FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

暑くてもJB32の改良は続く

      
2009blog-336.jpgギア比変更のトリガになったのは、クラッチ周りが
どう考えてもくたびれているような感じがしたからでした。

ペダルが重い、動きも渋い。
今までの90000Kmを知らない人が乗っているんだ、
診てあげる必要はあるだろう。
2009blog-337.jpg

で、揃えた部品。
ヤフオクで入手したクラッチとカバー。
5000Kmしか使用していないようで、
全く消耗が見られない。

出品者は四駆乗りには有名なワイルドグースでした。

2009blog-338.jpg

JA11のシャフト。
需要の少ないAT用を廉価にて入手。

1番シャフトは使用しないのでこれでOK。

2009blog-335.jpg

JA51のミッションと1番シャフト。
ハイギアードな5速と、JA11トランスファ流用に欠かせない
1番シャフトのセットです。

 で、ここに昨日の記事を挟んで、6/25分となります。
2009blog-328.jpg昨日に続き、ミッションの改造は続く。

相変わらず玄関の作業…人を迎え入れる姿勢、まるでなし
 2009blog-329.jpg

上がJB32の5速ギア、下がJA51の5速ギア。
歯数を調べてみると、JB32が44/25、JA51が44/23。
やはり、ちょっとだけJA51の方が高速型である。

 2009blog-330.jpgベアリング番号の覚え書き。
画像右のベアリングは手持ちの小さいプーラで抜けたが、
左はアウトプットシャフトが長くてリーチが足りない。

延長ステーを作って、プーラのアームを伸ばして…
これでいけてしまいました。
 2009blog-331.jpg

組み込み、というかスワップは完全互換。
ジムニーのギア比は奥が深い。

ちなみに、後ろ側のミッションケースは51と32で少し形状が違うのだが、
32用が普通に入り、ギアの干渉も無かったのでこちらを使用。

 2009blog-332.jpg

外は33度の炎天下(だったらしい)
浜手なので気温や湿度は低いようだが、陽射しは容赦なく
照りつける。

この後、ミッションのインプット側を洗浄、レリーズベアリングの
スライド部分を磨き、グリースを練りこんで組み付け。

 2009blog-333.jpg新しい?クラッチを組み込む。
センター出しに使っているのは550用のインプットシャフトだが、
これにビニールテープを巻いて…OKでした。
 2009blog-334.jpg

90000Kmを走りぬいたクラッチカバー。
こりゃひどい…

ミッションを合体させ、クラッチを踏む。
軽い!!これでまたしても乗りよい32になるように祈りつつ、
今回はここまで。

スポンサーサイト



  1. 2009/06/28(日) 00:12:32|
  2. ジムニー

JB32 ギア比変更

2009blog-326.jpg 

現在取り掛かっているのが、JB32の減速比変更。
タイアがやや大径になったので、それに伴う調整と
JA51やJB31よりもなぜか高い5速のギア比を見直してみます。

JA51の5速ギアとJA11のトランスファを流用してみます。
減速比は予定ではこうなる…なるのか?

2009blog-327.jpg

  1. 2009/06/25(木) 00:29:39|
  2. ジムニー

SB-AV30

     
2009blog-321.jpg

梅雨に入ったはずなのだが、雨が少ない。 
お水系インフラ勤務の私としては、平和なので
ありがたいといえばありがたいのだが。

そんな中、またしても物欲を抑制させる荷物が到着。

2009blog-322.jpg

開梱。
これもCH10のカタログで目にした時はたいそう憧れたモノでしたが、
いざ手にしてみると…結構普通である。

2009blog-323.jpg今回のお題は、Panasonicのセンタースピーカ
SB-AV30というもの。
コントロールケーブルでコンポ本体と連動する賢いヤツだ。
2009blog-324.jpgこれでCH900が正装に一つ近くなり、
本来の性能への壁を破ることとなる。
2009blog-325.jpgそれでは、ドルビー プロ・ロジックをON!!
おお!!センタ-スピーカから音が出ている!! 最高だ!!

…が、なんじゃこりゃ
プロ・ロジック使用時は、EQが使用できない仕様なのだ
super orz
  1. 2009/06/19(金) 10:58:17|
  2. AV機器

HALF SC-CH900

その昔、まだ民生用オーディオ機器がヤング達の垂涎の的だった頃。
システムコンポはダウンサイジングを成長の過程としてついに幅を215mmまで
縮めることができるようになった。

この手合いの最初はインパクトのあるCMをひっさげて登場したSONYのPixyシリーズであったが、
好評を受けてすぐに競合他社も追従することになる。
VictorからMEZZO、KENWOODからはALLORA、PIONEERからSELFIE…

そして、Panasonicから、今回の表題であるHALFシリーズのファーストモデルことSC-CH9が登場した。
かねてから、コンサイスという愛称でスケールダウンモデルを輩出していただけに、
綺麗にまとめられたスタイリングと充実の機能はヒット商品となった。
当方としては、CD蓋を開閉するフロントパネル内に仕込んで、デッドスペースをなくし、
そこを大型のディスプレイとして商品性を向上させているところに感銘したものでした。

後にドルビー・プロロジック搭載のCH10、CH9の再販モデルと位置付ければ良いようなCH5、
カセットデッキもフロントカバー(フルフェイス・デッキ)になったCH7、
一体型ではあるがバランスの良いCH55を経て、SC-CH700と、今回紹介するSC-CH900に至ることになる。

当時の思い出話になるが、当方はSC-CH7に食指は伸びなかった。
ハイエンドのコンポに見られる、煌びやかな演出が足りなかったのが原因であろうか。

改めてCH7を見直してみたら、それはそれで好ましいスタイリングであったりするのですが、
当時の私にとっては、スペアナの本数が多ければ多いほど、FL管のディスプレイが広ければ広いほど
欲望のアドレナリンが噴き出したのでしょう。

SC-CH700のCMを初めてテレビで見たときは衝撃的でした。
CHAGE&ASKA「僕はこの瞳で嘘をつく」をBGMに、4ピースの本体が合体する。
凄まじい本数のスペアナは一瞬で当方をKOしてしまった。

光の速さでカタログゲット。当時14歳の私は物欲で頭がイッパイでした。

結局、高校入学祝というかたちで購入してもらい、現在でも休眠状態ではありますが、
我が屋敷にて健在です。
さて、昔語りはこれ辺りで切らせていただき、
CH700は900と一緒にまたバブカセ頁で記事にしようと思います。

さて、そのCH700の更に上を行くCH900です。
ずっと欲しかったこのモデル、遂に我が屋敷にデビューです。

2009blog-320.jpg今回、入手先はバラバラでした。レア機種なので当然、ヤフオクであります。
スピーカは格安で手に入りましたが、
本体は結構競ってしまい、それなりの価格になりました。

Privateをオクで処分しないといけないかもなぁ。

白いハコのナイスガイがいい味出てます。
2009blog-318.jpgスピーカ。
CH700は梨地仕上げでしたが、CH900は木目仕上げ。

本体のフロントパネルもアルミを奢っています。
2009blog-317.jpg全景。格好良いですね…ウットリします。

外装の質感やFL管の色で、キャラクタ分けも
うまくいっているような気がします
2009blog-319.jpgCH700との違いは結構あるが、
カセットデッキにレベルメータが付いているのもポイント
2009blog-316.jpgちなみに、CH7やこのCH900は海外にも輸出されていたようで、
それにはTechnicsブランドが冠されていました。
日本国内仕様との違いはわかりませんが…

    

  1. 2009/06/12(金) 22:17:06|
  2. AV機器

6月に入ってから…

何も書いてなかった…

いや、これはさすがに言い訳になるのですが、
当方、国家資格の試験を受ける準備をしていました。

していましたとか言いつつ、勉強は一夜漬け、
試験も6割正解すればOKという広い門でした。

…さて、今回の記事はこれでいきましょう。
パソコンのスピーカをアンプ付きの良いものにすると、
どうしても付きまとうのがパソコンと別に電源を入り切りさせる動作。

ゴロゴロしながらWebサイト閲覧中に、興味のある動画や音声ファイルを開くことになった際、
起き上がってスピーカの電源を入れるのが億劫になったことが多々ありまして…
今回、このようなものを導入しました。
2009blog-315.jpg
パソコンの電源を入れている時だけ、USBへの通電をトリガにして
タップの電源を入り切りできる優れもの。
スピーカの電源はACアダプタなので、電源を遮断することで発熱や負担を減らすことができる。

ですが、なんとこのPriusは電源OFF状態でもUSBに通電している変態ぶり…
仕方がないので、PCIにUSBボードを増設しました。
USB端子が不足気味だったので、丁度良かったり。
これでまた、当方のパソコン環境を改善できました。
  1. 2009/06/12(金) 01:04:45|
  2. パソコン

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する