FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

現場監督 DG-4W 不具合修理

2015blog-0823.jpgさて、充電器と充電池を導入して、ようやくタフネスに使える!!という

予定であったCaplio 400GのOEMである現場監督DIGITAL DG-4W。
で、久々に単三電池で使用してみたら、モードダイアルがおかしいでやんの。

再生と設定画面しか見ることができない。
2015blog-0831.jpgおいおい、ここまで揃えて使えなかったら水の泡じゃないか…
というわけで、分解します。何にしてもタフネス防水カメラなので
まずは皮を剥がすのが大変です。ラバーの部品は、見えるところにあるネジと
両面テープで固定されているので、ムニムニ剥がせばなんとか…
2015blog-0832.jpgなんとかアクセスできたモードダイアル…の裏側
ここはただのクリック感を与えているだけのところか
反対側はバネで押さえられた0.5mm径のチェックボールが…なくすと大変です
2015blog-0833.jpgもっとバラせということか。

見えるネジはとにかく取ります。
アクセサリーカバーのネジとプレートも外しましょう
2015blog-0834.jpgケーシングは前面に蓋があり、その中にカメラが入っているような

構造です。で、中のカメラを引き抜きたいのですが、
2015blog-0834a.jpg2箇所、隠しネジがあります。

画像左上の分は、黒いので目立たない!!
いやらしいですね
2015blog-0835.jpgレンズの駆動はなんとプーリーと輪ゴム。

これはアキレス腱になりそう
2015blog-0836.jpgさて、中身を引き抜きますよ

画像右後、レンズの後ろに動画撮影用のマイクがあるので
配線を切らないように気をつけましょう。
2015blog-0837.jpg摘出できたカメラ(本体)。

それでは、モードダイアルを見てみましょう。
2015blog-0838.jpgこれか…完全に覆われています…

隙間から見てみても、グリースが流れ込んだ痕跡もなく、
シューが折損している感じもありません。
2015blog-0839.jpg接点復活剤を塗っても改善せず。
万事休すか!!と見回していると…

あれ、ここ折れてね?そう。画像中央の半田です。
2015blog-0841.jpg盛り直す。これが原因だったら良いのだが!!
2015blog-0840.jpgビンゴでした!!

因みに当方はビンゴで商品を当てたことが殆どありません。
引きが弱いんだろうなぁ…
2015blog-0842.jpgさて、組み直すぞ!!

ここがまず肝心要めのところです。チェックボールやスプリングを
なくしてしまうとダイアルがガバガバになってしまいます。
2015blog-0843.jpgダイアルのモード位置を合わせて、そーっと組み付けます。
2015blog-0844.jpgあとは逆順で組み立てるだけ。

勝利の予感です!!
2015blog-0845.jpgOK!!撮影もできました。

これからの整備作業でガンガン使っていきましょう。
2015blog-0846.jpg…というわけで、必要になってくるのがバッテリー。
今回、充電器を探すところで気になっていたのですが、
リコーのこの手のバッテリーは、他社でも同様のものが使われていたようで、
有名なところだと富士フイルムのFinePix F10などに使用されていたNP-120、
そして露出計付きの変態カメラことPENTAXのOptio 750Zもこれらしい。
2015blog-0847.jpg今回は、FinePix純正のNP-120が2個で安く出ていたのでこれにしました。
中古の電池とかどうよ?と思われそうですが、元々大容量なのと
2個あるので交代交代で使用すればいいか…となるわけです
2015blog-0848.jpgうーむ、確かにCaplio Gシリーズなんかと同じサイズですね。
CaplioだとあとはRXやGXも同じバッテリーらしい。
RXはフレキ断線で諦めましたが、GXはいつか欲しいなぁ…
2015blog-0849.jpgそれでは挿入。
2015blog-0850.jpgピッタリ互換です。使用にも問題なし。

さて、当方はCaplio RXを開店した頃のインバースネットで
一式揃っていたものを購入していたのですが、フレキ断線で修理は諦めてしまい、
余ってしまった充電器とバッテリーはCaplio500G  Wideを使用していた
当時の職場に寄贈してしまったのです。今更返せとも言えませんし…

で、今回のような顛末となったわけです。
2015blog-0851.jpg早速、先日入手できた充電器で充電しましょう。

充電器も異常は無いようです。良かった良かった
 
スポンサーサイト



  1. 2015/04/26(日) 23:27:21|
  2. カメラ-コンデジ

今更またまた2013年の記事を…PowerShot G6が我が屋敷にはあるんです

          
2015blog-0774.jpg
困った。休みが土日になってしまってあんまりバイクや車がいじれなくなってしまいました。
今迄好き放題できたのは、シフト制の勤務であったということを痛感しつつ、今は
新しい環境に慣れ、こうしてBlogの更新を続けていくことなのでしょう。

さて、今回は…
2013年の出来事です。この頃は狂ったようにコンパクトデジタルカメラを集めていた時期でして
玄関横にはこのように届いた段ボール箱がたくさん転がっている状況でした。
2015blog-0775.jpg溜まっておいてはいけませんね。開梱しましょう。
2015blog-0776.jpgシルバーに輝くボディ!!

今回のお題は!!
2015blog-0777.jpgPowerShot G6です!!
この機種、中古でもなかなか出てこないんです。
ジャンク品の入手に関して恵まれているのかどうかわからなくなった昨今、
大概はヤフオクや楽オクでの入手となるのですが…
2015blog-0778.jpg今回はなぜか開始価格も安くで出ていまして、
更に偶然、競ることもなく落札することができたのです。

ですが…幾らで落とせたか記録がなくて…
2015blog-0779.jpg付属品も豊富です。充電器にバッテリ、純正CF

そして上画像のようにフィルタアダプタまで付いてきました。
フィルタを装着すれば、沈胴式ゆえの埃混入を防ぐことも可能ですね。
2015blog-0780.jpgフィルタはPowerShot G5にも装着が可能

…ですが、色が合っていないのでG3の方が良いか
2015blog-0781.jpg形状としては前モデルのG5から向かって右を削り落とした感じです。

対して、向かって左のグリップが大きくなっていまして、携行性は向上した模様。
2015blog-0782.jpgバリアングルモニターは当然のように装備されています。

で、この個体、振るとチャリチャリ変な音がします。
どうやら何らかの力が掛かって割れたパーツが本体内で
暴れている様子。
2015blog-0783.jpg仕方ない、分解します。

フロントカバーを外すまではさほど難しくないので、画像は割愛します
2015blog-0784.jpgポロッと何かが出てきました。
2015blog-0785.jpg掛けた部品があった場所を洗い出します。

うーむ、ここっぽい
2015blog-0786.jpg○で囲った部分、なくなってますね

ここかー…
2015blog-0787.jpgそれでは、瞬間接着剤で
2015blog-0788.jpgくっつけて…と

これで処置完了です。
2015blog-0789.jpgあとは組むだけ。
2015blog-0790.jpgこれで不安なく使用できるようになりました。

それにしてもこのカメラ、
2015blog-0791.jpgFinePix4900Zとよく似ていますね。

まぁ、デジタル一眼レフが登場するまでの
ミドルレンジなコンデジって大概はこんな形でしたしね
2015blog-0792.jpg使えることがわかったので、なんと!!

8GBのCFを奢ってあげました。
これ以下の容量でもそんなに割安感が無いのですよね。
2015blog-0793.jpg最高画質で1,412枚も撮れてしまう!!

こりゃ凄いな…24枚撮りフィルムだと60本近くになるわけです
2015blog-0794.jpg軍艦部の液晶。

G6にはなんとバックライトまで追加されて引き継がれています。
撮影枚数は999以上を表示できないので999止まり。
我が屋敷のデジタル一眼も古い機種ばかりなので同様です。
2015blog-0795.jpgそれでは各部をまじまじと。

ズームレバーはシャッターボタンの周囲に。
これもG5から引き続き採用されています
2015blog-0796.jpgシルバーに輝くボディはアルミ合金のパネルです

カラバリモデル、要は黒も欲しかったなぁ…G2では限定でありましたけど
2015blog-0798.jpg背面液晶は当時では平均的なもの。

モードダイアルは軍艦部から移動しています。
2015blog-0799.jpgこの後、Gシリーズはデジタル一眼の台頭もあってか
ラインナップから一旦途絶え、G7のデビューまで暫くの間が開いてしまいました。
G7からはやや趣向が変わって、コンパクトな上級機となりました。
そうなることで一眼レフとの棲み分けが可能となったからなのでしょうか。

そのことを思えば今はデジタル一眼にミラーレス一眼、GシリーズやSシリーズも
G1XやG7Xまで入り乱れて、なんだか棲み分けどころではなくなっていますね
 
  1. 2015/04/18(土) 23:49:32|
  2. カメラ-コンデジ

今更2013年の記事ですよ…古コンデジで海を撮る

2015blog-0746.jpg夕日が綺麗だ!!
ならば撮りに行くしか無い!!

…嗚呼、この頃は時間が多くてよかったなぁ…
やっぱり平日休みがいいなぁ
2015blog-0745.jpg鞄に古コンデジをたくさん仕込んでひとっ走り。
というほどの距離も必要なく、長松海岸に到着。

…嗚呼、今年はこんな記事のネタも用意できないだろうなぁ
2013blog-0736.jpgまずはFinePix4900Z。

この頃に実動機を入手していたのですね
とにかく味のある映りをするカメラという印象。
2015blog-0747.jpg淡路島を望む。

霞んだ感じがまた良い。
2015blog-0748.jpgそろそろ日没です。

いろんなカメラで同時に撮ってみましょう。
2013blog-2513.jpgまずはこれ。運良く入手できたKodakのDC4800Zoom。

タイにまで連れて行ってしまいました。
2015blog-0751.jpg夕日を撮ってみます。

そんなに青さは感じませんね
2015blog-0752.jpgそれなら背を向いて撮ってみると…

いやー、こりゃ確かに変な色ですね
良いですよこれ
2015blog-0757.jpgもう一枚。なんとも濃厚な画です。

因みにこのカメラ。アス比が一眼などと同じような気がするのです。
当Blogの画像は、基本的に横幅800pixelに統一されているのですが、
大概のコンデジでは縦が600pixelになるところ、533pixelなんです

設定で変えれるんだったか??
2013blog-1450.jpg続いて、キヤノンレンズを使用している

TOSHIBAのAllegretto M70。
2015blog-0749.jpgあれ、やけに色が薄い。

ちょっと世界が変わって見えますね
2015blog-0750.jpg大海原を撮る。

こんな良い海があるのに、奥さんは瀬戸内の小島の風景や
リアス式海岸ならいいけど…などと言うのです
2015blog-0753.jpgこんな良い海があるのに…
2015blog-0754.jpg我が屋敷では比較的新しいカメラであるPowerShot S90で撮る。

色んな場面でそつなく撮れるので重宝しています。
しかしこれ、大概部品取り買ってナン個イチにしたのに、
もう記事にはできない感じです。記憶が残っていません。
2015blog-0755.jpg最後に、高級古コンデジのPowerShot Pro1も登場。

さすがに良い写りをします。先日のカブツーリングのお供もこれでした。
2015blog-0756.jpgさぁ、太陽が沈みます。
今日も素晴らしい一日をありがとう!!


そしてこの画像から一年半が経ちました。
私は、この一年を素晴らしく過ごせるのだろうか…

※次の更新は未定です。何せ新しいネタがない
 
  1. 2015/04/07(火) 00:19:52|
  2. カメラ-コンデジ

近頃のジャンク達とMINOLTA DIMAGE F300

2014blog-3720.jpg久方ぶりに日本橋ジャンク巡回を行いました。
とはいっても当方が巡回するお店も片手で足りるようになっちゃっているのですが…

PCNETなんば店でちょっとだけGet。
2014blog-3721.jpgドコモのWi-Fiルーターを充電するためのACアダプタですが、
単に1A出力可能なUSB電源としても使えそうなので購入。
これが300円で、MicroUSBコードはモバイルブースターに添付されているものと
よく似ています。これが100円。内税なのも嬉しい
2014blog-3722.jpg充電も可能です(当然か)

SH-04Fにはクレードルが無いので、寝室やパソコン机などに
MicroUSBで充電できる環境が必要になる…筈なのですが、そんなこともないのです
何にしても、電池が持ちすぎて充電を気にすることがあまりなくなってしまって…
2014blog-3723.jpgインバースネットでちょっと変なデジタルカメラを見つけました。
大概はIXYやEXILIM、FinePixの小型機種ばかりなのが
ジャンクカゴの定番なのですが、たまにこんな見たことのないカメラがあるから
見逃せない。
2014blog-3730.jpgその名はDIMAGE F300。

前回入手したデジタル現場監督が中身リコーという感じだったのですが
これもそうなのでしょうか?後々調べてみましょう。
2014blog-3724.jpgんー、ディスプレイ横のボタンなどがリコーっぽいのですが

因みに、濃いグレーの部分が加水分解?していてベッタベタです…
これ、ベタベタを除去すると文字も消えてしまうのですよね
2014blog-3725.jpg電池は単3、他にもリチウム電池(充電できないアレですね)が
使用できる模様。

記録メディアはSDカード。これは嬉しい
2014blog-3726.jpg軍艦部には液晶モニターもあるので、モニターを消しての

省エネ運用も可能、金属ボディはそれなりの質感を感じさせます。
2014blog-3727.jpgそれではテスト。

起動ができました。
2014blog-3728.jpgレンズはここまでニョキニョキ伸びます。
2014blog-3729.jpgシャッターボタンはモードダイヤルの中心にあります。

これが電源ボタンと似ていてまぎらわしい…仕事で使ってるのが
CaplioのGシリーズなので…
2014blog-3731.jpgMINOLTA GT LENS

7.8-23.4mm 1:2.8-4.7
2014blog-3732.jpgそれにしてもだ、この部分もベッタベタ。どうしよう…

あんまり触る気になれません。
2014blog-3719.jpg撮ってみる。

暗い部屋ではシャッター速度が稼げませんでした。
また明るい場所で撮ってみましょう
 
  1. 2014/10/07(火) 00:23:55|
  2. カメラ-コンデジ

防水耐衝撃カメラが我が家に2つやって来た…のですが 4 駄目だった…

2014blog-3222.jpgフレキケーブルを拭いて、挿しなおしてからリトライ

…あれ、なんだか液晶が荒れています
2014blog-3223.jpgたまにこのように白くちらついて乱れてしまいます。

どうなってんだこりゃ
2014blog-3224.jpg仕方ない。バラしたくないのですがバラします
2014blog-3225.jpgCCDのところまでバラします。

このカメラでは結構簡単。
2014blog-3226.jpgこれがCCD。特に見た目に異常はありません。

当たり前か
2014blog-3227.jpgまた組み直します。

これでふと治ってくれたらいいんですけど…
2014blog-3229.jpgそれでは、組み上げます。
2014blog-3228.jpgどうかなぁ
2014blog-3230.jpg撮ってみる

ああ、なんだかノイズが…
2014blog-3231.jpg明るいものを撮ってみます。
だめだこりゃ。もう諦めます。

ドフにはまだ数台同機種が転がっていて、こっそり電池を入れて
テストしてみたら綺麗に写ったジャンクもあるのですが…

そこまでして直すものでもなかろうというのが只今の見解。
2014blog-2713.jpgさて、デジタル現場監督はその防水防塵耐衝撃仕様を活かして
屋外での作業時の記録に使ってみました。

が、まぁ動作が緩慢なのは仕方ないとして、
単3充電池だと15~20枚撮ったらレンズが引っ込んでしまうのです。
専用充電池じゃないと駄目なのでしょうか…我が屋敷に余っていた充電池セットは
Caplio 500Gを使用している職場に寄贈してしまったのです。
2014blog-2690.jpgマクロ。そこそこ寄れます。赤っぽい発色も悪くない。

そのうち充電池が手に入れば、実用になるのでしょう…か?
 
  1. 2014/09/19(金) 00:16:45|
  2. カメラ-コンデジ

防水耐衝撃カメラが我が家に2つやって来た…のですが 3

2014blog-3212.jpgさて、このBIG JOB HD-10なのですが、

なんだかおかしいんですよ。
2014blog-3213.jpg明るいものを撮ってみます。
2014blog-3483.jpgこれ。駄目ですよね、CCDとかその辺り…
2014blog-3214.jpg更に色々触って撮ってみますが、
2014blog-3484.jpg変なヨコシマが入ってしまいます。

HD-10は一番外装が綺麗な個体を選んだのですが、
ハズレだったようです…
2014blog-3215.jpg仕方ない、分解してみましょう。
2014blog-3216.jpgとりあえず、見えるネジを緩めてゴソゴソしていると

外装は普通に分解できる様子。
2014blog-3217.jpgうわー…三叉ネジです。

当方はDS用のドライバーでなんとか。
2014blog-3218.jpg化粧カバーが外れました。

なんだこのマーキングは
2014blog-3219.jpgパックリ別れました。フラットケーブルを外せば、2分割できそう
2014blog-3220.jpgこの辺り、触るとき気をつけてください…
今迄バラしていたキヤノンのカメラなどでは結構こういった回路が
保護・隠蔽された設計がなされていて
大概の箇所は触っても大丈夫なのですが、これは剥き出しだったようで…

そう、フラッシュの為に蓄電されていた回路に指が当たってですね…
You は Shock!!!!!!!!!!!!!!!!
2014blog-3221.jpg…死ぬかと思った…というのは大げさで、
電灯線(100V)に毛が生えたようなショックが一瞬きます。
もう二度と富士フイルムのカメラはバラさないようにします…

やたら端子数の多いケーブル、これがCCDに行っている様子。
こういうのがただ導通不良なだけならいいのですが…
 
  1. 2014/09/18(木) 00:12:06|
  2. カメラ-コンデジ

防水耐衝撃カメラが我が家に2つやって来た…のですが 2

2014blog-3197.jpgマジックリンと歯ブラシでガシガシ洗います。

この手合いの防水規格はあくまでも「水深何mに何分漬けても浸水しない」
といった条件によるものなので、あまりこういった薬品に浸すのは
あまりお薦めできませんが…
2014blog-3198.jpg職場でも使用しているこの手合いですが、下水漬けになってしまう
ケースも多々ありますので、当方は洗剤などでよく洗ってから
事務所に持ち込んだりするようにしていました。
2014blog-3199.jpg綺麗さっぱりですね。それでも使い込んだ傷は消えはしませんが、

それはそれ、現場で頑張ってきた勲章なんです
2014blog-3200.jpgさて、BIG JOB HD-1をテストするためには、xDピクチャーカードが必要です。

もう…手頃な容量で安いのがなかったので、1GBの高速タイプを
送料の安い物件で購入しました。うーむ
2014blog-3201.jpgサイズはminiSDよりちょっとだけ大きい感じです。

そして、我が屋敷にはこれを読み書きできるカードリーダーが…
あ、調べたらあったのですが、使えないものもあったりします。
使用するにおいてのライセンス料が掛かるから、採用していない
機種もあるんだそうです
2014blog-3202.jpg今やメモリーカードのデファクトスタンダードとなったSDカードと。

独自規格に拘っていた各社も、そしてCFを使用していた
一眼レフカメラも近頃はSDカード化が進んでいます。
2014blog-3203.jpg端子の数は非常に多いです。

スマメの延長線上にある規格だからとのことですが…
2014blog-3204.jpgさて、早速BIG JOBことHD-1に挿入してみましょう。

1GBもあったら何枚撮れるんだ…
2014blog-3205.jpgパッキン構造は非常に強靭で、

フタを開けるとパコっと音がします…凄い
2014blog-3206.jpgエネループとxDカードで準備完了!!
2014blog-3207.jpgそして当然のように日付がリセットされています。
2014blog-3208.jpg十字キー?でスマートに入力。

思えばこれ、2ヶ月前に行った作業なのですね
2014blog-3209.jpg側の蓋にはDCジャックとUSBと映像出力を兼ねた端子が。

このコネクタ、変態規格なんですよね
2014blog-3210.jpg当方はテクノランドで大量に放出されていた頃に大概の種類のケーブルを
Getしていますのでこういった状況には安泰です。

ですが、ニコンの丸端子は持ってなかったんですよね。
2014blog-3211.jpgパソコンのUSBポートにつなぐと、ちゃんと
カードリーダーモードになってくれるんです!!

これは賢い!!ってそりゃ素直にマスストレージモードになってくれると
世界のどこに居ても、それに対応した機器があればデータのやり取りが
できるってことですから。
 
  1. 2014/09/17(水) 00:15:41|
  2. カメラ-コンデジ

防水耐衝撃カメラが我が家に2つやって来た…のですが

2014blog-3182.jpgある日。定例のハドフ巡回ですよ。
大概は奥のジャンクコーナーなのはハードオフ泉南店が開店してから
一貫してこのスタイルなのです。思えばこの店、もう10年以上経つんだなぁ…

で、ジャンク青箱の中にいつもとは毛色の違うカメラが放り込まれています。
ぱっと見で良さそうなのを確保。たくさんあったので、企業のリース落ちでしょうか
2014blog-3183.jpgグレーのカメラはコニカミノルタの現場監督シリーズを受け継いだモデルらしい

が、まんま会社で使っているリコーのGシリーズじゃないか…
2014blog-3184.jpgCaplio 400Gがそれに当たる模様。
UIなども当然、まんまリコーなのですが、
決定キーが画面ではOKと書かれていたりで
ちょっと粗さが残る仕上がり。
2014blog-3185.jpgCaplioでは緑だったボタンは黄色くなっています。

その他はまんまと考えて良い様子
2014blog-3186.jpgあとひとつ、これは富士フイルムの”BIG JOB”という
やたらやる気が満ち溢れているカメラ。
以前あったこの手合いのカメラはベースモデルがあったようですが
これはそれに値するものが見つかりませんでした。
2014blog-3187.jpg背面。防水ゆえにボタンもゴムゴムしいもの。
液晶は小さいです。発売は平成15(2003)年。
 (F)キーが実装されているので、世代的にはFinePix F410の頃ですか。

思い出した…そのF410の直前モデルことFinePix F401、当時欲しかったんんですよね。
ちょっとしたスナップを撮るのに良い大きさだなぁ…と。

その役目は、PowerShot S90(未だ記事にできていない)で
当時より高い次元で達成ができるようになりました。
2014blog-3188.jpgFinePix F401は、その後ジャンクで大量に出回ることとなり、
実際にきれいな個体を入手するに至ったのですが、
まぁ、その…普通の古くて小さいコンデジでありました。
定番のキャパシタ劣化で、カレンダーを記憶してくれない困ったちゃんでした。
2014blog-3189.jpg底面。防水仕様のごっつい蓋には…

嗚呼…きちゃったよ…我が屋敷でも未踏のメディア、

xD-Picture Cardだよ!!!!!!!!!!!!
2014blog-3190.jpg電池は単3二本。これはお仕事カメラでは必須の機能ですね。

そして困ったちゃんなxD-Pictureスロット。
これ、何か他のメディアを変換できるアダプタはないかと探したのですが、
オリンパスでしか使えない、更に機能制限のある
MicroSD→xD-Picture変換アダプタがあるそうだ…
2014blog-3191.jpg電源ON。動作はちゃんとしているようだ。
2014blog-3192.jpgこれがFキーで可能な設定だ!!

…うーむ、普通だ
2014blog-3193.jpg続いて、デジタル現場監督 DG-4Wを見てみましょう。
ここもRICOHと一緒。単3電池も専用充電池も使える
デュアルスロット仕様。これは良くできてますね
2014blog-3194.jpg電源投入・撮影。

普通に使えますが、動作が緩慢なのは職場のものと一緒。
2014blog-3195.jpgとりあえずだ、使えるのはわかったのですが、

現役の時に重ねた汚れが積み重なっているので…
2014blog-3196.jpg洗面所に移動します。

いやー、水洗いできるカメラっていいですね
 
  1. 2014/09/16(火) 22:00:35|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot Pro1が更に変態に テレコンバーターTC-DC58A

2014blog-1331.jpg        当方の持つコンデジ、所謂デジタルカメラの中で
それがフラッグシップにふさわしいか?
どのモデルにもそれぞれの個性を持っていて、操作性、スタイリング、
そして描写にもそれぞれの持ち味があるのですが、ただ凄い、
更によく写るなどといった部分を見ると…やはりPowerShot Pro1でしょうか
PowerShotでも、たまにこういった変態が出てくるから凄いですよね…
G1Xシリーズとかもそうでしょうか
2014blog-1332.jpgさて、携行性もなかなか、操作は鈍重、液晶モニタは最低限という
10年以上前のPowerShot Pro1にまた使うかどうかわからないものを
奢ってみました。
2014blog-1333.jpgその名をTC-DC58Aというそれ、純正の後付けテレコンバーターです。

まぁ、要は望遠端のズーム倍率をさらに向上させるための追加レンズの
ようなもの…ということで
2014blog-1334.jpg開梱。

あれ…結構でかくない??
2014blog-1335.jpg巾着袋も付いてきました

…が、これ、やっぱり思っいたよりでかいです
2014blog-1336.jpgうん、思ったよりでかい。

筐体は金属製、レンズキャップは、コンバージョンレンズにありがちな
ただ被せるだけの蓋。
2014blog-1337.jpgPowerShot G2純正のワイドコンバーター、WC-DC58と並べる。

このワイコンも大概デカいと思っていたのですが、それをまた上回るでかさ…
なんだかとんでもないものを買ってしまったようだ…
2014blog-1338.jpgテレコンバーターだけではPro1にはくっつきません。
これにさらにアダプタとなるLA-DC58Cが付いてきます。
この辺りのパーツ専用設計なので、似たような型番のものを流用することは
できません。

ちなみにこのアダプタですが、三脚座が付いています。よほど前荷になる様子。
2014blog-1339.jpgそれでは装着してみます。まずはPro1のレンズ先端にある化粧カバーを

捻って外します。
2014blog-1340.jpgLA-DC58Cを装着。バヨネットのようになっているので

脱着に掛かる時間はは比較的少ないです。
2014blog-1341.jpg完成

…ってめっちゃ巨大化してますやん!!こりゃ人の多い撮影スポットなんかだと
間違いなく変態扱いされます。今や一眼やミラーレスが当たり前の時代。
その中にえらく型遅れで、やたら長いレンズの付いた…よくわかんないカメラ。

だが、それがいい!!
2014blog-1342.jpgG2用のワイコンも付けてみましたが、やはり付くだけといった感じで

実用にはなりませんでした。
2014blog-1343.jpgこのようにワイド端ですと、筒の中から外を見ているようです。
2014blog-1344.jpgこのLA-DC58Cは2分割できて、短い状態で
ワイコンを付けるのが正解と思われますが、

テレ端までズームすると…確実に当たります…
2014blog-1345.jpgそれにしてもでっかい前玉です。
倍率は1.5倍になり、35mm換算で200mmだったテレ端が
300mm相当になるということです。これは是非、箱の浦の
いつものところで試してみたいですね
2014blog-1346.jpgで、LA-DC58Cを付けたままだと巾着袋は締まりません。
なんだこりゃ、TC-DC58Aは装着時にアダプタが必須なので
それも入るような袋にしてくれたら良かったのに…

さて、また天気の良い休みに撮影テストですね。
 
  1. 2014/04/29(火) 00:56:44|
  2. カメラ-コンデジ

なぜかEye-Fiカードが付いてくるお得本"カワイイ”をシェアする写真術 入手しました

2014blog-1094.jpgこの本の存在を知ったのは、2chにおける、当方が使っている一眼レフのスレッド。
液晶が小さくてプレビューが難しいこの機種ゆえの悩みを、何故かこの本で解消できる
…らしい。

調べてみると、この本、内容は女子カメラ入門書のようなものなのですが、
付録がありえないようなものらしく…
2014blog-1095.jpgdocomo向けにデリバリーされているEye-Fiカードが付録で付いてくるのです。
で、価格がEye-Fiカードを単体で買うより安い(税込み1,944円)という、
なんだかよくわからない状況になっていまして…

故に、アマゾンさんではすぐに在庫が払底し、今はマーケットプレイスでボッタクリ値でしか
流通していない様子。

それにしても、分厚い本です。探される際はすぐにみつかるでしょう。
2014blog-1096.jpgで、当方も是非入手…と思ったのですが、都会の本屋の在庫検索ではサッパリ
出てこずでして…で、ある夜勤明けのある日、思い立って難波(湊町)のジュ○ク堂へ。
在庫を検索できる端末機で、カワイイヲシェアと打つと…2冊あるらしい。お、やった!!と
書棚を探すも見つからず。結構女子向けのカメラ本ってあるんだなぁ…

今度は端末で詳細を印字して(そういうことができる)おねえさんに聞いてみます。
「あー、その本もう無いんですよ…今ある分も取り置きでして…」
2014blog-1097.jpgもし、ジュ○ク堂爆破事件や立てこもり事件があったら、犯人は私と思っていてください…
なんたる辱めよ!!40近いおっさんが恥辱を覚悟で”カワイイをシェアする写真術”の行方を
尋ねたというのに!!2冊の在庫に希望を託していたのに!!

で、結局ジ。ンク堂梅田茶屋町には多数在庫あり、千日前店にも1冊あるということで
一縷の望みを託して訪れてみたところ、最後の一冊を入手することができました。
2014blog-1098.jpgで、この本の分厚い部分は、その殆どがEye-Fiカードを収める箱の為に
割かれていた様子。結構かさばりますので、荷物の少ない日に買って帰りましょう。

開梱すると、このように紐付けIDが書かれたカードと、4GBのEye-Fiカードが
収まっています。
2014blog-1099.jpgdocomo用のカードなので、Playストアでそれ用のアプリを落としてきて、
認証させるだけのようです。

ちなみに、調べてみたところ…他キャリアのものやiPhoneでもやり方しだいで
紐付けは可能なようです。
2014blog-1100.jpg
それでは、アプリを落とします。

ちなみに…屋外です。場所は住之江公園です。歓送迎会までの暇つぶしに
怪しいおっさんがベンチでチマチマと写真を撮りながら作業しています。
2014blog-1102.jpgアプリを起動。

簡単に設定できるよう、チュートリアル形式になっています。
2014blog-1103.jpgカードの裏に書かれている数字を打ち込んで…
2014blog-1104.jpgアドレス(Gmail推奨)と

パスワードを入力。

これだけでOKです。非常にイージー。
2014blog-1106.jpgそれでは、手持ちのカメラのカードを交換。

容量は半分になりましたが、楽しみは2倍です!!
2014blog-1107.jpgちなみに、付録のEye-FiカードはSDHCになるので、当方が所有している

古いデジタルカメラのSDカード機では使うことは不可能でしょう。
一応、Eye-Fiには2GBのものも存在するので、これを使うしかないか
2014blog-1109.jpg電話のWi-FiをONにしておき、待機状態に。
2014blog-1108.jpg写真を撮る。
2014blog-1105.jpg
少々のタイムラグを経て、電話と紐付けされて

画像が送られてきます。おお、これはすごい
2014blog-1101.jpg
画像は、新しく作られた”EYEFIRCV”フォルダに収納されます。

うむ、この画像…モザイクかけてもオボちゃんが判別できる…
ちょっとおもちゃにさせていただきました。
2014blog-1110.jpgさて、付録の方ばかり取り上げて、本体である冊子のことを書いていませんでした…

アマゾンさんのレビューを見ると、本の内容などどうでもいいとか、読む必要は全くないなど
大概酷いことが書かれています。
いや、あくまでもEye-Fiはおまけで、母体は本なんだ、ちゃんと読まないと。読まないと…

うーむ…おっさんにとって読破はちょっと辛い。女の子がカメラ女子を目指し、付録のEye-Fiを活用して、
楽しい写真ライフをシェアする本なのです。こんなおっさんが買ってしまったことにおける
罪悪感が…
2014blog-1111.jpg表紙の女性は田中美保さんというモデルさんでして、
屋敷にて当方がこの記事を書いている際のサムネイルで奥さんが気付いて
驚いてしまいました。ショートヘアのセンスが良くて昔からお気に入りだったそうな。

曰く、この本を読めばカメラ女子になれるかなぁ、とのことだ。
ぜひ読んで、色々とカメラのこと、撮影することの楽しみをシェアしたいもんですね。

2014blog-1112.jpg
さて、そろそろ宴の時間です。面白いおみやげネタもできたわけですし
楽しむとしましょう。

住之江公園では白いパンジーとチューリップが咲き乱れていました。
 
  1. 2014/04/12(土) 10:41:09|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot Pro1 掃除後のテスト撮影2 初春のみさき公園へ

2014blog-0730.jpg天気も良く、風もない休日。

どこかに出かけるのも良いですが、私の住む町にはみさき公園があります。
2014blog-0731.jpg数年前に購入した3年間入り放題の年間パス、
毎週毎日入園しても良いものなのですが、

はて、元が取れるくらい入園したかどうか怪しい…

ド平日のこの日、園内のお客さんはまばらで、ちょっとだけ家族連れ、
そして意外やカップルがそこらそこらに…
2014blog-0732.jpg昔は、みさき公園に遊びに行ったカップルは必ず別れるなどという
とんでもないジンクスがありました…が、今考えればなんとも
失礼極まりないですね。シチュエーションより互いの絆というわけで…

今回は表題の通り、PowerShot Pro1を持ちだしました。
2014blog-0733.jpg園内はまだ春を迎える準備のような感じで…

この画像の場所、ツキノワ熊からサル山への坂道ですが、
桜の季節になると良い感じに咲いてくれる木が数本あります。
2014blog-0734.jpg近頃新設された電源ボックス。
ナイトズー用と書かれているので、夏やクリスマスシーズンの夜間営業時に
何らかの照明を点灯させるためのものと思われる。

え、ナイトズー?行ったこと無いんですよ…年パス+追加料金だったら
心惹かれるか…も?
2014blog-0735.jpg小鳥舎のキバタン。近頃、人間の言葉を喋ることができるようになったらしい。

ちょっとの間遊んでいると、確かにコニチワと喋っていました。
2014blog-0736.jpgライオンさんも居ます。トラは昨年亡くなったとの報道がありましたが

普通に居ました…また新しく導入したのでしょうか?
2014blog-0737.jpg写真を撮ってウロウロしていると、カメラ目線…というか

ガン見されています。明らかに
2014blog-0738.jpg動物園の中では特にお気に入りのスポットであるサル山。

奥さんは曰く、ここで観察していると半日潰せそうとのこと…です
2014blog-0739.jpg何時見ても小さい個体が元気に遊びまわっています。
このサル山は常にベビーブームなのでしょうか。

毛づくろいや子作りや、思い思いにコミュニティを形成して
サル達が過ごしています。
2014blog-0741.jpg園内は平日でガラガラ、トラックがまさにそれが日常であるかのように
私達の真横を過ぎ去っていきます。

餌でも積んでいるのでしょうか?
2014blog-0742.jpgカピバラさん。

こういった望遠で近くのものを撮ると、Pro1のレンズが
本気を出す傾向にあるようで…毛並みまでカッチリわかります。

しかしこれ、ネズミの仲間なんだ…でかい
2014blog-0743.jpg戯れるカンガルー。

逆光でもまぁそれなりに見れるのは、コーティングが良いのか
う~ん、やっぱLレンズだからか?

Lを名乗るなりの性能は持ち合わせている模様。
2014blog-0744.jpgミーアキャット。

数匹いるうちの1匹がものすごくサービス精神旺盛で、
このように近くに寄って来て直立します。
うーん、面白い顔ですね
2014blog-0745.jpgグリーンイグアナ。ガラス越しに撮ってみます。

うわー、やっぱりこういうシチュエーションだと描写力がグッと増します。
鱗がクッキリ
2014blog-0746.jpgさて、そろそろ日も傾き始める頃合い、帰るとしますか。

程よい地形の起伏と、愛らしい動物、車は走ってこないのでこうやって
ちょっとした散歩や運動に丁度良いみさき公園。

もっと年パス活用しないとなぁ
2014blog-0747.jpgリャマさんは夕方のお食事タイムです。

Androidスマートフォン向けのロケーションアプリ(基地局の判別で機能の入切りや…詳しくは検索して)で
同様の名前のもの(Llama)がありまして、これが結構便利で重宝しているのですが
Llamaの実態はこんな動物なんですよね
2014blog-0748.jpg今回はPowerShot Pro1のテストでしたが、動物の瞬間を切り取るには
やはり古くても一眼レフデジタルカメラの方が数段有利なようです…
液晶で撮れるのでノーファインダーがでk…

今の一眼レフって…そうか、ライブビューできるんだったか
 
  1. 2014/03/15(土) 00:52:03|
  2. カメラ-コンデジ

FinePix6900Z 試し撮り、そして屋外へ

2014blog-0470.jpgそれでは、ファーストショット。

兄弟機のFinePix4900Zです。
2014blog-0471.jpgマクロで未着手のPowerShot A640を。

ピシっとピントが合ってます
2014blog-0472.jpg10月のある日。奥さんと奥さんの母親を連れて
岸和田にある農業公園こと愛彩ランドにやって来ました。

野菜が安く、憩える公園があって、更に…
2014blog-0473.jpgバイキングスタイルで自然食材の料理が楽しめる
レストランもあります。
故に、暖かい晴れた休日であるこの日はかなりの人出。

いやー、それにしても赤みの強さはこの頃のハニカムCCD機だなぁと思っていたら
2014blog-0474.jpgWBが電球になっていました…

修正してもう一枚。
人間をボカすのがいい加減面倒になってきました。
いつまでもWindows98時代のPhotoshopをこき使っているからか…
今のやつなんかはもっと楽にレタッチできるのでしょうか?
2014blog-0475.jpgまだまだ紅葉にはほど遠い。

遠景のボケを楽しむためにテレ端で1枚。
2014blog-0476.jpgそれでは、予約していたバイキングレストランへと。
2014blog-0477.jpgゴールデンたぬきとゴールデンカエルが出迎えてくれます。
2014blog-0478.jpg適当に色々見繕いますが、やはりこういった
盛り付けは苦手なのかあまり美しくない。

こういうのは奥さんの方がさすがに数枚上手です。
2014blog-0479.jpgこのカメラ、当然ですが縦横検出はできません。
この画像も、頑張って縦構図で撮っているのですが
そのまま縮小してアップロードしたら
見事に真横のまま。しかたがないのでPhotoshopで修正して再アップ。

それにしても、この日は穏やかないい天気の1日でした。
2014blog-0480.jpgたらふくバイキングで食べまくり、
更にたんまり野菜を買い込んだ後に、奥さんの実家へ。

カメラの試し撮りなのか、何なのかよくわかりませんが、
やはりオールドコンデジは晴れの日に最高の性能が発揮できることが
実証されました。
2013blog-3458.jpgで、これが曇りの日のショット。

やはり全体的に赤っぽい。
2013blog-3391.jpg屋内でギラギラしたものを撮影。

やはり赤っぽい、そしてちょっと緑かかっていますね。
これを味と取るには、まだまだ早いような気もします。
2013blog-3050.jpgそして駅撮り。

この時はテレコンを装着していたはず(多分)
どうもこういった中途半端な距離のものを撮るのが苦手なようで
4900Z共々、全体的に眠い絵になる傾向にあるような。
 
  1. 2014/02/18(火) 00:15:54|
  2. カメラ-コンデジ

我が屋敷にFinePix6900Zが…やって来ていた

2014blog-0452.jpgこれ、入手したのは2013年の10月なんです…
いつまでもネタを放っておいても、熟成されたりするわけではないので、
記事に書き起こしましょう。

いつも、でもなくなった日本橋散策。恵美須町側には滅多に行かなくなってしまいましたが、
この日は会議があったので、時間を潰さないといけない。南端まで歩いて、
堺筋線で堺筋本町に向かうプラン。PC NETの大阪日本橋店に立ち寄る。
2014blog-0453.jpgこの頃は、まだデジカメジャンクカゴがありまして、色々(狩られた残りを)漁っていたところ、
ジャンクカゴの横にある箱入りカメラに興味深い型番が!!

お、これFinePixの6900Zじゃないですか!!そして箱入りということは色んなムフフ付属品も
期待できるんじゃ?と確保。レジで購入することを前提として状態を確認させてもらいました。
ざっと見て、綺麗に使われていた感じなので購入。980円でした
2014blog-0454.jpg開梱。
オプションだったUSBケーブルが付いています。
4900Zを使用していた頃、その頃はFDD!!にスマメを挿して、それをPCに読み込ませるという
作法を行っていたのですが、スマメの特性としてカメラなどの機器本体にコントローラーを持つ故に、
抜き差しの具合でデータが吹っ飛ぶという最悪の事態が発生するのです。
それを避けるために、スマメは内蔵ストレージという考え方にして、USBケーブルで
PCとの通信をさせるようにするため、その頃は汎用品として入手できなかった
特殊な角型コネクタを持つケーブルを部品扱いで購入したのです。
2014blog-0455.jpgしかし、その頃使用していたPCはWindows98SE。USBはサポートされていましたが、
プラグアンドプレイは夢物語、各々のドライバをインストールしてようやくその機器が
使用できるといったものでした。米国FUJIFILMのサイトからドライバをダウンロードし、
それでようやくファイル転送ができるようになったことを…これを書きながら思い出してしまいました。

画像は…茶筒のようなフィルターアダプタ。これで沈胴式の弱点である埃を
シャットアウトしていたのでしょう。前オーナーの愛情が伝わってきます。
2014blog-0456.jpgバッテリーは互換品でした。
何にしても、純正のNP-80が持ちの悪いバッテリで
苦悩したものでした。そして寿命もさほど長くなかった印象が…
いや、それほど派手に使い込んでいたということなのでしょうか。
2014blog-0457.jpgとりあえず、充電してみましょう。

見てください!!これ、NP-80用の純正充電器です。
嬉しいおまけです!!

が、これ、既に持ってるんですよね。現役時代に欲しかった…
2014blog-0458.jpgで、スマメは?スマメは?

当然の如く、入っていませんでした。
そりゃそうか、中途半端な容量でも、結構高値で売れますから
2014blog-0459.jpg手持ちの128MBを挿入。

これは余談なのですが(このBlog自体がが余談か)、先日見掛けた世界の職業比較番組で
日本のタクシードライバーを紹介する場面で…業務機器のリーダーに使用するメモリが
そう、スマートメディアだったのです。この2014年、未だに現役最前線でスマートメディアが
使用されていることに驚愕してしまいました…が、もうスマートメディアの補修部品としての
供給も終了したはずですし、どうするのでしょうか?
2014blog-0460.jpg特殊なUSBケーブル。FinePix以外では使用できる場面を見たことがありません。

miniBやMicroがほぼデファクトスタンダードと化した今では
よくわかんないコネクタは色々不便なのですが…
2014blog-0461.jpg当時としても驚異的だった、コンパクトボディに大目玉。
F2.8-3.1と非常に明るいレンズ。これは下位?先代?機種の4900Zと共通です。
いやー、今見ても惚れ惚れしますね。
2014blog-0462.jpgそれではチェック開始。
カレンダーなどを保持する電池?キャパシタ?は
もうアテにはならないでしょう。
2014blog-0463.jpgひと通り撮ってみましたが、何ら問題はない様子。
2014blog-0464.jpg4900Zと並べて。シルバーボディの4900Zに対して黒光りしている6900Zは

ドラクエの色違いモンスター、モンハンの亜種のようで集める楽しみMAXです。
2014blog-0465.jpgこの2機、UIなんかも色々と変更されているんです。
2014blog-0466.jpgこれは6900ZのISO感度調整。

控えめな大きさのフォント、色使いも落ち着いた感じ
2014blog-0467.jpgこれが4900Z。対してものすごい主張です。

当方としてはこちらを先に知っているわけですが、
うーん、6900Zの方が良いかな
2014blog-0468.jpg6900Z。

画素数はピクセルの総数の値で、1行表示です
2014blog-0469.jpg4900Z。
こちらは長辺のピクセルの値を2行で表示(2400×1800)

まぁ、この辺りは普通に使ってればすぐに慣れてしまうもので、
要はどうでもいい箇所というわけです。

さぁ、次回はちょっと撮ってみましょう。
 
  1. 2014/02/17(月) 00:33:12|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot Pro1 掃除後のテスト撮影

2014blog-0177.jpgさて、先日前玉をバラすという禁じ手を使ってまで汚れを除去した
私のPowerShot Pro1。

やっぱキメたあとは鉄撮りでしょうということで…
2014blog-0411.jpg夜勤明け。福島駅にやってきました。
環状線駅撮りではよく見掛ける駅なのですが、
光線状態がよくありません。夏向けの撮影地のようです。
2014blog-0412.jpg201系が接近します。
これは暫く残りそうなので、103系をできれば撮っておきたいのですが…

とはいっても贅沢言ってはいけません。東京ではもう乗れない電車なんですし
2014blog-0413.jpg明るくなったり、暗くなったりで
画像のようにやたらアンダー気味になったりします。

このPro1というカメラ、相当ピーキーな印象を受けます。
それだけ使い手への要求が多いのでしょうか
(いや、私の腕の問題ということはわかっているのですが)
2014blog-0414.jpgほどなく前頭が陰ってきたので、場所を移します。
環状線の撮影名所といえば、桜ノ宮でしょう!!
橋梁を渡ってくる列車を綺麗に抜いて激写しましょう!!

ってなんなんだこれはーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
柵ができてるじゃないかーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
2014blog-0415.jpg撮ってみる。
USJ車の環状線運用ってあるんですね(無知)

どうしても柵が入り込んでしまうのと、あの橋梁だけを構図には
入れることができなくなってしまいました。これは残念ですが、
この場所、ネタ列車が走ってきたら明らかに危険なので
致し方ないのでしょう。
2014blog-0416.jpg221系も更新された車両が増えてきました。
構体までひん剥いて行う大掛かりな作業の割には
かなりのピッチで増殖している感があります。

環状線には新型車両の導入と駅のリニューアルによる魅力アップなどが施されると
公式にアナウンスたわけですが、このような光景、いつまで見れるのでしょうか。
2014blog-0417.jpg223系。225系含めて阪和線系統ではものすごい世帯になってしまい
昼間の鳳以南ではこれしか来ないという信じられない事態になってしまいました。
103系が元気なうちにもっと撮っておくべきだったと後悔するも後の祭り。

シルバー一色塗りのフロントマスクが魅力的です。
2014blog-0418.jpgこの駅は、外回りが到着してからほどなく内回りが来るという
撮影において被られることが殆ど無いという好条件なダイヤ。

まぁ構図がゴチャゴチャするので軽い駅撮りにしか向かないわけですが…
ようやく103系がやってきました。もう前面も陰ってしまい、なんだか今日の
寒中撮影は失敗に終わりそうです。まぁカメラのテストですし(言い訳)
2014blog-0419.jpg環状線も高運転台車しか居なくなって寂しい限り。

ここの生え抜きであり、数的にもまさに環状線のヌシであった
新製冷房車とカテゴライズされる豚鼻ヘッドライト・ユニット窓・低運転台のグループは
奈良線や阪和線に移動してしまいました。
2014blog-0420.jpg221系。

車体更新がなされていない車両は今後減少するので
今のうちに撮っておきましょう。更新車はちょっと賑やかな感じになったので…
どちらかと言うと、この落ち着いた顔つきこそが221系という印象です。
2014blog-0421.jpg桜ノ宮駅のそばにある鉄道遺構。
関西鉄道桜ノ宮線の遺構とのことですが…

調べてみると、こんな路線が存在していたなんて。
2014blog-0422.jpgいやー、遺構にはロマンがあるなぁ…

失われたものだけに、余計に想像妄想力が
膨らんでしまいます。
2014blog-0423.jpg最後に、103系がやってきたのでもう一枚。

今度は、光線状態の良い時に真面目に撮りましょう。
カメラ自体には大きな問題は無さそうです。良かった良かった
 
  1. 2014/02/12(水) 00:32:03|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot G5 2号機 連れ出します

2014blog-0360.jpgさぁ、PowerShot G5を持ってお出かけです。
本日は…奥さんの厄祓いという名目で
清荒神にやってきました。
2014blog-0359.jpgここの駐車場は、チャリンコ置き場のように
斜めに車を入れるのが特徴でして…
よくバックでボカーンをやらかしてしまっている人を見掛けてしまうわけですが…
当方は軽自動車のスペースに案内されてしまいました。

横にはJB23が。そろそろ新型の足音が聞こえてくる頃かとも言われていますが
どうなることやら。
2014blog-0361.jpg…人を消すのが面倒…です

曇天かつ開放で撮ると、どうしてもパープルフリンジが出てしまいます。
2014blog-0362.jpg狛犬。

ここで気がついたのですが、カラー設定が「くっきりカラー」になっていまして
ちょっと色味がキツイかもしれません。
2014blog-0363.jpg…人を取るのが面倒になってきました。

もうバッサリ囲ってしましょう…
2014blog-0364.jpg当方は今年で齢36、まだまだ厄年は先のことですが

いつかはここでお箸を買わないといけないことになるのでしょうか。
2014blog-0365.jpg近くのものをズームで撮ると…

うむ、良い感じで後ろがボケた。
シャープさは当方の1号機の方が良いかも。
でもよく写ってますね、良いジャンクです
2014blog-0366.jpg階段を降りて、びんずるさんをサスサスして
2014blog-0367.jpg南天があったのでマクロ撮影。

くっきりカラーなのでとってもビビッド。
2014blog-0368.jpg池の鯉。
ものすごい数です。そしてめちゃくちゃ大きいのが混ざってます。
こういったカメラで撮るのが苦手そうなものでも、それなりに
写してくれます。
2014blog-0369.jpg水を掛けるタイプの観音様(でいいのか?)

これがまた水槽から微妙な距離に離れてまして、
頭まで豪勢にぶっ掛けようとして、他の参拝客の方に
おもいっきり水を掛けてしまうことがよくある(私もやってしまった)のです。
これもまた、パーフリが盛大に出ていますね…
綺麗に撮るなら、晴れの日専用にするのが良いカメラなのでしょうか。

いや、それでも化石のようなコンデジで撮るから面白いんだ、
また他のコンデジも連れ出して遊びましょう。
 
  1. 2014/02/09(日) 00:51:06|
  2. カメラ-コンデジ

Powershot G5が我が屋敷にやってきた

2014blog-0349.jpgああ、困ったことに
近頃オークションで「PowerShot」で検索してしまうことが多くて…
通勤での移動時間が非常に多く、確実に着席できるので、色々と暇つぶしができてしまう
環境がバッチリ整っているからでしょうか。スマホは偉大です。

さて、今回落札しちゃった物件は…
2014blog-0350.jpgこの黒くて角ばったシルエット…
2014blog-0351.jpgPowerShot G5です!!

ジャンク900円、傷有り未チェック品。
2014blog-0352.jpgえ、お前G5持ってるだろって?
まぁなんだ、…そう、予備ですよ予備。

私をオールドコンデジ沼へと引き込んだ張本人もとい張本機です。
左の個体がそれですね。近頃でもたまに連れ出します。
2014blog-0353.jpg傷有り打痕有りとのことでしたが

筐体は至って上々。
2014blog-0354.jpgレンズ。あのコンデジとは思えない描写は
このレンズから生み出されます。

カビや傷、コーティングの剥がれは無い模様。
2014blog-0355.jpg何にしても、有り物で起動確認ができるのが嬉しいところ。
CFとBP-511Aは鉄板ですね

それではチェックを開始します。
2014blog-0356.jpg異音なくレンズは繰り出し、チャララポンと起動音が鳴ったのち、

日付設定の画面が。ここまではキヤノンコンデジの勝利コース。
2014blog-0357.jpg設定をひと通り整えて、撮ってみる。

なんだ普通に撮れてるぞ…完動品じゃないのか?
うむ、完動品でした。

唯一、バッテリーを抜くと日付がリセットしてしまうことでしょうか。
あのリチウム二次電池はどこかで買えないのか??
2014blog-0358.jpg変に壊れてるより、こういった素直に動く個体が
ありがたく思えるようになりました。それもまぁ、
今後紹介することになるであろうPowerShot S90の沼で
苦しんでしまったことによるものなのでしょうか…

次回は、実際に持ち出して楽しみましょう。
 
  1. 2014/02/08(土) 22:46:27|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot A650ISが我が屋敷にやってきた

2014blog-0332.jpg結構な頻度で、アクセス解析を見ています。
特に面白いのは、検索エンジンのワードを逆引きできる機能。
どういった文言で、このBlogに皆様が来られたかがよくわかります。

特に多いのは、Woooのコンデンサ関係とJazzの電装(12にするやつです)
皆様、結構悩んでいるようですが、さほど当Blogは役に立たないんですよね
2014blog-0333.jpgで、ちょっと気になったこれ。近頃は改善されたようで
docomoの3Gですと普通に通信できるようになりました。
2014blog-0334.jpg今回のブツはこれだ!!
単3コンデジのサラブレッド(大袈裟)PowerShot A650 ISです!!

根強い需要のある(こともなくなりつつあるか)単3電池をパワーソースにする
デジタルカメラの中でも、上位機種を完全に喰ってしまっているという評判の
A650ISが遂に我が屋敷に登場となりました。
2014blog-0335.jpg何にしてもこの辺りが凄い。
普及型単3モデルにも遂にISこと手ぶれ補正が備わって、
更に1/1.7サイズのCCD、そしてこのレンズのスペック…
2014blog-0336.jpgPowerShot G9と数字の上では全く同じなのです。

というか同じモジュール使ってるでしょ?
2014blog-0337.jpgレンズコーティングがG9とは違うような…というレビューがありますが、
当方の節穴だと全く同じに見えてしまいます。

ちなみに、起動速度、レンズがせり出す速度はG9の方がちょっと速い。
ソフトウエアで差をつけているのでしょうか?

映像エンジンはDIGIC IIIで同様のもの。
2014blog-0338.jpgAUTOでおんなじ物を撮ります。
大好物のど飴ことキシリクリスタルのぶどう味。
派手な色なので発色を見れるよ~

あれ、G9より素直な色が出てるような?
2014blog-0339.jpgさて、このA650ISですが、普段はおもちゃとして楽しめないくらいに
とんでもなく高価になるのでずっと落札を見送ることが

…かなり、いやむちゃくちゃあったのですが、今回は相当いい値段で買えました。
その原因なのかどうかはわかりませんが、この個体は液晶に大きな凹みがあります。

いや、凹んでいるのはパネルではなく背面のカバーなので
モニターには不具合は無かったのですが…
2014blog-0340.jpg背面カバーの脱着は思っていた以上に楽でした。
モニタをスイベルさせた際、チラッと見えるネジを緩めて、
カバーの合わせ面に爪を入れると…
2014blog-0341.jpgアッサリ分離完了。

そして凹んだカバーも最適な状態で補修できそうです。
2014blog-0342.jpg見る限り、アルミ合金パネルですね。

中央が凹んでいます。
2014blog-0343.jpgドライバーの背中でゴリゴリ押す。

適当補修ですが…
2014blog-0344.jpgよーし、凹んでいたことがわからなくなるくらいにはなったぞ
2014blog-0345.jpg液晶パネル側。

何やら電池のようなものがあります。
2014blog-0346.jpgこれもまた、交換しやすい場所に設えたのでしょう。
型番はMS614S。PowerShot S30~のように
普通に入手できない電池なのでしょうか。

※そのS30なんかとおんなじリチウム二次電池のようです
2014blog-0348.jpg下の個体は…?

絞りが壊れているPowerShot A640です。
修理も手付かずで、記事にもできていません。

A620に対して液晶は大きくなっていますが、相変わらずのボケボケ液晶です…
A650ISはクッキリ見える良いパネルなのですが、何だったんでしょうか?
2014blog-0347.jpg軍艦部。
A650ISはなんだか妙ちくりんなツートンカラーを身にまとっています。
筐体の質感も、A610~40と比べるとちょっとプラスチッキーになっていてゲンナリしますが、
そんなもっさい外観から上級機を凌ぎかねない性能を発揮する、
そのギャップこそがA650ISの真骨頂なのでしょう。
 
  1. 2014/02/06(木) 23:20:46|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot Pro1 レンズ・前玉内の汚れをなんとかします

2014blog-0172.jpg久方ぶりに、PowerShot Pro1の出番です!
一眼は重いし嵩張る、けどいい写真も撮りたいというときは
これはとっても便利。

で、ニヤニヤしていて眺めると…あれ?レンズ、前玉に変な模様が…
これってカビ?
2014blog-0173.jpgとりあえず、バラしてみます…けど、先日行ったホコリ取りの段階で
前玉は清掃したはずなわけで…

バラしてみましょう。多分…
2014blog-0174.jpgこのPro1の前玉は、2枚構成になっている…のでは??
検索してみる。カットボディでは2枚になって…バラす…のか?

どっちみち、バラさないとどうしようもありません。現状では光量が多いと
もや~っと変な模様が映りこんで、ここ一番の画像で仕上がりに大きな影響が出そうです。

レンズは周辺を樹脂で囲まれて固められています。工具は爪です。カリカリ削ると…
2014blog-0175.jpgパリパリ取れます。※後戻りはできません。当然、お勧めできません
2014blog-0176.jpgPowerShot Pro1は修理などのサポートが切れてしまったそうで、
相場は徐々に下がっている様子。当方が買った頃より数千円は下がっていますね。

80%は削ると、このように前玉がコロリとハズレます。
2014blog-0177.jpg光に当てると…

ああ、これが原因の、おそらくカビでしょう。
思えば、前玉の周辺に収められていた透明の石のようなものは
除湿剤だったのでしょうか。
2014blog-0178.jpgガラスクリーナーでピッカピカに磨き上げると、

コーティングまでは侵食していなかったようで、このように美しい姿に。
2014blog-0179.jpgで、レンズの固定ですが…

当方はハーネス用テープで周囲をグルグル、テープの淵の部分で、
押さえと同じくらいに被せて…
※もっと確実な方法で固定しましょう
2014blog-0180.jpgできました。ちょっと埃が残ってしまいましたね。

これでちゃんと撮れればめっけもんですが、どうなることやら
 
  1. 2014/01/27(月) 00:19:44|
  2. カメラ-コンデジ

読まない書けないSDカードをどうにかしてみます

2014blog-0007.jpg読み書きができなくなったので要らないというSDカードを

いただいてまいりました。
どんなのかなと思っていたら、Panasonicの1GBです!!
これは2GB縛りがあるカメラなどとの相性が良いので嬉しいですね

…というかあれだ、我が屋敷に1GBまでしか認識しないアレがあるじゃないか
2014blog-0008.jpg症状としては、カメラに挿しても読み書きができないというもの。
よく見ると、ロック爪がなくなっています。

それでは殻割り。Wikipediaの項目などにも記述がありますが、
カードロックは内部の電気的な接点によるものではなく、
機器側で爪を検出してロックを検知するものなのです
2014blog-0009.jpgメモリチップはTOSHIBA製。
2014blog-0010.jpgとにかく、物理的な爪を作れば良いわけで…
2014blog-0011.jpgインシュロックを切ったものを、ツメの溝に合うように

カッターナイフで削ります。
2014blog-0012.jpg瞬間接着剤で殻を合わせて…
2014blog-0013.jpgインシュロックを適度な長さに切ります。



これで、読み書きができたら良いのですが…
とりあえず、我が屋敷の数機種で試してみましたが、
無事に使えることがわかりました。
2014blog-0014.jpgまぁ、せっかくPanasonicなんだし、

1GB縛りがあるDMC-LC5で使うことにしましょう。
 
  1. 2014/01/05(日) 00:10:00|
  2. カメラ-コンデジ

微笑みの国タイランドへ・番外編・Kodak DC4800 ZOOMで撮ったタイ

2013blog-2513.jpg旅行というものは、なるだけ荷物は小さくまとめたいもの。

ですが、その中でどうしても欲が出たので
コイツだけはなんとか持ち出しました。
2013blog-2801.jpg「DC4800でタイの景色を撮ってみよう」

というか、荷物になるので、殆ど王宮近辺だけでしか
使えなかったというわけですが、
猛暑の陽射しの中、どういった写りとなるか…
2013blog-2802.jpgこうなります。
ちゃんとハレ切りしましょう。

オプションなのか何なのか、
純正フードがあるのでそれを持っている人なら
それで回避できますが、
当方の個体はもともと本体のみのジャンク。

手で頑張ってみるか。
2013blog-2803.jpg意図的に色の多いもの、濃いものを撮って
発色を楽しんでみます。

撮影モードはダイヤル位置をを5.6にして、マクロにしたり、露出を
落としてみたり…

プレビューはアテにならないので、賭けのような撮影となる。
2013blog-2804.jpgマクロで狛犬?
2013blog-2805.jpg木漏れ日。

左下にゴーストさんが出ています。
2013blog-2806.jpg色鮮やかな旗。
ノイジーはノイジーですが、今こうしてみてみると
楽しい写り方をします。
2013blog-2807.jpg仏塔。

お、空が青い、いいぞいいぞ
2013blog-2808.jpgマクロで手すり。
2013blog-2810.jpgマクロで装飾された壁。

後ろがボケてきれいです
Exifが残っていますので、ビューワを使える環境の方なら
見ることが可能です
2013blog-2809.jpg仏塔をもう一度。
2013blog-2811.jpgマクロといえばお花ということで
睡蓮鉢。

この辺りの画像ですが、当然ながらカメラに
縦横判定が備わっていないので
自分で回転させてからの掲載となります。
2013blog-2812.jpg物が物、時代が時代だけに
撮影レスポンスがもう一つなのは仕方ない。ピントも
本当に合ってるのかどうかわからないので、先程も記したように
博打カメラとなるのです。

うむ。メインには当然む向きませんが、サブには最高ですね。
2013blog-2813.jpg最終日の支度の間に
ホテルから撮ったもの。

空の青さが尋常ではありません。


ですが、これ、他のカメラ(Powershot S90)で撮っても
おんなじように空は群青色でした。

当方に見る目がないだけなの…か?
 
  1. 2013/10/02(水) 00:25:11|
  2. カメラ-コンデジ

Kodak DC4800 その3 更に撮ってみますよ

2013blog-2532.jpg8月に入ってから早いもので、もう夏の高校野球が始まっていますね。
もう少し前になるのですが、今日の記事は大阪大会の決勝戦、
履正社対大阪桐蔭の試合を観戦しに行ったもの。

予選とはいえものすごい熱気です。
2013blog-2533.jpgで、この日さっそくDC4800を連れ出して、
どういう撮れ方ができるかテストです。

遠景は遠景モードがあるのですが、基本的に苦手なようです
そしてやはり、ノイジー。
2013blog-2534.jpg色乗りは相変わらずコッテリ。

Powershot Pro1も久々に持ちだして併用していたのですが
やはり色の出方の違いはすごいです
2013blog-2535.jpg大阪桐蔭高校の横断幕と千羽鶴。

ん、千羽鶴…折り紙…色が豊富…
2013blog-2536.jpgああ、こりゃいい撮影サンプルだ。
どれどれ?マクロモードで撮影しよう

うん!!こういうのには期待以上の性能が発揮されますね!!
とても色鮮やかに千羽鶴を写しています。
2013blog-2537.jpg試合の方は、双方実力が高く、かなりレベルの高いものでしたが
大阪桐蔭の方がやはり強い、というわけでこのとおりでした。

というか、履正社のあの応援でメンタルを保てる大阪桐蔭の選手たちは
大したものです…私なら吹いてしまって試合にならないでしょう
2013blog-2538.jpg大会優勝のセレモニーから行進。

大阪桐蔭は甲子園でも破竹の勢いのようで、今後が楽しみですね
 
  1. 2013/08/12(月) 12:39:22|
  2. カメラ-コンデジ

Kodak DC4800 その3 撮ってみますよ

2013blog-2522.jpgさて、使えそうなことがわかったので、早速テストです。

暗い室内でポチっとな。
うわー、真っ暗

Exifを見ると…1/8Sec F5.66 ISO100となっています
2013blog-2523.jpg設定を詰めなおしてもう一度。
普通に撮れますが、ノイズがすごい
最低感度なのですが…

画像にカレンダーが書き込まれる機能を切るのを忘れていました。
デート機能でしたか、確かそう呼んだはず
2013blog-2524.jpgやっぱその、コダックブルーというものが出るかどうかが
気になるってもの。
検索して出てくる作例にも、まるで染めたような青空が。

…普通や、これは…
まぁ、空気が霞んでいたし肉眼で見た空もこんな色だったし、こんなもんか
2013blog-2525.jpgちなみに、ジャンク個体ですので、

完調なものだとまた変わってくるかもしれません。
2013blog-2526.jpg庭で撮る。
うーん、ノイジーです
でも確かに色の出方がおかしいですよね
2013blog-2527.jpgああ、これはひどいな…

なんだか扱いにくそうなカメラですね。
2013blog-2528.jpg赤いものを撮ってみます。
コッテリした赤になりました。カタログで見ることができる
新車の色になってしまいました。

ちなみに実車はもっと朱色掛かっています。
2013blog-2529.jpgマクロでもみじ。

変な色、ですが印象に残る?ような色?
2013blog-2530.jpgこの画像なんかは、DC4800の発色が
よくわかるものでしょうか?

笹が緑々していて、AZワゴンRが青々しています。
2013blog-2531.jpg笹と我が屋敷。
お、この空、ちょっと青いですね

これが…コダックブルーってやつか??

まだまだ続きます。
 
  1. 2013/08/11(日) 00:46:28|
  2. カメラ-コンデジ

Kodak DC4800 その2

2013blog-2516.jpgうん!バッテリーはNP-80が使えます!!
更にCFカードが使える!!いい!!

※NP-80 富士フィルムのFinePix用バッテリ
2013blog-2517.jpg軍艦部。
これ以前のKodakのデジカメは、どちらかと言えば
欧米向けの大味サイバーデザインのものが多かったのですが、
この機種は比較的おとなしめ。なんでもデザインは日本でされたそうで…
2013blog-2518.jpgそれでは電源投入。モードダイヤルの真ん中の灰色のボタンを長押し。
まずは日付時刻設定から。
背景はいやらしい紫色です
2013blog-2519.jpgUIは日本語です。

液晶は、たまに縦スジが出ます…が、動くだけでも
ありがたや。
2013blog-2520.jpg調べてみたら、米国などからebayで入手したものだと、
ファームウェアを入れ替えても日本語表示はできないとのこと。

この個体のファームはV1.00ですが、V1.04にアップできるようで
まだKodakのサイトからダウンロードできるんです。
はやいこと、データだけでも落としておかないといけませんね
2013blog-2521.jpgやはり、デジタルカメラ黎明期のものであるだけに
軍艦部に白黒液晶パネルが付いています。
表示は最低限のものですが、ここでないと確認できない機能が
あります(V1.00の場合)

さて、そろそろ撮りますか??
 
  1. 2013/08/10(土) 22:48:25|
  2. カメラ-コンデジ

Kodak DC4800

2013blog-2511.jpgああ、また変なところで物欲が湧いてきました。
双葉のカメラ板にて、三振ばかりだがたまに場外ホームランをぶっ放すという
珍機としてKodakのカメラが挙げられていたのですが、
ああ…ムズムズして来ました。
2013blog-2512.jpgと、いうわけで目星をつけて、電撃入札!!

我が屋敷にまたしても変なカメラが増えました。
2013blog-2513.jpgKodakのハイエンドモデル、DC4800です。

3倍ズーム、1/1.75”の330万画素CCD、
EKTANARと名付けられた3倍ズームレンズ。
2013blog-2514.jpgまぁなんだ、コアなマニアによると、コダックブルーという
青がキツイ発色で半ば伝説とされている機種なんだそうで…

ゆえにヤフオクでも変に高値安定なのですが、これは付属品なしの
ジャンク品だったので2000円少々…それでもちょっと高いですよね
2013blog-2515.jpgバッテリーは…なんだか見たことがある形状。

記録メディアはCFです。この辺りのハードルは低そうですね
それでは、次回は起動を試みてみましょう。
 
  1. 2013/08/09(金) 12:29:02|
  2. カメラ-コンデジ

忙しい!!でも更新したい!!

2013blog-2440.jpgここ最近、友人が帰ってきたり、野球観戦に行ったり、
SFCの桃鉄での対戦にハマって…
いや、仕事もちゃんとやってますよ。それがもうヘビーワークが多く、
帰ってきたらもうグッタリ…
記事のネタは揃ってきてるんです。ほら、画像の…奥のやつなんか、
好きな人にはたまらないのではないでしょうか。
今日はここまで。のんびり執筆できる時間が欲しいです
 
  1. 2013/07/29(月) 22:23:24|
  2. カメラ-コンデジ

Cyber-shot DSC-F505V

2013blog-2162.jpg先日、購入したCP-920Zと抱き合わせで、

もう一個、入手したものがありまして…
2013blog-2163.jpgCP-920Zの記事にも載っていたこれ…
2013blog-2335.jpgSONYのCyber-shotの高倍率機、
 
DSC-F505Vです。
2013blog-2336.jpgまさしく世は世紀末。ようやくデジタルカメラが普及帯に降りてきた頃に
回転レンズの変態機種DSC-F55、Cyber-shot最大のヒット作とされる
DSC-P1などと共に世に出た…変態回転レンズ機です。

元来、PowerShot G1や2などとレンズユニットを共にする
変態OEM機種を収集することが目的だったので、
特に欲する理由などは無かったのですが…
2013blog-2337.jpgいやー、この頃のCyber-shot、変態機種が多くて面白いんですよ…
こうしたまたおバカな私は収集の道を突き進むことになるのです。

バッテリーは!!!Oh!!No!!入らない!!
DSC-S85などのバッテリが入らないんです!!
2013blog-2338.jpgで、そのバッテリ問題は後々解決させたので、試し撮り。
大概この手のカメラで外観が綺麗なものは
ハズレが無い感じですね。普通に使えてしまいます。
2013blog-2339.jpgグランフロント大阪にやってきました。
こんなでっかいカメラをわざわざ持ち込んでだ!!

※ちなみに、館内は撮影禁止です。
2013blog-2340.jpg大阪北ヤードの真横です。

3月のダイヤ改正で遂にその役目を終えた梅田貨物駅が
今まさにその姿を過去のものにしようとしています。
2013blog-2341.jpg青空がザラザラです…
まさにミレニアムな頃の製品なので、これが限界か

1/180s F5.6 ISO100
2013blog-2342.jpgノースタワー。

スケスケのエレベーターはまだ新築の匂いがします。
2013blog-2343.jpg梅田貨物駅をどうしても意識してしまう。
2013blog-2344.jpgダイキンのソリューションプラザ「フーハ大阪」
空調の様々なことを知ることができます。
お姉さんはきれいな人がおおいです…こんなところで
仕事がしたい…なぁ
2013blog-2345.jpgで、このぴちょんくんカーの周辺のみ、写真撮影が可能なのです。
室内でも手持ちでなんとか…

1/30s F5.6 ISO147

147??
2013blog-2346.jpg休憩スペースでちょっと撮ってみる。
面白いお店や京橋から移ってきたパナソニックセンターがあって、
半日ではとても回れません。また来ましょう。
2013blog-2347.jpgで、傍らに持っていたPowerShot S95でも撮ると…
…10年違うとここまで違うか。まぁ共々ワイド端で撮っているので
画角が異なるのは仕方ないとして、だ。

うーん、デジタルカメラの10年の進化は、撮像素子と画像エンジンの
大きな進化なのでしょうか。
 
  1. 2013/07/19(金) 00:36:31|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot G1のようなモノたち その1号 TOSHIBA AllegrettoM70ことPDR-M70 番外編

2013blog-2322.jpg随分前の行為なので、うろ覚えになる前に…
東芝Allegretto M70のバッテリは、富士フィルムのNP-80と同様であり
色々と使いまわせるので…
2013blog-2323.jpg互換バッテリーを買いました。

ロワジャパンの日本セルです。
2013blog-2324.jpg暫く在庫がなかったので諦めていたのですが、

また思い出したかのように出てきたので、DMC-LC5のバッテリと共に購入。
2013blog-2325.jpgさて本題。
このAllegretto M70は東芝の公式でファームアップ手順と
ファームウェアがいまだに配布
されていて、2013年現在でも
ファームウェアアップデートができるのです。

AF速度が速くなったり、MFが実装されたりするそうです
2013blog-2326.jpg詳しくは、手順書を見れば良いのですが、
まずはファームウェアの見方。

SET-UPモードでリセットすると、一瞬こうしてファームウェアが見れます。
うむ、古いまんまだ
2013blog-2327.jpgカラのスマメにファームウェアを入れて、
モードダイヤルは再生に。

更にモードボタンを押しながら電源投入。
2013blog-2328.jpgこのような画面が出ます。

そのまま再生モードになるので、電源を一旦切って
2013blog-2329.jpg今度は消去ボタンを押しながら電源投入。
2013blog-2330.jpgすると、今度はこのような画面が。

いかにも何かをやっているような感じです
2013blog-2331.jpg徐々に数字が満たされて…
2013blog-2332.jpgはい!コンプリートです
2013blog-2333.jpgそれでは、再度セットアップ→リセットでファームウェア確認。

あっぷっぷしてますね。
2013blog-2334.jpg一応、実装されたMFも確認。

…まぁ、使うかどうかは…うーむ
 
  1. 2013/07/18(木) 09:25:52|
  2. カメラ-コンデジ

PowerShot G1のようなモノたち4号 EPSON CP-920Z

2013blog-2162.jpgPowerShot G1・2のレンズモジュールをOEMした機種を集める
悪い遊びも中盤に入ってまいりました。
それにしても、こんなに多くの機種にOEMされていたとは驚きですが、
よく考えれば、三洋電機というOEMメーカーもあったというわけで…
2013blog-2163.jpg世に出ているコンデジ、所謂コンパクトなデジタルカメラは
その多くが三洋電機によるOEMだったそうです。
私が手にしたモデルたちのどれほどが三洋電機によるものかは
わからないのではありますが…
2013blog-2164.jpg本日のターゲットは、EPSON、そう、近頃はプリンターでおなじみの
セイコーエプソン社の…デジタルカメラです。
デジタルカメラの発展期に、それなりに商品展開をしていたのですが、
それほど市場に出ることもなかったようで、この機種含めて入手は難しい様子。
2013blog-2165.jpg2013年現在は、ライカなどのMマウントレンズが使える
超変態カメラことR-D1xGが孤高の存在となっています。
30万円近くする変態っぷりですが、エプソンサイトのトップページから
クリック3回で商品ページに行くことができるんです。
2013blog-2166.jpg開梱。

グリップが出っ張っていて、携行性は…嵩張りますが、
ホールド性には大いに寄与しています。
2013blog-2167.jpg日本製です。

…なんだこのシマシマは
2013blog-2168.jpg背面。
ボタンに機能は割り振られていないようで、
そのファンクションや設定毎に、液晶の裾に
機能が表示されるようです
2013blog-2169.jpgこの青緑のボタン…なんなんだ
2013blog-2170.jpg残念ながら、バッテリーからの液漏れで
内部が侵食されていそうな予感。
塗装のシマシマも、それによるものでしょうか。
2013blog-2171.jpgとりあえず、バラします。
ネジはある程度共通化されていて、分解は比較的楽です。

ああ、結構液体が内部を伝っていたようだ
2013blog-2172.jpgバッテリーケース内。

端子も侵食されています。
ここは手が入らないので、なんとか削って導通を出すか
2013blog-2173.jpgバッテリー蓋も汚れていたので、外して水洗します。
2013blog-2174.jpg抜本的に直せないので、電源が入るなら

とりあえず撮ってみて、コレクション行きですね。
2013blog-2175.jpgエネループを入れて、電源投入テスト。

おお、起動した
2013blog-2176.jpg困ったことに、電池蓋のツメが3箇所あるうちの2つが
折れてしまっていて、そのままでは電源の供給ができないのです。
指でかなり強く押さえないと、保持できないのです。
2013blog-2177.jpgなんとか押さえながら、各種設定や撮影を試みます。
2013blog-2178.jpg各ボタンの機能は、やはり液晶上に表示される仕様のようです。

これ、親切なのか多機能なのか、使いやすいのかよくわかりません。
2013blog-2179.jpg軍艦部に液晶がありますが、あまり大きいものでもなく、
表示される情報も少ないです。

これはセットアップモードにした場合の表示。
2013blog-2180.jpg年号も意地で合わせますが、ちょっとでも指の力が抜けると
そこでシャットダウンです。
根気よく続けましょう。
2013blog-2181.jpgCFカードを挿し込みます。
撮影可能枚数が表示されます。

大容量なのは試していないので、どこまで使えるかは
わからずじまいです…スミマセン
2013blog-2182.jpgよっしゃ、あとはちょっと撮って終わりにするか…
2013blog-2161.jpgはい、ファーストショット。
フラッシュの設定が残ったままでした…
画素数が低いままで撮ったのか、640×480です
2013blog-2160.jpgもう一枚、フラッシュOFFで撮ってみる。

あれ、なんだこの色調!!ホワイトバランスが絶妙です。
撮って出しでこの自然な色調、うちで眠ってる
PowerShot G9に教えてやりたいもんですわ…
 
  1. 2013/07/08(月) 00:39:37|
  2. カメラ-コンデジ

何処からやってきたのだろう PowerShot SD750(和名IXY DIGITAL 90)その3

2013blog-2033.jpgああ…なんだか気に入っちゃったな、このカメラ

何せこのサイズと、素早い起動(本当に速い)が
スマートに出してスマートに撮る、をいとも簡単に達成してくれるのです。

で、気に入ったついでにちょっと改良。
2013blog-2034.jpgはい、IXY DIGITAL 90です。

まさにロゴ違いの瓜二つ。
2013blog-2035.jpg先述の通り、背面も一緒。

英字表記はこういった場合に部品の統一ができて
便利ですね
2013blog-2036.jpg型番まで一緒です。
2013blog-2037.jpg今回の物件はジャンク品。液晶がこの通り
損傷しています。
この機種は液晶パネルは露出しておらず、
ボデー側に保護パネルがあるので、衝撃に対しても少しは
丈夫だと思われるのですが、それでも乱雑に使うとこうなるのでしょうか。
2013blog-2038.jpg今回交換したいのがこれ。
やっぱりただの化粧リングではなく、これは押圧センサー?で構成された
リングホイールなんです。メッキの部分を強めに押してグルグルすると、
モードダイヤルが回転したり、各種設定の進退ができるようになっています。

過去に存在したPanasonicの携帯電話で、当方も愛用していた
P505iSなどで見られた機構なのですが、実は…押しの判定が難しく、
実用性はもうひとつだった印象があります。
2013blog-2039.jpgSD750のそれがメッキ剥げなどでスムーズに操作できないので、
ちょっと綺麗なものに換装するのが、今回の記事の主題。
他にも取れそうな部品があれば良かったのですが、
特に無さそうなので、部品を取ったIXY90は…ジャンク放出かな
2013blog-2040.jpg殻割りは至って簡単、上画像のように見えるところのネジを
全て緩めてやればパックリ。

パネルには反射防止などのためのコーティングがなされています。
2013blog-2041.jpg出てきました。これが十字キー兼コントロールホイール。
2013blog-2042.jpg基板上に載っかっているだけなので、
交換は一瞬です。

コントロールホイールの構造がよくわかります。
2013blog-2043.jpgあとは、当該のパーツを移植して、元通りに組み上げるだけ。

コントロールホイールが綺麗になって、操作性もちょっとは
向上したでしょうか。
 
  1. 2013/06/28(金) 00:24:05|
  2. カメラ-コンデジ

何処からやってきたのだろう PowerShot SD750(和名IXY DIGITAL 90)その2

2011blog-119.jpg帰国子女というか逆輸入というか…
特にこれといった理由もなく我が屋敷にやってきたPowerShot SD750。

そいうえば、コンデジ収集の原因となったPowerShot G5も、
前ユーザーは外国の人だったことを思い出しました。
何もこれが初めてではなかったのです。
2013blog-2024.jpg無事に使用できることがわかったので、いつものように玄関前で
色々と撮ってみます。
塀をマクロで。
2013blog-2025.jpgセロームという観葉植物。

広角端が35mm換算で35mmから、マクロは
3cmから可能とのことだ。
2013blog-2026.jpg今年から変な株が生えてきた笹。
2013blog-2027.jpg画像中央の真っ直ぐなものが最初に植えられていたのもなのですが、
今年になってからやたらと広い、手前の株が何本も…

車の乗り降りが面倒になってきたのが困りモノですが、
束ねることで回避しています。
2013blog-2028.jpg遠景。

光学ズーム倍率は普通に3倍で、
撮像素子は1/2.5インチのCCD。
2013blog-2029.jpgもみじをマクロで。

ボデーへの刻印は7.1MEGAPIXELSだが、
公称スペックでは740万画素となっている。
2013blog-2030.jpgもみじ2。

携行性はかなりのもの。S95と違ってレンズ周辺の
出っ張りが無いからポッケにもスッポリ入る。
2013blog-2031.jpgもみじ3。
この木も植えてからもう5年。いやー、なんとか破産すること無く
やってこれました。
まだローンの残りは…フェラーリやランボルギーニが余裕で買えるくらい
残っていたり。払えるかなぁ
2013blog-2032.jpgで、取り込み。
せっかくUSBコネクタがあるんだからと繋いでみたら、
これもリムーバブルディスクで認識されないタイプの様子。
ああ、カードリーダーが捗る仕様ですな…

ちゃんと機種名に”PowerShot SD750”と出るのがちょと嬉しい。
 
  1. 2013/06/27(木) 00:03:57|
  2. カメラ-コンデジ
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する