FC2ブログ

多趣味ゆえの悩み、試行錯誤、日々の足跡などをメモ替わりに綴っています。
ジムニー2台、AZワゴンR、原付たちなどのメンテナンスや変造、
中古カメラ・家電集め、鉄ヲタ行為などが記事のメインとなります。
※出来事の無い日は穴埋め記事が入ります。

エアコンが壊れて非常に困った…というわけで出張修理依頼

2015blog-1707.jpgある夜。帰ってきたら家の中は猛烈な暑さ。
まぁ一日外出して帰ってきたらこんなもんか。
遅れて帰ってくる奥さんの為に部屋を冷やそうとエアコンのスイッチを入れる。

あれ、おかしいぞ
風が弱い。普段ならシロッコファンの轟音と共に6.3kWパワーの冷風が出るのだが…
温度を下げてもだめ、電源コードを抜いてもだめ。
なんだ!?昨年解体して洗浄したのがまずかったのか
2015blog-1708.jpgたまに思い出したように普通に動作し、キンキンに冷えたりするので、
だましだまし使っていましたが、
遂にまったく冷風が出なくなってしまいました。

もうそれからは1階でいることが苦行になってしまいました…
2階のエアコンを作動させ、1階まで冷気を導こうとしたのですが、
あまりうまくいかず…

というわけで、これは仕方ない、プロに頼もう!!
と、日立のサービスに電話する。
日立の樹のテーマをさんざん聞いてから事情を説明し、
サービスマンの方に来てもらうことに。

当方も、取りにくい休み(半休)を取って、サービスマンさんが来訪する日に
立ち会えるようにしておきました。

15時。サービスマンさん来所。
2015blog-1709.jpg我が屋敷のエアコンは、天吊金具を逆さに使って
2階用の室外機を上に載せるという暴挙を働いています。
これが結構邪魔で、室外機のカバーが外しにくいのです。
サービスマンの方、申し訳ございません…
2015blog-1710.jpg因みに、サービスマンさんは故障の傾向と対策はバッチリ出来ているようです。
今回の故障は、コンプレッサの異常加熱を避けるためのサーミスタ、
症状を話せば、大体その辺でしょう、ということで、室外機をおもむろに解体していきます。

なんでも、エアコンにおける冷えない系の故障の9割は室外機なんだそう。
2015blog-1711.jpg丸裸になった室外機。

防音材を剥がすと、コンプレッサがあります。
それにしてもだ。室外機の大きさって上にある2.2kWエアコンと
殆ど変わらないのですよね…大は小を兼ねている的な構成なのでしょうか。

で、今回の故障の原因ですが
2015blog-1712.jpgこのパーツ。

ただの配線に見えますが、
2015blog-1713.jpgその先に付いた銅管のようなもの。

ここがサーミスタと呼ばれる温度センサーとなっており、
これがボケてしまったせいで常に高温という状態が作られてしまい、
コンプレッサは運転しない、ファンが回るだけという症状になるとのこと。



で、部品の交換はあっという間に完了。
サービスマンさんの指示にてコンセントを繋ぎ、エアコンを運転します。
2015blog-1714.jpgおおおおおおおおおお!!!!!!!!!
ファンが元気に回っている!!
そして冷媒が室内機を通る音!!

涼しい!!やった!!涼しい!!これで1階で生活ができる!!
2015blog-1715.jpg今回の修理ですが、
部品代は700円、技術料が8,000円、そして出張料が2,400円。
しめて11,100円となりました。よくある部品代を技術料が大幅に大回る修理ですが、
1人の人間をそれだけ拘束して、確かな技術にて修理をしてもらうわけです。
それにしても、アッサリ治ってよかった。

そして、室内機を解体することも見越して移動させていたプラズマテレビ…
また元に戻さないといけません…
 
スポンサーサイト



  1. 2015/08/18(火) 22:17:06|
  2. 家電製品

中庭のガーデンライト 全部LED化 オーム電機 LEDミニボール球 LDG1L-H11

2015blog-1155.jpg我が屋敷の中庭に設置した、風呂用防水照明を用いたガーデンライト。
目論見どおりに、中庭をムーディーにライトアップしてくれています。
電球は、安さに吊られてたくさん買ってしまったIKEAの電球型蛍光灯を
使用しているのですが、近頃そのうち1灯が切れてしまいました。

先日、リビングのLED化に伴って余剰と化した100Wタイプの電球型蛍光灯を
入れてみたのですが、なんとまぁ、明るいこと…
2014blog-3176.jpg過去に1灯が切れた際には、このようなクリアLED電球を用いて
省電力化と適切な明るさにすることに成功したわけですが、
これと同じもの、探してもなかなか置いてないんです。
2015blog-1153.jpg近くのナフコで発見した、似たようなもの。
今回はELPAではなくオーム電機のもの。
値段はこっちの方が数百円安いです。
2015blog-1154.jpgスペックは似たようなものですね
消費電力は嬉しい1W。4つ点けても4W。
昔のバブルAV機器の待機電力が数十Wあったことを思えば
なんて省電力なのでしょう。

※当然、メインの照明にはなりえません。あくまでも装飾用電球です
2015blog-1152.jpgさて、それでは作業開始。
2015blog-1156.jpg眩しいくらいに明るいです。
手で持つと熱い!!
いくら電球型蛍光灯とはいえ、明るい商品は
密閉型の器具で使うのは怖いですね
2015blog-1157.jpgというわけで付けてみる。
程よい明るさになりました。

今回は、クリアタイプではなく乳白色のものにしましたが、
こちらのほうが光にムラがないので良さそうです
2015blog-1158.jpgあくまでも、暗がりでは色気がない中庭をどうにかしようというものなので、

このくらいの明るさで十分なのです。
さて、あとは毎日18:30~23:30(夏季)で点灯させて
どれだけ耐久性があるかですね。
2015blog-1159.jpgそれは、撮影した画像のExifやこのBlogの記事で
辿ることができるようになっています。

何にしても、当Blogは当方がいつ何をしたと自分が知るための
備忘録である、ということが主になってきました。
5月はなんとかそれなりに記事が書けたかと思います。
来月からはどうなるかなぁ…
 
  1. 2015/05/31(日) 00:10:56|
  2. 家電製品

我が屋敷の照明 ちょっとだけLED化

2015blog-1054.jpg我が屋敷のリビングに吊られている和風な照明。
昔に鶴浜のIKEAに行った際、安かったのでついつい買ってしまったのですが、
なんだかんだで5年は使用しています。
2015blog-1055.jpg中の電球は、所謂「電球型蛍光灯」で運用していました。徐々にW数の大きい物が
普及してきたので、その際に60W型→100W型とステップアップしていったのですが、

これから夏に向けて、窓を網戸にしていると、網戸を掻い潜ってくる小さな虫が
結構多く、何らかの対策が必要とされていました。
2015blog-1056.jpgなんでも、蛍光灯に対してLED電球は紫外線の量が少なく、
それによって光源が虫に見え難いので、寄ってくる虫が少ないそうだ。
まぁ色味のこともあるので、一概にそうとは言い難いようですが…

LED化するのは良しとして、現状が100W級なので、それと同等でないと
意味がありません。ですが、近頃になって良い製品が廉価で買えるように
なってきているのです。
2015blog-1057.jpg今回購入したのは日立の100W相当、LDA17L-Gです。
NECでもまったく同じ型番があるので注意したいのですが、
そちらも評判の良い商品のようです。
2015blog-1058.jpgいいことばかりが書き連ねてあります。
2015blog-1059.jpgこういった冷却フィンの付いたLED電球は、今迄でも
あったのですが、この形状でかなりの広範囲を照らせるように
なっているそうです。
2015blog-1060.jpgさっそく交換してみます。
上が電球型蛍光灯、下がLED電球です。
明るさは互角ですね。色味も悪くない。

元々の電球型蛍光灯が黄色みが強かったので、むしろ良いかも
2015blog-1061.jpg傘?球?を付けてみます。

さすがの広範囲照射型です。天井までムラ無く照らせています。
これは満足度の高い商品ですね。
2015blog-1062.jpg続いて。
我が屋敷の照明は、その殆どがダウンライトなのです。
エドワード鈴木氏の拘りであると当時聞きましたが、
E17口金で斜め挿しのそれは、あまりに寸法の制約がきつすぎて
電球型蛍光灯などが使用できなかったのですが、
Panasonicが独自の斜め型電球をずっと販売してきました。
2015blog-1063.jpg今回、調光器非対応型で断熱対応のものが安くなっていたので
まとめて購入してみました。まずは台所の照明にて試用します。

ここは使用頻度が高いので、省エネ効果は期待できるでしょう。
2015blog-1064.jpg元々、反射板の形状を活かした「ウオールウオッッシャータイプ」の

ダウンライト。クリプトン球ですと綺麗に反射板を照らします。
2015blog-1065.jpgクリプトン球とのサイズ差はこんなもの。
ちょっと大きいですね、入るかな…

型番はLDA6L-H-E17/BH/Sというもの。
amazonで1700円くらいでした。
2015blog-1066.jpgまぁご存じの方は多いかと思われますが、
根っこの部分が可動式になっていて、どんな器具でも
光源を下向きにできるとういう、まさにIdeas For Life。
2015blog-1067.jpg我が屋敷のダウンライトですと、もうギリギリ。
最初のつっかかりがみつかれば、あとは電球が潜っていくだけなので
なんとか装着ができました。
2015blog-1068.jpg点灯。 おお、明るい。
元々付いていた電球が60Wで、今回のものは
40W級なのですが、引けをとらない明るさですよ
全てを下に照らすことに注力しているからでしょうか。
2015blog-1070.jpg最後に。

これがクリプトン球。
2015blog-1069.jpgそしてこれがLED電球。
せっかくのリフレクタが全く使われていないわけで、
ダウンライトの設計思想に反するわけですが、
台所で手元が明るく照らされれば良いので
今回の試験導入は成功でしょう。
 
  1. 2015/05/25(月) 00:08:12|
  2. 家電製品

あれ、ネタ切れ?というわけで、100円均一ガーデンライト その後

2015blog-0019.jpg昨年の夏、奥さんの実家の庭を綺麗にしようというプロジェクトを遂行したのですが、
雑草の除去、芝生の敷設、玉砂利を敷いて…とそして花壇を作って、そこに
仕込んだのがこのガーデンライト。
2015blog-0020.jpg実家近くのMeetsという100均に陳列されていたもの。
当方が買った頃は橙色だったLEDは、白色になっているそうな。

ロットによってポール部分の仕上げが異なるようで、
このシールが剥がしやすい梨地のものと、剥がしにくい半艶のものがありました。
2015blog-0021.jpg手で押さえてみる。

青白く光るそれはクールですが、なんだか色気が無いですね
2015blog-0022.jpgよくわからないのですが、2009年のものなのでしょうか?

因みに、この辺りの密閉が悪いのか、どこからか水が染み込んできるのが
100円クオリティの限界です。
2015blog-0023.jpg早速、分解してみました。
100円均一ガーデンライトでも、それなりに進化しているのです!!
電池が単4サイズにバージョンアップ!!しているじゃないですか。
2015blog-0024.jpgその他の構成はまぁこんな感じですね

パネルとトランジスタを含んだと思われる小さな基板。
2015blog-0025.jpg申し訳程度に反射板も用意されています。
2015blog-0026.jpgデフォルトでこんだけ寝ているLED。

適当ですが、値段を考えた仕方ないか…
2015blog-0027.jpg立てて照らしてみる。

しかしこの色、どうにかできんか。LED換装…するか
2015blog-0028.jpgさて、この単4電池。
2015blog-0029.jpg持ってみるととても軽い。これを100均充電池に置き換えると
それなりに寿命も延びそうですが、100円のものに100円で電池を買うという…のも
考えものですね
2015blog-0030.jpgまぁいいか、とりあえずはLED換装ですよ。
2015blog-0031.jpg基板を外す。

LEDの足はこのようにちゃんと絶縁されています。
2015blog-0032.jpgおお、基板にはちゃんとLEDの向きまで印刷されています。
2015blog-0033.jpg購入した電球色LED。

1本40円くらいですか…ガーデンライトの半分弱の価格となります。
2015blog-0034.jpg基板に打ち込み、
2015blog-0035.jpg半田を盛って、足を落とします。
2015blog-0036.jpgテスト。

うーむ。やっぱこれくらいの暖かさがほしいですね。
2015blog-0037.jpg組み上げて。

いい感じです。まずは我が屋敷の一期購入分を代替しましょう。
2015blog-0038.jpgアフター/ビフォー
2015blog-0039.jpgそれでは、我が屋敷の一期購入分と比較しましょう。

ダイソーで売られていたそれ、購入から2年が経って
生存率は10%くらいでしょうか…
2015blog-0040.jpg比較のつもりでもう一度バラしてみましょう。

現在、ダイソーで売られているものに関してはまだ手元にないので
銅のような進化を遂げているかはわかりません。
これはあくまでも2012年に販売されていたものです。
2015blog-0041.jpg縦になった基板からLEDが生えるようになっているので

角度を決めるのがちょっとむずかしいです。自由度はあるのですが。
2015blog-0042.jpgそしてどうみても容量のの少なそうな電池。
交換もできなさそう。

そう思うとかなりの進化を遂げたんですね…ガーデンライト恐るべし
 
  1. 2015/01/11(日) 00:23:29|
  2. 家電製品

2014年の締めは…冷凍庫を買いました

2014blog-4853.jpgさて、2014年も終わりが近づいてきました。
当方としては、職場の異動があって、バイクを貰って、
JOGを復活させ、電話を新しくして、片山津温泉に行って、東京に行って、名古屋に行って、
JB32を改修して…色々ありましたが、
今年の最後に、大きな買い物をしました。

私が住む辺りでは、まとまった買い物は車で行かなければならないくらいの
環境になっていまして、冷凍食品や、食材を凍らせて保存させる必要があります。

自ずと、冷蔵庫に付帯する冷凍室の容量不足が出てくるのですが…
奥さんからの要望もあって、冷凍庫を購入しました。
2014blog-4854.jpg奥さん的には、上開きの最低限のものでも良かったそうですが、
霜取りが必要だったり、聞いたことのないメーカーの製品で
保証などで不安なところもあるんですよね。
2014blog-4855.jpgというわけで、比較したのが日立と三菱のもの。
ニーズが少ないので、最低限のラインナップしか用意されていないのですが、
奥さんに聞いたところ、引き出しトレイ式の方が良いとのことで
三菱電機のMF-U12Yの導入となりました。操作パネルが前面にあるのも良いですね。

それにしても、このMITSUBISHI ERECTRIC表記ですが
ちょっと古さも感じさせるこれ、バブル期から今まで使用していた洗練された書体のものは
廃止されたのでしょうか。調べてみたところ、AV機器などでは使用されているようですが
2014blog-4856.jpg微笑みの国タイランドで製造されています。
2014blog-4857.jpgドアにはちょっと便利なミニトレイが付いています。
2014blog-4858.jpgファン式なので、面倒な霜取りが必要ありません。

直冷式だと雪のように見えるけど超硬い霜が積もるんですよね…
因みに、動作音はリビングに置くとちょっと気になるレベルです。
2014blog-4859.jpgさて、トレイを水洗いしようと洗剤でゴシゴシしていると…
このトレイ、前面は透明なパネルなのですが、接合面に泡水が入ってしまいます。
分離して洗おうと思ったのですが、ちょっとコツが要ります。
2014blog-4860.jpg当方は、薄いスプーンを使って、隙間を拡げて

ツメを外しました。
2014blog-4861.jpgさて、セッティング完了。
結構デカい…ですが、まぁその分色々と放り込めますしね。

と、いうわけで2014年の記事もこれにて完了です。
皆様、良いお年を。
 
  1. 2014/12/31(水) 00:46:13|
  2. 家電製品

中庭のガーデンライト 一部LED化 エルパボールmini LDG1CL-G-E17-G256

2014blog-3175.jpgお風呂や軒下に付けるための防水照明(もう廃盤)を植木鉢の皿に付けて、
中庭用ガーデンライトとした物体です。

タイマー制御で我が屋敷の夜を優雅に飾っています…
2012blog-2970.jpgが、電球形蛍光灯だと明るすぎるんですよね

奥さんから、廊下を歩いてたら玄関からシルエットが丸見えになるじゃないかと
怒りの指摘をいただいたので、なんとかしてみます。
2014blog-3176.jpg電球形蛍光灯でも最低で40w相当ですか、それ以下のものは
容易に入手できないようなので、こういったものを用意しました。

ELPAの装飾用LED電球、エルパボールminiです。
我が屋敷ではLIFELEXのLED電球が
同様の用途として、現在は玄関灯として活躍しています。
2014blog-3177.jpg適当施工な割にはちゃんと防水もうまくいっています。

さすがは松下電工の製品ですね
2014blog-3178.jpgカバーを外す。

IKEAの電球形蛍光灯です。元々使う場所がなかったのでここに収まったのですが、
またここを御役御免になったら、次は何処で使おうか
2014blog-3179.jpgELPAのLED電球を収めます。

さて、どういう点き方をするのでしょうか。
2014blog-3180.jpg点灯。

お、意外と明るい。
2014blog-3181.jpgカバーを付けてみます。丁度良い明るさになりました。

ちょっと光ムラがありますね。これを解消するためには、
乳白色のものを使用したほうが良さそう。
 
  1. 2014/09/15(月) 00:46:24|
  2. 家電製品

ナショナル 庭園バリカン EY102

2014blog-3167.jpg奥さんの実家には、結構広い庭があるのですが、
実質母親1人暮らしなので、庭の手入れまではなかなか手がまわらない状況でして、
荒廃がひどい状況でした。デイサービスの仕事して腰の骨もヒビが入ったままとか、
ちょっと無理しすぎなわけですので…

身内総動員で犬小屋の撤去、雑草の根こそぎ除去(これが大変だった…)防草シート+玉砂利散布、
芝生も敷いてなかなか良い感じにはなったのですが、そう。これからこの状態を維持するのが大変になるわけで…
2014blog-3168.jpg芝生も結構な面積なので、それを効率よく刈るツールが必要になります。
というわけで、芝生バリカン探しに掛かりました。ホームセンターなんかで見掛ける
刃が交差するものは、ちょっと扱いに慎重さが求められるので、安全そうなものがいいな…

というわけで、ネットの質問サイトでこれが良いですよと書かれていた
松下電工の庭園バリカンをヤフオクで入手しました。2000円で釣りが来る安価さも魅力。
2014blog-3169.jpg殆ど使用されていなかったようで、補修キットも完全に揃っている状況。

本体の状態も上々ですね。
2014blog-3170.jpg画像中央の、トゲトゲの間にあるのが刃。これが回転して
トゲトゲの刃と擦り合わされて草刈りができる仕組み。

右側の赤いトゲトゲはガードとなっています。
これなら怪我をすることもまぁ無いでしょう。
2014blog-3171.jpgそれでは、試してみましょう。
スイッチは上にある黄色いノブ。動作音は電動工具としては平均的なもの。

さすがに大型の草刈機には敵いませんですが、刈った草が飛び散らないのは
魅力的ですね。
2014blog-3172.jpg際もかなり攻めれます。そういった用途にもどうぞと書かれています。

また、特筆されるのはキャリー形のアタッチメントがオプションで設定されていまして、
それを付けると人間は立った状態で転がして草刈りができるそう…

そのオプションも3000円くらいで買えたようです。
2014blog-3173.jpg梅雨の雨を受けて結構草ボーボーになっていた側庭ですが…
2014blog-3174.jpgうむ、これくらいなら20分で綺麗になりました。

早速、奥さんの実家で使用して…みたのですが、放置が重なって
15cmくらいまで生い茂った芝は強靭で
相当ホネが折れる作業となってしまいました…これで芝の恐ろしさを知ることに…

まぁ、マメな剪定が大事なのでしょう。またそのうち刈りに行かないといけません。
 
  1. 2014/09/14(日) 00:29:53|
  2. 家電製品

夏だ!エアコン清掃まつり 日立RAS-2810NX 分解清掃・向きも変えます その3

2014blog-2915.jpg石膏ボードにはアンカーというわけで…
そう、今回つける側、電器屋さんが無理と言ったのにはわけがあるようで
外壁に向いた側には木のパネルが入っているのですが、こちらの壁、
そう、クローゼットに面した壁には何も入っていないのです。
なるほど…そういう理由だったのか。
2014blog-2916.jpgまぁ、そんな壁でも付くでしょうし、何があっても自己責任…というわけで。

ドリルでネジをぶっ込みます。
ウイイイイイイイイイイイイィィィィィィィィィ…

ズボッ
2014blog-2917.jpg大穴が開いてしまいました。アンカー作戦はボツということで。

そういえば、過去に上司の家のテレビを壁掛けにした際、壁内の垂木を探して
そこにマウントをねじ込んだ記憶が。試してみましょう。

ダイワハウスで家を買うと、ハウスケアセットが付いてくるのですが、その中に
壁内の構造を調べる針のようなものがあるのです。

大概の場所ではズボズボと刺さってしまうのですが、あれ、ここは浅い!!
木が通っています!!
2014blog-2918.jpg壁内に不等間隔で垂木があるのを確認できました。

これだけ通っていたら、エアコンも固定できるでしょう。
2014blog-2919.jpg壁掛けステーにはたくさん穴が空いているので、

適当にネジを縫えば固定が可能です。
2014blog-2920.jpgよっしゃ!!室内機の固定ができました。

これでクールナイトを過ごせる可能性がグッとアップしました!!
2014blog-2921.jpgさぁ、あとは組み立てだなぁ…相変わらず、シロッコファンを組み込むのが
当方は苦手です。もうこういった作業は最後にしたいところ。

今はエアコンクリーン(運転後に送風して内部を乾燥させる)機能を
常用しています。
2014blog-2922.jpgルーバーモーターの組み立て。
この機種も左右ルーバーが付いているので、
モーターは2つ付いています。

このルーバー側がガコッと顎がはずれたようになる機構も
この機種限りとなった様子。
2014blog-2923.jpgこの機種の型番などで検索していると、廃棄エアコンの画像を
貼っているサイト(これもまたニッチな趣味ですね…)を発見し、
このRAS-2810NXが廃棄されている画像も見つかりました。
えー!!もう代替されたりするんだなと思いつつ、そう、
このエアコンは2002年秋冬モデルなんです。
12年も前の機種なんだから、そりゃ代替もされるか…
2014blog-2924.jpgまだまだ、当方は使い続けますよ!!だってお金もないし…
昨年は電子レンジとテレビが壊れて(テレビは直しましたが)代替しましたが、
我が屋敷には10年選手の家電製品がまだまだ大挙して稼働しているのです。

11年選手が冷蔵庫、洗濯機、8年選手が食洗機やIH、1階のエアコン。
一応、貯蓄はしておかないといけませんね…
2014blog-2925.jpgシロッコファンの枠が決まれば(いや、筐体が歪んだようで大変でしたが)
あとは逆順で組み立てるだけ。
コンセントを繋いで、電源スイッチを投入、通電させて…
2014blog-2926.jpg暑くて仕方がないので、中央にある緊急運転スイッチをON!!

すかさず出てくる涼風に勝利を確信します!!
2014blog-2927.jpgさて、室内はまぁそれで良いのですよ。
それから寝室は扇風機のサポートに頼らずとも、
ベッドまで涼風が届くようになりました。
電器屋さんができないと言っても、屈せずにサッサと付け替えればよかったのです。
もう8年経つのに今更これですから…

で、忘れてはいけないのが屋外の化粧カバー。まだ開きっぱなしなんですよ
2014blog-2928.jpgというわけで梯子を買いました。伸縮式で3.2mまで伸びます。

なんだ、コンパクトにしまえるし、これがあれば2段、3段梯子なんか要らなさそう
2014blog-2929.jpg…と思っていたのですが、3.2mって
2階の床にようやく届くような、そんな位置でしか無いのです。

これじゃ何もできない…
2014blog-2930.jpgそれでも買っちゃったんだから、頑張って化粧カバーを付けてみます。

用は下側で溝にはめておいて、それを上に繰り込めば良いんです。
2014blog-2931.jpgちなみに、この梯子は軽くて使いやすいのは使いやすいですが、
その分、剛性が全くありません。かなりフラフラしますので、登った状態で
電気ドリルで穴あけなどといった力を入れた作業はできません。
軽作業用として活用してください。

当方はしっかりしたものが欲しいので、この梯子は
そのうちヤフオクに放出します。
2014blog-2932.jpgとりあえずだ、それでも化粧カバーを付けるというミッションは
何とかこなせました。
これで我が屋敷のエアコンが抱えていた問題も解決です!!

今年の夏も、相変わらず危険なくらいの暑さが続いています。
火力発電をフル稼働させて補っている昨今の電力事情を鑑みると、
節電を行うことは大事であり、必要なのですが、
過度の我慢はいとも簡単に死を招くことになります。

明日を今日のように生きる為には、自分を甘やかすことも
大切なのです。
 
  1. 2014/08/12(火) 00:39:44|
  2. 家電製品

夏だ!エアコン清掃まつり 日立RAS-2810NX 分解清掃・向きも変えます その2

2014blog-2897.jpg今回もまた、お風呂で徹底ウオッシュです。
ついでにお風呂のカビも除去しましょう。
洗浄後に壁なども洗っておかないと、そこからまた
カビが伝播しそうですね
2014blog-2898.jpg毎度のことながらキツイです。何にしても
台所用漂白剤が効き始めた時のあのニオイ。
肺の中がイガイガします

さて、黙々とシロッコファンを洗いましょう、ゴシゴシ
2014blog-2899.jpgもう季節は夏。中庭にもよく陽がさすので

ここで乾かすことにしましょう。
2014blog-2900.jpgさてさてだ。お決まりの内部清掃です、が
2014blog-2901.jpgなんだよこのビラビラは!!

整流や静音化に一役買うのだろうか。
当然、後々の機種では省かれた構造ですが…
2014blog-2902.jpg当然、手間は異常にかかるわけで…
初めて歯ブラシが出動する事態に。
これは面倒臭い!!
2014blog-2903.jpgそして…極めつけはすすぎです
溝の汚れを洗い流すために、カラのスプレーボトルに水を入れ、
雑巾で吸わせながら…
水を吸った雑巾は定期的に1階の洗面所でゆすぐわけで…
もう二度とやりたくありません
2014blog-2904.jpgさて、今回のメインイベントです。

エアコンの角度を
90度ずらしてしまいましょう!!
2014blog-2905.jpgまずはこれ。
寝室に繋がる配管です。

室内機を90度ずらすためには、配管を引き込んでやらないといけないのです。
2014blog-2906.jpgその分の配管は、室外機を手前にずらすことで確保できているのですが、
2本の銅管が入ったこれは結構硬い。
室内に繰り込むことができるであろうか
2014blog-2907.jpg因みに、5mをゆうに越える高さに位置する配管上部、
この辺りをどうこうするには本来工事用の三段梯子などが無いと
いけないのです…当然、当方はそんなものを持っていないので
上のアレが剥がれちゃうとどうしようもないのですが、

上のアレを外さないと、室内に繰り込むことは不可能に近い。
結局、取っちゃいました。まぁどうにかなりますって
2014blog-2908.jpgさて、室内ですよ

これがうまくいかなかったら、今夏も当方のベッドには
冷風が来ない夏を過ごさないといけません。なんとかしないと
2014blog-2909.jpgまずは様子見、

ああ、こりゃ硬い…引っ張っても動かない…こりゃやっちまったか
2014blog-2910.jpgそれでも根性で引き込みます。
今夏の快適なナイトライフのために!!
汗だくでも根性で…!!
2014blog-2911.jpg当然ですが、エアコンは効きません。

いろんなもの、タイヤレバーなどを活用して、ゴリゴリと引き込んでいきます。
2014blog-2912.jpgここまで30分間、必死の格闘となりました。

これだけ引けば、室内機も装着できるでしょう。
2014blog-2913.jpgさて、壁に金枠が付いていたのですが、どうやって付いていたのでしょうか。

アンカー?
2014blog-2914.jpg直付でした。
なんてこったと思っていたら、外壁に面した壁には
合板?構造用?と思われる木の板が入っているのです。
そこに縫い付ければ、アンカー要らずの強度が出ていた、というわけですね

そして次回。ついに完成となる…わけです。どうなることやら

…って、当方はもう知ってて書いてるんですけどね
 
  1. 2014/08/11(月) 00:25:11|
  2. 家電製品

夏だ!エアコン清掃まつり 日立RAS-2810NX 分解清掃・向きも変えます その1

2014blog-2879.jpg我が屋敷の寝室をクールに冷やしてくれる、日立の白くまくんこと
RAS-2810NX。

2003年に購入し、2006年にこの屋敷を建てた際に移設、それからは
寝室にてややオーバーパワー気味の運用を行っています。
調べてみるとこの機種は10畳が目安らしい。
2014blog-2880.jpg更に調べてみたら、「一気に全開PAMエアコン」とのペットネーム?キャッチコピー?が
付けられています。日立製品に多く使用されているこの「PAM」、
パルス・アンプリチュード・モデュレーションの略で
インバータ回路による「パルス振幅波型変調方式」のこと…らしい。

で、このエアコンの問題点なのです。機種に依存する問題ではなく、
それはその…向きなんです。画像手前、ちょっとだけ写っているのが
当方がネンネしたりシコリンピック(単独競技)を行っているベッドなのですが、

そのベッドに対して90度そっぽを向いているのです。これじゃ風が来ない…

今までは扇風機で補っていたのですが、それでも腑に落ちない。
2014blog-2881.jpg取り付け時に工事を請け負ってくれた業者さんには要望したのですが、
こちら向きに据えるのは無理との回答。なんでかなとは思ったのですが、
まぁ専門の人が言うなら仕方ない、と納得した次第。

今回は、それの検証・改良も含めて、内部清掃を行いましょう。
2014blog-2882.jpgこのRAS-2810NXは、斬新な構造を持っています。
なんとフィルターカバーが両開き、観音開きなのです。

こりゃすごい、いや、凄いのですが、その後の機種が
普通の上ヒンジになっているので、うーむ、駄目だったのか
2014blog-2883.jpg扉を外すのは、画像のように楽々です。
2014blog-2884.jpg観音開きなので、ドアのロックや動作LEDを仕込むための

柱が中央に通っています。
2014blog-2885.jpgこの辺りも独特ですね。

このツマミをずらすことで、ルーバー部分のカバーが開きます。
2014blog-2886.jpgこうなるので、清掃には便利です。

うわー、やっぱりカビが凄い
2014blog-2887.jpgよくわかんないセンサー。なんだろう?

そしてこの辺りもカビと埃で凄いことになっております
2014blog-2888.jpg天面。いやらしいツメはこんな感じ。両端は楽ですが
2014blog-2889.jpg中央のツメはちょっと面倒。
2014blog-2890.jpg熱交換器のフィンにも、ちょっとカビが生えています。

いつもは雑巾で拭くだけですが、こういう所にはエアコン清掃スプレーが
有用なのでしょうか?
2014blog-2892.jpgここまで分解しても、中央のLEDと緊急運転スイッチが残っています。
2014blog-2893.jpg基板は右端に。

この機種もルーバーなどの配線コネクタがあるので、バラして
ケーブルを抜くことになります。
2014blog-2894.jpgこの機種独特のチューブに包まれた配線。
ルーバーのモーターが左側に付いているので、
左端まで配線が走っています。
2014blog-2895.jpgルーバー部分も撤去完了。
2014blog-2896.jpgいつものように、清掃準備OK状態…ですが、
今回は移設もありますし、更にこの機種独特のいやらしい部分もあって
ちょっと大変だったのです。多分3部作になりそう。
 
  1. 2014/08/10(日) 00:43:42|
  2. 家電製品

夏だ!エアコン清掃まつり 日立RAS-E63V2の分解清掃 その2

2014blog-2867.jpgシロッコファン。
毎度のことながら、終わってます。
2006年に買って、今年が2014年。
…8年放置していたらまぁこんなもんですか
2014blog-2868.jpg早速お風呂で洗いましょう。
水を掛けるだけでも黒い汚れがダバー!!と流れていきます。
これらが全部黒カビなのか…
2014blog-2869.jpgここから更に、カビ取り洗剤…と言いたいところですが、
お金がないので、ここは台所用漂白剤をスプレーボトルに入れたものを
散布します。

あとはひたすらブラシでゴシゴシ!!ものすごい臭いがしますので、
窓を開けて、換気扇も入れて行いましょう。
2014blog-2865.jpg本体
…凶悪である。日立のエアコンはこのモデルの直後あたりで
清潔なステンレス製のボディを採用することとなったのです。
あの時は悔しかった…でも、ステンレスでもカビはどっちみち
湧いてきそうな気がします…
2014blog-2866.jpgここは見た目ほど難易度はありません。台所用漂白剤を染み込ませた雑巾で

サッとひと拭き。
2014blog-2870.jpgファンは数回洗って、綿棒でシロッコファンの隙間をなぞってみて
付着物がなければ合格。
何せ、ファンが黒いのでカビが取れたかどうかわからない…
2014blog-2871.jpg天日干しで高速乾燥を狙います。
2014blog-2872.jpgバイクも物干しに。

まだ3RYにウイングが付いていない頃ですね。
2014blog-2873.jpgそれでは、組んでいきます。
2014blog-2874.jpgこの機種は左右に動くルーバーもあるので、

リンクやモーターを取り付けるのが面倒です
2014blog-2875.jpgモーター。左右ルーバーはあったらあったで便利ですし、

多少の手間はまぁいいか
2014blog-2876.jpgシロッコファンを仕込みます。
こんなに熱交換器をずらして大丈夫かと心配になりますが、
うーむ、まぁ銅管が割れなければいいか。
ですが、この機種は分解が面倒なので、あんまりDIYでの清掃は
おすすめしません。何にしても、肝心のシロッコファン脱着が面倒なのです
2014blog-2877.jpg常に上を向きながらの作業、フラフラです。
写真も少なく、あんまり役に立たない記事でスミマセン

あと一息で組みあがります。
2014blog-2878.jpg完成。試運転します。
ちゃんと涼風が出て、ドレンが漏れなければOKとしましょう。

今年の夏も非常に暑いので、オーバーパワーを活かして
1階をキンキンに冷やして大活躍してくれています。
 
  1. 2014/08/09(土) 00:22:25|
  2. 家電製品

夏だ!エアコン清掃まつり 日立RAS-E63V2の分解清掃 その1

2014blog-2846.jpg我が屋敷を新築した時に購入したエアコンです。
リビングがだだっ広いので、何にしてもオーバーパワーなものを思い、
20万円以上する強力なものを用意しました。

思えば、あの頃は金銭感覚が狂っていた。まぁエアコンは快適な生活に必須なのと、
オーバーパワーな機種のほうが後々経済的と思っていたんですね。
2014blog-2847.jpgですが、そんな高価なエアコンもほったらかしだとこのザマ…

こりゃ先日施工した2階のエアコン並みに逝ってそうです
2014blog-2848.jpgテレビに粉塵が混入しないように、一応養生しておきます。
2014blog-2849.jpgここまではフィルター交換と一緒。簡単に外れます。
2014blog-2850.jpg見えるところのネジを緩めます。
2014blog-2851.jpgなんだかいろんな機能が付いているようで、

その分フィルターもそこらそこらに付いている様子。
2014blog-2852.jpg何なんすか、これは…
2014blog-2853.jpgここに隠しネジがあります。
2014blog-2854.jpgアウターカバーは容易に外すことができます。

いやらしいツメはありませんでした。
2014blog-2855.jpg黄緑色のパーツは何やら薬剤を組み込むことができるフレーム。

カビ防止剤などが付くのですが、それがカビていました
2014blog-2856.jpgフィン。

うーむ、この黒いのもカビか
2014blog-2857.jpg型番はRAS-E63V2。
E63の63は冷房能力6.3KW級であるとのこと、モンスターマシンですね
因みに200Vなので、ハイパワーではありますが経済的と思われます。

確かにこれ、本気を出させたら恐ろしいくらいに冷えます。

しかしなんだ、今だと6.3Kw級でも13万くらいであるんですね
2014blog-2858.jpg色々とギミックが付いているので配線もうじゃうじゃ。

バラすならやっぱりシンプル機能の機種が良いですね。
2014blog-2859.jpg右側にある基板ボックス。

丁寧にバラして、コネクタを追っかけます。
2014blog-2860.jpgブラーン…
2014blog-2861.jpgシロッコファンを外しましょう。
留めネジの位置はちょっと改善されています。

シロッコファンのフィンの隙間がちょっと開いている所から
ドライバーを入れて緩めることができます。
2014blog-2862.jpgよくわかんないユニット。本体左側にあるのですが、

これがなかなか取れない。
2014blog-2863.jpgこの埃の付いている出っ張りが
2014blog-2864.jpg画像中央上にあるフクロに刺さるようになっています。

何にしても多機能機なので、面倒くさい…
 
  1. 2014/08/08(金) 00:36:24|
  2. 家電製品

日立エアコン RAS-2209RXV5の分解清掃・カビ取り…まさに格闘でした 洗浄・組立編

2014blog-0315.jpg本来であれば、ジェッター、所謂高圧洗浄機を使ってバッサーとやってしまうのが
話が早いのであろうが、当方の屋敷前の集水桝はそのまま海に直結している
分流式下水道なのです。ここにアルカリ洗剤やカビを流すわけにはいかないので

…風呂でやることに。
シロッコファンにはお風呂のカビ用泡スプレーで薬剤を保持させて、毛の長いタワシで丹念に隙間、特に
手が入らない内側をこすっていきます。これが超面倒。でも手を抜くところではないので
しっかり隅々まで時間を掛けていきましょう。

他のパーツは普通のキッチン用の塩素系洗剤?漂白剤?で漬けておき、
スポンジたわしでくまなく磨きます。
2014blog-0316.jpg室内機の裏板は塩素系漂白剤を染み込ませた雑巾で拭います。
これで見た目はゴッソリ取れますが、水洗いできないので
数回重ねて拭きあげていきます。
2014blog-0317.jpg最後はガラスクリーナーでツヤツヤピカピカに。

2階のエアコンなので、雑巾をいちいち洗うのが大変。
2014blog-0318.jpgこうして見ると、エアコンの内部構造って結構簡単なのですね。

まぁ、これは単純に冷暖房をするだけの機種だからこうなわけであって、
近頃の掃除機能やイオン放射機能があるものは、こうはいかないのかな?と思われます。
2014blog-0319.jpg気合で洗ったシロッコファン。

新品の青さを取り戻しています。しかしこれ、なんで青いんだろうか
2014blog-0320.jpg一応、洗い残しが無いかチェックします。
それにしても、シロッコファンの効率の良い洗い方って何か無いのでしょうか?

※調べてみると、柄の先に小さいモールのようなブラシがループ状になった
シロッコファン洗浄ブラシがあるのですが、この膨大な数の溝をひとつひとつほじくっていくのは
相当な苦行かと思われます。
2014blog-0321.jpgエアガンで水気を飛ばした後に

暫く、天日干しをします。
2014blog-0322.jpgそれでは、組み立てていきましょう。
2014blog-0323.jpgドレン受け・ルーバーにインジケータを取り付けます。

ただのLEDなので換装することもできますが、運転LEDをやっちゃうと
暖房でも寒々しい青色になったり
高輝度だと夜寝る時に眩しくて後悔をする可能性があります…

水洗いのために外していたルーバー用モーターもこの時に装着します。
2014blog-0324.jpgシロッコファンの軸受けを嵌め込みます。

画像のように、ベース部分と押さえパーツの嵌め込みで構成されているのですが
この押さえパーツが微妙に外しにくいんです。熱交換器があるのであまり無理はできませんし
踏み台の上でのこともあるので結構骨の折れる作業だったりします。
2014blog-0325.jpgシロッコファンとファンモーターを繋ぎます。
2014blog-0326.jpg画像中央の穴を覗きながら、シロッコファンをクルクル回すと、

軸を締める建て込みネジが見えます。
2014blog-0327.jpgそこをすかさずドライバーで攻める。

カバーを外して、基板ボックスもずらさないとネジ頭と合わないんですよね…
2014blog-0328.jpgあとは逆手順で組んでいきます。

ちゃんとツメはツメで繋いで、元通りにしないと
カバーの立て付けが悪くなります。
2014blog-0329.jpgコネクターを結合して…
2014blog-0330.jpgあとはカバーを被せれば出来上がり。


…とは言いますが、立て付けが悪くて組み直したり、
シロッコファンから打音がするので取り付け位置をずらしたりと
チマチマ手直しが入っています
2014blog-0331.jpgそれでは、運転開始。ちゃんと動いています。壊さなくて良かった…
これで暫くは、クリーンな空気で空調ができますね。

で、この作業…ルーバーよりファンを覗いて凄いことになっている方、健康に気になる方は
絶対にやっておくべきです。
DIYで安く上げるも良し、業者さんに任せて確実な作業を行ってもらうも良し。
当方もバラしてゾッとしましたが、あんなところを通った空気を吸ってるとか
ちょっと考えられないですしね…
 
  1. 2014/02/05(水) 00:46:17|
  2. 家電製品

日立エアコン RAS-2209RXV5の分解清掃・カビ取り…まさに格闘でした 解体編

2014blog-0296.jpg奥さんから、エアコンを使うと喉がイガイガするとのご意見。
フィルター洗っといてよとは言うのだが、そんなに汚れてないしなぁ…

一応、フィルターを水洗いする。

うーん、いっかい中身も洗っておかないとイカンのか?
2014blog-0297.jpg調べてみると、室内機も配管を切ることなく、ある程度はバラせるようです。
業者さんのお仕事報告のようなサイトが多いので、具体的な作業手順は
なかなか見つからないのですが…

洗浄スプレーという手もあるのですが、なんだかそれだけでは
済まなさそうな気がするんです。
2014blog-0298.jpgルーバー。

この通り、えげつないことになっているのがなんとなくわかります。

※ここ以降、食事中・食事前の方は閲覧することをお勧めしません
2014blog-0299.jpgフロント、フィルターのカバーは簡単なツメですぐに外せます。

今回のブツは日立の2003年頃の機種で、RAS-2209RXV5という機種。
もう10年以上も酷使しているわけですが…
2014blog-0300.jpg隠しネジ発見。ルーバー下部に2箇所あります。
2014blog-0301.jpg左側。カバーを引っこ抜いたら隠しネジ登場。

それにしてもカビの付着が凄い。
8畳用くらいのクーラーを無駄に広い(2部屋にする予定の部屋を暫定的に1部屋にしている)部屋で
湯上がりに強力運転をさせていたからでしょうか
2014blog-0302.jpgそれではフロントカバーを外しますが、この機種は上の奥に3箇所、

いやらしいツメがあるので大変。
2014blog-0303_20140203233120d7d.jpg画像でみるとこんな感じですか…

短いマイナスドライバーで抉りましょう
2014blog-0304.jpgフロントカバーも取れました。
2014blog-0305.jpgさて、ここから汚染地帯へ踏み込むこととなるのです。

気になる方は換気を良くして、マスクをしましょう。
2014blog-0306.jpg熱交換器は比較的綺麗です。我が家は禁煙ですし、

またフィルターがちゃんと仕事をしているということでしょう。
2014blog-0307.jpgルーバーを外します。
ここに制御基板が入ったボックスがあって…

手で開けることができます。
2014blog-0308.jpgルーバー駆動用モーターの配線を抜きます。

コネクタで一発。
2014blog-0309.jpgドレン受けと一体化しているので、底面に数カ所あるツメを外して、一気に
バコッと外しましょう。

ドレン排水口は取り付け位置によって左右どちらかに振り分けられています。
2014blog-0310.jpgうう…これは酷い…
よくぞこんな物体の中を普通に風が通っていたんだからなぁ…

それにしても、綺麗になるのか?
2014blog-0311.jpgシロッコファン。

こんな風を受けていたらそりゃ体調も悪くなりますわ…
ぜったいに外して洗わないといけません。
2014blog-0312.jpg左側はカバーに付けられた軸受けだけで支持されています。
右側はファンモーターと建て込みのネジで結合されているのですが、

画像はまた明日の記事にて…
2014blog-0313.jpgシロッコファンも外れました。
このファンってタワシでは洗いにくいんですよね

プロは特殊な洗剤とジェッターの高圧水で一気にやっちゃう様子。
2014blog-0314.jpg壁に据えた状態で、ここまで分解できます。
奥の壁も…強烈なことになってるぞ

ここはバラせないので、丁寧に拭きあげることになるでしょう
 
  1. 2014/02/04(火) 00:14:14|
  2. 家電製品

何故か激安のUSB扇風機 BUFFALO BSOTOS07

2013blog-1994.jpg近頃、日本橋を徘徊しているとよく目に付くUSB扇風機。

ファンカバーが無く、面白いかたちをしていて、
裾には時計と温度計。結構盛りだくさんの内容なのです。
2013blog-1995.jpg節電が騒がれた頃には、オフィスの空調が緩くなる度に
このような便利グッズがもてはやされてものですが、
そういうものも供給過剰になったのでしょうか。

何せ値付けがおかしい。安いところだと300円くらいから売られているのです。
うーむ、何かマズい要素でもあるのだろうか、時計が狂ってしょうがないとか?
2013blog-1996.jpg調べてみたら、当時の希望小売価格が2,660円、
市価がだいたい1,900円弱だったようだ。

それが300~400円というのは嬉しい。
というわけで使い道もないのに買ってしまいました。
※300円で売られていたのはインバースネット、補償無しジャンク品でした。
当方はPCNETにて初期不良対応1週間のものを380円で購入。
2013blog-1997.jpg羽根の素材は柔らかいスポンジのようなもの。
これなら指があたっても怪我はしない。

が、実は根っこの方に指が当たるとちょっと痛いです
2013blog-1998.jpg時計パネルはそこだけごっそりと外れるようになっていて、

電池交換もこの状態で行えるようになっています。
2013blog-1999.jpg早速、日付から時計から設定してやりました。
時計は狂わずに動作するでしょうか?

電池はCR2032、要はパソコンのCMOS保持電池と一緒。
これは助かります。
2013blog-2000.jpgファンコントロールはこの様に無段で可能。

いいんじゃないっすか?
2013blog-2001.jpg廻してみると、なんだか軸のセンターが出ていないように見えますが…
まぁ、気のせいでしょう。
動作音は最大回転数にするとモーター音がちょっとしますが
風切り音は小さい。まぁ許容範囲でしょう。
2013blog-2002.jpgちゃんと使う気になってきたので、パソコンモニタの
使用できない(本体と繋いでいない)USB端子から電源を貰って、
動作させるようにしました。

今ならまだ日本橋で大量に見ることができるこれ、あなたもおひとついかが?
 
  1. 2013/06/25(火) 20:52:35|
  2. 家電製品

中庭をムーディに…タイマーに防雨ボックスを

        
2012blog-2970.jpg浴室照明を用いて、ムーディーになった中庭。
中華LEDと違って、電球型蛍光灯は煌々と我が屋敷のセンターを
明るく盛り上げています…が
2013blog-0349.jpgタイマーが仮設のままで、相変わらずのこのザマです。

絶対にこのようなズボラ防雨はしないようにしましょう。
2013blog-0350.jpg中庭を眺めていると、いい気分にもなるのですが
ビニール袋を見てしまうと、ああ、早いこと何とかしないと…と
焦燥感にかられたりもするのです。

よって、とっとと済ませたかったのですが、もう一つこれといった
施工方法が閃かないので放置プレイでした…が、
買って来ました。ミライの防雨ボックス¥980。
2013blog-0351.jpg屋外に設置するので、ブレーカも

漏電遮断機能のあるものを。
2013blog-0352.jpg中の板は外せるようになっています。
脳内イメージを膨らませて、配置を考えます。
かなり小さいボックスなので、うまいことやらないと
フタが閉まらなくなる可能性が…

コンセントは、今は室内にてタイマー制御をしている
LEDイルミネーションをここに集約させて、邪魔だった床置きタイマーを
撤去させることにします。
2013blog-0353.jpg産廃にあった細切れのVVFケーブルを使って
配線を繋いでいきます。

※この辺りになると電気工事士の資格が必要です。
2013blog-0354.jpgうむ!!

なんとかきれいに収まった。
というか、ギリギリですね
2013blog-0355.jpg壁に取り付けて、先日設置した照明と繋ぎあわせて
この部分は完成です!!

通電と点灯を確認し、次の工程へ。
2013blog-0356.jpgLEDイルミネーションですが…
思ったより、トランスがでかい!!

なんとか収めないとイカンな
2013blog-0357.jpgなんとか扉が閉まりましたが、
とぐろを巻いたトランス一次側の線は
このようにはみ出てしまいました。

もう、防水プラグも必要ではないので、ここはコードを短く切断して
首振りプラグを新たに付け直すことにしますか。
 
  1. 2013/02/03(日) 00:08:58|
  2. 家電製品

Nintendo DS(旧DS) 部品移植でニコイチ修理

2013blog-0159.jpg今日もまた、郵便やさんが楽しいおもちゃを届けてくれました。
2013blog-0161.jpg開梱。

今更というか、もう3DSLLの時代だというのに
DS、旧DS、初代のDSです。
まぁ、古いだけにお値段超安で500円でお釣りが来ました。
2013blog-0160.jpgヒンジが割れています。
ここから起こすこともできるのですが、
今回は、部品取りとしてですのでシェル交換などは行いません。
2013blog-0163.jpgで、この行動に移ったきっかけがこれ。
これも旧DSですが、ジャンクの個体をシェル交換して
蘇らせたものです。

中華シェルの中でも、そこそこしっかりした感じのものを
選んだので、見た目は良い感じですが、建てつけが悪いのは
致し方ないところ、結構修正しました。
2013blog-0164.jpgで、何がダメになったかといいますと、
タッチパネルなんです。DSってタッチパネルでの操作が肝心なゲームも
ありますので、機能しないと結構不便なんです。
マリオのVSモードでアイテムが使えなかったり…
あと、上液晶のパネルもどっかいっちゃってみっともない状況に
なっています。
2013blog-0162.jpg今まで何台かシェル交換をしてきたので、

特殊ドライバーは確保しています。
2013blog-0165.jpgまぁなんだ、Dsの分解指南は様々なサイトで紹介されていますし、

旧DSはセオリー通りにバラしていくだけで簡単に分解できます。
電池蓋を取って、見えるネジを全て緩めたら
2013blog-0166.jpg殻割りできます。
DSLiteと違って、内部の設計にも余裕があるので
作業はとても順調に進みます。
2013blog-0167.jpgここが下液晶のコネクタ。

この細い2本のフィルムケーブルがタッチパネルに行っているようで、
当方の個体ではコネクタが割れて接触不良を起こしていたようだ。
2013blog-0168.jpg基板の留めネジを4本緩めて、上液晶へのフィルムケーブル、
Wifiっぽい線
そして下液晶への3本を外すと、簡単に基板(メインボード?)が
外せます。
2013blog-0169.jpgあとは、当方の個体のものと交換するだけ。
2013blog-0170.jpg初代DSの美点がこれですね。
ボタンの接点がちゃんとした金属板スイッチになっていて
この後のLiteと比べるとそりゃもう雲泥の差です。
液晶が見易かったら、旧DSを常用するのですが…
2013blog-0171.jpg下液晶。これもフレームにハマっているだけなので
簡単に外せます。
簡単にクリーニングして…

あとは逆順に組むだけ。
2013blog-0172.jpgと、いうわけで健全な基板とタッチパネルを手に入れて、

旧DSが復活しました。
 
  1. 2013/01/20(日) 00:31:24|
  2. 家電製品

シャープ プラズマクラスター IG-B200

2013blog-0127.jpg職場が臭い!!ああ!!!たまらなく臭い!!消臭剤置いてもまだ臭い!!

禁煙なのに職場が臭い、これの原因がまぁ…体臭なんですわ…
大概な無精者のようで、体もまともに洗ってないようなおっさんが居まして、
まぁその臭いがとにかく酷いんです。
注意しても全く効かないようで、それなら仕方あるまい…と対策してみます。
その結果がこれ。空気清浄や加湿は必要なく、とにかく消臭に重きをおいた結果
イオン発生器のこれに白羽の矢を立てました。
2013blog-0128.jpgプラズマクラスターイオン発生器 IG-B200です。
職場の監視室は30畳以上はありそうでして、あきらかに力不足です。
これ以上に大きいもの、オフィス系用もあるにはあるのですが、
急に高価になるので、これが精一杯です。臭いのもとの近くに置いて、
集中的に頑張ってもらいましょう。
2013blog-0129.jpgこれ、中古でも人気機種でして、ヤフオクでも結構競るのが悩みの種。
5000円でした。
で…これが結構でかい。これ、どのようにして運ぼうか…

元箱のままだと巨大すぎるので、とりあえずエアキャップで包んでみる。
2013blog-0130.jpg手提げハンドルが要るのですが、大物を手持ちで買って帰ることのない
我が家では、あの緑のフックハンドルが無いんです。
仕方がないので、余り物のVVFケーブルでハンドル替わりをつくってみました。
これ、夜勤入りの空いてる電車だからいいものの、朝ラッシュ時にこれは
結構罰ゲームですよね…

それでは、消臭効果を願って、行ってきます。
 
  1. 2013/01/16(水) 12:40:32|
  2. 家電製品

中庭をムーディに…ライトアップのやり直し

2012blog-722.jpg以前、激安イルミネーションを施工して、いい雰囲気になっていた中庭ですが、

あっというまに球切れしてしまいました
2012blog-2959.jpgというわけで、以前からやってみたかったライティングにトライしてみましょう。

ブツは…そう、いわゆる「お風呂の照明」のアレ。防水なのがポイント。
この形、上向きに置いてみるとシャレオツっぽくね?と思い、早速揃えてみました。
パナソニック電工のHH4061、もう廃盤になってしまったようで
ほぼ最後の在庫を入手となりました。

同等品はホームセンターなんかでも入手できます。
2012blog-2960.jpgこいつを、こうやって置いてだな

なんだか良い感じじゃないです…か?
2012blog-2961.jpg台座は…

園芸用品です。
これの下にコードを引き込んで、器具の防水パッキンを
密接させるようにします。
2012blog-2963.jpg当然、タイマーで点滅制御させますが、
ここには玄関灯のコントロールで信頼している
ナショナルのTB201を抜擢します。
2012blog-2962.jpg配線を始めましょう。

窓枠の下部に配線モールを通します。
2012blog-2964.jpg電気工事には資格が必要です。

皿の裏に穴を開け、VVFケーブル(1.6-2C)と固定用のネジを通します。
2012blog-2965.jpgそして、器具に通線、接続して、皿を器具にネジ留め。

これで防水も大丈夫でしょう。
2012blog-2966.jpg電球はとりあえず余っている電球型蛍光灯を。
昔にIKEAで買って大量に余っているものがありまして…
球切れしたら、先日導入したものと同じLIFELEXのLED電球を
導入します。
2012blog-2967.jpg点灯試験。

うん、いい、思った通りだ。
2012blog-2968.jpgタイマー。

仮設です。この後簡易的に防雨させるようにしました。
後々、ウオルボックスを設置します。
2012blog-2969.jpg夜がやってきました。

う~ん、ムーディ
2012blog-2970.jpgただ、眩しいくらいに明るいです。
近所からは漏れた光で変態ハウス度が更にアップしたと思われそうなので
LED化は早めにした方が良さそうですね。
 
  1. 2012/12/20(木) 00:05:26|
  2. 家電製品

イルミネーションの季節ですねということで

  
2012blog-2921.jpg本日、我が屋敷に到着したのは…
2012blog-2922.jpgLEDイルミネーションが登場。

色はシャンパンゴールド、300球のものです。
2012blog-2923.jpgハコが日本語表記なのにちょっと安心しますが、
製造元やその他の表記はなし、ちょっと誤字があるところも
なんだかそれっぽい。

まぁ、1シーズン満足に使えればよしとします。
2012blog-2924.jpg箱から出してみます。

コードは真っ黒のもの。
2012blog-2925.jpg300球ですが、どうやら100球を3連結しているようだ。
そして、コントローラーから電球までの線が異様に短い。
これだと、コントローラーを室内に残して、サッシの隙間から
配線を出すという方法が使えません。
2012blog-2926.jpgそれでは、作業開始。
タイマーはIKEAで買ったもの。
2個買ったうちの一つは、門柱の表札灯に使っていますが、
これの耐久性はなかなかのもので、もうかれこれ1年近くは
連続で運用しています。
2012blog-2927.jpgそれでは、バラしていきましょう。

球間のピッチは結構狭く、密集した感じです。
2012blog-2928.jpgベランダで試験点灯。

結構いい色合いです。電球色よりは黄色がかった感じ?
2012blog-2930.jpgそれでは、設置しましょう。
格子にインシュロックで括りつけるわけですが、
マスの数を数えて、ちゃんと配分よく
掛けることができるようにします。
2012blog-2929.jpgちょうど3等分すれば、間にコネクタが来るので、

ここを格子内に通して、インシュロックで縛ります。
2012blog-2931.jpg試しに点けてみます。

おお、良い感じ…かな?
2012blog-2932.jpg表から見ると、こんな感じになりました。

地味っちゃ地味ですが、まぁ自己満足の領域ですので…
   
  1. 2012/12/17(月) 01:16:48|
  2. 家電製品

LIFELEX 1.2W LED電球 LDE17S35L

2012blog-2915.jpg昨日の引き取り前に、少し余裕時分があったので
コーナンに寄ります。
これから色々とやることもあるので、そのための資材調達なのですが、
その中で目新しいものを発見しました。
コーナンのPBであるLIFELEXのLED電球です。
2012blog-2920.jpgスペックは1.3W・全光束45lm、お値段が848円。
比較としては、Panasonicの斜めダウンライト用であるLDA6LE17DBHが
6.4W・全光束370lmとなっています。

当然、メイン照明では使えません。だいたい20W電球くらいでしょうか?
2012blog-2916.jpg今回、試してみようと思ったのが我が屋敷の洗面所、
勝手口に向かうところのダウンライト。
設計ミスでまったく使用することのない勝手口…なので、
ここの電球は外してあったのです。何せ3つまともに点けたら180Wも
消費するのです。これはちょっとキツイですね。
2012blog-2917.jpg踏み台を持ってきてねじ込む。

お、思ったよりはいいぞ(くれぐれも…メイン照明にはできません。)
照度が低いのに、ちゃんと電球色なので変な感じです。
2012blog-2919.jpg遮光幕を下ろして、水研ぎしたバイクパーツ置き場になっている
勝手口を見てみます。

当方としては期待通りの灯り方です。
常夜灯の2.5倍くらいの明るさでしょうか。
2012blog-2918.jpg元々E17のクリプトン球を斜め差しするタイプで、かつ、とても小型の灯具なので、
反射板などとの兼ね合いから取り付けできる電球には制約が多いのですが、
このLED電球はジャストフィット、配光も満遍なく行われています。

これなら、廊下のダウンライトを入れ替えて、点けっぱなしにしておくくらいだと
結構有効かもしれません。
何せ消費電力1.2W、仮に1F廊下7灯を全点灯させても8.4Wにしかならないのです。
 
  1. 2012/12/16(日) 00:06:40|
  2. 家電製品

PIXUS MP990 プリントヘッド交換

2012blog-2452.jpg我が屋敷で、様々な印刷と書面の取り込み、
果てはDVDラベル印刷と大活躍のPIXUSです。

もうMGシリーズが発売されていた頃なのに、タッチオペレーションが
嫌だという理由で中古入手したものです。
2012blog-2451.jpgWi-Fiで組めるので、煩わしい配線も要らなく、更に
家中のパソコンから印刷&スキャンができるという
ひと昔前では考えられない充実っぷり。
2012blog-2440.jpgですが、前使用者が使用していた詰め替え可能なインクが悪さをしてか
PGBKがこのとおり、いや、他の色も駄目だったのですが、
プリントヘッドお湯漬け及びクリーニング液でなんとかここまで刷れるように
したものです。

ですが、この状態だと簡単な文書でも「きれい」で刷らないとまともに刷れないんです。
2012blog-2439.jpgてなわけで、オークションで入手したパーツが届きました。
2012blog-2441.jpg健全な中古プリントヘッドです。
これで復活なるか??

キヤノンはヘッドが交換できるのがありがたいですが、ヘッド単品での
補修部品の取扱はできなくなったそうです。
2012blog-2442.jpgプリントヘッドを引っこ抜くのは簡単。
インク交換に少し手間を足した感じですが、
精密なパーツなので、取り扱いは慎重にしましょう。
2012blog-2443.jpg摘出したヘッドと、健全なヘッド。
2012blog-2444.jpgあっというまに装着。

近頃は、互換インクでもLEDが光るようになったんですね。
互換インクはキャレン社のものを使っています。
2012blog-2445.jpgもともとのヘッドは、漏れたインクまみれになっていました。

そっちにしても、あまり健全ではなかったようですね
2012blog-2446.jpgそれでは電源投入。

下準備、これが一番時間が掛かってるかも知れません。
2012blog-2447.jpgああ…ヘッド入れ替え後に行うようになっているクリーニング中に

インクが無くなってしまいました
2012blog-2449.jpgさぁ、テスト印刷いってみましょう。
2012blog-2450.jpgOKOK!!いい色出てるじゃないですか!!

これでこれからは文書を「ふつう」で刷れてエコノミー、
DVDラベルも安心して印刷できます。
 
  1. 2012/11/17(土) 00:36:28|
  2. 家電製品

TEPRA SR930 不具合の修理

2012blog-1519.jpg先日導入し、我が屋敷の様々なラベル印刷で大活躍の
TEPRA SR930

…だったはずなのですが、どうもおかしい。
黒フィルムが綺麗に巻き込まれず、詰まってしまうのです。
2012blog-2139.jpg画像ど真ん中の黒いボビン、というかプーリーが
印字中に回転し、転写済みのフィルムを巻き取ることで
TEPRAのシステムを構成しているのですが、
これがどうみても回っていません。
たまに思い出したように弱々しく回るのですが、これでは機能を果たせない。
2012blog-2128.jpgいっぺんバラしてみるか…
この手の物は今迄開封したことが無いので、ちょっと心配

底面のネジを全部外すだけで、綺麗にパックリ割れてくれます。
2012blog-2129.jpg自分用メモ。

右が上方向。コネクタの位置関係を把握しておきます。
2012blog-2130.jpg液晶やキーボード部分に繋がるフレキ2本、コネクタ2つを外せば
完全分離ができます。

結構、親切設計ですね。
2012blog-2131.jpg今迄送りそこねたテプラの端っこが、大量に溜まっています。

そりゃヤフオク放出されるわな…
2012blog-2132.jpg更にバラしてみると、すごいことになっています。

送り機構が健康なら、この位置には切りくずは溜まらないと思われます。
2012blog-2134.jpg問題の巻きとり軸。
カセットデッキの巻きとり部分みたいですね。
ここが原因であることは間違い無いのですが、
どうなってるんだろう。

※ここまでバラすには、テープカセット周りのユニットを表面から外して、
裏面からカバーの留めネジを外さないといけません。
2012blog-2135.jpgまぁ、構造は素直なので、見えるネジを緩めるだけで
比較的簡単に分解が可能ですが、転写部のフィルムフレキの取り扱いは気をつけましょう。

駆動ギアは欠けていません。では、軸を抜いてみましょう。
2012blog-2136.jpgあ、これだな。

ギアと軸は、直接繋がっていなくて
ダンパーとしての役割を持たせるためのスプリングで繋げられていますが、
これが折損していました。
2012blog-2137.jpgスプリングを起こして、ギアに挿しこむだけでの結合なので、

ペンチでチョチョイと曲げて、これでいけるでしょう。
2012blog-2138.jpgあとは、徹底的に切りくずを掻き出します。

結構な量でした…
2012blog-2140.jpgサッサと組み上げて、テープ及びフィルム送りが
スムーズに行われたことを確認して、これでようやく完動です!!
転写ドットが細かいので、6mmのテープでも文字がくっきり!!

これからもたくさん頑張ってもらいましょう。
 
  1. 2012/10/21(日) 16:31:18|
  2. 家電製品

TERPA PRO SR930

2012blog-1518.jpg近頃、またしても物欲がぶり返してきてしまい、

いろんな物に手が出てしまいます。
本日のおしながきは…
2012blog-1519.jpgテプラです。

家庭内の表記や、車などのメンテナンス距離をエンジンルームに貼ったりと
結構使い道がありそうなので、購入、というか落札に至った次第。
2012blog-1520.jpg結構使い込まれていたのでこのザマですが、
その分安かった??です。
いや、安かった…だろう、多分。
上級機だし、ね
2012blog-1521.jpgテプラといえば、職場に配属された中堅機種などの
テープを装填する所の蓋、そこのヒンジが異常にもろく、
蓋が開いたままの判定が出て使用不能になることが多かったのには
悩まされましたが、近頃の機種はこのように強固なヒンジが採用されていて
上記のようなトラブルは皆無となりました。
2012blog-1525.jpg本来なら、USBケーブルと通信ソフトを用いて
パソコンと連携することができるみたいです。
エクセルなんかで作ったものを流し込めるそうだ。

この個体は本体とACアダプタのみでしたが、KING JIMのサイトから
ドライバや関連するpdfファイルをダウンロードすることができます。
2012blog-1522.jpg上級機なので、36mmのテープまで印刷ができます。
職場のものでも28mmまでしか見たことがないので、
どれだけ太いのでしょうか…
2012blog-1523.jpg早速、使ってみる。

職場のテプラははSR720なのですが…
うわー!!編集ボタンで出てくる設定項目が豊富すぎる!!
この辺りの設定は全て1画面で済ませてしまうことに驚いてしまいました。
これはすごい!!
2012blog-1524.jpg文字変換にATOKを用いて(これは職場のものも同様)いたり、
キーがゴムではなく樹脂キーであったりと
なかなかの所有満足度を誇るSR930。

さて、とりあえず…よく使うサイズのテープを買わなくては…
 
  1. 2012/08/26(日) 23:38:41|
  2. 家電製品

出張壁掛けテレビ男

羽曳野の石川沿いに、それはそれはおっかないおっさんが住んでいます。
見た目はまぁ…もうアレでして、更に昔は荒れ狂う獅子のごとくいかつい言動で困ったちゃんな人だったそうです。

うわー、こんな人とは絶対おんなじ職場、勿論同じ班にはなりたくない!!と思っていたら、
当時居た職場に異動してきて、更に同じ班に!!!???

いやー、その一年は大変でした…
ですが、灯台下暗しというか、傘の下に入ればどうってことはないというか、そのうち普通に付き合えるようになりました。
まぁ、齢も重ねて荒れ狂う獅子もちょっと気の粗い子猫ちゃんのようになっていたというのもあるのですが…
調べてみたら、過去にミニミニコンポを送った記事が出てきました。
2012blog-1347.jpgそれからたまには、溜まった頼まれごとを一気に引き受けることもありまして、
液晶テレビの壁掛けや照明の取替、インターホンのコードレスホンとの統合、
挙句の果てに温水便座の取替え…なんてものもやったりしました。
なんとも人使いの荒い話です。お昼はご馳走してもらい、お駄賃もそれ相応に貰えるのですが、
そもそも羽曳野は遠い!

今日はダイニング?のテレビを壁掛けして欲しい、壁掛け扇風機を付けて欲しい、
寝室の照明を替えて欲しい、の3点です。
2012blog-1348.jpg壁掛けステーは中華です。約1200円+送料でした。

以前寝室に施工した分(4000円弱)より安いのですが、まぁ、安いだけにしょぼい…
そして、説明書がわかりにくいです。どうも図解と部品内容のアルファベットが合ってないような
2012blog-1350.jpg今回はオリオン電機の32形を壁掛けにします。
このテレビ、本体重量もが異常に軽いので、壁掛けには適しています。
ネジ穴も開いてますね。これもVESA規格なのでしょうか?
2012blog-1351.jpg添付されたネジでは、当たってしまいます。

本来ならこの間に樹脂のカラーを噛ませるようですが、
なるべくステーを筐体に密接させたいので…
2012blog-1352.jpg短いM6ボルトを出してきてもらいました。

これが無かったら、ホームセンターまで走らなければならないところでした…
2012blog-1353.jpg壁側のステー。
小さいこのパーツ、何かと思ったら水準器です!
凝ったことをするなぁと思いますが、水準器自体がずれて付いているので
あまり意味がないような…
2012blog-1354.jpgそして当該施工箇所。
うーん、積年のタバコアタックで壁の色が…
まぁ、こんな状態だから穴開け放題のやりたい方題施工ができるわけですが。

畳に挿すカーペット留めピンで、壁内の間柱を探します。
2012blog-1355.jpg間柱のピッチに併せて、まずは角材を壁にネジ留め、
そこにステーを取り付ける方法で行きます。

旧い家屋にエアコンを付ける手法ですね。
2012blog-1356.jpgここまで来ればあとはねじ込むだけ。
2012blog-1357.jpgはい、できあがり。良い感じに仕上がりました。
まぁ当然といいますか、今までテレビを置いていたスペースがフリーになったので、
棚上に置けるものが増えるというメリットがあります。
 
  1. 2012/08/10(金) 21:52:07|
  2. 家電製品

お母さんに ありがとう

2012blog-1296.jpg私の母親が、この8月に60歳になります。要は還暦を迎えるわけですが、
この機会に何かプレゼントでもという弟からの提案があり、
オカンの周囲で足りないモノを考えて…
2012blog-1297.jpgPanasonicのプチ食洗、NP-TCR1をセレクトしました。

オカンには前々から話を持ちかけていたのですが、どうも乗り気でない様子。
思えば、全自動洗濯機の導入もどれだけ躊躇していたか…

まぁ、使ったらその便利さの虜になるでしょう。
2012blog-1298.jpgところで、この後載せ食洗機ですが、分岐水栓の設置が大変なようで
各社のビルトインキッチンなどの水栓用に、専用のキットなどが
用意されています…が目ん玉飛び出るほどの(  Д ) ゚ ゚高価っぷり。

ところで、このカタチ…そう、全自動洗濯機と食洗機のアダプタは
共通規格なんですね。これを応用すれば、DIYで安く上げれそう
2012blog-1295.jpgちなみに、我が実家の台所水栓は…
私が生まれた頃、要は34年前にリフォームされたものなので
蛇口だけの超シンプル仕様です。
後々、湯沸かし器や浄水器などでアップデートされて、タコアシ配線のように
なっています。
2012blog-1299.jpg↑の画像をもとに、合いそうなものを選んできました。
洗濯機補修用のニップル、念のための止水バルブ。
これとあと分岐用のチーズが必要なのですが、在庫がなくて…

洗濯機ニップルが598円、ボールバルブが850円、
後々入手した分岐チーズが758円、パッキンが110円。
結果、追加購入分は合計2316円でした。
2012blog-1300.jpgまずはここまでOK!
ネジの規格はG1/2、13mmなどと呼ばれているものです。
その他、混合水栓などになると結構複雑なので
よく調べることが重要です。
当方は頭がパンパンになってしまいました…
2012blog-1301.jpgここからが本日の作業となります。

水道の元栓を閉めて、チャッチャとバラしていきます。
2012blog-1302.jpgパッキンもこの際に新品にしてしまいましょう。

元々付いていたものはカチカチに硬化していました。
2012blog-1303.jpg普段の仕事で使っている配管と違って、水道配管はかしめナットが別体になっているので

位置合わせがとてもやりやすいです。
シーリングも突き合わせのパッキンなのでシールテープ要らずです。
2012blog-1304.jpg本体内にも留めテープがあるので、忘れずに外しましょう。

当方のビルトイン食洗機と違って、回転ノズルは小さいものが2つ付いています。
2012blog-1305.jpgさぁ、こういった狭隘な場所に据えるためにこれにしたんだ、
どっこいしょ

あれ?
2012blog-1306.jpgまぁいい、先にアースを繋いでおこう。
2012blog-1307.jpgもう一回、どっこいしょ!!
????????????

湯沸かし器に干渉しています!!OH!MY!GOD!!!
2012blog-1308.jpgまぁ、干渉しているならどかせばいいわけで…

チャッチャと取り付け位置を上げてしまいました。
2012blog-1309.jpgこれでOK、OK!!

ちょっと湯沸かし器のボタンが遠くなりましたが…
2012blog-1310.jpgプチ食洗だけに、庫内はミニマムです。
箸が天井に当たりそうです。

まぁ、普段は親父と二人なので、これでも省力化に一役立つでしょう、多分
2012blog-1311.jpgこの機種には、近頃のPanasonic製品と同様の
「エコナビ」機能が備わっています。
外気温などを察知して、運転時間などを細やかにコントロールするそうな。
2012blog-1312.jpgしかしこれ、いきなり外れてブシャーー!!とかならないもんかなぁ
ちょっと不安でしたが、結構あっさり施工できて良かったです。

というわけで、おかあさん、こんなボンクラ息子たちを無事に???育ててくれてありがとう!!
 
  1. 2012/08/05(日) 20:16:30|
  2. 家電製品

エアコンプレッサー整備 自動運転化

2012blog-1157.jpg大昔に粗大ごみで拾ってきて、それ以来15年以上
我が屋敷で頑張ってくれているコンプレッサーです。

拾ってきた時から普通に使えていて、車の空気入れや、インパクトレンチでの作業など
多岐にわたって活躍してくれました。
2012blog-1158.jpg明治機械製作所のN-1/2というモデルです。いつぐらいのものなんだろう。
オイルは今まで替えたことがないのですが、熱源を持たないので
劣化もそれほどないのでしょう。
自動車用の余ったオイルでも入れてやろうと思ったら、
「専用オイルを使用のこと」とのことなので、躊躇しています。
2012blog-1159.jpgモーターとの接続。いやー、強引です。

でも、これで100Vでも力強く回ってしまうので
良しとしましょう。
2012blog-1160.jpgベルト。

これも替えずに使い続けていますが、
そろそろ交換しましょう。
2012blog-1161.jpgこのコンプレッサーですが、コンセントを挿したらずっと運転しっぱなしで、
電気的にモーターを停止させる機構がありません。
アンロードパイロットバルブというもので、規定圧以上は充填させない機構があるのですが、
やはり運転停止を自動でできるようにはしたい。

というわけで、圧力逃し弁を…
2012blog-1162.jpg圧力スイッチに交換しました。

※本来なら分岐させて圧力逃し弁も付けた方が良いでしょう
2012blog-1163.jpgカバー内にだいたいのことは書いてくれています。

Bの端子にモーターを繋げば良いようです
2012blog-1164.jpgモーターも整備します…

…って、え?折れてる!?
これは過回転防止用のガバナーと思われます。
とりあえずスプリング部分を折りあげて凌ぎましたが、
また似たようなレートのスプリングを探してきます。
2012blog-1165.jpgモーターの結線も、綺麗にやり直しましょう。
2012blog-1166.jpg…というか、基台のネジがサビサビなので

全部交換しよう、とやっているうちに、ここまでやってしまいました。
2012blog-1167.jpgさぁ、ボルトナットも綺麗になった、基台も磨いた、

結線も終わったので試運転です。
2012blog-1168.jpg設定圧は2Kから始めてみます。

…が、3.2Kくらいで停止しました。どっちの数値が
イカれているのかはわかりませんが、自動停止はしたということで
エアを抜く。差分は1.5Kにしています。
これはだいたい数値通りに運転を開始しました。
2012blog-1169.jpg今まで、充填中は空気圧を気にしながら作業を行い、
そこそこの圧が貯まったところでコンセントを抜いて…と
手間が掛かることをしてきましたが、これにて
それからも開放されることとなりました。

次回は、これにフィルターレギュレータを装着してみます。
 
  1. 2012/07/24(火) 23:52:45|
  2. 家電製品

激安LEDイルミネーション 常時点灯改造

2012blog-724.jpg中庭のイルミネーションが球切れしてきまして、何か替わりになるものを探していました。
元来はニトリで5年以上前に売られていたアンバー色でストレートのものを使用していまして、
LEDは3.5φ、またタイマーで回路を切っても、元の設定を覚えているお利口さんでした。

さて、それに替わるものを模索するために、落札してみました。
本体680円、送料860円でした。
2012blog-725.jpg中庭の白い窓枠に這わせるので、クリアーコードであることは必須でした。
ヤフオクだと商品画像しかわからないので、どうだろうと思っていたのですが…

うん、これは日本橋だとフレンズの店頭でよく売られているやつとおんなじですね
2012blog-718.jpgで、やはりというか、電源コードを抜いたら
ちゃらんぽらんな点灯パターンからスタートします。ハァ…
そのまま引き下がっても面白くないので、調べてみます。
殻割り自体は箱の精度も良くなく、ツメで留まっているだけなので容易です。

※この機器はACアダプタレスで、箱内で100Vを減圧しています。
危険ですので資格持ち、心得のある方のみ施工してください
2012blog-719.jpg知恵袋の回答ですと、エミッタとコレクタを短絡させると良いそうです。
やってみる。
点かなくなりました。どうしよう。

暫く頭を抱え込み、次の方策を考える。
2012blog-720.jpgトランジスタの型番は、PCR406と記されています。

型番で検索すると、ドイツ語のサイトが出てきました。
これと全く同じ基板の画像が。短絡位置まで記してくれていました。
ヤッター!!
2012blog-721.jpgどうやら、この基板の場合は短絡させるのは
エミッタとベースのようです、ハイ

これで常時点灯…OKでした!!
2012blog-722.jpgちなみに、当該のトランジスタ型番で画像検索すると、
いろんな国でこのイルミネーションコントローラが殻割りされているようです。
なんたるワールドワイド…
2012blog-723.jpgで、ルンルン気分で据え付けていたら…
寸足らずでした。

また、日本橋のフレンズ店頭に並んだ際に、ロング版を購入するとしましょう。
 
  1. 2012/05/24(木) 22:17:57|
  2. 家電製品

日立 洗濯槽クリーナ SK-1

2012blog-513.jpgこれから梅雨を迎えるにあたって、毎年行なっている作業がこれです。

部屋干しの洗濯物からなんともいえない酸っぱい香りがするようになるのを防ぐため、
洗濯槽の洗浄をするのですが、日用品として入手できる廉価なものではなく、
メーカ純正品の洗浄剤を用いて、洗濯槽内の洗浄を重点的に行います。
2012blog-514.jpgその名は、日立洗濯槽クリーナ SK-1。

ネット通販や大型電気店で入手可能です。

ちなみに、同様のものでラベル違いのPanasonicのものも
確認済みです。

定価2100円、量販店で1890円でした。
2012blog-515.jpg手法は簡単、水を張った洗濯槽にドバドバ全量投入、

あとは暫く洗濯モードで運転、撹拌させて
電源スイッチを切って放置。
2012blog-517.jpgこの洗濯機には槽洗浄モードが無いので、
オーバーフローするまで、お湯を注ぎます。

こうすることで洗浄できる範囲を上限まで持っていくことができます。
2012blog-516.jpg少しだけ運転すると、水の色がなんとも言えない色になります。
本当に汚れが落ちているのか、こんな色になるように細工がなされているのかは
わかりませんが、何にしてもかなりの効果があることを感じる。

だいたい12時間くらい寝かせると良いと説明書にあります。
2012blog-518.jpg翌朝。
この後、この水を抜いた上で1サイクル洗濯させ、完了となります。
ごみ取りネットの画像を、と思ったのですが、あまりの惨状に掲載は控えることにしました…

昨年施工したときは今回より更にえげつなかったので、年に一度くらいの施工の意味はあると思います。
高価ですが、価格なりの効果はある純正クリーナといえるでしょう。
 
  1. 2012/04/27(金) 12:27:06|
  2. 家電製品

高圧洗浄機で味をしめたので

2012blog-250.jpg先日、試しに使ってみてかなりの効果を実感できたので、

ここに使ってみようと持ち込んでみました。
2012blog-251.jpg折角のウッドデッキなのに、色褪せてコケのようなものが生えて
なんだかゲンナリしてしまうベランダをリフレッシュさせます。

金タワシやサンドペーパーも考えていたのですが、
こういったものはあまり派手に削るのも良くないでしょう。
2012blog-252.jpgダーティーです。

築6年、こんなもんでしょうか。
2012blog-253.jpgドビュビュビュビュドバババババブッ!!!

おお!!本来の木の色が帰って来ました。
2012blog-254.jpgちなみに1ブロックごとに丁寧にやらないといけないので
結構骨の折れる作業です。

表層に以前塗った水性塗料が問題だったのか、単に木が劣化したのか
わからないところですが、この後乾燥させるといい感じに綺麗になりました。

まt,表面保護も兼ねて以前とは異なる塗料を塗布することを考えているのですが、
さぁ、どうしましょうか。
 
  1. 2012/03/07(水) 13:35:42|
  2. 家電製品
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

バブカセ屋敷の住人

最近の記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する