrius DH75Nです。
1階で使用している地アナモデルのDH73Nと共に、
秋葉原のインバースネットで入手したものです。

通電しないので、部品取りとして確保していたのです。
2012blog-280.jpgこれがDH75Nのチューナーボード。
そっくりです。

相違点はAW37Pが内部へ映像ケーブルを出しているのに対し、
DH75NはD端子コネクタとして外部に出力しています。

あとは細々としたコネクタに差異があるくらいでしょうか。
2012blog-282.jpg自分用メモ。

AW37Pのボードから出た映像信号は、マザーボード裏を通って
液晶へと導かれている様子。
2012blog-281.jpg自分用メモ2。
これは外装パネルに取り付けられたLEDや電源スイッチの基板。
2つあるコネクタはスピーカーケーブルです。
2012blog-283.jpg外装パネルを取り外すと、なんだかサイバーな外観になってしまいました。
2012blog-284.jpgこの状態で、液晶パネルの四隅にあるネジを外すと
パネルがごっそり外れます。

画像右下はバックライト基板、左上が映像などの基板でしょう。
2012blog-286.jpgさて、毎度のことながら分解したんだから洗ってしまおうと思い、
洗面所へ。

外装パネルをバラします。
画像はスピーカ。2Wayとは思いもしませんでした。
意外と良さそうです、というか確かにこのパソコン、音が良いんですよね
2012blog-285.jpg洗面所のシンクにピッタリのサイズ。
タワシと歯ブラシ、マジックリンで綺麗にします。
2012blog-287.jpgアンインストールするのに結構労力が必要なソフトだったらしいですが、
ラベル自体はあっさり剥がれてくれました。

後編へ続く…
 
  1. 2012/03/14(水) 23:20:58|
  2. パソコン

ハゲラ君の車道楽(軽薄編)

2012blog-269.jpgさて、今回もまたまたハゲラ君の登場です。
アルテッツァはホイールやマフラーを変更して更にバージョンアップしちゃってます。
いやはや、車道楽が爆発してま すね…

まずは昼食。今回は奥さんと3人で「紀淡」に行きました。天津飯がたまりません。

(※画像のボンネットは半開け状態です)
2012blog-270.jpgさて、今回のお題。

ボンネットを軽量化したいそうです。

アルテッツァは車格に対して頑丈に作りすぎた故か、鈍重のレッテルを貼られてしまったようで
軽量化はパワーユーザーの永遠の課題のようです。
2012blog-272.jpgというわけで、カーボンボンネット登場。当然、ヤフオク中古です。

ストライカーが摺り減っていて、なかなかロックが掛かりません。
社外の外装は色々と大変ですね…

出品者の説明文にはTRDかも?という期待が持てる文言がありましたが
ハゲラ君曰くパチモンだそうで…本物は吸音材がそのまま装着できるらしい。
2012blog-271.jpgそんなわけで、今回のオーダーには
吸音材の装着が含まれています。

あくまでも、大人のセダン???として乗りたいですしね。
2012blog-274.jpg寸法はある程度合うので、ドリルでゴリゴリ穴を開ければ
簡単に吸音材をつけることができました。

これ、うちのAZワゴンRにも処方しようかな…メカノイズが結構入ってくるんですよね
2012blog-273.jpgボンネットピンは、元来からメンバーに開いている穴に付けるようにしていたようです。

ですが、画像の進行方向右側は、なにやら2重構造になっていて
穴が半月くらいしか開いていないので、そのままではネジが入りません。
リューターで削る必要があります。
2012blog-275.jpg装着完了!!

ですが、何やら浮いています。
水切りゴム?を外さないとこうなってしまうのでしょうか。
2012blog-276.jpg外観。
カーボンボンネットですが、塗装がなされているので
一見普通なのがいいんです。

が、こういう素材って塗装が乗りにくく、また塗膜にヒビが入るんですよね。
2012blog-277.jpg横から外観。ショートオーバーハングなので車高を落とすと引き締まってますね。

ボンネットが軽くなった分、前の車高が上がるかなと思ったのですが、
測ってみたところ、全く変化がありませんでした。
こんなもんなのかな~。
 
  1. 2012/03/13(火) 23:09:02|
  2. ハゲラ君の車道楽

SH-01Dが増えました

2012blog-265.jpgここ数日、急に寒くなりましたが、
法事のお供え物の手配や、ホワイトデーのお返しをする必要があったので
難波までやってきました。

いつもは被写体である自由席特急ですが、今回は乗車することとなりました。
学生さんが多いからなのか、平日の日中にもかかわらず
座席はみさき公園の段階で埋まってしまいました。
サザン(自由席が2両減ることになる)になったらどうなるんだ…
2012blog-266.jpgで、大概の用事を済ませて、日本橋のポミエで遅い昼食を済ませ、
まだ時間もあるしということで…梅田まで行って来ました。

はい、奥さんもスマホデビューとなりました。
同じ機種にしておくと充電台を共用できたりして便利なんですよね。

これで、AngryBirdsの得点を競うことができます。
2012blog-267.jpg早速、保護シートを貼り付けます。

当方はホコリ取りにカメラレンズ用のブロワを使います。
息を吹きかけることを思えば、これはとても便利です。
2012blog-268.jpg今回貼り付けるのはray-outのシリコンカバーに付いていた保護シートです。

あれ、これも反射防止コーティングがされてるじゃないですか…
ASDECのと比べると、やや色味が薄いですが、カバーのオマケにしては
いい物を奢っているみたいです。

当方の01Dは結構安定していますが、この01Dは…どうなることやら。
 
  1. 2012/03/13(火) 02:09:10|
  2. 携帯電話

AW35Pは地デジの夢を見るか 前編

2012blog-261.jpg先日の記事で紹介したAW37Pですが、導入後の放置期間が長引いてきたので
ちょっとだけ設定をしてみました。
リカバリディスクはAW37用だったのでドンピシャです。

気になる地デジですが…
2012blog-256.jpg日立のサイトから提供されているアップデートドライバを導入したら、
おお、映った!!
地デジが映るパソコンって、今更ながら新鮮ですね。

B-CASカードは復帰待ちのDV-DH250Dから借りてきました。
2012blog-255.jpgこの画像のリモコンはDH73N用ですが、遜色なく操作できます。

こんなパソコンが5年以上前に存在していたんだから、凄いですね。
2012blog-257.jpgさて、これをベッド用にして、AW35は誰かにあげてしまおうと思ったので
現在AW35に付いている1TBのHDDを移植してしまおうと作戦開始。
2012blog-259.jpgあっという間にスッカラカンです。

外装の殻割りも比較的に楽(不要なカードで簡単にツメを外せます)で、
内部のネジも見える部分のものを外せば、隠しネジ無しで分解できます。
2012blog-258.jpg真っ黒けな320GBのHDD。WD製です。

HGSTもそのうちコレになるんですよね…あぁ、日立は指名買いだったのに。
2012blog-263.jpgチューナーボード。下のデカいのがデジタルチューナーです。

埃は程良く払っておきました。
2012blog-260.jpgさて、AW35Pで使っていたHDDを載せて起動してみました。

何も咎められることなく起動。
でもこれって、ライセンス的には大丈夫なのでしょうか。
2012blog-262.jpg一応、心配だったので、マイクロソフトのツールにて
正規かどうかチェックしておきます。

シリアルを貼った結果、正規のWindowsとのことです。
2012blog-264.jpgというわけで、AW37PにPentiumMと2GBメモリを移植。

35Pの状態でリカバリしているので、Prius Navistationフォルダ内がスッカラカンかつ
同アプリが起動しない状態でしたが、
これはもとの37Pに入っているC¥Program files¥hitachiにある「Prius Navistation」フォルダを
移植HDDの同様のディレクトリに上書きコピーして再起動し、フォルダ内のPriusNavistation.exeを
立ち上げることで、地デジの視聴が可能になります。
 
  1. 2012/03/12(月) 22:51:57|
  2. パソコン

高圧洗浄機で味をしめたので

2012blog-250.jpg先日、試しに使ってみてかなりの効果を実感できたので、

ここに使ってみようと持ち込んでみました。
2012blog-251.jpg折角のウッドデッキなのに、色褪せてコケのようなものが生えて
なんだかゲンナリしてしまうベランダをリフレッシュさせます。

金タワシやサンドペーパーも考えていたのですが、
こういったものはあまり派手に削るのも良くないでしょう。
2012blog-252.jpgダーティーです。

築6年、こんなもんでしょうか。
2012blog-253.jpgドビュビュビュビュドバババババブッ!!!

おお!!本来の木の色が帰って来ました。
2012blog-254.jpgちなみに1ブロックごとに丁寧にやらないといけないので
結構骨の折れる作業です。

表層に以前塗った水性塗料が問題だったのか、単に木が劣化したのか
わからないところですが、この後乾燥させるといい感じに綺麗になりました。

まt,表面保護も兼ねて以前とは異なる塗料を塗布することを考えているのですが、
さぁ、どうしましょうか。
 
  1. 2012/03/07(水) 13:35:42|
  2. 家電製品

車検に行って来ました。

2012blog-248.jpgAZワゴンRの車検の期限がもうすぐそこに迫っていることに気づいたので、
車検切れ1週間まえに急いで予約をして、下回りを洗浄して出撃です。
シャフトブーツは購入時に、ブレーキ周りは整備したばかりなので安心です。

が、この雨。晴れていたらもっと写真を撮ってそれなりの記事にしたかったのですが…
2012blog-249.jpg前回の車検から、ヘッドライトはHIDに、足回りはショックアブソーバーやアーム類も交換しているので
懸念材料はあるにはあったのですが、案の定サイドスリップと光軸で×が出ました。
MC/MD系AZワゴンRの場合、覗いて見える内側は左右、穴から覗いて長いドライバーで調整するのは
上下になっているので調整は容易でした。
が、サイドスリップ。アウトに何度と示されても、勘でしか調整できないのでかなり苦労しました。

画像のように、年度末を迎えようとしている和泉軽検査場は猛烈な混雑。再検査までのタイムロスも
何とかしたいところです。あと検査官の方の手間も増やすことになりますし…
光軸は…壁のどこかにハイビームを当てて、カットラインをマーキングしないといけません。
我が屋敷の壁に落書きなんてもってのほかなわけで、どうしようかと悩んでいます。
サイドスリップは、今後のために…検索して出てきた簡単で容易な手法を試してみようと思います。
 
  1. 2012/03/06(火) 00:56:52|
  2. AZワゴンR

冬生まれのSH-01Dは夏を越せるのか…

 
2012blog-243.jpgAngry birds RIOに病みつきになるあまり、画像のような温度上昇を警告する状態が多発しました。
とりあえず、バックライトの明るさを下げて凌ぐ制御のようです。

GALAXY SIIを愛用している同僚もこれをインストールし、ゲームを始めたのですが、
発熱やガガガは発生しないとのことです。機種が違うんだからそりゃそうか
2012blog-247.jpg画像は警告が出た近辺のBatteryMixのグラフ。45~50℃の間で行ったり来たりしています。
こうなってくるとゲームプレイ中のガガガも結構な頻度で発症します。
バッテリー残量もかなりの速さで谷に向かい、底に達しました。
この底の部分になると強制的にシャットダウンされて、以後電源も投入できなくなります
(充電してくださいとの表示が一時的に出るのみ)
このまま待つのも良いですが、バッテリー脱着をすることで起動させることもできました。
2012blog-239.jpgSH-01Dは、この厚みなのになかなかのハイスペック機であり、
更に防水まで対応しているので熱的にはかなり辛いのでしょうか。

さて、熱対策としてとりあえずの予防策…
この機種に限らず、近頃のシャープ製スマートフォンに実装されているエコ技という機能。
ウィジェットから簡単に電力消費に関する機能の設定を変えれるようになっている。
2012blog-244.jpgこれは技ありモードでAngry Birdsをプレイしたもの。
少しは発熱を抑えることができたでしょうか??

まぁ、それ以前にゲームも動画も程々に…ということでしょう。
  1. 2012/03/05(月) 01:44:01|
  2. 携帯電話

高圧洗浄機

2012blog-240.jpg我が屋敷で活躍めざましいAZワゴンRですが、気がつけば導入から2年の歳月が経ちました。
2年といえば、そう。車検です。ドロドロの下回りを洗わないと。

行きつけの洗車機が壊れていた…という以前の苦い経験から、
スチーム洗浄を家でできるようにしようと思い、実家から引っ張り出してきたのがこれ。
近頃流行?の高圧洗浄機、マキタの製品です。
2012blog-241.jpgなんでこんなものが死蔵されていたのかは心当たりがないのですが、
10年くらいはほったらかしだったこれ、起動するかなぁ…と不安に思っていたのですが、
手順を踏んで起動させると、おお!!動いた、噴射圧も凄い!!

早速、下回りを念入りに洗浄します。水圧に脈動があるので、洗浄効果は抜群です。
このように霧散モードでも触ると手が痛いくらいの水圧が出ます。
2012blog-242.jpgそんな万能マシーンなのですが、欠点は…かなり煩いです。
今日は日曜日。両隣も在宅ですので、この爆音はイカン。
というわけで中庭から高圧ホースを玄関外まで引っ張って作業を行いました。

ついでに、中庭のタイルや外壁も綺麗にしてみました。今迄デッキブラシで
ゴシゴシ擦っていたのがなんだったんだろうと思えるくらいのあっけなさでした。
 
  1. 2012/03/04(日) 20:40:01|
  2. 家電製品

Aterm WR8370N-HP 2台目

2012blog-237.jpg近頃は新品のお値段も安くなり、それにつられて中古も安くなったので

もう一台導入しました。
2012blog-239.jpg我が屋敷の構造上(2件の家がくっついたような感じ)、
ハイパワーモデルでも、1階にWi-Fiの電波が届きにくいのです。
画像のSH-01Dでは、このようになんとか通信ができますが、
PSPやプリンター(PIXUS MP990)は繋がらなかったり、不安定な場合が多く、
改善の必要性がありました。
2012blog-238.jpgこれはアクセスポイントモードで運用する予定ですが、
取説を読んでみる限り、ちょっと設定が難儀な予感がします。どうなることやら。

あと、これを構築することで1階のハブを撤去してGigabit化できるのですが、
2階にある各部屋に分配しているハブをどうするかも課題として残っています。
 
  1. 2012/03/03(土) 12:44:53|
  2. パソコン

ところで、「ガガガ」は出るの?

2012blog-234.jpg※当記事での「ガガガ」とは、SH-01Dでの動画等再生時に異音が発せられ、
再生コンテンツが一時的に途切れる症状を示します。

2chの当該機種スレッドで、「Angry Birdsのゲームをすると、ガガガが多発する」と
よく書かれていたことを思い出し、早速ダウンロードしてみました。

ゲーム自体はキャラクターをパチンコの要領で飛ばして、ターゲットを崩すという
単純な操作で楽しめるものですが、画像のようにブロック崩しやパズルゲームのような
作戦と知恵も要求される。奥の深い楽しいゲームとなっています。
2012blog-235.jpgさて、これがなかなか面白くなってきたので帰りの電車で白熱したプレイを展開していたところ、
背面が徐々に熱くなってきました。

そして画面移行や操作をシュッシュッとゴリ押ししていたら、移行に引っかかりが出てきました。
その状態で発射したら、画像のように軌跡が途切れる地点でプツプツと途切れました。
これがいわゆるガガガのようです。
2012blog-236.jpgこのように横画面でゲームをしていると、両手で端末の背面を抱きかかえるような形になり、
放熱の面でも効率が悪く、そして体温を受けて余計に冷めにくくなるのでしょうか。
画像はBattery Mixの画面ですが、19:00~20:00に掛けてのこのAngry Birds RIOをプレイしていました。
相当な高温になっているのがわかります。

昨日の記事にもあるハゲラ君は、タスク管理(主にタスクキル)ができるソフトを入れているそうだ。
というわけで即日「高級タスクマネージャー」というソフトを入れてみました。
しかし、当方の端末との相性があまり良くないのか、はじめてのフリーズが発生したり、
アプリが急に落ちたりしたので、アンインストールして様子を見ています。
今日はフリーズなどもなく、無事に一日が終わりました。

本日までにインストールしたアプリ:Angry Birds RIO 高級タスクマネージャー(その後アンインストール)
スクラッチ de クーポン(マクドナルド) 

本日までの不具合:ガガガ発生
アプリ落ち フリーズ1回(タスクマネージャーが原因?)

 
  1. 2012/03/02(金) 23:40:39|
  2. 携帯電話

3月になりました。 ハゲラ君の車道楽リターンズ(手直し完結??)

2012blog-110.jpgさて、先日の予告通りに、後輩のL900ムーヴを修理します。

(画像は前回のものです)
2012blog-218.jpg症状をおさらいしておきますと、

◆リアハブベアリングからの強烈な異音(この前より酷くなったそうだ)
◆洗ったら効いた…と思ったらまたあまり効かなくなったヒーター
◆ホーンが鳴ったり鳴らなかったりする
それに加えて、
◆ビスを踏んでパンクのおまけ付き
2012blog-220.jpg早速、ドラムを外します。
このL900は2WD車なので、割りピンを抜いて19mm角のナットを緩めれば
ドラムが外れます。

ダストてんこ盛りですが、シューは十分残っています。
2012blog-222.jpgこの部分は、洗浄にとどめておきます。

先にパンクを修理しておきましょう(画像なし)
2012blog-223.jpgさて、この手合いはドラムにハブベアリングが圧入されています。

こうして鉄の棒を奥側のベアリングに添えて、ハンマーでガツンとくれてやると
いとも簡単にベアリングがハ外れます。
2012blog-221.jpgアウター側は楽ですが、インナー側は何かを添えてドラムを浮かせないと
ベアリングが外せません。
2012blog-225.jpgてなわけで、スッカラカンになったハブ。
2012blog-224.jpgベアリングの間には、カラーが入るのですが、
テーパー状になっていて向きがあるので注意してください。

まぁ、車軸が同じようにテーパーになっているので
現物を見れば簡単です。
2012blog-226.jpg※これは素人修理です。あまり真似しないでください。ちゃんとプレスで圧入しましょう

ベアリングを打ち込みます。こうして交換前のベアリングを添えて
ハンマーでコンコン叩けばスルスル入っていきます。

ドラムにL700(ミラ)の表記がある当り、この手合いのFF車はみんな一緒の要領でしょう。

あとは逆の順序で組み上げればできあがり。ゴロゴロいっていたドラムもスルスル廻ります。
やったね!!
2012blog-227.jpg↑↓この間に昼食(マクド三昧)
この車、ほぼ同期のAZワゴンRと比較しても、
メーカーの考え方の違いが見られて面白いですね。

続いて、水周りの修理。まずは潜り込んでドレン排水。
洗面器で受けているのには…そう、再利用です。
この前替えたばっかりだし、モッタイナイですよね??
2012blog-228.jpgサーモスタットは特に問題ないようですが、これからのために
交換しておくことにします。

画像中央左の膨らんだところに…
2012blog-229.jpgこのケースの中にサーモスタットが入っています。

ホースを抜いて、12mm角のM8ボルトを2本抜きます。
2012blog-230.jpg摘出されたサーモスタット。
煮込んだイカみたいになった色は、元来入っていた赤いクーラントのお陰か。

ちなみにパッキンはサーモスタット周辺のゴムが兼ねてくれる親切設計。
これはいい!!

ケーシングを清掃して、一気に組み上げる。
※エア抜き穴が上に来るように注意しましょう
2012blog-231.jpg効かないヒーターは、散水栓から水を通してみたのですが、
どうも水の流れが悪いようで、ホースが押される。
こりゃコア内はもう手遅れかと思い、ネットで検索した奥の手??
ホース逆付け、通称クロスボンバー(その場で付けた)を施工。

ダッシュ全バラシは絶対にやりたくないので、これが最後の精一杯です…
パイプユニッシュも考えたのですが、アルミを侵すようですね。
2012blog-232.jpg※エアバッグは展開するととても危険なので、取り扱いには十分に注意してください

最後、ホーンが鳴りにくい件。
エアバッグ付きなので、まずはバッテリのマイナスターミナルを外して数分放置。
ハンドル両脇にある特殊なボルトを2本緩め、エアバッグごと外す。

すると…ホーンへの線が抜けてる!! というか、これ、半田で修理されてるじゃないか。
2012blog-233.jpg過去にも線が抜けたか、修理時にちぎれてしまったのか?
電線はそのまま端子に半田付けされていただけなので
端子と被覆の間の脆い所でポッキリ折れていました。

端子の被覆を食う金具も活かして、その先で半田付け。これで強度も出るでしょう。

今回はアクシデントも少なく、全ての工程がスンナリ終わりました。よかったよかった
 
  1. 2012/03/01(木) 22:27:24|
  2. ハゲラ君の車道楽

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する