FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

cT7551上り方に付く

本来なら下り方に付くのがデフォのこの車が難波方に付くのは
実は珍しいのです。
夜勤明けに遭遇したので駅撮り。
2007blog-057.jpg

続いて前パン(先頭車の頭にパンタグラフが付いた車輌を指す)全景。
8月に入ってこの逆繋ぎは解消されたそう。
2007blog-056.jpg

スポンサーサイト



  1. 2007/07/29(日) 20:17:35|
  2. 鉄ヲタ
  3. | トラックバック:0

そして泥沼にはまっていく

気が付けばSH信者になってしまったイタイ私であります。

900iと901iSを気分で使い分けていますが、
今回面白そうなジャンク品を入手したので遊んでみます。

たまにはブログじゃなくてちゃんとHPにする必要もあるかと思いつつ…

※良い子は真似しないでね。自己責任で遊びましょう

2007blog-042.jpg

今回落札したブツ。LEDカスタム済みの個体です。
オークションの画像が暗かったのでわからなかったのですが、
なんと青(ブルーストリーム)だった…
これでは外装の予備にならない(´・ω・`)

今回の作業は、この個体から青LEDにカスタムされた基板を頂こうという魂胆であります。
2007blog-043.jpg

解体開始。隠しネジの場所や分解方法はググるべし。
ディスプレイ側はネジさえ外せば簡単に分解できる。
2007blog-044.jpg

ボタン側はちょっと厄介。バブカセのリモコンを分解できる人なら大丈夫ですが、脆い部分が多いので折ったりしないように…

下敷きになっているパンフ…SH704iがちょっと気になったことは内緒にしたいところだ。
コイツが機敏に動作する良機なら、901や902からの乗り換え需要も多いことでしょうね。
2007blog-045.jpg

バラバラになった901iS。各基板を繋いでいるフイルムケーブルなどの接続は脱着も易しいコネクタ。
2007blog-046.jpg

LEDカスタム機から基板の交換になるので、当方の機体に入っているデータや設定をやり直さざるをえないのかという懸念もあったが、キーの基板と、CPUやメモリの基板は別体になっていました。
写真左側にある大きな真四角のOMAPと書かれたチップがCPUなのでしょう。
2007blog-047.jpg

画像中央に注目。
背面のiロゴを光らせるLEDも換装されているようだ。
シールドが切り取られています。豪快やな…

2007blog-048.jpg

キー基板。ゴマ粒のようなLEDチップを苦戦して据えた形跡?があります。
これを、当方が使用している901iSに移植!!

2007blog-049.jpg

隠しネジのカバーを外しています。
よく、これらのカバーやツメなどを傷つけずに分解するのに使うのが
ギターのピックとテレホンカードだそうな。
当方は自分の爪を使っていましたが、丁度爪を切ったところなので、今回はプリペイドカードを使用します。

2007blog-050.jpg

不可解なアルミシール。封印みたいなものでしょうか。
慎重に剥がします。

2007blog-051.jpg

当方の901iSもここまで分解できました。
部品取りを見た後なので、比較的綺麗なことに気付くことができた。
2007blog-052.jpg

それでは・・・キー部分の移植を。
2007blog-053.jpg

で、颯爽と組み立てたら…
つまらないミスに気をつけよう…
試しにブルーストリームのキー(ソフトキーがグレーメタリック)を入れたみたが、不似合い…
十字キーだけ入れ替えたら格好良いかもしれません。
2007blog-054.jpg

完成。背面のiロゴもブルーLEDになっていることを確認。
充電するのが楽しみになりました。
2007blog-055.jpg

そしてキー部分。
最高です。これでまだまだ戦えるな(何故だ)

今回の費用…
本体3,000+送料500
計3,500円でした。

ドンガラは外装交換して新品同様にするのも良いかも知れませんね。
  1. 2007/07/24(火) 13:02:06|
  2. 携帯電話
  3. | トラックバック:0

暑くなってまいりました

近頃、Prius1号で負荷をかけたお仕事をさせると
CPUファンがブンブン唸るようになってきました。

元来、この手のPriusは純正のファンがやたら喧しくも、
ヒートシンクの全高をはじめとする寸法の制約が大きすぎて
社外品のクーラの選択肢が無いというスリム型故の問題がありました。

大方はファンを静音型に交換するという解決法が主でしたが、
当方はASUSマザー純正のクーラに換装してあります。

cyprumとかALPHAとか、色々入手する機会はあったのですが…

さてさて。電源の交換によってファンがサーモ制御の可変式になった
当方の770E。
ファンが静かになったのは良いのですが、これによりケース内部の
エアフローが悪化しているのは確実です。

てなわけでこれに登場してもらいます。

2007blog-035.jpg

PCIスロットを占拠するシロッコファン。
安いときは数百円で投売りされているコレですが、当方が探したときは
全くみつからず…普通に売られていたのを購入。

これを…
2007blog-037.jpg

元来は電話線を繋ぐ端子があったところ。PCIを潰すのは勿体無いですし…
ちなみに、このファンの排気口が…

2007blog-036.jpg

このように、スリット部の半分しかないところに着目し、TELモデムの跡地に装着しようと思いついた次第。

2007blog-039.jpg


装着自体は易しいもので、PCIの天面側の受けを締めるだけで取り付けOK。
裾の部分は宙ブラリンですが、問題は無さそうです。

2007blog-041.jpg


排気口になったTELモデム跡地。


2007blog-038.jpg

チップセットのヒートシンクがかなり熱を持っていたので、
山洋電機製の妙に厚く小さいファンを装着。
元来PentiumIIを冷やしていたファンですが、騒音がスゴイので5V駆動にて静音化。


2007blog-040.jpg


気になっていた騒音も殆ど変化が無く、CPUファンが唸る機会も減った。

これはなかなか良い改良であったと勝手に思っている所存です。
  1. 2007/07/08(日) 18:04:07|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する