FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

頼まれながら生きていく、それはこれからも…程よいノートパソコンを調達します

2015blog-2771.jpgある日。
仕事も思うようにできているわけでもなく憂鬱な一日です。
屋外で頭と腕と手先を使って色んなものを直したり作ったり…そういった職種に戻れないことが
濃厚となった今、現在の組織にいる意味も薄れてきました。しかしもう年齢的になぁ…
今の生活を維持する必要もありますしね。近頃は宝くじ当選妄想トークが増えました。

そんなある日、なのですが、OBの方から突然電話がかかってきました。
もう完全退職したんだし、なにをまた当方に…パソコンとかかな、と思ったら、
案の定、パソコンです。なんでも起動しないそうで…
一度職場に持ってきてもらって、診ることに。

…物は…もう直さないほうが良さそうなxp黎明期のノートでした。HDDカッコンカッコン言ってるし…
そこで、もうこりゃ無理っすよ捨てましょう。あとのことは知りません、ではさすがになぁ…と、いうわけで
2015blog-2770.jpg日本橋を徘徊。
堺筋沿いは更に衰退が進んでいる印象。老舗の電器屋や音響ショップが
更に撤退しています。大阪もいよいよヤバいんじゃないの…

PC-NETの恵美須町側のお店で、リース落ちのパソコンを物色。
別に使えれば良い感じなので、東芝のセレロンが乗った
DynaBook Satellite B450というモデルを購入。10,980円なり。安い
2015blog-2752.jpgあと、まぁ色々と要りそうなものを調達し、
ごっついラーメンを食して帰宅。長生きできないだろうなぁ…俺

それではセットアップを開始します。
2015blog-2753.jpgとはいっても、OSも入ってますし、そのまま使えるような個体です。

ポイントはテンキー付きのモデルであるということ。
これ便利なんですよね。キーピッチがせせこましくはなりますが
2015blog-2754.jpgマウスはPC-NETで叩き売られていたマイクロソフトの無線マウスを。
こういったものは新品にしておくことに越したことはありません。

レシーバーは驚きの小ささ。
我が屋敷で使用しているIntelliMouse Explorerのものからすると隔世の感がありますね
2015blog-2755.jpgそんなことを書いていながら、昨年度末の退職者送別用のフォトフレームは
ヤフオクで中古を調達したんでしたっけ…

元々は京都で使われていたパソコンのようですね??

先方の要望は年賀状さえ作れれば良いとのことなので、古い筆ぐるめをインストールし、
当方所持のアップグレードディスクでVer.19まで上げておきました。
2015blog-2756.jpgさて、予算内(2万と伝えていた)に収まりそうなので、
更に感じ良く仕上げるために、キーボードを調達しました。
当然、純正品ではないのですが、これがまぁ安い!!1500円で送料込みでも
2000円ちょっとにしかならないのです。
2015blog-2760.jpgビジネスユースの個体なので仕方が無いことなのですが、
キーボートでよく押されるキーがテッカテカなのです。
このまま渡しても良いのですが、やっぱ感じ的に…ねぇ
2015blog-2757.jpg開梱。
2015blog-2758.jpg純正品ではないので、よくわかんないシールが貼られています。
2015blog-2759.jpg新旧比較。

社外品ですが、樹脂の質感などまぁ純正とほぼ同等と考えられます。
あとはキーに刷られた印刷の耐久性なのですが、年賀状専用マシーンにしか
ならない(なんでもインターネットすら引いていないらしい)ので、ずっと大丈夫でしょう。
2015blog-2761.jpg交換は容易。

電源ボタンがある箇所のパネルを丁寧にもぎ取り
2015blog-2762.jpg出てきたネジを緩めて外し、キーボードを丁寧にもぎ取り、

フレキケーブルをコネクタから抜き…
2015blog-2763.jpg新しいキーボードを繋いで、入れるだけ。

これ、テンキー無しのモデルでも
この辺りのパーツを総交換したらテンキー付きにできるということですね
2015blog-2764.jpgフレキのコネクタ。
2015blog-2765.jpg裏側比較。

ちょっとフラットケーブルの形状が違うようにも見えますが…
2015blog-2766.jpg抜き挿しにさほどコツは必要ありません。
2015blog-2767.jpg新しくなったキーボード。

ここをキッチリするだけでも見た目の感じが全く変わりますね!!
リース落ちノートの改善策には持って来いです
2015blog-2768.jpg綺麗になった”N”「み」キー。
2015blog-2769.jpgあとはリカバリディスクを作成し、引き渡すだけですね。

結局、本体+キーボード+マウスなどで15,000円弱で完成しました。
引き渡したところ、手間賃として20,000円お釣りは要らんよとなったので
良いお小遣いとなりました。奥さんと何か食べに行きましょう。
 
スポンサーサイト



  1. 2015/12/20(日) 23:35:11|
  2. パソコン

Prius AW35W5TはWindows 10の夢を見るか インストール編

2015blog-2344.jpg続いて、ちょっとした小物も仕立てていきます。

当方のパソコンは、電源に連動してスピーカー(アンプ)やデスク照明を
入り切りできるように、USBをトリガーとした電源タップを使用しているのですが、
これを動作させるためには、パソコンがシャットダウンしたら電源が切れるUSB端子が必要なのです。
2015blog-2345.jpg故に急遽調達したのがこのPCIスロット用USB端子。

過去にUSB1.1にしか対応していないパソコンの活用策として
よく重用していたものでしたが、近頃はもう…

ドライバディスクも付いてきました。
2015blog-2346.jpgVIAチップです。

当方が用意する場合はNECチップのものを極力使うようにしていたものです
2015blog-2347.jpgさて、Windows 10にアップグレードする前に、

Windows 7で動作が確認できている古アプリやPrius Navistationを
先にインストールしておきます。
2015blog-2348.jpgまずはWindows Vista アップグレード用のPrius Navistation 4.53Dをインストール。
2015blog-2349.jpgそれを更に5.18にアップデート。何故かこれでPrius Navistationは4から5へ

アップグレードできちゃうのですよね…
2015blog-2350.jpg動作確認。
2015blog-2351.jpg大昔に買ったスキャナーやEOS D60(60Dではない)にバンドルとして付いていた

Adobe Photoshopをインストール。
Windows 7では動いてくれていたのですが、どうやることやら
2015blog-2352.jpg筆ぐるめも先に入れておきましょう。まずはDH73Nにプリインストールされている12を
インストールします。
2015blog-2353.jpgこれを踏み台にして、筆ぐるめ Ver.19をアップグレードインストールします。
2015blog-2355.jpgさて、、準備は整ったか。

Windows 10のダウンロードサイトに向かいます。
2015blog-2356.jpgなんだか便利ツールがあるので、これを使ってみましょう。
2015blog-2357.jpgツールをダウンロード、起動することで

あとは簡単にアップグレードができるようになっています。
なんとも容易
2015blog-2358.jpg特に触ることもありません。
2015blog-2359.jpg昔、WindowsMeをxpにアップグレードする際は、
途中で突っかかったりフリーズしたりで散々でしたが、

いまはマシンパワーも有りますし、ツールやソフトも強化され、親切になっているので
何も困ることがなくなってしまいました。

こういうのも、開発に昼夜尽力されている方達の努力の賜物なんでしょう。
2015blog-2360.jpgこれから使えるOSは色々できますよ!!な
ワクワクの瞬間的画像。

xp導入の頃は、本当に世界が広がったものでした。

しかし、メモリ256MBのPCでは、その能力の全てを引き出せずにそれを疑問に感じ、
そこからが…現在までのPC泥沼へと続くことになるのです
2015blog-2361.jpgさて、そろそろ終盤っぽいですね

17時に開始して、途中中断を挟んでこの画像で20時。
さぁ、Windows 10!!どんなOSだ?
2015blog-2362.jpgデスクトップ。
?

普通ですね…別に使い勝手が悪いということも無さそう。
当方、Windows 8は全く触ったことがないので、それがどう酷かったかは
全然わからないのです。
2015blog-2363.jpgとりあえず、色んなアプリが動作するか試してみましょう。

○Adobe Photshop 5.0LE ○Prius Navistation 5.18D ○筆ぐるめ Ver.19
○The KMPlayer ○Irfanview4.25 ○Digital Photo Professional
○らくちんCDダイレクトプリント For Canon
2015blog-2364.jpg要は、当方が要している殆どのアプリが問題なく動作しているという状況です。

こりゃいいね!!
2015blog-2365.jpgそれでは、今迄頑張ってくれたPrius DH73Nからデータを移行させます。

HDDに直接SATA-USBコネクタを繋いで、データ転送開始。
2015blog-2366.jpgWindows 10ではデータ移動もこんなにカッコ良くなっています。

が、速度が遅い!?なんだこりゃ
2015blog-2367.jpgUSBの接続を、PCIに突っ込んだ増設ボードではなく

本体USBコネクタに変更することで回避できました。
せっかくの増設ボードなのに、なんだろう…
2015blog-2368.jpgデータ移行も数時間を経て完了し、
2010年から頑張ってもらっていたDH73P2ですが、
ここで一旦の終止符となります。
その洗練されたピアノブラックの筐体は憧れでした。
いや、本当にお世話になりました。
 
  1. 2015/10/21(水) 23:23:48|
  2. パソコン

Prius AW35W5TはWindows 10の夢を見るか 準備編

2015blog-2324.jpg近頃、パソコンを使用していると執拗にポップアップするメッセージ。
Windows 10にしませんかー?タダですよー!!
いろんなことができますよ~…と甘い囁きが度々出てくるんです、こりゃいっちょやっとくか、タダだし。

ですが、現在運用しているパソコンでそういうことをするのもちょっと怖いですよね
何せWindows98の頃のアプリを未だに使っていまして、xpでも7でもなんとか動いてくれていたものが
Windows 10で動かなくなっても困るんです。
2015blog-2325.jpg…というわけで、ストーンブリッジをハンマーでノックするプランを用意しました。

我が屋敷の2階で、基本的に夜の楽しみに使っているゑろパソコンの
故障時代替用予備機として購入してあったPrius AW35W5Tです。
日立のAVパソコン最末期のモデルとして日立ならではの痒いところに手が届く
AV機能を満載していたのですが、この世代を最後に
パソコン事業からは撤退となってしまったもの。今やFLORAもHPですからね…
2015blog-2326.jpg開梱。

せっかくのパソコンなんだし、寝かしてても勿体無いですからね

1階で使用してたPrius DH73P2も、さすがにスペックがしんどくなってきたのも
今回の起用の理由なのです。あわよくば世代交代ということで…
2015blog-2327.jpg筐体には小キズ?糊?が付着していますが、基本的には綺麗です。
2015blog-2328.jpgまずは内部をあれこれします。

リアカバーを外して…
2015blog-2329.jpgメモリは最低限。

埃がすごいです
2015blog-2330.jpgHDDが付いたままじゃないか!!
2015blog-2331.jpg320GBのもの。今や捨て値であろうか。
2015blog-2332.jpgうーむ、ハメ撮り画像やレア画像がないか繋いでみましたが
スッカラカンでした。それにしてもHDD、やっぱ外して売った方が良いですよね?
個人どうし…でもね
2015blog-2333.jpgメモリは…またしてもKEIAN-ELPIDAのものを。

いくらかはストックしていましたが、これが最終となります。
2015blog-2336.jpgプロセッサーは元々Pentium4で差別化されていたもの。

こんなのでは2015年を戦えないので…
2015blog-2335.jpg日本橋のPCワンズで中古のCore 2 Duo E4600を買ってきました。
今のところ、枯れた中古プロセッサがそれなりに揃っていて安いのは
ここの中2階である感じ。
で、ついでにFSB800のPentium Dual Coreが使えないかと買ってきました。

結果から先に申しますと、PenDCではBIOSすら見ることができませんでした…
最速プロセッサはE4700である様子。
2015blog-2334.jpgで、これがまた探したところストックしていた分が出土しまして…

まぁ、E4600は奥さんのPCに載せることにします。
2015blog-2337.jpgKEIANのメモリを搭載。

ヒートスプレッダが高性能をアピっていてカッコイイ?ですね
2015blog-2338.jpg筐体内部はしつこいくらいにエアブローして

埃を完璧に飛ばしています。

HDDもストック品の1TBを搭載。
このPCはSATA端子が1つしかないので、HDDにCドライブを置くことにしました。
SSD化はまたの機会に考えておきます
2015blog-2339.jpgさて、準備は整った。

まずはWindows 7をインストールします。
2015blog-2340.jpgまぁ実験だから何でもいいんです。
2015blog-2341.jpg起動ドライブを”CDROM”にして…と
2015blog-2342.jpgWindows 7をインストールします。

ここまでは2階のゑろパソと同様のラインですね
2015blog-2343.jpgで、廃棄PCのプロダクトキーで認証しようとしたら…蹴られてしまいました。
電話してね、と書いてあるので電話を掛けたんですよ。もう23時を過ぎていたのに
まぁ留守番メッセージでも出るんかな、と思ったら、オペレーターさんに繋がりました…
何時まで仕事してんだマイクロソフトは…というかよ夜間担当なのでしょうけれど

で、オペレーターさんの指示通りに淡々と事を進めていくことで、無事にWindows 7の
インストールは完了するのです。
 
  1. 2015/10/20(火) 23:27:33|
  2. パソコン

Prius DH73N/DH73P2はWindows 7でも外部入力の夢を見るか

2014blog-1075.jpg晴れてWindows 7へのアップデートが完了した
当方のPrius DH73P2。

使用した感じ、やっぱりマシンパワーはちょっと追い付いていない感じで
xpよりかはもっさりする場面があります…
2012blog-036.jpgで、当方の個体で重要なのが、ゲームのモニター替わりであるということ。

AVパソコンを売りとしていた日立Priusにとって、ハードウエアエンコードの
チューナーと、それに付帯した外部入力、これが重宝していたのです。
2014blog-1077.jpgまぁ、駄目なら駄目で1階のパソコンもPrius AW35W5Tにすれば良いのですが
その前にやれることはやってしまいましょう。
以前、AW35W5Tに無理くりPrius Navistationを放り込んだ時のように
今回ももがいてみます。

まずはテレビチューナーのドライバー。これは左画像のページに収まっています。
http://prius.hitachi.co.jp/support/verup/prinvi.htm
「PIX-MPTV/P6W」アップデート バージョン 1.1.58.0
http://prius.hitachi.co.jp/support/verup/t_2005may/pixela_6w.htm
2014blog-1078.jpg手順通りにファイルをダウンロードして、手順通りに
ドライバをインストールするだけ、。至って簡単。

デバイスマネージャで「不明なデバイス」となっているPCIに刺さっている機器に
ドライバを当ててやるのです。
2014blog-1079.jpgダウンロードしたドライバは展開すると「C¥Drivers¥TVTUNER」に

勝手に入るようになっているので、その場所を指定してやると…
2014blog-1080.jpgこのように、ニュルニュルとドライバーがインストールされる。

ここまで来れば、とりあえず一つの関門を越えることができます。
2014blog-1081.jpgOK、インストール完了。
2014blog-1082.jpg続いて、上記ページのPrius Navistation 4.41Dを入れてみましょう。
2014blog-1083.jpg蹴られました。

これは確かAW35W5Tの時も同じだったはず。
2014blog-1084.jpgならば、AW35W5T同様、Vista用のPrius Navistationを入れてみましょうか。

画像(キャプでなくてスミマセン)を読んでいくと、一旦Prius Navistationはアンインストール
する必要があるので、要はマッサラの状態で全部持ってこれるということ。
これは便利なアプリですね。
日立はコンシューマ向けパソコンからの撤退まで秒読みだった時期。
よくぞこういうのを作っておいてくれていたものです。
2014blog-1085.jpg「Windows Vista アップグレード用 Prius Navistation アップデート」
http://prius.hitachi.co.jp/support/verup/t_2007feb/prinavi45d_p.htm

ここからまさしく神アプリであるVista用のPrius Navistationを落とします。
「※Prius N/Pシリーズ(TVモデル)でもご利用になれます」というのがお味噌。
要はDH73/75Nや当方が使用しているDH73P2でも使えるのだ!!
2014blog-1086.jpgとなると、特に裏ワザでもなんでもない
動作が推奨されるアプリとなります。

AW35W5Tで使用した時は、Prius Navistation5へのアップグレード踏み台として
利用したような気がします。
2014blog-1087.jpg無事、インストール完了。
2014blog-1088.jpg新しいプログラムにもリストアップされています。
2014blog-1089.jpgそれでは起動。

地デジモデルではないのでソフトが暴走したり…は特に無いようで、静々と
チャンネル設定をパスします。
2014blog-1090.jpg特にUIには変更はなさそう。

アナログテレビなので、今や懐かしさすら感じさせる砂嵐が
ザーーーーーーーーーーー!!!と鳴り響きます。
2014blog-1091.jpgそれでは、外部入力に切り替える。

PS2を起動させると、おお!!画面が出てる!!
2014blog-1092.jpgちなみに、そのままの設定だとタイムシフトが動作するので
大幅な遅延が発生します。ゆえにゲームなどですと入力に対する
反応の遅さが非常にストレスとなるのですが、
これは設定でタイムシフトをOFFにできるので、容易に対処できます。
あとは全画面で引き伸ばし表示ができるので、それもONにすると…
2014blog-1093.jpgよっしゃー!!できたー!!!!!!

明日は仕事だが…ちょっとだけ、出発進行しましょう!!!
  [Prius DH73N/DH73P2はWindows 7でも外部入力の夢を見るか]の続きを読む
  1. 2014/04/10(木) 00:48:48|
  2. パソコン

さらばWindows xp Prius DH73N/DH73P2にWindows 7導入

 
2014blog-1054.jpg2009年に秋葉原のインバースで購入した
Prius DH73P2の本体。
液晶モニターは別途で用意して、それなりに使える性能と
クールなスタイリングに満足していました。
2014blog-1055.jpgですが…そう。この機種もまた、Windows xpでして、今日4月9日に
公式によるサポートが切れてしまうのです。
思えば2003年にPrius 770Eを購入してから、10年以上の付き合いとなります。
私のPCライフの傍には必ずと言って良いほどにWindows xpがありました。

フリーズと無縁の強靭さと豊富な標準ドライバのお陰で、本当に使えるOSでした。
2014blog-1056.jpgで、いずれや対策せねばということで、昨年くらいに購入していた

Windows 7 HOME Premiumのアップグレード版。
2014blog-1057.jpg32ビット版と64ビット版が選べます。
2014blog-1058.jpgでも、あれ?CDが64ビット版しか無いんだが…
2014blog-1059.jpgああ、こういうことか・・・確かに2枚あって、その下が32ビット版でした。
2014blog-1060.jpgそれでは、作業開始!!

アップグレード版でスマートな移行を狙います。
2014blog-1061.jpgsetup.exe起動。
2014blog-1062.jpg「互換性をオンラインで確認する」を選ぶと、Microsoft公式の、Windows 8.1への
アップグレードを検証するサイトに飛んでしまいます。
なんじゃこりゃ…Windows 7もすでに旧製品なのです。
2014blog-1063.jpg職場の端末もすべてWindows 7に更新が完了し、事務作業はすべて
Windows 7で行うようになりました。
最初はとっつきにくかったOSでしたが、いやー、これは良く出来てます。
xpからの移行であれば、さほどストレスは感じられないでしょう。
2014blog-1064.jpgさてさて、インストールですよ、アップグレードですよ。
2014blog-1065.jpg…え?

できないって…

調べてみると、アップグレードはVistaからしかできないそうです
一体何のためのアップグレード版なんだ…
2014blog-1066.jpg一応、データ移行をさせるアプリなんかも用意されているようですが、

面倒くさくなったのでCドライブことSSDにクリーンインストールします。
2014blog-1067.jpg今度こそだいじょうぶだろう…

これで駄目だったらどうしよう。
2014blog-1068.jpg最後のシャットダウン画面。

今まで本当にお世話になりました。

当方の人生の充実に多大なる貢献をしてくれたOSです。
2014blog-1069.jpgで、再起動・インストール続行となるのですが…

文字化けしてるよ…大丈夫かこりゃ
2014blog-1070.jpgそろそろ完了です。
Prius DH73にWindows 7は初めてなのですが、どうだろう。
ちゃんとデバイスは動くのか、Prius Navistationはいけるかな…
2014blog-1071.jpg数個のファイルが壊れていたようで、chkdskが働いています。
2014blog-1072.jpgよーし、起動するぞ!!
2014blog-1073.jpgおお!!Windows 7です!!
2014blog-1074.jpgキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
2014blog-1075.jpgなんにもアイコンがない!!
アプリもない!!設定もやり直し!!

これからの課題が山積みですが、これから6年はお世話になるんです。
じっくりセットアップしていきましょう。
2014blog-1076.jpgとりあえず、プロダクトキーを打ち込んで認証だけ済ましておきましょう。

これからはWindows 7でどこまで古いアプリが走るか、
今までどおりのことがこれからもできるか検証していきます。
 
  1. 2014/04/09(水) 22:33:53|
  2. パソコン

PC-NETなんば店にジャンクコーナーが

2014blog-0751.jpg2000年代中盤より日本橋のジャンク漁りに手を出し始めた私としては、
中古OA機器やジャンク品といえば…うーむ、栄枯衰退ある中で、
店舗や業態を点々としながら盛業中のPCNETことパシフィックネット㈱が
まず挙げられます。
企業リース品の引取・撤去・解体などで発生したパソコンやOA機器を販売しているようで
当方の職場にあるリースパソコン更新時の引き取りの際、そのリサイクル業者の名前にも
ここがあったりもしました。

昔のなんば店(なんば東ビル2Fにあった頃)には、とにかく足繁く通い、
様々なジャンク品をお世話してもらいました。あの空間、カオスだけど楽しかったなぁ
2014blog-0750.jpgさて、そんなPCNETですが、現在は向かいにできた物件になんば店として入居し、
相も変わらず食虫植物やコケ、おもちゃやバラエティグッズなどと怪しいものと
リース上がりのPC、そしてジャンクも少々…といった感じでの展開で営業していたのですが、

この度、未開の地であった2階がジャンクコーナーとしてOPENするんです!!こりゃ行かないと!!
2014blog-0749.jpgオープン初日だけあって、コーナー内は超カオスでした…
店内を移動するだけでも一苦労。
今迄1階にあったものに加え、色々と仕入れたようでして、特にノートパソコンは
山盛りに収められた折コンがたくさん置かれていました。
あと目立ったものはONKYOやDENONのちょっと古いホームシアターが
バラされて販売されていました。小さいサテライトスピーカーは350~500円、
トールスピーカーは5000~8000円。

いつもはPRビデオの中でしか見られないジャンクマンも参戦していました。
良い機会なので写真撮影をお願いしたところ、快く対応いただきました。変な客でスミマセン
2014blog-0752.jpgうーん、いっぱい買っちゃったよ~!!
2014blog-0753.jpgちょっと古いナショナルの24時間タイマー。
AC100V 50/60Hz 15AまでOKなので
結構大容量な機器でも使えてしまいます。

使用痕が無いので、これは未使用と見て良いのか?

現在、門灯を点滅させているIKEAの24時間タイマーが壊れそうなので、
そこに使用する予定です。500円。
2014blog-0754.jpgスピーカーコード。

多分、ホームシアターの解体品でしょうか。
この手合いのコードはいろんな用途に使えるので
あって困ることはありません。1つ100円は安いです
2014blog-0755.jpgDUALSHOCK 2
いわゆるPS2用のコントローラーです。故障予備になれば良いなぁ…
これも100円!!PS2関連は生産中止後ちょっと高値安定なのでこれは安いぞ!!

それにしてもだ、このコントローラーも、使用痕が少ないのですが、
シティホテルファッションホテル、やんちゃな子猫、要はラブホテル
暇つぶし用ゲーム機だったのでしょうか
2014blog-0756.jpg12VでセンタープラスのACアダプタ。
出力も2.5Aあって必要にして十分。

先日入手したNECのAterm WR9500Nに使用します。300円
2014blog-0757.jpgタイでもこんなの売ってたなぁ…多分

USBコネクタから給電し、6種類の機器が充電できるという
なんともズボラなコードです。iPodなどのドックコネクタ、PSP、
DSLite、USBのMiniBとMicroBコネクタ、そして3DS?

うーむ、充電できない機器は無さそうですね 200円
2014blog-0758.jpgそして…実は本体も買っちゃいましたよPS2。

我が屋敷では、Wiiも結局不発気味でして
相変わらずメイン機はPS2なんです。予備機として購入しましたが、これは
動くかなぁ…動かなかったらちょっと辛い2980円。
 
  1. 2014/03/16(日) 19:31:10|
  2. パソコン

ATERM WR9500N

2014blog-0657.jpg毎度のドフ巡回。
泉南店も気が付けば10年以上あの場所で盛業しているんですよね
ジャンク品コーナーも今でもたまに掘り出し物がでてくるのが嬉しい。

で、今日はこれ。
2014blog-0658.jpgNECの無線LAN親機、Aterm WR9500Nです。

9500N?我が屋敷で使っている8370Nより新しい機種のようですが…
2014blog-0659.jpg315円、この値段でいいんでしょうか…

一応、ネットショップなどではまだ買える機種です
付属品も足も無いのですが、これは活かしてみたくなりますよね
2014blog-0660.jpgACアダプタが無いのですが、これは8370や8170のもので
代用できます。
その分、いつかはACアダプタをもう一個調達しないと
いけないわけですが…
2014blog-0661.jpg電圧は12Vで1A、結構大食いですね。極性はセンタープラスです

また探しましょう。
2014blog-0662.jpgそれでは電源投入。

これで点かなかったら即OUTですが、
ここはなんとかクリア。
2014blog-0663.jpg特に赤ランプも灯っていないので、
普通に動作しているようです。

ちなみに、こういった中古の無線LAN親機には、悪質なユーザーが
不正な悪さをするファームウェアを流し込んで放出したりするケースがある…
という話を見たのですが、そんなファームウェア、存在するのでしょうか?
2014blog-0664.jpgスマートフォンにて、接続を確認してみます。

親機は認識されていますね。接続してみましょう。
2014blog-0665.jpgんー?認証できない。
2014blog-0666.jpgちなみに、LINEで接続先を見失うと、その都度毎回
このようにして報告してくれます。
ちなみに私に友達は居ないので、殆ど職場か奥さん、家族のみで
細々とやってます。
2014blog-0667.jpgさて、今度はルーターの管理画面に入ってみましょう。
2014blog-0668.jpg何度かしつこくやっていると、なんとか入ることができました。
この画面が出るということは、特におかしいファームウェアは
入っていないようです。
2014blog-0669.jpgそれでは、インターネットに接続して
ファームウェアをアップデートしてみましょう。
これで接続が不安定なトラブルも解消できるかもしれません。
2014blog-0670.jpg完全リセットを行ってから、パスワードを設定します。
2014blog-0671.jpg現在のファームウェアは1.0.6のようです
2014blog-0672.jpg新しいファームウェアは1.0.18とのこと。

ダウンロードしてバージョンアップしましょう
2014blog-0673.jpg完了!!
あれ、古いファームウェアが1.0.3で
新しいファームウェアが1.0.8??

いつの間にか1階のWR8370Nにログインしてしまったのでしょうか??
2014blog-0674.jpgまぁいいや、これで最新になったでしょ。

ということでこのWR9500N、どこに使おうか…
2012blog-477.jpg現在、2階(画像右上)で使用しているWR8370Nを9500Nに置き換えてみます。

これで2階の個体のみで屋敷内を全てカバーできるように
してみたいのですが…
2014blog-0675.jpgまずは、上画像で1階のWR8370Nと繋いでいたプリンタを

2階のWR9500Nに繋ぎ替えてみる。8370Nでは無理だったのですが、
9500Nなら認識できました。無線LANの性能も向上しているようです。
 
  1. 2014/03/10(月) 23:02:33|
  2. パソコン

Prius AW35W5T は地デジの夢を見るか その4

2013blog-2587.jpgここまで来る際に、結構引っ掛かることもありまして、
C\Program Files\HITACHI\Prius Navistation\hpsm\service
このファイルがアップデート中に起動せず、進行の妨げになるんです。
それを削除すると、5.18Dのアップデートが進むのですが、
何が何を妨げていたのでしょうか。
2013blog-2581.jpgちなみに、Prius Navistation 5はVistaから実装されている
Media Centerに統合されているのです。

で、Media Center テレビ、これがPrius Navistationになるようなのです。
2013blog-2588.jpg5.18へのアップデートは無事に完了したようで、

チャンネルスキャンの画面が出てきました。
2013blog-2589.jpg地域設定を済ませます。
2013blog-2590.jpgこのアイコンも、有効になったようで…!!!
2013blog-2591.jpgおお!遂に起動しました!!

無理だと思っていただけに、喜びもひとしお…ですが
あとはちゃんとテレビが映るかどうか…ですよね
2013blog-2592.jpgおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
2013blog-2593.jpg見れた!!!見れた!!!テレビが見れた!!!!!!!!!!!!!!
2013blog-2594.jpgさぁ、使えることがわかったので、(ゑろ)データの大移動を

遂行しましょう!!
2013blog-2595.jpg今迄使っていたAW37Pから、LAN経由で一晩掛けて
データを移動していきます。
毎度のことながら、枕元側が無線LANなので最速54Mbps縛りがあり、
ここでとっても時間がかかってしまいます。
 
  1. 2013/08/20(火) 13:06:52|
  2. パソコン

Prius AW35W5T は地デジの夢を見るか その3

2013blog-2580.jpg4.53Dのインストール作業を数回繰り返してみたのですが、
やはりうまくいかない。
ああ、どうしようかな?
2013blog-2583.jpgそれでは、この状態で5.18Dのアップデートプログラムを

走らせてみましょう。
2013blog-2582.jpgあっ!!
なんだか嬉しいアイコンが出てきたぞ!!

ですが、この状態だとまだアプリが起動しません。
2013blog-2584.jpgなお、インストールには権限がどうのこうの云々なので、
Administrator権限で作業を行います。

設定は検索したらでてきますので(略
2013blog-2585.jpgこれを行うことで、Administratorでのログインが可能になります。
2013blog-2586.jpg引き続き、5.18Dのインストールを続けましょう。

一縷の望みを託しながら…
 
  1. 2013/08/19(月) 00:47:06|
  2. パソコン

Prius AW35W5T は地デジの夢を見るか その2

2013blog-2573.jpgやれることは大概やってしまいましょう。

まずは、AW37PからC\Program files\Hitachi\Prius Navistationを
丸ごとコピーしてCドライブに挿入。

で、PriusNavistation.exeを起動すると…うむ、駄目だった
そりゃそうかと思いつつも、なんだか残念
2013blog-2574.jpg続いて、Prius NavistationをVista対応にさせるための
アップデートプログラムであるPrius Navistation 4.53dを
インストールしてみましょう。
2013blog-2575.jpgこの4.53dはPrius one Type  WのAW35W1Rなどに対応したもので
決してAW35W5Tなどの世代には対応していないのですが、
何らかのインストール動作をしているようだ。
2013blog-2576.jpgうむ、進んでいるようではある。

Vista対応なんだし、7の一つ前なんだし、
これで動かないかなぁ
2013blog-2577.jpgだが、今回のAW35W5Tと我が屋敷のAW37Pのチューナボードは

全くものが違うのです。うーん、認識されないかな?
2013blog-2578.jpgインストールは続きます。
2013blog-2579.jpgで、この後再起動したみたのですが、

そもそもPriusNavistationの4.53Dを起動させるexeファイルが
どこにあるかわからない…
 
  1. 2013/08/18(日) 00:24:56|
  2. パソコン

Prius AW35W5T は地デジの夢を見るか その1

2013blog-2541.jpgこのAW35W5T、というか日立Priusの歴史は
AVパソコンの歴史です。

で、この機種にも地デジチューナが備わっています。
2013blog-2509.jpgとりあえずだ、こういう時は日立のサイトから
落とせそうなもの、使えそうなものを持ってくるのですが…

これはPrius Navistationのアップデートプログラム。
2013blog-2510.jpgチューナボードが…認識されません。

だめだこりゃ
2013blog-2598.jpgチューナボードを外してみました。
2013blog-2596.jpg型番はYD324?
Revision 1だそうです

…が、この型番、また板に書かれたレタリングを
くまなく検索したつもりですが、ヒントにたどり着くことは
できませんでした。
2013blog-2599.jpg日本製です。

が、ボードが認識されなかったり
ドライバ、更にボードの情報が手に入らなかったら
意味のないもの。

まだ、諦めませんよ!!
 
  1. 2013/08/17(土) 00:59:45|
  2. パソコン

Prius AW35W5T Window7インストールなるか

2013blog-2563.jpgんー、この辺りは特に普通のWindowsインストールと

変わりがありません。
2013blog-2564.jpgDH73P2のxpが入っていたCドライブのパーティーションに

上書きインストールします。
2013blog-2565.jpgその後は、順調にインストールは続き、

最終処理まで引っ掛かることなくことは進みました。
2013blog-2566.jpgあ、ここで出てきた、

やっぱDELL用のインストールディスクなのですね
…しかし、こういった他社の機種にも障壁無く
インストールできてしまうのです。
所謂リカバリディスクとは違ったものなのでしょう
2013blog-2567.jpgアイコンもDELLマーク。

まぁここは後ほど変更できると思われます
2013blog-2568.jpgIEのデフォサイトもDELL。

とにかくなんでもDELL仕様になるように
カスタマイズされているようです
2013blog-2569.jpgそれでは、CPU及びメモリを換装した状態で

エクスペリエンスインデックスを試してみましょう。
2013blog-2508.jpgプロセッサが4.1→5.9、メモリが4.4→5.5に
それぞれ向上しています。

…何故かはわからないのですが、
グラフィックスやHDDも向上してます
2013blog-2570.jpgあとはプロダクトキーを入力、アクティベーションを

試してみます。
…通ってしまった。これで正規品です
2013blog-2571.jpgそれでは、今迄使用していたアプリケーションを
Windows 7で使用できるか試してみましょうか

Photoshop 5.0 Limited Edition、Windows9X系のアプリなのですが、
動くでしょうか??
2013blog-2572.jpgインストールは難なく続き、

普通に使えました。恐るべしWindows 7。
まだまだ普段使いの古アプリがあるので、それらが
全て使用出来ることを確認できたら、枕元の本務機とします。
 
  1. 2013/08/16(金) 00:10:10|
  2. パソコン

Prius AW35W5T Window7インストール

2013blog-2555.jpgBIOS起動OK。

で、Core 2 Duoが認識されました。
2013blog-2554.jpg次はOSインストールとなりますが、ここで実験ですよ
世に出回っているDellのインストールディスクは本当に使えるのか?

というわけで入手してみました。

※危ない橋を渡らないように、普通の人は製品版を買いましょう
 良い子は真似しないようにしましょう。
2013blog-2557.jpgそれではインストール開始!!

あれ、この画面???
付けたHDDにもともと入っていた、DH73P2で使用しているxpでした。
2013blog-2556.jpgちゃんとブート元を確認して、再度トライ。

DelIのディスクといえば、xpでも同様のものがありましたが、
7でも普通にインストールできるものがあるのですね…
パチモンがあるので注意とのことですが、これもその辺り
紛い物なのかどうかわかりません。
2013blog-2559.jpg粗悪なコピーものだと、露骨にDVD-RメディアにDellのレーベルを
刷りつけたようなものもあったりするそうですが、
当方が入手したものは普通のメディアでした。

うん、このスタート画面は7のやつだな
2013blog-2560.jpgしばらくして、このような画面に。

読めない言葉がいっぱいです
2013blog-2561.jpg日本語、日本語…
このあたり、微妙なフリーソフトにJapaneseが無いときの絶望感を
否応がなしに思い出してしまいます…

あった。
2013blog-2562.jpgそれでは、インストール開始!!なのですが、

これ、本当に無事にインストール完走するのでしょうか…ドキドキ
 
  1. 2013/08/15(木) 00:38:21|
  2. パソコン

Prius AW35W5T CPU換装等、強化します 2

2013blog-2549.jpgクーラーにグリスを塗ってですね、

ああ、この銀グリスもかなり減ったなぁ…
CPU換装なんてあと何回するかわからないし、
買ったら結構しますし、もう買うこともないのかな
2013blog-2550.jpgC2Dをぶち込みます。
2013blog-2546.jpgHDDはちゃんとHGST製のものが載っています。

結構、他社製のものが載った個体が多かっただけに
これは新鮮です。
2013blog-2547.jpg以前、DH73P2で故障の疑いがあった1TBのHDDがあったので

今回、再度搭載することに。
悪かったのはHDDじゃなくて、まさか、ケーブル…?
2013blog-2551.jpgカバー内の構成はこれで完成です。

軽くホコリ取りをしましょう。
2013blog-2553.jpgDH73P2はこの通り、サイドカバーを外しての運用です。
今年も厳しい暑さなので、エアコンレスの場合は
こうして冷やさないとヒートシンクが熱くなるくらいです…

が、CPUクーラーのファンは高速運転しないのです。
これくらいは序の口ということでしょうか。
2013blog-2552.jpgメモリは…

またこれか!!と言われそうですが、KEIANのELPIDAチップです
なんとまだストックがありまして…
7は32ビットで行く予定ですので、2GBで良いでしょう、多分…
 
  1. 2013/08/14(水) 00:11:59|
  2. パソコン

Prius AW35W5T CPU換装等、強化します

2013blog-2490.jpg寝室でのゑろ動画閲覧の救世主となるか!?
Prius AW35W5T。

可能な限りのスープアップで2020年まで使うぞコノヤロー!!
2013blog-2540.jpgメモリスロットは、これの1世代前のものと同様、
サービス蓋を開けたところにあります。

親切設計でしたが、蓋の作りが悪く爪が折れて
蓋のないものが中古市場で流通していましたが、
この世代の筐体から改良されています。
2013blog-2541.jpg裏蓋を留めるネジもなんと4箇所に減っていて、
更に前世代の筐体と違っていやらしいツメも無いので
いとも簡単に分解ができる。
2013blog-2542.jpgシャシの基本的な構成は前世代と同様、
樹脂カバーに沿った形のスチールカバーがあり、
その中にマザーボードや電源が所狭しと収まっている。

電源内蔵なので、ACアダプタの700Sシリーズのような
驚異的な薄さは失われている。
2013blog-2543.jpg数本のネジを外すとカバーが外れる。

Socket479(478?)であった前世代と違って、
CPUクーラーは独立した構成。
2011blog-097.jpgAW35Pだとこうなる。
電源がCPUクーラーを兼ねていた超変態構成でしたが、

AW35W5TはLGA775化されたので、熱処理の絡みか
クーラーを独立させたという見方で良いだろうか
2013blog-2548.jpgCPUクーラーはヒートパイプの付いた本格的なもの。

ここに収まっているのはこのW5TがPentium4の524という
FSB533Mhzで3.06GHzのよくわかんないプロセッサ。
当然、豪熱で有名なプレスコさんです。

946GZ Expressというチップセットが載っていて、Celeron420~520、
Celeron Dの347~365、Pentium4は517から661まで、
その他LGA775で結構対応しているプロセッサは多い。

そして、ハイスペックプロセッサ(当時)であるCore 2 Duoも
FSB800MHzのものであれば動くようだ。
2013blog-2597.jpgそれでは、解体開始です。

ソケットはLGA775の標準的なものでしょう
2013blog-2544.jpg外されたCPUクーラー。
マウントはLGA775標準のものとそっくりなので、
寸法tぽエアフローさえクリアできれば
換装も夢じゃないでしょう。
2013blog-2545.jpg外されたPentium 4 524。

うーむ、これを採用したのはやっぱ在庫処分で安かったからでしょ
2013blog-2539.jpgそして、換装されるプロセッサですが、
Core 2 DuoのE4700です。
これが載せられるCPUの中では最速最強となる筈。
それにしてもだ、これ…載せてちゃんと動くかな
 
  1. 2013/08/13(火) 20:18:59|
  2. パソコン

Prius AW35W5T インストール…完了

2013blog-2501.jpgうーむ、インストールだけで数日引っ張るのもアレですが、
まだまだ続きます。

それでは、Windows 7の世界へ……!!!!!
…って、職場のパソコンは既に7化が完了しているので、今更ではあるのですが
2013blog-2502.jpgえ?なんだこりゃ??

画面が半分しか映っていません。
2013blog-2503.jpgこういう時は、画面のプロパティ…!!

…構成がよくわからん、こういうのはあまりいじらないで欲しいのだが

解像度がとんでもない数字なのですが、仕様を調べてみると、
これがまさしく仕様だったようで…
2013blog-2504.jpg再起動させると、この通り、

ちゃんと表示ができるようになりました。
2013blog-2505.jpg別に64bitでも大丈夫だったようです。
当方は今までxpの32bitだったので、未だに
64bitのメリットがよくわかりません。
2013blog-2506.jpgさて、2013年の時点で相当の型遅れである
この機種ですが、そう、スコアがどれだけ出せるか
気になるところです
2013blog-2507.jpgいまさらですが、このハード構成でWindows 7がどれだけ走るか

調べることができるんですよね。
2013blog-2508.jpg結果、このような感じです

プロセッサなどは結構頑張っていると思いますが、
やっぱり足を引っ張るのはグラフィックなのですね。
 
  1. 2013/08/08(木) 16:51:54|
  2. パソコン

Prius AW35W5T Window7お試しインストール続く

2013blog-2496.jpg順調にインストールは続きそうです。
2013blog-2497.jpgxpの頃からするとよりグラフィカルに、スマートに

なったもんだなぁ…
2013blog-2498.jpgこの辺りはなんだか見たことがある感じ。
2013blog-2499.jpgLEDは低輝度の山吹と橙のみの構成です。

暗い寝室だとこっちの方が良いか
2013blog-2500.jpg牛歩のごとし進め方でこの日立Prius記事が続きます。

後々、ちょっとだけ新しくなっただけのこのPcに
驚かされることが色々と…
日立Prius、もし今も販売されていたらどのような仕様や
スタイリングになっていたのでしょうか。
 
  1. 2013/08/07(水) 00:38:24|
  2. パソコン

Prius AW35W5T まずはWindow7インストールを

2013blog-2490.jpgとりあえず、BIOSが起動することは確認できている個体なので、

ここから仕上げていくのは難しくはないでしょう。
2013blog-2491.jpg廉価モデルになるので、CPUは在庫処分のような
Pentium 4の524という3.06GHzのものが載っています。

上位機種はCore 2 Duoが載っているので、この辺りは
簡単に換装できるでしょう。
2013blog-2492.jpgこれから数年は使用することになるので、
OSはリカバリ(この機種はVista)ではなく、
新規でWindows 7を入れることになります。

これは1階のDH73P2に入れる予定のアップグレード版なので、
まずはお試し、ということです
2013blog-2493_20130805112319fcf.jpgDVDマルチドライブも健康なようです。

それでは、インストールしてみましょう。
2013blog-2494.jpg今までxpは大量にインストールしましたが、遂に
Windows 7ですか…

うーん、それだけxpが長きに渡って
メインストリームであったということですね
2013blog-2495.jpgインストールは順調に進んでいるようです。

ドライバは大概当たると思われますが、テレビチューナだけは
多分無理でしょう。
 
  1. 2013/08/06(火) 01:20:51|
  2. パソコン

Windows 7への準備始まる 寝室パソコン代替

2011blog-102.jpg寝室パソコンのグレードアップに導入した日立PriusのAW35P。
毎晩のナイトライフに実に貢献してくれているのですが、
xpのサポート切れが迫っていること、そしてHD画質のゑろ動画がカクカクするので
やっぱり駄目だこりゃとなり…
2013blog-2483.jpgまたしてもパソコンを買ってしまいました。

結局、AW35P(いまは地デジ仕様になったので37Pか)は
2年弱の使用期間となりそうです。
2013blog-2484.jpg梱包材がものすごいです。

あとで片付けるのが大変でしたが、オイルを吸わせたり
マスキングしたりと用途はたくさんあります。
2013blog-2441.jpg先日の一枚記事でもありましたが、日立Priusの最後から一つ前のモデル、
AW35W5Tが登場です。
テレビといい、パソコンといい
もう新製品がでない日立になんでこだわるんだという話ですが…
いや、いいものはいいんです。やっぱIPS液晶でしょう
2013blog-2485.jpgAW35Pから更にまた意匠を変えたボディ。

シルバーフレームになっています。
2013blog-2486.jpg電源ボタンにLEDが内蔵されるようになっています。
今迄の大型ランプ、格好良かったんですが、
廃止されちゃったんですね
2013blog-2487.jpg起動ロゴもInspire the Nextのものに変更されています。
思えば旧タイプのものは当方の個体だと550/750シリーズからなので
10年近くは使用していたということになる、

…いや、これは2007年の機種なのでそれは大げさか
 
  1. 2013/08/05(月) 00:41:11|
  2. パソコン

バブカセ屋敷のLAN補修

2012blog-2887.jpg昨年12月に、我が家の1階に降りてくる有線LANがおだぶつになってしまったようで、
永きに渡ってルーター→2F無線親機→1F無線子機→1F無線親機という
よくわからない連携にて使用されてきた我が屋敷。

いつまでもこのままで放っておくわけにはいきません。
とっとと直しましょう。
2013blog-2131.jpg我が屋敷のリビングの隅に、LANコンセントがあります。
2階から自分で必死こいて引いてきた(プリカと通線針金は施工済)ものですが、
何かやり方がマズかったんだろうな…

因みにこの辺りはパソコン机や防湿庫など、物だらけなので
寝そべって体を捻らないと作業ができません…
2013blog-2141.jpg場所はこんな感じ。

この奥の角になります。
2013blog-2132.jpg昔に日本橋で購入したLANコンセント。

当時は高価だった松下電工のものより
かなり安かったので導入したもの。
2013blog-2133.jpgこれも日本橋で入手したモジュラーケーブルテスター。
怪しい激安LAN工事セットに含まれていたもの。
近頃まで、まだなんとかバラで売られているのを見ることができたが

そろそろ店頭での入手は難しくなりそうです。
2013blog-2137.jpg親機と子機があり、ケーブルのどちらか片方に

子機を付けてから、親機を繋いでケーブルの導通を確認するもの。
2013blog-2134.jpg導通しか確認できないのですが、あるとないとでは大違い。
で、12345678の順に光っていくのですが、不点灯の線があるのです。

コネクタをカシめ直したり、コネクタの接触不良を疑いましたが…
2013blog-2135.jpgコンセントがダメなようです。

画像のようにちゃんと工夫された形状ですが、カシメるのに結構力が要るのと
今回のように導通不良が出るケースもあるということなんです。
2013blog-2136.jpgと、いうわけで早速買って参りました。
パナソニック電工の「ぐっとす」シリーズ。

よくわかんない名前ですが、その施工の容易さは電設屋さんの
大きな助けとなっていることでしょう。
2013blog-2138.jpg背面の留め具が挿し込み治具を兼ねています。
谷間にガイドからスッと入れて、工具でぐぐっと押しこむと完成。
こりゃラクです
2013blog-2139.jpgそれでは導通確認!!

ナイトライダーのフラッシャーのようにLEDが流れていきます。
1から8まで綺麗に流れたので、これで有線LANが構築し直せます。
2013blog-2140.jpgまたしても超絶無理な姿勢で「ぐっとす」を本設。

結果…無事に有線で接続ができました。
これで、無線LANイーサネットアダプタを介さなくとも有線で高速?快適な
インターネット環境が戻って来ました。
 
  1. 2013/07/04(木) 00:48:46|
  2. パソコン

Serial ATAケーブルを交換します(相性悪くて失敗)

2013blog-2113.jpg以前、シリアルATAケーブルの不調?接触不良?により起動不能になった
我が屋敷のPrius DH73P2。

ケーブル交換で近頃は元気に稼働していますが、それもまた
ジャンクバルク100円のもの、なんだか不安。
2013blog-2114.jpgと、いうわけで調べてみたところ、ケーブルにも性能というものがあって
耐ノイズ性や信号の減衰を少なくした高性能ケーブルというものが
ちゃんと存在するようです。

もう、居ても立ってもいられなくなって買って来ました。
2013blog-2115.jpgOwltechのシリアルATAケーブル。サイトで高性能を謳っているので
購入することに。

あらら、口金の形状によってSerialATA2と3.0が混在してる…
買う前に見れば良かったのですが、当方の個体は
SerialATA2と思われるので気にしないことに。
2013blog-2116.jpgそれでは分解。

バルクのシリアルATAケーブルはちょっと長すぎるので
このように大回りになっていました。
2013blog-2117.jpg可もなく不可もなくですが、ロック爪があるケーブル。
2013blog-2118.jpgこれがOwltechのもの。

シールドがなされているものをあえてセレクト。
否応なしに期待が高まります。
2013blog-2119.jpgドライブ側に爪が付いていますが、殆ど引っ掛かりません。

本来は、反対側をドライブに挿すのでしょう。

それにしても、このシリアルATA規格のコネクタ、なんであんな頼りない形状に
したのでしょうか…
2013blog-2120.jpgで、マザーボード側をL字コネクタにしました。

薄型筐体なので、少しでも…と思ったのですが…
2013blog-2121.jpg起動する。

HDDが認識されていません。
2013blog-2122.jpgBIOSで覗いてみると…何だかバグっています。

そして繋がっているはずのドライブが見当たりません。
2013blog-2124.jpg接点復活剤を塗ったり、何度も挿し直したりして
ようやく両ドライブが認識されました。

繋ぎ勝手でHDDが起動ドライブになっていたので
そのままでは起動できません。BIOSでSSDに切り替えると…
2013blog-2125.jpgよっし!!起動できた。
が、この後ケースカバーをして再度起動すると、またSSDが見つからなくなっていました。
元々のケーブルに戻すと、何事もなく起動するので、このケーブルとの相性が悪いということと判断し、
返品、というか相性保障ということにしていただき、差額525円の授業料となってしまいました。
お店での検証では、何のトラブルも無くドライブが認識されていたとの報告。ケーブルの品質には
何ら問題は無いということです。しかし相性不良、こういうところでいきなり発動するか…
 
  1. 2013/07/02(火) 00:49:11|
  2. パソコン

REALFORCEにパームレストを SANWA SUPPLY TOK-MU3BK

2013blog-2045.jpgREAL!!FORCE!!いやー、これはすごい!!
素晴らしいキーボードだ、本当にキーを押す際にストレスを感じない。
リアルなフォースとはよく言ったもんだ。

で、手を置く場所がなくて困っている件を解決させましょう。
2013blog-2044.jpgAmazonで頼んだら、毎度のことながら大きな梱包で到着。
2013blog-2046.jpgサンワサプライのパームレスト、TOK-MU3BKです。
いっちょまえにレビューを見ながら、これが寸法的に
ちょうど良さそうなので購入。

新品です。というか、さすがにこれは得意の中古品は避けたいところだ
2013blog-2047.jpg宇宙工学から生まれた云々…

宇宙遊泳中の画像まで使って何やら壮大なパッケージです
サンワサプライでは”リストレスト”と呼ばれているもよう
2013blog-2048.jpg裏側はこのように粘着材でピッタリ留まるようになっている。

当方の使用環境だと、机の端とキーボードの間にちょうど入りそうなので
粘着材は使わないことにします。
2013blog-2049.jpgそう、こんな感じ。

手を置くのは両端だからであろうか、
中央がすぼまった形状になっています。
2013blog-2050.jpg手をおいてみる。まぁ、そりゃ~最初のフィーリングは良いもので…
あとは使用してみて不満を潰していくことになります。

低反発材なので、手を置くとその分沈みますが
その際にちょっと高さが低くなるのでスペーサーを作成してみようと思います。
また、通気性は悪いのでそれなりに蒸れますが、
それは低反発とのトレードなので致し方のないところ。
手が痛くなることはなくなったので、満足の行く改善となりました。
 
  1. 2013/07/01(月) 00:41:12|
  2. パソコン

憧れのREALFORCE、ついに導入

2007blog-066.jpg元来、我が屋敷で使用していたキーボードことWireless Optical Desktop Elite。

多機能で形状も良く、気に入ってはいたのですが
経年で打鍵感に引っかかりが出るようになってきました。
Microsoftのキーボードは、廉価ながら基本性能や付加価値が高く、
所有感が高いのですが、肝心の打鍵感がもう一つといった印象です。
2013blog-1749.jpgと、いうわけで次のキーボードを検討しました。

というか、先日出撃した日本橋で高級キーボードを体験してしまい、
これは是非導入しないと!!と思ったのです。
2013blog-1750.jpg2chなどのネットやブログなどで、考えられないほどの超長文を投稿している人を
よく見かけるのですが、いったいどうやって、何を使って入力しているのだろうと
疑問に思ったりもしたものでした。

当方も、こうして狂ったようにお金にもならないブログの更新を毎日続けていますが、
画像を解説するための文章量は結構なものになっているので…負担を軽減しようと考え、
今回の導入へと至ります。
というわけで開梱!!
2013blog-1751.jpgREALFORCEです!!

何故か金型やプレス型を作ってる会社が商品展開しているという高級キーボード。
この会社の製品は、元々はデータ入力など業務用途として
現場で昔から活躍してきたもので、
それを10年ほど前に民生化?した製品です。
2013blog-1752.jpg本来ならボーナス後に新品を買うつもりでしたが、
たまたま見ていたオークションで安いのを見つけて、競ったのちに
落札に成功しました。
市価の1/3以下で入手できたので良い買い物でしたが、
なんでそんなに安いのかと言いますと…

106キー、要は窓キーが無いタイプのものなのです。
これから窓+Dや窓→U→Uが使えなくなりますが、それは…安かったということで
我慢しましょう!!
2013blog-1753.jpgそれでは、換装作業開始。

Wireless Optical Desktop Eliteにも長いことお世話になりました。
過去の記事によると、2007年から…6年も使ってたことになるのか
2013blog-1754.jpgレシーバーも、キーボードが有線になり、マウスのみになるので
それ用のものに交換します。

こういった時のために確保していた100円ジャンク。
動作はもちろんOK。
ついでに、マウスのセンターキーをデスクトップ表示に
割り振ったことで
窓+Dの問題をとりあえず解決させました。
2013blog-1755.jpg当然、、この記事はREALFORCEで入力しているのですが、
いやー、こりゃ凄いわ!!噂で聞いたとおり、そして店で試した時より
こうして我が屋敷のパソコン台で実際に打ってみると…素晴らしい…

こんなに気持ちのよいキーボードがこの世に存在したなんて…

手元が寂しくなったので、次回はパームレストを導入しましょう。
 
  1. 2013/06/09(日) 00:18:18|
  2. パソコン

Prius DH73 やっぱり駄目だったのでSSD化 手直し編

2013blog-1739.jpgSSD化でああもう最高!!と言いた…いところですが、
またしてもおかしくなってきた我が屋敷のPrius DH73。

今度の症状は、ブルスク連発、起動しない、起動しても数分は使えない、
マウスポインタの動きが超遅い、OSが見つからないと蹴られる…などなど
2013blog-1740.jpgまぁこういうときはググるに限る。
SSD化してこういう症状になった人の顛末記を読んだりすると、
まずはデフラグ、それもデフラグソフトで徹底的にやるというもの。

フリーで落としたデフラグソフトで試みるも…ああ、シャットダウンしてしまった
気を取り直してもう一度、一晩掛けて完走しました…が、治ってない。
2013blog-1741.jpgもう一つの手法は、SATAケーブルを疑ってみるというもの。

これで完治したという情報を発見し、藁にもすがる思いで作業開始。
2013blog-1742.jpg先日、筐体に直付けしたSSDですが、ちゃんとしたマウンタを

買ってきたので設置することにします。
2013blog-1743.jpg固定は100均の両面テープですが、

結構強固に留まっていて大変でした。
2013blog-1744.jpgマウンティング完了。

まぁ、この方が精神衛生的に良いでしょう。
2013blog-1745.jpgSATAケーブルも、在庫から新品を引っ張りだして
やり直し。

これで治るといいんですけど、ケーブルで治るのかなぁ?
2013blog-1746.jpgケーブルがちょっと長いので、邪魔にならないように
収めるのがちょっと大変。

いいかげん、新しいWindows7のパソコン(といっても中古)を買おうかと
考えてしまったりもするのですが…やっぱりDH73がいいんです。
2013blog-1747.jpg結果、今迄の不調が嘘のように改善して、
キビキビと動いてくれるSSDバージョンのDH73Nが帰って来ました。

SATAケーブルも疑う必要がある、これは必須です。
そして、そのSATAケーブルは…当方のようにバルク100円のものではなく、
ちゃんとした造りの良い物を選びましょう。
 
  1. 2013/06/08(土) 00:51:21|
  2. パソコン

Prius DH73 やっぱり駄目だったのでSSD化 換装編

2013blog-1051.jpgHDDが悪いという感じも無いのですが、念のために新調しましょう。
用意したのは…
東芝ブランドのDT01ACA100。日立GSTがWDに譲渡され、東芝がWD社との
生産設備の売却などの契約を…

まぁなんだ、東芝ブランドの初期のものは中身が殆ど日立だったそうですが…
2013blog-1052.jpg今回は日本橋に足を運んで、PCワンズにて購入。

2013年4月時点で6000円弱でした。
ちゃんと保証もついてくるのですね。
2013blog-1053.jpg背面。

基板は日を追うごとに小さくなってます。
2013blog-1054.jpgラベルを見る限り、この機種はもう日立GST製ではない様子。
もうちょっと早かったら、中身が日立のものも買えたかも知れませんね。
まぁ、とりあえずは日本ブランドの3.5インチHDDが買える機会が
残ったということで。
2013blog-1055.jpgラベル全景。

ああ、やっぱりこれもAFT機種です。
2013blog-1056.jpgそれでは、再びDH73を分解しましょう。

このHDDですが、スピンアップの際に爪切りみたいな音がするって
もう寿命ってことなのでしょうか?
2013blog-1057.jpgケーブル類は無いので、在庫から引っ張り出す。

というか、こういった物でもちゃんとまとめ買い・備蓄しておくと
このような場面で生きてくるんですね。
2013blog-1058.jpgSSDは…

マウンタ買うのも勿体無いので、両面テープで貼り付けておきました。
え、詰めが甘いって?そのうち気が向けば
2.5-3.5変換アダプタ買います
2013blog-1059.jpgそして物置HDDも搭載。
2013blog-1060.jpgそれでは、おそるおそる電源スイッチを投入!
2013blog-1061.jpgBIOSではSSD・HDD共にちゃんと認識されています。

東芝の中身日立モノは、ここでも型番が日立だったそうですが…
2013blog-1062.jpgディスクの管理で覗いてみる。
ちゃんと認識されています。

ちなみにこの時点ではCドライブしか使用できないので
できないことが多く、この通り…デジカメでモニタを撮影。
2013blog-1063.jpgそれでは、AFT対応ディスクをXPで使えるように
アライメント調整しましょう。

東芝は既に東芝独自でツールを提供していまして、
日立のツールを借りてきたり…ということはありませんでした。
2013blog-1064.jpg使い方は簡単。ダウンロードして展開して

OK押しまくりで…
2013blog-1065.jpgあっという間に完了。

あまりに早すぎて、何が起こったかよくわかりませんでした
2013blog-1066.jpgあとは…これが大変。

元々載っていたHDDからのデータ移動です。
CrystalDiskInfoで覗いてみても、不具合などは
全く無さそうなのですが…
2013blog-1067.jpgもう、いつになるかわからないので

このまま朝まで寝かせます。ハイ
現在、このブログをDH73で行えている…というわけで
無事に復活を果たすことができました。
SSD化の効果はそれなりにあったようで、アプリ起動などが面白いくらいに
速くなりました。
 
  1. 2013/04/13(土) 00:35:23|
  2. パソコン

Prius DH73 やっぱり駄目だったのでSSD化

2013blog-0982.jpg先日、分解と組立、清掃を経てちょっとは元気になったと思われていた
Prius DH73P2でしたが、やっぱり駄目だったようです。

夜勤で不在だった時に、奥さんが調べごとをしていたところ突然再起動して、
黒画面で変なメッセージが出たまま固まったとの連絡が。

ああ、これは懸案を前倒しでやってしまえというお導きなのでしょう。 
2013blog-1045.jpgというわけで入手したのがこれ。
ちょっと古いですが、IntelのSSD X25-Mシリーズです。
新しい安物か、古いブランド物か…
2013blog-1046.jpg色々と速さに関してのアピールポイントがあるようです。

が、DH73はSerial ATA 300なのでR/W速度にどう影響するかはわかりませんが、
まぁ、それでも機敏な動作になることを期待してしまいます。
2013blog-1047.jpg開梱。
バルク品なのでしょうか、これだけです。
マウンタやケーブルは後日揃える必要があります。
2013blog-1048.jpgそれでは…

SATA→USB変換キットで瀕死のDH73に繋ぎます。
2013blog-1049.jpgコネクタは3.5インチHDDなどと同様のシリアルATAインターフェイス。

そrにしても、本当にこんなので動くのかなぁと思ってはいたのですが、
ちゃんと起動した…様子。
音もしないので動いたかどうかはサッパリです。
2013blog-1035.jpgWindows上でも無事にディスクとして認識されました。
2013blog-1036.jpg早速、フォーマットして
2013blog-1037.jpgEaseUSの便利ソフトで、Cドライブを丸ごとコピーしてしまいましょう。
2013blog-1038.jpg英語だけどまぁどうにかなりますし、

非常にわかりやすく解説されたサイトもあります。

ここはCloneをクリックです。
2013blog-1039.jpgまずは移行させるパーテーションを選択して、
2013blog-1040.jpg移行先、今回の場合はSSDになるドライブを選択。
2013blog-1041.jpgあとは
2013blog-1042.jpg放っといたら…あれ、なんか怪しいメッセージが。

まぁいい、こういう場合はOKでも押しとけばいけるでしょ
2013blog-1043.jpgうーん、なんとか進めた模様。
2013blog-1050.jpg変換ケーブルの中腹にアクセス表示のLEDがあり、

それが派手に点滅することでデータを流し込んでいることがわかります。
2013blog-1044.jpgよーし、無事にCドライブのコピーが完了しました。

次回は、SSDを搭載しての起動にトライしてみましょう。
 
  1. 2013/04/12(金) 00:21:32|
  2. パソコン

Prius DH73 また不調

2013blog-0976.jpgCPU換装を経て、まだまだ元気なPrius DH73P2。

ですが、近頃また調子が悪い。
暫し処理が遅れたり、起動が遅かったり、できなかったり。

HDDじゃないと信じつつ、CMOSクリアと内部の清掃を行います。
2013blog-0977.jpg相変わらずの超薄型筐体に豪熱Pentium Dの組み合わせ。
先日の換装後、暖かくなってきましたが…ちょっと筐体が熱くなってきました。
盛夏の暑さに耐えることができるのか?
2013blog-0978.jpg通気ダクトのパンチングネットに埃が堆積しています。

Pentium4の651の頃よりも、明らかに詰まるのが早い。
2013blog-0979.jpgそのPentium Dを頑張って冷やしているのが、この小径ファン。
物の見た目ほど騒音が酷いこともなく、エンコードなど高負荷の
作業の際にちょっと音がするくらいです。

ただ、Smithfieldの頃はブンブン唸っていました。

埃を歯ブラシで掻き取りましょう。
2013blog-0980.jpgスッカラカンになった筐体に、各パーツを据えていきましょう。
2013blog-0981.jpgこうして、全バラ・組み上げを行うことで、あら不思議、
元気に復活してくれるのです。

長時間電源を切ることと、CMOSリセットが効いているのでしょうか。

RAID構成だったDH73P2の場合は、BIOSでHDDモードをIDEに
切り替えるのを忘れないようにしましょう。
2013blog-0982.jpgさて、組み上げてから再起動。

ん?よくわからんが修復をしているみたいです。
2013blog-0983.jpg結構こういった画面が続き、完了した後は
元気に動いています。
これがポシャると、色々不便なので…

これからも頑張ってくださいお願いします(懇願)
 
  1. 2013/04/09(火) 00:40:19|
  2. パソコン

またしても更新不能に

2013blog-0383.jpg雨が降ると、こうして(画像上)IPアドレスがおかしくなって、インターネットへの
接続ができなくなることがあるのです。
2階のパソコンなどWi-Fiで運用している物に関しては平常通りなので、原因は…うーん、
とりあえず、1階のルーターを再起動させることでこうして復帰(画像下)し、記事を書くことが
できるようになったわけですが、困ったもんです

  1. 2013/02/06(水) 10:57:43|
  2. パソコン

Prius DH73 CPU換装(これで3度目)

2013blog-0087.jpg我が屋敷のメインパソコンである日立Prius DH73。
これは地上波アナログチューナーを搭載していた
DH73P2というモデルでしょう(多分)
秋葉原のインバースネットにてジャンクを購入し、
1TBのHDDと2GBのメモリで頑張って運用させてきました。
2013blog-0085.jpg元来はPentium Dの820という、まさに電熱器のような
漢のCPUを搭載していたのですが、
このマザーボードにはいろんな物が載ることが確認されていて、
当方もPentium4のほぼ最終モデルとなった631(3GHz)641(3.2GHz)651(3.4GHz)と
色々載せては遊んでいました。
画像のように、消費電力と発熱量が改善されたD0ステップのものを指名買いして
驚くほどの静音運用をさせることに成功しました。
2013blog-0088.jpgで、特にこのままでも良かったのですが、人というものは常に
何らかの欲望を持って生きているわけでして…

この優秀な65nmのPentium4と同様のPentium Dが存在することを知ってしまったのです。
Pentium Dーウイキペディアの中でも900番台、かつCステップ以降の物が良いようだ。
というわけで、やっぱD0かな、と思い入手したのが945という
Intel Virtualization Technology非対応で3.4GHzのもの。S-SPECはSL9QQです
これでは冷え冷えで、漢のCPUにはなれませんが、デュアルコア化による性能の向上は期待できそう。
2013blog-0089.jpg早速、搭載してしまいましょう。

このように、いつもなら放置してしまいそうな面倒ごとも
ブログのネタになると思えばこんな時間でも手を付ける気になってしまう、
そう、良い意味で自分を動かすきっかけになっているのです。
アクセス数も微々たるもの、アフィリエイトなどもってのほかという当ブログですが、
これからも頑張って続けていこうと思います。
2013blog-0090.jpg背面のネジを緩め、サイドパネルを外すと

もうそこにCPUクーラーが見えています。
2013blog-0091.jpgいやー、それにしてもこの薄さによくもSmithfieldのPentium Dを
入れようと思ったもんだな…

ちょっとだけ820で運用していた時期もあったのですが、
ちょっと負荷がかかると画像上部に見える小型ファンが
ブンブン唸りまくる有様でした。
2013blog-0092.jpgスプリングを挟んだネジ4本、これを緩めると…
2013blog-0093.jpgCPUがコンニチワ。

いや、決してPentium4の651が力不足だったわけではありません。
ただ、いや、これは漢のCPUではないのですが…

男のロマンってやつです、ハイ
2013blog-0094.jpg向きに気をつけて、載せるだけです。

なんて楽なのでしょうか
2013blog-0095.jpgあとは元通りに組むだけ。

ちょっとだけ埃が付いていたので、払っておきました。
一応ケース穴にパンチングネットが貼られているので、
それほど埃はケース内に入ってこないのでしょうか。
2013blog-0096.jpg背面のケーブル接続が面倒ですが、あと少し、頑張っていきましょう。

…もうこんな時間です
2013blog-0097.jpgそれでは起動!!

BIOSによって表示されるCPUロゴは特にPentium Dであることは表示しません。
2013blog-0098.jpgあれ、普通ならここでF1回避を要求されるはずなんだが…
2013blog-0099.jpg難なく
2013blog-0100.jpg起動してしまいました。

このCPUを入手する前に調べたところ、CedarmillのPentium4と
このPentium D945はマイクロコードが同一ということなのですが、
それ故にオールパスでの起動となったのでしょうか?私にはワカリマセン
2013blog-0086.jpgというわけでCPUIDのスクショ。
元気に動いています。

所々引っかかったり待たされたりした処理が
体感できるくらい速くなりました。あとは夏季の運用でどうなるかですね。

そして、これ以上の高速化を見込みたいなら、SSD化でしょうか。
このパソコンはWindows 7化してまだまだ使い倒す予定なので
いずれはそういった改良も行おうと思います。
 
  1. 2013/01/13(日) 02:42:23|
  2. パソコン

なんとか復活

2012blog-2887.jpgWLI3-TX1-G54を1階に仮設して、これを1階パソコンの

DH73P2に繋いで…なんとかネットに繋がるようになりました。
なんでも手放さずに置いておくものですね。いやはや。
2012blog-2888.jpgそのままでも安定して2回の親機と繋がってるのですが、
さらなる安定性を狙って、外部アンテナを装着し、それを玄関にもってきました。

有線よりはちょっともたつく感じですが、まぁ、当方の使用では
これの伝送速度で十分足りてしまうようです。
2012blog-2889.jpgというわけで、原因と思われるAterm。
しかしこれが悪いのかどうかがまだ判別できていないのです。
うーん、とりあえず修理に出してみるか
 
  1. 2012/12/11(火) 01:21:55|
  2. パソコン
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する