FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

EF 20-35mm 1:2.8 L

      
2009blog-186.jpgムフフ、またしても…
2009blog-187.jpgエアキャップに包まれた筒のような…

今回の収穫?は…
2009blog-188.jpgキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

またしてもLレンズです。
泥沼ですね…

赤帯の主張がすごいです
2009blog-189.jpg

先日購入した80-200と同時期に誕生したレンズでして、
当然USMはありません。
ですが、合焦の速さや静粛性はなかなかのもの。

全体的に綺麗でもなく、AFも調子が悪いので
比較的格安で購入できました。

2009blog-190.jpg

カニ目に傷が。分解痕があります。

AFがアホでも当方はMF常用だろうし、所有レンズは
見事にバラバラにされたレンズばかりだし、まぁいいか。

20-35mmということで、APS-Cなら35mm換算で約32-56mmになります。

2009blog-191.jpg暗い室内でも一応は使えるシャッタースピード。
被写体は懐かしのFinepix4900Z。

久々に引っ張り出してみましたが、いやはや、満身創痍です。
磨いて保存しましょう。いつかは元気な中古を入手したいですね
2009blog-192.jpg

屋外に持ち出して。

APS-Cで50mmだとこういう場面でどうも使いにくい画角だったりしたが、
はい、この通り。

通しでF2.8の明るさは様々な場面で活躍するでしょう。
これで広角単焦点は必要ないかな?

とりあえず、今度の退職者送別会にて使用してみましょう。
ホテルのホールという暗所でどれだけの威力を発揮できるか
楽しみです。

スポンサーサイト



  1. 2009/02/26(木) 15:41:20|
  2. カメラ

EF 80-200mm 1:2.8 Lを…持ち運ぶ

2009blog-172.jpg夜勤明け。天気も素晴らしく良いので、早速練習に参りましょう。
このレンズの重さはなにも構えているときだけではなく、
運搬している際にもズシリとくるものでして、
前回の50mm1.8のように「持ち出す」感覚では到底ありません。
2009blog-173.jpg 今回の撮影場所は粉浜駅。
なんば側の柵がホーム端にあるので、
こういった構図での撮影に最適。

ラピートは30分毎にやってきます。
2009blog-174.jpg とりあえず動いているもので練習。
後撃ちもこなします…

これ、もとはなんばパークス広告車だった編成ですね
2009blog-175.jpg 

8連の空港急行。
いわゆる日の丸ですが、ピントの合わせ方のコツが
わかってきました。

しかしなんだ、ピントはシャープで、絵やボケが綺麗だなぁ…

2009blog-176.jpg いつもお世話になっております特急サザン。

通勤・帰宅のナイスなパートナーです。
上の画像よりはちょっとは引き付けることができたかと思います
2009blog-177.jpg タイミングによってはたまに離合があったり。
もう少し具合が良ければ狭幅1000同士の
綺麗な離合が撮れたのですが…
2009blog-179.jpg 結構レアな9000系です。
8連組みのもう一本は住ノ江で休んでいたので、
運が良かったです
2009blog-182.jpg 後撃ち。
なんだか馴染んでしまった、沿岸を走る登山電車です。
2009blog-183.jpg 開放から2段絞ってみる。
より絵がシャープになる。

各リングの操作感が実に心地良い。
Lレンズ、これは買って良かった。
2009blog-184.jpg さて、今度は一本だけのレアモノに挑戦!!

あぁ…後ピンになっていまいました。
ここ一番の勝負に弱いのは、どんな機材を使っても
変わることは無いようです。
2009blog-185.jpg 最後に、変態繋ぎの7100を撮影して、家路に就くことに。

ていうか、痺れた…なんて素晴らしい描写をするレンズなんでしょう。
痺れの原因が寒さでないことを祈りつつ!?

  1. 2009/02/18(水) 23:09:11|
  2. カメラ

EF 80-200mm 1:2.8 L

2009blog-162.jpg やってしまいました。

Lレンズなんて持つことなんかないだろうなぁと
思っていたのに・・・

明るくて、地味で、安いズームを探したら
こうなってしまいました。
2009blog-163.jpg 1330g。重いです。
20年も前のレンズです。IS?当然付いていません
メーカー修理なんて当然できません。

でもいいんです。白いレンズはコッパズカシイので、
このレンズはまさしく自分の為にあるようなものでした。
2009blog-164.jpg 

ファーストショット!!!!!

うわぁ…ボケボケです

2009blog-165.jpg ちょっとびびってしまって、
ピントが合うように2枚目。

方向幕の文字がクッキリです。
2009blog-166.jpg 

場所を移して。
レンズが明るい恩恵か、
被写体がクッキリ映ったところで
シャッターを切れば、ピントが合う。
これは使い易いなぁ

2009blog-167.jpg いつもの箱の浦。
雲で太陽が陰っても、明るいレンズは
SSを落とさずにサポートしてくれる。
2009blog-168.jpg  海と絡めて。
そろそろ使い方がわかってきたぞ~
2009blog-169.jpg特急サザン。
またしても元緑編成の7037号だ。

うーむ…もっと引き付けないと
2009blog-170.jpg 続いて来る回送。
ファインダーを見つめて、ピントがピシッと来るところで
シャッターを押す。
決まった!!かな
2009blog-171.jpg ワイド側で先程の区急の返しを撮る。
これはいい!!もっと撮りたくなってきました。
  1. 2009/02/17(火) 14:02:50|
  2. カメラ

Nikon D100

  

2009blog-161.jpg
304 名前:名無CCDさん@画素いっぱい 投稿日:2009/02/16(月) 19:59:42 ID:aHaFHvr7O

長いことカメラから離れてた親父にこの機種を買ってみた
・・・新品買ってやれよ・・・てのは置いといて

昔はF3と共に撮影を楽しんでいた親父ですが、
D100、気に入ってくれると良いのだがなぁ・・・

…てなわけで、NikonのD100というカメラを親父にプレゼントしました。

親父がカメラを処分して新たにデジカメを買いたいらしい。
当方も、親父が過去に写真に凝っていたのは聞いたことがあったが、どんな機種を使っていたかは
知ることもなく、そのカメラですら目にしたことは少なかった。

だが、当方の成長記録を見ると、コンパクトカメラで撮った写真に混ざって
たまにシャープな写真が混ざっている。きっと、これはそのカメラで撮ったものだろう。

親父がカメラを出してきた。フイルムカメラには詳しくなかった頃でしたが、
明らかにそれが持つ雰囲気は普通ではなかった。

親父のカメラは、Nikon F3だったのです。

…ですが、まともに動作せず、セットのレンズもカビだらけ。

これではヤフオクにも出品できないので飾っておくことを勧めて、当方が勝手に
デジタル一眼レフをプレゼントしようと情報収集に走っていたのでした。

候補は枯れて安くなってきた古いNikonのデジタル一眼。D1HかD100が残りましたが…
D1Hは評価も良く、秒間5枚の高速連写が魅力だが…でかい。とにかくでかい。
D二桁は…うーむ、親父が満足するには、古くても高価だったものが良かろうと…
勝手に判断して白羽の矢を勝手に立てたのがD100でした。

ヤフオクでの相場は2万後半。当方のD60より高値で安定している。

夜勤明けに、中古カメラ店を徘徊する。

まずは、梅田にあるカメラのキタムラ 中古買取センターに向かう。
名前だけ聞くと中古買取窓口があるだけのように思うが、中古在庫も豊富である。

ここでまずは店頭にあるD100を触らせてもらった。
かなり使用感があり、付属品も寂しい。適当なレンズを付けて撮ってみる
ペソリ ペソリ…
これは2chの当該機種スレッドにての煽りコピペだそうでして、D100のシャッターフィールを
詰ったものらしい。確かに、シャッターフィールは寂しい。F3の機械感溢れるフィーリングには
程遠いわけですが、背に腹は替えられないのです…D700をドーンとプレゼントできる余裕は
どこにもありませんです。

他店にある付属品込みの中古美品を取り寄せてもらい、後日再度出向く。
使用感も無く綺麗。付属品は全て揃っていて箱まである。23000円。即決でした。
適当なレンズも購入して、親父に見せてみる。

もう眼鏡無しでは説明書を読むことも本体の操作もできない眼になってしまった親父であるが、
少しでも良いので慣れてもらって、犬や猫や庭木やおかんやらと、撮影してくれたらなぁと
望むところである。

しかしこのカメラのキタムラ、中古はヤフオク相場よりやたら安いし、店員さんの対応も良いので
気に入ってしまった。
そんなわけで、購入したのはD100だけではないのです…ムフフ
  1. 2009/02/16(月) 23:37:37|
  2. カメラ

EF 50mm 1:1.8を連れ出して

   
2009blog-157.jpg

夕日が綺麗だ!!

早速、表題のレンズを持ち出して
近くの海岸まで出掛けましょう。

2009blog-158.jpg写りには定評のあるレンズであり、
またとても明るいので、こういった薄暗いシーンでの
撮影でも、失敗を最小限に抑えてくれます。
2009blog-159.jpgにゃんこ。
人間からえさを頂戴しているので、
近寄っても離れない。

APS-Cで50mmだと、寄れないのが弱点でして…
確かに、28mmくらいのレンズが欲しくなる。
これって…沼ですよね
2009blog-160.jpg

しかしなんだ、どんな風景も簡単に
情景にしてしまうあたり、とても面白いレンズであります。

明るくて描写の良いレンズってのは素晴らしいことがわかった。
ならば、当方が出す答えは…

  1. 2009/02/12(木) 22:32:52|
  2. カメラ

EF 50mm 1:1.8

2009blog-149.jpg 

現在、Canon純正レンズで最も廉価である
EF 50mm 1:1.8 II
価格にそぐわない描写力を持ち、評判も良い。
手にした者には、廉価ゆえに足りない部分を補いたくなる気持ちを
他の高級レンズへの物欲へと変化させてしまう能力があり、
深いレンズ沼への罠として、通称「撒き餌レンズ」と呼ばれていたり…

2009blog-150.jpg 

今回入手したのは、それに対してのI型と呼ばれるもの。
II型のコスト至上主義な造りとは反して、
ちょっと高級だったりするが、その分中古相場も高め。

銀塩EOSのカタログには必ずといっていいほど組み合わされていたレンズです。
胴体はII型とは全く異なる構成。

 2009blog-152.jpg    今回は、絞りが膠着したものを5250円で落札した。
付けて撮ってみると暗いこと。最大絞りで固まっているのです。
2009blog-154.jpg後ろ側から分解を試みる。

このレンズは、II型のようにフレキがコネクタで繋がっていないので
これ以上の分解は半田剥離無しでは無理なようだ。
2009blog-151.jpg

分解方法を調べて、前玉から分解。
前玉は接着剤とツメで留まっている感じで、
反時計方向にネジって引き抜けば
外れる構造でした。

絞りの動作部分をシャカシャカしているうちに動くようになったので、
これでOKとしましょう。また壊れたら、羽根を洗うことにします

2009blog-153.jpg撮ってみる。

明るい!!部屋撮りでも手持ちでバッチリです
これならBlogやHP作成に使えますね
2009blog-155.jpg

外で撮ってみました。

肉眼では到底できない描写ができる。
写真って、面白いもんですね

2009blog-156.jpg単焦点なので、人間が動くわけになりますが、
そうやって構図を決めて、
リングでピントを合わせてカシャカシャするのも、
乙なものです。
  1. 2009/02/05(木) 13:29:21|
  2. カメラ

テプラを起こす

2009blog-138.jpg先日、ハドオフにて入手したテプラ。SR616とある。
1996年頃のモデルで、中堅くらいのものだったのでしょうか

職場にあるSR520を思えば、かなり質素だが…
最低限の機能は持ち合わせていそうだ。
2009blog-139.jpg値付けはこんな感じ。使用感は薄い。

テプラといえば、最盛期にはコブラトップのような
モデルまで存在して、かなりの迫力があったりも
したことを覚えています。

ヤフオクで探してみましたが、無かった…
2009blog-141.jpg さて、この個体、ACアダプタが無いわけですが…


適当なやつをもってきました。
定格入力は6V1.5Aらしいが…
2009blog-140.jpg こういう時に買っておいてよかったと思う
備蓄品。これを半田付けして…
2009blog-142.jpg キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
2009blog-143.jpg 

で、あんたがテプラなんか持っててどうすんの?

…とは、思われて当然でありますが、
車の整備記録をボンネット裏に貼り付けるのに
これがちょうど良さそうなのです。
次回は、実際に印字してみましょう。

2009blog-144.jpg ちなみに、今回撮影に使用したのはFZ30ではなく、
昨日購入したSIGMAのマクロレンズです。
2009blog-145.jpg APS-C版で80mmの画角なので、
異様にがぶり寄りながら接写を楽しんでいると言う
妙な感覚に襲われてしまいます。
2009blog-146.jpg 

超音波モータ(SIGMAではHSM)非搭載ではあるが、
AFにて使用してもなかなかの使い心地。

ピントも「ここ!!」というところにピシッときまる。

2009blog-147.jpg 

ついつい、いろんなものを撮ってしまいます。

これは半田コテ用のタイマー。
あれ、このレンズが今迄の中で一番面白くないか??

2009blog-148.jpg いつもお世話になっている半田。
こんなものでもこうして写してしまう。

いやはや、撮影って面白いなぁ
 
  1. 2009/02/04(水) 00:50:10|
  2. 家電製品

SIGMA ZOOM 28-80mm 1:3.5-5.6II MACRO

 
2009blog-133.jpg 

ハードオフでこんなレンズがあったので
買ってみました。

ジャンクのEOSKissにねじ込んで、EFマウントであることを確認。
2000円でしたが、ヤフオクだともっと安かったのね…

2009blog-134.jpg 

このレンズの変わったところといえば、
マクロモードが付いていること。

80mm位置でスイッチを切り替えると、
更に寄れる仕様です。
メーカのデータでは24cmまで寄れるそうでして、
型番で検索すると、結構好評な玉だったりもする

2009blog-135.jpg 

装着。使用に問題は一切無く、良好なコンディションだ。
しかし…一体、何に使おうものか…
80mmでのF値が5.6と暗いので、部屋撮りには
全く向かないのです。

部屋撮りは寄れて明るいFZ30が最高ですね。

2009blog-136.jpg 近くのものを撮ってみました。
ジャンクケースでゴロゴロ転がされていたレンズにしては
上出来ではないでしょうか。
2009blog-137.jpg

近頃は屋外でのジムニー作業記録用として活躍中のFX1。
バッテリも新調(互換品ですが)して更に好調です。

しかしこれ、予想以上に寄れる。
80mm固定で遊ぶのにはいいかも

  1. 2009/02/03(火) 00:09:09|
  2. カメラ

JB32 スタビ取り付け

2009blog-103.jpg SH906iを購入したポイントで、レンズのキャップを購入しました。
2009blog-104.jpg 

ジャンクの標準レンズでも、こうしてやると見栄えも良くなって
雰囲気が出てくるものです…よね?

明るいLレンズに涎がでるが…まずは…そう、修行ですね

 2009blog-112.jpg スタビライザマウントの延長を行いました。
スペーサ挿入よりこの方がスマートかなと思いまして
適当な棒を熔接してみました

調子こいてオフセットまでさせてみましたが、
どうなることやら。
2009blog-113.jpg装着。
ちょっと前方にせり出してしまった。

まあいいか、角度的には良い感じだ。
2009blog-114.jpg しかしなんだ、余計にスタビライザが目立って
ものすごく格好悪い。

しかし、これしか方法が無いんだよなぁ。
他車流用とかできないかな?
2009blog-124.jpg 先日作成したぁゃιぃHID接着バルブ。
試しに点灯して、焼きを入れてみます。

数分点灯しても大丈夫だったので、良しとしましょう。
2009blog-125.jpg 組み込み。このバルブはなんと傘無しでしたが、ヘッドライトが
ちょうど傘付きのものだったので、グレアも無く良好な装着感です。

いやー、しかし明るいな!!
色温度もちょうど良いのではないでしょうか。
これで夜間の運転でも安心ですね。
  1. 2009/02/02(月) 10:46:37|
  2. ジムニー

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する