FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

ワゴンR(のようなもの) ドルチェホーンが鳴らないのは何故

2011blog-087.jpg我が家のオンボロ車たちの共通部品として、BELLOFの古いHID、古いレカロシート、
古いcarrozzeriaのカーステレオ、AUTOBACSで一番安いワイドミラーなどが挙げられる。
予備品を共通にしておくことで在庫を圧縮できるという考えであるのだが、どうなることやら。

今回取り上げるラッパもそう。ミツバサンコーワ社のDOLCE HORNです。重厚な音質が
お気に入り。 …当然、ヤフオク中古です。
デメリットは、ラッパがとにかくでかい!! 画像のように…かなり無理くり装着しています。
2011blog-088.jpgしかし、このワゴンR(のようなもの)につけた分がなんだかおかしい。
最初は、防音がしっかりしている(ジムニー比)からこんなもんか~と思っていましたが(アホですね)
車外で聞いてみると、やっぱり鳴りが悪い。音量も小さい。

サスペンション交換を行ったついでにバラしてみたら、なんとKonozamaです。
2011blog-089.jpg拡大。水が入りやすい場所に装着するとどうしても口から
お水を飲み込んでしまうのでしょう。

ヤスリで擦って、体裁を整えて組み上げる。
2008blog-501.jpg(画像はジムニーJB32に装着した分の使い回しです)

振動板の錆取りの前に、制御ユニット内にある可変抵抗(左画像参照 )がずれているのかと思い
相当いじってしまっていたので再度調整を行う。
この車両のホーン制御ユニットは助手席側に付けたので、鳴らしながらの調整が困難です。
ホーン端子の青線をバッテリの+と-に各々繋ぐだけで鳴らせるのでなんとか解決。
そして何度かトライしているうちに、ドルチェホーンのサウンドが帰ってきました。
 
スポンサーサイト



  1. 2011/09/22(木) 00:17:53|
  2. AZワゴンR

鎌ベイアンプ KAMA BAY AMP 2000 Rev-B

2011blog-072.jpg
大阪の日本橋に「フレンズ」というパソコン屋さんがあります。
主だったものは中古PCやサプライ品なのだが、地下に入ると
ナイスなジャンク品でごった返していて、なかなか面白いことになっている。

法人向けノートパソコンの解体パーツが並ぶ中、たまにScythe社のジャンク品が大量かつ超廉価にて陳列されるので、
巡回時は足を運ぶことにしています。
2011blog-073.jpg その中で、常連といえるのがScytheの看板?製品であるCPUクーラ、ファンコン、
キーボード、HDD外付けケースときて、今回紹介するKAMA BAY AMP、鎌ベイアンプである。
この2000Rev・Bは現行製品なのだが、1000円だったり…動くのか?
2011blog-074.jpg付属品もたんまりと付いてきます。これだけで1000円の価値はあるでしょう?
ちなみに、ここの箱入りジャンクは欠品がある場合があるので、箱を開けてのチェックは必須。
大概は、これらが揃っているものからジャンカーに狩られていきます
2011blog-075.jpg電源投入。一応いけてるっぽい。
VUメータ(のようなもの)の窓が変質して曇っています。
2011blog-076.jpgとりあえす動作確認。
ヘッドホンではOK。
2011blog-078.jpgさて、それでは先述の窓の曇りを取るのと、LED換装を企みながら
分解していきます。

バラしたら保証できないよシールがありますが、構わん、ガンガンイキマス

まぁ、そりゃジャンクだしね…
2011blog-079.jpgこの品物のウリであるYAMAHA製のアンプIC YDA138。
2011blog-084.jpgうっ…なんじゃこりゃ

一度メーカ送りにされて修理出来なかったものが流れてくるのだろうか
ここはUSB/レベルメーター切替(Rev・Bから入出力双方に対応)基板でして、
メーター切替は問題ないので、USBは使わないようにしたほうが無難か。
2011blog-080.jpgさて、曇り取りを行います。
スコッチやらピカールを総動員してコーティングを剥がし、
磨き上げていきます。
2011blog-081.jpgLEDは青いのが4灯。

手持ちの緑に換装します。
2011blog-082.jpgハイ完了。

いやはや、既存の半田がしつこくてなかなか吸いとれませんでした
いったいどんな半田を使っているんだろう。
2011blog-083.jpg磨きもそこそこにして、こんな感じです。
これで我が屋敷だけのオリジナルルックになりました。

ちなみにこのレベルメータ、造りが悪いのか針の振れ方がただボヨンボヨンしているだけで
まったくアテになっていません…
2011blog-077.jpgさて、今回の鎌ベイアンプの用途、それは1階リビングで使用している
Prius DH73Nのスピーカである、TIMEDOMAIN Mini。
アンプを外付けにするともっと鳴りが良くなるという情報があるので改造します。
スピーカに直接コードを繋ぐ。
2011blog-085.jpg組み上げてTEST。機嫌良く鳴っています。今回の収穫は成功でした。

ですが、うーむ…当方の耳では元の内蔵アンプから改善できたかどうかわからない…
2011blog-086.jpgまぁ、こうして机に置いてみて、パソコンから色々鳴らしてみて愉しむ、

自己満足に浸るのも、ジャンカーの嗜みですね。
 
  1. 2011/09/20(火) 00:20:16|
  2. パソコン

ワゴンR MC21S(AZワゴン MD21S) エンジンマウント交換

今回の記事は、我が家にて足がわり、お買い物、運び物、色々雑用で活躍しているワゴンR(のようなもの)です。
所謂、AZワゴンってやつです。
ヤフオク激安物件でして、安かっただけにかなりの過走行車でした。整備手帳を見る限り、前オーナーの元で
とても大切にされていた個体であることは伺えるのですが、
ブッシュ等のゴム部品などは年式・距離相応に劣化していた。

今回はアイドリング時の不快な振動をどうにかしたく思い、エンジンマウントを新品に交換します。
2011blog-063.jpg進行方向右前方のエンジンマウントはここ。
意外と高いところにあるもんです。
ABS付きだとユニットが邪魔なので、ユニットを固定しているボルトを外してずらさないと
工具が入りません。
2011blog-064.jpg前方より。バンパーは外しました。
エンジン側はこのようにマウントされている。
この人参のようなボルトが曲者で、14mmのディープソケットでないと
到底ナットを緩めることができません。

できればラチェットハンドルだけでなく、ブレーカーバーと細く短い鉄パイプがあると
作業が捗ると思います。
2011blog-065.jpg外れたマウント。
なんでも仕様変更があったそうで、ブッシュ形状が変わっています。

ちなみに、3点セットで近所の自動車部品店にて12000円くらいでした。
2011blog-066.jpgラバーをめくってみるとこんな感じ。
性能の向上を否応が無しに期待してしまう。
2011blog-067.jpg進行方向左前方のマウントがこれ。バッテリーを外し、基台を外して
交換することとなる。

ラジオやグライコ、またやり直さなきゃ…
2011blog-068.jpgここの人参ボルトははディープソケットにエクステンションを掛けて延長し、
下から攻めます。
ここも仕様変更があったようで、内部のブッシュも形状が変更されています。
2011blog-069.jpgさて、あとは後部の1点だが…

なんとまぁ、えらい奥(画像中央)にあるんだな
ジャッキでリフトし、ウマを掛けて潜ります。

ウマを掛けたら、ジャッキにてブッシュ手前の突起を軽くリフトします。
2011blog-070.jpg周りに障害物が無いので、安全に潜ることができたら外すのは容易。

他社のトールワゴンだと、結構凶悪なレイアウトになっているみたいでして…、
まだこの車はやり易いようです。
2011blog-071.jpgここは明らかにブッシュが垂下していました。
形状変更は無いようだ。
で、このマウント、特殊な樹脂でできています。新規格で設計する際、動力性能を阻害しないように
軽量化には相当尽力したそうだが、これもその一環なのだろうか。

交換の結果、アイドリング時はエンジンが掛かっていないと錯覚するくらい(嘘)
いや、それほどではないにしても目覚しいほどの改善が見られました。過走行車がお供の方は是非どうぞ!!
 
  1. 2011/09/15(木) 23:08:19|
  2. AZワゴンR

Aterm WR8370N HPモデル

2011blog-060.jpg夜勤明けは、怠い体に鞭打って日本橋巡回がデフォになってきました。
収穫がなくても、こうして容易に日本橋巡回ができる境遇が幸せだ。

今回は、こんなものをGetしました。
NECの無線LANルータ AtermWR8370Nです。
新品の半額という価格に魅力を感じて、入手しました。
2011blog-061.jpg無線LAN…上司などに頼まれ、いろんなところに勧めたのがBuffaloのタマゴ型無線LANルータ、WLA-G54でした。
日本橋でもPCカードセットでの中古が容易に安価にて入手でき、AOSS対応で接続も楽チン…と思っていたのですが、
無知だった自分は、設定で色々つまづいて、後々にも接続が不安定になり先方にも手数とご迷惑を掛けてしまい、
当方もいい勉強になった苦い思い出があります。我が家のWLA-G54はとても安定しているのですが…うーむ

その時に知ったのが、このAtermでした。
CD入れるだけで、喋るガイダンスに沿えばあとは簡単にセットアップ完了。
これにしとけば、あの膨大なサポート電話は先方で大概解決できてたんだろうな…
2011blog-062.jpg我が家は先述の通り、WLA-G54が安定運用できていたのですが、
画像の外部アンテナを用いても、1階まで安定して電波が届かないので、
そろそろ強力なルータに替えようと思っていたのです。

早速、取説片手にAtermを据え付けて運用開始。
AOSSは使用できなくなりましたが、そこはWEPキー手打ちでなんとか。
1階でもPSPにてwi-fi通信ができるようになりました。
 
  1. 2011/09/14(水) 22:45:40|
  2. パソコン

2-BAND DIGITAL CLOCK RADIO RC-6140

2011blog-056.jpgヤフオクでジャンクのラジオクロック3個セットというものがあったので、
お得感につられて落札してしまいました。

そのうちの1つを、同型の色違いを落札するかどうするか考えるために開梱してみました。
2011blog-057.jpgぎゃあ!!
スピーカの網目に倣った埃が!!!
で、確認したかったのは、ラジオ部分が字光かどうか。残念ながら、これはそうではありませんでした。

ちなみにそのスピーカですが、マグネットの裏に大きなバネがあり、
その力で天板に押さえつけられて固定されるという謎仕様です。
2011blog-058.jpg色違いの件、落札は保留。
因みに木目モデルでした。やっぱラジオ時計は木目でしょう。
掃除機で埃を除去し、筐体はマジックリンでピカピカに。
この手の赤い筐体はマジックリンだけで気持ち悪いくらいに綺麗になります。
溝も歯ブラシで汚れを掻き出す。
2011blog-059.jpg見た目よりは新しい機種のようで、Nationalブランドでシンガポール製。
ラジオ電源やFL輝度がフェザータッチなスイッチに、時刻調整がジョグダイヤルになっています。

FL表示はこのように、結構多彩です。
時刻表示が暗いのですが、仕様でしょうか…
 
  1. 2011/09/10(土) 21:34:24|
  2. ラジオ・時計

RICOH CX4

2011blog-050.jpg奥さんが使用しているCaplio R4に、レンズ内に巨大な埃が混入してしまい、
修理しようかどうしようか検討した結果購入が決定。
難波のキタムラで下取りと延長保証込で19000円くらいでした。
これくらいの高機能コンデジが2万を切ったとは、いい時代になったもんです。

下取りカメラは日本橋で購入したジャンクで…
2011blog-052.jpgモードダイヤル。MY1とMY2で自分好みの設定をすぐ呼び出せる。
ダイヤルはやや硬いが、節度があって良いです。
2011blog-051.jpgジョイスティックタイプのコントロールキーは慣れが必要。
指がぶっとい当方だと辛い。

ちなみに、高倍率かつコンパクトが奥さんからの要望だったのでこれになったのですが、
単焦点ならGRDとか、高機能だとキヤノンのGシリーズが欲しかった
2011blog-053.jpg撮ってみる。
AUTOで夜間の屋内だとこんな感じです。
暗いところでも手ぶれ補正と増感で失敗なく撮れるのですが、
ノイズが結構乗ってくるのでその都度設定で補正する必要がありそうです。
2011blog-054.jpg曇天で派手なものを撮る。
AUTOだとこんな絵になる。が
2011blog-055.jpgMYセッティング(コントラスト↑など)にて撮影するとここまで違う絵になったり。
設定できる項目が多々あるので、色んな撮り方で楽しみたいですね。

  1. 2011/09/08(木) 12:12:27|
  2. カメラ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する